【600記事記念】オイゲン・ヨッフム/ロンドンフィルの「ロンドン」

今日30日から年末年始休暇に。今年もよく働きました。27日に聴いたスクロヴァチェフスキの第九があまりによかったので、年末にはハイドンの最後の交響曲をと思い、CDラックの前でうろうろ。ここは定番の演奏をということでセレクトしたのが今日の1枚。

JochumLondonSet.jpg
amazon

オイゲン・ヨッフム(Eugen Jochum)指揮のロンドン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏でハイドンのザロモン・セットを収めた4枚組。今日はこの中から104番「ロンドン」を取りあげます。収録は1971年10月、ロンドン近郊のアッセンブリーホールでのセッション録音。レーベルはDeutsche Grammophone。上のアルバムジャケット写真は手もとのものですが現行盤ではありませんので、現行盤も紹介しておきましょう。

JochumLondonSetN.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

こちらのアルバムのほうは5枚組で、上のアルバムに加えて別の演奏も入っているので手に入れたいところ。

軽いノリで当アルバムを選びましたが、ちょっと御託を並べたくなりました。ベートーヴェンの最後の交響曲第九を聴いて一年を終わるのはもはや日本の風習。ハイドンの音楽の普及啓蒙を旨とする当ブログがその流れに乗ってしまっている状況はやはりそのままで年を越す訳には参りません。ということでハイドン最後の交響曲104番ロンドンを年末に聴くと言う風習を世界に10年くらいかけて定着させようと言う壮大なプロジェクトを立ち上げるという事としました(笑)

ベートーヴェンの第九は歓喜を歌ったもので、その音楽は今や日本人なら誰でも知っているほどポピュラーになりました。それに勝るとも劣らないハイドンの曲と言えば天地創造なんでしょうが、大曲すぎてハードルが高いので、交響曲の人気が高い日本ではロンドンの方が合うのではとの読みです。

まあ、戯言はこのくらいにして、演奏の方に触れましょう。

ヨッフムのハイドンの交響曲はこれまでいろいろ取りあげていますが、おそらく一番ポピュラーであろうロンドンは一度も取りあげていません。過去に取りあげた記事はこちらをご覧ください。

2011/06/07 : ハイドン–交響曲 : オイゲン・ヨッフム/ロンドンフィルの93番
2011/05/28 : ハイドン–交響曲 : オイゲン・ヨッフム/ドレスデン・シュターツカペレの93番
2010/12/29 : ハイドン–交響曲 : オイゲン・ヨッフム/ロンドン・フィルの軍隊、時計ライヴ

比較的速めのテンポでタイトかつ流麗にコントロールするのがヨッフムのハイドンの魅力。燻し銀の味わいもあり、ハイドンのザロモンセットの代表的名盤だと思います。現代楽器によるザロモンセットのファーストチョイスとしても広くお薦めできるアルバムです。

Hob.I:104 / Symphony No.104 "London" 「ロンドン」 [D] (1795)
冒頭の序奏はヨッフムのハイドンのとしては異例の迫力。一撃から気合い漲ってます。ヨッフムのロンドン、ここまで響きが充実していたという記憶はありませんでした。主題に入るとヨッフムならではの流麗軽々とした推進力あるメロディーが流れます。特にヴァイオリンのフレーズの適度なキレと他の楽器のリズムを先に打つような絶妙なやりとりが生気を生んでいるようですね。ダイナミックさやメリハリは適度な範囲に抑えて活き活きとしたリズム感を聴かせどころにするあたりがヨッフムの個性。序奏では圧倒的な存在感を聴かせたヨッフムですがやはり彼の真骨頂は流れるようなメロディーだと再確認。1楽章は進むにつれ徐々にヨッフムのフレージングのポイントが鮮明になってきました。
2楽章のアンダンテはあくまでも自然なフレージングが聴き所。弦は安定してフレーズを刻み、木管楽器は瑞々しい音楽を奏でます。弦は時折粗さも見せますが生成りの布ような肌触りが帰ってテクスチャーを感じていい意味で変化を感じます。流石ヨッフム抜群の安定感です。
続くメヌエットも速めのテンポでサクッと入ります。こういったところが力が抜けていて他の演奏とは比べ物にならない自然なフレージング。メヌエットでもリズムをことさら強調することなく流れで聴かせます。
フィナーレに入りヴァイオリンのキレが一段と良くなります。全体の音響から浮かび上がってクッキリと音階を聴かせます。フィナーレでは流麗さだけではなくあえてリズムを強調してメリハリをつけてきますが、それがごり押しではなくスマートに聴こえるのがヨッフムらしいところ。どこにも力みはなく予定通りに盛り上がります。フィニッシュも爽やかなもの。

