山名敏之のカプリッチョ「豚の去勢にゃ8人がかり」3種(ハイドン)

久々のCD。しかも国内盤です!

ToshiyukiYamana.jpg
TOWER RECORDS / amazon / ローチケHMVicon

山名敏之(Toshiyuki Yamana)のフォルテピアノによるハイドンのカプリッチョ「豚の去勢にゃ8人がかり」(Hob.XVII:1)、クラヴィコードによるクラヴィーアソナタ(XVI:52)、ハープシコードによるカプリッチョ「豚の去勢にゃ8人がかり」、クラヴィコードによるクラヴィーアソナタ(XVI:20)、クラヴィコードによるカプリッチョ「豚の去勢にゃ8人がかり」などを収めたCD。アルバムタイトルは「ハイドンと18世紀を彩った鍵盤楽器たち」。収録は2012年3月13日から15日、大阪は関空のそばの泉佐野市にあるエブノ泉の森ホールでのセッション録音。レーベルは浜松市楽器博物館コレクションシリーズで知られるALM RECORDS。

ふと手に入れたアルバムですが、内容をよく見てみるとハイドンのソナタをフォルテピアノ、クラヴィコード、ハープシコードで弾き分ける、なかなか含蓄あるアルバムでした。

奏者の山名敏之さんは藝大ピアノ科卒業後、オランダのスウェーリンク音楽院などでフォルテピアノを学んだ人。録音時は和歌山大学教育学部の教授です。2009年から2012年まで「ハイドン・クラヴィーア大全」というシリーズでハイドンのクラヴィーア独奏曲をクラヴィコード、ハープシコード、フォルテピアノの3種の鍵盤楽器で演奏したそう。いわば日本のトム・ベギンといえばハイドン通の皆さんにはわかりやすいでしょうか。

このアルバムはそうした活動の成果として録音されたものと思いますが、選ばれた曲と楽器が変わっています。冒頭の収録曲を改めて噛み砕いてみると、フォルテピアノ、ハープシコード、クラヴィコードの3種の楽器で弾き分けられたのは、カプリッチョ「豚の去勢にゃ8人がかり」という不思議な名前の曲。その間にクラヴィコードでXVI:52と、XVI:20という名ソナタのクラヴィコードによる演奏が挟まれているという構成。特にカプリッチョは当ブログで以前取り上げた時には大宮真琴さんの「新版ハイドン」に従い「8人のへぼ仕立て屋に違いない」という名前で掲載していましたが、このアルバムのライナーノーツの記載によればそれは誤訳で、歌詞の意味を踏まえると「豚の去勢にゃ8人がかり」が正しい訳とのことです。

このアルバムの解説は奏者の山名さんによるものですが、この意欲的なアルバム構成の背景がよくわかる力作。量といい内容といいアルバムの解説というよりは論文と言ってもいいもの。デザインを専攻している方ならばよくご存知のドナルド・ノーマンの名著「誰のためのデザイン?」の記述で有名になったアフォーダンスという概念を軸に、フォルテピアノ、ハープシコード、クラヴィコードというハイドンが作曲していた時代に使われた楽器そのものが、作曲、作品にどのような影響を与えたか、そして当時作曲に使われていたクラヴィコードの特徴がハイドンの音楽に与えた影響などについて各楽器のフリクションやダンパーペダルなど楽器のメカニズムに関する分析をもとに影響を記述したもの。純粋に音楽を楽しみたい方にはちょっとトゥー・マッチな内容かもしれませんが、これはこれで読み甲斐があるもので、これだけでもアルバムを手に入れる価値があるかもしれませんね。

さて、このアルバムのキーになっている「豚の去勢にゃ8人がかり」という曲はこれまで4回取り上げています。

2017/06/12 : ハイドン–ピアノソナタ : 【新着】フランチェスコ・コルティのソナタ集(ハイドン)
2017/05/12 : ハイドン–ピアノソナタ : フランツペーター・ゲーベルスのソナタ集(ハイドン)
2013/01/27 : ハイドン–ピアノソナタ : デレク・アドラムのクラヴィコードによるソナタ集
2010/09/27 : ハイドン–ピアノソナタ : ジョアンナ・リーチのスクエアピアノ2枚目

この中でも、デレク・アドラム盤は私がクラヴィコードという楽器へ開眼するきっかけとなったアルバム。音量が極端に小さく、響きも後年の楽器より貧弱な楽器の知る人ぞ知る素晴らしさに目覚めさせてくれたアルバムです。そして、今日取り上げるアルバムも、クラヴィコードによる演奏が含まれているということが手に入れようと思った直接の動機。ということで、珍曲「豚の去勢にゃ8人がかり」の3つの楽器による弾き分けと、有名な2つのソナタのクラヴィコードの演奏の出来が気になるわけですね。

Hob.XVII:1 Capriccio "Acht Sauschneider müssen sein" 「豚の去勢にゃ8人がかり」 [G] (1765)
まずは挨拶がわりか、冒頭にはこのカプリッチョのフォルテピアノによる演奏が置かれています。フォルテピアノは1782年製アントン・ヴァルターの複製品で2002年ロバート・ブラウン作のもの。曲はユーモラスなメロディーがロンド形式で何度も転調しながら現れるもの。3つの楽器の中では最もダイナミックレンジの広いフォルテピアノの特徴を生かして、テンポよく快活に入り、徐々にダイナミックに変化していくところが聴きどころでしょう。終盤はフォルテピアノらしからぬ迫力を帯びて堂々としたもの。ユーモラスさや諧謔性よりも楽器を鳴らしきることに主眼を置いているような演奏。録音は浜松市楽器博物館コレクションシリーズで手慣れているだけに楽器の魅力を伝えるいい録音です。

Hob.XVI:52 Piano Sonata No.62 [E flat] (1794)
続いてクラヴィコードによるソナタの演奏。クラヴィコードは1790年頃のJohann Bodechtel作の複製品で2002年フランスのクリストファー・クラーク作のもの。このソナタはご存知のとおり、ハイドンのソナタの総決算のような曲。クラヴィコードで演奏した実際の音量はフォルテピアノよりもかなり小さいものでしょうが、録音だけにレベルを調整してフォルテピアノに近い音量で録られています。クラヴィコードは音量は小さいですが繊細な音色と音色の変化、ヴィブラートがかけられることなどが特徴であり、音量を気にせずに集中してきくと小宇宙的な世界を楽しめます。解説ではピアノやフォルテピアノが音を発するタイミングに集中して演奏するのに対し、クラヴィコードは音を鳴らし終わるタイミングに集中して演奏するという楽器の特性により、音を響かせるダンパーペダルなしでもこの壮麗なソナタを十分音を響かせて演奏できることに触れられています。そう言われて耳を澄ませて聴くと、なるほどそうした楽器の特性がこの曲の作曲にも影響していると思えてきます。演奏の方は絶対的なダイナミックレンジが狭いながらも小音領域での相対的なダイナミックレンジの広さで十分ダイナミックに聴こえ、ソナタの格に負けない風格ある演奏に聴こえます。山名さんの演奏は特に速い音階の鮮やかな指使いが印象的。前出のデレク・アドラムの演奏が楽器製作者らしく、クラヴィコードのちょっと落ち着かない音程の不安感を全く感じさせない絶妙なタッチと高潔な諧謔性を感じる芸術性の高さが素晴らしい演奏だったのに対し、楽器の弱点であるちょっとしたふらつき感と音域ごとの音色の違いをそのまま感じさせる面もあったのが惜しいところ。

Hob.XVII:1 Capriccio "Acht Sauschneider müssen sein" 「豚の去勢にゃ8人がかり」 [G] (1765)
続いてカプリッチョのハープシコードによる演奏。楽器は17世紀のルッカースの複製品で、1978年エジンバラのグラント・オブライエン製作のもの。ハープシコードさしい凜とした音色はこのユーモラスな曲の典雅な側面に光を当てます。今度は楽器自体もダイナミックレンジは逆に狭く音量のコントロール幅は狭い中、メロディーの表情で聴かせることになります。メロディーを奏でる高音域のクリアな響きの美しさは魅力的。この音色が古典期のハイドンの作品を妙にバロック風な響きに聴かせるのが面白いところ。

