絶品、バイロン・シェンクマンのピアノソナタ集

今日は最近手に入れた中でとても良かったピアノソナタ集を取り上げます。

Schenkman.jpg
HMV ONLINEicon / amazon

バイロン・シェンクマン(Byron Schenkman)のピアノによるハイドンのピアノソナタ集。ピアノソナタ5曲(XVI:35、XVI:36、XVI:34、XVI:30、XVI:37)とピアノ三重奏曲としても知られるヴァイオリンソナタ(XV:32)、そしてピアノ三重奏曲の2楽章をもとにしたアダージョ(XV:22/II)の計6曲。収録は2005年の5月、アメリカ中部のアイオワ州、アイオワ州立大学クラップリサイタルホールでのセッション録音。久々にアメリカものですね。レーベルはロスにあるCENTAURというレーベル。レーベルの赤いマークを見てわかるとおりケンタウルス(半人半馬の怪物)という意味のようです。

ピアノソナタの未聴盤はわりと積極的に手に入れるようにしているんですが、もちろん玉石混合。このアルバムは1つ前のレビューで紹介したデートレフ・クラウスの素晴らしい枯淡の表現を感じたアルバムとともに、最近手に入れた中では抜群の出来の一枚。

ピアニストのバイロン・シェンクマンははじめて聴く人。ジャケットには仏の慈悲のごとく微笑む優しい笑顔のピアニストが、ピアノの前にたたずむ姿。ジャケットからもオーラが出ています。アメリカ人のピアニストでハープシコードやフォルテピアノも弾くようです。ニューイングランド音楽院やインディアナ大学などで音楽を学び、最初はハープシコード、フォルテピアノ奏者として活躍し、その後ピアニストとしてデビューとのこと。このアルバムにはモダンピアニストとしてはじめての録音であることが表記されています。本人のサイトがありますのでリンクを張っておきましょう。

Byron Schenkmanのサイト(英文)

要はピアニストとしては本盤がデビュー盤ということですが、そうは思えない円熟の響きが聴かれます。

1曲目はハ長調のXVi:35、1780年頃の作曲。いきなり透明感の高い素晴らしい響き。最新の録音らしくホールに響くピアノの美しい音色が印象的。速めのテンポで指もよくまわってよく流れるメロディーライン。フレーズの切れ目はたっぷりと休符をとり、ふたたび快速テンポのメロディーラインに移り快速のまま終了。
2楽章は非常にゆったりした流れ、このアダージョ楽章の透明感と情感の高次のバランスがこのアルバムの聴き所の一つになっています。力が抜けて、メロディーのエッセンスのみが響いていく感じは悪くありません。
3楽章はアクセントをキリッと決めて、メリハリ感も聴かせどころになります。1曲目は全体の印象を左右する重要な役割がありますが、透明感とテンポ感、表現の幅ともに良い演奏。最初の1曲はシェンクマンの力を正直に表した良い演奏と言えるでしょう。

2曲目はXVI:36、1780年以前の作曲。冒頭はぐっと大振りな勢いで挨拶代わりに見栄を切るようなインパクトのある特徴的な出だし。以降は、若干重さを感じるようなゆったりしたテンポで1楽章のメロディーを訥々と表現して行きます。2楽章は軽いタッチで美しい音色を生かした展開。抑えた部分の軽さの表現も十分にコントロールされています。このの人の巧さは、デリケートな弱音のコントロールでしょう。綿菓子をさわるときはその軽さに合わせて触れますが、そういった力加減が非常に巧い人という印象。3楽章のメヌエットはゆったり感満点の展開。ゆったりした流れのなかにハイドンの暖かいメロディーを楽しむ絶妙の演奏。

次は名曲XVI:34ホ短調。1780年代の作曲。冒頭の特徴的な曲想を軽々とさっぱりした指使いでこなします。速いパッセージを軽々とこなしますが、テクニックの誇示と言うような雰囲気は微塵もなく、素晴らしい指の動きで1楽章を終えます。2楽章のアダージョの音楽性は素晴らしいもの。この楽章にハイドンが込めた詩情を非常に自然に表現。特にテンポのコントロールが巧みで、ちょっとしたところでテンポを落とすのを効果的に使い、フレーズの切れ目を巧く表現しています。3楽章のクッキリした推進力も見事。勢いだけではなくフレーズのコントロールが巧いため曲のメリハリを有機的に描いているように聴こえます。この曲も素晴らしい演奏。これは凄い。

次のXVI:30は1776年の作曲。この曲も素晴らしい演奏。1楽章の非常に変化に富んだメロディーを巧く表現しているのに加え、後半のぐっとテンポを落とすところの表現も見事。ハイドンの曲の面白さをのツボがわかっている感じですね。2楽章は変奏曲ですが、変奏ごとの表情の付け方は孤高と言ってもいい澄み切ったもの。