巨匠オイゲン・ヨッフムとロンドンフィルによるハイドン最後の交響曲ロンドン。迫力でもなく古典の均衡でもなく個性的な演奏でもなく、ヨッフムらしい円熟の味わいを感じる流麗かつ自然なロンドン。長年聴かれ続けてきた素晴らしい演奏だと思います。このザロモンセットも演奏には少々ムラがあり、スキのないこのロンドンの演奏に対して緊張感がすこし薄れる演奏もあります。わずかな違いですが、ヨッフム自身の気合いのムラのような気もしなくはありません。もちろんこのロンドンは[+++++]とします。

さてさて、今年も明日で終わり。このところ1年1年があっという間に過ぎてしまいます。
ブログの管理画面を確認したらこの記事で600記事ということになりました。また12月はこのブログを始めてちょうど2年目になります。長いようであっという間でしたが、最近は仕事が忙しく更新のピッチのすこしゆったり目になってしまっています。あまり無理をすると長続きしませんので、のんびりやらせていただこうと思います。

明日は月末ゆえ、今年最後のHaydn Disk of the Monthとなりますね。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ロンドン ハイドン入門者向け ザロモンセット

流石だったぜ、ミンコフスキ

今日はのんびりお休みということで、スポーツクラブで泳いだあと明るいうちからモルトを片手にミンコフスキのザロモンセットの後半6曲をチェック。

IMG_0111.jpg
写真は今晩のオカズ。スクガラス豆腐(おぼろ豆腐版)

IMG_0112.jpg
谷中生姜に島らっきょ、温泉たまご、明太子、サーモン

まずは99番の第1楽章の緊密な構成に打たれます。ザロモンセットのなかでも穏やかな曲想が特徴の99番ですが、その穏やかさの中に隠された構造的な緊密さを巧みに表現できていて聴きごたえがあります。2楽章は前半の曲よりスピードを落として叙情的なメロディーを奏でます。弦の表情づけも非常に丹念で、木管楽器が非常に美しいです。
3楽章、4楽章は颯爽とした仕上がり。99番の新しい魅力を感じさせる演奏です。

軍隊はもう少しはじけるかと期待していましたが、タイトなコントロールが生きていて、模範的名演。古楽器であることを感じさせない自由闊達さがいいですね。
時計も基本的に同様の路線。安心して聴けます。時計の聴き所が終楽章であることがよくわかります。

そして最後の1枚。
102番はすばらしい出来。1楽章の緻密な構成を畳み掛けるように一気に聴かせます。めくるめく音の洪水。やはりこの曲は名曲ですね。
アダージョも情感溢れる息の長いフレージングが見事。そして快速の3楽章、フィナーレはすばらしい吹き上がり。この曲のベストの一つに入る演奏だと思います。

太鼓連打はいきなりアクロバティッックなティンパニのソロで始まるアイデアが秀逸。ハイドンもビックリでしょう(笑)
これまでアーノンクールの太鼓連打がこれに近いものでしたが、聴き直してみると意外とシンプルでした。(アーノンクール盤はティンパニのチューニングが後半ちょっとズレてます)
1楽章終りに再度ティンパニが唸りますが、これも効果的。ミンコフスキの十八番なんでしょうね。
演奏もキレまくっており、太鼓連打の代表盤に相応しい出来と太鼓判を押せます(笑)

