アンドレ・プレヴィン/ジョー・パス/レイ・ブラウンの「アフター・アワーズ」

東京は朝から雨の日曜。しかたなく部屋の片付けやら、未登録のアルバムの整理やらでのんびりと過ごしました。片付け等するときには、ハイドンではなく、気楽な音楽が良いですね。今日は久々にジャズのアルバム。ピアノトリオの名盤です。

PrevinTELARC.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

アンドレ・プレヴィン(André Previn)のピアノ、ジョー・パス(Joe Pass)のギター、レイ・ブラウン(Ray Brown)のベースによるピアノトリオのアルバム「アフター・アワーズ」。収録は1989年3月29日、カリフォルニア州、パサディナのアンバサダー・オーディトリウムでのセッション録音。レーベルは超高音質盤で有名な米TELARC。

このアルバム、雑誌のコメントで見かけて非常に良いとのことで手に入れた次第。アンドレ・プレヴィンはクラシックファンにはおなじみの人ですが、もともとはジャズの人。ハイドンも何回か取りあげています。

2013/04/09 : ハイドン–交響曲 : アンドレ・プレヴィン/ピッツバーグ響の驚愕、ロンドン
2010/12/09 : ハイドン–交響曲 : アンドレ・プレヴィン/ロンドン交響楽団の87番ライヴ
2010/07/05 : ハイドン–交響曲 : プレヴィン/ウィーンフィルのオックスフォード

略歴はピッツバーグ響の記事をみていただくことにして、ウィーンフィルの記事の末尾にジャズのアルバムについて触れています。そのアルバムが良かったので、プレヴィンのピアノトリオなら悪かろうはずもないとのことで、amazonに発注した次第。

ギターのジョー・パスはジャズでは有名な人ですが1994年に亡くなったとのこと、ベースのレイ・ブラウンも同様2002年に亡くなっています。ジャズの名手3人での落ち着いたトリオ。

なぜかライナーノーツにはピアノがBösendorferとの記載があります。ベーゼンドルファーといえばウィーンのピアノ故、クラシック向きの楽器だと思ってましたが、ジャズの世界でもベーゼンドルファーが幅を利かせているのでしょうか。

収められた11曲は、まさに大人の楽しみを地でいくジャズ。録音は最高。まさに眼前で3人の手に汗握るセッションがリアルに演奏されている感じ。流石TELARCでしょう。プレヴィンのピアノはクラシックでの指揮のわかりやすい構成感とは異なり、スイング感と閃きに満ちて、トリオのセッションをリードしています。これだけのピアノはそう弾けないでしょう。勝手知ったる3人の円熟のトリオ。一杯飲みながら聴くのには最高です。

ハイドンの時代とは音楽は変わりましたが、ハイドンのお膝元のウィーンの由緒正しきベーゼンドルファーがこれほどスイングするとは、ハイドンも想像だにしなかったでしょう(笑) 音楽とはいいものです。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : ジャズ

小曽根真コンサート

昨日は珍しくジャズのコンサートへ。

Ozone20111008.jpg
小曽根真ピアノ・リサイタル - 狛江エコルマホール

実家の両親をつれて、実家近くのホールである狛江のエコルマホールへ。

小曽根真は、2006年、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンでモーツァルトを特集したとき、モーツァルトのコンチェルトをジャズピアニストが弾くという企画でソロを担当したコンサートをテレビで見て、型破りのジャズっぽい演奏とジャズそのもののカデンツァを聴いて印象に残った人。ラ・フォル・ジュルネ自体はこのとき聴きに行っていて、コルボのレクイエムやハイドンのバリトントリオのコンサートなどいろいろ楽しんだんですが、小曽根真のコンサートはいきませんでした。

ということで、せっかく実家の近くでのコンサートとのことで、足を運んでみたという次第。

ホールのサイトから昨日のプログラムが発表されていましたので紹介しておきましょう。

1.There is no greater love /Ishaam Jones
2.Back on the trail /ozone
3.Princess Lily /ozone
4.Crystal love /ozone
5.Romantic Warrior /ozone
(休憩)
6.Chopin:Prelude ~improvisation~
7.Improvisation 1
8.Improvisation 2
9.NO Siesta
Encore 1.Billie’s Bounce
Encore 2.Mo’s nap /ozone