Hob.XVI:20 Piano Sonata No.33 [c] (1771)
今度はクラヴィコードによる中期の名ソナタの演奏。曲の格からいうとソナタ2曲が構成も緻密で構築感のある曲なんですが、フォルテピアノやハープシコードと直接響きを比較できる配置でクラヴィコードの響きを聴くと、直接的な響きの印象で少し聴き劣りする印象を持ってしまいます。演奏自体は悪くないんですが、楽器と曲の組み合わせは、少し無理があるように感じてしまいます。それだけ奇抜な組み合わせにチャレンジしているのはよくわかります。特にこの響きの美しい曲では、クラヴィコードの濁った響きが顔を出すところもあって惜しいところ。タッチの強さが音程に影響するクラヴィコードだけに、楽器に起因するのか、演奏の問題なのかはわかりません。演奏の質は高いものの、この曲の美しさを表現しきれていないようにも感じました。

Hob.XVII:1 Capriccio "Acht Sauschneider müssen sein" 「豚の去勢にゃ8人がかり」 [G] (1765)
最後はクラヴィコードで演奏したカプリッチョ。前のソナタではちょっと響きの濁りが気になったのですが、このカプリッチョでは不思議と気になりません。おそらくこの曲の曲想、音域、リズム、展開そのものにクラヴィコードの音色が合うのでしょう。実にしっくりとくる演奏で、クラヴィコードの不可思議な響きもこの曲のユーモラスさの演出に一役買っている感じ。この演奏でこのアルバムが締まりました。

このほか、XVI:20のソナタの自筆譜や初版譜に基づく1楽章の演奏が末尾に収められています。

山名敏之によるフォルテピアノ、クラヴィコード、ハープシコードでハイドンのクラヴィーア曲を弾き分けた好企画。このアルバム、フォルテピアノなどの楽器を演奏する方、研究者の方には論文や解説が大きな価値を持つものと映るでしょう。私にとっても、3つの楽器を弾き比べた音色とそこから浮かび上がる音楽の違いを楽しめるものとして実に興味深いアルバムです。演奏の出来については客観的に見るとフォルテピアノとハープシコードの演奏の面白さが逆に際立つもので、クラヴィコードの演奏では最後のカプリッチョでようやく合点がいきました。ということで評価は、フォルテピアノ、ハープシコードの演奏は[+++++]、クラヴィコードの演奏はカプリッチョが[+++++]、ソナタのXVI:52[++++]、XVI:20は[+++]としました。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ピアノソナタXVI:20 ピアノソナタXVI:52 豚の去勢にゃ8人がかり クラヴィコード 古楽器

地元で再び静寂に消え入るクラヴィコードに聴き入る

先週、通勤途上でネットを見ていると、Twitterの書き込みでコンサートの情報をみつけました。今年の5月に東京は茗荷谷の学下コーヒーでクラヴィコードの生演奏をはじめて聴いて以来フォローしているクラヴィコード奏者の筒井一貴さんの書き込みですが、その筒井さんのコンサートが、なんと私の自宅のすぐそばで行われるとのこと。しかもその週の土曜日の夜ということで、幸いいろいろ予定が入っていたものの夜は都合がつきそうということで行ってみることにしました。以前に聴いた学下コーヒーでのコンサートの模様はこちら。

2015/05/16 : コンサートレポート : 茗荷谷のカフェでクラヴィコードの響きに耳を欹てる

コンサート会場となる場所は、自宅がら歩いてすぐ! なぜこのようなところでコンサートを開催されたかというと、筒井さんとコンサート会場を提供している会社の担当(社長の息子さん)が大学の同じクラブの先輩後輩という関係とのことだからと後からわかりました。それだけならまだしも、その担当者、なんと私の中学までの同級生でした! 私も父が亡くなるまでは生まれ育った地元を離れて暮らしていて、地元に戻って3年ということで、地元の交友が広いわけではありませんでしたので、今回の再会はまったくの偶然。このコンサートで同級生に約40年ぶりくらいに再会したことになります。

コンサートの情報はこちら。

古典鍵盤楽器奏者/筒井一貴 つれづれ草紙:9月12日/最も静かな鍵盤楽器、クラヴィコード 〜時を超えて蘇る モーツァルトの時代〜@狛江

会場となったのは地元の建設会社の中にあるコミュニティースペース。せっかくなので会場となった会社の方も紹介しておきましょう。

東建ハウジング

そもそも、クラヴィコードに興味を持ったのは、当ブログでクラヴィコードによるハイドンのソナタ集を取り上げた記事に、新潟は三条のクラヴィコード製作者である高橋靖志さんからコメントをいただき、いろいろアドバイスをいただいてから。そのあたりは茗荷谷の記事の方に触れてありますのでお読みください。

ご存知の通りクラヴィコードは音量が非常に小さい楽器ゆえ、録音でもその繊細な音色を伝えるのは非常にむずかしいもの。いろいろなアルバムを聴きましたが、前回の学下コーヒーでの生演奏を聴いて、やはり生で聴くのが一番この楽器の魅力が伝わると知った次第。それゆえ今回も貴重な機会ということで参加する気になったのですが、今回はクラヴィコードの魅力を前回以上に体感することができました。

学下コーヒーでは10名少し入る程度のとても小さなスペースでしたが、それでも春日通り沿いということで、耳を澄ますと車の往来の暗騒音が常にしている状態でした。ところが今回の会場は、住宅地で、しかも目の前の道路に車が通るのはごく稀。今回お客さんは20名くらいだったでしょうか、もともとマンションの一室のようなフローリングのスペースで、外からの騒音はほぼありません。

コンサートが始まるまではエアコンの音が主な暗騒音でしたが、コンサートのためにエアコンを切ると、かなり静か。前回同様筒井さんがいろいろお話ししながら、くつろいだ雰囲気で演奏が始まります。最初はクラヴィコードの音の小ささに皆さん驚いていたものの、ちょっと音色に慣れたところで、筒井さんが冷蔵庫の電源を切るように告げ、実際に電源を落とすと、本当の静寂が訪れました。

プログラムの構成は前回の学下コーヒーのコンサートとほぼ同じ。曲順が若干変わっているのと数曲入れ替わってますが、コンサートの基本的な流れは同じで、筒井さんがお話しされながら、次々と演奏をしていきます。

J. S. バッハ:平均律クラヴィーア曲集より 第1巻第1番プレリュード(BWV846)
モーツァルト:アレグロ(K.3)、メヌエット(K.4)、メヌエット(K.5)
モーツァルト:アレグロ(K.9a)
モーツァルト:グラーフのオランダ語歌曲「われ勝てり」による8つの変奏曲(K.24)
モーツァルト:ウィーンソナチネ第6番
モーツァルト:クラヴィーアのための小品(K.33B)
モーツァルト:ウィーンソナチネ第3番
(休憩)
フィッシャー(Johann Caspar Ferdinand Fischer):組曲集「音楽のパルナス山」より No.3 Melpomene:音楽・叙情詩の女神
パッヘルベル:アリエッタと変奏ヘ長調

IMG_3503.jpg

演奏に使っているクラヴィコードは、前回と同じもので、1763年製Johann Andreas Steinの旅行用クラヴィコードの複製でAlfons Huber & Albrecht Czernin(2002)というもの。

前回のコンサートでは耳が慣れた後半の曲の素晴らしい展開に圧倒されんですが、今回は逆に前半の曲のタッチの冴えが印象的でした。そもそも音量が小さな楽器ゆえ、今回のコンサート会場の静寂はクラヴィコードの演奏には理想的。筒井さんもこの会場が大変気に入られたようでした。私見ですが、この会場でクラヴィコードが良く鳴ったのはもちろん静寂が一番大きな理由でしょうが、他にもクラヴィコードをのせていたテーブルが無垢の木材によるかなりしっかりとしたものだったことや、響きすぎない適度な残響だったこと、クラヴィコードを置いた前が空の本棚で、適度に響きを散乱させる効果があったことも好影響だったんだと思います。

