【新着】フー・ツォンのピアノ・ソナタ集-2 やはり絶品!

昨日到着したフー・ツォンのピアノソナタ集のつづきです。

FouTsongSonatas_20110423123510.jpg
HMV ONLINEicon / amazon(MP3)

フー・ツォン(Fou Ts'ong)のピアノによるハイドンのピアノソナタ集。収録曲目は収録順にピアノソナタHob.XVI:46、XVI:20、XVI:50、XVI:33、XVI:32、XVI:49、そしてアンダンテと変奏曲Hob.XVII:6の7曲。収録は2009年8月25日~27日、ロンドンのエドワード懺悔王教会でのセッション録音。レーベルはイギリスのMeridian、なにげに良いアルバムの多いレーベルです。

ちなみに昨日はライナーノーツなどちゃんと読んでなかったんですが、東武トレーディングのつけた簡単な日本語解説には収録曲目について、本体ジャケット裏面に記載されたCD-2の最後のソナタのNo.59 Hob.XVI:51は誤りで正しくはHob.XVI:49ということが触れられていました。確かにHob.XVI:51は2楽章構成ですので、ちょっと考えればすぐわかりますね。曲名表記に誤りがあるのはよくあることですが、このような名演奏のアルバムにしては惜しいこと。再販の時は直してほしいものですね。

昨日聴いた2曲は、美しいピアノの音色を存分に楽しめる響きの美しい録音と、ゆったりとしながら自在にテンポを揺らして、ハイドンのソナタのフレーズをしっかりと描いていく素晴らしい演奏。今日はCD-1の最後のXVI:50から続きを聴いていきましょう。

ピアノソナタ Hob.XVI:50(1794/5年作曲)
名曲XVI:50。静寂のなかに出だしの音を一つずつおいていくような印象的な入り。前2曲ではあまり感じられなかったんですが、この曲には枯れた感じが少し感じられます。老練さというかちょっとしたタッチのタイミングの揺れと言うかそういったものが深みを与えているように聴こえます。ハイドンのソナタでは一際大きな構えのこの曲。徐々にその壮大な構成感が現れてきます。キレの良い高音の音階と時折現れる左手の強打音。そして後半現れる一瞬のるまるでオルゴールのような静謐な響きにはっとさせられます。最後は壮大さを表現して終了。
2楽章のアダージョはやはりツォンの真骨頂、一音一音すべてに意味があるように強弱とテンポと響きをコントロール。ピアノの表現を極め尽くしたものだけが表現できる領域。やはりすっと力を抜いた音の使い方が絶品。最後の一音が消え入る様子は静寂との対話のよう。
3楽章は前2曲のようにじっくり来るかと身構えていたら意外と普通に近い速めのテンポ。右手のきらめき感と左手の迫力を自在なテンポで結びつけたフィナーレ。ただししっかりとフレーズに表情をつけていくところはツォンらしいところ。

IMG_1390.jpg

ちょっと前に録った自宅近くの植込みのユキヤナギ。

CDを取り替えてCD-2に。

ピアノソナタ Hob.XVI:33(1770年代作曲)
時代をさかのぼって再び1770年頃の作品。ハイドンのメロディーの閃きをそのまま演奏したようなアプローチ。これまでの曲よりもテンポの変化、表情の変化を少し抑え気味にして曲の魅力をストレートに表現しようとしているんでしょう。このあたりの手加減も見事。
2楽章のアダージョは暗闇に一筋の光が射すような趣。短調の険しい感じと、途中でくりかえされる響きの色の変化。少し明るさがさしたり、陰ったり。
3楽章はツォンの自在さの極致を表したような表現。壮大さ、演出の濃さは影を潜め、逆に美しいピアノ響きの純粋さを極めたような純度の高い表現。曲ごとのこれだけの表現の変化は見事です。

ピアノソナタ Hob.XVI:32(1776年作曲)
一転して力感溢れる曲。この曲も好きな曲です。ツォンにしては速めなテンポで力感溢れる1楽章。この曲はむしろ若々しさを感じさせる精緻な演奏。冒頭からエネルギー感が見事。この曲もテンポの変化は他の曲よりも抑え気味で勢いのよさを強調するような方向性。最後の一音で空間に楔を打ち込むよう。
2楽章はメヌエットですが、このメヌエットも速めに進めます。曲に宿っているエネルギーを受けて見事な解釈。ハイドンの仕組んだ詩的な表情の表現も十分。
3楽章も速い展開。楽章間の連続性を狙ってか、一貫して速い展開。この曲の真髄を見切ったアプローチでしょう。最後のアクセントも見事に決まって終了。

ピアノソナタ Hob.XVI:49(1789/90年作曲)
再び大曲。出だしのメロディーに珍しく特徴的なアクセントをつけます。演奏スタイルは再びじっくりと自在なテンポをとりながらフレーズを描き分けていくものへ。曲ごとに明確にスタイルを変えてきますね。この曲は流麗な演奏も多いですが、ツォンはむしろごろつくような特徴的なこの曲のメロディを逆手に取って、少しつまずくような表現を繰り返し、流麗というよりは、テンポ感の面白さを全面に出したもの。曲ごとにインスピレーションのもとがはっきりとあり、それにもとづいて演奏スタイルを決めているようですね。後半に至りスケール感をきちんと出して迫力の面でも見事な展開。
2楽章はツォン得意のアダージョ。このアルバムに含まれるアダージョはどれも絶品の出来。完全にリラックスして静寂と対話しながらピアノの響きで音楽を創っていくような見事な演奏。ハイドンのピアノ音楽を聴く悦びを満喫できる演奏。なかでもこのXVI:49のアダージョは完璧な出来。絶品です。
フィナーレはアダージョの感動を鎮めるように、あえて表現を抑え気味にして淡々と楽譜を音にしていきます。聴く曲聴く曲すべて素晴らしい出来。

