ヘルムート・フッケ/フリッツ・レーハンのオーボエ協奏曲、協奏交響曲(ハイドン)

しばらく間が空きました。今日は最近手に入れたLP。

FritzLehan.jpg

ヘルムート・フッケ(Helmut Hucke)のオーボエ、フリッツ・レーハン(Fritz Lehan)指揮のコンソリティウム・ムジクム(Consortium Musicum)の演奏で、伝ハイドン作のオーボエ協奏曲とハイドンの作による協奏交響曲の2曲を収めたLP。協奏交響曲の独奏者は別記します。収録情報は記載されていませんが、以前湖国JHさんに貸していただいたこのLPと同一演奏であると思われるオーボエ協奏曲を収めたCDの情報では1961年3月8日から10日にかけてのセッション録音とのことです。レーベルはcolumbiaとEMIの両方のロゴが配されたもの。

このアルバムを取り上げたのはひとえに演奏と録音が絶妙に良いからに他なりません。

当ブログの読者の方なら先刻ご承知の通り、オーボエ協奏曲はハイドンの作品として出版され多くの録音もありますが、近年の研究によってハイドンの作ではなく、作曲者不明の曲というのが最近の見解です。それでもごく最近でも録音され続けているのはなかなか侮れない、いい曲だというのが理由でしょう。これまで取り上げたアルバムは皆それぞれ素晴らしい演奏でした。

2017/08/09 : ハイドン–協奏曲 : ハインツ・ホリガーのオーボエ協奏曲(伝ハイドン)
2015/04/28 : ハイドン–協奏曲 : 【新着】フランソワ・ルルーのリラ協奏曲、オーボエ協奏曲(ハイドン)
2015/03/23 : ハイドン–協奏曲 : パウルス・ファン・デア・メルヴェ/ヴァントのオーボエ協奏曲(伝ハイドン)
2015/03/22 : ハイドン–協奏曲 : エルネスト・ロンボーのオーボエ協奏曲(伝ハイドン)

オーボエのヘルムート・フッケは調べてみたのですが、手元のアルバムの解説にもネット上にも詳しい情報はありませんが、コレギウム・アウレウムの中心的メンバーだったとのこと。指揮者のフリッツ・レーハンについてもほとんど情報がなく、手元には他にこのアルバム同様コンソリティウム・ムジクムを振ったトランペット協奏曲などを収めたLPがあるのみ。そしてこのコンソリティウム・ムジクムもよくわかりません(苦笑)。Discogsの記載を見るとConsortium Musicum Ljubljanaという同名のオケもあり、こちらは旧ユーゴスラビア、現セルビアの首都であるリュブリャナのオーケストラのようですが、果たして同じオケなのかも判然としません。いつもは奏者やアルバムの背景を色々調べるのですが、久しぶりに調べがつきません(笑)

Concerto per il oboe [C] (Hob.VIIg.C1)
いきなり迫力満点で素晴らしく広がりのあるオケの序奏に驚きます。最新録音に劣るどころかキレキレのオケの響きに釘付けになります。比較的速めのテンポに乗ってグイグイと推進力満点のオケ。フリッツ・レーハン、素晴らしいオーケストラコントロール能力の持ち主とみました。協奏曲の中でも一際オケの伴奏が充実したこの曲だけに、このオケの充実ぶりは聴き応え充分。ヘルムート・フッケのオーボエもオケのエネルギーに反応して艶やか伸びやかな音色で応戦します。フッケもオーボエ特有の音を伸ばしたところの表情が特に豊かでホリガー並みの見事なオーボエさばき。曲が進むにつれて、ふとした陰りと明るさの間を行き来しながら美しいメロディーが交錯するこの曲の魅力が際立ってきます。鮮やかなオーボエの音色に負けないオケの瑞々しい響きでソロもオケも実に華麗な演奏に夢見心地。
続くアンダンテでは、フッケのオーボエ音色の美しさがさらに際立ちます。1楽章の華やかさから一転、しっとりとした響きの美しさを印象付けるように演奏もリラックスして癒しに満ちあふれます。ハイドンの作ではないとはいえ、このメロディーの美しさと展開は見事ですね。特にオケは完全に抑えられ、すべての楽器がデリケートな音量コントロールで弱音の豊な表情を作り上げます。
フィナーレの入りも絶妙に抑えられて、前楽章の余韻をしっかりと踏まえます。徐々にオケが力を取り戻しますが、今度はおおらかにオケを鳴らすことで、1楽章とは印象を変えてくる巧みな演出。中間部の実にニュアンス豊かな演出といい、大局的な設計の確かさといいフリッツ・レーハンという指揮者、素晴らしい実力の持ち主ですね。最後は華麗な響きで締めくくります。ブラヴォー。