ソナタの最後は名曲XVI:37、1780年頃の作曲。1楽章のクッキリとした旋律を右手の輝きに満ちたタッチで描き、テンポのコントロールも一定ながら、フレーズ感の休符を長めにとってメリハリ感は十分。あっさりとした演奏ながらこれ以上の表現は必要ないとも思わせる完成度。2楽章は意外に迫力に満ちたもの。冒頭の一音から聖堂の大伽藍を思わせる重厚な音色。そして消え入るようにつづくフレーズ。なんという解釈。この楽章はハスキルの演奏に代表される情感を色濃くだすものと思っていましたが、シェンクマンの描く2楽章は全く異なる険しい世界でした。そしてつづく3楽章は前楽章の静寂をうけて静かに始まりますが、途中から険しさも顔をみせるようになり、右手のキラメキ感とともに曲をすすめ、フィニッシュ。デュナーミクの繊細なコントロールが印象的な名演奏ですね。

そしてピアノ三重奏曲としても知られるヴァイオリンソナタ(XV:32)。ヴァイオリンはケイティ・ウォルフェ(Katie Wolfe)。アイオワ州立大学の准教授としてヴァイオリンを教えている人のよう。本人のサイトがありましたので、リンクを張っておきましょう。

Katie Wolfeのウェブサイト(英文)

ヴァイオリンとピアノの息がピタリとあって素晴らしいアンサンブル。シェンクマンのピアノに寄り添うようなケイティの落ち着いた音色のヴァイオリン。楽器が2台になったとたん掛け合いの妙が楽しめるんですね。この曲も素晴らしい出来。

最後はこのアルバムのアンコールピースのようなピアノ3重奏曲からのアダージョ(XV:22/II)。そっとピアノに振れるようなタッチで優雅なアダージョをゆったりと弾いていきます。ハイドンならではのシンプルながら味わい深いメロディー。この感興は聴いていただかないと伝わらないと思いますが、しみじみ心に響く名旋律。シェンクマンの極上のタッチで存分に楽しめます。最後の余韻の消え入る美しさは絶品ですね。

ふと見つけたこのアルバムですが、その演奏はハイドンのピアノソナタの魅力を存分に味わえる名演奏でした。評価はすべて[+++++]としました。別に超絶的なテクニックでも、突き抜けた個性を持つ訳でもないんですが、さらっと弾いているようでハイドンのピアノソナタの本質をえぐるような表現力があり、非常に説得力があります。久々に「ハイドン入門者向け」タグも進呈です。ハイドンをこれから聴こうというひとにおすすめの一枚。今日はシェンクマンの素晴らしい演奏に酔いしれました。良いお休みでした。

この人にはこのアルバムより前に入れたフォルテピアノによる初期のハイドンのソナタ集が同じCENTAURレーベルよりリリースされているんですが、こちらも注文しなくてはなりませんね。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ピアノソナタXVI:35 ピアノソナタXVI:36 ピアノソナタXVI:34 ピアノソナタXVI:30 ピアノソナタXVI:37 ヴァイオリンソナタ ハイドン入門者向け

カテリーネ・ゴルデラーゼのピアノソナタ集

今日はピアノソナタの珍しいアルバムを。

Gordeladze.jpg

カテリーネ・ゴルデラーゼ(Catherine Gordeladze)の弾くハイドンのピアノソナタ集。収録曲目は収録順にピアノソナタXVI:6(1950年代作曲)、VI:37(1780年頃)、VI:30(1776年)、VI:46(1767年~70年)、VI:52(1794年)の5曲。収録は2007年2月24日から26日。レーベルはドイツのARS MUSICI。このアルバムを選んだのは昨夜ちょっと手に取ったら録音日がちょうど4年前の今日ということで。こうゆうこともあるんですね。

彫りの深い容姿とちょっと濃いめのお化粧をしたピアニスト然とした姿の写真をインパクトのあるジャケット。先日ディスクユニオンの店頭で、一目でコレクションにないアルバムと判明したため入手。これまで見知らぬ演奏家の見知らぬアルバムでも素晴らしい演奏と出会うこともたびたびあるため、CDプレイヤーにかけて最初の音をだすまで、緊張が走ります。この緊張感がたまりません。

レビューに入る前に、奏者のことを調べます。ネットに本人のサイトがありましたのでリンクを張っておきましょう。

Catherine Gordeladzeのウェブサイト(ドイツ語、英語)

最初はジョージア州出身と読んだんですが、よく読むとグルジアのトビリシ出身。黒海とカスピ海の間の国。グルジアと言えば力士の黒海や臥牙丸、栃ノ心で日本に親しまれていますね。現在はドイツに住んで活躍しているようです。ソロピアニストとして、そして室内楽の奏者としてドイツなどで知られているそうです。ピアノはアレクシス・ワイゼンベルクに師事し、現在はフランクフルトの大学での講座も持っているようですね。おそらく日本ではあまり知られた存在ではないでしょう。

