セル/クリーヴランド管の99番(1966年2月ライヴ)

昨日フリッツ・ブッシュの爆演の良さにヒクヒク。つられて今日もヒストリカルものを物色。ありました、良いアルバムが。

IMG_1123.jpg

年末にディスクユニオンで手に入れたCD-R盤。ジョージ・セル(George Szell)指揮のクリーヴランド管弦楽団の演奏で、ハイドンの交響曲99番の他、モーツァルトの交響曲40番、ピアノ協奏曲24番(独奏:カサドシュ)、ベートーヴェンのピアノ協奏曲3番(独奏:エミール・ギレリス)と夢のような組み合わせ。ハイドンの演奏は1966年2月16日のライヴ。その他の演奏も1966年でモーツァルトの24番のみ1969年。レーベルはILLUMINATIONというアメリカのCD-Rレーベルで制作は1999年。2枚組です。

冒頭に置かれたハイドンの99番。ちなみにSONY CLASSICALからリリースされているセルのハイドン交響曲集などにふくまれている99番は1957年10月25日、26日のセッション録音ですので、このアルバムの録音はその9年後のコンサートの模様を収めたもの。これまでセルのハイドンは2回取り上げていますので記事のリンクを張っておきましょう。(すいません4回でしたので追記しました)

ハイドン音盤倉庫:セルの1959年ザルツブルク音楽祭ライヴ
ハイドン音盤倉庫:セル/クリーヴランド管のロンドン他
ハイドン音盤倉庫:セル1954年の93番ライヴ録音2種
ハイドン音盤倉庫:セル/クリーヴランド管の93番、驚愕

これまで聴く限り、セルの演奏は録音が古い年代の方に覇気を感じることが多かったので、今回の演奏の前にSONY CLASSICALの1957年のセッション録音の演奏を聴いてみました。

まずは1957年のセッション録音。

1楽章からセッション録音らしいバランスの良い音響。セルらしい均整のとれた健全な響き。叙情に溺れないキリッとしまった展開です。99番という穏やかな曲のせいか、セルも明確にアクセントをつけたり、演出に凝るところもなくさっと終了。
2楽章はご存知のとおり非常に美しいメロディーの宝庫。少し速めのテンポで入り、ハーモニーの美しさを楽しみながら少しずつテンポを上げていきます。クライマックスの部分では結構速いテンポになっています。
3楽章はセルの本領発揮。非常に折り目正しいメヌエット。リズムを強調して音を短めに刻むことで背筋がピンと伸びたようなメヌエットを演出。これは完成度の高い演奏。
フィナーレは入りは穏やかなものの、途中からインテンポで畳み掛けます。セッション録音にもかかわらずオケが浮き足立つほどセルが煽っているのがわります。途中の一息入れるところでは静寂を長くとり対比を強調。最後はセルらしくタイトなオケをこれまた激しく煽ってフィニッシュ。

セルらしさを感じられる演奏ですが、今一歩の踏み込みと炸裂感を求めたいのが正直なところ。そして今日の本命、1966年のライヴ盤。

1楽章は非常に伸びやかなフレージングで始まります。ライヴとわかる会場ノイズとざわめき。冒頭から迫力が違います。間をたっぷりとってフレーズの彫りを深めます。主題に入ってからはテンポは中庸のままながら推進力溢れる展開に。均整の取れたメロディーと低音弦のザクザク刻むリズムが古典的均整の範囲で程よくバランスする絶妙の1楽章。
2楽章のアダージョは1楽章同様、伸びやかフレージングがいいですね。表現の幅はずっと大きくなり、途中の盛り上がりの山の迫力もだいぶ大きくなります。
3楽章はセッション録音とはことなり、すこし溜の利いた展開。3拍子の後2泊が練る感じです。セッション録音の折り目正しいメヌエットも良いですが、やはりメリハリの利いたライヴの迫力はその魅力を上回ります。弦の滑らかな旋律の美しさもこちらが一枚上でしょうか。
フィナーレの入りは穏やかながらフレーズのクッキリ感があり、いい流れ。主題に入りオケのテンションが上がりますが、フレーズごとの性格付けが巧く、メロディーのみで十分聴き応えのする展開。徐々に楽器がくわわりオケの音量も上がってきますが、冷静なセルのコントロールが効いて混濁することはありません。最後の場面はオケのキレの良さを見せて終了。割れんばかりの拍手が迎えます。