IMG_2081_20180529085518d80.jpg

Hob.I:105 Sinfonia Concertante 協奏交響曲 [B] (No.105) (1792)
4人の独奏者は下記のメンバー。おそらくコンソリティウム・ムジククムのメンバーではないでしょうか。

ヴァイオリン:ウェルナー・ノイハウス(Werner Neuhaus)
チェロ:ハンス・プリューマヒャー(Hans Plümmacher)
オーボエ:ヘルムート・フッケ(Helmut Hucke)
ファゴット:ウェルナー・マウルシャット(Werner Mauruschat)

しなやかなオケのコントロールはオーボエ協奏曲と変わらず。穏やかにコントロールされた推進力はこの曲の雰囲気にピタリ。冒頭から4人の独奏者はイキイキとした鮮やかな演奏で見事なアンサンブルを聴かせます。完全に息が合って独奏者同士が楽しんで演奏している雰囲気がよくわかります。フリッツ・レーハンのコントロールするオケはあえて表現を抑えながら溜めを作らず清水の流れのように淀みのない清々しい音楽。この曲の本質的な魅力を教わった気になります。じわりと湧き上がる演奏の喜び。天真爛漫にメロディーが奏者の間を飛び回るような愉悦感に包まれます。なんという洞察力。フリッツ・レーハンという人、音楽の本質を見極める類まれな能力を持っているようですね。
続くアンダンテはこの曲も美しいメロディの宝庫。やはりヘルムート・フッケのオーボエの艶やかさが一際目立ちますね。オケの方はオーボエ協奏曲の時とはちょっとテンションが変わって、伴奏に徹する感じで表情も少し平板。
2楽章でちょっとテンションが落ちたと思っていたら、フィナーレではオケにもソロにも生気が戻ってきました。ピチカートを織り交ぜたりして華やかさを加えながら響きの新鮮さを保ちます。最後は古典の折り目正しさを印象付けて終わります。

知る人ぞ知るフリッツ・レーハンとコンソリティウム・ムジクムによる協奏曲集のLPでしたが、これが絶品でした。名のある奏者のいい演奏も色々ある中、このアルバムに収められた2曲は、オーボエ協奏曲は華やかな力感、そして協奏交響曲はとそれぞれの曲の本質的な魅力を知らしめてくれる玄人好みの名演でした。これだけの名演にも関わらず、現役盤ではなく、入手も苦労することとは思いますが、一聴すべき価値のあるアルバムと言っていいでしょう。評価は両曲とも[+++++]とします。



にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : オーボエ協奏曲 協奏交響曲 LP

ハインツ・ホリガーのオーボエ協奏曲(伝ハイドン)

暑いので、気楽に聴ける曲です。

Holliger.jpg

ハインツ・ホリガー(Heinz Holliger)のオーボエ、デヴィッド・ジンマン(David Zinman)指揮のアムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団(Concertgebouw-Orchester, Amsterdam)の演奏で、以前はハイドンの作とされたオーボエ協奏曲(Hob.VIIg:C1)、ロッシーニのオーボエと小オーケストラのための変奏曲、アントン・ライヒャのコール・アングレと管弦楽のための情景、ドニゼッティのコール・アングレ協奏曲の4曲を収めたLP。収録に関する情報は記されていませんが、レーベル面にはPマークが1979年と印刷されています。レーベルはもちろんPHILIPS。