そして104番ロンドン。
第1楽章は意外とオーソドックスな入り。オケをぐいぐい引っ張ってクライマックスに向けて盛り上がりますが、録音のせいか金管がかなりおフフ気味。2楽章はあっさりで3楽章のスピードとの対比が鮮やか。聴き所はやはり4楽章で生で聴いていれば相当のブラヴォーが飛ぶでしょう。

総じてエネルギーに満ちた良い演奏でしょう。エネルギーと言えばブリュッヘンですが、ブリュッヘンのザロモンセットを上回る演奏だと思います。

先日ノリントンのリリースに続き、ザロモンセットの矢継ぎ早のリリースは、ハイドン没後200年である昨年に集中的にハイドンの演奏が合ったことにあるんだと思いますが、CDとしてノリントンとの対決といった側面もあると思います。
私の軍配はミンコフスキということになりますね。
ライヴゆえ曲ごとにやはりムラはありますが、いいアルバムということでおすすめ盤としていいと思います。

最終的に評価は以下のようにしました。(アルバム収録順)

96番「奇跡」 [++++]
95番 [++++]
93番 [+++]

94番「驚愕」 [++++]
98番 [+++++]
97番 [+++++]

99番 [+++++]
100番「軍隊」 [++++]
101番「時計」 [++++]

102番 [+++++]
103番「太鼓連打」 [+++++]
104番「ロンドン」 [+++]

皆さんのご感想は如何に!

※今日のモルト
Linkwood 12years (花と動物シリース)
Lagavulin 16years
Glenmorange 10years
ずいぶん前に買ったボトルを空けるために飲んだんですが、Lagavulinは今のボトルより旨いです。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲99番 軍隊 時計 交響曲102番 太鼓連打 ロンドン ザロモンセット おすすめ盤

ミンコフスキのザロモンセット到着

入荷が伸びていましたが、ようやくHMV ONLINEから昨日到着。

Minkowski.jpg
HMV ONLINEicon

サイトを読むと、ずいぶん評判がいいようですね。
昨晩は仕事で飲んで帰宅したため、ほろ酔い加減で奇跡から1枚目を聴いただけなのでまだ感想は書けないんですね。スミマセン。
この週末にじっくり楽しみたいと思います。
レビューもちゃんとしますのでお待ちください。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ザロモンセット 古楽器 ライヴ録音

歌の人、テイト

今日はジェフリー・テイトのザロモンセットを。

Tate93.jpg
HMV ONLINEicon

Tate94.jpg
HMV ONLINEicon

これまでノーマークだったテイトのハイドン。HMV ONLINEでポイントがたまっていたので、すかさずバラザロモンセットすべてとなる5枚を注文。在庫盤だったのであっという間に到着です。
今日はそのうち前半の2枚、6曲を紹介。

オケはイギリス室内管弦楽団。91年の録音で、録音はイギリスのアビーロードスタジオ。(以前クイケンのパリセットを紹介したときに触れましたね)

一聴して、現代オケの非常にオーソドックスな演奏ですが、一枚目の96番、98番ときいていくうちに、だんだんテイトの意図がわかってきました。テンポの揺らしはほとんどなく、コントラストもあえて押さえ気味、そして弦のフレージングを非常に丁寧に追い込んでいった暁に見えてきたのは歌です。小規模なオーケストラの演奏からハイドンのメロディーの美しさが浮かび上がっているではありませんか。
98番の各楽章のメロディーの美しいこと。これはこれで非常に完成度が高い演奏です。
そして93番、出だしのアダージョから惹き付けられます。

そして2枚目。94番驚愕、95番、97番とも、同様のいい出来。94番のフィナーレの折り目正しい爽快さ。97番も曲の面白さを満喫できます。

テイトはモーツアルトの交響曲集を聴いて、あまりにオーソドックスすぎて興味をもてずにいたため、長らく手を出さずにいたのですが、ハイドンは打って変わって、気に入りました。
小規模オケの良さを生かしたザロモンセットのおすすめ盤と言えるでしょう。
週末にシェルヘンのハイドンにどっぷりつかって、コンセプチュアルなアプローチに打ちのめされたあとの清涼剤のようなテイトのハイドンでした。

