【お盆特番6】ヘルムート・リリングのテレジアミサ

昨日はこってりしたバーンスタインのテレジアミサでしたので今日は清々しいものを。

RillingTheresienmesse.jpg
amazon

ヘルムート・リリング(Helmuth Rilling)指揮のオレゴン・バッハ・フェスティバル管弦楽団と同合唱団の演奏によるハイドンのテレジアミサ、シュトゥットガルト室内管弦楽団とシュトゥットガルト・ゲヒンゲン聖歌隊による戦時のミサの2曲を収めたアルバム。今日はテレジアミサの方を取りあげます。ソロはソプラノがシモーナ・シャトゥロヴァー(Simona Saturová)、アルトがロクサーナ・コンスタンティネスク(Roxana Constantinescu)、テノールがコービー・ウェルシュ(Corby Welch)、バスがヨーク・フェリックス・スピア(Yorck Felix Speer)。テレジアミサは2007年7月7日~9日、アメリカ西海岸、シアトルの南約400kmのオレゴン州ユージーンにあるハルトセンター、シルヴァホールでのセッション録音。レーベルはhänssler CLASSIC。

Wikipediaなどによると、ヘルムート・リリングは1933年シュトゥットガルト生まれの指揮者。シュトゥットガルト音楽大学でオルガン、作曲、合唱指揮等を学び、その後イタリアのローマ及びシエナでオルガンなどを学んだ。在学中の1954年、このアルバムの2曲目に収められた戦時のミサで合唱を担当するゲヒンゲン聖歌隊を設立、シュトゥットガルト記念教会の楽長およびオルガニストとしてその後定年退職する歳になるまで教会音楽家として活躍した人。なんと1967年から前記事でとりあげたレナード・バーンスタインに師事。同年よりフランクフルト州立音楽大学の合唱指揮の教授を1985年まで務める。1969年にフランクフルト合唱団の指揮者に就任。1965年から寄せ集めのシュトゥットガルト・バッハ・コレギウムを設立。シュトゥットガルト・バッハ・コレギウムはゲヒンゲン聖歌隊とも良く共演している。日本にも数回以上来日し、講習会などを通じて多くの教え子を持っているとのことです。

ヘルムート・リリングは特にバッハのスペシャリストとして知られています。はじめてバッハの合唱曲を全曲録音し、170枚ものCDに1000曲もの録音があるとのことです。バッハを知り尽くしたリリングのハイドン。昨日のマーラーのようなバーンスタインのミサ曲とは異なり、バーンスタインに教えを受けたこともありますが、リリングのハイドンは、期待通りバッハのようなハイドンのミサ曲でした。

Hob.XXII:12 / Missa "Theresienmesse" 「テレジアミサ」 [B flat] (1799)
最近の演奏に近い古楽器風なあっさりとしたフレージングからはじまるキリエ。最近の録音らしく響きは高品質で極上。抑え気味のヴィブラート、速めのテンポ、弾むリズム、素晴らしい推進力。滋味深くほんのりと微笑むジャケット写真のリリングが自信ありげにどうだと問いかけているように見えます。出だしから素晴らしい覇気。

グローリアも素晴らしい躍動感。奏者自身が演奏を楽しんでいるような愉悦感にあふれた演奏。流石に合唱指揮者だけあってコーラスとオケの一体感は格別。これはコーラスを楽しむべきアルバムでもあります。中間部はソロの聴かせどころ。最初はアルトのコンスタンティネスク、つづいてバスのフェリクス・スピアー、そしてソプラノのシャトゥロヴァー、テノールのウェルシュと続きます。歌手はこれまで取りあげた一連のミサ曲の中では標準的な仕上がり。今までのアルバムが素晴らしいキャストだったということです。歌はまとまりがあり、響きも調和がとれていますので問題なし。グローリアの終結部は生気に満ちた弾むリズムが再び襲います。リズムの刻みがこの演奏の基調をなしています。

