【番外】奥多摩から甲斐路へ

番外つづきでスミマセン。

最近なぜか母親が「奥多摩に行ってみたい」と神の啓示のようなことをつぶやきます。
「奥多摩で何見るの?」
「小河内ダム! 行ったことないから」

母親がダムマニアだと人生51年目にはじめて知りました(笑) ということで、日曜日は早起きして奥多摩に行ってみようということになりました。

いつものように朝6時過ぎには家を出ます。中央高速と圏央道で青梅まで行っても良かったんですが、中央高速は早くも渋滞情報が出ており、たまには一般道でということで、国道20号で行くことに。こちらは幸い渋滞する事なくスイスイ。国道20号から新奥多摩街道を経て、小作から吉野街道へ。ここを走るのはかなり久しぶりで新鮮です。途中吉川英治記念館のそばのコンビニで一休み。そのまま吉野街道で川井まで進み、青梅街道に合流。小河内ダムまで一気に行こうかと思いましたが、奥多摩駅のちょっと手前左側に小さなダムが見えるではありませんか。すかさず脇道に入り立ち寄る事に。

IMG_6005.jpg

このダム、白丸ダムと言うそう。

Wikipedia:白丸ダム

駐車場もあったので停めてみると、まず看板が目を引きます。読んでみるとダムを魚が通り抜けられるように魚道というものが整備されているそう。ダムの下から緩やかな階段状の流れが整備され、ダム湖とつながっているそう。よく考えてみると、流石に魚もダムの段差を超えることは出来ないでしょうから、この仕組みは生態系の維持には必要な物なのでしょうね。

看板を読んで妙に納得して、ダムの方を見ると、どうやら階段で降りられるようです。ダム湖は熊の湯温泉のような深い緑色。そしてまわりの木々は紅葉がはじまって色鮮やか。

IMG_5989.jpg

情報サイトを見ると重力式コンクリートダムとのことで、規模は小さいながら、構造物としての迫力はなかなかのものがあります。あとで母親も、小河内ダムよりも最初のダムの方が良かったと、「ダムマニア」な発言(笑)

IMG_5991.jpg

ダムへ降りる階段を降りてみると、傍らのイチョウの木がこれから真っ黄色に変わろうと色づきはじめています。ダム湖のグリーンに黄色く変わり始めたイチョウの色合いがなんともいい感じ。このイチョウの木の下に小さな慰霊碑が建てられており、裏面には2名の殉職者の名前が刻まれていました。現在のように建設機械が発達していなかった時代の工事故、このようなダムの工事にも危険がつきまとっていたのでしょう。

IMG_5994.jpg

ダムまで降りて、下流側を臨むと、説明書きにあった魚道が見えます。ダムの下から階段状の水路が一旦下流川に上り、折り返して川岸沿いにダム側にさらに登ってくる構造。後でネットで調べたら土日は魚道の中に入って見学できるようですが、まだ9時前ということでこちらは叶いませんでした。



朝一番からダム見学ということで、さい先いいんでしょうか(笑)

白丸ダムを出ると小河内ダムはもうすぐそこ。あっという間についてしまいます。幸い朝早いせいか駐車場も空いていて、まだ人も多くありません。

IMG_6007.jpg

奥多摩湖畔の駐車場に車を停めてまわりを見渡すと、色づきはじめた紅葉に混じって、不思議な花が見えます。これ、桜の花に見えます。狂い咲きなのでしょうか、それとも今咲く別の花? 詳しい事はよくわかりません。

IMG_6009.jpg

隣には紅葉し始めた柿の木が。紅葉した柿と桜が隣同士で咲いているのは、なんかちょっと違和感があります。例年もこうなんでしょうか。

IMG_6014.jpg

大きさは先程みた白丸ダムとは段違い。白丸ダムの総貯水量が89万㎥だったのに対し、小河内ダムは約1億9千万㎥と200倍以上の大きさ。大きすぎてなんだか良くわかりませんが、ダムにかかる水圧は恐ろしいものでしょうから、このダムを造るには相当な工事だったことが予想されます。竣工は昭和32年(1957年)ということで、今から56年前。ダムのコンクリートの耐用年数はいったいどのくらいなのでしょうか。

