テンシュテットの軍隊ライヴ、爆演!

今日はテンシュテットの軍隊です。

IMG_0904.jpg

クラウス・テンシュテット(Klaus Tennstedt)指揮のボストン交響楽団の演奏で、ハイドンの交響曲第100番「軍隊」のライヴ。1977年1月8日のボストンシンフォニーホールの演奏会の模様を収めたCD-Rです。レーベルは”A DERANGED BAT COLLECTION”というレーベル。

テンシュテットの録音にはライヴを中心にハイドンの録音はそこそこあり、これまでもいろいろ取り上げてきましたが、気合いの乗ったものもちょっとかすり気味のものもあり、やはり聴いてみたくなるのが不思議なところ。今回のアルバムは最近オークションで入手。はたして軍隊の爆演に出会えるでしょうか。
これまでに取り上げたテンシュテットの演奏のリンクを張っておきましょう。

ハイドン音盤倉庫:テンシュテットの57番
ハイドン音盤倉庫:テンシュテットの天地創造
ハイドン音盤倉庫:テンシュテットの王妃
ハイドン音盤倉庫:テンシュテットの太鼓連打

このアルバムは1日のコンサートを収めたものなので、他に2曲、冒頭にヴェーベルンのパッサカリア、そして軍隊をはさんで、シューベルトのザ・グレートと言う流れ。コンサートの冒頭にヴェーベルンの短い作品をおいて、ハイドンに入るという絶妙のプログラム。ヴェーベルンで脳を覚醒させて、ハイドンに入ると言う至福の構成。このセンスはすばらしいですね。

ヴェーベルンといえばブーレーズの超冷静な演奏の印象が強いんですが、テンシュテットのヴェーベルンは、叙情的な印象ですね。77年のライヴということで録音はそこそこいい状態です。終盤のフォルテッシモの爆発は流石の迫力ですね。最後の消え入る静寂から温かい拍手。良いですね。実演では脳が初期化されるでしょうね。

続いて軍隊。ヴェーベルンの消え入るところの余韻が残っているところに、非常に柔らかい弦の音色で1楽章が始まります。テンシュテットが手綱を押さえ気味にオケをコントロール。主題に入り押さえながらもリズムが立って、生き生きとした推進力を帯びてきます。フォルテが柔らかいのが特徴でしょう。1楽章も後半に入り、だんだんオケが熱を帯びてくるのがわかります。柔らかいのに熱いオケ。マグマの胎動が聴こえてくるような不気味な迫力があります。1楽章の最後は9分の力ではありますが素晴しいふけ上がり。
2楽章は木質系の弦の音色と木管楽器の絡みが美しいはじまり。徐々に打楽器が加わって、にぎやかさを加え、大きなうねりの繰り返し、ティンパニと打楽器が期待通りの爆発。
3楽章のメヌエットが私の一押し、冒頭の一音から漲る力感。これぞテンシュテットでしょう。小節を利かせてフレーズのメリハリを浮かび上がらせますがかなり筋肉質なところがテンシュテットの真骨頂でしょう。本来舞曲であるメヌエットですが、これほどの迫力では踊ることはできませんね。
フィナーレはいきなり快速で入ります。想像したより遥かに速い。ただし、つんのめるような部分はなくオケも嵐のような超快速のテンシュテットに完全に追随。最後はフルスロットルで大爆発! 波動砲の衝撃でガミラスが吹き飛んだような大迫力で、嵐のような会場の拍手をさそいます。久々のテンシュテットの爆演ですね。

評価は[+++++]をつけざるを得ませんね。これはテンシュテットのハイドンの交響曲の代表的演奏と位置づけることが出来るでしょう。ライヴならではの迫力溢れる演奏で、同日ながら冒頭のヴェーベルンよりもいい音で録られており、録音も悪くありません。軍隊の爆発に撃たれたい方、必聴のアルバムです。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 軍隊 ライヴ録音 テンシュテット ヴェーベルン CD-R

