ファイ/シュリアバッハ室内管のピアノ協奏曲集(ハイドン)

当ブログの読者の皆さまならご存知の通り、トーマス・ファイが倒れる前に録音した交響曲のアルバムのリリース予告されています。予定のリリース日から少し遅れているようですが、そろそろ来るのではないかと心待ちにしております。そのファイのハイドンのアルバムは全て手元にあると思っていたのですが、意外に盲点があり、このアルバムが未入手だと最近気づき、あわてて注文した次第。新たなアルバムが到着するまで、こちらでしのぎます(笑)

FeyZitterbart.jpg
TOWER RECORDS / amazon / ローチケHMVicon

ゲリット・ツィッターバルト(Gerrit Zitterbart)のピアノ、トーマス・ファイ(Thomas Fey)指揮のシュリアバッハ室内管弦楽団(Schlierbacher Kammerorchester)の演奏で、ハイドンのピアノ協奏曲3曲(Hob.XVIII:3、XVIII:4、XVIII:11)を収めたアルバム。収録は1999年6月、フランクフルトのフェステブルク教会でのセッション録音。レーベルは独hänssler CLASSICS。

トーマス・ファイの振るハイドンの交響曲のシリーズですが、これまで取り上げた回数は10記事にもなります。

2014/08/18 : ハイドン–交響曲 : 【新着】トーマス・ファイ/ハイデルベルク響のの98番、太鼓連打(ハイドン)
2013/12/01 : ハイドン–交響曲 : 【新着】トーマス・ファイの交響曲99番,軍隊(ハイドン)
2013/04/12 : ハイドン–交響曲 : 【新着】トーマス・ファイ/ハイデルベルク響のラメンタチオーネ他
2012/11/20 : ハイドン–交響曲 : 【新着】トーマス・ファイ/ハイデルベルク交響楽団の交響曲1番他、爆速!
2012/07/08 : ハイドン–交響曲 : トーマス・ファイ/ハイデルベルク交響楽団の90番、オックスフォード
2012/06/11 : ハイドン–交響曲 : トーマス・ファイ/ハイデルベルグ交響楽団のマリア・テレジア、56番
2012/05/03 : ハイドン–交響曲 : トーマス・ファイ/シュリアバッハ室内管の「時の移ろい」「告別」
2011/07/06 : ハイドン–交響曲 : 【新着】トーマス・ファイの「帝国」、54番
2010/12/26 : ハイドン–協奏曲 : 【新着】トーマス・ファイのホルン協奏曲、ホルン信号
2010/08/01 : ハイドン–交響曲 : トーマス・ファイの69番、86番、87番

オケに着目すると、これまでリリースされた22枚のうち、第2巻が今日取り上げるアルバムと同じシュリアバッハ室内管である他はすべてハイデルベルク交響楽団。ハイデルベルク交響楽団の前身がシュリアバッハ室内管ということで、録音時期が1999年以降のアルバムからハイデルベルク響になっているという感じです。ということで、この協奏曲のアルバムは交響曲シリーズの第2巻の「告別」「時の移ろい」を収めたアルバムとともにファイのハイドンの録音の最初期のものということになります。ちなみアルバムの番号を比べてみるとこちらが98.354なのに対し、交響曲の第2巻の方は98.357と若干後。ということでもしかしたら、このアルバムがファイのハイドンの最初の録音ということかもしれませんね。そういった意味でも非常に興味深いアルバムです。

ピアノのソロはゲリット・ツィッターバルト、初めて聴く人かと思いきや、調べてみるとアベッグ・トリオのピアノを担当する人でした。1952年、ドイツのゲッティンゲン(Göttingen)に生まれ、カール・エンゲル、ハンス・ライグラフ、カール・ゼーマンら高名なピアニストに師事し、ドイツ音楽カウンシルのサポートを受けて若手芸術家のためのコンサートシリーズなどに出演。その後いくつかのコンクールで優勝してヨーロッパ各国で活躍するようになりました。1976年にアベッグ・トリオを設立後は室内楽の分野で活躍しています。ファイとはハイドンの前にモーツァルトのピアノ協奏曲の録音があり、ファイのお気に入りのピアニストだったのでしょう。