ハイドンのオーボエ協奏曲はハイドン自身が書いたものではないというのはご承知の通りですが、意外にいい曲なのでそれがわかった上でも録音は結構な数がリリースされています。当ブログでもこれまでに3件レビューしています。

2015/04/28 : ハイドン–協奏曲 : 【新着】フランソワ・ルルーのリラ協奏曲、オーボエ協奏曲(ハイドン)
2015/03/23 : ハイドン–協奏曲 : パウルス・ファン・デア・メルヴェ/ヴァントのオーボエ協奏曲(伝ハイドン)
2015/03/22 : ハイドン–協奏曲 : エルネスト・ロンボーのオーボエ協奏曲(伝ハイドン)

オーボエ協奏曲についてはロンボーの記事をご覧ください。ちなみに取り上げた3枚のアルバムはいずれも名演奏。特にオーケストラパートの充実した演奏が印象に残るものでした。

そして、オーボエといえばもちろんハインツ・ホリガー、本命登場です。このアルバムを手に入れたのは昨年でしたが、それまでホリガーにこの曲の録音があることを知りませんでした。しかも、ジンマン指揮のコンセルトヘボウ管による全盛期の蘭PHILIPSの録音ということで言うことありません。ホリガーはモーツァルトのオーボエ協奏曲に素晴らしい演奏を残しています。これはかつての愛聴盤です。

2010/10/14 : ハイドン以外のレビュー : ホリガーのモーツァルトのオーボエ協奏曲

IMG_9437.jpg

Concerto per il oboe [C] (Hob.VIIg.C1)
スカッとホールに広がるオーケストラの響き。PHILIPSによるコンセルトヘボウの見事な響きにいきなりうっとり。LPのコンディションも最高で実体感溢れる響きに酔いしれます。さすがにデヴィッド・ジンマンが振るだけあってオーケストラのコントロールは精緻。ホリガーのソロはあの細めながら伸びやかな音色が期待通り。独特のアーティキュレーションによってホリガーの演奏だとすぐにわかります。モーツァルトの演奏でもそうでしたが、この天真爛漫な伸びやかさはホリガーならでは。ソロの伸びやかさに触発されてかどうかわかりませんが、オケの方も超高鮮度の演奏で応えます。スピーカーの周りがコンセルトヘボウになったような見事な録音に思わずヴォリュームを上げて美音を浴びる快感に身をゆだねます。実に克明なオケの演奏に対してオーボエのソロが可憐に飛び回り、天真爛漫な境地に至ります。音色が変化するわけではないのに実に多彩な表情の変化をを見せます。1楽章のカデンツァはホリガーのしなやかな音階が極限まで透明に昇華する見事なもの。1楽章からノックアウト気味です。
続くアンダンテは、ちょっとハイドンによるメロディーとは異なる趣を帯びているように感じますが、メロディーの美しさはモーツァルト的な洗練も感じる名曲。ハイドンだったらもっと多様な展開を絡ませてくるような気がします。ただモーツァルトで孤高の境地を聴かせたホリガーの手にかかると、この曲の美しさを見事に洗練の極致まで持っていきます。ここでもジンマンはホリガーの自在な表現にしっかりと寄り添って、テンポも呼吸も見事に合わせてきます。
フィナーレの入りも絶妙な軽さ。この入りしかないという見事なもの。そしてオケの反応の鮮やかさは神がかったもの。ホリガーは遊びまわるようにテンポを動かし、そして完全に透明な響きに吸い込まれて行くようにメロディーを伸びやかに描き続け、オケとの対話を楽しむよう。最後はオケがキリリと引き締めて終了。

ロッシーニの曲はオペラの1場面のような曲。ロッシーニ独特の明るいメロディーと翳りの交錯が見事に描かれた曲。ホリガーの妙技とオケの反応の鮮やかさがハイドンの曲以上に活きてきます。ライヒャの曲ははじめて聴きますがなかなか味わいのある美しいメロディーが聴きごたえ充分。オーボエよりも渋い音色のコール・アングレもホリガー流に見事に操ります。そしてドニゼッティの曲もオペラの一場面のようなドラマティックなもの。ホリガーのコール・アングレがちょうど歌手のアリアのような存在。もちろん歌手の表現をもうわまわらんとするホリガーの表現力が聴きどころ。B面の3曲は気軽に楽しめるくつろいだ曲ばかりでした。