テンシュテットの太鼓連打

昨日は仕事帰りにタイ料理と白ワインでぐだぐだに(笑) 従って更新にたどり着けず。
今日は挽回のため、ちょい早く帰宅。最近手に入れたテンシュテットの太鼓連打のCD-Rを紹介しましょう。

Tennstedt103.jpg

CD-Rによくあるように、詳しい情報というか、情報らしい情報は書いてありませんが、ネットを調べると、1977年5月9日のライヴのよう。オケはNDRとのみ表記。おそらくNDR交響楽団であろうと思われます。

テンシュテットのファンサイト(英文)

太鼓の導入は張りのある太い音で、腹にきまります。ゆったりとしたテンポで丹念にフレーズを奏でていくテンシュテット独特の迫力を感じさせる音響。事前の想像とピタリとあった展開ににんまり。1楽章のクライマックスにむけた静かな盛り上がりと、再び太鼓の不気味な響き。太鼓連打の1楽章の本質を実に的確に突いています。

続くほの暗い2楽章は淡々と始まり、淡々と進み、次第に快活に変化。途中のヴァイオリンソロが見事。そのまま壮大な展開部に発展し、多彩な表情の変化を見せ尽くします。

3楽章は図太い響きのメヌエット。テンシュテットの気迫がハイドンの規律の枠の中に漲っているよう。中間部の優しい旋律の演出もうまく、メリハリが利いた構成。

そして、終楽章。何度聴いてもハイドンの緻密な筆致に圧倒されます。音符に忠実ながら、素晴らしい迫力で一気に聴かせるテンシュテットのコントロールは見事の一言に尽きます。

これは名演です。スタンダードな演奏ながら、素晴らしい構成感、高揚感、そして抑制。これぞ太鼓連打!
いまだにライヴ盤がリリースされ続けられる理由がわかります。テンシュテットのライヴというだけで多くの人が期待してしまうのも無理はないですね。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 太鼓連打 ヒストリカル おすすめ盤 テンシュテット CD-R

テンシュテットの王妃

今日はテンシュテットの85番王妃です。以前オークションで手に入れたCD-R盤。

Tennstedt85.jpg

テンシュテット指揮のボストン交響楽団。1976年7月31日タングルウッドでのライヴ録音。
曲目はハイドンの交響曲85番王妃とマーラーの巨人。

ライヴ感抜群の録音。生々しい音に会場のざわめき、冒頭に子供の声が聴こえたり、2楽章後、3楽章後に拍手が入りかけたり、アメリカのライヴらしい録音です。こうゆう録音好きです。

先日取り上げた57番とは打って変わって、非常に生き生きと、そしてリアリティの高い演奏。ハイドンの交響曲がこれまでとは違う高みに達したパリ交響曲集の典雅な曲想を弦楽器を中心に畳み掛けるように奏でていきます。
生成りのさらしのような肌触りの弦楽器がとても心地よいです。飾ったところはどこにもないんですが、所々にアクセントが利いていて、リズム感のよさを浮き立たせているのと、テンシュテット特有のゆっくりした部分のフレージング、特に木管の寂しげなメロディーがハイドンの交響曲にぴったりハマってます。
終楽章のめくるめくメロディーとリズムとアクセントの変化。盛り上がりも期待通り。
最後はブラヴォーの嵐。これは、いい演奏ですね。ロンドン・フィルよりもオーケストラの良さを味わえる演奏に仕上がってます。

もちろん、一般的なこの盤の聴き所はマーラーに他なりません。私は違いますが(笑)

巨人も同じ日の演奏故、会場のざわめきまで克明にとらえた録音の良さは変わりません。
基本的に王妃の良さの延長上の演奏。そして期待通り、終楽章は爆発して終わりますが、なんとなく巨人の終楽章のフィニッシュは曲自体の単調さも垣間見えてしまうので、手放しには喜べません。
会場は瞬時にブラヴォーの嵐で無事終了。

私の結論は、やはりこの盤の聴き所は王妃。楽章途中の拍手などご愛嬌がなければ[+++++]ですが、冷静に(笑)、[++++]としておきます。演奏自体はテンシュテットのライヴという期待に応えた見事なものでした。

ワールドカップは韓国がアルゼンチンに力の差を見せつけられちゃいましたね。
それにしてもメッシの身のこなしの素晴らしさ。神様降りてきてますね!

