ラインハルト・カムラーによるニコライミサ、小オルガンミサ(ハイドン)

たまにはCDを(笑)

KammlerMass.jpg
TOWER RECORDS / amazon / HMV&BOOKS onlineicon(いずれも別装丁10枚組)

ラインハルト・カムラー(Reinhard Kammler)指揮のアウグスブルク大聖堂聖歌隊(Soliesten und Kammerchor der Augsburger Domsingknaben), ミュンヘン・レジデンツ室内管弦楽団(Residenz-kammer-orchester München)の演奏で、ハイドンのニコライ・ミサ、小オルガン・ミサ、ミサ・ブレヴィスの3曲を収めたCD。収録は1985年、アウグスブルク西方のヴィオラウ(Violau)にある聖ミカエル巡礼教会(Wallfahrtskirche St. Michael)でのセッション録音。レーベルはEMIマークがついたdeutsche harmonia mundi。

このアルバムは最近オークションで仕入れたもの。ラインハルト・カムラーは手元に大オルガンミサを収めたdeutsche harmonia mundiの1978年録音のCDがありますが、これは少年合唱がかなり荒くちょっと楽しめませんでした。ということで、それから7年後に録音されたこちらのアルバムは、大オルガンミサの少し後に作曲された2曲と初期のミサ曲を収めたもので、コレクションを埋める目的で入手しましたが、これがなんと前アルバムとうって変わって素晴らしい演奏でびっくり! 指揮者の7年の熟成かはたまたプロデュサーの手腕かはわかりませんが、こういうこともあるものですね。

いつものようにラインハルト・カムラーについて調べてみました。1954年、ドイツのアウグスブルク生まれの合唱指揮者。地元アウグスブルクのレオポルド・モーツァルト音楽院、ミュンヘン音楽大学で学び、在学時にこのアルバムでコーラスを担当する少年合唱のアウグスブルク大聖堂聖歌隊を設立し、1982年ケルンで開かれたドイツ合唱コンクールで優勝しました。その後アウグスブルク大聖堂のオルガニストを経て、1995年に同音楽監督に就任。以後毎年クリスマスにはバッハのクリスマス・オラトリオ、イースターにはヨハネ受難曲やマタイ受難曲などを演奏するようになり、2003年からはカムラーとアウグスブルク大聖堂聖歌隊による「バッハインロココ(Bach in Rokoko)」という音楽祭を開催し、これは現在まで続いています。

ということでアウグスブルクで長らく活動を続けている合唱指揮者ラインハルト・カムラーによるハイドンのミサ曲ですが、天地創造も有名指揮者の演奏以上に合唱指揮者による渾身の演奏をいくつも聴いてきましたので、ちょっと納得の出来です。

Hob.XXII:6 "Missa Sancti Nicolai" "Nicolaimesse" 「ニコライミサ」 [G] (1772)
作曲年は1772年とハイドンマニアの方ならピンとくる年。そう、シュトルムウントドラング期のクライマックスの年で、告別交響曲や太陽四重奏曲が書かれた年に書かれたミサ曲。曲はこの創作期に漂う仄暗さとは無縁なほのぼのとした明るさを感じさせるもの。キリエの冒頭から深みのあるしなやかな響きが心地よい演奏。教会での録音らしく残響は多めながら鮮明さを失わない見事な録音。ソプラノからバスまでの歌手の配役を含めて少年合唱のようです。透き通るようなソロとコーラスは非常にレベルが高く大オルガンミサの録音は全く異なり安心して身を委ねられます。全体のコントロールは合唱指揮者らしく奇をてらったところがなく非常に誠実なもの。しかもソロとコーラス、オケが見事なバランスで調和しており、キリエからグロリア、クレド、サンクトゥス、ベネディクトゥスと大河の流れのような一貫した音楽で一気に聴かせ、最後のアニュス・デイの静謐な響きに神々しさが宿ります。最後に冒頭のキリエのメロディが流れると暖かい空気に一変。この曲のキーになる美しいメロディで最初と最後が美しく飾られるわけです。いつもながらハイドンの見事な構成力に唸ります。

