フランツペーター・ゲーベルスのソナタ集(ハイドン)

ちょっと間が空いてしまいました。今日は最近オークションで手に入れたLP。

Goebels.jpg

フランツペーター・ゲーベルス(Franzpeter Goebels)のフォルテピアノによるハイドンのピアノソナタ(Hob.XVI:6)、カプリッチョ「豚の去勢にゃ8人がかり」(XVII:1)、ピアノソナタ(XVI:48)、アンダンテと変奏曲(XVII:6)の4曲を収めたLP。収録は1981年10月、ハイデルベルクの音楽スタジオとフランクフルトのフェステブルク教会でのセッション録音。レーベルはmusicaphon。

なんとなくスッキリとしたデザインのLPジャケットに惹かれて手に入れたもの。いつものようにLPをVPIのレコードクリーナーと必殺超音波極細毛美顔ブラシで丁寧にクリーニングして針を落としてみると、ジャケットのデザインのイメージそのままのスッキリとした響きが流れ出します。律儀な普通の演奏にも聴こえますが、何度か聴くうちに実に深い演奏であることがわかり取り上げた次第。

奏者のフランツペーター・ゲーベルスは1920年、ドイツ東部のミュールハイム(Mülheim an der Ruhl)に生まれたピアニスト、フォルテピアノ奏者、教育者。修道院のオルガン奏者の父を持ち、ピアノを学ぶ他、音楽学、文学、哲学などを学びました。1940年からはドイツ放送(Deutschlandsender)のソロピアニストととして活躍しましたが、兵役に徴収されたのち収監されました。戦後はデュッセルドルフのロベルト・シューマン音楽院で教鞭をとるようになり、1958年からはデトモルトの北西ドイツ音楽アカデミーでピアノとハープシコード科の教授を1982年の定年まで勤めたそう。亡くなったのはデトモルトで1988年とのこと。ほぼ教職の人ということで、あまり知られた存在ではありませんが、演奏はまさに教育者の演奏と感じられる手堅さに溢れています。

Hob.XVI:6 Piano Sonata No.13 [G] (before 1760)
鮮明に録られたフォルテピアノの響き。LPならではのダイレクトな響きによってフォルテピアノを眼前で弾いているようなリアリティ。一定の手堅いテンポでの演奏ながら、硬めの音と柔らかめな音を巧みに組み合わせて表情を変化させていきます。純粋に内声部のハーモニーの美しさが実に心地良い。素直な演奏によってフォルテピアノの木質系の胴の響きの余韻と曲の美しさが際立ちます。
続くメヌエットは左手の音階を短く切ってアクセントをつけます。ちょっと音量を落としたところの響きの美しさが印象的。高音の典雅な響きも手伝って、リズミカルな中にも優雅な雰囲気が加わります。実に素朴なタッチからニュアンス豊かな響きが生まれます。鍵盤から弦を響かせるフリクションの範囲での穏当な表現ですが、この音色の変化は見事。妙に沁みる演奏です。
そしてこの曲で最も美しいアダージョ楽章。ピアノの澄んだ響きとは異なり、微妙に音程が干渉するようなフォルテピアノ独特の音色が味わい深い響きを生んでいきます。楽器と訥々と会話するような孤高の響きの連続に心が安らぎます。
フィナーレは軽すぎず、穏当な表現が心地良いですね。しっかりと音を響かせながら決して焦らず、一音一音をしっかり響かせての演奏。さりげない終わり方もいいセンス。

Hob.XVII:1 Capriccio "Acht Sauschneider müssen sein" 「豚の去勢にゃ8人がかり」 [G] (1765)
ユニークなメロディーを変奏で重ねていく7分弱の曲。今度は音色をあまり変えることなく、ちょっとギクシャクした印象を伴いながらもフレーズごとのメリハリをつけながら弾き進めていきます。変奏の一つ一つを浮かび上がらせるというよりは、渾然一体となったメロディーを訥々と弾いていく感じ。終盤はバッハのような印象まで感じさせて、これはこれで面白いですね。

IMG_8433.jpg

Hob.XVI:48 Piano Sonata No.58 [C] (1787/9)
LPをひっくり返して再びソナタに戻ります。晩年の傑作ソナタの一つ。今度は間をしっかりとっての演奏。ソナタによってしっかり演奏スタイルを変えてきますが、それでもすっきりとしたゲーベルスのタッチの特徴は残しています。ソリストというよりは教育者としての演奏といえば雰囲気が伝わるでしょうか。かといって教科書的な厳格さではなく、抑えた表現の深みと円熟を感じるすっきりさ。やはりLPならではの響きの美しさが最大の魅力となる演奏ですね。眼前でフォルテピアノが鳴り響く快感。
2楽章のロンド、3楽章のプレストとも落ち着いたタッチからジワリと音楽が流れ出します。噛みしめるような音楽。フォルテピアノをしっかりと鳴らし切った演奏に不思議に惹きつけられます。

Hob.XVII:6 Andante con Variazioni op.83 [f] (1793)
最後は名曲。予想通り、さりげなく入り淡々とした演奏です。まさにハイドンの書いた音楽自身に語らせようとする自然体の演奏。この曲はそうした演奏スタイルが最も曲の良さが映えますね。流石に変奏の一つ一つの扱いは丁寧で、フレーズごとに素朴な詩情が立ち上り、曲の美しさが際立っていきます。まさにいぶし銀の演奏。A面の変奏曲とは扱いが全く異なります。このアルバムの演奏の中では最も音色とダイナミクスの変化をつけた演奏で、変奏毎の表情の変化の多彩さが印象的。最後までフォルテピアノの美しい音色による演奏を堪能できました。

実はこのアルバム、前記事を書いてからほぼ毎日、なんとなく針を落として聴いていました。最近仕事の帰りが遅いので、聴いているうちに寝てしまうのですが、最初はただのさりげない演奏のように聴こえていたものが、だんだんと深みを感じるようになり、特に音色の美しさが非常に印象に残るようになりました。ということで、私にしては珍らしく聴き込んだ上で取り上げたものですが、書いた通り、実に良い演奏です。フランツペーター・ゲーベルスという人の演奏は初めて聴きますが、なかなか含蓄のある演奏で、流石に教育者という演奏。どう表現しようかというスタンスではなく、曲の真髄に迫る演奏スタイルを地道に探求するようなスタンスですね。私は非常に気に入りましたので、評価は全曲[+++++]とします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ピアノソナタXVI:6 ピアノソナタXVI:48 アンダンテと変奏曲XVII:6 豚の去勢にゃ8人がかり 古楽器 LP