このアルバム、流石ハインツ・ホリガーという演奏。やはり他の奏者とははっきりと異なるホリガーならではのオーボエの演奏を聴かせます。軽やかさと伸びやかさの表現は他の奏者とは一線を画するところ。そしてデヴィッド・ジンマンの振るアムステルダムコンセルトヘボウ管の伴奏も完璧。何より全盛期のPHILIPSの空気感溢れる素晴らしい録音がこの演奏に華を添えます。ハイドンの評価はもちろん[+++++]とします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : オーボエ協奏曲 ロッシーニ ライヒャ ドニぜッティ LP

【新着】フランソワ・ルルーのリラ協奏曲、オーボエ協奏曲(ハイドン)

まだまだ新着アルバムが続きます。

FrancoisLeleux.jpg
TOWER RECORDS / amazon / HMV ONLINEicon

フランソワ・ルルー(François Leleux)のオーボエと指揮、ミュンヘン室内管弦楽団(Münchener Kammerorchester)の演奏で、 フンメルの序奏、主題と変奏(Op.102)、ハイドンのリラ協奏曲2曲(Hob.VIIh:4、VIIh:2)と伝ハイドンのオーボエ協奏曲の4曲を収めたアルバム。収録は2014年2月8日から10日にかけて、ミュンヘンのバイエルン放送第1スタジオでのセッション録音。レーベルはSONY CLASSICAL。

このところSONY CLASSICALより続々とハイドンの新録音がリリースされています。このアルバムもそのうちの1枚。オーボエ奏者のフランソワ・ルルーを看板にしたアルバムですが、不思議なのは彼よりネームバリューのありそうなエマニュエル・パユがフルート奏者として参加しているのに、まったく写真が露出していないこと。レーベル間の大人の事情によってこうなっているのでしょうか(笑)

フランソワ・ルルーはジャケット写真では貫禄ある姿に写っていますが、意外に若く、1971年、フランス北部のベルギー国境の街、クロワ(Croix)生まれのオーボエ奏者。パリ国立高等音楽舞踏学校でオーボエの名手、ピエール・ピエルロらに師事、18歳でパリオペラ座管弦楽団の主席オーボエ奏者となります。トゥーロン国際コンクール、ミュンヘン国際音楽コンクールで1位となり、1992年から2004年までバイエルン放送交響楽団の主席奏者を務め、現在はヨーロッパ室内感のソロ・オーボエ奏者とのこと。教育者としてはミュンヘン音楽演劇大学の教授として活躍しているとのこと。日本では東京都響、新日本フィル、大阪フィルなどと共演しているということでご存知の方もあるでしょう。

そのルルーが、ハイドンとその後任となったフンメルの曲を収めたアルバムということで、アルバムタイトルは「エステルハージ家の協奏曲」ということで、ハイドン、フンメルが仕えたエステルハージ家を軸にしたアルバム。

最初に置かれたフンメルの序奏、主題と変奏Op.102はもともと4手のピアノために1822年に書かれた曲を2年後にオーボエと管弦楽のために書き直されたものとのこと。劇的に始まりシューベルトのような穏やかなメロディーの美しさが特徴の曲。ルルーの表情豊かなオーボエによってフンメルのメロディーメーカーの才が浮かび上がります。流石にルルーのアルバムだけあって、オーボエの魅力が際立ちます。音階のデリケートな表現と鮮やかなキレが見事。

ハイドンのリラ・オルガニザータ協奏曲のリラ・オルガニザータはルルーのオーボエと、パユのフルートによって奏でられます。これまで取り上げたリラ・オルガニザータ協奏曲の演奏をリンクしておきましょう。

