シュペリングの祝賀カンタータ「アプラウス」 絶品!

今日は平日にはなかなか取り上げにくい2枚組の大物を。

SperingApplausus.jpg
HMV ONLINEicon

ハイドンの祝祭カンタータ「アプラウス(賛美)」。1768年とハイドンが前学長ヴェルナーの死後エステルハーザ楽長に昇進した直後の時代の作曲。曲自体はZwettiシトー派修道院の院長Rayner I. Kollmannの誓願式50周年祝賀のために作曲されたもの。初演はZwetti修道院で1768年4月17日とのこと。
曲は、「調和」「知恵」「正義」「不屈」という4つの基本徳目と「神学」との間の論争を抽象的に描いたラテン語のテキストによるカンタータ。

シュペリングの演奏はこれまで2回取り上げてきました。記事のリンクを張っておきましょう。

ハイドン音盤倉庫:アンドレアス・シュペリングのカンタータ集
ハイドン音盤倉庫:アンドレアス・シュペリングの天地創造

このブログの読者の方ならご存知のことと思いますが、以前取り上げたカンタータ集の方は、Haydn Disk of the Monthに輝いた名盤です。シュペリングの演奏はライヴ感あふれる古楽器の響きが素晴しいもので、知る人ぞ知るマニア好みの演奏。

さて、今日この曲を取り上げたのは、ブログ読者の横浜在住のYさんからメールで情報をいただいて。Yさんは私以上にハイドンをはじめとした古典派の音楽に造詣が深く、ハイドンの珍しい作品、珍しい演奏もずいぶんご存知でメールでいろいろ情報をいただきます。アプラウスは私も3組のアルバムをもっていたんですが、今ひとつちゃんと聴けてませんでした。平日は仕事から帰ってから記事を書きますので、あまり大物は取り上げにくいんですね。今日はYさんからいただいた情報の中らから、アプラウスを取り上げた次第。Yさんから私の所有しているのと同じ3組の情報をいただき、今日は朝から3組のアルバムをとっかえひっかえ聴いて、私なりに1組をセレクト。それがシュペリング盤ということになった訳です。

このアルバムは最近の録音。2008年8月23~25日のケルン近郊のブリュールにあるアウグストゥスブルク城でのコンサートのライヴ録音。ソロは調和:アンナ・パリミーナ(ソプラノ)、知恵:マリーナ・デ・リーゾ(メゾ・ソプラノ)、正義:ドナート・ハヴァール(テノール)、不屈:ヨハネス・ヴァイサー(バリトン)、神学:アンドレアス・ヴォルフ(バス・バリトン)の5人。

曲は16曲構成のレシタティーヴォとアリアなど。先日取り上げた祝賀カンタータと同様、祝祭的な雰囲気のもの。

冒頭の入りは先日のカンタータ集を思わせる素晴しく清透な響き、シュペリング独特の繊細ながらゆったりとしたオケの響きがたっぷりとした残響とともに楽しめます。ライヴですが会場ノイズなどはほとんど気にならなず、また響きも自然で録音はライヴとしては極上のもの。

第2曲の4重唱は他の2組のアルバムよりも速めのテンポでフレーズの美しい流れよりも曲の見通しを重視したもの。歌手はいきなり4重唱でハードルが高いでしょうが、アンサンブルもオケとの一体感も見事。オケは微風のような軽さを感じさせるヴァイオリンが適度なメリハリをつけて、美しさを引き出しているのと、全体に厚みのある響きが祝賀カンタータの迫力を演出。冒頭から素晴しい充実度ですね。

3曲目のレシタティーヴォと4曲目のアリアに至り、バス・バリトンのヴォルフの厚みのある朗々とした声の魅力で圧倒。ライヴではさぞかし素晴しい存在感でしょう。深みがありながら輝きというか華のある良い声です。アリアではシュペリングのサポートもアクセントが明確ですばらしい推進力と活気、抜群のノリ。

6曲目はパリミーナ(ソプラノ)とデ・リーサ(メゾ・ソプラノ)のデュエット。可憐なパリミーナの声と、ふくよかなデ・リーサの素晴しいデュエットにシュペリングの万全のサポート、天上につきぬけるトランペット城内を揺るがすティンパニの響き! 極上の瞬間。シュペリングのサポートはほんとに素晴しい。祝賀のための華やかな盛り上がりだけにとどまらず、ハイドンの機知を十分にふまえた音楽的な面白さを際立たせるアクセントの数々。途中短調に転じると、ぐっと腰を落としじっくりとした流れに。深い深い呼吸が見事です。再び長調に転じ、美しいデュエットに。シュペリングのコントロールは神の領域に入ります。奇跡的な閃き、なんという機知。このトラックだけで昇天です。

