ギュンター・ヴィッヒ(ウィッチ)/南ドイツ室内フィルのパリセット(ハイドン)

本日は七夕。出会いはあるものです(笑)

GuntherWich82.jpg

ギュンター・ウィッチ(Günther Wich)指揮の南ドイツ室内フィルハーモニー(Süddeutsche Kammerphilharmonie)によるハイドンの交響曲82番「熊」、83番「雌鶏」、84番のパリセット前半3曲を収めたアルバム。収録はPマークが1974年と記載があるのみでわかりません。レーベルはなんだかよくわからない廉価盤を多数リリースするINTERCORD。

このアルバム、ちょっと前に新宿ディスクユニオンの店頭で見かけて、所有盤にないということで何気なしに手に入れたもの。さも廉価盤然とした造りが気になるところですが、パリセットについてはヒュー・ウルフやリボール・ペシェクなどの古くからリリースされている廉価盤にもいい演奏が多いという体験的知識から、躊躇せずに入手したもの。結果的にこの判断は正しかったです。1曲目の熊から聴き始めましたが、録音年代なりのそこそこキレのいい演奏という感じでした。ただし、聴き進めていくにつれ、演奏の熱気とキレが徐々に増してくるではありませんか。2曲目の雌鶏、そして3曲目の84番はなかなかの名演です!

さて、いつものように指揮のギュンター・ウィッチについて調べてみますが、カペラ・コロニエンシスを振ったアルバムなどが何枚かひっかかるほか、あまり中身のある情報に出会えません。リリースされたアルバムの数は少ないわけではありませんので、そこそこの実力者とみていいと思いますが、具体的な情報はわからずじまい。ということで、演奏を虚心坦懐に聴くことにいたします。

Hob.I:82 Symphony No.82 "L'Ours" 「熊」 [C] (1786)
録音は年代なりで、若干古めかしい印象はあるものの鮮明な範疇に入るでしょう。くっきり鮮明ながら泰然としたオケの入り。オーソドックスとはこの演奏のことでしょう。適度な力感、十分なメリハリ、バランス感覚のある進行となかなかの演奏。せせこましくもなく、何回か聴くうちにオーソドックスな演奏の魅力に引き込まれます。覇気あふれる1楽章、穏やかながら規律を感じさせるアンダンテ、ゆったりとオケを鳴らして進むメヌエット、そして熊のニックネームとなったフィナーレの適度にユーモラスな展開。このバランス感覚は見事ですね。普通どこか響きやリズムにこだわりがあって個性を出したくなるものですが、曲にもともと備わる面白さを表現することのみに徹するある意味達観したコントロール。

Hob.I:83 Symphony No.83 "La Poule" 「雌鶏」 [C] (1785)
基本的に熊同様、オーソドックスな演奏ですが、この曲の1楽章の弦楽器によるメロディーの切れ込みが素晴らしく、かなりの迫力。この曲も演奏によっては灰汁の強い演奏となりがちですが、ウィッチのバランス感覚があって、平常を保ちながら曲の面白さを引き立てる構成が成り立っている感じ。1楽章から一歩踏み込んだ印象。そして美しいアンダンテに入るとテンポは落とさないのに妙にリラックスした気分にさせるしっとりとした演奏。オケの反応も俊敏で、オーソドックスながら緊張感のある素晴らしい流れになっています。よく聴くと弦楽セクションのメロディーが研ぎ澄まされて見事な立体感。小気味好いテンポの中でのこの立体感、絶品です。つづくメヌエットは対比を明確にするためか、リズムをすこし鈍らせ、ゆったりとした表情でメロディーの美しさをに光を当てているよう。さりげないのに実に表情豊か。フィナーレはメヌエットを受けてか、すこしゆったりとした入りから、徐々にオケが力を帯びて、特に弦楽器のキレを印象付けてコントラストつけます。曲は最後まで落ち着きを保って、この曲でもバランス感覚の見事さを見せつけます。

