ロト/レ・シエクルの「春の祭典」など(東京オペラシティ)

レビューもそこそこに、コンサートには出かけています。

Roth20180612.jpg
フランソワ=グザヴィエ・ロト指揮レ・シエクル《春の祭典》 | 東京オペラシティ

いつも通り、コンサートに出かけた際にもらったチラシでチケットを取りましたが、ロトは以前、読響を振ったコンサートに出かけていて、しかもハイドンの「十字架上のキリストの最後の七つの言葉」の管弦楽版の濃密な素晴らしい演奏を堪能していて、その実力は体験済み。そのロトが手兵、レ・シエクルを率いて来日し、春の祭典を振ると言うことで興味を持ったもの。

2015/07/02 : コンサートレポート : ロト/読響の十字架上のキリストの最後の7つの言葉(サントリーホール)

チケットを取ってから調べてみると、レ・シエクルとは春の祭典を録音していて、2014年のレコードアカデミー大賞を受賞しているとのこと。レコ芸は読んでいるのですが、海外の動向とか海外盤のレビューくらいしか目を通さないので、このアルバムの記憶はありませんでした。ちなみにコンサート前に予習すると、その印象と比べて聴くようになるのでいつも一切予習はしません。と言うことで、いつも通り、虚心坦懐にコンサートに臨みました。

IMG_2143_20180616082742772.jpg

この日の会場である東京オペラシティは職場からすぐ近くなので、トコトコ歩いて会場入り。

IMG_2144.jpg

いつも通り嫁さんと待ち合わせして、聴覚神経を鋭敏にするのに必要十分なアルコールで喉を潤します(笑)

この日のプログラムは下記の通り。

ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲
ドビュッシー:バレエ音楽「遊戯」
ラヴェル:ラ・ヴァルス
ストラヴィンスキー:バレエ音楽「春の祭典」

もちろん目玉は春の祭典ですが、前半のドビュッシー、ラヴェルも魅力的なプログラム。席はステージ右手真横の2階席で、オケを上から見下ろす席。2階のビュッフェで一杯やって席に着くと、すでに約半数の奏者がステージ上で和やかに音出ししています。そのまま人数が増え、特に入場という感じなくオケが勢ぞろい。そして定刻になって場内の照明が落ちると、木管から順にチューニング。通常は管と弦に分けるぐらいはよくありますが、パートごとに念入りにチューニングするのがこのオケの作法なのでしょう。

ほどなくしてスーツ姿のロトが颯爽と登壇。指揮棒を持たず、振り上げた腕ですっと合図をすると、なんとも言えない浮遊感のあるフルートが1曲目の牧神の午後のメロディーを奏で始めます。予想通り、牧神の午後は濃密な芳香を放つロト独特の丁寧なフレージングで、まさに漂うようなしなやかな音楽が流れます。 流麗というより各楽器の音色の色彩感を活かして響き合うようなオーケストレーション。この曲は好きで色々な演奏を聴きましたが、これまでのどの演奏とも異なる響き。すでに観客はロトの繰り出す新鮮な響きに酔っているよう。大きめのアクションで各パートにかなり細かく指示を出すのがロト流なのでしょう、そのアクションに鋭敏に反応するオケの鮮やかさも相俟って至福の境地へ。冒頭からロトの魔術にかかりました。
続く遊戯は、予備校時代に代々木のジュピターレコードで買ったハイティンクのLPが馴染みの曲。落ち着いたテンポでオケをしっかりと鳴らすハイティンクの演奏とはまるで別の曲。ロトはテンポをかなり自在に動かし、それぞれ特徴的な木管、金管の古楽器の音色の絶妙な色合いと喧騒感を見事にまとめ上げ、まさに音楽と戯れるよう。ロトは指揮台の上で踊り出さんばかりに大きなアクションでオケを巧みに制御。耳をつんざくような鮮烈な金管の音色ともなうオケの爆発と静寂を繰り返しながらの見事な演奏。オケもだいぶあったまってきてパワー炸裂の演奏でした。
すごかったのが前半最後のラ・ヴァルス。基本的な演奏スタンスは遊戯の延長なんですが、パワーはさらに増して、オケが火の玉のように赤熱。途中、これがラヴェルの曲かと思うような超高速テンポになり、ロトは3倍速で阿波踊りを踊っているような指揮ぶり。オケの方もそれに合わせて、波動砲をマシンガンのように打ちまくるような大爆発。大規模オケのコンサートでは風圧を感じるほどの大音量は珍しくありませんが、この超高速回転する火の玉の塊のようなエネルギーは初めて。会場のお客さん全員がロトのオーラとオケのエネルギーに吹き飛ばされんばかり。いやいや凄いとは聞いていましたが、このラ・ヴァルスには参りました。ロトも力を出し切ったのか100mレース後のウサイン・ボルトさながらの表情。もちろんお客さんは嵐のような拍手でロトとオケをたたえてました。