2012/01/11 : ハイドン–協奏曲 : シュツットガルト・ソロイスツのリラ・オルガニザータ協奏曲、オルガン協奏曲
2011/09/02 : ハイドン–協奏曲 : 【新着】ウォルフガング・シュルツによるリラ・オルガニザータ協奏曲
2011/04/29 : ハイドン–交響曲 : ブリュッヘン/モーツァルテウムのリラ・オルガニザータ協奏曲、84番

Hob.VIIh:4 Concerti per la lira organizzata [F] (No.2) (1786)
アレグロ、アンダンテ、フィナーレの3楽章構成。アレグロは手回しオルガンのようなおもちゃっぽい響き炸裂。オーボエとフルートのソロは神がかり的な精度でリラ・オルガニザータの音色を再現。ハイドンによるユーモラスなメロディーが次々と湧き出してくる快感に酔いしれます。ソロとオケの一体感。そして転調しながら陶酔の彼方へ。アンダンテはしっとりと落ち着いた演奏。中間部の静けささえ感じる瞬間が秀逸。そしてコミカルさが際立つフィナーレへ。フレーズ毎にテンポや表情を巧みに変化させながらこの曲の面白さを存分に表現しようとういうことでしょう。先日取り上げたノリントンのパリセットと同様鮮明な録音が演奏の面白さを引き立てます。

Hob.VIIh:2 Concerti per la lira organizzata [G] (No.3) (1786)
ヴィヴァーチェ・アッサイ、アダージョ・マ・ノン・トロッポ、ロンドの3楽章構成。いつもながらハイドンの同時期に作曲された曲の変化の巧みさに唸ります。リラ・オルガニザータの音色の面白さを推進力に昇華させて聴かせようということでしょうか。オケのノリノリの推進力とオーボエとフルートによるユーモラスな音色の対比の妙。ゾクゾクするような臨場感。音楽の持つ多彩な面白さを感じないわけにいきません。2楽章はざらついたオケの響きとリズムの溜めが意表をつきます。よく聴くとフルートのパユの音色の美しさを感じるのですが、意識的にか、裏方にまわってオーボエのルルーを引き立てるのに徹しています。結果的にルルーの美音が際立ちます。3楽章は意外にあっさりとした表情ですが、それによって音楽自体の面白さが浮かびあがります。ところどころに挟まれたオーボエの修飾音のキレのよさにハッとさせられます。

Concerto per il oboe [C] (Hob.VIIg.C1)
最後は伝ハイドン作のオーボエ協奏曲。最近何枚かアルバムを取り上げています。古典的な均整のとれた曲ゆえ、ハイドン作ということで長らく認識されてきた曲です。この演奏でもオケのキレの良さが印象的。小編成ながら、ゴリっとしたオケの低音の迫力を存分に活かした演奏が痛快。リラ・オルガニザータ協奏曲が曲をうまく生かした変化に富んだ演奏だったのに対し、こちらはややオーソドックスな入り。ただしオーボエもオケもキレキレで実に面白い。鮮やかに吹き上がるオケ、余裕たっぷりに間をとって入るオーボエの粋なソロ、そして物憂い翳りを感じさせるオーボエの表情の変化。ルルーの自在な指揮とソロの魅力に釘付けです。非常にレベルの高い演奏。古典的な曲の垢がはがされ鮮やかな姿が蘇ります。1楽章最後のカデンツァではオーボエの宇宙への交信的信号音のような音を聴かせてビックリさせます。
アンダンテはオーボエの美音の独壇場。オーボエの名手といえばホリガーが有名ですがホリガーが天上に昇るような透明感を感じさせるのに対し、ルルーのオーボエは豊かな音色と濃いめの起伏が特徴という感じでしょうか。このアンダンテでもオーボエの美音を色濃く感じさせる演奏で圧倒。
3楽章はオーボエのソロと吹き上がるオケの対比を変幻自在に繰り返し、陶酔感へ誘います。音階の滑らかさとキレに圧倒されます。やはりルルーのテクニックに釘付け。最後はゴリっと締まって終わります。