Hob.I:84 Symphony No.84 [E flat] (1786)
このアルバムの白眉。バランスの良い序奏から弦楽器がくっきりとキレよくメロディーを刻んでいき、冒頭からグイグイ引き込まれます。ウィッチは完全にこの曲を読み解いて自身の音楽にしています。この1楽章は見事。これほど音楽がいきいきと躍動しながら、しかもまとまりよく秩序を感じさせるとは。音楽に合わせて自然に体が動いてしまうほど。見事すぎます。ハイドンの仕組んだ翳りと躍動の対比に圧倒されます。そして癒し満点のアンダンテ。やさしい音楽が心に沁みます。中間部の展開を挟んで再び癒しに包まれるところの装飾音のなんというさりげなさ! ウィッチのコントロールの見事さに完全にやられてます。8分以上ある長い楽章ながら聴きごたえ十分。この曲のアンダンテがこれほど深い音楽だったとは。まさに至福。メヌエットも余裕ある音楽で適度に折り目正しい演奏からわきあがる自然な詩情がたまりません。そしてフィナーレ。最初のフレーズからテンポを上げるのではなく、ちょっと前楽章の受けのような部分を作って徐々にフィナーレのペースに持ち込む抜群のセンス。曲が進んでいくにつれて音楽が徐々に躍動していく匠の技。このフィナーレをゆったりと運んで聴かせどころを作るという逆転の発想。力もいい具合に抜けているからこそのこの雰囲気でしょう。この曲の楽譜からここまで見えるとは酔眼でしょう。これまた見事でした。

ギュンター・ウィッチという指揮者によるハイドンのパリセット前半3曲を収めたアルバム。なんとなく名演を予感させるオーラを感じたわけですが、予感的中でした。このアルバム、数は結構出回っているのではないかと予想されますが、熊だけ聴いて終わっている人もいるかもしれませんね。このアルバムの聴きどころは上にも書いたように最後の84番です。この84番、これまで聴いたアルバムのなかでも一二を争う素晴らしさ。雌鶏もなかなかの名演。ということで評価は熊が[++++]、ほか2曲は[+++++]とします。

なお、アルバム写真にリンクをつけていないことからもわかるとおり、アルバムとしては流通しておらず、中古を丹念に探すしかないでしょう。ただ、Apple Musicには登録されているので、この演奏の素晴らしさを味わっていただくことは可能です。パリセットについてはこのアルバムと同デザインの85番「王妃」、86番、87番もリリースされているようですので、私もApple Musicで聴いてみようと思います。このアルバムの出来からすると87番なんかもよさそうな予感がしますね!

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : パリセット 交響曲84番 雌鶏

【新着】ロジャー・ノリントン/チューリッヒ室内管のパリ交響曲集(ハイドン)

気になっていたアルバムが到着。

NorringtonParis.jpg
TOWER RECORDS / amazon / HMV ONLINEicon

サー・ロジャー・ノリントン(Sir Roger Norrington)指揮のチューリヒ室内管弦楽団(Zurich Chamber Orchestra)の演奏で、ハイドンのパリ交響曲集を収めた3枚組のアルバム。収録は2013年6月26日、7月9日から10日チューリッヒのZKO-hausでのセッション録音。ZKOはオケの略称で、ホールでもありリハーサルもできる多用途スタジオといったところでしょうか。レーベルはSONY CLASSICAL。

ノリントンは気になる指揮者。最近N響にも客演しているので、日本での知名度も上がってきているでしょう。映像で見るノリントンは作曲者が音符に吹き込んだメッセージとは全く関係なくノンヴィブラートのピュアな響きで音楽を自在に操るのを楽しむような実にユニークな指揮ぶり。このアプローチはハイドンにこそ好適だと思っているのですが、これまでリリースされている交響曲のアルバムは、そのノリントンの自在な魅力が捉えられているかというと、案外そうでもありません。古くはEMIによるザロモンセット後半の6曲、そしてHässler CLASSICによるザロモンセットのライブなどがありますが、いずれもちょっと条件が良くなく、ノリントン節を堪能するというところまでいってません。むしろ良かったのは天地創造と四季。