Hob.XXII:7 "Missa brevis Sancti Joannis de Deo" "Klein Orgelmesse" 「小オルガンミサ」 [B flat] (c.1775)
ニコライミサとは異なる曲想ながら前曲以上に癒し成分に満ちた入りからグッときます。あくまでもコーラスが主体となる入りがこの演奏のポイントでしょう。華やぐキリエから、リズムを刻むグローリアと進み、クレドでしっとりと沈み込む展開の妙。終始一貫したカムラーのコントロールによって、この小ミサ曲のピュアな魅力が際立ちます。コーラスの響き純度の高さは少年合唱ならでは。サンクトゥスはフーガ的な幽玄な広がりを感じさせ、続くベネディクトゥスではオルガンの伴奏に乗ったボーイソプラノの魅力に圧倒されます。そして最後のアニュス・デイで前曲同様、険しさも感じさせる静謐な響きに至り、祈りの音楽たるミサ曲の核心に迫る見事な集中を見せます。透明な響きの彼方へワープしそうです。

Hob.XXII:1 Missa brevis [F] (1757)
最後の曲はぐっと作曲年代が遡ったハイドンの創作初期の音楽。曲のつくりはぐっと単純になりますが、メロディーラインの美しさはハイドンならでは。構成よりもメロディー自体で聴かせる音楽。カムラーのコントロールは前曲までと同様、非常に丹念なコントロール。曲の展開は前2曲とはかなり異なるので驚きに満ちた発見が多々あります。オケも落ち着いてハイドンの初期の名曲を丹念に描き、ソプラノとメゾソプラノ役の少年による掛け合いをゆったりと支えます。この初期の曲も見事に料理して、アルバム全体を通して敬虔な祈りを感じるピュアな演奏でした。

アウグスブルクの地元で一貫して活躍するラインハルト・カムラーと主兵のアウグスブルク大聖堂聖歌隊らによるハイドンの初期のミサ曲集ですが、この3曲については他の演奏を必要としないほどに一貫して誠実な演奏が心に残りました。オケのコントロールも、有名指揮者ならば聴かせどころを作るのでしょうが、これらの曲にはカムラーの誠実な演奏の方が映えるとの確信を持てる素晴らしい説得力に満ちた演奏です。評価はもちろん3曲とも[+++++]とします。

ちなみに上の写真につけたリンク先のアルバムはdeutsche harmonia mundiによるJ. Haydn Edition<完全生産限定盤>ということで、このアルバムを含む10枚組のCDで、内容も素晴らしい演奏ばかり集めたもので、しかも値段もCD1枚分くらいの廉価なものなので、いま手に入れるのはこのアルバムがいいと思います。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 小オルガンミサ ニコライミサ ミサブレヴィス

【年末企画】サイモン・プレストンのニコライミサとロラーテミサ

今日はクリスマス・イヴ。皆さんどんなイヴを過ごされていることでしょうか。今日の記事は、当ブログにとってはなんと記事300件目の記念すべき節目にあたります。これまでの皆様のご支援に感謝いたします。

今日はいろいろ考えたのですが、素直に昨日のレビューの続きを書くことにします。というのもサイモン・プレストンのミサ曲集があまりに素晴しく、また今日取り上げるニコライミサは穏やかで幸せな気分に包まれるミサ曲ということで、クリスマス気分にぴったり。流石に今日は仕事を早めに切り上げて、8時過ぎには帰宅。いつものプレミアムモルツを飲みながら執筆です。はあ、旨い。

PrestonGOM.jpg

ニコライミサは1772年、シュトルム・ウント・ドラングの最盛期の作品。ハイドンがエステルハージ家の楽長に就任して3作目のミサ曲でもあり、同じ年に告別交響曲や弦楽四重奏曲Op.20などハイドンの短調による傑作が多く生み出された年の作品。それらの作品群と好対照をなすような楽天的で明るい曲。
冒頭のキリエの拍子が四分の六拍子と珍しい拍子となっていることから、ドイツやオーストリアでは「四分の六拍子ミサ」というニックネームで呼ばれているそうです。

ソロ陣は前曲の大オルガンミサとは一部代わっています。ソプラノは変わらずユディス・ネルソン、コントラアルトはシェルリー・ミンティ、テノールはロジャース・コヴェイ・クランプ、バスは変わらずデヴィッド・トーマス。あいかわらずプレストンの歌手を含めたコントロールが見事なので、歌手はボロが出る隙もありません。

最初はキリエ。暖かい低音弦の響きから美しいコーラスが入り、四分の六拍子という不思議な拍子によるリズム感が独特の雰囲気を醸し出します。

グロリアは鮮烈なコーラスの響きにつづきソプラノの美しいソロが情感溢れる歌唱。コーラスが大活躍の曲から、ソプラノソロのすすり泣くようなメロディーを経て、コーラスとオケに包まれる不安な展開。最後は渾身のアーメン。