【新着】オリヴィエ・カヴェーによるピアノソナタ集(ハイドン)

最近リリースされ、届いたばかりのアルバムです。

OlivierCave.jpg
TOWER RECORDS / amazon

オリヴィエ・カヴェー(Olivier Cavé)のピアノによるハイドンとスカルラッティのピアノソナタ集。ハイドンのソナタはHob.XVI:37、XVI:6、XVI:10、XVI:23、XVI:24の5曲でハイドンとスカルラッティの短いソナタ5曲が交互に置かれた珍しい構成。収録は2015年1月4日から6日にかけて、ブレーメンの放送ホールでのセッション録音。レーベルはæon。

このアルバム、”chiaro e scuro”とイタリア語でタイトルがつけられていますが「明暗」とでも訳すのでしょうか。いままでありそうであまり見かけなかったハイドンのソナタとスカルラッティのソナタを交互に構成したアルバム。ハイドンとスカルラッティといえば当ブログにコメントをいただくpascal_apiさんの提唱する「ハイドン良ければ、スカルラッティもまた良し」という法則がありますが、その法則を知ってのこのアルバムを構成したわけではないでしょう。ただしハイドンのソナタの演奏に必要なセンスというかバランス感覚とスカルラッティに必要なそれに共通するものがあるというのは頷けるところでしょう。

このアルバムのライナーノーツにはアルバムのコンセプトとその辺の核心に触れる記述が冒頭に記されていますので、訳して載せておきましょう。なかなか難しい文章なので、アルバムをお持ちで英語の才がある方、訂正などあれば宜しくお願いします。

ハイドンとスカルラッティに共通する芸術的感覚があることはあまりにも知られていなさすぎます。変幻自在な多様性、リズムの創意、哀愁への展開、変化に富んだ表情の二拍子を好んで用いたことなど、絶えず私たちに音楽的発見をもたらしてくれます。私たちは創造の喜びを実感しています。加えて2人の作曲家は、作曲技法よりも聴衆の求めにどれだけ応えられるかに細心の注意を払い、このことに関して驚くほど類似した方法で自己表現しているのです。


時代は大分異なるものの、ハイドンとスカルラッティに共通するものがあることは世界的にもあまり知られていないなか、日本のハイドンコミュニティでは、すでにそれを見抜いていたということでしょう。

ピアニストのオリヴィエ・カヴェーはスイス人ながらナポリにルーツを持つ人のようです。アルド・チッコリーニ、マリア・ティーポらナポリ出身のイタリア人ピアニストらに師事し、デビューしたのは1991年、メニューヒン率いるカメラータ・リジー・グシュタートとの共演。メニューヒンの愛弟子、アルベルト・リジーのヴァイオリンによるヴァイオリン協奏曲の演奏は以前取り上げ、素晴らしい演奏が記憶に新しいところ。近年では2008年、このアルバムと同じaeonからリリースされたスカルラッティのソナタ集が評判を呼び、その後クレメンティのソナタ集、バッハの協奏曲集をリリース。このハイドンとスカルラッティのソナタ集が4枚目のリリースとなります。

Olivier Cavé

はたしてこのアルバム、pascal_apiさんの法則の普遍性を立証することになるのでしょうか。

Hob.XVI:37 Piano Sonata No.50 [D] (c.1780)
鮮烈な音色の感覚をもつ曲。実に輝かしいイタリア風の音色をもつ人。チッコリーニに師事したというのも頷けます。ハイドンのソナタの演奏に必要な軽さというか、機知に富んだタッチを身につけ、さらりとこなしていきます。くっきりとアクセントがついた旋律を速めのテンポでこなしていきますが、まるで陽光に輝くイタリアの風景のように感じる明るさがあります。タッチのキレも最高。
驚くのは2楽章のラルゴ。ぐっとテンポを落として深い淵を覗くような濃密な音楽に変わります。いきなり香り立つ詩情。1楽章で見せたキレと輝きからデリケートなタッチに急変。休符を長くとって音楽の陰影が一気に深まります。
静けさから光が射すように明るい音楽が戻るフィナーレ。強音のタッチのキレは素晴らしく、音楽のキレにつながっています。ハイドンの小曲のなかにこれだけの表情の変化を込めるあたり、かなりの実力と見ました。

間に挟まれたスカルラッティのKk 425は小曲ながらも鮮やかなタッチが眩しい演奏。

Hob.XVI:6 Piano Sonata No.13 [G] (before 1760)
このアルバムに収録されたハイドンのソナタは初期から中期のもの。前曲同様軽めのタッチが心地よい演奏。1楽章は速めの楽章をクッキリと明るく描き、特に高音の明晰な音色はこの人の特徴ですね。この曲は2楽章がメヌエットで3楽章がアダージョ。メヌエットではタッチの軽さと諧謔ささえ感じる表現の幅が冴えて短い楽章をじっくり聴かせます。そして短調のアダージョでは前曲のアダージョ同様ゆったりとした音楽のなかに閃きと深みを感じさせる至福の時間が流れます。そしてフィナーレでは再び軽さをとりもどしてまとめます。ハイドンのソナタのツボを完全に掌握して軽々と終えるあたり、流石です。

続くスカルラッティのKk 495は、ハイドンの軽快さを受けつぐようなタッチの軽さとメロディーの面白さに溢れた曲。途中無限ループに入ったような不思議な感覚を感じさせます。この軽さ、尋常ではありませんね。

Hob.XVI:10 Piano Sonata No.6 [C] (before 1760)
タッチのキレは安定しています。ハイドンの初期のソナタの面白さを存分に感じさせます。この曲は2楽章がメヌエットの3楽章構成。アダージョのじっくりした魅力を味わえないのが残念ですが、メヌエットが十分聴かせどころになるという凄腕。これほど表情豊かにしっとりと耳に入るメヌエットはなかなかありません。よほどに鋭敏な感覚を持った人ですね。