最初のバッハの平均律は冷蔵庫の電源を切る前に1回、そして電源を切ったあとに1回、都合2回演奏されましたが、ほんのわずかの騒音の違いが、響きの繊細さ、耳に届く繊細なクラヴィコードの響きの豊穣さに極めて大きな影響があることがわかりました。2度目の演奏の繊細な響きに皆さんウットリ。ここまで静かだとクラヴィコードの音量の小ささによるダイナミックレンジ、つまり強弱のレンジの狭さが全く気にならないどころか、ハープシコードなどと比較しても十分ダイナミックに聴こえることに気づきました。前半のモーツァルトの幼少時の曲は前回と全く同じ曲ですが、音量の小ささはまったく気にならず、逆に非常にダイナミックにも聞こえました。低音部は強く弾くと音程が若干ずれるのはクラヴィコードの構造特有のものですが、実際はかなり抑えたタッチなのに見事にメリハリがついた演奏に、クラヴィコードのさらなる魅力を発見した次第。筒井さんも会場の響きの良さに反応して、前半は前回のコンサート以上にクラヴィコードの音域、音量域を駆使してモーツァルトの曲の演奏を楽しんでいる様子でした。

それなりの人数で空調を切っての演奏が続くと、さすがに温度が上がってきます。前半を終えたところで休憩となり、エアコンを入れます。この日初めてクラヴィコードを聴く人も多かったようで、開演前にもクラヴィコードに近づき、しげしげと眺めている方が多かったんですが、実際にクラヴィコードの音色を聴いたあとなので、休憩時間にはみなさんクラヴィコードに触ってみたりと興味深々で和やかに談笑されていました。

IMG_3506.jpg

前回非常に感銘を受けた後半。おそらく筒井さんはこの会場の静寂を意識されて、前回よりもタッチを抑え、弱音の魅力を意識された演奏だったのでしょう。まずはモーツァルトの小曲を2曲のあと、前回とは逆の順で、先にフィッシャー、そしてパッヘルベルの曲順でした。どちらも前回はクラヴィコードの音色に慣れた耳に躍動感のつたわる演奏でしたが、今回は曲のそこここに静寂のなかに響きが消えていく美しさを意識した部分がちりばめられ、メロディーの美しさが印象的でした。パッヘルベルの癒されるような美しいメロディーがしなやかに浮かびあがる演奏はは今回も素晴らしかったです。

あまりに小さな音量に、お客さんも拍手を抑え気味。前回の演奏の時に、うまくいった時ほど拍手の音量が小さくなるんですと筒井さんが言っていたとおり、最後の響きが静寂のなかに消えると、ひとりひとりがクラヴィコードの音量に合わせた拍手で筒井さんの演奏に応えます。筒井さんも響きの良い会場での演奏に満足げ。アンコールは前回同様、モーツァルトのグラスハーモニカのためのアダージョ(K.617a)。筒井さんの言われるとおり、グラハーモニカの繊細な音色を表現するのにクラヴィコードはぴったり。まさに天上の音楽のような研ぎ澄まされた音色に脳内で変換されました。短い曲ですが、モーツァルトが晩年に到達した研ぎ澄まされた世界にトリップ。そしてもう一曲アンコールでモーツァルトのK.333だったでしょうか、筒井さんもここで演奏するのが楽しそうでした。

IMG_3507.jpg

演奏後は筒井さんがビール片手に皆さんの質問に気さくに答える談笑タイム。クラヴィコードの仕組みの話やこの楽器が愛好されてきた歴史などを、いつも通り面白おかしく説明してくれました。これも小規模コンサートの楽しみの一つですね。

私はこの日体調がよければこのコンサートを聴きにきた母親を家に残してきていたので、談笑なかばで失礼させていただきました。筒井さんもこの静かな環境を非常に気に入られていたので、またこの会場でコンサートが企画されるかもしれませんね。

実は、この前の週には念願の浜松楽器博物館へ詣でており、筒井さんがこの日にクラヴィコードの歴史の説明で触れられていた、クリストフォリピアノやスクエアピアノ、フォルテピアノなどをいろいろ見てきました。鍵盤楽器の歴史のなかでも、最も表現力があるのはクラヴィコードというのはそのとおりと確信。昔の静かな環境で、蝋燭の火を囲んで家庭で音楽を楽しんでいた時代には、クラヴィコードこそ音楽を身近でたのしむには最適な楽器であり、その繊細かつ豊穣な響きをたのしむ心の豊かさがあったのだろうと、はるか昔に想いを馳せた一夜でした。

浜松楽器博物館詣では次の記事で!

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 古楽器 クラヴィコード モーツァルト バッハ パッヘルベル

茗荷谷のカフェでクラヴィコードの響きに耳を欹てる

今週は水曜日にサントリーホールのコンサートに出かけたばかりですが、もう一つコンサートの予約をしておりました。

IMG_2093_20150515230821933.jpg
珈琲と古楽 Vol.2 最も静かな鍵盤楽器、クラヴィコード

茗荷谷の学下コーヒーというカフェでクラヴィコードを聴くという15人限定のコンサート。

学下コーヒー
食べログ:学下コーヒー

当ブログのコアな読者の方ならご存知のとおり、いろいろなご縁から、クラヴィコードという楽器の素晴らしさに開眼したのは割と最近のこと。きっかけはたまたま取り上げたマーシャ・ハジマーコスのクラヴィコードによるハイドンのピアノソナタ集の記事に新潟のクラヴィコード製作者の高橋靖志さんからコメントをいただいたこと。高橋さんの推薦されたデレク・アドラム盤を聴いて、クラヴィコードの深遠な世界を初めて知った次第。以来、クラヴィコードによる演奏は気になって取り上げている次第。

2015/02/05 : ハイドン–ピアノソナタ : キャロル・セラシのクラヴィコードによるXVI:20(ハイドン)
2013/07/21 : ハイドン–ピアノソナタ : ウルリカ・ダヴィッドソンのソナタ集
2013/06/05 : ハイドン–ピアノソナタ : 綿谷優子の初期ソナタ集(クラヴィコード&ハープシコード)
2013/03/02 : ハイドン–ピアノソナタ : キャロル・セラシのフォルテピアノ/クラヴィコードによるソナタ集
2013/01/27 : ハイドン–ピアノソナタ : デレク・アドラムのクラヴィコードによるソナタ集
2012/12/22 : ハイドン–ピアノソナタ : マーシャ・ハジマーコスのクラヴィコードによるソナタ集

ハジマーコス盤のレビューでのコメントのやりとりを見ていただければわかるとおり、今回のコンサートの奏者である筒井一貴さんともご縁があったのでしょう。

クラヴィコードはピアノやフォルテピアノと比較すると極端に音量が低い楽器。多くのアルバムが録音に苦労しており、クラヴィコードのひっそりとした美音が自動車の通過音や暗騒音に紛れて聴こえる録音も少なくありません。このクラヴィコードの美しい音を是非生で聴いてみたいと思っていたところ、たまたまネットでこのコンサートの存在を知り、しかも席は15席限定で残り1席という状態だったので、慌てて予約したという次第。生のクラヴィコードをもしかしたら理想的な環境で聴ける千載一遇のチャンスかもしれないと思ったわけです。

当日は19:30開演のところ開場時間の19:00には駆けつけましたが、着いてみると既にほとんどのお客さんが席でコーヒーを楽しんでいるではありませんか。ちょっと出遅れ感です(笑)。

コンサート会場の学下コーヒーは茗荷谷駅から3分ほどの春日どおり沿いにあるカフェ。オーナーの方によると少し前まで目白の学習院下にあったお店がビルの建て替えにともなって茗荷谷に移り、元の学習院下、「学下」の名前のままやっているとのこと。お店のオーナーも古楽好きとのことで、このような企画となっているとのことでした。