前半ですでにノックアウト気味で迎える本命のハルサイ。休憩後も入念なチューニングを経て、ロトが登場。今回の版はストラヴィンスキーの自筆初稿から筆者されモントゥーによる初演時の楽譜(遺失)を復元し初演当時の楽器による演奏。プログラムにはこの日の演奏で使用する管楽器、打楽器のリストまで掲載されていましたが、ステージ上の楽器配置がパーカッションは上手側だったため、上手2階席からは残念ながらパーカッション陣の動きは見えませんでした。冒頭のバソン(バスーン)から現代楽器とは異なる響き。あのバソンの演奏はなかなか難しそうですが、精妙に響きを揃えるという方向ではなく、おどろおどろしい原初の響きを作ろうとしているよう。不規則なリズムが乱舞し始めると、オケは休憩前のラ・ヴァルスの時のエネルギーが戻ってきました。なんとなくラ・ヴァルスの高揚の余韻が残っていて、いつあの炸裂がくるかと待ち構えて聴いていましたが、もちろん、春の祭典の独特のリズムは保ち、いきなり高速テンポにはなりません。ただ、徐々に音量を上げ、オケが炸裂するところに来るとテンポを徐々に上げ、不気味な迫力を帯びてきます。下手をすると腰砕けになりそうな気もしますが、そんなことを気にせずグイグイテンポを上げて独特のクライマックスを作り、その高揚感が軸になって音楽が素晴らしい推進力を帯びて来る感じ。もちろん古楽器の鋭利な音色は迫力に大きく貢献していて、つんざくような高音と鋭いパーカッション陣の刻む目も眩むようなリズムの連続でアクロバット要員にしか対応できないような踊りのリズムを刻んで行きます。静寂が続く「賢者」ではじっくりと情景を描き、第1部の終わりの「大地の踊り」はもちろんど迫力。第2部に入ってしばらくのグランカッサ11連発はやはり速めのテンポで度肝を抜き、最後まで絶妙なるセンスでまとめる見事な演奏でした。この春の祭典もこれまで聴いたどの演奏とも異なる素晴らしい演奏でした。

たった1回きりの日本公演ということで、もちろん満席で、その満席の客席からブラヴォーの嵐が降りそそぎました。何度かのカーテンコールのあと、メモを取り出し超フランス語訛りながら日本語で観客に挨拶して、さらに拍手喝采。そしてアンコールではビゼーのアルルの女の第1組曲からアダージェットを演奏。弦楽パートのみの演奏でしたが、3年前の読響の「十字架上のキリストの最後の七つの言葉」の演奏を思い起こさせるデリカシーに富んでいながら陰影の深い素晴らしい演奏。爆風のような演奏の後にこの美しい弦を聴かせるセンスにまたまたノックアウト。いやいや、素晴らしいコンサートでした。

ロトの録音を調べてみるとほとんどがライヴ。このライヴの高揚感、ライヴだけで伝えられるものがあるというのがロトの心情だと悟った次第。商業的には何回ものコンサートを開催できる人でしょうが、このコンサートの尋常ならざる集中力を保つのはロトばかりではなくオケの団員にとってもなかなかしんどいでしょう。貴重なコンサートに立ち会えた満足感に満たされた1日でした。



さて、初台でのコンサートの帰りの定番は参宮橋のいつものお店です。コンサート後でもラストオーダー前に色々たのんで、のんびり食事ができるのでお気に入り。

LIFEson

IMG_2148.jpg

いつも珍しいワインが置いてあります。この日はロゼなどをセレクト。

IMG_2149_20180616082739f5a.jpg

白身魚(なんだったかしら?)のマリネ。大量のパクチーで具が見えません(笑)