続くクレドの導入は激しい曲調のコーラスを主体とした感興。それからテノールのソロによる静謐な時間。バス、コントラアルト,ソプラノが次々に重なり、じっくりミサの神髄を歌い上げていく展開。ふたたび激しいコーラスとオケの競演。

サンクトゥスは、たどたどしい弦楽器の音階に乗った幸福感溢れるコーラスのメロディーの繰り返しによって祈りの高揚がもたらされます。後半はコーラス主導の力感漲る展開。

ベネディクトスはハイドンらしい素朴で美しすぎる回想的なメロディーではじまり、ソプラノをはじめとしたとろけるようなソロのアンサンブルが恍惚のメロディーを歌います。落ち着いた展開に酔ってしまいそう。終始ゆったりしたテンポで進めますが、最後にコーラスが盛り上がります。

最後のアニュス・デイは真摯なコーラスのメロディーが突き抜けるように心に刺さる展開。最後に冒頭のキリエの四分の六拍子のメロディーが再び登場してこのミサ曲の終わりを告げるように名残惜しげに曲が進みます。最後は大きく溜をつくって素晴しいクライマックス。

ニコライミサもプレストンの誠実な指揮の魅力が発揮された名演。もちろん[+++++]。今日はこれで終わる訳には参りません。

このアルバムの末尾には、シュトルム・ウント・ドラング期の遥か以前、ハイドンが最初に作曲されたものとされる、ロラーテミサが収められてます。全体で7分少々の曲ですが、ハイドンの宗教曲の原点を知る貴重な曲。作曲はハイドンが16歳でウィーンのシュテファン大聖堂の少年合唱隊員を務めていた頃の作品。作品を聴く限り合唱の素晴しい実体感は後年のミサに勝るとも劣らない素晴しい出来。若書きなどというにはおこがましい素晴しい出来というレベルの作品でしょう。こちらは評価というより驚きの曲というレベルでしょう。最後は静寂の中にアーメンが沈んで終わる素晴しい構成。

こちらも[+++++]とせざるを得ませんね。

IMG_1074.jpg

ビールにつづいてワインをいただいていい気分。ワインはイタリアンの白。いつも伊勢丹に来るモンテ物産のおばちゃんにずいぶん前に薦められて買ったものがワインセラーに寝てました。穏やかな飲み口と思いきや最後にキリッとくる酸味が個性的なもの。料理はいつも通りですので割愛(笑)

IMG_1081.jpg

今日はクリスマスなのでケーキ。なんで蝋燭が立っているのかはわかりません。

皆様メリークリスマス! 

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ニコライミサ 古楽器 おすすめ盤

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

アンダンテと変奏曲XVII:6ショスタコーヴィチベートーヴェン紀尾井ホールドビュッシーラヴェルストラヴィンスキーピアノ三重奏曲ミューザ川崎協奏交響曲LPオーボエ協奏曲日の出ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:38サントリーホールスタバト・マーテルピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:39ブルックナーマーラーヒストリカル十字架上のキリストの最後の七つの言葉告別交響曲90番交響曲97番奇跡アレルヤ交響曲99番交響曲18番弦楽四重奏曲Op.64ひばりフルート三重奏曲悲しみ交響曲102番ラメンタチオーネモーツァルト交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者驚愕小オルガンミサニコライミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23王妃ピアノソナタXVI:52ライヴ録音SACD武満徹チェロ協奏曲交響曲19番古楽器交響曲全集交響曲81番交響曲80番マリア・テレジア交響曲21番豚の去勢にゃ8人がかりクラヴィコード騎士オルランド無人島Blu-rayチェロ協奏曲1番東京オペラシティ交響曲10番交響曲9番交響曲12番交響曲11番ロンドン太鼓連打交響曲4番交響曲2番交響曲15番交響曲1番交響曲37番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:36ライヒャドニぜッティロッシーニピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3シェーンベルク東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ピアノソナタXVI:31ピアノソナタXVI:26ファンタジアXVII:4タリスモンテヴェルディパレストリーナバードアレグリすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6美人奏者四季交響曲70番迂闊者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:4バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーシューベルト交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲46番交響曲35番交響曲51番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌハイドンのセレナード弦楽四重奏曲Op.76ピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲リュートピアノソナタXVI:10ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6ピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲79番ロンドン・トリオ交響曲88番オックスフォードモテットドイツ国歌オフェトリウムカノン弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難交響曲84番パリセットブーレーズベルク主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11音楽時計曲ピアノ小品カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47第九読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲107番変わらぬまこと交響曲108番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲3番スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
12位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