このあとのスカルラッティはKk 432と、鮮やかなタッチが印象的。

Hob.XVI:23 Piano Sonata No.38 [F] (1773)
シュトルム・ウント・ドラング期直後のソナタに入ります。これまでの演奏ですでにハイドン奏者としての才は把握しているつもりで聴き始めますが、この1楽章の恐ろしいほどのキレと落ち着きは予想を上回るもの。最近ではアムランのソナタ集が殺気を感じるほどの冴えを聴かせたんですが、アムランのハイドンにはハイドンの時代の空気のようなものは感じられず、あくまで現代の視点での演奏といった感じなのに対し、このカヴェーの演奏はハイドンの作品に潜む明るさや明晰さ、機知などの魅力をふまえたより音楽的な魅力をもっているように感じます。完全にカヴェーの術中にはまった感じ。2楽章のアダージョのしっとりと落ち着き払った佇まいも完璧。そしてフィナーレも余裕たっぷりに鮮やかなタッチでさっと終えます。

スカルラッティの4曲目はKk 342。多くの音符の織りなす綾のようなものをくっきりと浮かび上がらせて音楽的快感を感じる演奏。

Hob.XVI:24 Piano Sonata No.39 [D] (1773)
ハイドン最後のソナタ。前曲同様シュトルム・ウント・ドラング期直後のソナタ。軽いタッチで速いパッセージをキレよくクッキリとこなしていくところは前曲同様。この曲で素晴らしいのはやはりアダージョ。そっと鍵盤に触れるようなタッチから入り、ハイドンの書いた美しいメロディーを空間においていくよう。研ぎ澄まされた凜とした風情。これ以上の癒しはないほど。ふと暖かい表情の和音につつまれる瞬間の幸福感。絶品ですね。そしてその幸福感も時の流れだと言わんばかりに軽快なフィナーレに移り、サラリとフレーズをこなして終わります。いやいや本当に素晴らしい。

最後のスカルラッティはKk 128。短調のうら悲しい表情が印象的なゆったりとした曲。ハイドンの曲と言われてもわからないような雰囲気もあります。5分少々とスカルラッティの中では最も長い曲。じっくりとメロディーをかみしめるような演奏でこの曲の芳しいような魅力が引き立ちます。

暗闇に不敵な笑みを浮かべてライティングで浮かび上がるオリヴィエ・カヴェーの姿が印象的なジャケット。ハイドンの新譜ということで何気なく手に入れたアルバムですが、よく見てみるとハイドンとスカルラッティを交互に組み合わせた、通好みの選曲。このアルバムの企画から、この演奏の素晴らしさは予想されたかもしれませんね。もちろんpascal_apiさんの法則の普遍性まで検証されたことになります。このアルバム、ハイドンの初期のソナタの魅力を余すところなくつたえる名盤として皆さんにオススメすべき名盤です。カヴェーはスイス人ということですが、チッコリーニやティーポに習い、スカルラッティがデビュー盤ということでイタリアナポリの血が流れているのではと思うほどです。評価はもちろん全曲[+++++]とします。スカルラッティも素晴らしいですよ。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ピアノソナタXVI:37 ピアノソナタXVI:6 ピアノソナタXVI:10 ピアノソナタXVI:23 ピアノソナタXVI:24

【新着】ダリア・グロウホヴァのハイドンのピアノソナタ集第3巻(ハイドン)

ショパンのようにハイドンを弾く人、ダリア・グロウホヴァのソナタ集の3枚目がリリースされました。

Gloukhova3.jpg
amazon / TOWER RECORDS

ダリア・グロウホヴァ(Daria Gloukhova)のピアノによる、ハイドンのピアノソナタ5曲(Hob.XVI:6、XVI:34、XVI:14、XVI:40、XVI:37)を収めたアルバム。このアルバムのタイトルは「ハイドンのお気に入りのソナタ」。収録は2012年11月、これまでの2枚と同じ、モスクワ議会議事堂のラジオ放送収録第1スタジオでのセッション録音。レーベルは米CENTAUR。

短期間に3枚リリースされ、今回のアルバムも有名曲を集めたものではないことことを考えると、もしかして全集を企てているのでしょうか。

2013/12/30 : ハイドン–ピアノソナタ : 【新着】ダリア・グロウホヴァのハイドンのピアノソナタ集新盤(ハイドン)
2013/12/02 : ハイドン–ピアノソナタ : 【新着】ダリア・グロウホヴァのピアノソナタ集(ハイドン)

いずれにせよ、ハイドンのピアノソナタに新風を吹き込むグロウホヴァの新盤は気になるものということで、迷わずゲットし、迷わずレビューと言う流れです。

Hob.XVI:6 / Piano Sonata No.13 [G] (before 1760)
ごく初期のソナタ。4楽章構成。いつものように軽やかな入り。テンポを自在に動かし、サラサラとメロディーを置いていきます。いつものようにまさにショパンを弾くような詩情が溢れます。ハイドンの古典的な美しいメロディーと簡潔な構成の曲に花の香りをまぶしたような華やかさ。きらめくような高音の音階、疾走するような鮮やかなパッセージとふと力を抜いた間のコントラストが絶妙ですね。リズムを強調せず流すように弾いていくことでメロディーの美しさと構成の面白さをさらりと表現しています。
すっとメヌエットに入り、しっとりと落ちついた景色が広がります。中間部は敢えてすこし刺激を残すようなアクセントを織り交ぜ、ふたたび癒されるようにしっとりとした音楽に戻ります。さりげない変化が音楽を豊かにしています。
お気に入りのソナタというタイトルに偽りなし。このアダージョのデリカシーに富んだタッチは曲の魂に近づいたような渾身の演奏。なんと澄みきった音楽。なんとデリケートなタッチ。この初期のソナタの楽譜からこれほどの香しい音楽が流れ出そうとは。
フィナーレは広がった癒しを片付けるようにさらりと表情を変え、聴くものの脳に創意というものを教えるような機転。軽やかに進むメロディーの純粋に音楽的な響きに安堵。

Hob.XVI:34 / Piano Sonata No.53 [e] (c.1782)
一転してだいぶ後の時代の有名なソナタ。この曲はブレンデルのアルバムの冒頭に置かれていたので、ブレンデルの演奏で刷り込まれたもの。やはりブレンデルの骨太な楽興とはことなり、速めのテンポで力感ではなく流れの良さで聴かせる。ブレンデルがそば粉の噛見応えで聴かせるのに対し、グロウホヴァはそうめんの喉越しで聴かせているよう(笑) このソナタに込められたしなやかな流れの部分にスポットライトを当てて、これまでのこのソナタのイメージとは違った余韻を残します。
アダージョは流れの良さを出そうとしているのか、かなり速めのテンポで入りますが、この速めのテンポでメロディーの一音一音が天の川のきらめきのようなきめ細かな音のシャワーのようになって降り注ぎます。満天の星空を眺めるような澄みきった心境になります。終盤の起伏も迫力ではなくドラマティックに間をとります。
フィナーレはやはりきらめくようなメロディーの美しさが際立ちます。美しいタッチから生まれる控えめな推進力と響きのデリケートな変化。この繊細なニュアンスのコントロールこそグロウホヴァの真骨頂でしょう。この曲をリズムと力感で聴かせる演奏が多かったのでグロウホヴァのさらりとした演奏になじめないかと思いきや、聴いてみると、すっと心に染み込みました。