IMG_6019.jpg

ダムの脇を歩いて手前の端まで出た所で下流側を覗くとこんな景色。下に見える建物のうち白い四角いのは東京都交通局の多摩川第一発電所。なかなか面白そうな建物ですが、近づくことはできませんでした。先に見える建物は調べてみると小河内浄化センターという施設。ここから、谷に響き渡るような轟音をたててヘリコプターが離陸するところでした。

IMG_6020.jpg

巨大なダムの姿。先程の白丸ダムが建築的にもなかなか面白い造形だったのに対し、小河内ダムの方はのっぺりしていて、頂部に2本の白い塔(奥が展望台)が立っているのみで、造形的には今ひとつな感じがします。

IMG_6023.jpg

ダム中央部から下を眺めた所。先程の白丸ダムを見下ろしたところとそっくりな景色なんですが、白丸ダムでは魚道だったものが、こんどは普通の道です。スケール感もまるで違います。ダムの上に2本立つ白い塔のうち奥側は展望台になっているのですが、営業時間は10:00からということで、まだだいぶ前。ということでダムを渡って向こう側まで行ってみます。

IMG_6027.jpg

向こう岸から駐車場側を見返します。グーグルマップで距離を計ってみると、車を停めたあたりから歩いて900mくらいありますので、ウロウロしている分、往復2kmくらいの散歩になりますね。

IMG_6029.jpg

ダムを渡った側には、ここにも慰霊碑があり、あとで調べてみると、ダム建設工事で87名もの方が亡くなられたそうです。ダム工事とは本当に危険なものだったのですね。竣工は昭和32年、工期はなんと19年、このあたりにあった小河内村の945世帯が移転したとのこと。いまや平和な観光地ですが、歴史の重みを感じざるを得ないところもありますね。

慰霊碑のまわりの木々は紅葉が綺麗。早くも燃えるような赤に染まっていました。

IMG_6031.jpg

さて、せっかくここまで来たのでということで、記念撮影。母親も薬が効いているせいか、意外に元気です。

穏やかな朝の日差しの中、いい感じの散歩になったので、ゆっくり歩いて駐車場に戻ります。駐車場の横には「奥多摩 水と緑のふれあい館」なる施設があり、売店や食堂もあるのですが、1階に奥多摩の歴史に触れた展示のコーナーがあり、古来この場所(旧小河内村)の生活がどうだったかや、関連する古文書まで展示してある、なかなかのもの。良い企画だと感じ入った次第。少しの時間でしたが、この場所のオリジンに触れられた気がしました。



このまま東京に戻るルートもありましたが、せっかくここまできましたので、青梅街道をさらに進み、山梨県の塩山に至る道を通ってみようということになり、小河内ダムから奥多摩湖沿いをさらに進む事にしました。奥多摩湖のまわりは、特にイチョウの木の色の変わりかたが見事。きっともう少しすると赤や黄色に変色した森がさらに美しさを増す事になる予感がします。

奥多摩湖を離れるとすぐに山梨県の丹波沢村(たばさわむら)に入ります。途中一際紅葉が綺麗な所で何度か車を停めてちょっと歩いたりしてみました。

IMG_6034.jpg

その中の一つがこちら。道の一角に車を停めるスペースがあり、降りてみるとなにやら記念碑が。これは尾崎行雄水源調査記念碑と記載されていました。明治42(1909)年5月、当時の東京市長の尾崎行雄が、多摩川の荒廃した水源地帯を踏査し、これを買収して水源のかん養を自ら行うことを決断、給水100年の計を樹立したとのことで、この記念碑は昭和38(1963)年、この尾崎市長の功績に対し、東京都民の感謝の意を永遠に伝えるために、市長が踏査されたこの地に設置されたものとのことでした。奥多摩湖からさらに奥に位置するこのあたりの森の保全、かん養に務めるとは、どれほどの見識でしょう。記念碑があってもおかしくないですね。似たように何組かの人が車を停め、記念碑やまわりの紅葉を見入っていました。