IMG_2150_20180616082745001.jpg

夏野菜のサラダ。

IMG_2151_20180616082741b23.jpg

ワインを追加。珍しく小布施ワイナリーの赤があったので注文。白はシュナンブラン。

IMG_2153.jpg

たっぷりカラスミが乗ったカラスミのパスタ。バター風味。

IMG_2154_20180616082748be4.jpg

グアンチャーレ(豚の頬肉の塩漬け)のパスタ。こちらもバター風味。終演後、極上のコンサートの余韻を楽しみながらワインと美味しい料理をいただいてお腹いっぱい。いい1日でした。

(参考アルバム)




にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ドビュッシー ラヴェル ストラヴィンスキー

カンブルラン/読響の牧神の午後、ペトルーシュカ

父の葬儀以来、しばらく実家の手伝い等で音楽生活から遠ざかっていましたが、今日は以前からとってあったチケットがあったのでサントリーホールに出かけてみました。

読売日本交響楽団:第514回定期演奏会

プログラムは『ドビュッシー生誕150年』という企画で下記のとおり。

ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲
ドビュッシー:バレエ音楽「おもちゃ箱」
ストラヴィンスキー:バレエ音楽「ペトルーシュカ」 (1947年版)

今日のお目当ては何といっても「ペトルーシュカ」。ペトルーシュカは実は父がよく聴いていた思い出深い曲。ブーレーズの旧盤、コリン・ディヴィス/コンセルトヘボウ、アバド/ロンドン響などLPでよく聴いていました。私も生でペトルーシュカを聴くのははじめてのこと。チケットを取った時にはまさか父が亡くなるとは思ってもいませんでしたので、今日のペトルーシュカはよい思い出になりました。

カンブルランの振る読響はいろいろ聴いていますが、「春の祭典」、「火の鳥」も最近聴いていますので、ストラヴィンスキーの3大バレエはこれで全曲制覇となります。以前のコンサートレポートはこちら。

2010/11/22 : コンサートレポート : カンブルラン/読売日響の朝、昼、晩(+火の鳥)
2010/07/14 : コンサートレポート : カンブルランのデュティユー
2010/05/01 : コンサートレポート : カンブルランのハルサイ爆演

カンブルランの現代物は色彩感とダイナミクスとフランスのエスプリに、読響の熱演が相俟って、かなりレベルの高い演奏です。デュティユーも良かったですね。普段ハイドンばかりレビューしてますが、現代ものも嫌いではありません。

IMG_2899.jpg

今日は会社を休んで父の葬儀後の手続きや、世話になった病院への挨拶、実家の片付け等をすませて、夕刻いざサントリーホールへ。東京は最近にしては少し肌寒い気候でしたが、少しづつ日が長くなり、18時を回っても薄暗くなってきた程度。サントリーホールの前でしばしのんびりします。

IMG_2905.jpg

少しづつネオンがめだつようになりはじめたアークヒルズ。

IMG_2906.jpg

開場直後には中に入り、いつものように開演までのざわめきを楽しみます。今日はワインの赤、白。

IMG_2910.jpg

席は好きな2階のライトスタンドに当たる場所。指揮者やオケの奏者がよく見え、また1階正面よりも音が良く聞こえるような気がします。今日は満員ではなく、8割の入りでしょうか。

1曲目の牧神の午後は、流石フランス人指揮者のフランスもの。ゆったりとしたテンポで、色気を感じさせながら緻密な静けさを感じる素晴らしい演奏。コンサートで迫力ではなくゆったりとした緻密さで聴かせるのはなかなかのもの。とりわけフルートのソロの豊かな響きが印象に残りました。

2曲目はドビュッシーのバレエ音楽「おもちゃ箱」という曲。解説によるとピアノ曲として1912年に完成したものの、第一次世界大戦の勃発によりドビュッシーによるオーケストレーションは最初のみで終わり、没後に友人が完成させた曲とのこと。おもちゃ箱の中で起こった人形の話。はじめて聴く曲でしたが、こちらも静寂のなかで音とフレーズが千変万化する、ドビュッシー独特の美学を感じる曲。意外と長い曲でした。この曲も1曲目同様静寂の表現が秀逸。オーケストラの安定感は素晴らしく、ソロも各楽器の音色の美しさを十分表現できており、聴き応えがありました。

休憩を挟んでお目当てのペトルーシュカ。ペトルーシュカはドビュッシーが生前こよなく愛した曲とのことです。休憩中にピアノが中央に移り、ステージを埋め尽くすように席が詰まります。