Hob.XVI:14 / Piano Sonata No.16 [D] (early 1760)
再びごく初期のソナタ。最初の1音の醸し出す癒しにいきなりノックアウト。この音色の感覚、冴え渡っています。千変万化する響きの魅力にやられっぱなし。指一本一本のタッチのコントロールの繊細さに驚きます。この記事を書きながらジャケット写真に目をやると、こちらの心に灯をともすようなグロウホヴァの視線にぐらっときます(笑) なんでしょう、この豊かな音楽。ハイドンのソナタのハイドン自身が書いた音楽に魔法をかけ、妖艶な魅力を与えてしまったよう。フォルテピアノの時代に書かれた音楽が、現代の艶やかなピアノの音色で、艶かしく、そして突き抜けるように清透な響きを帯びて流れていきます。繰り返し奏でられるメロディーが麻薬のように脳の癒し中枢を麻痺させていきます。
続くメヌエットは足早に。流れる音階の快感。そして時折きらめき、時折慌てながら、ハイドンのメヌエットのメロディーと構成の面白さを早送りで見せるような機転。この辺の演出の上手さも唸らされるところです。
フィナーレはメヌエットの流れを受け、早送りのイメージを引き継ぎます。やはり曲を完全に読みこなしてこそのアプローチでしょう。

Hob.XVI:40 / Piano Sonata No.54 [G] (c.1783)
初期のソナタと後年のソナタを交互に配置しているのですね。1783年頃作曲された2楽章構成のソナタ。長調のソナタなんですがすぐに短調に変わる光と影をあらわすような曲調。今までの曲のなかでは一番あっさりとした入り。初期のソナタに素晴しく豊かなニュアンスを与えたのに対し、このソナタでは少し枯れたような表情を垣間見せます。右手と左手のメロディーをすこしずらして聴かせるなど、はっとさせられる部分もあり、この曲ではすこしアプローチがこれまでと変わったようです。豊かなニュアンスを耳が期待しますが、逆に高音の透明感と良く響くピアノの響きの複雑さが聴こえてきます。
プレストに入ると鮮やかなタッチで活き活きとした音階を奏で、特に右手のキレの良い隈取りが音楽に輝きを与えます。2楽章構成のこの曲想に合わせて、響きのデリケートさよりも透明感のある軽やかなキレを聴かせたかったようです。

Hob.XVI:37 / Piano Sonata No.50 [D] (c.1780)
最後の曲は前曲よりも3年ほど遡った1780年頃の曲。アルバムの最後を飾るのに相応しい、色彩感と力感。グロウホヴァ独特の豊かなニュアンスが戻ってきました。速いパッセージなのにタッチのデリケートさと豊かな色彩感が出色。音楽に宿る気配から表情を引き出す鋭い感覚があるのでしょう。一気に弾き進める演奏も多い中、このような速いパッセージでも素晴しく豊かな表情が際立ちます。
つづくラルゴは好きな曲。ゆったりと沈み込む情感が特徴の曲ですが、グロウホヴァは沈み込まず、メロディの美しさを聴かせようとしているのか、フレーズのつなぎ目に間をおかずさらさらと流れる音楽に仕立て上げます。間をおかず軽やかなフィナーレに入りますが、こんどは途中で絶妙にリズムに重さををまぶし、一筋縄ではいかないというところを聴かせます。これも機知。ハイドンが仕込んだのとは異なる機知を織り込んできます。おそらくハイドンが聴いたら、この新しい才能を見抜き、自らの曲に新たな息吹を吹き込むこの奏者を気に入る事でしょう。

ダリア・グロウホヴァのハイドンのソナタ集の3枚目ですが、詩情溢れるグロウホヴァの魅力炸裂の素晴しい出来でした。とりわけ最初の3曲はタッチの繊細さが素晴しい超名演です。アルバムタイトルの「ハイドンのお気に入りのソナタ」に偽りなし。グロウホヴァ自身がソナタの中でもお気に入りの曲を選んで演奏しただけのことはあります。最近の若手ピアニストのなかでもハイドンの演奏にかけては右に出る人がいないほどでしょう。この美貌とこの演奏、ブレイクしそうですね。評価はもちろん全曲[+++++]とします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ピアノソナタXVI:6 ピアノソナタXVI:34 ピアノソナタXVI:14 ピアノソナタXVI:40 ピアノソナタXVI:37 美人奏者

ブラッドフォード・トレーシーのフォルテピアノソナタ集

まだLPが続きます。

BradfordTracey.jpg
amazon(CD)

ブラッドフォード・トレーシー(Bradford Tracey)のフォルテピアノの演奏によるハイドンのピアノソナタ4曲(Hob.XVI:6、XVI:12、XVI:28、XVI:50)と、アンダンテと変奏曲(XVII:6)の5曲を収めたアルバム。収録は1981年、ドイツの南西端にあるバート・クロイツィンゲン(Bad Krozingen)城でのセッション録音。レーベルはFSM toccataというところ。ドイツ語の解説が先に書かれているのでドイツのレーベルでしょう。

今日はなんと、出勤時に駅まで急ぎ足で歩いていて、交差点の信号の変わりばなに足を踏み出したところ、右足のふくらはぎからピシッという音がして激痛が走りました。肉離れです。昨年も一度やったところ。しばらくじっとしていましたが、満員電車での通勤は無理とあきらめ、3倍くらいの時間をかけてびっこをひきながら家にもどり、会社に休みの連絡を入れました。朝一番で近所の整形外科に行き、前回のときと同様、念のためレントゲンを撮って骨には異常がないことを確かめ、「肉離れですね」と整形外科医にとっては日常的な軽めの扱い(笑)
シップを貼って、包帯で圧迫。そして消炎鎮痛剤が処方されました。前回は勤務先そばの整形外科でしたので、今回と違う先生。前回は包帯はなしでしたが、すこし圧迫した方が良いそう。ということで今日は自宅で静かに、音楽を聴いて療養していた次第です。