休憩しながらでしたが、かなり急勾配の青梅街道をさらに進むと、一番高度が高い柳沢峠というところに至ります。峠を越えると、いきなり正面に雄大な富士山の姿が見えるようになります。この日の富士山は頂上あたりに傘のような雲をかぶり、それはそれで幻想的な姿。母親もなにか霊感を得たように、今日の富士山は良かったとしきりに言っているのが印象的でした。

IMG_6042.jpg

クネクネ道が続いたので、嫁さんはちょっとグロッキー気味。ちょっと休みながらすすきの穂を摘んだりして、青梅街道の秋を満喫。柳沢峠を超えると急な下りがずっと続き、時刻もお昼頃。ちょうど通りかかったところが、大菩薩の湯という山梨県甲州市が運営する温泉施設。そろそろ温泉の虫がうずいていましたので、ちょうどいいとばかりに立ち寄ってみる事にしました。

甲州市:交流保養センター・大菩薩の湯

幸い食堂があり、小河内ダムの散歩やら紅葉巡りでお腹も減ってましたので、食事をすることに。やはりここは山梨、名物を喰らいます。

IMG_6044.jpg

酒は飲めませんが、馬刺をいただかないわけには参りません。新鮮なんでしょう、絶妙な旨さの馬刺!

IMG_6048.jpg

そしてほうとう。ワイン豚のほうとうと、普通のほうとう、なぜか母親は鍋焼きうどん!
これがどれも非常にいい味。食堂が満席だったので、ロビーのテーブル席でいただきましたが、丁寧に案内してくださり、なかなかのサービス。座敷の店内よりも椅子席のほうが母親も楽でしたのでかえってよかったです。ここのほうとうは旨い! オススメです。

食事をして満腹になったので、やおら温泉に入ります。露天風呂もちゃんとしたものがあり、しかも泉質もよし。高アルカリ性泉で入るとお肌にまとわりつくぬめりがあり、至極快適。露天も良い泉質ですし、なによりサウナと水風呂もあるなどツボを押さえたつくり。ゆったり温泉を楽しんで、サウナで汗をかき、源泉の水風呂に浸かって至福のひと時。ドライブの疲れが癒えますね。

一休みして、塩山のあたりを通り、このあたりで寄るべきところということで、勝沼のぶどうの丘に行きます。

IMG_6050.jpg

流石に連休中の午後とあってぶどうの丘はかなりの人出。いつも立ち寄るワインショップで、勝沼のワインをみつくろって仕入れます。既に今年の新酒が並んでいました。

IMG_6052.jpg

そして、先日勝沼に来た時にも訪れたハーブ園。駐車場のわきに大きな黄色い実のなる木があります。最初はレモンかと思いましたが近寄ってみると明らかにちがいます。カリンのようでしたが、どうやらマルメロだとわかりました。なかなか風情があります。このハーブ園、ハーブはもちろんですが、薔薇やコスモスなどの花が咲き乱れてなかなか見応えがあります。なんとなく母親もいろいろな木々や花を眺めて楽しそうでした。

IMG_6054.jpg

以前来たときも池の鯉がしきりに餌をねだってあつまってましたが、これにさらにこどもが群がって、どうやら人気スポットのよう。人がくると口を大きく開けて餌をねだります。のんびり庭園散策を楽しみました。



最後に立ち寄ったのはハーブ園のすぐ近くのグレイスワインで知られる中央葡萄酒のショップ。

IMG_6056.jpg

GRACE WINE:勝沼・グレイスワイナリー

最近いろいろ取りあげられて、ちょっと話題になっていた「グリド甲州」がぶどうの丘のワインショップで見当たらなかったので立ち寄ってみた次第。カーナビにグレイスワインと打ち込むと、すぐにセットされ、ぶどうの丘からそれほど遠くありません。ちなみに前出のハーブ庭園は、グレイスワインに行く途中にあったので立ち寄ったもの。勝沼の等々力という交差点のすぐ脇でした。建物にはびっしり蔦がからまり、何となく雰囲気のある建物です。