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 王妃 ライヴ録音 おすすめ盤 テンシュテット CD-R

テンシュテットの天地創造

今週、交響曲のライヴを取り上げたテンシュテットですが、ハイドンといえばロンドンフィルのレーベルからリリースされている天地創造を取り上げない訳にはいきません。

TennstedtCreation.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

演奏はもちろんロンドンフィルとどの合唱団。ソロはルチア・ポップにアンソニー・ロルフ・ジョンソン、ベンジャミン・ラクソンと豪華な顔ぶれ。1984年2月19日のロイヤルフェスティバルホールのライヴ。

ライヴ独特の緊張感のなか、冒頭は不気味な迫力さえ感じさせるなか押さえ気味にはじまります。様子を見るように各楽器が不協和音を重ねていく様子が、かえって迫力を煽ります。木管楽器がヴィブラートを押さえ気味に少し荒っぽく入るところもいいですね。

第2曲のウリエルのアリアで、全体をとおして目立ちすぎることなく控えめにこなしていくロルフ・ジョンソンのウリエルのキャラクターが決まります。そして続くレシタティーヴォでラクソンのすこしうわずり気味ながらエッジの利いたバリトンも。

もちろん、歌手の聴き所はポップのガブリエルとエヴァになります。第8曲のガブリエルのアリア、ポップ独特のキャラクターを感じる透明感のあるソプラノで聴かせます。

そして第1部のクライマックスへ。12曲のいま輝きにみちてであらためて静寂から緊張感をリセット。そして13曲の輝かしい展開。意外と完全燃焼というよりは、オケとコーラスが指揮者の棒をよく見てついていっているような印象でフィナーレを迎えます。

CDを変えて2枚目へ。次第にオケとコーラスの反応があがっていくように感じます。ガブリエル、ウリエル、ラファエルのトリオでは、ソロの掛け合いが存分に楽しめます。

第3部はオケを押さえて静かに入り、つづくエヴァとアダムのデュエットのでは、ポップとラクソンの掛け合いから徐々に盛り上がり、ソロとオケとコーラスの渾然一体となった見事な展開。
続くデュエットもオケの伴奏がとけ込んで、そしてフィナーレへ。最後は9分の力でフィニッシュ。

録音は安定しているものの若干こもり気味。ただ、会場のノイズなどは最小限に押さえられ、鑑賞に差し支えありません。

この盤のポイントは、ライヴの緊張感を共有できる生々しさにあると言っていいでしょう。第1部では安心して聴けない訳ではないんですが、冒頭から最後までオーケストラが乗って弾いているというよりは、指揮者の指示に忠実に応えようとしながら弾いている感じがひしひしと伝わります。それが徐々に溶け合うようになり、第3部ではすべてが指揮者のコントロールのもとに一体として音楽を奏でていくに至ります。そして、テンシュテットの真骨頂であるゆっくりした部分の丹念な表情付けによる不気味な迫力も十分に味わえます。

評価は[++++]としました。

今晩は、さきほど買い物をしてきたホタテにバターをのせて、グリル。ニンニクを利かせたモツァレラ・トマト、アサリと丹波産の本しめじのリングイネ、骨付きラムにローズマリーをのせてグリルなど。安くないチリの赤(笑)とともにいただきました。

IMG_0150.jpg

アサリと丹波産の本しめじのリングイネ
(パスタは最近控えめの80g!)