最近集中してLPを聴いていますが、DL-103の図太い音色から、SHURE V15typeVのモニター調の精緻な音色が恋しくなり、カートリッジをV15typeVに変えて、久々にアームをいろいろ調整しました。LPはカートリッジを変えることで音質がかなり変わりますので、それも楽しみの一つです。

SHUREに変えたので、古楽器などが良かろうと取り出したのが今日のアルバム。

奏者のブラッドフォード・トレーシーは1951年、カナダ東端のノヴァ・スコシア生まれのピアニスト、フォルテピアノ奏者。ノヴァ・スコシアといえば、以前取りあげたゲオルク・ティントナーが晩年落ち着いたところですね。当初からフォルテピアノなどの古楽器を学び、ハンス=マルチン・リンデらとスコラ・カントルム・バジリエンスとして演奏活動をしていました。また古楽器の収集家としても知られた人とのことです。1979年からはベルリン芸術アカデミーの教職につきました。1987年に36歳で亡くなっています。

このアルバム、LPの実体感溢れる音響によってフォルテピアノの鮮明な響きが味わえるなかなかいいアルバム。しかも全5曲それぞれ異なる楽器で弾かれているのも楽器収集家でもあった奏者のこだわりでしょう。今はほとんど知る人のいない、ブラッドフォード・トレーシーの名演奏と楽器の音色の違いを楽しみながら、肉離れを癒したいと思います。

Hob.XVI:6 / Piano Sonata No.13 [G] (before 1760)
楽器:Cembalo nach Blanchet, Paris um 1730 von William Dowd
ハープシコードのキレのいい音色で奏でられる初期のソナタ。非常に鮮度の高い響き。トレーシーの演奏は粒立ちのよいハープシコード独特のきらびやかな音色を生かして、キビキビとしたテンポの良い演奏。フレーズの単位ごとに少し間をとりながら進めることで、構成感もあります。2楽章はメヌエットで、かわらぬキビキビ感を保ちます。休符を長くとることで、曲が引き締まります。左手で奏でるリズムに変化があり単調な感じは一切しません。3楽章がアダージョ。さっぱりとしながらも少し練りが入り、詩的な印象も加わります。このアダージョの素朴な展開の美しさは見事。曲想と楽器がぴったりマッチしてえも言われぬ感興。フィナーレも無理せず、ありのままの音楽ですが、楽器をキャパ一杯まで鳴らし最後のクライマックスにもっていきます。

Hob.XVI:12 / Piano Sonata No.12 [A] (before 1765)
楽器:Tavelklavier, unsigniert, Schweiz um 1770
音色がずっとピアノに近くなります。特に中高音の響きに余裕が感じられます。この曲も初期の曲ですが、前曲と聴かせどころが全く異なり、練習曲のような音階の繰り返しと規則的な一貫したテンポ。ここでも曲想と楽器の音色が見事に一致。楽器の音色に関して相当鋭敏な神経の持ち主と見ました。演奏は古典派らしく、踏み外したところのないバランス感覚溢れたもので、音色に多くを語らせようと言う事でしょうか。

Hob.XVI:28 / Piano Sonata No.43 [E flat] (1776 or before)
楽器:Fortepiano von Johann André Stein, Augsburg um 1780
今度は良く乾燥が進んだ乾いた音色の胴鳴りの美しさをともなったフォルテピアノの響き。強弱のレンジも広がり、曲の構造が一層浮かび上がってきます。中音域の粒立ちの良さと高音域のすこしオフ気味な柔らかい音色がメロディーラインの印象を華やかにします。トレーシーの演奏は慎み深く、楽器本来の響きを鳴らす事に集中しているようです。特に面白いのがフィナーレ。主題が次々と変化し印象を変えていくのでしたが、重なり合うようにフレーズが有機的に変化していき、次々と楽器の音色も変化して、千変万化する音楽の豊かさが印象的。

Hob.XVII:6 / Andante con Variazioni op.83 [f] (1793)
楽器:Fortepiano von Johann Gottliev Fichtl
LPを裏返して晩年の名曲になります。前曲の楽器より若干、木部の乾燥が進んでいないような印象のしっとりとした音を奏でるフォルテピアノ。ちょっと箱鳴りっぽい余韻がつきまといます。この曲の影のある表情を強調しようという意図でしょうか。前曲で使った伸びのいい爽快感のある楽器での演奏の方がしっくりくるのではないかという見方もあるでしょう。トレーシーの演奏は一貫して抑制がききつつも表情は豊かで、いい意味で淡々としたところもあり、ハイドンのピアノソナタを知り尽くした人にしかできないきっちりしたもの。この曲の激しさは影を潜め、柔らかいフォルテピアノの音色による回想シーンのような雰囲気のある音楽。途中の抑えた音色の部分の深い表現もあり、この曲の幽玄とした印象がにじみ出る名演奏です。

Hob.XVI:50 / Piano Sonata No.60 [C] (probably 1794)
楽器:Fortepiano von John Broadwood & Son, London 1798
最後の曲。高域の響きのいい楽器。粒立ちがいいというのではなく、アタックよりも胴鳴りの豊かさを感じる響き。ハイドンのソナタの頂点に位置する曲ですが、意外にここに来てテンポの変化をかなりつけた演奏です。微妙にテンポを上げたり落としたりして、フレーズごとに自在な表情付け。音色の方は一貫して響きのいいもの。この曲ごとのスタンスの違いも面白いですね。途中ペダルを効果的に使って、あえて楽器全体が響くような特殊な響きを置いたりして、聴き手の予測を超える変化を見せる器の大きさ。楽器の響きをすべて知り尽くした人だけが出来る演出でしょう。2楽章のアダージョに至ってトレーシーの自在なタッチはさらにくだけて、自在さの限りを尽くすよう。初期のソナタのかちっと引き締まった演奏とは別人のような閃き。曲の本質を見抜く類いまれなセンスの持ち主だったのでしょう。フィナーレは逆に秩序がもどり、アルバム最後のトラックを穏やかな表情でまとめます。