コンサートとしては非常に楽しめましたね。ピアノを弾くテクニックは素晴らしいものがあり、表現の幅も多彩、コンサートとしての演出、しゃべりも流石と言った内容でした。

昨日は約700席のホールは満員。開演時間を迎えて場内が暗転、ステージに視線が集中しているところで、客席のうしろから「こんにちは」と言って登場。場内が一気に華やぎますね。流石に知名度の高い人ですので、握手を求められながらステージへ。クラシックのコンサートのような緊張感あるはじまりとならないよう良く考えられた入りです。

最初はジャズのスタンダードナンバーなどで、ジャズピアノの多彩な演奏を強く印象づける曲。タッチの力強さはクラシックのピアノとはレベルが違います。ホールも生でピアノを楽しむにはちょうどいい大きさなので、音響的には非常にいい感じです。プログラムには、小曽根さんが音楽を担当したNHKの番組、世界遺産「時を刻む」のために作曲した曲がいくつかふくまれていました。この番組は既に第1回が放送済みで、会場の反応も番組を見ている人が多いようでした。流石NHKですね。ジャズナンバーに、雰囲気ある番組への挿入曲とレパートリーの広さ、表現の多彩さはなかなかのもの。

前半は番組への挿入曲をふくめて5曲。休憩を挟んで後半は、即興演奏主体。キース・ジャレットばりのピアノでしたね。Improvisation 1は冒頭の力強いモチーフが様々に発展して行く構成はかなり本格的なもの。Improvisation 2はがらっと曲想がかわって静謐なピアノの音響を魅力を存分に感じさせるもの。演奏後小曽根さんがピアノをほめてましたが、休憩中に調律士が入って高音のチューニングをやり直していましたが、前半はすこし音が濁っていましたので、後半修正したものでしょうか、特に澄んだ高音が非常に綺麗に響いていましたね。

後半は大曲を含めて4曲で終了と思いきや、アンコールで急遽(事前に打ち合わせていたんでしょうが、、)客席で聴いていた、トランぺッターの晶ちゃんこと、奥村晶さんがステージに上がり、Billie’s Bounceというジャズのブルースを熱演。これは素晴らしかった。手に汗握るセッションとはこのことでしょう。最初はピアノに乗ってトランペットが気持ちよく吹いていましたが、徐々に白熱。ピアノがアドリブでトランペットを煽りまくり、かなりきわどいやりとり。トランペットもそれに応えてタイミングをはかって応えこれぞライヴという痛快さ。トランペットを渾身の力て吹き抜いた音の迫力はほれぼれするよう。いきなりステージに上がってあの演奏とは、奥村さん、只者ではありませんね。
最後は癒されるような小曲で終了。

2時間少しのコンサートでしたが、充実した時間でした。

IMG_2221.jpg

終了後サインを求めて並ぶ人。コンサートが終わったのが6時過ぎだったので、前回訪れた狛江駅前のイタリアンに。

食べログ:Vino uno ヴィーノウノ

この日は両親もいっしょだったのではじめからコースで。ビールで喉を潤しているうちに最初のお皿が。

IMG_2225.jpg

前菜盛り合わせ。ここは地元産の野菜に拘ったお店なので前菜も野菜の旨味がポイント。グラスに入っているのはコーンの濃い冷製スープ。

IMG_2226.jpg

お魚はホウボウのグリルにエリンギをあしらったもの。塩も適度でレモンを絞っていただくとホウボウのあっさりした旨味がなかなか。前回来た時はお魚が今ひとつでしたが、今回はいいですね。ワインは魚なので白。フランスのシャルドネを1本頼みました。

IMG_2227.jpg

ルッコラたっぷりのピザ。小さいですが、このあともう一枚ピザが出たので、1枚のところを2種に分けてくれたのでしょう。

IMG_2228.jpg

ピザのあとに、なぜかフルーツトマトの盛り合わせですが、違う農園のトマトの組み合わせでしょうか。

IMG_2229.jpg

そしてパスタも2種。こちらがクリームソースのキノコのパスタ。もう1種はトマトベース。ご想像のとおりお腹いっぱいです(笑)

IMG_2232.jpg

最後は母親の誕生日に頼んだデザート。誕生日といったらお皿にデコレーションと店中を巻き込んで祝っていただきました。ちゃんとサプライズになってて、母親もビックリしてました。

狛江で食べるイタリアンとしては十分なもので、ボリュームもありおすすめのお店ですね。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : ジャズ