この2つの演奏を比べると、1957年のセッション録音はやはりセッション録音だけあって、バランスの良い音響とセルの覇気が聴こえますが、いまひとつ踏み込みが足りない印象も否めません。一方1966年のライヴの方は伸びやかなフレージングと、キレるところはキレてライヴならではの感興があり、演奏の生気もこちらが上と聴こえます。評価はセッション録音の方が[++++]、ライヴは[+++++]としています。

セルのハイドンは愛好者の多いいわば売れ筋ものでしょう。まだ発掘されていないライヴもあるのかもしれませんが、これだけいいライヴを聴かされてしまうと、やはりライヴ盤探しに熱が入るというものです。セッション録音も一般的には非常に良い演奏ゆえ、セルが好きな方は探してみる価値のあるアルバムだと思います。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲99番 セル ライヴ録音 ヒストリカル CD-R

セル/クリーヴランド管の93番、驚愕

引き続きセルです。あんまり印象の良くなかったセルのハイドンの交響曲ですが、先日取り上げたunited archives盤の素晴らしさにつられて、手持ちの盤を掘り起こしつつレビューしてます。

SzellCleveland93.jpg

今日は交響曲93番と94番驚愕を収めた1枚。こちらも現役盤ではありませんが、装丁を変えて現役盤もあるようですし、ソニークラシカルからリリース予定の交響曲10曲セットにも同じ演奏が含まれています。

http://www.hmv.co.jp/news/article/1006280028/

録音が、93番が1968年4月19日、94番驚愕が1967年5月5日。両方ともセッション録音でステレオです。

このアルバムは私がはじめて手に入れたセルのハイドンの交響曲集。おぼろげながら最初の印象は非常にスタティックな印象を受けました。

あらためて聴き直してみると、やはり当初感じた印象の影響は大きいですね。1950年代の覇気漲るセルのハイドンと比べると、かなりおとなしくなり、均整のとれたまさにスタティックな印象。私のセルのハイドンの印象はこのアルバムによって決定づけられた訳です。

93番は昨日ライヴ演奏などを取り上げましたが、その演奏に比べると、オケの巧さは格上なものの、セルのハイドンの美点であるタイトなオケのコントロールは陰を潜め、均整のとれたバランスの良い演奏となっています。68年ということはセルが70歳をすぎての演奏。亡くなったのが万博の年である1970年ですので、死の2年前の演奏になる訳で、50年台の脂がのりきった年代とはエネルギーのレベルが違うというところでしょう。93番であえて特徴的な部分は3楽章のメヌエットの最後でテンポをぐっと落とすところ。セルにしては大胆なテンポの変化ですね。

94番驚愕は93番以上にスタティックな印象を強くします。バランスのとれた演奏を目指すあまり、ダイナミックさや生気が薄まってしまってます。1楽章の構成感はそこそこですが、畳み掛ける迫力は今ひとつ。2楽章のビックリは淡々と標準的なもの。私が94番の白眉だと思うフィナーレの展開も、壮年期の素晴らしい覇気に溢れた演奏とははっきり差がついてしまいます。

ということで、このアルバムに収められた2曲の60年代後半の演奏については、セルのハイドンの魅力は放つ演奏とは言い難いものという評価です。
いつもの評価は93番が[++++]、94番驚愕は[+++]としています。

ここまでセルのハイドンを聴き直してみて感じたのは、最初に聴いた演奏の印象が非常に大きいということ。もしunited archivesに収められた壮年期のセルの素晴らしい演奏を最初に耳にしていれば、セルのハイドンに対する印象は大きく変わったことと思います。

皆さんそれぞれお気に入りの演奏家がいるかと思いますが、その演奏家の演奏でもいいもの悪いものもあります。要は出会いというか、偶然性にもずいぶん左右されているということですね。
まあ、それだから面白い訳ですが(笑)

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲93番 驚愕 セル

セル1954年の93番ライヴ録音2種

先日来気になっているセルのハイドンの交響曲録音。手元にあるCDをいろいろひっくり返してみました。その中でクリーヴランド管とのスタジオ録音以外のアルバムを紹介しましょう。