ちなみに、一緒にシェルヘンの未入手だった1953年の104番ロンドンのライヴ盤(TAHRA)も一緒に入手。こちらもライヴならではの迫力。懲りてません(笑)

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲93番 驚愕 交響曲95番 奇跡 交響曲97番 交響曲98番 ザロモンセット

ブリュッヘンのザロモンセット

今日は巷で評判の高いブリュッヘンのザロモンセットを取り上げます。

Bruggen.jpg

みなさんご存知のように、すでにフィリップスレーベルは存続せず、旧フィリップスの録音がDECCAレーベルで次々とリリースされている状況で、この盤もいまはHMV ONLINEでは入手できないようです。
オーディオに造詣が深いかたにはフィリップスレーベルとデッカレーベルは似て非なるもの。響きの美しいワンポイントに近い録音のフィリップスと比べ、デッカの方はマルチマイクによる定位感よりも個々の楽器をリアルに再現する音響で知られています。フィリップスの録音がデッカのラベルをつけて売られているのに何となくしっくりしないのは私だけでしょうか。

それはともかく、ブリュッヘンのハイドンは、古楽器によるハイドンの交響曲の代表的な存在とみなされています。
今回、コレクションの整理の一貫で、あらためてこのセットを聴き直してみました。
録音は86年から93年にかけてで、すべてライヴ録音。ユトレヒト、ナイメーヘン、アムステルダム(コンセルトヘボウ)などでのコンサートを録音したものです(拍手なし)。

あらためて聴き直すと、曲によって出来に結構差があります。基本的にブリュッヘンの演奏は古楽器とは思えないエネルギー感あふれる分厚い響きを特徴としていますが、ともするとやや型にはまった印象が強い場合があり、演奏に生命感が宿るかどうかの分岐点になっています。以前聞いた話では、18世紀オーケストラはシーズンごとに招集される臨時オケで、基本的に1シーズン同じ曲の演奏旅行を行い、その途上で録音を行うとのこと。型にはまった印象とは、いつも同じ曲を弾きつづけることの弊害なんじゃないかと勝手に想像してます。

今回聴いて、非常に良かったのは、96番奇跡、99番、そして102番。ライヴの緊張感とブリュッヘンの気迫が相俟ってすばらしい演奏になっています。これらの曲は、力が抜けた自然な盛り上がりに任せているところに良さがあるように聴こえます。この迫力はブリュッヘンと18世紀オーケストラの音響あってこそで、他の古楽器オケからこのようなデモーニッシュな迫力は聴くことは出来ません。

逆に良くなかったのは唯一アムステルダムコンセルトヘボウでの録音である101番時計。録音も期待ほどよくなく、肩に力が入って、アクセントが逆にくどい印象につながってしまってます。なかなか全曲むらのない演奏を録音するのはむずかしですね。

いまでこそ多くハイドンの交響曲には多くの古楽器の録音があるりますが、個性的という意味では、トーマス・ファイなどと存在を競うものといえるでしょう。ブリュッヘンも最近は録音が少なくなりましたが、スペインのグロッサなどからハイドンの新録音もどきどきリリースされるているようですので、更なる名演を期待したいものです。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ザロモンセット 奇跡 交響曲99番 交響曲102番 時計 古楽器 ライヴ録音

クイケンのザロモンセット

昨日、クイケンのパリセットを取り上げましたが、気になって、ザロモンセットの方も聴き直してみました。

KuijkenSalomonSet.jpg
TOWER RECORDS / amazon / HMV ONLINEicon

これは、BMGジャパンの企画によるこれまでリリースされた5枚の録音を4枚にまとめた廉価盤で、まさに今年の3月に発売されたばかりのもの。もともとドイツハルモニアムンディ盤では、93番、94番、95盤と96番、97番、98番で1枚ずつ、のこりは2曲で1枚づつと計5枚のリリースでした。オーケストラはすべてラ・プティット・バンド。