ゴルデラーゼ演奏は非常にキレの良いピアノのオーソドックスなもの。ハイドンのソナタの模範的な演奏として安心して聴けるもの。非常にクリアな指使いでメロディーラインをクッキリ浮かび上がらせ、感情表現は控えめながら楽譜に書かれた音符を克明に音楽にしていくような演奏。音ではなく音楽といったのは、音楽性もそこそこあり、シンプルな表現ながら楽しめる演奏となっています。

1曲目のXVI:6はかなり初期の作品。シンプルな曲想をテンポよくクッキリと弾いていきます。晴朗感、弾む感じが曲想にあっていて良い演奏。1楽章、2楽章は若干平板な印象もありますが、3楽章のアダージョはすこしリラックス度があがり、情感が深くなります。なかなか良い演奏。終楽章ふたたびクリアな音響。

2曲目は名曲XVI:37。全曲のアダージョが良かっただけに、有名な2楽章のラルゴの情感は期待できそうですね。1楽章は前曲の速い楽章にすこし固さが見られたのとは変わり、メリハリと変化もついてなかなかいい感じ。元々右手の輝き感は美しいだけに、この曲の特徴的なメロディーをクッキリ浮かび上がらせて、なかなかいい感じです。1楽章の後半に不思議なアクセントをつけてちょっとトランス状態に入りそうな規則的なアクセントの繰り返し。面白い解釈です。期待の2楽章。クッキリとしながらゆったりとして期待通りの美しさ。抑えた部分もクッキリしながら音量を落とせるので変化の幅もいいですね。フィナーレも右手の輝きでクリアな響き。この人の演奏は色っぽい感じはしないんですが、健康的な響きの中にほのかなおしろいの香りのような優美さが感じられるというの特徴ですね。

3曲目のXVI:30、4曲目のXVI:46も基本的に同様の傾向の演奏ということで、ちょっと割愛。

最後の大曲XVI:52。これまでの曲とはスケール感の表現要求が一段階変わります。1楽章はこれまでの曲よりも起伏をつけているように感じます。聴き進めていくうちにちょっと感じたのが師であるワイゼンベルクの影響。すべての指の音をクリアに響かせるワイゼンベルクの音の特徴がゴルデラーゼの弾くピアノの特徴にもなっているように感じます。音色の特徴は感じるものの、曲のスケール感を表現するにはフレージングが若干平板な印象を与えてしまうのも正直なところ。2楽章のアダージョは持ち前の呼吸の良さが活きて良い演奏。フィナーレもアダージョの良い流れを受け継いで程よい流れ。

このアルバムの評価はXVI:6とXVI:52が[+++]、その他の曲が[++++]としました。全体にクッキリした響きとキレの良さが、そしてゆったりした部分にはうっすらと良い詩情を伴う演奏ですが、曲のメリハリと言うか、特に速い楽章のフレージングが若干単調さを感じさせるところがあり、そのあたりの音楽性が豊かになってくると評価も上がるのではないかと思います。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ピアノソナタXVI:6 ピアノソナタXVI:37 ピアノソナタXVI:30 ピアノソナタXVI:46 ピアノソナタXVI:52

今更キーシンにびっくり

昨日取り上げたカラヤンの天地創造と同時にHMV ONLINEから届いたキーシンのピアノソナタ。

Kissin.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / amazon

キーシンといえば、ムターなどとともにカラヤンが若い頃にコンチェルトなどで共演し、天才音楽家としてデビューしたのは遥か昔のこと。個人的にこうゆうアイドル系の人のアルバムには手が伸びないのですが、YouTubeでたまたまキーシンのハイドンの演奏を見て、なかなかの腕前との印象をもちHMV ONLINEに注文した次第です。

YouTube:Evgeny Kissin plays Haydn's Sonata XVI:52 in E-flat

童顔のせいか、キーシンは若いとのイメージがありますが、1971年10月10日生まれとのことで、もうすぐ40歳。演奏家としては脂の乗った時期になるんでしょうね。

Wikipedia:キーシン

曲目はXVI:30とXVI:52の2曲にシューベルトのソナタ。元々2枚のアルバムを1箱にまとめたアルバムなので、これにショパンのバラード集がセットになってます。

さて、肝心のハイドンの演奏ですが、これが超絶の名演。94年の録音なので23才の時の録音。
YouTubeの演奏はテクニックを誇示するようなノリのライヴ演奏でしたが、アルバムの方は、テクニックの冴えがすばらしいのに加え、抑制もきき、音楽性の部分も一級品です。23歳でこの音楽性とは文字通り天才なんでしょう。