はじめて聴くフランソワ・ルルーによるハイドンのオーボエが主役の曲3曲を収めたアルバム。いかつい姿をジャケットに晒すだけあって、ルルーのテクニック、音色は素晴らしいものがあります。リラ・オルガニザータ協奏曲のコミカルな魅力、そして伝ハイドンのオーボエ協奏曲の力感漲る演奏も見事。ソリストしてもオケのコントローラーとしての指揮者としても見事な手腕でした。ハイドン(伝ハイドンを含む)の3曲はいずれも[+++++]としておきます。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : リラ・オルガニザータ協奏曲 オーボエ協奏曲

パウルス・ファン・デア・メルヴェ/ヴァントのオーボエ協奏曲(伝ハイドン)

前記事でオーボエ協奏曲を取り上げたのですが、手元の未聴盤ボックスにもう一枚素晴らしい演奏がありました。

MerweOboe.jpg

ギュンター・ヴァント(Günter Wand)指揮の北ドイツ放送交響楽団(NDR Symphony Orchestra)の演奏で、バッハのヴァイオリン協奏曲(BWV1041)、伝ハイドン作のオーボエ協奏曲(Hob.VIIg:C1)、モーツァルトのセレナータ・ノットゥルナの3曲を収めたCD-R。ハイドンの協奏曲のオーボエソロはパウルス・ファン・デア・メルヴェ(Paulus van der Merwe)。ハイドンの収録は1992年1月12日とだけ記載されています。

ヴァントにはもう一枚Profilからハンスヨルグ・シェーレンベルガーのソロ、ケルン放送交響楽団の演奏による1980年の録音がありますが、今回聴き比べてみたところ、今日取り上げるアルバムの方が演奏が良いため、こちらを取り上げた次第。ヴァントはハイドンでは交響曲76番を得意としていて、ライヴでかなりの回数取り上げていたようですが、この曲も複数の録音があるということで得意としていたのでしょうか。

演奏を聴く限り、全記事のコンセルトヘボウ室内管の演奏を超えるようなオケの充実ぶり。オーボエのソロを担当するパウルス・ファン・デア・メルヴェは調べたところ、このアルバムの演奏を担当する北ドイツ放送交響楽団の首席オーボエ奏者のようです。

ご存知ヴァントは北ドイツ交響楽団とは多くの録音を残しています。ヴァントがこのオケの首席指揮者となったのは1982年、クラウス・テンシュテットの後を受けて。そして1990年にはその座をジョン・エリオット・ガーディナーに譲っています。ということで、これはヴァントが首席指揮者の座をガーディナーに譲った直後の演奏ということになります。

前記事と同じ曲ですので解説のほうは前記事を御覧ください。

Concerto per il oboe [C] (Hob.VIIg.C1)
ヴァント独特の筋骨豊かながら推進力にあふれた演奏に序奏から盛り上がります。CD-Rらしからぬ実在感あるいい録音。オケの迫力は十分。これを聴いて前記事のコンセルトヘボウ室内管が小規模オケだったと気付かされます。メルヴェのオーボエは協奏曲らしくスポットライトをあてられ、くっきり浮かび上がります。音色の変化も大きく、伸びやさも十分。ヴァントの指示がキレているのか、ソロとオケの掛け合いもリズムがピタリと合って完璧なやりとり。コンセルトヘボウ室内管も良かったんですが、このヴァントのコントロールは流石と言わざるを得ません。ゆったりとした音楽が流れながらも彫刻的に引き締まったフォルムが圧倒的。交響曲76番の名演を彷彿とさせる説得力。1楽章最後には、メルヴェが鮮やかな音階のキレとオーボエ独特の唸るような美しい音色の長大なカデンツァを披露。
2楽章は独特の香りたつような音楽。オーボエの美しい音色に縁取られた可憐な花束のよう。オーケストラが次々と響きを変化させながら伴奏していきます。メルヴェも音色ばかりではなくメロディーの起伏をかなり意識た演奏で、ヴァントに負けないほどの起伏を感じさせます。
フィナーレに入ると規則正しいリズムに乗りながらもオケの力感が湧き上がる快感に酔いしれます。中盤、響きが短調に変わり、さっと光が射すような場面の面白さがヴァントのコントロールで際立ちます。オーボエもかなりの雄弁さでオケに負けていません。実に見事な演奏でした。