バレンタインデー記念 ダイアナ・クラールのパリライヴ

今日はバレンタインデーとは全く関係なくたまたま仕事の都合で奇跡的に早く家に帰れたので、嫁さんと白ワインとともにつまみやらトマトベースのスープやらを楽しんだ後、いろいろもらったチョコをつまみながらモルトを楽しんでます。こうゆう時はジャズ。先日ジャズ系ブログで見た情報から聴いたダイアナ・クラール。その後調べたらこのアルバムの評判が良いようなのでHMV ONLINEで注文したものがタイミングよく届いてました。

DianaKrallParis.jpg
HMV ONLINEicon / amazon

前記事はこちら。

ハイドン音盤倉庫:たまにはジャズを、ダイアナ・クラール/QUIET NIGHTS

ハイドンでもライヴ好きゆえ、こちらも前に取り上げたセッション録音のQUIET NIGHTSよりも楽しめます。会場の熱気が伝わる素晴らしい録音。2001年11月29日、30日、12月1日、2日、パリのオランピア劇場でのライヴセッションを録音したもの。末尾に収められたトラック12のビリー・ジョエルの"Just the Way You Are"のみニューヨークのアバター・スタジオでのセッション録音。オランピア劇場はシャルル・ガルニエの狂気とも言えるパリ・オペラ座とマドレーヌ駅の間にあるライヴハウス。ジャケットの出来もふくめて素晴らしいアルバムの完成度。

冒頭からスウィング感抜群のピアノとウッドベースに乗ってダイアナ・クラールのハスキー・ヴォイスの魅力炸裂。ギターソロとドラム、ピアノ、ウッドベースの素晴らしいアンサンブル。ライヴの1曲目は重要。この曲ですっかりホールはダイアナのペースに。

2曲目の”Let's Fall in Love”はダイアナ・クラールのヴォーカルの魅力を堪能できる曲。ダイアナのヴォーカルとピアノのキレは最高。まるで家がオランピア劇場になってしまったような素晴らしい録音でリヴィングルームにウッドベースとギターの響きが充満。拍手で観客の熱気もご招待。

3曲目は"’Deed I Do"。ジャズピアノのスウィング感が最高。そろそろ会場もとろけてきています。ダイアナの歌唱のノリに完全にイニシアチブを握られている感じです。

4曲目は”The Look of Love”。酔い覚ましの1曲のような、ダイアナのハスキーヴォアイスとアコースティックギターの掛け合いを楽しむシンプルな曲。

5曲目の”East of the Sun(and West of the Moon)”はジャズィーなピアノソロが印象的な1曲。さしずめカデンツァのようなダイアナ・クラールのピアノソロ。曲の最後にベースのジョン・クライトンを紹介。

6曲目は”I've Got You Under My Skin”。歌い始めるとすぐに拍手ということで18番なんでしょうか。静かなバラード。窓の外は吹雪(笑)。都会のマンションの中でダイアナ・クラールが鳴っていますが、外は横殴りの雪。こちらはモルト片手にいい気分。今日のモルトの種明かしは後ほど。

7曲目は”Devil May Care”。ピアノソロの序奏でまずうっとり、それから快速テンポのダイアナ・クラールとギター、ドラムの素晴らしい掛け合い。だんだんいつものペースになってきました(笑)。ピはアノの腕前も流石、ジャズピアノソロとしても十分通用する腕前。ドラムの刻むテンポ、リズム感にまったく劣らないどころかリズム感では常に先導する感じ。曲後メンバー全員を紹介。

8曲目は”Maybe You'll Be There”。ふたたびゆったりしたバラード。家のシステムはクラシックもジャズも良いんですが今日のダイアナ・クラールの声とピアノ、ウッドベースの鳴りはなかなか。特にギターの柔らかい響きは絶品ですね。

9曲目は”’S Wonderful”。そろそろ酔っぱらってます(笑) 窓を開けると雪の舞う風が心地よいです。

10曲目は”Fly Me to the Moon”。ピアノの左手とヴォーカルの絶妙なやりとりの瞬間。ギターもドラムも素晴らしいタイミングで攻めてきますが、やはりダイアナ・クラールのヴォーカルの魅力にノックアウト気味ですね。この曲で通常のプログラムは終了。

11曲目は”A Case of You”。ピアノとヴォーカルの孤高の音楽。もう、ただそれだけ。人が歌を歌うと言う価値は他の何者にも換え難いと知る一曲。ハイドンならずとも音楽を楽しむものすべての心に響きます。ピアノのとぼとぼとした音階は既に心の芯に届いています。最後の拍手の暖かさが心に残ります。