2014/10/22 : ハイドン–管弦楽曲 : ノリントン/カメラータ・ザルツブルクの十字架上のキリストの最後の七つの言葉(ハイドン)
2010/06/26 : ハイドン–オラトリオ : ノリントンの四季、到着
2010/06/20 : ハイドン–オラトリオ : ノリントンの天地創造
2010/03/18 : ハイドン–交響曲 : ノリントンの新旧交響曲集

そして直近に聴いた「十字架上のキリストの最後の七つの言葉」も良かったですね。ということで今日取り上げるアルバムは最近のノリントンの良さをうまく表せているかどうかがポイントですね。

このアルバム、HMV ONLINEなどではその録音の良さなどに評判が集中してきましたが、これはいい。これまでのノリントンによる交響曲のどの録音よりもノリントンの良さがうまく録られています。じっくり落ち着いた入り。そしてオケが実に良く鳴って、弱音から強音への吹き上がりも見事。そしてノリントンらしい突然レガートになったり、意表をつくアクセントを仕込んだりという変化。最近はファイなどによる斬新な演奏の影響もあり、自在な表現へのアレルギーもあまり感じなくなりつつあります。そして前評判どおり録音は鮮明。ノリントンによる変幻自在な響きを良く捉えてスタジオらしい空間にタイトに満ちる小編成オケの魅力を存分に感じさせるもの。今日到着したばかりですが、すぐに3枚とも聴き終えました。演奏は作曲順で87番から。各曲のポイントをさらっておきましょう。

Hob.I:87 Symphony No.87 [A] (1785)
1曲目からキレ味鋭いオケの魅力に圧倒されます。推進力あふれる曲ですが、意外に冷静にオケをコントロールしていきます。この曲の素晴らしい集中力を聴き名演を確信。2楽章の実に落ち着いた演出、そしてメヌエットもじっくりとした語り口。この落ち着きはかなり確信犯的なもの。そしてこの曲一番の聴きどころであるフィナーレの躍動感、胸のすくようなクレッシェンド。そして時折りレガートをしっかりと効かせる表現上のアクセントが効果的。

Hob.I:85 Symphony No.85 "La Reine" 「王妃」 [B flat] (1785?)
本来しっとりとした入りですが、流石ノリントン、十分に現代的な響きにまとめてきます。聴き進むうちにノリントンの創意に釘付けになります。ちょっと踏み込んだ表現ばかりだと聴き疲れしてしまいますが、このアルバムそうした状況にはならず、曲本来の響きに対するちょっとした表現の工夫というレベルでバランス感覚を保っているのが素晴らしいところ。2楽章はかなり足早やにまとめますが、そのまとめ方が絶妙。このあたりがノリントンの素晴らしいところ。そしてゆったりとしたメヌエットでリズムの面白さを存分に際立たせ、フィナーレでは再び足早に進める魅力を再現。

Hob.I:83 Symphony No.83 "La Poule" 「雌鶏」 [C] (1785)
クセのある曲ですが、もうノリントン節にやられていますので、実に心地良く響きます。聴きなれたメロディーですが実に新鮮に響きます。そして通常癒しに満ちた音楽としてメロディーの自然な美しさで聴かせるアンダンテは、そうした表現を月並みだと言わんばかりの小気味好いさっぱりと表現。そして、メヌエットは逆に自然に響かせ、音楽の起伏を逆転させようとでもしているかのような工夫。フィナーレまで完璧にコントロールされたオケの秩序に惚れ惚れとします。