つづいてクレド。音を切り気味に爽快感を出しながらすすめます。一貫して速めのテンポで起伏に富んだ抜群の推進力。バーンスタインの演奏とは全く異なる表情を描いていきます。単調に感じる部分は皆無。次々にフレーズを変化させて曲の素晴らしさを万全に表現。中間部は再び歌の聴かせどころ。なかではやはりシャトゥロヴァーのソプラノとしては豊かな響きが印象的。ゆったりした部分をじっくり丁寧に描くことで対比を綺麗につけて演奏の幅を広げていますね。最後はオケとコーラスの息吹を堪能できます。ソロもバスとテノールが雄々しい雄叫びのような歌いぶりでそれに応えるようにソプラノが華麗な音階。曲も創意と変化の粋を尽くしたもの。ハイドンの天才が遺憾なく発揮された部分。

そしてサンクトゥスからベネディクトゥス、アニュス・デイに至る極上の流れ。連日聴いても飽きることはない素晴らしいメロディー。何度聴いてもその美しさにほれぼれするところです。前半の起伏重視の演奏からすっかり流麗なメロディーに移ってます。特にアニュス・デイの導入部の美しさは筆舌に尽くし難いもの。コーラスによる険しい表情のメロディー。無欲なリリングのコントロールがかえって美しさを引き立てます。そして終曲はオケとコーラス、ソロの総決算といった趣。素晴らしい盛り上がりを見せて終わります。

ヘルムート・リリングのテレジアミサ。やはりバッハのスペシャリストらしく、バッハの香りがするような誠実さに裏付けられた生気に富んだハイドンでした。古楽器演奏の特徴も取り入れリリングの先取性も垣間見えました。この演奏も[+++++]をつけます。連日素晴らしい演奏でミサ曲を聴く悦びに満ちております。祈りをテーマした曲ということでしたが、心に残るのはハイドンの音楽そのものというのが偽らざる心境。特番も6回を数えましたのでこれにて終了と致します。明日から通常更新に戻ります。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : テレジアミサ ジャケット買い おすすめ盤

ソル・ガベッタのチェロ協奏曲1番

今日は仕事から帰宅したのが10時過ぎ。ささっと食事を済ませませましたが、しっかりしたレビューは難しいのでコーヒーブレイク的なアルバムを。

SolGabetta2.jpg
HMV ONLINEicon

女性チェリストのソル・ガベッタ(Sol Gabetta)のチェロ、セルジオ・チオメイ(Sergio Ciomei)指揮のバーゼル室内管弦楽団の演奏でハイドンのチェロ協奏曲1番とレオポルド・ホフマンのチェロ協奏曲、モーツァルトのフルート協奏曲K.314のチェロ編曲版の3曲をおさめたアルバム。ハイドンとホフマンの録音は2008年9月17日、19日、20日にチューリッヒのアルト・シュテッテン教会でのセッション録音。レーベルはSONYグループとなっているRCA RED SEAL。

ソル・ガベッタはジャケット写真のとおり、アイドル系。日本にも来ているんでしょう、KAJIMOTOに彼女のプロフィールが掲載されていました。

KAJIMOTO:ソル・ガベッタ

スペイン語系の名前と思ったら、フランス人とロシア人を父母にもつアルゼンチン生まれなんですね。1981年生まれということで今年30歳と若いですね。ゲルギエフのウィーンフィルでショスタコーヴィチを弾いているとのことなので、アイドル系でもかなりの実力者なんでしょう。たまにはこうゆうアルバムも買うんですね(笑)。仕事の疲れを癒してくれますでしょうか。