レシタティーヴォに続いて8曲目のハヴァール(テノール)のアリア。しばらくハープシコードのソロとオケの伴奏による至福の演奏がつづいたあと、おもむろにテノールな歌が浮かび上がります。ちょっとエッジがはっきりしないところもありますが、声の響きの透明感は流石、メリハリをおとなしくしたシュライアーのような声質。さきほどの素晴しいデュエットのあとに静寂のアリアとは、それにしても素晴しい構成ですね。14分以上つづく長いアリアですが、聴き飽きることはありません。

9曲目のレシタティーヴォに続いて、CD-1の最後の10曲目は激しい曲調のヴァイサー(バリトン)のアリア。シュペリングが畳み掛けるようにオケをあおります。ヴァイサーは表情豊かにアリアを歌います。比較的柔らかな声質で声量はそこそこ。オケに飲み込まれそうなところもあります。

CD-2に移って、最初はレシタティーヴォ。続いて12曲目はソプラノのパリミーナのアリア。穏やかなアリアなんですが、終盤にきてソプラノの美しい高音を楽しめます。

14曲目はハヴァールのアリア。再び14分超の長いアリアです。今度はハープシコードではなくソロヴァイオリンとの掛け合いのようなこちらも穏やかなアリア。途中から快活なオケが加わり、いきなりドラマティックになる部分がありますが、一瞬のみ。再びヴァリオリンとの静かな掛け合いに戻ります。最後はカデンツァのように聴かせどころをつくって終了。

続く15曲は前曲のアリアよりも劇的な感じのレシタティーヴォ。すこし休んだオケが再び生気を取り戻します。

そして16曲のコーラス。すべてを締めくくる大団円的曲想。最後はオケを盛大に鳴らしきってフィニッシュ。拍手はカットされています。

曲の完成度からすると、ちょっと後半尻すぼみ気味で、前半の充実度が目立つ曲ですね。ただし、前半の充実度は図抜けて素晴しいものがあり、特に第6曲のデュエットは素晴しい曲ですね。

この曲にはエピソードが合って、初演というか依頼の目的の演奏にハイドンが立ち会えないことから演奏の指示を詳細にわたって手紙にしたためて送った文面が残っており、その下りがいつも参照している大宮真琴さんの「新版ハイドン」に詳細に触れられているんですが、この演奏を聴いてその真意がようやくつかめました。ハイドンはこの素晴しい曲を楽譜にした時点で相当の自信作との認識をもっていたはずで、その演奏を人に任せるということを考えるとあれだけの詳細な指示を手紙を書くのは当然のことと納得できます。それだけハイドンはこの作品に相当の思い入れがあったのでしょう。

評価はもちろん[+++++]。いままでじっくり聴いていなかったことが悔やまれる、快心の素晴らしさ。またしてもシュペリングの術中にハマりました。この名曲の本当の素晴しさをオレが聴かせてやるとの強いメッセージがつたわります。以前のカンタータ集もこの曲もマイナーな曲だけに、これだけレベルの高い演奏で聴ける機会は多くはありません。
ハイドンが好きな人には絶対のおすすめ盤です。天地創造とは違いますが、音楽の素晴しさは劣ってませんね。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : アプラウス 古楽器 ライヴ録音 おすすめ盤

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

アンダンテと変奏曲XVII:6ショスタコーヴィチベートーヴェン紀尾井ホールドビュッシーラヴェルストラヴィンスキーピアノ三重奏曲ミューザ川崎協奏交響曲LPオーボエ協奏曲日の出ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:38サントリーホールスタバト・マーテルピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:39ブルックナーマーラーヒストリカル十字架上のキリストの最後の七つの言葉告別交響曲90番交響曲97番奇跡アレルヤ交響曲99番交響曲18番弦楽四重奏曲Op.64ひばりフルート三重奏曲悲しみ交響曲102番ラメンタチオーネモーツァルト交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者驚愕小オルガンミサニコライミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23王妃ピアノソナタXVI:52ライヴ録音SACD武満徹チェロ協奏曲交響曲19番古楽器交響曲全集交響曲81番交響曲80番マリア・テレジア交響曲21番豚の去勢にゃ8人がかりクラヴィコード騎士オルランド無人島Blu-rayチェロ協奏曲1番東京オペラシティ交響曲10番交響曲9番交響曲12番交響曲11番ロンドン太鼓連打交響曲4番交響曲2番交響曲15番交響曲1番交響曲37番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:36ライヒャドニぜッティロッシーニピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3シェーンベルク東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ピアノソナタXVI:31ピアノソナタXVI:26ファンタジアXVII:4タリスモンテヴェルディパレストリーナバードアレグリすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6美人奏者四季交響曲70番迂闊者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:4バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーシューベルト交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲46番交響曲35番交響曲51番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌハイドンのセレナード弦楽四重奏曲Op.76ピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲リュートピアノソナタXVI:10ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6ピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲79番ロンドン・トリオ交響曲88番オックスフォードモテットドイツ国歌オフェトリウムカノン弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難交響曲84番パリセットブーレーズベルク主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11音楽時計曲ピアノ小品カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47第九読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲107番変わらぬまこと交響曲108番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲3番スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
12位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