お店の入り口からちょっと奥に入ったところに小部屋のような空間があり、そこにテーブル席がいくつかあるという構えですが、その隅にクラヴィコードが置かれ、まわりの席をコンサート向けに少し動かして、15人入るとちょうどいい感じの空間。白壁にシンプルなインテリアで、まるでハイドンの生家でクラヴィコードを聴くような心境になります。

IMG_2085.jpg

この日使われた楽器は1763年製Johann Andreas Steinの旅行用クラヴィコードの複製でAlfons Huber & Albrecht Czernin(2002)。演奏前には、この繊細かつ不思議な楽器を皆さんしげしげと見入ってました。

プログラムは次のとおり。

J. S. バッハ:平均律クラヴィーア曲集より 第1巻第1番プレリュード(BWV846)
モーツァルト:アレグロ(K.3)、メヌエット(K.4)、メヌエット(K.5)
モーツァルト:アレグロ(K.9a)
モーツァルト:ヴィレム・ファン・ナッソーの歌による7つの変奏曲(K.25)
J. S. バッハ:リュートまたは鍵盤楽器のためのプレリュード、フーガ、アレグロ(BWV998)
(休憩)
モーツァルト:クラヴィーアのための小品(K.33B)
パッヘルベル:アリエッタと変奏ヘ長調
フィッシャー(Johann Caspar Ferdinand Fischer):組曲集「音楽のパルナス山」より No.3 Melpomene:音楽・叙情詩の女神

まさにこの日のクラヴィコードが使われていた時代の音楽。ほどなく開演時時刻になり、奏者の筒井一貴さんが笑顔で登場。

筒井一貴/HASSEL 古典鍵盤楽器奏者(クラヴィコード/フォルテピアノ/チェンバロ)

筒井さんが、作品のことをお話しされて演奏するという、コンサートというよりはまさにサロンで演奏を楽しむという、クラヴィコードの時代のスタイルのような進行。クラヴィコードが最も静かな鍵盤楽器と呼ばれるように、最初にさらりと奏でられた音は、アルバムのみでクラヴィコードを聴いていた私の想像よりもかなり小さなものでした。まさに人が静かにしゃべる声と同じ程度の音。1曲目はバッハの平均律クラヴィーア曲集の冒頭の1曲。馴染みのメロディーですが、まだ耳が慣れないのか、身を乗り出して耳を澄ませて繊細な音色を聴きます。実は最初の1曲の印象はやはりか細いなかの繊細な音色という感じだったのですが、これが曲が進むにつれて、実にニュアンス豊かに聴こえるようになってきます。ちょうど暗い部屋に入ったときにはよく見えないのですが、目が慣れると暗さのなかにも陰影がくっきりついて見えてくる感じ。そう、バッハの曲は耳ならしという意図で配置されていたのでしょう。最初の曲が終わると15人の拍手がクラヴィコードの音以上にカフェに響きわたりますが、曲が進むにつれて拍手も小さな音になります(笑) これは皆さんがクラヴィコードの音に耳があってきたからということでしょう。

そして、続くモーツァルトの幼少時代の曲が何曲か続きます。作曲の背景や曲の成り立ちについてのとてもわかりやすい話に続いて、モーツァルトの天真爛漫なメロディーが奏でられますが、ケッヘル番号の1桁台ということで、1曲ごとにどんどんひらめきが加わり、モーツァルトの才能が急激に開花するようすが手に取るようにわかります。耳がなれて、クラヴィコードの繊細なニュアンスを伴った音楽に引き込まれます。すぐ外は春日通りということで、もちろん車の通る音も聞こえるのですが、お客さんはクラヴィコードの繊細な音色に集中しているので、ほとんど気になりません。小さな部屋で耳を澄ましてひっそりと音楽を楽しむ至福の時間とはこのことでしょう。

前半は小曲が中心で、前半の最後はバッハ。それまでのモーツァルトがクラヴィコードから閃きの進化を聞かせたのに対し、普段はハープシコードでの印象の強いバッハでは、バッハの音楽から華やかな音色という飾りを取り去った素朴な姿を想起させます。静かに耳を澄ませて聴くバッハの音階。静寂に潜む空気のようなものに触れたような気持ちになりました。演奏を終えて静かな拍手に笑顔で応えた筒井さんでした。



休憩を挟んで後半はモーツァルトから。最初の曲はもともと管楽器による演奏をイメージして書かれた曲。筒井さんの説明に従って、これまでの速い曲調ではなく、ゆったりとした曲調の曲を脳内で管楽器の音色を想像して聴いてみると、まさに楽器としてのクラヴィコードの優れた点がわかりました。

クラヴィコードは鍵盤を打鍵すると張られた弦の中央部を下から金属で「押して」その両側の弦が振動して音が鳴る仕組み。鍵盤を打鍵している間だけ音がなり、打鍵している鍵盤を抑える指に弦の振動がつたわってきます。以前クラヴィコードはヴィブラートがかけられると聞き、いったいどういうことなのか想像できなかったんですが、実際に楽器を目の前にして、自身で打鍵してみて初めて仕組みがわかりました。

このようなクラヴィコードだからこそ、管楽器の曲をイメージして演奏できるというわけです。このころの作曲家がクラヴィコードを愛用していた理由もなんとなくわかりました。

続いて演奏されたパッヘルベルのアリエッタと変奏曲。この曲はオルガンのための曲ですが、今度はオルガン用の曲をクラヴィコードで楽しみます。このパッヘルベル、素晴らしかったです。前曲同様、クラヴィコードの音色を聴きながら、オルガンの音色を想像して音楽を楽しみます。最初のテーマから次々と変奏がつづき、耳は完全にクラヴィコードの繊細な響きの変化のレンジに一体化して、デリケートに変化するメロディと音楽に引き込まれます。体を揺らしながら次々に変奏を繰り出す筒井さんの演奏に、カフェの小空間は完全に引き込まれました。カノンばかりが有名なパッヘルベルですが、このアリエッタと変奏曲はいいですね。特にこの日のクラヴィコードの演奏は絶品でした。筒井さんも満足そうに笑顔で暖かく静かな拍手に応えていました。

最後は大バッハがその作品を研究して、影響を受けたと言われるフィッシャーの曲。パッヘルベルに比べて明るく鮮やかなメロディーが織り込まれた組曲。曲が進むにつれて筒井さんのタッチも鮮やかになり、こちらも引き込まれる本格的な演奏。皆さん最初の曲の時とは異なり、クラヴィコードの音量と音色に完全にフォーカスが合って、音楽を楽しまれていました。

IMG_2088.jpg

最後も拍手につつまれ、アンコールで弾かれたのはモーツァルトのグラスハーモニカのためのアダージョ(K.617a)。いやいやクラヴィコードは想像力を掻き立てられます。この曲では天上から振り注ぐようなグラスハーモニカの繊細な音色を想像させます。

IMG_2083_20150516124258453.jpg

いやいやいいコンサートでした。クラヴィコードを楽しむには絶好の規模。カフェの一室がバッハ、モーツァルト、ハイドンの時代にタイムスリップしたようでした。やはり生で聴くクラヴィコードは素晴らしいものでした。

終演後は筒井さんが皆さんの質問に気さくに応えたり、楽器を触らせていただいたりしながらしばらく談笑。リクエストに応じて愛器の前で写真も撮らせていただきました。

IMG_2091.jpg

大ホールでのコンサートとはまったく異なり、小さなカフェでクラヴィコードという楽器を存分にたのしませてもらう、まさに至福の時間。今週は仕事が忙しくお昼もろくに食べられないほど忙しかったのですが、このコンサートで心のそこから癒されました。主催者の皆さん、学下コーヒーの皆さん、筒井さん、ありがとうございました!