Hob.I:84 Symphony No.84 [E flat] (1786)
ピュアトーンの純粋な響きが脳にダイレクトに伝わります。ハイドンはこのように響くlことを想像していたのでしょうか? 響きの変化だけでも十分に刺激的。あえてオーソドックスな展開とすることで響きの純粋さが際立ちます。この曲の素晴らしさを再認識した次第。ちょっとデフォルメされたアクセントが心地よく耳に刺さります。2楽章のアンダンテは曲の霊が乗り移っているがごときコントロール。このアルバムの中でも深い洞察に痺れる箇所。そしてメヌエットではオケの残響を楽しむようにオケを鳴らしていきます。フィナーレまで落ち着いた表現を保ちます。この曲のベストと言いたいほどの素晴らしい出来。

Hob.I:86 Symphony No.86 [D] (1786)
一番楽しみにしていた曲ですが、期待以上に素晴らしい演奏。この曲のリズムともに響きの陶酔に至るようなところが、ノリントン流の味付けで絶品に仕上がっています。特にオケの精度と鳴りの良さは出色。オーソドックスな演奏も良いものがたくさんありますが、このノリントン流の変化球も悪くありません。オケを自在に操るノリントンのほくそ笑むようすが見えてくるよう。アバドの奇跡の切れ味鋭いオケの反応を上回るような俊敏なオケに聴き惚れます。あまりに鮮やかな吹き上がりにアドレナリン噴出。いやこれは素晴らしい。そして深く沈むラルゴ。明るさを取り戻すようなメヌエット。フィナーレはオケがキレキレ。いやいや見事の一言。

Hob.I:82 Symphony No.82 "L'Ours" 「熊」 [C] (1786)
最後の熊、1楽章は素晴らしい迫力で入ります。熊に襲い掛かられるような迫力。しかも力で押されるばかりではなく現代風にアーティスティック。続くアレグレットはさっぱりと足早なパターン。それでも曲の本質をえぐるような迫力を帯びているのが流石なところ。そしてメヌエットで再びじっくりとした演出。フィナーレは恐ろしい気配のようなものを感じさせつつ最後はオケの妙技を印象付けて終わります。私はこの演奏を熊のベスト盤に推します。

到着したばかりのアルバムですが、あまりに面白くて一気に3枚を通して聴きました。ノリントンの才気とチューリッヒ室内管の精緻な演奏が融合した素晴らしいハイドン。パリ交響曲集の演奏としてもおすすめできる素晴らしいアルバムです。ようやくノリントンのハイドンの面白さを存分に楽しめるアルバムに出会ったということでしょう。評価は全曲[+++++]を進呈です。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : パリセット 雌鶏 王妃

ヒュー・ウルフ/セント・ポール室内管の86番

かなり久しぶりの交響曲。今日は金正日死去の報道でテレビもネットも大騒ぎですが、ここはじっくりハイドンの名演奏を楽しみましょう。

Wolff86.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS(何れも別パッケージ)

ヒュー・ウルフ(Hugh Wolff)指揮のセント・ポール室内管弦楽団の演奏でハイドンの交響曲83番「雌鶏」、84番、86番の3曲を収めたアルバム。今日の取りあげるのは86番ですが、手元のアルバムはTELDECレーベルのもので、このパッケージの形では見つからず、85番との2曲セットのアルバムは手に入るようです。収録年の表記はなくPマークは1991年、1992年となっています。

このアルバム、手に入れたのは90年代だと思いますが、実はちゃんと聴いてませんでした。先日ラックの掃除がてら好きな86番を聴いて、その引き締まった素晴らしい響きを聴いてビックリしたというのが正直なところ。

ヒュー・ウルフは1953年パリに生まれた、アメリカ人の両親をもつ指揮者。ハーバード大学等で学び、ロンドンやドイツにも住んでいたようですね。1985年から93年までニュー・ジャージー交響楽団の音楽監督、1992年から2000年までこのアルバムの演奏を担当するセント・ポール室内管弦楽団の音楽監督、1997年から2006年までフランクフルト放送交響楽団の首席指揮者を務めています。フランクフルト放送交響楽団は現在hr交響楽団と呼ばれウルフの後を今をときめくパーヴォ・ヤルヴィが務めています。近年はボストンに居をかまえ、ニュー・イングランド音楽院オーケストラの音楽監督を務めているとのこと。本人のオフィシャルサイトがありましたのでリンクを張っておきましょう。