一音一音が完璧にコントロールされ、ダイナミクスの変化が巧み。おそらく実際のテンポの倍や3倍のテンポでも軽々と弾きこなせるのではと思わせる余裕があります。主旋律を鮮やかに浮き立たせて変化に富んだハイドンの曲の構造を解き明かします。またふっと力を抜いたところを旨く使ってメロディーにメリハリをつけるのが非常に巧みです。
凄いのはアダージョの部分の音楽性。凄いテクニックの持ち主なのに、それに頼るというか媚びることもないのが流石。

私がハイドンのピアノソナタの演奏の一つの理想像と感じるリヒテルの演奏が、巨大な岩のような力感の表現を土台とした演奏に対して、キーシンはハイドンの曲想の根底にある機知や変化を楽しむ部分、諧謔性なんかを踏まえたアプローチなんだと思います。

残念ながら、今カタログ上にはキーシンのハイドンはこの2曲とコンチェルトの1枚のみ。
脂ののった今だからこそ、ハイドンのソナタの録音を期待したいところです。

今日はこれから新橋演舞場に歌舞伎見物へ。
帰ったらまた、レポートいたしましょう。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ピアノソナタXVI:30 ピアノソナタXVI:52 おすすめ盤

Hans Leygrafのピアノソナタ集

Leygraf.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

最近手に入れたもの。1960年に録音された初期、中期のソナタと2007年に録音された後期のソナタの2枚組です。うっすら微笑む優しげな老ピアニストのカットをあしらったジャケットから予感がしてましたが、このアルバムは来てます。

鍵盤を一つ一つ確かめるように、音をおいていくような演奏。1枚目の1960年の演奏は40歳の頃の演奏ということになりますが、既に枯れてます。この年齢でこの達観ぶりはどうなんでしょう。とくにピアニッシモの部分のつぶやくような表現は心を打ちます。
一方2007年の演奏の方は、録音の鮮明さもあり、鮮明な枯淡という趣。指がまわってないたどたどしさもあるものの、この人の一貫したスタイルをうまく伝えられています。47年もの間をおいた録音をセットにした企画意図も冴えてます。どちらかと言えば1枚目がおすすめです。

レイグラフはライナーノーツによれば2007年までザルツブルクのモーツァルテウムの教授だったとのこと。こうゆう人に教わると音符の意味までよくわかりそうな気がします。他に同じレーベルからモーツァルトのソナタ5枚組とドビュッシーのアルバムも出ています。この人のモーツァルトも聴いてみたくなりましたネ。

Haydn Recordings Archive
http://www015.upp.so-net.ne.jp/haydn/list/h_cdpf1.html#ps12
Leygrafで検索してみてください(Piano Sonata 2, 3とも)

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ピアノソナタXVI:52 ピアノソナタXVI:50 ピアノソナタXVI:49 ピアノソナタXVI:48 アンダンテと変奏曲XVII:6 ピアノソナタXVI:37 ピアノソナタXVI:30 ヒストリカル

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ラヴェルストラヴィンスキードビュッシーピアノ三重奏曲ミューザ川崎オーボエ協奏曲LP協奏交響曲日の出ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:38サントリーホールベートーヴェンスタバト・マーテルピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:48マーラーブルックナーヒストリカル十字架上のキリストの最後の七つの言葉交響曲97番告別交響曲90番交響曲18番交響曲99番奇跡アレルヤひばり弦楽四重奏曲Op.64フルート三重奏曲悲しみ交響曲102番モーツァルト交響曲86番ラメンタチオーネヴァイオリン協奏曲驚愕哲学者ミサブレヴィスニコライミサ小オルガンミサ交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23王妃アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:52SACD武満徹ライヴ録音チェロ協奏曲交響曲19番交響曲81番古楽器交響曲全集交響曲80番マリア・テレジア交響曲21番クラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかり無人島騎士オルランドBlu-ray東京オペラシティチェロ協奏曲1番交響曲11番交響曲10番交響曲9番交響曲12番太鼓連打ロンドン交響曲4番交響曲15番交響曲2番交響曲37番交響曲1番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:3天地創造ディヴェルティメント東京芸術劇場リヒャルト・シュトラウス交響曲98番ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ロッシーニドニぜッティライヒャピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3シェーンベルク東京文化会館ホルン協奏曲フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:31タリスパレストリーナアレグリバードモンテヴェルディすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6美人奏者四季交響曲70番迂闊者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:4バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーシューベルト交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲51番交響曲46番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌ弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス時の移ろい交響曲42番ベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲79番ロンドン・トリオ交響曲88番オックスフォードオフェトリウムドイツ国歌モテットカノン弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難交響曲84番パリセットブーレーズベルク主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノショスタコーヴィチ交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bis音楽時計曲ピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲62番交響曲108番交響曲107番変わらぬまことジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲3番スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
106位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
11位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