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : モーツァルト バッハ パッヘルベル クラヴィコード

綿谷優子の初期ソナタ集(クラヴィコード&ハープシコード)

しばらく前にデレク・アドラムのクラヴィコードのソナタ集を取りあげましたが、そのアルバムを手に入れたころ集中的にクラヴィコードのアルバムを集めていました。今日はその中からの1枚。

YukoWataya.jpg
HMV ONLINEicon / amazon(mp3)/ TOWER RECORDS / iTunes
icon

綿谷優子のクラヴィコードとハープシコードによるハイドンの初期ピアノソナタ集。ごく初期のソナタ18曲を収めた2枚組のアルバム。収録は2001年6月、ベルギーのブリュッセル北西50kmほどのところにあるヘントのギルバート・スターボート(Gilbert Steurbaut)スタジオでのセッション録音。レーベルはベルギーのPAVANE RECORDS。

綿谷優子さんは桐朋学園大学ピアノ科卒のフォルテピアノ、クラヴィコード、オルガン奏者。1980年頃より国内外の演奏家らとの室内楽のを中心に演奏活動を活発に行い、その後、ベルギー王立ブリュッセル音楽学院で、ロバート・コーネン、アラン・ジェームスらにハープシコードの演奏を学び、1992年、同学院にて最高栄誉賞付ソリスト・ディプロマの学位を取得しました。以降、ベルギーを中心に演奏活動を続けている人。この方、かなり膨大なコンテンツのあるウェブサイトを運営されていますので紹介しておきましょう。

Yuko Wataya チェンバロ・クラヴィコード・ピアノフォルテ・オルガンへの招待

ウェブ草創期の香りの残るテキスト中心のサイト。構成がかなり入り組んでいて読むのに苦労しますが、いろいろなことがそこここに書き連ねてあり、必要な人には実に貴重な情報があるかもしれません。ハイドンに関する文献の訳もかなりの量が掲載されています。私は独特の視点の「綿谷優子のベルギー日記帳」(サイトのトップのWhat's New)をしばらく読みふけってしまいました。

さて、今日取り上げるこのアルバムですが、ポイントはクラヴィコードとハープシコードで弾き分けた初期のソナタがいかほどの完成度に仕上がっているかと言う事でしょう。このアルバムのCD1から何曲か取りあげましょう。

使用している楽器は次のとおり。

クラヴィコード:Jean Tournay(1994) after Hieronymus Haas, 1751(Christopher Hogwood Collection)
ハープシコード:Ivan de Halleux(2000) after Pascal Taskin, 1770(Yale Collection)

Hob.XVI:G1 / Piano Sonata No.4 [D] (before 1760)
最初はクラヴィコードの演奏。クラヴィコード独特の雅な音色。実際は音量はかなり低いものでしょうが、録音上はうまく処理して音量が気にならないよう後につづくハープシコードの音量とバランスがとられています。演奏は楽譜に忠実に淡々と弾き進めるもの。実に誠実かつ穏当な印象。良く聴くとフレーズごとに実にきめ細やかな表情付けがされ、クラヴィコードの繊細な響きを微妙に変化させ、大人しいながらも豊かな音楽をつくっていきます。クラヴィコードの演奏に見られる不安定さは微塵もなく、楽器のダイナミクスの範囲を巧く使って、非常に安定した演奏。音楽が淀みなく流れ、非常に豊かな気持ちにさせられます。鍵盤を打鍵するエネルギーのようなものがうまく録られ、間近で演奏しているように聴こえるなかなかの録音。ハイドンのごく初期のソナタの素朴さとクラヴィコードの音色がマッチしてえも言われぬ雰囲気です。

Hob.XVI:11 / Piano Sonata No.5 [G] (1750's)
この曲もクラヴィコードでの演奏。1楽章はリズムの面白さを活かした曲ですが、演奏の基本は前曲と変わりません。演奏の安定度は抜群で、曲ごとのムラはほとんどない、というかなかなかの集中力だと思います。クラヴィコードの音色、音量に慣れてくると、その中で起こる音楽のドラマに集中できます。やはり淡々と流れる音楽の深さがわかってきます。実に優雅な時間。クラヴィコードの魅力にすっかり打たれます。

Hob.XVI:10 / Piano Sonata No.6 [C] (before 1760)
クラヴィコードの演奏。ハイドンの時代にタイムスリップしたような気持ちになります。頭の中ではピアノの輝かしい音色の響きも鳴り響きますが、クラヴィコードで聴くこの曲は、メロディーの面白さがかえって引き立ちます。楽器の音色とメロディーが実によくマッチしています。綿谷さんのクラヴィコードの演奏は、実に素朴で、個性的と言う訳ではありませんが、曲のメロディーが活き活きと鳴り響く、実に玄人好みの演奏。穏やかな音楽の景に安定した技術と精神があるものと思います。

Hob.XVI:8 / Piano Sonata No.1 [G] (before 1760)
1曲飛ばして、こんどはハープシコードでの演奏。突然世界が変わったようなハープシコードのクリアな響き。曲と楽器の組み合わせには考えがあるのでしょう。音量や響きの美しさの聴き所が変わり、もちろん楽器の表現の幅も広がり、ハープシコード独特の金属っぽい響きによって、ハイドンのソナタがまったく別の表情を見せます。演奏の基本は楽器が変わってもやはり一貫しており、淡々と音を重ねて、深遠な世界を描いていきます。小手先の表現は最小限で、音をかさねていくことで描かれる大きな表情に神経が集中しているようです。ちょうどクイケンの指揮のハイドンの演奏と音楽の造りがにています。

時間の関係で、4曲をさらっと取りあげましたが、綿谷優子さんの演奏によるハイドンの初期ソナタ集は日本人らしい、岩清水のような清澄さと、鉋を掛けたての檜の柱のようなしなやかな表情が特徴の演奏でした。実に淡々と演奏を進めるなかに、音楽的な深みもあり、地味な演奏と聴く方もいらっしゃるかもしれませんが、私は非常に気に入りました。ハイドンの曲からバッハのような深遠な雰囲気すら感じる瞬間があります。クラヴィコードとハープシコードでハイドンの曲の魅力を双方から浮かび上がらせるというアルバムの企画も冴えています。評価は全曲[+++++]とします。入手は容易そうですので、ハイドンの初期ソナタの古楽器による演奏の入門盤、そしてクラヴィコードの音色を味わうアルバムとしてもオススメです。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ピアノソナタXVI:G1 ピアノソナタXVI:11 ピアノソナタXVI:10 ピアノソナタXVI:8 クラヴィコード

デレク・アドラムのクラヴィコードによるソナタ集

先日、マーシャ・ハジマーコスのクラヴィコードによるハイドンのソナタを取りあげた記事に、クラヴィコード製作者のclavier_takahashiさんからコメントをいただきました。そのコメントをきっかけにamazonに注文していたアルバム。

DerekAdlam.jpg
amazon / TOWER RECORDS

デレク・アドラム(Derek Adlam)のクラヴィコードによるハイドンのカプリッチョ「豚の去勢にゃ8人がかり」(Hob.XVII:1)、ピアノソナタ(XVI:32)、変奏曲(XVII:7)、ピアノソナタ(XVI:24)、ピアノソナタ(XVI:29)、アンダンテと変奏曲(XVII:6)の6曲を収めたアルバム。収録は2002年9月17日から20日まで、イギリス中部にある聖カスバード・マリア修道院の北側翼廊でのセッション録音。レーベルは英Guild。

入手するきっかけとなったハジマーコスの記事はこちら。コメントとともにご確認ください。

2012/12/22 : ハイドン–ピアノソナタ : マーシャ・ハジマーコスのクラヴィコードによるソナタ集

当ブログは基本的に現代楽器も古楽器も何でもござれというスタンスですが、特に古楽器に詳しい訳でもなく、これまで主に聴き手の立場でいろいろな演奏を取りあげてきました。クラヴィコードを製作をされている方からコメントを戴くに至り、これはクラヴィコードについても、少し踏み込んでみたくなりました。

手元に何枚かクラヴィコードでハイドンのソナタなどを弾いたアルバムはあるのですが、clavier_takahashiさんのおっしゃる響きとは少しニュアンスが違うような気がしていました。そこでコメントに触れてあったこのアルバムを注文して手に入れてみたという流れです。このアルバムを聴いて、ようやくクラヴィコードの素晴らしい響きにに出会った気がします。このアルバムで聴かれる響きが素晴らしいのには理由がありました。