12曲目はオマケといった位置づけ。”Just the Way You Are”。まさにビリー・ジョエルの曲ですがダイアナ・クラールが歌うとちょっと色っぽいと言った程度でしょうか。ライヴからセッション録音に変わったので、音はかなりの変化。やはりライヴの緊張感は貴重だとおもわせる引き立て役のような最後のトラックですね。



今日は、秘蔵の2世代前のハイランドパーク12年ボトルの封を開けてしまいました。このボトルは5本以上呑んでますが以外とばらつきがあり、ボトルによっては天上にも昇るような奇跡的な旨さを感じるバランスのものもあり、開けてみるまでわかりません。1世代前のハイランドパークはちょっと薄くなってしまった印象があるだけに、期待の一本。やはり、昔の旨さが際立ちます! 証拠写真を(笑)

IMG_1260.jpg

嫁さんがくれた変な(笑)ミツバチのようなチョコ。毎年感謝の瞬間。

IMG_1261.jpg

今日は白ワインにサーモンやらカマンベールやらインゲンやら、、、

IMG_1265.jpg

そしてハイランドパーク。紙筒から取り出してみると深い琥珀色の広い口の特徴ある美しい姿のボトル。この頃の形がもっともいいですね。オークニー諸島の潮風まで運んできてくれるような素晴らしい造形。栓を開けるとあの絶妙な香りが、、、 アノ香りに誘われてすでに3杯目に(笑) やはり格別の旨さという他ありません。

48歳のおじさんにチョコやケーキをくれた会社のお姉さん、奥さん、ありがとうございました!

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : ジャズ おすすめ盤

たまにはジャズを、ダイアナ・クラール/QUIET NIGHTS

月初から番外編ですみません。相変わらず仕事が忙しいため、今日は女性ヴォーカルものを。

DianaKrall.jpg
HMV ONLINEicon / amazon

ダイアナ・クラール(Diana Krall)のクワイエット・ナイツ。この手のアルバムはジャケット買いか、他のブログでのおすすめ情報などをみて購入するかのどちらか。このアルバムはたしかジャズ系のブログでおすすめとの情報をみてHMV ONLINEで手に入れたんですが、どのブログか既に解らなくなってしまいました。

アルバム自体は2009年と新しいもの。ハイドンのようにきちんと解説できません(笑) こうゆうアルバムはのんびり何も考えずにCDプレイヤーにかけて、一杯呑みながら聴くのが一番。

ダイアナ・クラールはハスキーな声が魅力な1964年、カナダのバンクーバーのそばのナナイモ生まれのジャズピアニスト、シンガー。意外と年が近かったですね、私と(笑)

ジャズ仕様のオケ、パーカッション、ギター、ピアノとダイアナ・クラールのヴォーカルの心地よい響き。声質と雰囲気が若干ジョニ・ミッチェルに似てなくもないですが、劇的な展開をみせるジョニ・ミッチェルに対し、あくまでもムーディな音楽。なかでも1曲目の"Where or When"と5曲目の”Walk on by”、10曲目のGuess I'll hang me tears out to dry"、ボーナストラックの11曲目”How can you mend a broken heart”が好きな曲。

今日は水割りでも、、、と思いきや、ついさっきとった夕食がメバルの煮付けだったので日本酒でジャズです(笑)

明日はハイドンを取り上げます、きっと。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : ジャズ おすすめ盤

プレヴィン/ウィーンフィルのオックスフォード

2009年からなんとNHK交響楽団の主席客演指揮者に就任したアンドレ・プレヴィン。
ジャズをはじめとして、多彩な活動で知られるひとですが、CDの整理をしていたら、この人のハイドンの交響曲からザロモンセットから2枚分のCDを発見!、というよりラックの肥やしになっていたので、あらためて聴いてみました。

Previn92.jpg
92番オックスフォードと96番奇跡、1992年2月の録音。

Previn102.jpg
こちららは102番と104番ロンドン。1993年3月の録音。

残念ながら、どちらもフィリップス盤のため廃盤のようですが、、、
調べたところ、タワーレコードが国内盤で復刻してました。

PrevinTower.jpg
TOWER RECORDS

フィリップスのキリッとしたジャケットの良さが失われてしまったのが残念ですが、2枚で1500円との価格設定はありがたい限りですね。

肝心の演奏は、極めてオーソドックスな現代楽器によるハイドンの交響曲。ムジークフェラインでのウィーンフィルの弦の響きの美しさを最大限に引き出した演奏といえるでしょう。プレヴィンらしく過剰な演出はなく、メロディーラインのわかりやすさを優先しているようで、ダイナミクスは控えめで、曲の主旨を音符にすべて奏でさせるような作為のない自然な演奏。