録音は1992年から1995年にかけて、ヴァージン盤のラ・プティット・バンドのものと同様、オランダHaarlemです。
こちらの方が録音が新しい分響きの固さはなくなり、録音によるハンディはなくなりました。
演奏は、クイケン特有の端正さを保ちながら、編成が大きくなった分ダイナミックさも増しています。作為的なフレージングは一切なく、淡々と勧めていきますが、それでいて非常にニュアンスに富んでいて、高次元のバランスの良さを感じさせます。中では、96番奇跡、97番、98番、100番軍隊が気に入りました。他の曲もムラがなくいい仕上がりです。

リリース当初のジャケットものせておきましょう。

Kuijken93_94_95.jpg

Kuijjken96_97_98.jpg
amazon

Kuijken99_100.jpg
amazon

Kuijken101_102.jpg
amazon

Kuijken103_104.jpg
amazon

各曲の評価はこちらでご覧ください。

パリセットなど
http://www015.upp.so-net.ne.jp/haydn/list/h_cdsy4.html

ザロモンセット
http://www015.upp.so-net.ne.jp/haydn/list/h_cdsy5.html
http://www015.upp.so-net.ne.jp/haydn/list/h_cdsy6.html

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ザロモンセット 奇跡 交響曲97番 交響曲98番 軍隊 古楽器

ノリントンの新旧交響曲集

最近ヘンスラーからリリースされたノリントンのロンドン交響曲集。

Norrington.jpg
HMV ONLINEicon

悪魔博士のような風貌で、自由闊達に音楽を繰り出していくノリントン。
特に好きな指揮者なわけではないですが、ハイドン・イヤーにロンドン交響曲集をまとめてだされれば、手に入れない訳にはいきません。先日入手し、少しずつ聴いています。

2009年9月7日から12日の間のシュトゥットガルトでのライヴ録音で、拍手も入っています。曲ごとのばらつきのない仕上がり。
基本的には、ノンビブラートの弦で、最近流行のベートーヴェンの演奏のような筋肉質な構成で、ちょっと癖のあるアクセント、レガートを効かせたノリントン独特の節回しに特徴がある演奏。
個人的には、もう少しあっけらかんとしたのりの良さがあるかと思ってたんですが、意外とはじけ切らない端正な面も。もしかしたら、録音が若干デッドなところがそうゆう印象につながっているのかもしれません。
ノリントンの良さがでているのはやはり太鼓連打。無音をつんざく太鼓の連打で始まる構成、終楽章の高揚感などなかなかのもの。

ノリントンは、90年代にEMIからロンドン交響曲集の後半99番以降の6曲を3枚に分けてリリースしていました。しばらく廃盤のままで市場から消えていましたが、今回のヘンスラーのリリースに当てるかのように2枚組にまとめ直して廉価盤で再リリースされました。HMVでは4月入荷予定です。

NorringtonOld.jpg
HMV ONLINEicon

今回の旧盤リリースは、やはり新盤の出来を見越してのことでしょう。今聴き直してみると、旧盤の方が私には遥かに良くきこえます。ニュアンスのデリケートさ、響きの美しさ、ふけ上がりの良さ、ノリントン独特の面白さも旧盤の方に分があるあるような気がします。

ノリントンは最近の不景気な状況においても、かなりの数の録音のリリースが続いており、ほとんどがライヴ盤です。ノリントンの斬新な解釈はヨーロッパでは人気があるのではないかと思いますが、プロダクトとしての録音としては、昔のものの方が手間をかけて質の高いものをリリースしていたような気がします。

新盤には新盤の良さもあると思いますが、皆さんはどう感じられますでしょうか。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ザロモンセット 太鼓連打 ライヴ録音

カラヤンのハイドン再考

カラヤンのハイドンは昔から入門盤として日本では巷の評価は高いもの。

Karajan.jpg
HMV ONLINEicon

私自身はカラヤンは嫌いな方ではありませんが、ハイドンに限らず、一般的に1950年代、60年代のものはいいと思うものがある一方、70年代以降のアルバムについて積極的に押す気になるものはあまり多くありません。カラヤンの魅力は壮年期の覇気にあふれる演奏というのが音楽好きの見方なんじゃないでしょうか。

ハイドンの交響曲については80年代にベルリンフィルを振ったザロモンセットやパリセット(独グラモフォン)や、その少し前のEMIの交響曲集、そしてウィーンフィルとのロンドンなど数曲が知られています。