Hugh Wolff(英文)

オケのセント・ポール室内管弦楽団はアメリカ中北部ミネソタ州のミネアポリス近郊のセント・ポールという街のオーケストラ。Wikipediaのアメリカ版を調べたところ、歴代指揮者が凄い。デニス・ラッセル・デイヴィス、ピンカス・ズーカーマン、スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ!、クリストファー・ホグウッドと続き、その後をウルフが担当。アメリカの片田舎のオケにしては豪華すぎる布陣です。その実力が窺い知れようと言うものですね。

Wikipedia:Saint Paul Chamber Orchestra(英文)

Hob.I:86 / Symphony No.86 [D] (1786)
室内管弦楽団ということで、小編成の現代楽器オケによるクッキリ引き締まった素晴らしい序奏の響き。録音もオケの響きの鮮度を伝える素晴らしいもの。主題は畳み掛けるリズムではち切れんばかりの素晴らしい推進力とキレ。キレまくるヴァイオリン、唸るティンパニ、繊細な響きを加えるハープシコードなど交響曲のダイナミクスを見事に表現。またフレーズごとのメリハリも素晴らしいのに柔らかさもあって絶品。ハイドンのパリセットの中でも最も純音楽的な響きをもつ86番の理想的な演奏でしょう。1楽章だけでその素晴らしさに腰を抜かさんばかり。
2楽章のラルゴは流麗と言うよりは間を生かした素朴な演奏。リズム感を基調としたこの曲の真髄をえぐるような解釈でしょう。途中の強音が録音会場をつんざくように響きます。表現の幅が大きいのに一貫した表情をもつため素朴さを保っているよう。心に刺さる起伏の大きさです。
メヌエットは堂々と一貫したテンポでの演奏。オケの演奏精度が高いのでしょう、ごく普通の演奏ですが、クッキリとメロディーが浮かび上がり曲の美しさが際立ちます。木管楽器の美しい響きも絶妙。理想的なメヌエット。
フィナーレは凄腕オケの面目躍如。すべての旋律がコントロールされて快速テンポでのハイドンのフィナーレをこちらもクッキリ表現。アバドの奇跡のフィナーレのキレを思い起こさせる素晴らしい切れ味。交響曲はこうでなくてはいけません。見事!

ヒュー・ウルフとセント・ポール室内管弦楽団の86番は、凛々しさと迫力と音楽の感興をすべて含んだ素晴らしい演奏。この素晴らしさに入手から10年以上経って気づいた次第。この演奏がいまだに現役盤であることは喜ばしい限りです。もちろん評価は[+++++]。このアルバムでは前に置かれた84番も素晴らしい出来。

ヒュー・ウルフはケルン放送交響楽団とのハイドンのパリセット以降の交響曲の録音もあるようで、こちらは未入手。手に入れない訳にはいかなくなりましたね(笑)

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲86番 ハイドン入門者向け パリセット

クリスチャン・ヤルヴィの86番

今日はハイドンのパリ交響曲集のおすすめを。

KristjanJarvi.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

クリスチャン・ヤルヴィ(Kristjan Järvi)指揮のニーダーエステライヒ・トンキュンストラー管弦楽団の演奏で、ハイドンのパリセットの6曲を収めたアルバム。録音は2006年から2007年まで、セッション録音とライヴ録音を組み合わせたもののようですが、収録はウィーンのムジークフェライン。レーベルは懐かしいPREISER RECORDS。このレーベルのヒストリカルなアルバムは結構所有していますが、最近の録音はほとんど記憶にありません。今日はその中から好きな86番を取り上げます。86番の録音は2007年5月16日、19日、21日。