狭い入口から案内表示に従い暗い階段を2階に上がって行くと、ワインショップが。

IMG_6057.jpg

カウンターで何人ものかたが試飲しています。こちらは車のため試飲は出来ません(涙) 車での旅行ゆえ仕方がありませんが、ここでいつもはおとなしくしている嫁さんと母親が「私たちだけ試飲するっていう手もあるわね」と不敵な笑みを浮かべているではありませんか。気づいてみると試飲グラスに何杯か試飲してました(笑) だんだん活動が大胆になってきてます。どうゆう事でしょう。

IMG_6058.jpg

ワイナリーのショップでは作り手の貴重な話が聞けるとあって、多くのひとが訪れていました。お目当てのグリド甲州やら何本かいただいて、グレイスワインを後にしました。



意外とのんびり過ごしましたので、夕方も良い時間。おそらく3連休中で帰りの中央高速も渋滞が予想されますので、この辺で切り上げることに。すでに勝沼インターに行く一般道が込み始めていましたので、ちょっと回り道をして勝沼から中央高速に乗って帰途に。渋滞といっても流れが良かったので、それほどストレスにはなりませんでしたが、途中久しぶりに談合坂サービスエリアに入ったら、こちらは大混雑。一休みしたのは良いのですが、サービスエリアから出るまでが大変でした。やはり皆考えることが一緒なんですね。東京まで一息というところで休みたくなっちゃうんです。

そしてなんとか無事帰宅。今回もダム、紅葉、ほうとう、温泉、ワインと言うことなしの旅でした。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

tag : 温泉 ワイン ほうとう ダム

【番外】甲州絶景露天風呂にほうとうを喰らう

このところ番外比率が高くてスミマセン。今日は天気予報もあまり期待できず、特に出かけるつもりはなかったのですが、9時過ぎに起きて、一応高速の渋滞情報をみると、まったく混んでいないではありませんか。おそらく東京は土曜が天気で今日日曜は崩れるとの予報でしたので、出かける人は昨日出かけて今日はのんびりというのが世の中の人の動きだったのではないでしょうか。

先に起きていた母親に、「温泉でもいく?」と声をかけると、「連れてってくれるなら、行く」とやる気満点の返事。それではと、急遽温泉に出かけることにしました。出発が遅かったので、近くで山梨あたりでと、あまり考えずに調布インターから中央高速へ。なんと、日曜の午前中なのに渋滞全く無し。途中天気も良くなり、談合坂をすぎると晴天になってきたではありませんか。

ということで、晴天ならば見晴らしのよい温泉へということで、行き先は以前も行った、「ほったらかし温泉」にきめました。

天井崩落の笹子トンネルを抜けるとすぐに勝沼インター。勝沼で高速を降りて、カーナビにほったらかし温泉をセットすると、30分もかからずつく予定とわかりました。山梨市駅前のコンビニで買い物をして、笛吹川フルーツ公園を通って、怪しげなのぼりを目印にほったらかし温泉を目指します。

2011/04/30 : 旅行・温泉巡り : 【番外】山梨温泉紀行

星空が天上☆ほったらかし温泉ホームページ

さて、今回混んでるかと思いきや、駐車場に車は多くなく、これはのんびりできそうだとほくそ笑みます。

IMG_4144.jpg

けっこう山の上まで上がってきましたが、今日は日差しが暖かく、温泉日和です。ほったらかし温泉には「あっちの湯」と「こっちの湯」(笑)があります。以前に行った時は入って左の「あっちの湯」でしたので、今日は「こっちの湯」に入る事に。「こっちの湯」の方が狭いそうですが、常連さんはこっちの湯を好むとの書き込みをみて、妙に納得して、またもほくそ笑みます。

IMG_4143.jpg

「こっちの湯」も甲府盆地を見下ろす絶景。たしかに湯船は「あっちの湯」の方が大きいように感じます。開放的な湯船と景色を写したいところですが、脱衣所内に「これから先は撮影禁止」との張り紙があるため、断念。正面には富士山も頭をのぞかせ、なかなかの景色です。