なんと、このアルバムの奏者であるデレク・アドラムは、このアルバムの演奏で使われた楽器の製作者でもあったのです。もちろんクラヴィコード奏者もクラヴィコードの美しい音色を引き出すよう演奏しているはずですが、楽器の製作者でもある人ならば、楽器が音を奏でるメカニズムを完全掌握した上での演奏でしょうから、楽器が最上の響きを奏でるタッチが染み付いているに違いありません。なるほどclavier_takahashiさんが勧められた理由が納得できる素晴らしい響きな訳です。

ということで、いつものように奏者の情報をライナーノーツで確認しておきましょう。

デレク・アドラムはロンドンでピアノを学んでいましたが1969年に楽器製作に着手。1611年製のアイオアネス・ルッカース(Ioannes Ruckers)のアントワープ・ミューゼラー(ハープシコードの一種)を原型にしたヴァージナルという楽器を作りはじめました。フォルテピアノ奏者のリチャード・バーネット(Richerd Burnett)と協力して楽器の修復や、製作をすすめ、世界中の古楽器演奏家や博物館、教育機関に納入してきました。演奏家としてもヨーロッパや米国でリサイタルを行い、また英国クラヴィコード協会の代表でもあるとのことです。今日取りあげているアルバムの演奏に使われているのは、1982年にデレク・アドラム自身が製作したクラヴィコードで、元になった楽器は、エジンバラのラッセル・コレクションに保存されている、1763年ハンブルクのヨハン・アドルフ・ハースが製作した楽器ということです。専門的なことはよくわかっておりませんが、記述によると真鍮の弦が張られ、音域は5オクターブでフレットのないタイプ、低音域には4フィートの追加弦が張られ、調律は18世紀半ばのハンブルグで標準だったものに近いa1=405Hz、転調しやすく和音の色感を保ちやすい1/6コンマの中全音律で調律されているとのこと。
楽器を製作されている方や調律をされる方には、この記述の意味がわかるのでしょう。繊細な響きのために、あらゆるコンディションが調整されているという事でしょうか。

このアルバム、奏者でもあり、楽器製作者でもあるデレク・アドラムのクラヴィコードの繊細な響きに対する情熱といか執念のようなものを感じる素晴らしい出来。録音は音量の低いクラヴィーコードの音色が実に鮮明に録られたもの。眼前にクラヴィコードが定位し、教会に響く残響も適度なもの。マイクの感度を上げているためか、外を走る車の低い音がはっきりわかるもの。遮音性の高いスタジオでの録音ではクラヴィコードの良さがつたわらないでしょうから、録音場所としては理解できるものです。
アドラムのタッチはハジマーコスとは全く異なり、クラヴィコードがビリつくような強靭なアクセントはつけず、まさにクラヴィコードのフリクションが適切な音量をならす範囲内のもの。ダイナミックではないという意味ではなく、聴くとダイナミクスを感じます。音量の変化の幅は大きくはありませんが、その幅を無理なくつかって実に穏当ながらしっかりとしたメリハリをつけていきます。
楽器の音色はチェンバロなどのクッキリした響きとは異なり、中音域の柔らかな響きと高音域のいつも感じるツィンバロンのような響きが乗った繊細な響きが特徴。今まで聴いたどのクラヴィコードのアルバムよりも音域のバランスがいいですね。
アドラムはまさにこの美しいクラヴィコードの音に集中しろと言わんばかりに、速めのテンポによるオーソドックスな演奏。フレーズごとの表情もしっかりつけて、また、ここぞというときにはクラヴィコードがビリつく寸前まで強めのタッチでクラヴィコードを鳴らしきります。
これがハイドン自身が聴いていた音なのかと思うと感慨も一入。ハイドンが作曲していた部屋でハイドン自身の演奏を聴いているような錯覚に襲われます。実に興味深い響きです。低音域の車のノイズでふとこれは現代のものと気づきます。演奏は非常に安定しており、以下に曲ごとにに少々コメントを。

Hob.XVII:1 / Capriccio "Acht Sauschneider müssen sein" 「豚の去勢にゃ8人がかり」 [G] (1765)
オーストリア民謡の子供の数え歌の素朴な調べをもとにした変奏曲。1765年とハイドンがエステルハージ家の楽長に昇進する前年の作品。ハイドンならではのユーモアが曲に込められる端緒となった曲でもあります。歌詞は「男が8人いれば豚の去勢が出来る。2人は前から、2人は後ろから、2人は捕まえて、1人は縛って、、、」というような感じ。ジャケットのブリューゲルによる「村のダンス」はこの曲のイメージを伝えるものでしょう。演奏は数え歌を変奏曲にした感じが良く出て、素朴な音色で、くっきりとユーモラスなメロディーを奏でていきます。まさにブリューゲルの絵を彷彿とさせる情景が思い浮かびます。

Hob.XVI:32 / Piano Sonata No.47 [b] (1776 or before)
ピアノで聴き慣れた曲ですが、古楽器の演奏だとどうしてもこれまで聴き劣りした印象がつきまとっていました。アドラムの演奏はまさにクラヴィコードの音色で再構成した演奏。まったく聴き劣りするどころか、こちらがオリジナルだと思わせる説得力があります。迫力が劣るどころか、非常に迫力を感じる演奏。独特の高音域の響きが深い味わい。2楽章のメヌエットで特に印象的です。

Hob.XVII:7 / Variazioni [D] (1766)
録音数も少ない珍しい変奏曲。1曲目と同様、ユーモラスな曲調ですが、演奏はじつに楽しげ。この曲のベストと言っていいでしょう。クラヴィコードの音色が実にいい味を出しています。アドラムの演奏は曲の真髄をつく実にキレのいいフレージング。クラヴィコードの底力がわかりました。ハイドンが楽しげに作曲している現場に居合わせているよう。

Hob.XVI:24 / Piano Sonata No.39 [D] (1773)
この曲もピアノで聴きなれた曲ですが、入りの一音からクラヴィコードの最上の響きにうっとり。クラヴィコードが奏でるもっとも美しい音を知り尽くした人の演奏だけに、まるでおとぎの国の音楽のように聴こえます。本格的なソナタですが、クラヴィコードの演奏がベストと思える素晴らしい響き。

Hob.XVI:29 / Piano Sonata No.44 [F] (1774)
冒頭からタッチのキレに鳥肌が立ちそう。クラヴィコードの宇宙に吸い込まれます。これだけの楽器と演奏の腕前をもっていたら幸せでしょう。まさにハイドンのソナタは自ら弾いて楽しむというものであることがよくわかります。速いパッセージの流れるような鮮やかさはクラヴィコードの音色もあって、目もくらむよう。

Hob.XVII:6 / Andante con Variazioni op.83 [f] (1793)
最後に大曲が配置されています。ここまで演奏を聴いてクラヴィコードの表現力と音色の魅力が十分に理解できていますので、このハイドンの成熟期の大曲をクラヴィコードで演奏する事にまったく違和感はありません。アドラムの秀逸な表現力、しかも自然さとダイナミックさも感じられる演奏によって、この曲のまた新しい魅力が浮き彫りになります。さりげないフレーズの美しさが際立つと同時に、緻密な構成と劇的な展開に打たれます。

このアルバム、ちょっと言葉では言い尽くせない感動とともに、いままでクラヴィコードという楽器のこれほどまでの素晴らしさを知らなかったということに対する反省も感じました。奏者でもあり、楽器製作者でもあるデレク・アドラム入魂の演奏。まさにクラヴィコードを知り尽くした人にしか到達しえない高みを感じます。晴天の山頂にたどり着いた人しか見る事のできない紺碧の宇宙のような深い空と絶景、そして風と空気、静けさ。まさにそんな気持ちにさせられる素晴らしいアルバム。部屋にハイドンが来て弾いているよう。もちろん全曲[+++++]としました。

以前書いたハジマーコスの記事ですが、書いた時にも迷いが少々ありましたが、このアルバムを聴いて、評価を見直し、一つ下げました。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 豚の去勢にゃ8人がかり ピアノソナタXVI:32 ピアノソナタXVI:24 ピアノソナタXVI:29 アンダンテと変奏曲XVII:6 変奏曲XVII:7 古楽器 クラヴィコード