SzellRAI93.jpg
HMV ONLINEicon

まずはARCHIPELレーベルの1954年5月29日ローマでの演奏。放送用録音でしょうか、会場ノイズなどはありません。曲目はハイドンの交響曲93番。オケはRAIローマ交響楽団。アルバムは1958年のケルンでのブラームスの交響曲第2番との組み合わせ。

SzellVSO93.jpg

もう1枚はORFEOレーベルからリリースされていた先の演奏の直後の1954年6月17日、コンツェルトハウスの大ホールでのライヴ録音。収録曲目はハイドンの交響曲93番とプロコフィエフの交響曲5番の2曲。オケはウィーン交響楽団。こちらは一日のコンサートをまとめたもののよう。こちらのアルバムは既に廃盤のようですね。

先日取り上げたunited archivesのV字とロンドンが1954年4月9日にクリーヴランド管とのスタジオ録音で、素晴らしいキレ具合だったのを踏まえて、今回のアルバムを選択したわけです。同じく1954年の5月と6月という非常に近接した期間に録音された交響曲録音。これらのアルバムにどのような違いがあるのか興味深いですね。

まずは最初のローマでの93番。音源はLPのようですね。スクラッチノイズが混入してますが、音の実体感は悪くなく、図太い音で鑑賞には支障ありません。オケの精度はクリーヴランド管の演奏には敵いません。セルのタイトに締め上げるオーケストラコントロールの魅力は感じられるものの強烈な印象を残すほどではありません。ザルツブルク音楽祭ライヴでのオックスフォード同様客演のオケですが、こちらのRAIローマ交響楽団での演奏は、セルの美点はうっすらという程度にとどまってます。こちらの評価は[+++]としました。

ウィーン交響楽団の93番は、オケの音色がまろやか。セルが締め上げてもウィーン響の柔らかな音色は特色を保っています。音の出始めの角が丸いというか、奏者がエッジを効かせるというより響きのブレンドを狙っているような印象。音色はともかくセルのコントロールはキレのいい強音のアクセントを鮮明にしていき、オケは徐々にセルに飼いならされた状態となります。第2楽章のアダージョはオケの音色の魅力も加わってなかなかのもの。フィナーレの盛り上がりもびしっと決まり、セル風でありながらウィーン風でもある93番としてフィニッシュ。盛大な拍手をさそいます。こちらは録音もなかなかよく、聴きやすい音響。こちらの評価は[++++]としました。

両盤ともに、残念ながらunited archives盤のはち切れんばかりセルの魅力を感じるレベルには至っていませんでした。やはり手塩にかけたオケとの周到な準備があってあのレベルに到達した訳ですね。

残るはクリーヴランド管とのスタジオ録音。近日中にレビューに取り上げるべき伏線が張られてしまいましたね(笑)

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲93番 ヒストリカル ライヴ録音 セル

セルの1959年ザルツブルク音楽祭ライヴ

暑いですね。今日は昼食をとりに外を歩いたら生命の危機を感じるような危険な暑さ。
お年寄りに限らず、水分、塩分などをきちんと補給していないと熱中症になってしまいますね。

夏と言えばザルツブルク音楽祭でしょうか。今日はCDラックを眺めてふと手に取った1枚。

SzellSalzburg.jpg

ジョージ・セル指揮のフランス国立放送管弦楽団によるコンサートのライヴ盤。収録曲目はモーツァルトの交響曲35番ハフナー、ヴァイオリン協奏曲第5番、そしてハイドンの交響曲第92番オックスフォード。ヴァイオリン独奏はエリカ・モリーニ。1959年8月3日、モーツァルテウムの大ホールでのライヴ。

セルのハイドンはクリーブランド管弦楽団との交響曲が何枚かリリースされていますが、ハイドンの交響曲の規律と険しさを浮き彫りにするような表現。私自身は朴訥さとか、ユーモア、活気といった面が欠け過ぎているようにも感じられ、世評ほどには好きになれないといったところです。

このアルバムも手に入れたのは遥か昔。手に入れた時には何度か聴いたもののその後ラックの肥となっていました。

1曲目はモーツァルトのハフナー。直接音重視のデッド気味の録音から聴こえるのは引き締まった弦のしかも統率の良い冒頭のメロディ。テンポは中庸、ほどほど歌い、フレーズの呼吸は平常の範囲。中庸の美学というところでしょう。聴かせどころはやはり終楽章。強奏部のキレ、速いパッセージの見事な分解ですね。