アルカリ性の温泉のやわらかな感触と、春の心地よい風をしばらく楽しむうちにいい気分に。上段の湯船には「熱湯」と「ぬる湯」がありますが、熱い方でも40度少しくらいと、熱いうちに入りません。激熱風呂好きな私にとってはちょっとぬるすぎますが、この景色をのんびり楽しむにはちょうどいいもの。しばらく「熱湯」にじっと使って、下の段の石風呂に。こちらはかなり温く、みなさんおそらく30分くらいは入っているようです。内湯もあるため試しに入ってみると、やはりここがお湯の温度が一番高く落ち着きます。

空いていたので、いろいろお風呂に入って、のんびり景色を楽しむ事ができました。

IMG_4147.jpg

あがって、「あっちの湯」方面の景色をパチリ。わかりにくいですが右の方に富士山がうっすら顔を出しています。渋滞もなかったため、東京から1時間ちょっとで極楽浄土にたどりつけました。

IMG_4152.jpg

ふたたび山道を車で降りますが、途中に1本の木に桃色と白の2色の花が咲く桃の木が。なかなか風流なものですね。
さて、お腹がすいてきたので、お昼をどこで食べようかと思案。笛吹川フルーツ公園を降りたところに「ほうとう」やさんの看板があり、通り過ぎたところで母親に「ほうとう食うか?」と聞くと、「いいわね」と。通り過ぎてしまったので、もうすこし探そうとしていると、先程通り過ぎたお店と同じ名前の店の看板が山梨市駅前にあるではありませんか。

IMG_4154.jpg

しかも気になるのぼりが。「ほうとう味くらべ大会 二連覇」。たしかに先程通り過ぎたみせにも同じのぼりがありました。「ここにする?」、(一同)「する(笑)」ということで、お店は決定。

食べログ:御食事処 歩成 - 山梨市

IMG_4156.jpg

まずはビールといきたいところですが、もちろん車なので、ノンアルコールビール。このお店はアサヒのドライゼロ。嫁さんと母親は何とグラスワインです。もちろん山梨のワイン。

IMG_4159.jpg

気さくな店員さんにおすすめをたずねると、馬刺に鳥モツ煮ということで、すすめられるままに注文。こちらは馬刺。ニンニクと生姜に醤油をたらして戴きます。

IMG_4160.jpg

そして、名物鳥モツ煮。鳥レバーとハツを甘辛く煮込んだもの。母親がなつかしそうにつまみます。ハツの歯ごたえがなかなか。昔は家で良く戴いた懐かしい味。

IMG_4161.jpg

そして期待のほうとう。テーブルにコンロがおかれ、火をつけると「13分たったらまた声をかけます」とのこと。だんだんグツグツ煮立って、火を中火におとし待つ事しばし。13分ジャスト経過でふたを開けたのがこの写真です。
手前がワイン豚、奥が鶏。どちらも味噌の出汁とキノコ、里芋、ジャガイモ、カボチャとほうとうが絶妙の味。いやいや「ほうとう味くらべ大会 二連覇」ののぼりに偽りなしです。これは旨い! ほうとうとはここまで心に沁みるソウルフードだったのかと今更痛感。秀逸なのは出汁の濃さ。食べ終わった鍋にのこる味噌の出汁が名残惜しいと感じる絶妙の味加減。豚の脂の乗った出汁と鳥の旨味が乗った出汁。双方完璧でした。野菜の旨味とほうとうの食感が相俟って日本人の脳に刻まれた旨味シナプスに直接電流が走ります。いやいや温泉で汗を流したあとのほうとうはいいですね。見直しました。



歩成をあとに、母親連れということで行き慣れたぶどうの丘に向かいます。途中信号の脇に「ハーブ庭園」との看板が。時間に余裕があったので、ハーブ庭園に寄る事に。

IMG_4164.jpg

ハーブ庭園 旅日記

駐車場に車を停めて、庭園に入ると温室があり、ハーブの苗やら変わった花の鉢植えが沢山。あまり期待せず入ったんですが、なかなかいい。実家に引っ越してからハーブはあまり育ててないので、いくつか苗と花を購入。これで普段の料理に遠慮なく香りをプラスできます。温室の奥には池があり、先に休んでいた親子連れが鯉にえさをやっていました。