クリスチャン・ヤルヴィはご想像のとおり、ネーメ・ヤルヴィの息子で、今をときめくパーヴォ・ヤルヴィの弟という名門一家の出身。1972年エストニアのタリン生まれということで今年38歳ですので、指揮者としてはまだまだ若いですね。音楽はニューヨークで学び、1998年から2000年までロサンジェルス・フィルハーモニーで同じ北欧出身のエサ=ペッカ・サロネンのもとで助手を務めるなどして経験を磨いたよう。2004年からこのアルバムの演奏を担当するニーダーエステライヒ・トンキュンストラー管弦楽団の首席指揮者と音楽監督を務めています。

このアルバムを取り上げたのは、ひとえにその演奏の素晴らしさから。私はこのアルバムでクリスチャン・ヤルヴィをはじめて聴いたんですが、最近聴いたパリセットの演奏の中でもピカイチの出来。いまパリセットの現代楽器によるおすすめ盤と聞かれたら、迷わず本盤をお薦めします。クリスチャン・ヤルヴィの他のアルバムは未聴ですが、兄のパーヴォも弟のクリスチャンも素晴らしい才能。父のネーメ・ヤルヴィはシベリウスの交響曲など何枚か聴きましたが、ちょっと大味さがある演奏でしたが、息子二人は何と緻密な音楽を奏でることでしょう。素晴らしい才能の持ち主であることは疑いありません。

さて、今日取り上げる86番。これまでは、シューリヒト、クルト・ザンデルリンク、ブルーノ・ヴァイルなどが好きな演奏でしたが、そのいずれとも異なる演奏。

1楽章は速めのテンポによる瑞々しいオケの響き。ノンヴィブラートらしい透明感のある響きです。序奏が終わっていきなり素晴らしい推進力のメロディーに移ります。フレーズごとにアクセントをしっかりつけているんですが、速めのテンポが手伝って怒濤の推進力。ハイドンの交響曲を聴く快感に溢れています。よく聴くとオケの精度は抜群という訳ではないんですが、メロディーのコントロールのセンスが良いせいで非常に緻密な音楽。この1楽章は見事。兄のパーヴォの引き締まったオケよりもすこし余裕があるぶんハイドンに合っているだと思います。オケの響きはさすがムジークフェライン、自然な響きと余韻が抜群の美しさ。特に残響が多い録音ではなく鮮明さもあるんですが、交響曲を楽しむにはベストにちかい録音。1楽章のフィナーレで既に素晴らしい手応え。

2楽章も基本的に同じ路線ですが、少し速めのテンポと抜群のリズム感、そしてコミカルな部分の効果的な休符の扱いなどが相俟って、ハイドンの曲の面白さが際立つ演奏。かなり明確な表情付けをしていますが、不思議とくどくなく、自然さすら感じさせるあたりはセンス以外の何者でもないでしょう。どのフレーズも新鮮に響くのは、慣習にとらわれず音符を再構成して自身の音楽を作っているからでしょう。

3楽章は前ぶれなくいきなり素晴らしい推進力で、平板にちかいような均質な響きを意図的に作っているようです。この楽章はぐいぐい進めることに集中しているようで表情の変化は、途中のゆったりとした部分以外はほとんどつけずに進めます。

フィナーレは予想通り快速テンポでめくるめくメロディーをまくしたてていきます。このアルバムに共通する素晴らしい感興が最も良くでた楽章。この終楽章の複雑なメロディを巧みにコントロールして、曲全体の構成感をカチッと出してくるあたり、並の指揮者ではありませんね。ダイナミクスのコントロール、リズムのコントロール、そしてオケのバランス、どれをとっても破綻なくしかも素晴らしい盛り上がり。これは素晴らしいフィナーレ。ためもアクセントもきっちりした素晴らしい演奏。

86番の素晴らしさはほれぼれするほど。他の曲も同様のすばらしさです。この曲は文句なしに[+++++]です。ハイドンの交響曲が好きな方には必聴のおすすめ盤。久々に「ハイドン入門者向け」タグも進呈です。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲86番 ハイドン入門者向け パリセット