4曲の中でいいのは、92番オックスフォードと96番奇跡。オックスフォードはとろけるようなムジークフェラインの響きと、少しおどけた感じのフレージングが曲想にあってます。終楽章の踊るようなメロディーの演出の巧さもプレヴィンならではのものですね。奇跡はキレよりも豊かな響きを生かした構成。こちらもウィーンフィルの響きの美しさ全開の演奏です。弦楽器の自然なフレージングはやはりウィーンフィルならではでしょう。
この2曲は最高評価の[+++++]としました。おすすめ盤です。

102番とロンドンは、生き生きとしたところが一歩後退。重厚さにすこし傾いたのか、前の2曲に感じられた遊びというか余裕が足りません。102番は[++++]、名盤ひしめくロンドンは[+++]としました。

このようなベーシックな魅力を核にしたプレヴィンの演奏ですが、似たタイプには、以前に取り上げたテイト盤がありましたし、まだ取り上げていないスラトキン盤などもあり、ハイドンの交響曲の素直な魅力を知るのにはこのアルバムも良いアルバムだと思います。

最後に、プレヴィンの愛聴盤をもう1枚紹介しておきましょう。ただし、ジャズです(笑)

PrevinLiveatJazz.jpg

ニューヨークのThe Jazz Standardにおける2000年10月のライヴ。プレヴィンのピアノとデヴィッド・フィンクのベースのデュエット。残念ながらこちらも現役盤ではないようです。
プレヴィンのピアノは、ジャズミュージシャンのすえた響きでスウィングするピアノというよりも、コンサートグランドでスウィングする感じで面白いですが、ちょっと変わったプレヴィンのピアノでもライヴ独特の盛り上がりは見事。ライヴハウスの熱気が伝わります。やはりジャズ出身の人だけあって、モーツァルトのコンチェルトではあれだけ純粋無垢な響きを奏でながら、これだけのスゥイング感もだせるのは流石です。

音楽とは音を楽しむものということだということを地でいく人なんでしょうね。うらやましい限り。
この年齢になっても、自らの様々な才能で人々を喜ばせるとは、流石です。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲102番 ロンドン 奇跡 オックスフォード ジャズ おすすめ盤 ウィーンフィル

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ベートーヴェン紀尾井ホールショスタコーヴィチストラヴィンスキードビュッシーラヴェルピアノ三重奏曲ミューザ川崎オーボエ協奏曲LP協奏交響曲日の出ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:38サントリーホールスタバト・マーテルピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:39マーラーブルックナーヒストリカル十字架上のキリストの最後の七つの言葉告別交響曲90番交響曲97番交響曲99番交響曲18番奇跡アレルヤひばり弦楽四重奏曲Op.64フルート三重奏曲悲しみ交響曲102番ラメンタチオーネ交響曲86番モーツァルトヴァイオリン協奏曲驚愕哲学者ニコライミサミサブレヴィス小オルガンミサ交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23王妃ピアノソナタXVI:52アンダンテと変奏曲XVII:6武満徹ライヴ録音SACDチェロ協奏曲交響曲19番交響曲81番古楽器交響曲80番交響曲全集交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかり無人島騎士オルランドBlu-rayチェロ協奏曲1番東京オペラシティ交響曲9番交響曲11番交響曲10番交響曲12番太鼓連打ロンドン交響曲15番交響曲2番交響曲4番交響曲1番交響曲37番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:3天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:35ドニぜッティライヒャロッシーニピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3シェーンベルク東京文化会館ホルン協奏曲フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:31パレストリーナタリスモンテヴェルディアレグリバードすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6美人奏者四季交響曲70番迂闊者ピアノ協奏曲XVIII:4アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ヴェルナーガスマンシューベルト交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲46番交響曲35番交響曲51番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナード弦楽四重奏曲Op.76ピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス時の移ろい交響曲42番ベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲79番ロンドン・トリオ交響曲88番オックスフォードオフェトリウムドイツ国歌カノンモテット弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルクブーレーズ主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生音楽時計曲ピアノソナタXVI:11ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisカートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲107番変わらぬまこと交響曲108番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲3番スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
104位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
10位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