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ライヴ録音 天地創造 テンシュテット 自宅料理 イタリアン ワイン

テンシュテットの57番

今日はテンシュテット。テンシュテットのハイドンには大物、天地創造もありますが、今日は軽めで交響曲57番。

Tennstedt.jpg
HMV ONLINEicon

テンシュテットで印象的だったのは、燃えたぎるエネルギーを秘めたマーラーの復活ライヴ。かなり前にエアチェックしたロンドンフィルとの演奏だったと記憶してますが、非常に遅いテンポで進め、終楽章に大爆発。今でも復活のリファレンスとして脳内に焼き付いてます。私にとってはバーンスタイン以上の快演との評価です(実はバーンスタインはあまり好みではありません、、、)
最近も、ぞくぞくとライヴがリリースされ、マーラーやベートーベンなど、ずいぶん楽しませてもらってます。

そのテンシュテットのモーツァルトの協奏曲12番とハイドンの57番という組み合わせ。オケはベルリン・ドイツ交響楽団。1973年9月11日のスタジオ録音です。

これは、いわば松井秀喜がサードにランナーをおいて、変化球に合わせてレフト前にクリーンヒットを放ったような、堅実な演奏。ホームランでも、弾丸ライナーでも、竜巻を起こすような空振りでもありません。
というか、きわめて端正なハイドンの模範的演奏。ホームランを狙うそぶりも、こけおどしもなく、古典的な構成を着実に表現していく極めてオーソドックスな演奏。テンポ感、メリハリ、バランスなども申し分ありません。

正直、このアルバムを買う時は、恐いもの見たさというか、ちょっと期待しちゃう気持ちもあったんですが、ものの見事に裏をかかれました。ここまで端正とは。
これも、ある意味名演だと思います。

もう一曲のモーツァルトの12番もとろけそうな美演。ピアノはカール・エンゲル。

凄い演奏をするひとが、凄さを見せない凄さとでもいったらいいでしょうか。
私も、奥行きの深いというか、常に人の予想を超える人間になりたいものです(笑)