カンブルランのストラヴィンスキーは以前聴いた春の祭典、火の鳥が非常に良かったので、ペトルーシュカも悪かろうはずはありません。慣れ親しんだブーレーズの前衛的な無表情さとは異なり、オーケストラの色彩感を意識した多彩な響き。生だからこそ聴こえる圧倒的なダイナミクスと響きの情報量。ストラヴィンスキーの革新性を前衛という側面よりも、多彩なオーケストレーションの傑作として表現したというところでしょう。突き抜ける金管の響き、楔を打つように引き締まったティンパニなど打楽器陣、響きの美しさで抜群の存在感だった木管楽器と、オーケストラは完璧な仕上がり。フランスのオケのような色彩感が表現できていました。響きとリズムの革新性も十分表現できていて、途中はっとするようなテンポの変化があったり、カンブルランも万全のコントロールでした。静かに終わる最後は、響きの余韻を楽しんだ後万来の拍手。カンブルランもオケも出来に満足していたようでした。

久しぶりにコンサートを聴いて何となく気がはれました。父の好きな曲だっただけに、できれば生で聴かせてあげたかったですね。熱演の余韻と父の思い出を楽しめるいいコンサートでした。



帰りは軽く食事をする時の定番。アークヒルズ内のカレー屋さんへ。

食べログ:フィッシュ

食べ慣れるとちょっと癖になる独特のおいしさ。

IMG_2911.jpg

今日はビンのモルツから。スープはセルフサービスのトムヤムクン。

IMG_2912.jpg

マヨネーズサラダ。結構なヴォリューム。

IMG_2913.jpg

今日はオススメのポークカレー。スパイシーなルーに豚肉の甘みがでて、なかなかの味。これはいいアイデア。

IMG_2915.jpg

そして、こちらは新メニューのハヤシライス。こちらもこの店らしいすこしスパイシーな感じもありますが、穏やかな味で悪くありません。

コンサートのあと、さくっと食事ができる良いお店です。

私はしばらく実家泊まりだったので今日は久しぶりに自宅に戻って休みます。今週はすこしレビューをアップしたいと思いますのでよろしくお願いします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : サントリーホール ドビュッシー ストラヴィンスキー

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6バッハすみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:46サントリーホールブーレーズラヴェル弦楽四重奏曲Op.74弦楽四重奏曲Op.71変わらぬまことモーツァルトアルミーダチマローザ騎士オルランド無人島哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:3ピアノ協奏曲XVIII:1ピアノ協奏曲XVIII:11ピアノ協奏曲XVIII:4弦楽四重奏曲Op.20交響曲3番古楽器ラメンタチオーネ交響曲79番アレルヤチェロ協奏曲1番驚愕オックスフォード交響曲88番交響曲58番交響曲19番交響曲27番アンダンテと変奏曲XVII:6ベートーヴェンショスタコーヴィチ紀尾井ホールドビュッシーストラヴィンスキーピアノ三重奏曲ミューザ川崎オーボエ協奏曲協奏交響曲LP日の出ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:48ブルックナーマーラーヒストリカル十字架上のキリストの最後の七つの言葉交響曲97番告別交響曲90番交響曲99番奇跡交響曲18番ひばり弦楽四重奏曲Op.64フルート三重奏曲悲しみ交響曲102番交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者小オルガンミサニコライミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲93番交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23王妃ピアノソナタXVI:52ライヴ録音SACD武満徹チェロ協奏曲交響曲81番交響曲80番交響曲全集マリア・テレジア交響曲21番豚の去勢にゃ8人がかりクラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲12番交響曲10番交響曲9番交響曲11番太鼓連打ロンドン交響曲2番交響曲15番交響曲4番交響曲1番交響曲37番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:1天地創造ディヴェルティメント東京芸術劇場リヒャルト・シュトラウス交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:7ロッシーニドニぜッティライヒャ弦楽三重奏曲皇帝シェーンベルク東京文化会館ホルン協奏曲フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:31バードタリスアレグリモンテヴェルディパレストリーナピアノソナタXVI:6美人奏者四季迂闊者交響曲70番アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ヴェルナーガスマンシューベルト交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲35番交響曲46番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス時の移ろい交響曲42番ベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオモテットカノンドイツ国歌オフェトリウム弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難交響曲84番パリセットベルク主題と6つの変奏オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:47bis音楽時計曲ピアノソナタXVI:11ピアノ小品カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47第九読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルンライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲62番交響曲107番交響曲108番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
144位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
10位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