マーシャ・ハジマーコスのクラヴィコードによるソナタ集

今日は古の響きへ。

Hadjimarkos.jpg
HMV ONLINEicon / amazon(別装丁盤) / TOWER RECORDS

マーシャ・ハジマーコス(Marcia Hadjimarkos)のクラヴィコードによるハイドンのピアノソナタ6曲(Hob.XVI:32、XVI:44、XVI:48、XVI:20、XVI:41、XVI:42)を収めたアルバム。収録は1993年10月、スイスの北端バーゼル近郊のヴァルデンブルクという街でのセッション録音。レーベルはharmonia mundi傘下のZIG ZAG TERRITOIRES。

マーシャ・ハジマーコスの参加したアルバムは、以前一度取りあげています。

2011/03/19 : ハイドン–声楽曲 : 【新着】エマ・カークビーの歌曲集

ハジマーコスの略歴を前記事から引用しておきましょう。

マーシャ・ハジマーコスはアメリカ人のよう。幼少の頃からピアノに親しみ、マイケル・グレイブスのショートケーキのようなポストモダン建築の代表作、ポートランド市庁舎で有名なオレゴン州ポートランドで学び、ピアノとフランス文学をアイオワ州立大学で学んだよう。その頃ハープシコードなど古楽器への興味を持つようになったとのこと。後にヨーロッパに移り、フランス国立音楽院でインマゼールなどとともに学んだとのこと。その後はフォルテピアノとクラヴィコードのスペシャリストとして活躍しているようです。

前記事を書いた時に触れたハイドンのソナタ集というのが今日取り上げるアルバムです。このアルバムは先日ディスクユニオンでようやく見つけて手に入れたものです。

このアルバムの特徴は何といってもクラヴィコードというフォルテピアノやハープシコードよりも古い楽器による演奏ということでしょう。クラヴィコードは机上において弾く長方形の箱形の楽器で16世紀から18世紀に広く使われた楽器。音量はフォルテピアノよりも遥かに小さく、また音の強弱の幅もかなり限られます。ライナーノーツによれば、ハイドンより一世代前のC.P.E.バッハは自身の即興的な曲の演奏にクラヴィコードを推奨していたとの事。ハイドンの時代にもおそらくクラヴィコードは使われていたでしょうが、ハープシコードやフォルテピアノなど、よりダイナミックな演奏が可能な楽器も現れてきていたはずです。このアルバムはこのクラヴィコードによる雅な響きがポイントになるわけです。楽器はトーマス・シュタイナー(Thomas Steiner)という人の昨。

Hob.XVI:32 / Piano Sonata No.47 [b] (1776 or before)
音量を上げて聴くと意外と張りのある音色。低域の強音はビリつき、明らかに楽器の限界を感じさせてしまいますが引き締まった音で鍵盤楽器というよりギターとかベースの強音に近い響き。ハジマーコスの演奏は速めのテンポでグイグイ攻め込むもの。楽器の限界はなんのそので、強音もかなりの力の入ったもの。この強音のビシッと引き締まったアクセントが特徴でしょう。フレーズの切れ目はすこしテンポを落とし、連続する音階に入ると素晴らしい推進力。この緩急の切り替えの面白さもハジマーコスの特徴かもしれません。
2楽章のメヌエットは楽器のダイナミックレンジが狭いので曲の構造を音量ではなくタッチの微妙な変化でつけていきます。繊細なフレーズコントロールがなかなか。
フィナーレはなぜか、それまでよりも残響が美しく響き、クラヴィコードの響きの魅力が一層引き立ちます。相変わらず左手の引き締まった強音がかなりの迫力で聴き応えがあります。楽器の限界を感じさせながらも、その範囲で楽器のキャパシティ一杯に弾きまくる感じ。後半は楽器が何度もビリつくほどのアタックで迫力溢れるもの。1曲目からクラヴィコードの演奏から予想した響きとはかなり異なるダイナミックな演奏でした。

ハジマーコスの演奏は曲によってスタイルは変化しますが、質はムラのないもの。以降各曲の聴き所のみ簡単にふれることにしましょう。

Hob.XVI:44 / Piano Sonata No.32 [g] (c.1771)
この曲は2楽章構成。短調の入りはクラヴィコードのほの暗い音色が似合います。聴き進むうちにすっかりクラヴィコードの音色の魅力にハマりました。曲想にあわせて、今度はとぼとぼとつぶやくような演奏。デリケートな音色とフレーズコントロールに耳を奪われますが、鮮明な録音によって楽器のフリクション音やハジマーコスの息づかいまで聴こえてきます。2楽章もとぼとぼとした感じが一貫して続きますが、やはり千変万化する響きに聴き入ります。

Hob.XVI:48 / Piano Sonata No.58 [C] (1787/9)
この曲も2楽章構成。ブレンデルの磨き抜かれた現代ピアノの音のイメージが染み付いた曲ですが、そのイメージを一瞬にしてぬぐい去るような雅な響き。かなりピアノによる演奏を意識したような演奏。ピアノそのままのような弾き方で、ピアノと全く異なる余韻を楽しめと言っているよう。クラヴィコードの響きに聴き入ります。この曲は曲想もあって素直な演奏に聴こえます。2楽章に入るとかなり速めのテンポで颯爽と吹き抜けるよう。前曲ではたどたどしかったような指の引っかかりが嘘のように指が良く回ってます。

Hob.XVI:20 / Piano Sonata No.33 [c] (1771)
2楽章の美しい調べが有名な曲。1曲目のダイナミックな演奏が嘘のようにしんみりと響くしとやかなクラヴィコードの音。この曲も短調の曲調に合わせた演奏スタイルでしょうか。期待の2楽章はおとぎ話のBGMのように沁みる響き。ピアノによるキラ星のような澄んだ美しさもいいですが、クラヴィコードの響きの余韻も悪くありません。3楽章は力強さと左手のアタックが戻って曲が締まります。

Hob.XVI:41 / Piano Sonata No.55 [B] (c.1783)
明るくダイナミックな演奏。冒頭から左手のアタック炸裂。1曲目同様音階部分とフレーズの切れ目の速度の変化が聴き所。終始切れのいい演奏。

Hob.XVI:42 / Piano Sonata No.56 [D] (c.1783)
どちらかというと3曲目のXVI:48に近い、ピアノの響きをトレースしたような演奏。速めのテンポで自然な余韻の美しさを上手く表現した演奏。

マーシャ・ハジマーコスのソナタ集はクラヴィコードという楽器での演奏の認識を改めるべきと感じた演奏。もとからダイナミックな音は表現できないものと思い込んでいましたが、逆に楽器の限界を感じさせることで、ダイナミックさを表現し、結果としては十分ダイナミックにも聴こえます。独特の音色と余韻は懐古趣味ということではなく、純粋に複雑かつデリケートな印象を生み、曲に新たな表情を与えます。曲によって演奏スタイルを変化させ、曲の聴き所のツボを見事にとらえています。聴き方によっては地味な演奏という評価もあるかと思いますが、私はこのアルバム、実に興味深く聴きました。従って評価は全曲[+++++]とします。

(2013年1月27日追記)
デレク・アドラムの演奏を聴き、全曲[++++]へ評価を修正しました。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ピアノソナタXVI:32 ピアノソナタXVI:44 ピアノソナタXVI:48 ピアノソナタXVI:20 ピアノソナタXVI:41 ピアノソナタXVI:42 古楽器 クラヴィコード

【新着】トム・ベギンのハイドン鍵盤独奏曲全集

久々の大物です。先週HMV ONLINEで届きましたが、全容を把握するのに苦労しました。

Beghin.jpg
HMV ONLINEicon / amazon

トム・ベギン(Tom Beghin)がハープシコード、クラヴィコード、スクエアピアノ、フォルテピアノ、ピアノ(現代のピアノではなく19世紀のイギリスのピアノ)などを弾き分け、ハイドンのピアノソナタと変奏曲など演奏したアルバム。CD12枚組とメイキング映像などを収めたDVD1枚をあわせた13枚組。収録は2007年4月から10月と2008年の6月、カナダのモントリオールのマッギル大学「音楽メディアと技術に関する学際研究センター(CIRMMT)」でのセッション録音。レーベルは廉価盤勃興の祖NAXOSです。

