ステファニア・ヴォイトヴィチの挿入アリア(ハイドン)

良いアルバムが続いて手に入るときは、運気が上昇しているとき(笑)

IMG_3370.jpg

ステファニア・ヴォイトヴィチ(Stefania Woytowicz)のソプラノによるオペラアリア集のLP。この中の冒頭にハイドンの作曲による、ジョヴァンニ・パイジェッロ(Giovanni Paisiello)の歌劇「フラスカーティの女」(La frascatana)への挿入アリア「薄幸な花嫁」(D'una sposa meschinella)が収録されています。伴奏はクルト・マズア(Kurt Masur)指揮のベルリン室内管弦楽団(Kammerorchester Berlin)。その他にモーツァルト、ラヴェルの曲が収録されています。リリースは1970年、レーベルは旧東独ETERNA。

上品なボタニカルアートをあしらったデザインのジャケットにピンときて手に入れたアルバム。歌手のステファニア・ヴォイトヴィチは初めて聴く人。ジャケット裏に小さく添えられた写真を貼っておきましょう。

IMG_3375.jpg

ステファニア・ヴォイトヴィチはポーランドのソプラノ。Wikipediaによると1922年現ウクライナのカームヤネツィ=ポジーリシクィイに生まれ、ポーランドのクラクフの音楽学校で学び、1950年ポズナンのバッハコンクール、1951年ライプツィヒのバッハコンクール、1954年プラハの春音楽コンクールでそれぞれ1位になり、本格的な活動をスタートさせました。レパートリーは独唱、重唱、カンタータ、オラトリオなどが中心でコンサート形式の舞台を得意にしたよう。また、ワルシャワで開催される現代音楽祭「ワルシャワの秋」に度々出演し、シマノフスキ、ペンデレツキ、グレツキらの作品を取り上げたということで、現代音楽も得意としていたよう。discogsでアルバムを検索すると、現代ものも含む200枚近いアルバムがヒットしますので、その道ではご存知の方も多いかもしれませんね。1977年から1992年まで、ワルシャワ音楽協会の会長を務めたということで、ポーランドを代表する音楽家ということでしょう。亡くなったのは2005年ということです。

このアルバムで取り上げられているのはハイドンが他の作曲家のオペラに追加したアリア。ハイドンはエステルハーザ宮の楽長としてオペラ劇場で多数のオペラを上演ましたが、他の作曲家のオペラの上演に際して、公爵家の歌手に適したアリアを追加することもあり、それらの楽譜が残されていたため、ホーボーケンのカタログにも多くの曲がリストアップされているということです。他の作曲家の作品でもそれをより良くして聴かせようというハイドンのサービス精神がよくわかりますね。

IMG_3372.jpg

Hob.XXIVb:2 Aria di Donna Stella "D'una sposa meschinella" for Giovanni Paisiello's "La frascatana", Act 1 Scene 6 「薄幸な花嫁」パイジェッロの歌劇「フラスカーティの女」への挿入曲 [C] (1777)
針を落とした途端、オーボエの実に雰囲気のあるメロディーがオペラの場面を彷彿とさせる見事な入り。広々とした劇場の中で聴くような素晴らしい響きにうっとり。そしてヴォイトヴィチの第1声が入ると、えも言われぬような絶美のソプラノにいきなりノックアウトされます。なんという艶やかさ、そして音程が上がるところはまさに奇跡のような滑らかさ。高音の安定感も神がかってます。ゆったりと鳴り響くオーケストラに乗ってヴォイトヴィチが転がるような美声を次々と繰り出してきます。この伴奏、指揮はクルト・マズアですが、これほどまでに表情豊かなマズアの指揮を聴いたことがありません。

この曲は手元に、ヌリア・リアル、アンナ・ボニタティバス、エディト・マティス盤があり、どれも素晴らしい歌唱ですが、オペラの場面を彷彿とさせる感じはこのヴォイトヴィチ盤が1番。溺愛するヌリア・リアル盤は古楽器オケのキビキビとした伴奏に乗ったコケティッシュなリアルの歌唱が魅力的、ボニタティバス盤は同じ古楽器オケながらオーソドックスで歌唱も艶やかで堂々としたもの。そしてエディト・マティス盤はもちろんマティスの豊かな声量と高音域の輝かしさが聴きどころ。正直どれも素晴らしい歌唱で甲乙つけがたいんですが、このヴォイトヴィチ盤は謎めくようなソワソワ感に満ち溢れていて、まさに情景が目に浮かぶようなリアリティがあるといえばわかりますでしょうか。

ふと出会ったアルバムですが、書いたように素晴らしい音楽が溝に刻まれていました。針を落として流れ出すこの音楽の気配というか、雰囲気はCDではなぜか出ないんですね。これだからLP収集はやめられません。黄ばんでいても30cm角のジャケットにはモノとして存在感があり、ちょっと古びたLPをクリーニングして、針を落としてみるて最初の音が出る瞬間のワクワク感はデジタル時代には失われてしまったもの。それゆえ、LP時代の終焉から30年以上経った現在、それに気づいた人々がLPに再び目を向け始めたわけです。たった5分ちょっとのハイドンの曲1曲が収められたLPですが、このアルバムも我が倉庫の宝物に加わりました。評価は[+++++]とします。



にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : パイジェッロ アリア集

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

チェロ協奏曲ライヴピアノ協奏曲XVIII:11弦楽四重奏曲Op.2モーツァルト序曲軍隊バッハヴィヴァルディオペラ序曲ベートーヴェンアリア集パイジェッロ弦楽四重奏曲Op.76皇帝ヒストリカル日の出ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:34ピアノソナタXVI:20ラヴェルブーレーズサントリーホール弦楽四重奏曲Op.74弦楽四重奏曲Op.71無人島アルミーダチマローザ騎士オルランド変わらぬまこと哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:3ピアノ協奏曲XVIII:1ピアノ協奏曲XVIII:4弦楽四重奏曲Op.20交響曲79番交響曲3番アレルヤラメンタチオーネ古楽器驚愕交響曲88番チェロ協奏曲1番オックスフォード交響曲19番交響曲27番交響曲58番アンダンテと変奏曲XVII:6紀尾井ホールショスタコーヴィチストラヴィンスキードビュッシーピアノ三重奏曲ミューザ川崎オーボエ協奏曲協奏交響曲LPヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:39マーラーブルックナー十字架上のキリストの最後の七つの言葉交響曲90番交響曲97番告別交響曲18番奇跡交響曲99番弦楽四重奏曲Op.64ひばりフルート三重奏曲悲しみ交響曲102番交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者小オルガンミサニコライミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲93番交響曲78番時計ピアノソナタXVI:23王妃ピアノソナタXVI:52ライヴ録音SACD武満徹交響曲81番交響曲全集交響曲80番交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかりBlu-ray東京オペラシティ交響曲9番交響曲10番交響曲11番交響曲12番ロンドン太鼓連打交響曲4番交響曲15番交響曲2番交響曲1番交響曲37番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:3天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:35ロッシーニドニぜッティライヒャ弦楽三重奏曲シェーンベルク東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:31ピアノソナタXVI:26モンテヴェルディタリスパレストリーナバードアレグリピアノソナタXVI:6美人奏者四季迂闊者交響曲70番アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ヴェルナーガスマンシューベルト交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲51番交響曲46番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス時の移ろい交響曲42番ベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオカノンオフェトリウムモテットドイツ国歌弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難交響曲84番パリセットベルク主題と6つの変奏オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:11ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bis音楽時計曲カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47第九読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭変奏曲XVII:7ピアノソナタXVI:22天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲107番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
135位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
11位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