IMG_4167.jpg

写っている範囲の鯉の値段を電卓ではじきたくなるような見事な鯉たち。こちらの気には関係なく餌をめがけて突進です。

IMG_4169.jpg

見上げると染井吉野がほぼ満開。勢いで入ったところですが、なかなかいい感じでした。ハーブ庭園でのんびりしたあと、目的地のぶどうの丘はすぐそこ。いつものように奥の温泉の横に車を停めて。いざ温泉に。

IMG_4173.jpg

まずは売店でお土産やらワインを物色。今日は蒼龍葡萄酒の「勝沼の甲州 2011辛口樽熟成」とフジッコワイナリーの「2011校集シュール・リー東渓」を土産に。やはり勝沼は白のフレッシュさがいいとの狙いです。
そして、いざ「天空の湯」に。ここは観光地にもかかわらず、温泉がいい。とくに露天風呂は景色もいいんですが、ぬるっとしたアルカリ性の温泉もかなりの良さ。ここでものんびり景色をさかなに開放感溢れるひと時をすごさせて戴きました。こんないい温泉が身近にあるとはうらやましい。秋の葡萄シーズンには観光客でごった返すのでしょうが、今日は空いていてのんびりと温泉に浸かる事ができました。いやいや、ここでも極楽浄土。口から小さな仏様がだいぶ出ちゃいました(笑)

かなりのアドリブで、お昼近くになって出発した旅でしたが、温泉も食事も最高。出かけただけのことはありましたね。やはりリラックスしてまた来週の激務に立ち向かわなければなりませんね。

ぶどうの丘で一休みがてら温泉を楽しみ、今日も帰途に。途中少し渋滞はしましたが、一応無事帰着。途中で調布多摩川住宅のクィーンズ伊勢丹で、新鮮な「ひいか」を発見。今晩は「ひいか」のパスタに決定です。

IMG_4176.jpg

余裕をもってかえってきたので、うちでゆったり夕食。今日はニンニクをオリーブオイルで炒めて、ひいかを投入。ゆっくり火を通していかが固くならな内容に細心の注意を払い、最後にザグ切りのトマトを加えて塩こしょうで味を整えます。イカのハラワタの旨味がオイルに乗ってなかなかの出来でした。

今日も無事の帰着の安堵感ともう車を運転しなくてよい感から、ワインが沁みます(笑)