早速2曲目のハイドンの協奏曲を聴いてみましょう。

オケの序奏は最新のものらしく、響きの美しい現代楽器の室内オケの音。ただし、指揮のセルジオ・チオメイの奏でるフォルテピアノ(ライナーノーツではピアノフォルテですが、音の響きはフォルテピアノです)による通奏低音の響きが面白い効果を加えています。オケとチェロは非常にオーソドックスといえる範疇の演奏。テンポ感もよく、キビキビとしていてデュナーミクの幅も広いんですが、個性的といえるフレージングではありません。チェロの音色は中低音の余裕のある響きで、高音の鳴きの美しさを多用する弾き方ではありません。きわめてオーソドックスというのが正直なところ。1楽章のカデンツァは非常に長い朗々としたもの。ここで初めてとろけるような高音を少し披露。
2楽章はゆったりした雰囲気を楽しんでとくれと言わんばかりの流れ。ピアノの響きが加わったオケの響きが新鮮。
チェロは節回しが溜をほとんどつくらず延ばす音の鳴きを生かすというか、爽やかさを残しながら鳴いている感じを出すというフレージング故、十分鳴いているのにくどくない、不思議なチェロです。オケも力が抜けていいサポート。
フィナーレは非常にスピーディーな快活なオケの流れに乗ってチェロが自在なフレージング。明らかに1、2楽章よりもノリがよくなっています。女性らしい繊細な面も見せながら、素晴らしいスピードで弾きまくります。これだけのスピードでテンポが遅れを取るような雰囲気は皆無。こうやって聴くと素晴らしいテクニックの持ち主であることがわかります。オケもアクセントをより明確につけるようになり表情豊かになります。以前取り上げたウィスペルウェイも快速テンポの素晴らしいテクニックでしたが、それより自然で良いかもしれません。

ソル・ガベッタのチェロ協奏曲、癒しになりました。評価は[++++]としたいと思います。

このアルバムのもう一つの聴き所はは最後におかれたモーツァルトのフルート協奏曲のチェロ版。聴き慣れたメロディーをチェロが弾いていきますが、新鮮な響きに打たれます。こちらも癒されます(笑)

今日は仕事がおそく疲れましたので、LPでも鳴らして一段落してから床につくこといたしましょう。

IMG_1112.jpg

最近の我が家のオーディオシステム。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : チェロ協奏曲 ジャケット買い モーツァルト オーディオ

トランペット協奏曲の名盤

今日は色物です(笑)

Balsom.jpg
HMV ONLINEicon

この盤ははっきりいって気の迷いで購入。アイドル系の怪しい妖気がジャケットからにじみ出ています。
ジャケットの裏面は、さらなる妖気が。実際手に取ってご覧いただくとわかりますが、さらに「うっふん」な感じです(笑)
日本のアイドル系のアルバムはもう少しファン層のことを意識したデザインだと思います。ちょっとセンスというか、アルバムのアートワークの方向が間違ってるような気もしないでもありません。

ちなみに、ハイドンの良さを全世界に普及させようとの壮大なヴィジョンを描く当ブログが、ジャケットの妖気だけでこのアルバムを取り上げるわけには参りません。ここで取り上げるのは、演奏内容がすばらしいからに他なりません。
今回も結論から言えば、最高評価の[+++++]としています。

トランペットのアリソン・バルサムは2006年クラシック・ブリット・アウォードでベスト・ヤング・ブリティッシュ・パフォーマーにノミネイトされたひととのこと(HMV ONLINE)
このアルバムは、バルサムのトランペットと指揮で、フンメル、ハイドンの他、トレッリ、ネルーダ(両者とも初耳?)のトランペット協奏曲を入れたもの。オケはパーヴォ・ヤルヴィのベートーヴェン交響曲チクルスの録音で知られる、ドイツ・カンマーフィルハーモニー・ブレーメン。ヤルヴィのベートーヴェンではでは、これまた火を噴く(最近常用!)すばらしい演奏を聴かせるだけに期待が高まります。

2曲目のハイドンはソロ、オケともに正統派のすばらしい仕上がり。とくに感銘を受けたのは、専門の指揮者も真っ青のオーケストラコントロール。友情出演でパーヴォ・ヤルヴィが振ってるんじゃないかと思わんばかりの緻密さです。
もちろんトランペットソロも女流とは思えない力強さと安定した音程。このアルバムを手に入れたあとテレビでプロムスラストナイトでハイドンのコンチェルトをやったのを見ましたが、確かに巧い。正確な音程と音量コントロールが見事なものでした。

女性トランぺッターと、日本では成り立ちそうもないニッチな分野での才能あるアイドルですね。

ちなみに調べたところ、本人のウェブサイトがありました。

アリソン・バルサムのウェブサイト

そのサイトでYouTubeの映像が沢山紹介されてますので、この曲のイメージビデオみないなものがあるので、あわせて紹介しておきましょう。(このブログ初のYouTube直張りです!)