アンダンテと変奏曲 Hob.XVII:6(1793年作曲)
最後はこちらも大曲。最後にもってくるあたり、ハイドンのピアノ曲を知り尽くしたアルバムの企画ですね。短調の美しいメロディーをゆったりと弾き進めていきますが、やはり特徴的なのが効果的な力の抜き方。ところどころでふと力を抜いて緊張を緩めますがこれが非常に効果的。熟練のなせる技でしょう。もはや変奏が音楽の宇宙のような幽玄な世界。この曲は良い意味で枯れた感じも表現され、ハイドン晩年の深みもよく出ています。また終盤の素晴らしい迫力も見事。空間にピアノ強音が響き渡るエクスタシー。この曲も絶品です。

このアルバム、前記事で取り上げた2曲を含めて全曲[+++++]なのは言うまでもありません。ハイドンのピアノソナタの名曲の極上の演奏をまとめたアルバムとしてすべての人に聴いていただきたい名盤です。ピアノソナタのおすすめ盤はと今聴かれたら迷わず本盤をおすすめします。美しい響き、自在なテンポでフレーズを描き、ハイドンのピアノソナタの真髄に迫る素晴らしい演奏です。

IMG_1482.jpg

雨の実家の庭に咲く紫の綺麗な花。何という花でしょう。

IMG_1483.jpg

同じく実家の庭の鮮やかなオレンジの葉。こちらも名前がわかりません。

今日はこれからひと泳ぎしてきます。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ピアノソナタXVI:50 ピアノソナタXVI:33 ピアノソナタXVI:32 アンダンテと変奏曲XVII:6 ハイドン入門者向け

珍盤! アコーディオンソナタ

今日はちょっと変わったものを。

Dimetrik.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

アコーディオンソナタではなく、アコーディオン向けに編曲し、アコーディオンで弾いたハイドンのピアノソナタ集です。もちろんメロディーラインはピアノソナタで親しんだものですが、アコーディオン独特な寂しげな音色が妙にマッチしていて、アコーディオン向けに書かれたソナタのような完成度。

ただ、このCD、珍盤としたのは激しい誤りがあるからです。曲番号と曲名が明らかに違ってます。
裏面によるとトラック1はXVI:42から始まるとありますが、実際のトラック1はXVI:29の一楽章になってます。以後正しくは、XVI:33、XVI:28、XVI:42の順でトラックが進みます。ここまで曲順があからさまに間違っているのははじめてです。これは輸入盤ですが、HMV ONLINEで購入したもので、先のリンク先の日本語紹介もライナーノーツ通りに間違っているのはともかく、この誤りがこのCDのリリース時にチェックされてないことがちょっと驚きです。
録音を集めてリストを作り始めてから、ライナーノーツの曲名、調性、演奏者などの記述には時たま誤植があることは気づいてました(以外と少なくないんです)がここまでのものは正直初めてです。もしかしたら私が気づいてないだけで、まだまだあるんでしょうかね。

切手の世界だと、このような誤植ものはプレミアがついたりして、コレクション価値が上がったりするようですが、CDではどうでしょう。今売ってるものが修正され、誤植が非常に貴重なもので、盤自体の価値が非常に高いなんてことがなければ、ただの誤植盤として何の価値も生じないような気がします。

肝心の演奏はわりと気に入りましたので、あまり気にしないこととします。(笑)

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ピアノソナタXVI:29 ピアノソナタXVI:33 ピアノソナタXVI:28 ピアノソナタXVI:42 珍盤

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ブルックナーマーラーサントリーホールヒストリカル十字架上のキリストの最後の七つの言葉LP交響曲97番告別交響曲90番交響曲18番アレルヤ交響曲99番奇跡ひばり弦楽四重奏曲Op.64フルート三重奏曲悲しみ交響曲102番交響曲86番ラメンタチオーネモーツァルトヴァイオリン協奏曲ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:32ベートーヴェン驚愕哲学者小オルガンミサミサブレヴィスニコライミサ交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:40王妃ピアノソナタXVI:52アンダンテと変奏曲XVII:6武満徹SACDライヴ録音チェロ協奏曲交響曲80番交響曲81番交響曲19番交響曲全集古楽器交響曲21番マリア・テレジアピアノソナタXVI:20クラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかり無人島騎士オルランドBlu-rayチェロ協奏曲1番東京オペラシティ交響曲10番交響曲12番交響曲9番交響曲11番太鼓連打ロンドン交響曲15番交響曲4番交響曲2番交響曲1番交響曲37番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:4天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:7ドニぜッティライヒャオーボエ協奏曲ロッシーニピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3ストラヴィンスキーミューザ川崎シェーンベルク東京文化会館ホルン協奏曲フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:31ピアノソナタXVI:26タリスモンテヴェルディアレグリバードパレストリーナすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:39美人奏者四季迂闊者交響曲70番ピアノ協奏曲XVIII:4アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーシューベルトピアノソナタXVI:38交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲46番交響曲35番協奏交響曲DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノ三重奏曲日の出ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲79番ロンドン・トリオ交響曲88番オックスフォードカノンドイツ国歌モテットオフェトリウムスタバト・マーテル弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難交響曲84番パリセットベルクブーレーズ主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41ショスタコーヴィチ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲50番交響曲89番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11音楽時計曲ピアノ小品カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47第九読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CDドビュッシー交響曲28番交響曲13番変わらぬまこと交響曲107番交響曲108番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲3番スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
109位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
9位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