いやいやこのアルバムは素晴らしい。ハイドンのソナタ集に違いはないのですが、奏者の志しの高さがにじみ出てくるような素晴らしい演奏。ハイドンの初期から晩年のソナタを並べ、その各曲に最適な楽器で、そのソナタはこう弾くべきと言う明確なメッセージを感じる演奏です。特に各曲の曲想をに合わせて演奏スタンスをはっきり変えてくるところも素晴らしい機転です。評価は全曲[+++++]とします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ピアノソナタXVI:6 ピアノソナタXVI:12 ピアノソナタXVI:28 ピアノソナタXVI:50 アンダンテと変奏曲XVII:6 LP

ロラン・マルタンのピアノソナタ集

今日はディスクユニオンで見つけた一枚。

LaurentMartin.jpg
amazon

ロラン・マルタン(Laurent Martin)のピアノによるハイドンのピアノソナタ3曲、Hob.XVI:23、XVI:6、XVI:49の3曲を収めたアルバム。ハイドンの中期、初期、後期のソナタを並べたという構成でしょうか。レーベルはLigia Digitalというレーベル。ジャケットにはDistribution:Harmonia Mundiとありますので傘下のレーベルでしょうか。収録は2003年5月、フランスの南部の街ミラボーでのセッション録音。

ロラン・マルタンは終戦の年、1945年フランスのリヨンに生まれたピアニスト。このアルバムのライナーノーツにも略歴がなく、Wikipediaもフランス語版にしか記事がなく細かいことはわかりません。マルタンの演奏するアルバムはLigia Digitalレーベルではグノー、シューマン、シャブリエ、ベルリオーズ、スクリャービン、オンスロー、アルカン、カスティヨンとフランスを中心としたマイナーものばかり。またMARCOPOLOやNAXOSからはアルカンの録音が多くリリースされています。フランスもの好きの方には知られた存在なのかもしれませんが、私ははじめて聴く人。

このアルバムを取りあげたのはもちろんその演奏の素晴らしさから。マイナー盤でしかもマイナーな演奏者ではありますが、その演奏はハイドンのソナタの神髄に迫る素晴らしさ。私が紹介せずに誰がとりあげましょうか。

ピアノソナタ(Hob.XVI:23)1773年作曲
なぜか1曲目だけ収録のレベルが低く、2曲目からレベルが上がる不思議なアルバム。それゆえ1曲目はボリュームを結構上げて聴きます。比較的残響が豊かな録音で響きの美しさで聴けてしまうもの。1楽章は速めのテンポで、さくさく弾き進めていく感じ。指がよくまわって速いテンポの痛快な表情が見事。力を入れる部分が練る感じなのも悪くありません。これだけ速いテンポで、フレーズごとの表情を豊かに演奏できるのはそれなりの技術が必要ですね。
2楽章のアダージョ。このアルバムの最も素晴らしい部分は各曲のアダージョの演奏。素晴らしいきらめき感。さりげない演奏なんですが味わい深い名演と言っていいでしょう。落ち着いた呼吸、没入しすぎない冷静さ、磨きすぎない素朴さなど、ハイドンに必要な要素をすべて備えていると言っていいでしょう。
3楽章は再び速めのテンポで突き進む感じ。曲想の面白さを知り尽くしてさらっと弾くような凄さがありますね。速いパッセージのキレと力強いアクセントが魅力ですね。

ピアノソナタ(Hob.XVI:6)1750年代作曲
一転して初期のソナタ。録音レベルがだいぶ上がってビックリ。前曲同様速めのテンポで入ります。鍵盤の上で遊ぶような感じが良いですね。楽譜を自在に弾きこなすことを楽しむような余裕がありますね。ちょっと粗いような印象を与える部分もあるんですが、それが欠点にならないところが素晴らしいですね。
2楽章はメヌエット。さりげなく入りますが、左手がデリケートにサポートしながら進みます。滑らかに変化するアゴーギグが見事。ほのかな明るさのある前半、影のある中間部、そして再び明るさをとりもどした後半と変化する曲想に応じたコントロール。
3楽章のアダージョ。この楽章の落ち着いた美しさの表現はハイドンのソナタの神髄にせまっています。一律な表現ではなく変化する曲想と表現がマッチ。
フィナーレは力強さと変化とデリケートさと多彩な表情が魅力。

ピアノソナタ(Hob.XVI:49)11789/90年作曲
記憶に残る有名なメロディーラインが耳に蘇ります。少し荒っぽくもあり、遊び心もあり、キレもメリハリもある素朴な演奏という感じ。左手の低音の表情づけが意外とはっきりしているのが他の演奏との違いと言って良いでしょう。寄せ手は返す波のような曲想をみごとに表したテンポの揺れ。綺麗に弾こうということではなく、曲に素直に弾こうという感じの演奏だと思います。自在な表現が見事と言う他ありません。これは見事な演奏。
2楽章アダージョ・カンタービレ。孤高のアダージョ。音量の変化はあまり付けずに自在なリズムから生み出される詩情のみを表現手段として弾き進めていきます。デリケートさを感じさせない堂々とした演奏ながら、良く聴くと一音一音を緻密にコントロールしていることがわかります。力強く堂々としたアダージョなのに素晴らしい詩情。これは名演奏ですね。このアルバムの白眉とも言える楽章。
フィナーレは規則的に繰り返す象徴的なメロディーラインが印象的な楽章。もうマルタンの術中にハマりきっていますのであとは流すだけのような楽章ですが、巧くまとまって曲をクッキリ閉じます。

はじめて聴くマルタンのハイドンは、良い意味で荒っぽく自在に弾き進め、細かなところに拘るでもなく、大きな曲の流れを的確につかみ、しかも機知の表現にすぐれる、曲の神髄に迫る素晴らしい演奏でした。評価は全曲[+++++]です。フランスもののスペシャリストのようですが、ハイドンを聴く限りテクニック、音楽性は抜群ですね。こうゆうアルバムがあるので未聴盤を集めるのがやめられない訳ですね。一応現役盤のようですので、ピアノ好きな方には一聴をお薦めします。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ピアノソナタXVI:23 ピアノソナタXVI:6 ピアノソナタXVI:49 おすすめ盤

カテリーネ・ゴルデラーゼのピアノソナタ集

今日はピアノソナタの珍しいアルバムを。

Gordeladze.jpg

カテリーネ・ゴルデラーゼ(Catherine Gordeladze)の弾くハイドンのピアノソナタ集。収録曲目は収録順にピアノソナタXVI:6(1950年代作曲)、VI:37(1780年頃)、VI:30(1776年)、VI:46(1767年~70年)、VI:52(1794年)の5曲。収録は2007年2月24日から26日。レーベルはドイツのARS MUSICI。このアルバムを選んだのは昨夜ちょっと手に取ったら録音日がちょうど4年前の今日ということで。こうゆうこともあるんですね。