クイケンのパリ交響曲集

今日はクイケンのパリ交響曲集を。

KuijkenSet.jpg
HMV ONLINEicon

これは現在入手可能なヴァージンでの録音集。26番、52盤、53番と82番から92番までの録音のセットもの。なぜか82番から87番の6曲のみオケがエイジ・オブ・エンライトメント管弦楽団で、のこりはクイケンお抱えのラ・プティット・バンド。
このオケの違いが今回のポイント。

ちなみに、パリセットの方の旧盤のジャケット写真がネットでみつかりましたので、のせておきましょう。

kuijken82.jpg
こちらが、82、83、84番。

Kuijken85.jpg
こちらが84、85、86番の方。

同じヴァージンでの録音の他の曲とよく聴き比べてみると、このパリセットの2枚の出来が目立っていいんです。本来クイケンが組織したラ・プティット・バンドの方がいいのではとの憶測も働くんですが、そうではない。

両者とも古楽器での演奏とうたわれていますが、オケの奏でる音響の自然さが明らかに違います。ラ・プティット・バンドの方が明らかに弦が金属っぽい響きの癖が強い。それにつられてフレージングや響きの自然さ、ニュアンスの豊かさが違います。
パリセットはクイケンのハイドンの最上の録音なんじゃないかと思います。

もともとクイケンの指揮は、癖のない淡々とした枯淡の境地のような特徴があり、ある意味もう一歩の没入というか、踏み込みを求めてしまうところがありますが、このパリセットは、響きの自然な美しさすばらしく、またフレージンングも端正さの極みというレベルまで達しており、古楽器によるパリ交響曲集の代表的名盤といえるでしょう。

オケの違いと、もう一つは録音サイト。パリセットの方はアビーロードスタジオ。
アビーロードスタジオと言えばビートルズなんでしょうが、ウェブサイトに行ってみると巨大なオーケストラ用のスタジオもあります。スタジオ1というのがそれです。このウェブサイトの写真には音楽の生まれるプロの現場が見えてわくわくします。

http://www.abbeyroad.com/studios/studio1/

パリセットの録音はオケの美しい響きが聴かれますが、このスタジオでの録音と音響処理によるものなんでしょう。ホールの空間そのもの音響のように巧く録られていますが、うちのオーディオセットでは、アムステルダムコンセルトヘボウのような極上の響きに聴こえます。
逆にその他はオランダ、アムステルダムそばのハールレムのDoopsgezinde Gemeentekerkというところの録音。ドイツハルモニアムンディのザロモンセットの録音場所もここであることからラ・プティット・バンドのいつもの録音場所ということでしょう。ヴァージンによるこちらの録音の方は、アビーロードスタジオと比べる響きが足りず、また堅さも感じられ、逆に少々響きに不自然さを感じてしまいます。
聴いている装置にもよるとおもいますが、こうした音質の違いも演奏の評価と切り離せませんね。

ザロモンセットの方はレーベルが異なりドイツハルモニアムンディでもあり、録音もパリセットよりも新しいものですので、だいぶ改善されていますから、要は録り方ということなんだと思います。こちらの方はまた別の機会に取り上げましょう。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : パリセット 雌鶏 交響曲84番 王妃 交響曲86番 交響曲87番 おすすめ盤 古楽器

カラヤンのハイドン再考

カラヤンのハイドンは昔から入門盤として日本では巷の評価は高いもの。

Karajan.jpg
HMV ONLINEicon

私自身はカラヤンは嫌いな方ではありませんが、ハイドンに限らず、一般的に1950年代、60年代のものはいいと思うものがある一方、70年代以降のアルバムについて積極的に押す気になるものはあまり多くありません。カラヤンの魅力は壮年期の覇気にあふれる演奏というのが音楽好きの見方なんじゃないでしょうか。