月並みな紹介から入りましたがこのアルバムは凄いものです。ハイドンの鍵盤独奏曲全集を今、世に問うというだけでも労作なのですが、このアルバムの企画は壮大です。

まずは楽器ですが、奏者であるトム・ベギンがハイドンの時代と曲想から7つの楽器を選んで録音しています。DVDのメイキング映像で詳しく触れられているのですが、時代考証をもとにした演奏当時の楽器を選定いるのみならず、曲のイメージにあわせて楽器が選ばれています。古くはハープシコード、クラヴィコードから、スクエアピアノ、フォルテピアノ、ピアノに至るまで、今回の録音のために周到な準備の上に楽器を選定している事がわかります。各楽器は楽器修復家を呼び寄せて録音のために調整させたり、あらたに造ったりしている事がわかります。クラヴィコードなどの雅な響きはこれまで様々なアルバムで音としては聴いていますが、今回のメイキング映像を通して、映像として理解できるのは貴重な事ですね。

そしてこのアルバムの真髄は録音。上記のとおり演奏はモントリオールで収録されているのですが、そのコンセプトにビックリです。アルバムタイトルはジャケット写真を見ていただいてもわかるとおり「ザ・ヴァーチャル・ハイドン」。モントリオールでの演奏録音は、ハイドンにゆかりのあるアイゼンシュタットなどの9カ所を選んで、その場所での残響をデジタルデータで記録し、モントリオールのスタジオで、その場所の残響を再現しながら収録すると言うもの。デジタル時代ならではのまさにヴァーチャルな響きですね。

アルバム全体は10のプログラムに分けられており、7つの楽器と9の会場からテーマに応じて、主に作曲年代順にソナタと変奏曲が並べられています。それぞれの演奏は思い切りのよい奏法、テンポ、音色の変化を交えた演奏で、時代考証を主眼としたものではなく、現代の視点で時代も一要素として再構築されたもの。トム・ベギンの多彩な視点と創意が感じられて非常に興味深い演奏。まだ何枚かつまみ聴きしたのみですが、古楽器によるハイドンのソナタ全集としては一番のおすすめ盤となるでしょう。

録音は響きは素晴らしいもののオーディオ的な耳で聞くと2チャンネル録音としての定位感までは再現できていないようです。最新録音らしく響きの鮮度は高く非常に聴きやすい録音。楽器の音が比較的オンマイクで捉えられ、それぞれの会場の残響が付与されたもの。スピーカーの間に楽器が定位するという感じよりは、スピーカーの間に巨大な楽器が曖昧なまま浮かび上がるような特殊な定位感。これは致し方ないでしょう。

秀逸なのはDVD。ちゃんとした日本語字幕がついているので情報も十分です。この映像だけでもこのアルバムを手に入れる価値は十分です。トム・ベギンをはじめとするスタッフが今回のプロダクションにかける情熱がつたわってくる素晴らしいもの。メイキング映像の最後はハイドンが亡くなる直前に弾いたとされる現ドイツ国歌の「神よ、皇帝フランツを守り給え」をハイドンゆかりの部屋で弾くシーンは何とも感動的なもの。映像のプロダクションもきちんとしており、決してオマケと言うようなものではありません。もともとがブルーレイの映像とブルーレイオーディオのマルチチャンネル音声のアルバムとしてリリースされていたようですので、もしかしたらマルチチャネル音声のほうが聴き応えがあるかもしれませんね。

まだ、つまみ聴きの段階なので評価はしていませんが、所有盤リストへの登録はこの週末に全曲終わりましたので、徐々に評価をつけていきたいと思います。

NAXOSはすでにヤンドーでピアノの演奏によるハイドンのソナタ全集を完成させているのに、今回のこの全集をリリースするとは驚きです。最近バリトントリオやスコットランド歌曲集の全集でハイドンファンの心を鷲掴みにしたBrilliant Classicsに一矢報いた格好になりましたね。これだけ素晴らしいボックスセットが、5000円もせずに手に入るのですから、ほんとに良い時代になったものです。しばらくはこのアルバムの演奏を楽しみたいと思います。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ピアノソナタ全集 古楽器 ハイドン入門者向け スクエアピアノ クラヴィコード 皇帝讃歌 DVD

先生と生徒

ショルンスハイムのハイドンのピアノソナタ全集。

Schornsheim.jpg
HMV ONLINEicon / amazon

ハイドンのピアノソナタを時代に応じてクラヴィコード、ハープシコード、フォルテピアノなどを弾き分けて録音したもの。2003~2004年の録音。
初期のもはハープシコードやクラヴィコードで淡々と弾いていき、後期のものはフォルテピアノに。時代とともに響きが変わり、響きと強弱が豊かになっていきます。楽器の変遷を追って多彩な響きが楽しめます。
この全集の聞き所は、2曲はいっている連弾用ソナタで、特にXVIIa:1「先生と生徒」が秀逸。連弾はおそらくショルンスハイムより格上だと思いますがシュタイアーが担当。本来なら、シュタイアーの全集の連弾にショルンスハイムが登場するところでしょう。不思議な企画です。(シュタイアーは別に選集がDeutsche Harmonia Mundiからでています)
おそらくシュタイアーがリードしているんでしょう、他の曲の録音とは次元の違う自由闊達な演奏で、なぜか携帯電話の着信音や声の効果音が入るサービス満点な演出。
このアルバム自体が先生と生徒の合作のような趣です(笑)

あと、意外と良かったのが、皇帝の2楽章の変奏曲。フォルテピアノの弦のびり付きまでリアルにとらえた録音と叙情的な表現が決まってます。

前半のクラヴィコード、ハープシコードでの演奏はハイドンの曲の楽しさを表現しきれていないもどかしさがつきまとうものの、後期のソナタでは明らかに奏法を変え、表現の幅が広がっています。

全集としては作りもしっかり、ライナーノーツも緻密なつくりですが、様々な全集がでている中、ファーストチョイスにはおすすめしにくいです。ピアノソナタを聞き込んだベテラン向けのセットという位置づけでしょう。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ピアノソナタ全集 古楽器 クラヴィコード 皇帝讃歌

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

古楽器ラメンタチオーネアレルヤ交響曲3番交響曲79番チェロ協奏曲1番オックスフォード驚愕交響曲88番交響曲19番交響曲58番交響曲27番アンダンテと変奏曲XVII:6ショスタコーヴィチベートーヴェン紀尾井ホールラヴェルストラヴィンスキードビュッシーピアノ三重奏曲ミューザ川崎LP協奏交響曲オーボエ協奏曲日の出ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:38サントリーホールスタバト・マーテルピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:37ブルックナーマーラー十字架上のキリストの最後の七つの言葉ヒストリカル交響曲90番告別交響曲97番交響曲99番交響曲18番奇跡ひばり弦楽四重奏曲Op.64フルート三重奏曲悲しみ交響曲102番モーツァルト交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者小オルガンミサミサブレヴィスニコライミサ交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23王妃ピアノソナタXVI:52ライヴ録音SACD武満徹チェロ協奏曲交響曲80番交響曲全集交響曲81番交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかり騎士オルランド無人島Blu-ray東京オペラシティ交響曲9番交響曲12番交響曲11番交響曲10番ロンドン太鼓連打交響曲15番交響曲4番交響曲2番交響曲1番交響曲37番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:5天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:7ロッシーニドニぜッティライヒャピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3シェーンベルク東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4バードタリスアレグリパレストリーナモンテヴェルディすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6美人奏者四季迂闊者交響曲70番アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:4バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーシューベルト交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲51番交響曲46番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌ弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオオフェトリウムモテットドイツ国歌カノン弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ブーレーズベルク主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生音楽時計曲ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲107番交響曲62番変わらぬまことジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
152位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
11位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