彫りの深い容姿とちょっと濃いめのお化粧をしたピアニスト然とした姿の写真をインパクトのあるジャケット。先日ディスクユニオンの店頭で、一目でコレクションにないアルバムと判明したため入手。これまで見知らぬ演奏家の見知らぬアルバムでも素晴らしい演奏と出会うこともたびたびあるため、CDプレイヤーにかけて最初の音をだすまで、緊張が走ります。この緊張感がたまりません。

レビューに入る前に、奏者のことを調べます。ネットに本人のサイトがありましたのでリンクを張っておきましょう。

Catherine Gordeladzeのウェブサイト(ドイツ語、英語)

最初はジョージア州出身と読んだんですが、よく読むとグルジアのトビリシ出身。黒海とカスピ海の間の国。グルジアと言えば力士の黒海や臥牙丸、栃ノ心で日本に親しまれていますね。現在はドイツに住んで活躍しているようです。ソロピアニストとして、そして室内楽の奏者としてドイツなどで知られているそうです。ピアノはアレクシス・ワイゼンベルクに師事し、現在はフランクフルトの大学での講座も持っているようですね。おそらく日本ではあまり知られた存在ではないでしょう。

ゴルデラーゼ演奏は非常にキレの良いピアノのオーソドックスなもの。ハイドンのソナタの模範的な演奏として安心して聴けるもの。非常にクリアな指使いでメロディーラインをクッキリ浮かび上がらせ、感情表現は控えめながら楽譜に書かれた音符を克明に音楽にしていくような演奏。音ではなく音楽といったのは、音楽性もそこそこあり、シンプルな表現ながら楽しめる演奏となっています。

1曲目のXVI:6はかなり初期の作品。シンプルな曲想をテンポよくクッキリと弾いていきます。晴朗感、弾む感じが曲想にあっていて良い演奏。1楽章、2楽章は若干平板な印象もありますが、3楽章のアダージョはすこしリラックス度があがり、情感が深くなります。なかなか良い演奏。終楽章ふたたびクリアな音響。

2曲目は名曲XVI:37。全曲のアダージョが良かっただけに、有名な2楽章のラルゴの情感は期待できそうですね。1楽章は前曲の速い楽章にすこし固さが見られたのとは変わり、メリハリと変化もついてなかなかいい感じ。元々右手の輝き感は美しいだけに、この曲の特徴的なメロディーをクッキリ浮かび上がらせて、なかなかいい感じです。1楽章の後半に不思議なアクセントをつけてちょっとトランス状態に入りそうな規則的なアクセントの繰り返し。面白い解釈です。期待の2楽章。クッキリとしながらゆったりとして期待通りの美しさ。抑えた部分もクッキリしながら音量を落とせるので変化の幅もいいですね。フィナーレも右手の輝きでクリアな響き。この人の演奏は色っぽい感じはしないんですが、健康的な響きの中にほのかなおしろいの香りのような優美さが感じられるというの特徴ですね。

3曲目のXVI:30、4曲目のXVI:46も基本的に同様の傾向の演奏ということで、ちょっと割愛。

最後の大曲XVI:52。これまでの曲とはスケール感の表現要求が一段階変わります。1楽章はこれまでの曲よりも起伏をつけているように感じます。聴き進めていくうちにちょっと感じたのが師であるワイゼンベルクの影響。すべての指の音をクリアに響かせるワイゼンベルクの音の特徴がゴルデラーゼの弾くピアノの特徴にもなっているように感じます。音色の特徴は感じるものの、曲のスケール感を表現するにはフレージングが若干平板な印象を与えてしまうのも正直なところ。2楽章のアダージョは持ち前の呼吸の良さが活きて良い演奏。フィナーレもアダージョの良い流れを受け継いで程よい流れ。

このアルバムの評価はXVI:6とXVI:52が[+++]、その他の曲が[++++]としました。全体にクッキリした響きとキレの良さが、そしてゆったりした部分にはうっすらと良い詩情を伴う演奏ですが、曲のメリハリと言うか、特に速い楽章のフレージングが若干単調さを感じさせるところがあり、そのあたりの音楽性が豊かになってくると評価も上がるのではないかと思います。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ピアノソナタXVI:6 ピアノソナタXVI:37 ピアノソナタXVI:30 ピアノソナタXVI:46 ピアノソナタXVI:52

ハイドン時代のスクエアピアノの音

昨日手に入れたアルバムをもう1枚。

Leach.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

ATHENEという未知のレーベルからリリースされているハイドンのピアノソナタ集。
ただし、普通の演奏ではなく、ジャケットの写真と表記からもわかるとおり、ハイドンが生きていた時代のスクエアピアノ、まあ箱形のフォルテピアノということでしょう。
類似の企画にクラヴィコードによるソナタ集というものもありますが、箱形のフォルテピアノというのは記憶の上では初めて。一体どんな響きが聴こえるのやら。

奏者はジョアンナ・リーチ(と読んでいいのかしら)。ライナーノーツに奏者の略歴などの表記がないため、いつものようにネットで調べると、ありました。ATHENEレーベルの属するDivine Art Recordings Groupのウェブサイトに彼女の略歴などの情報が。

ジョアンナ・リーチ略歴(英文)

このアルバムの他にもう1枚ハイドンのソナタ集があるようですね。

このアルバムに含まれる曲は次のとおり。曲ごとに楽器も異なります。

変奏曲 Hob.XVII:6 楽器 Stodart(1823年頃作)
ソナタ Hob.XVI:35 楽器 Broadwood(1789年作)
ソナタ Hob.XVI:49 楽器 Astor(1800年頃作)
ソナタ Hob.XVI:20 楽器 Longman and Broderip(1787年頃作)

録音は1991年から92年にかけて。曲ごとに音色の変化が楽しめるという趣向です。
演奏は古楽器の響きを楽しむのには十分安定したもの。

変奏曲はこの中で使われる楽器のなかで一番新しいもの。ダイナミクスの幅が広くなっていて、この変奏曲のダイナミックさがが十分生かされているように感じます。こうゆう音をイメージしながらハイドンは作曲していたんでしょうね。古雅な音色にのせて作曲当時のハイドンの思考にトリップできますね。