伝ハイドンのオーボエ協奏曲。前記事の演奏でなんとなくその面白さがわかってから興味がでてきました。手元にあるアルバムではこのアルバムの演奏がベストではないでしょうか。コンセルトヘボウ室内管とエルネスト・ロンボーの演奏も良かったのですが、オケとオーボエのバランス、オーボエの躍動感と響きの面白さ、そしてなによりヴァントがコントロールするオケの躍動感はこちらの方が上でしょう。偽作ではあっても、これまでにその音楽の面白さを認めた録音も多数あることを考慮すると、真贋ではなく音楽自体を楽しむべきでしょう。もちろん評価は[+++++]とします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : オーボエ協奏曲 偽作 CD-R

エルネスト・ロンボーのオーボエ協奏曲(伝ハイドン)

3月に入ってから出張に送別会と忙しい毎日を送っており、ちっとも記事の執筆が進みませんが、こうゆう時は短い曲のアルバムが都合がいいんですね(笑)

Rombout.jpg
amazon

エルネスト・ロンボー(Ernest Rombout)のオーボエ、ヨハン・クラフト(Johan Kracht)指揮のコンセルトヘボウ室内管弦楽団(Conertgebouw Chamber Orchestra)の演奏で、伝ハイドンのオーボエ協奏曲(Hob.VIIg:C1)、モーツァルトのオーボエ協奏曲(K.314)、フンメルのオーボエと管弦楽のためのアダージョ(序奏)、主題と変奏(Op.102)の3曲を収めたアルバム。収録は1993年2月、アムステルダムのWaalse教会でのセッション録音。手元のアルバムはLONDONの国内盤。

当ブログの読者の方ならご存知のとおり、このオーボエ協奏曲はハイドンの作であるかどうかはわからず、偽作というような扱いをされている曲。このアルバムの解説でも、今世紀になってからザクセン州ツィッタウの図書館で発見されたパート譜をもとに、1926年にブライトコップフ&ヘルテル社によって出版され、以来多くの演奏者によって演奏されてきたものとあります。元のパート譜はハイドンの没後10年後に書かれたもので、表紙にうっすらとハイドンの名が書かれたもの。本来の作曲者はオーストリアのイグナーツ・マルツァートやウィーンの宮廷作曲家レオポルド・コジェルフの名が挙がっていますが、本当のところはわからない模様。
この曲、協奏曲としてはなかなかいい出来ゆえ、偽作とのレッテルが定着しているにもかかわらず録音は少なくありません。手元に登録済みのものだけでも現在9種のアルバムがあります。

オーボエ奏者のエルネスト・ロンボーは1959年オランダに生まれた人。王立ハーグ音楽院を経てフライブルク音楽大学で名手ハインツ・ホリガーにオーボエを学び、卒業後はアーノンクールらに師事しました。コンサートデビューは1983年、アムステルダムコンセルトヘボウでリヒャルト・シュトラウスのオーボエ協奏曲。その後世界的に活躍しているとのこと。1985年からユトレヒト音楽院、2007年からはアムステルダム音楽院でオーボエを教えているそうです。
指揮者のヨハン・クラフトはアムステルダム・コンセルトヘボウ管のヴァイオリニストのようですね。小編成の室内管の指揮をとっていたということでしょう。