YouTube : Alison Balsom - Haydn & Hummel Trumpet Concertos


どうも、このブログでとりあげるトランペット協奏曲はすべて妖気がキーワードな感じがしてます(笑)
次が取り上げにくいな~

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : トランペット協奏曲 おすすめ盤 ジャケット買い 美人奏者

エスプリを感じるのだ!

またまたピアノソナタですが、今回は「色物」です(笑)

LeGuayNo2.jpg
TOWER RECORDS / HMV ONLINEicon / amazon

もちろんジャケット買いです!
クレール=マリ・ル・ゲという人のピアノソナタ集ですが、モーツァルトとハイドンのソナタなどをちりばめたシリーズで、既に3枚リリースされているものの2枚目にあたるもの。
どうして取り上げたといえば、その企画の面白さからです。
モーツァルトとハイドンそれぞれのハ短調のソナタを「ミラー・ゲーム」と題してそれぞれの作曲家の作品を対比させています。
おそらくそれぞれの作品にお互いに影響を受けたと想像されるだけに、意味ある構成だと思います。

企画の面白さという意味では、ライナーノーツに、写真、デザイン、スタイリスト、ヘアー、メイクアップの担当者名まで記されており、演奏と録音という次元での企画ではなくプロダクツとしてきちんとしたコンセプトを持った企画がされていることも興味をもったポイントの一つです。日本ではどうしても商業的なアイドル路線に偏りがちですが、しっかりアーティスティックな企画に仕上がっているとことは流石です。

録音会場はかのレンゾ・ピアノ設計のポンピドーセンター。演奏は、ジャケットのイメージそのままに、2人の作曲家の作品を彫刻のように対比させた、間の取り方が絶妙な語りかけるような演奏。

ハイドンのコレクションの中では妙に所有欲を満たす洗練したプロダクトです。
既発売の他2枚は手に入れてしまいましたので、今後のシリーズが楽しみです。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ピアノソナタXVI:20 ピアノソナタXVI:48 ジャケット買い 美人奏者