ハイドンの交響曲については80年代にベルリンフィルを振ったザロモンセットやパリセット(独グラモフォン)や、その少し前のEMIの交響曲集、そしてウィーンフィルとのロンドンなど数曲が知られています。

今回整理の都合で、あらためてちょこちょこ聴き直してみました。
上に紹介したアルバムは、ハイドンをいろんな演奏で聞き込んできた立場でいうと、非常に個性的な、特殊な演奏というのが正直なところ。重厚長大な曲想、うなる低音弦、意外と強弱の幅は大きくなくレガートを多用した、まさに磨き抜かれたカラヤン風という趣。
演奏の根底にあるのはハイドンの曲想をどう表現しようかということではなく、ハイドンの楽譜をどうカラヤン風の音響で表現しようかということでしょう。

最近、ホグウッドやアダム・フィッシャーのロンドンの実演を聴いて、ハイドンの曲に対する私の見方も少し変わりました。
ハイドンの曲には、仕えてきたエステルハージ家の人々に音楽の喜びをどう伝えようとか、評価してくれるロンドンの聴衆へ最高の作品を届けるために、持てるアイデアをふんだんに練り込んだり、創意の限りを尽くすといったメッセージが込められています。
それゆえ、演奏ではそのメッセージがどれだけ感じられるかがポイントとなるわけです。

先のカラヤンの演奏からは残念ながらハイドンのそういった魅力が感じられないというのが正直なところでしょう。最近はカラヤンよりも、フィッシャーとハイドンフィルのような素朴な演奏の方がハイドンのこうした魅力がより伝わってくるように感じます。

ということで、ハイドンの交響曲の入門というセレクトをするなら、カラヤン盤はおすすめしません。
カラヤン盤は、ハイドンをよく聞き込んだマニアに、「こんな演奏もあるのだ」とうなっていただくべきアルバムであります。


と、これではカラヤンにスポットライトを当てたことにならないので、カラヤンのハイドンのおすすめ盤を紹介しておきます。
こちらは、入門者にもマニアにも広くすすめられる名盤です。天地創造の旧盤。カラヤンのハイドンの中ではお気に入りの一枚です。

Karajan2.jpg
HMV ONLINEicon

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : カラヤン ザロモンセット パリセット 天地創造 おすすめ盤 ベルリンフィル

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

古楽器ラメンタチオーネアレルヤ交響曲3番交響曲79番チェロ協奏曲1番オックスフォード驚愕交響曲88番交響曲19番交響曲58番交響曲27番アンダンテと変奏曲XVII:6ショスタコーヴィチベートーヴェン紀尾井ホールラヴェルストラヴィンスキードビュッシーピアノ三重奏曲ミューザ川崎LP協奏交響曲オーボエ協奏曲日の出ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:38サントリーホールスタバト・マーテルピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:37ブルックナーマーラー十字架上のキリストの最後の七つの言葉ヒストリカル交響曲90番告別交響曲97番交響曲99番交響曲18番奇跡ひばり弦楽四重奏曲Op.64フルート三重奏曲悲しみ交響曲102番モーツァルト交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者小オルガンミサミサブレヴィスニコライミサ交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23王妃ピアノソナタXVI:52ライヴ録音SACD武満徹チェロ協奏曲交響曲80番交響曲全集交響曲81番交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかり騎士オルランド無人島Blu-ray東京オペラシティ交響曲9番交響曲12番交響曲11番交響曲10番ロンドン太鼓連打交響曲15番交響曲4番交響曲2番交響曲1番交響曲37番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:5天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:7ロッシーニドニぜッティライヒャピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3シェーンベルク東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4バードタリスアレグリパレストリーナモンテヴェルディすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6美人奏者四季迂闊者交響曲70番アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:4バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーシューベルト交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲51番交響曲46番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌ弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオオフェトリウムモテットドイツ国歌カノン弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ブーレーズベルク主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生音楽時計曲ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲107番交響曲62番変わらぬまことジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
170位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
11位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