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲57番 ライヴ録音 テンシュテット

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
スクロールできます。

モーツァルトベートーヴェン東京オペラシティシューベルトヒストリカルピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:31LPアンダンテと変奏曲XVII:6交響曲67番交響曲80番ライヴ録音哲学者ラメンタチオーネピアノソナタXVI:24美人奏者交響曲51番交響曲35番交響曲46番ピアノ協奏曲XVIII:11ピアノ協奏曲XVIII:3ピアノ協奏曲XVIII:4古楽器協奏交響曲ヴァイオリン協奏曲天地創造ピアノソナタXVI:52ピアノソナタXVI:49ファンタジアXVII:4交響曲47番ピアノソナタXVI:48十字架上のキリストの最後の七つの言葉テレジアミサピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:34ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:28バリトン三重奏曲アリエッタと12の変奏XVII:3ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:20サントリーホールラ・ロクスラーヌ帝国皇帝ハイドンのセレナード弦楽四重奏曲Op.76ピアノソナタXVI:51ピアノソナタXVI:50ラルゴ五度四季交響曲1番ピアノ三重奏曲ひばり弦楽四重奏曲Op.64日の出チェロ協奏曲ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:44東京芸術劇場ピアノ協奏曲XVIII:11ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.33軍隊リヒャルト・シュトラウス弦楽四重奏曲Op.74騎士弦楽四重奏曲Op.20交響曲17番ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:27アンダンテと変奏曲(XVII:6)弦楽四重奏曲Op.103シベリウス武満徹マーラー交響曲4番交響曲42番時の移ろい無人島ベルリンフィル告別ホルン信号交響曲19番弦楽四重奏曲Op.55弦楽四重奏曲Op.54王妃交響曲87番交響曲86番弦楽四重奏曲Op.9フルート三重奏曲トランペット協奏曲スコットランド歌曲集ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:25驚愕時計ロンドンピアノソナタXVI:10ピアノ協奏曲XVIII:6ディヴェルティメントピアノ五重奏曲チェチーリア・ミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナアレルヤピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6ホルン協奏曲ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲81番交響曲79番交響曲78番交響曲99番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードドイツ国歌カノンモテットオフェトリウムピアノソナタXVI:37スタバト・マーテルピアノソナタXVI:42弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルクラヴィコード弦楽四重奏曲Op.17太鼓連打交響曲102番太陽四重奏曲アダージョXVII:9交響曲70番受難ピアノソナタXVI:35パリセット交響曲84番イタリアンベルクブーレーズピアノソナタXVI:6交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアチェチーリアミサピアノソナタXVI:41スクエアピアノスコットランド歌曲ショスタコーヴィチ交響曲57番交響曲68番ビールタイ料理オーボエ協奏曲リラ・オルガニザータ協奏曲悲しみSACDパリ交響曲集ラーメンリーム交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還清水スタバトマーテルホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10ヴァイオリンとピアノのための協奏曲XVIII:6奇跡交響曲97番交響曲34番交響曲77番交響曲18番ストラヴィンスキー温泉ロープウェイ日本酒フルートソナタ長野ワイン蕎麦DVD交響曲98番ドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生交響曲93番ピアノソナタうなぎ和食旅館シングルモルトうどんダムカートリッジ雅楽そばプロコフィエフヘンデル英語によるカンツォネッタ集サン=サーンス交響曲36番リストシェーンベルクピアノソナタXVI:14オーディオバリトン二重奏曲ピアノ協奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番ピアノ三重同曲迂闊者パスタ洋食諏訪国立劇場歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47第九読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサほうとう国立西洋美術館焼肉ジャズネルソンミサ横浜弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番聴き比べピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:43カフェフレンチ古楽器風カレー東急文化村ノットゥルノピアノソナタXVI:2ヴェーベルンまたはオルフェオとエウリディーチェ哲学者の魂ライヴappleiMac府中の森芸術劇場鹿児島料理裏切られた誠実マリア・テレジアバリトン五重奏曲音楽時計曲ハイドン入門者向け焼酎居酒屋歌曲ピアノソナタXVI:G1ピアノソナタXVI:11ピアノソナタXVI:8散歩ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ定食ファリャお寺モルトインド料理交響曲56番マリアテレジア交響曲27番2つのホルンのための協奏曲トランッペット協奏曲外食自宅料理展覧会中華ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集とんかつウイスキー焼き鳥シャンゼリゼ劇場8人のへぼ仕立て屋に違いない弦楽四重奏曲Op.2皇帝讃歌交響曲24番小オルガンミサ大オルガンミサCDラックiPhone新橋演舞場交響曲5番交響曲10番ポルトガル料理赤坂ACTシアター演劇テ・デウムサルヴェ・レジーナ日帰り温泉喫茶狛江インドネシア料理カッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理ギネス国立新美術館高音質CD剃刀庭風景狛江のお店ピアノとヴァイオリンのための協奏曲ドビュッシーネパール料理交響曲28番交響曲13番交響曲95番変わらぬまこと交響曲62番交響曲108番交響曲107番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲9番交響曲3番交響曲2番スカルラッティ府中のお店映画声楽曲カンタータ牛タン戦時のミサルテアトル銀座ヴァイオリンとオルガンのための協奏曲珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコード中華料理マーキュリージャケット買い管弦楽曲お宅訪問Mac室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番焼き肉冷麺韓国料理飲み食いギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤン弦楽三重奏曲テレビ番組スウェーリンク書籍セル交響曲12番交響曲65番ニコライミサ交響曲71番ハイボールアプラウステンシュテットピアノソナタXVI:13アーノンクールピアノ小品ラトル魂の歌海鮮寿司仙台グルダヤナーチェクモンゴル料理現代音楽ワールドカップクロノス・クァルテットノンサッチ長岡鉄男リュートマイケル・ジャクソンBlu-rayiPad狩りショップピアノ曲アップルのめり込んだ経緯

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2016年9月のデータ(2016年9月30日)
登録曲数:1,361曲(前月比+3曲) 登録演奏数:9,608(前月比+87演奏)
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
143位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
13位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