2曲目は同じくモーツァルトのヴァイオリン協奏曲。これが意外に味わい深くていい。オーケストラもさきほどのハフナーより弾む感じが良く出ています。録音のせいか少々線がほそいですが、ヴァイオリンはオケとの対決姿勢みたいなものを感じるソロ。ソロをもり立てようと言う意識が演奏を変えている感じですね。
エリカ・モリーニは1904年生まれのウィーンのヴァイオリニスト。59年の録音ですので、55歳での録音ということになります。円熟期の演奏ですね。
参考のためエリカ・モリーニの情報のリンクを張っておきましょう。

Wikipedia:Erica Morini(英文)

さて、本題のハイドンの交響曲92番オックスフォード。このアルバムの最後におかれただけあって、第1楽章からキレてますね。第1ヴァイオリンの旋律をクッキリ浮き立たせ、インテンポで畳み掛ける迫力満点の演奏。硬調ながら階調豊かなネガを軟調な印画紙にしっかり焼いたプロの手によるモノクロプリントを見るような見事なコントラスト。
第2楽章はハフナーとは異なり非常に情感豊かな演奏。展開部は1楽章同様クッキリしたコントラストで対比の妙で聴かせます。
続く第3楽章のメヌエットは大胆さが加わり、彫りの深い素晴らしい迫力。
終楽章冒頭の有名なメロディ。以前取り上げた朝比奈隆盤ほどの閃きはないものの、実直さと規律に裏付けられたストレートな表現で一気に聴かせます。アクセントのキレも最高。最後は豪腕を振り切ってフィニッシュ。盛大な拍手が会場の熱気を伝えます。

ラックの肥にしておいたのはもったいなかったですね。いい演奏です。評価はこれまでの不見識を詫びて[+++++]とつけ直しました。

もう叶うことはありませんが、セルの実演をコンサートホールで聴くとどういう印象なんでしょうか。夏の暑い夜に、51年前のザルツブルクの響きに想いを馳せるのも乙なものですね。
本日は休肝日ゆえ、しらふで想いを馳せます。(笑)

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : おすすめ盤 オックスフォード ヒストリカル ライヴ録音 モーツァルト セル ザルツブルク音楽祭