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

tag : 温泉 パスタ ほうとう

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
スクロールできます。

モーツァルトベートーヴェン東京オペラシティシューベルトヒストリカルピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:31LPアンダンテと変奏曲XVII:6交響曲67番交響曲80番ライヴ録音哲学者ラメンタチオーネピアノソナタXVI:24美人奏者交響曲51番交響曲35番交響曲46番ピアノ協奏曲XVIII:11ピアノ協奏曲XVIII:3ピアノ協奏曲XVIII:4古楽器協奏交響曲ヴァイオリン協奏曲天地創造ピアノソナタXVI:52ピアノソナタXVI:49ファンタジアXVII:4交響曲47番ピアノソナタXVI:48十字架上のキリストの最後の七つの言葉テレジアミサピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:34ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:28バリトン三重奏曲アリエッタと12の変奏XVII:3ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:20サントリーホールラ・ロクスラーヌ帝国皇帝ハイドンのセレナード弦楽四重奏曲Op.76ピアノソナタXVI:51ピアノソナタXVI:50ラルゴ五度四季交響曲1番ピアノ三重奏曲ひばり弦楽四重奏曲Op.64日の出チェロ協奏曲ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:44東京芸術劇場ピアノ協奏曲XVIII:11ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.33軍隊リヒャルト・シュトラウス弦楽四重奏曲Op.74騎士弦楽四重奏曲Op.20交響曲17番ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:27アンダンテと変奏曲(XVII:6)弦楽四重奏曲Op.103シベリウス武満徹マーラー交響曲4番交響曲42番時の移ろい無人島ベルリンフィル告別ホルン信号交響曲19番弦楽四重奏曲Op.55弦楽四重奏曲Op.54王妃交響曲87番交響曲86番弦楽四重奏曲Op.9フルート三重奏曲トランペット協奏曲スコットランド歌曲集ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:25驚愕時計ロンドンピアノソナタXVI:10ピアノ協奏曲XVIII:6ディヴェルティメントピアノ五重奏曲チェチーリア・ミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナアレルヤピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6ホルン協奏曲ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲81番交響曲79番交響曲78番交響曲99番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードドイツ国歌カノンモテットオフェトリウムピアノソナタXVI:37スタバト・マーテルピアノソナタXVI:42弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルクラヴィコード弦楽四重奏曲Op.17太鼓連打交響曲102番太陽四重奏曲アダージョXVII:9交響曲70番受難ピアノソナタXVI:35パリセット交響曲84番イタリアンベルクブーレーズピアノソナタXVI:6交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアチェチーリアミサピアノソナタXVI:41スクエアピアノスコットランド歌曲ショスタコーヴィチ交響曲57番交響曲68番ビールタイ料理オーボエ協奏曲リラ・オルガニザータ協奏曲悲しみSACDパリ交響曲集ラーメンリーム交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還清水スタバトマーテルホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10ヴァイオリンとピアノのための協奏曲XVIII:6奇跡交響曲97番交響曲34番交響曲77番交響曲18番ストラヴィンスキー温泉ロープウェイ日本酒フルートソナタ長野ワイン蕎麦DVD交響曲98番ドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生交響曲93番ピアノソナタうなぎ和食旅館シングルモルトうどんダムカートリッジ雅楽そばプロコフィエフヘンデル英語によるカンツォネッタ集サン=サーンス交響曲36番リストシェーンベルクピアノソナタXVI:14オーディオバリトン二重奏曲ピアノ協奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番ピアノ三重同曲迂闊者パスタ洋食諏訪国立劇場歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47第九読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサほうとう国立西洋美術館焼肉ジャズネルソンミサ横浜弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番聴き比べピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:43カフェフレンチ古楽器風カレー東急文化村ノットゥルノピアノソナタXVI:2ヴェーベルンまたはオルフェオとエウリディーチェ哲学者の魂ライヴappleiMac府中の森芸術劇場鹿児島料理裏切られた誠実マリア・テレジアバリトン五重奏曲音楽時計曲ハイドン入門者向け焼酎居酒屋歌曲ピアノソナタXVI:G1ピアノソナタXVI:11ピアノソナタXVI:8散歩ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ定食ファリャお寺モルトインド料理交響曲56番マリアテレジア交響曲27番2つのホルンのための協奏曲トランッペット協奏曲外食自宅料理展覧会中華ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集とんかつウイスキー焼き鳥シャンゼリゼ劇場8人のへぼ仕立て屋に違いない弦楽四重奏曲Op.2皇帝讃歌交響曲24番小オルガンミサ大オルガンミサCDラックiPhone新橋演舞場交響曲5番交響曲10番ポルトガル料理赤坂ACTシアター演劇テ・デウムサルヴェ・レジーナ日帰り温泉喫茶狛江インドネシア料理カッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理ギネス国立新美術館高音質CD剃刀庭風景狛江のお店ピアノとヴァイオリンのための協奏曲ドビュッシーネパール料理交響曲28番交響曲13番交響曲95番変わらぬまこと交響曲62番交響曲108番交響曲107番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲9番交響曲3番交響曲2番スカルラッティ府中のお店映画声楽曲カンタータ牛タン戦時のミサルテアトル銀座ヴァイオリンとオルガンのための協奏曲珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコード中華料理マーキュリージャケット買い管弦楽曲お宅訪問Mac室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番焼き肉冷麺韓国料理飲み食いギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤン弦楽三重奏曲テレビ番組スウェーリンク書籍セル交響曲12番交響曲65番ニコライミサ交響曲71番ハイボールアプラウステンシュテットピアノソナタXVI:13アーノンクールピアノ小品ラトル魂の歌海鮮寿司仙台グルダヤナーチェクモンゴル料理現代音楽ワールドカップクロノス・クァルテットノンサッチ長岡鉄男リュートマイケル・ジャクソンBlu-rayiPad狩りショップピアノ曲アップルのめり込んだ経緯

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2016年9月のデータ(2016年9月30日)
登録曲数:1,361曲(前月比+3曲) 登録演奏数:9,608(前月比+87演奏)
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
95位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
4位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