LeachwithPiano.jpg

写真は上記ウェブサイトに掲載されたジョアンナ・リーチと愛機の1823年製(筆者注:1832年との記載ですが1923年の誤植か?)Stodart箱型フォルテピアノです。

2曲目はHob.XVI:35。楽器はさきほどのものよりほんのちょっとチェンバロよりの響き。よく聴くとハンマーだかメカニズムだかが奥でカチカチ言うのが聴こえます。2楽章のアダージョが、少ない音符の向こうに聴こえる響きを楽しめます。録音も我が家で弾いているように聞こえて悪くありません。

3曲目はHob.XVI:49。こちらは中音域に独特の癖のある響きが特徴。弦を鳥の羽の軸ではじいているような音の感じです。高音域に響きの濁りが少々あります。この曲も1楽章は刷り込まれているより新しい楽器での響きと比べると難ありの印象ですが、2楽章でその印象は一変。やはり楽器の古雅な音色に引き込まれます。

最後は私の最も好きなHob.XVI:20。この楽器も面白い。速いパッセージのところで鍵盤をこするようなノイズが入りますが、鑑賞の邪魔になるというよりは、逆にどんな構造になっているのだろうかという興味をかき立てます。鍵盤の打鍵感にばらつきがあるのか、少々弾きにくそうですが、この楽器は高音の旋律が美しい。ちょっと金属的な感じもしますが、右手の音階の上下が特徴的なこの曲に非常にマッチしてます。2楽章はこれまた雅の限り。
演奏ではなく音色で曲が楽しめます。もちろん演奏も悪くありません。

ハイドンの演奏ばかりあつめていると、ただの演奏よりも、こうしたコンセプトが明確なアルバムには強く惹き付けられます。演奏自体のテクニックはこの演奏を上回るものは多いですが、ハイドンの生きた時代に近づこうとする心意気には頭が下がります。楽器の修復家との出会いをきっかけに作曲家の時代の響きを求め続けているピアニスト。そしてそれをリリースする小さなレーベル。ただただ感動です。
手に入れられるかはわかりませんが、このレーベルのハイドンの他のアルバムも是非手に入れたくなりました。

一般的にはあまり高い評価がつく演奏ではありませんが、私個人としては評価は高くつけました。各曲とも[++++]、アルバムとしてもおすすめ盤のタグを付けました。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ピアノソナタXVI:6 ピアノソナタXVI:35 ピアノソナタXVI:49 ピアノソナタXVI:20 古楽器 おすすめ盤 スクエアピアノ

燻し銀 ナディア・ライゼンベルク

今日は古めの1枚、いや2枚です。

Reisenberg.jpg
TOWER RECORDS

ナディア・ライゼンベルクは1904年リトアニア生まれのピアニストで、この録音は1955年から58年にニューヨークで録音されたもの。ソナタ6曲と変奏曲などの小曲6曲を組み合わせた2枚組です。
もともとWestminsterレーベルが録音したものをIVORY CLASSICSというアメリカのレーベルが再リリースしたものです。もしかしたら年配の愛好家の方にはなじみのピアニストなのかもしれませんが、私は初めて聴く人です。
この盤を手に入れたのはもう10年くらい前になるでしょうか。これも再整理で久しぶりに手に取って聴き直したアルバムです。

ライナーノーツやネットを調べたら、いろいろ資料がありました。
まずはこの人の公式サイト。

http://www.nadiareisenberg-clararockmore.org/

ヴァイオリニストだった妹のClara Rockmoreとともに2人の業績をたたえる財団?の公式サイトで、貴重な写真やディスコグラフィなども公開されており、一見の価値有りです。(妹を最初ピアニストと紹介してましたが誤りだったので訂正しました)

もう一つはこのアルバムのレーベルであるIVORY CLASSICSのウェブサイト。

http://www.ivoryclassics.com/

音楽産業衰退の著しい昨今ですが、ピアノ音楽のみ60枚をリリースしている小レーベルです。
こうゆうレーベルは守らなくてはいけません!
ハイドンの録音も他に数枚あるようですので、今度直接注文をだしてみるべきでしょう。

さてさて、前置きが長くなりましたが、このアルバム、お気に入りの演奏です。
ノスタルジックな雰囲気が豊かな演奏ですが、古さを感じるというより気品の良さと絶妙の間が生きたすばらしい演奏でもあり、ハイドンのソナタの古い演奏の模範とも言えるものです。ライナーノーツにはLPとしての初出当時の新聞などの好評価のようすが紹介されていますが、それもうなずけるものです。

往事のジャケット写真の麗しい姿がそのまま音になったようなハイドンもいいものですね。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ピアノソナタXVI:6 ピアノソナタXVI:43 ピアノソナタXVI:37 ピアノソナタXVI:34 ピアノソナタXVI:50 ピアノソナタXVI:52 ピアノ小品 ヒストリカル おすすめ盤 美人奏者

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

古楽器ラメンタチオーネアレルヤ交響曲3番交響曲79番チェロ協奏曲1番オックスフォード驚愕交響曲88番交響曲19番交響曲58番交響曲27番アンダンテと変奏曲XVII:6ショスタコーヴィチベートーヴェン紀尾井ホールラヴェルストラヴィンスキードビュッシーピアノ三重奏曲ミューザ川崎LP協奏交響曲オーボエ協奏曲日の出ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:38サントリーホールスタバト・マーテルピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:37ブルックナーマーラー十字架上のキリストの最後の七つの言葉ヒストリカル交響曲90番告別交響曲97番交響曲99番交響曲18番奇跡ひばり弦楽四重奏曲Op.64フルート三重奏曲悲しみ交響曲102番モーツァルト交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者小オルガンミサミサブレヴィスニコライミサ交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23王妃ピアノソナタXVI:52ライヴ録音SACD武満徹チェロ協奏曲交響曲80番交響曲全集交響曲81番交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかり騎士オルランド無人島Blu-ray東京オペラシティ交響曲9番交響曲12番交響曲11番交響曲10番ロンドン太鼓連打交響曲15番交響曲4番交響曲2番交響曲1番交響曲37番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:5天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:7ロッシーニドニぜッティライヒャピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3シェーンベルク東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4バードタリスアレグリパレストリーナモンテヴェルディすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6美人奏者四季迂闊者交響曲70番アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:4バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーシューベルト交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲51番交響曲46番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌ弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオオフェトリウムモテットドイツ国歌カノン弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ブーレーズベルク主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生音楽時計曲ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲107番交響曲62番変わらぬまことジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
111位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
11位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