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
スクロールできます。

モーツァルトベートーヴェン東京オペラシティシューベルトヒストリカルピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:31LPアンダンテと変奏曲XVII:6交響曲67番交響曲80番ライヴ録音哲学者ラメンタチオーネピアノソナタXVI:24美人奏者交響曲51番交響曲35番交響曲46番ピアノ協奏曲XVIII:11ピアノ協奏曲XVIII:3ピアノ協奏曲XVIII:4古楽器協奏交響曲ヴァイオリン協奏曲天地創造ピアノソナタXVI:52ピアノソナタXVI:49ファンタジアXVII:4交響曲47番ピアノソナタXVI:48十字架上のキリストの最後の七つの言葉テレジアミサピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:34ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:28バリトン三重奏曲アリエッタと12の変奏XVII:3ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:20サントリーホールラ・ロクスラーヌ帝国皇帝ハイドンのセレナード弦楽四重奏曲Op.76ピアノソナタXVI:51ピアノソナタXVI:50ラルゴ五度四季交響曲1番ピアノ三重奏曲ひばり弦楽四重奏曲Op.64日の出チェロ協奏曲ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:44東京芸術劇場ピアノ協奏曲XVIII:11ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.33軍隊リヒャルト・シュトラウス弦楽四重奏曲Op.74騎士弦楽四重奏曲Op.20交響曲17番ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:27アンダンテと変奏曲(XVII:6)弦楽四重奏曲Op.103シベリウス武満徹マーラー交響曲4番交響曲42番時の移ろい無人島ベルリンフィル告別ホルン信号交響曲19番弦楽四重奏曲Op.55弦楽四重奏曲Op.54王妃交響曲87番交響曲86番弦楽四重奏曲Op.9フルート三重奏曲トランペット協奏曲スコットランド歌曲集ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:25驚愕時計ロンドンピアノソナタXVI:10ピアノ協奏曲XVIII:6ディヴェルティメントピアノ五重奏曲チェチーリア・ミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナアレルヤピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6ホルン協奏曲ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲81番交響曲79番交響曲78番交響曲99番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードドイツ国歌カノンモテットオフェトリウムピアノソナタXVI:37スタバト・マーテルピアノソナタXVI:42弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルクラヴィコード弦楽四重奏曲Op.17太鼓連打交響曲102番太陽四重奏曲アダージョXVII:9交響曲70番受難ピアノソナタXVI:35パリセット交響曲84番イタリアンベルクブーレーズピアノソナタXVI:6交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアチェチーリアミサピアノソナタXVI:41スクエアピアノスコットランド歌曲ショスタコーヴィチ交響曲57番交響曲68番ビールタイ料理オーボエ協奏曲リラ・オルガニザータ協奏曲悲しみSACDパリ交響曲集ラーメンリーム交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還清水スタバトマーテルホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10ヴァイオリンとピアノのための協奏曲XVIII:6奇跡交響曲97番交響曲34番交響曲77番交響曲18番ストラヴィンスキー温泉ロープウェイ日本酒フルートソナタ長野ワイン蕎麦DVD交響曲98番ドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生交響曲93番ピアノソナタうなぎ和食旅館シングルモルトうどんダムカートリッジ雅楽そばプロコフィエフヘンデル英語によるカンツォネッタ集サン=サーンス交響曲36番リストシェーンベルクピアノソナタXVI:14オーディオバリトン二重奏曲ピアノ協奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番ピアノ三重同曲迂闊者パスタ洋食諏訪国立劇場歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47第九読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサほうとう国立西洋美術館焼肉ジャズネルソンミサ横浜弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番聴き比べピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:43カフェフレンチ古楽器風カレー東急文化村ノットゥルノピアノソナタXVI:2ヴェーベルンまたはオルフェオとエウリディーチェ哲学者の魂ライヴappleiMac府中の森芸術劇場鹿児島料理裏切られた誠実マリア・テレジアバリトン五重奏曲音楽時計曲ハイドン入門者向け焼酎居酒屋歌曲ピアノソナタXVI:G1ピアノソナタXVI:11ピアノソナタXVI:8散歩ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ定食ファリャお寺モルトインド料理交響曲56番マリアテレジア交響曲27番2つのホルンのための協奏曲トランッペット協奏曲外食自宅料理展覧会中華ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集とんかつウイスキー焼き鳥シャンゼリゼ劇場8人のへぼ仕立て屋に違いない弦楽四重奏曲Op.2皇帝讃歌交響曲24番小オルガンミサ大オルガンミサCDラックiPhone新橋演舞場交響曲5番交響曲10番ポルトガル料理赤坂ACTシアター演劇テ・デウムサルヴェ・レジーナ日帰り温泉喫茶狛江インドネシア料理カッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理ギネス国立新美術館高音質CD剃刀庭風景狛江のお店ピアノとヴァイオリンのための協奏曲ドビュッシーネパール料理交響曲28番交響曲13番交響曲95番変わらぬまこと交響曲62番交響曲108番交響曲107番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲9番交響曲3番交響曲2番スカルラッティ府中のお店映画声楽曲カンタータ牛タン戦時のミサルテアトル銀座ヴァイオリンとオルガンのための協奏曲珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコード中華料理マーキュリージャケット買い管弦楽曲お宅訪問Mac室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番焼き肉冷麺韓国料理飲み食いギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤン弦楽三重奏曲テレビ番組スウェーリンク書籍セル交響曲12番交響曲65番ニコライミサ交響曲71番ハイボールアプラウステンシュテットピアノソナタXVI:13アーノンクールピアノ小品ラトル魂の歌海鮮寿司仙台グルダヤナーチェクモンゴル料理現代音楽ワールドカップクロノス・クァルテットノンサッチ長岡鉄男リュートマイケル・ジャクソンBlu-rayiPad狩りショップピアノ曲アップルのめり込んだ経緯

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2016年9月のデータ(2016年9月30日)
登録曲数:1,361曲(前月比+3曲) 登録演奏数:9,608(前月比+87演奏)
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
143位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
10位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