今回整理の都合で、あらためてちょこちょこ聴き直してみました。
上に紹介したアルバムは、ハイドンをいろんな演奏で聞き込んできた立場でいうと、非常に個性的な、特殊な演奏というのが正直なところ。重厚長大な曲想、うなる低音弦、意外と強弱の幅は大きくなくレガートを多用した、まさに磨き抜かれたカラヤン風という趣。
演奏の根底にあるのはハイドンの曲想をどう表現しようかということではなく、ハイドンの楽譜をどうカラヤン風の音響で表現しようかということでしょう。

最近、ホグウッドやアダム・フィッシャーのロンドンの実演を聴いて、ハイドンの曲に対する私の見方も少し変わりました。
ハイドンの曲には、仕えてきたエステルハージ家の人々に音楽の喜びをどう伝えようとか、評価してくれるロンドンの聴衆へ最高の作品を届けるために、持てるアイデアをふんだんに練り込んだり、創意の限りを尽くすといったメッセージが込められています。
それゆえ、演奏ではそのメッセージがどれだけ感じられるかがポイントとなるわけです。

先のカラヤンの演奏からは残念ながらハイドンのそういった魅力が感じられないというのが正直なところでしょう。最近はカラヤンよりも、フィッシャーとハイドンフィルのような素朴な演奏の方がハイドンのこうした魅力がより伝わってくるように感じます。

ということで、ハイドンの交響曲の入門というセレクトをするなら、カラヤン盤はおすすめしません。
カラヤン盤は、ハイドンをよく聞き込んだマニアに、「こんな演奏もあるのだ」とうなっていただくべきアルバムであります。


と、これではカラヤンにスポットライトを当てたことにならないので、カラヤンのハイドンのおすすめ盤を紹介しておきます。
こちらは、入門者にもマニアにも広くすすめられる名盤です。天地創造の旧盤。カラヤンのハイドンの中ではお気に入りの一枚です。

Karajan2.jpg
HMV ONLINEicon

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : カラヤン ザロモンセット パリセット 天地創造 おすすめ盤 ベルリンフィル

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ベートーヴェン紀尾井ホールショスタコーヴィチストラヴィンスキードビュッシーラヴェルピアノ三重奏曲ミューザ川崎オーボエ協奏曲LP協奏交響曲日の出ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:38サントリーホールスタバト・マーテルピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:39マーラーブルックナーヒストリカル十字架上のキリストの最後の七つの言葉告別交響曲90番交響曲97番交響曲99番交響曲18番奇跡アレルヤひばり弦楽四重奏曲Op.64フルート三重奏曲悲しみ交響曲102番ラメンタチオーネ交響曲86番モーツァルトヴァイオリン協奏曲驚愕哲学者ニコライミサミサブレヴィス小オルガンミサ交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23王妃ピアノソナタXVI:52アンダンテと変奏曲XVII:6武満徹ライヴ録音SACDチェロ協奏曲交響曲19番交響曲81番古楽器交響曲80番交響曲全集交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかり無人島騎士オルランドBlu-rayチェロ協奏曲1番東京オペラシティ交響曲9番交響曲11番交響曲10番交響曲12番太鼓連打ロンドン交響曲15番交響曲2番交響曲4番交響曲1番交響曲37番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:3天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:35ドニぜッティライヒャロッシーニピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3シェーンベルク東京文化会館ホルン協奏曲フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:31パレストリーナタリスモンテヴェルディアレグリバードすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6美人奏者四季交響曲70番迂闊者ピアノ協奏曲XVIII:4アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ヴェルナーガスマンシューベルト交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲46番交響曲35番交響曲51番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナード弦楽四重奏曲Op.76ピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス時の移ろい交響曲42番ベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲79番ロンドン・トリオ交響曲88番オックスフォードオフェトリウムドイツ国歌カノンモテット弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルクブーレーズ主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生音楽時計曲ピアノソナタXVI:11ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisカートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲107番変わらぬまこと交響曲108番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲3番スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
112位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
12位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