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
スクロールできます。

モーツァルトベートーヴェン東京オペラシティシューベルトヒストリカルピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:31LPアンダンテと変奏曲XVII:6交響曲67番交響曲80番ライヴ録音哲学者ラメンタチオーネピアノソナタXVI:24美人奏者交響曲51番交響曲35番交響曲46番ピアノ協奏曲XVIII:11ピアノ協奏曲XVIII:3ピアノ協奏曲XVIII:4古楽器協奏交響曲ヴァイオリン協奏曲天地創造ピアノソナタXVI:52ピアノソナタXVI:49ファンタジアXVII:4交響曲47番ピアノソナタXVI:48十字架上のキリストの最後の七つの言葉テレジアミサピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:34ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:28バリトン三重奏曲アリエッタと12の変奏XVII:3ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:20サントリーホールラ・ロクスラーヌ帝国皇帝ハイドンのセレナード弦楽四重奏曲Op.76ピアノソナタXVI:51ピアノソナタXVI:50ラルゴ五度四季交響曲1番ピアノ三重奏曲ひばり弦楽四重奏曲Op.64日の出チェロ協奏曲ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:44東京芸術劇場ピアノ協奏曲XVIII:11ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.33軍隊リヒャルト・シュトラウス弦楽四重奏曲Op.74騎士弦楽四重奏曲Op.20交響曲17番ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:27アンダンテと変奏曲(XVII:6)弦楽四重奏曲Op.103シベリウス武満徹マーラー交響曲4番交響曲42番時の移ろい無人島ベルリンフィル告別ホルン信号交響曲19番弦楽四重奏曲Op.55弦楽四重奏曲Op.54王妃交響曲87番交響曲86番弦楽四重奏曲Op.9フルート三重奏曲トランペット協奏曲スコットランド歌曲集ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:25驚愕時計ロンドンピアノソナタXVI:10ピアノ協奏曲XVIII:6ディヴェルティメントピアノ五重奏曲チェチーリア・ミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナアレルヤピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6ホルン協奏曲ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲81番交響曲79番交響曲78番交響曲99番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードドイツ国歌カノンモテットオフェトリウムピアノソナタXVI:37スタバト・マーテルピアノソナタXVI:42弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルクラヴィコード弦楽四重奏曲Op.17太鼓連打交響曲102番太陽四重奏曲アダージョXVII:9交響曲70番受難ピアノソナタXVI:35パリセット交響曲84番イタリアンベルクブーレーズピアノソナタXVI:6交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアチェチーリアミサピアノソナタXVI:41スクエアピアノスコットランド歌曲ショスタコーヴィチ交響曲57番交響曲68番ビールタイ料理オーボエ協奏曲リラ・オルガニザータ協奏曲悲しみSACDパリ交響曲集ラーメンリーム交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還清水スタバトマーテルホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10ヴァイオリンとピアノのための協奏曲XVIII:6奇跡交響曲97番交響曲34番交響曲77番交響曲18番ストラヴィンスキー温泉ロープウェイ日本酒フルートソナタ長野ワイン蕎麦DVD交響曲98番ドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生交響曲93番ピアノソナタうなぎ和食旅館シングルモルトうどんダムカートリッジ雅楽そばプロコフィエフヘンデル英語によるカンツォネッタ集サン=サーンス交響曲36番リストシェーンベルクピアノソナタXVI:14オーディオバリトン二重奏曲ピアノ協奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番ピアノ三重同曲迂闊者パスタ洋食諏訪国立劇場歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47第九読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサほうとう国立西洋美術館焼肉ジャズネルソンミサ横浜弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番聴き比べピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:43カフェフレンチ古楽器風カレー東急文化村ノットゥルノピアノソナタXVI:2ヴェーベルンまたはオルフェオとエウリディーチェ哲学者の魂ライヴappleiMac府中の森芸術劇場鹿児島料理裏切られた誠実マリア・テレジアバリトン五重奏曲音楽時計曲ハイドン入門者向け焼酎居酒屋歌曲ピアノソナタXVI:G1ピアノソナタXVI:11ピアノソナタXVI:8散歩ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ定食ファリャお寺モルトインド料理交響曲56番マリアテレジア交響曲27番2つのホルンのための協奏曲トランッペット協奏曲外食自宅料理展覧会中華ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集とんかつウイスキー焼き鳥シャンゼリゼ劇場8人のへぼ仕立て屋に違いない弦楽四重奏曲Op.2皇帝讃歌交響曲24番小オルガンミサ大オルガンミサCDラックiPhone新橋演舞場交響曲5番交響曲10番ポルトガル料理赤坂ACTシアター演劇テ・デウムサルヴェ・レジーナ日帰り温泉喫茶狛江インドネシア料理カッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理ギネス国立新美術館高音質CD剃刀庭風景狛江のお店ピアノとヴァイオリンのための協奏曲ドビュッシーネパール料理交響曲28番交響曲13番交響曲95番変わらぬまこと交響曲62番交響曲108番交響曲107番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲9番交響曲3番交響曲2番スカルラッティ府中のお店映画声楽曲カンタータ牛タン戦時のミサルテアトル銀座ヴァイオリンとオルガンのための協奏曲珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコード中華料理マーキュリージャケット買い管弦楽曲お宅訪問Mac室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番焼き肉冷麺韓国料理飲み食いギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤン弦楽三重奏曲テレビ番組スウェーリンク書籍セル交響曲12番交響曲65番ニコライミサ交響曲71番ハイボールアプラウステンシュテットピアノソナタXVI:13アーノンクールピアノ小品ラトル魂の歌海鮮寿司仙台グルダヤナーチェクモンゴル料理現代音楽ワールドカップクロノス・クァルテットノンサッチ長岡鉄男リュートマイケル・ジャクソンBlu-rayiPad狩りショップピアノ曲アップルのめり込んだ経緯

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2016年9月のデータ(2016年9月30日)
登録曲数:1,361曲(前月比+3曲) 登録演奏数:9,608(前月比+87演奏)
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
95位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
4位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