このアルバム、取り上げたのはもちろん演奏が非常に良いからに他なりません。真贋に耳が行くのではなく純粋に音楽を楽しめるなかなかいい演奏です。

Concerto per il oboe [C] (Hob.VIIg.C1)
往時のDECCAサウンド。実体感のあるオーケストラが教会に響きわたります。PHILIPSの透明感のある録音とは異なりますが、こちらも悪くありません。オケは流石に腕利き揃いと思わせるキレ。序奏だけでも見事なオーケストラの演奏。ロンボーのオーボエは音量はそこそこながら、しなやかさはホリガー譲り。ホリガーはオーボエの音色だけで天上に昇るような崇高さを感じさせますが、ロンボー、そのホリガーの純度の高い高音に近い音を出します。協奏曲なのでもう少しソロにスポットライトを当てても良さそうなのですが、完全にオケの迫力に食われています。オーボエの旋律は親しみやすく美しいもの、冒頭の主題の提示以降の展開が形式的でハイドンの創意がこちらの期待を上回る展開の妙とまでは至らず、やはりハイドンの作ではないとの印象を強くしますが、この時代の協奏曲としてはソロのメロディーのラインの美しさとオケのしっかりとしたサポートはかなり聴き応えがあります。
2楽章はロマンツェ・ポコ・アダージョ。オーボエの美しいメロディーから入ります。オケもそっと寄り添い、時折り短調に振れ、響きのデリケートな変化はなかなか。オーボエ独特の物悲しい音色が映えますね。オーボエも表情豊かなんですが、それ以上にオケが実に雄弁。自然を保ちながらも音楽の陰影が深く、ソロの引き立て役としては十分すぎるくらい。
フィナーレもオーボエから入ります。じきにオケがスロットルをふかして、フル回転でサポート。室内オケにもかかわらず分厚い響きはさすが。メロディーラインの展開の面白さと伴奏の迫力。最後のカデンツァではロンボーが超絶テクニックを披露しますが、オケは何事もなかったように迎えます。

このあとのモーツァルトのオーボエ協奏曲はハインツ・ホリガーの神がかった演奏が刷り込み盤ですが、流石ホリガー門下、オーボエの聴かせどころが似ています。実に伸びやかなオーボエにうっとりです。

エルネスト・ロンボーのオーボエによる、ハイドン、モーツァルト、フンメルと同時代の協奏曲を集めたアルバム。ロンボーの妙技とヨハン・クラフトの操るコンセルトヘボウ室内管の名手たちの技を聴くべきアルバムでした。偽作とのことでいままでちょっと避けて通ってきましたが、これは面白い曲であることがわかりました。特に印象的だったのがクラフト操るオケの雄弁さ。決してソロが悪いわけではありませんが、この伴奏の素晴らしさは目を見張るものがあります。ハイドンの作品とはちょっとだけ印象が異なりますが、後世の人がハイドンの名を冠しようとしたのも頷けますね。評価はオケに敬意を払って[+++++]とします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : オーボエ協奏曲 偽作

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

古楽器ラメンタチオーネアレルヤ交響曲3番交響曲79番チェロ協奏曲1番オックスフォード驚愕交響曲88番交響曲19番交響曲58番交響曲27番アンダンテと変奏曲XVII:6ショスタコーヴィチベートーヴェン紀尾井ホールラヴェルストラヴィンスキードビュッシーピアノ三重奏曲ミューザ川崎LP協奏交響曲オーボエ協奏曲日の出ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:38サントリーホールスタバト・マーテルピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:37ブルックナーマーラー十字架上のキリストの最後の七つの言葉ヒストリカル交響曲90番告別交響曲97番交響曲99番交響曲18番奇跡ひばり弦楽四重奏曲Op.64フルート三重奏曲悲しみ交響曲102番モーツァルト交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者小オルガンミサミサブレヴィスニコライミサ交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23王妃ピアノソナタXVI:52ライヴ録音SACD武満徹チェロ協奏曲交響曲80番交響曲全集交響曲81番交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかり騎士オルランド無人島Blu-ray東京オペラシティ交響曲9番交響曲12番交響曲11番交響曲10番ロンドン太鼓連打交響曲15番交響曲4番交響曲2番交響曲1番交響曲37番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:5天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:7ロッシーニドニぜッティライヒャピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3シェーンベルク東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4バードタリスアレグリパレストリーナモンテヴェルディすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6美人奏者四季迂闊者交響曲70番アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:4バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーシューベルト交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲51番交響曲46番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌ弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオオフェトリウムモテットドイツ国歌カノン弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ブーレーズベルク主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生音楽時計曲ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲107番交響曲62番変わらぬまことジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
152位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
11位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