Hob.XVIII:3 Concerto per il clavicembalo(l'organo) [F] (1765)
ファイの演奏の記憶と比べると随分オーソドックスな伴奏の入り。オケは適度にリズミカルで快活。なんとなくこれからキレキレになりそうな予感を感じさせながらも穏やかさを保ちます。ツィッターバルトのピアノはファイのスタイルをピアノに移したように、適度なコントラストをつけながらクリアにリズムを刻んでいきます。オケもピアノもそこここにキラリと光る輝きがあり、ハイドンの晴朗な曲を爽快さ満点で描いていきます。まるでリズムに戯れて遊んでいるよう。凡庸さは全くなくフレーズの隅々まで閃きに満ちており、これに後年キレがくわわっていったわけですね。ツィッターバルトもかなり表現力。特に高音の抜けるような軽やかさを聴かせどころにして縦横無尽に鍵盤上を走り回る感じがこの曲にぴったり。カデンツァに入るところくらいから、ちょっとスイッチが入り表現意欲に火がつきましたね。
2楽章はラルゴ・カンタービレ。スイッチの入ったツィッターバルトは冒頭からタッチが冴え渡ります。ピアノの美しいメロディーをシンプルな伴奏で支え、ファイもここはツィッターバルトの引き立て役に徹します。このさりげないメロディーの美しさこそハイドンの真骨頂。絶品です。
フィナーレで攻守交代。ツィッターバルトのタッチのキレは変わらないのですが、今度はファイがこれまで抑えていた才気が解き放たれたように自在にオケを操り、とくにコントラバスの鋭いアクセントをかませながらテンポを上げ、ピアノを煽ります。火花散るようなデッドヒートを繰り広げながらも戯れて遊ぶような余裕があります。いやいや、この頃からキレていますね。

Hob.XVIII:4 Concerto per il clavicembalo(l'fortepiano) [G] (c.1770)
もうだめです(笑) 完全にファイのペースに引きこまれました。ゾクゾクするような序奏の入りもファイならではのアイデア満載です。ハイドンの書いた曲が完全にファイ流に再構成され、冒頭から冴え渡るリズム感。オケも様々に趣向を凝らしているんですが、ツィッターバルトのピアノもそれに呼応して軽やかさが際立つタッチで応じます。アクセントのつけ方がこれまでの演奏とは全くアプローチが異なり、スリリングさ満点。微妙にテンポを上げ下げしたり、アクセントの変化をつけたりといろいろやりますが、全てが痛快にハマって気持ちのいいことといったらありません。この曲ではカデンツァは時代もスタイルも超えてやりたい放題。ここまでやると逆に吹っ切れていいですね。
続く2楽章は、弱音器付きの弦楽器の潤いをあえて廃した抑えた序奏から入り、ツィッターバルトのピアノの雄弁さに主役を譲ります。あっさりとした伴奏がかえって深みをもたらしているよう。やはりファイは只者ではありません。
フィナーレはこれも痛快なほどの速さでめくるめくように音階の上下を繰り返しながらキレよく曲をまとめていきます。終盤、突然ぐっとテンポを落とすことでカデンツァを引き立たせるあたりの演出は流石です。キレキレで終了。

Hob.XVIII:11 Concerto per il clavicembalo(l'fortepiano) [D] (1784)
最後は有名曲。どうくるかと身構えていると、それをひるがえすようにオーソドックスに入ります。ただし、伴奏の各パートのアクセントのつけ方はファイならではのもので、聴いているうちにどんどんスリリングになっていきます。気づいてみると速めのテンポでグイグイ攻めるファイペース。一貫してトレモロのようにさざめくような音色に乗りながら寄せては返す波のように音楽の波が襲ってきます。これぞファイマジック!
続く2楽章はあえて表情を抑えて曲自体に語らせる大人な対応。この緩徐楽章を一貫して抑え気味にしてくることで、どの曲も両端楽章の冴え方が際立つわけですね。
フィナーレは予想どおり快速テンポで痛快なアクセント連発。ツィッターバルトのピアノもよくぞこれほど指が回ると驚くほどのめくるめくような冴え方。ファイとの呼吸もピタリで、大胆なデフォルメをそこここに散りばめ、もはや溶けてバターになっちゃいそう(ちびくろサンボ!) やはり只者ではありませんね。

ファイの最初期のハイドンの録音であるこのアルバムですが、すでにファイの魅力が満ち溢れていました。この録音のあとに22巻までつづく、いや、今度23巻がリリースされようとしている交響曲全集の録音が始まったわけです。この1枚を聴くだけでもファイの類い稀な才能がよくわかります。ピアノのゲリット・ツィッターバルトもファイと共通する音楽性を持った人で、ピアノもキレキレ。ファイのハイドンの原点たるこのアルバムの出来がその後の交響曲の録音を決定したことがよくわかりました。もちろん評価は全曲[+++++]とします。

さて、ファイの新譜はいつ手元につきますやら。ますます楽しみです。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ピアノ協奏曲XVIII:3 ピアノ協奏曲XVIII:4 ピアノ協奏曲XVIII:11

【新着】イル・ポモ・ドーロの協奏曲集-2(ハイドン)

前記事のつづき。

IlPomoDoro.jpg
TOWER RECORDS / amazon / ローチケHMVicon

リッカルド・ミナーシ(Riccardo Minasi)とマクシム・エメリャニチェフ(Maxim Emelyanychev)の指揮するイル・ポモ・ドーロ(Il Pomo D'Oro)によるハイドンの協奏曲などを収めた2枚組のアルバム。

今日はCD1から指揮者が変わったCD2を取り上げます。アルバムや奏者については前記事をご参照ください。

2016/02/15 : ハイドン–協奏曲 : 【新着】イル・ポモ・ドーロの協奏曲集-1(ハイドン)

CD2から指揮はハープシコードを弾くマクシム・エメリャニチェフ。今年の1月から前任のリッカルド・ミナーシの後を継いでイル・ポモ・ドーロの首席指揮者となった人。録音時の2014年は26歳という若さです。

Hob.I:83 Symphony No.83 "La Poule" 「雌鶏」 [C] (1785)
1曲目はなぜか交響曲で「雌鶏」。マクシム・エメリャニチェフが得意としているということでしょうか。金管をかなり象徴的に鳴らして古楽器の音色の面白さを強調した入り。オケは同じですが、オケの音色はCD1から変わります。マクシム・エメリャニチェフの指揮はリッカルド・ミナーシよりも金管の音色以外は全般にオーソドックス。古楽器による均整のとれたバランスの良い演奏。金管の鳴らし方が変わらないので若干単調な印象もなくはありません。どちらかと言うとリッカルド・ミナーシの方が若々しい印象です。安全運転な感じ。
アンダンテも実に落ち着いた演奏。CD1の面白さを味わっているので、もう少し踏み込みを期待してしまうところ。演奏は端正でオケのアンサンブルも精度高く質の高い演奏ですが、やはり少々かしこまった感じ。
メヌエットからフィナーレも実にオーソドックスな展開。もちろん古楽器による適度な力感、高揚感、バランス感覚もあり、それなりに盛り上がりを見せますが、あと一味工夫が欲しいところ。そしてフィナーレの終盤、オケがこれまでとは異なり、ちょっと乱れるところもあり、指揮者のコントロール力は少々差があるというのが正直なところ。

Hob.XVII:4 Fantasia (Capriccio) op.58 [C] (1789)
CD2の2曲目はマクシム・エメリャニチェフのハープシコードソロでファンタジア。こちらは音量差のつきにくいハープシコードを縦横無尽に弾きまくった陶酔感を感じさせる部分と余韻で聴かせる部分のコントラストがクッキリとついたなかなかの演奏。先ほどの雌鶏のオーソドックスさとは異なり表現意欲に溢れた演奏です。途中、若干調律のずれたように聴こえる部分がありますが、何らかのペダル操作の影響でしょうか。このへんは楽器にくわしくないためわかりません。

Hob.XVIII:11 Concerto per il clavicembalo(l'fortepiano) [D] (1784)
そして、CD2のハイライトの最も有名なコンチェルト。なぜか序奏から別次元の生気! オケの精度は今ひとつながら、明らかに演奏に気合が漲っています。リッカルド・ミナーシのコントロールに近い印象もありますが、ちょっと荒いでしょうか。ソロのハープシコードは流石にキレキレ。ここでも雌鶏同様、金管が独特の音色を聴かせて格別の存在感を呈しますが、鳴らし方が単調な印象。オケは全般に表現意欲旺盛でアクセントもガッチリキメてきます。指揮者の若さがそのまま音楽に乗っている感じと言えばいいでしょう。それなりにスリリングでたのしめます。
2楽章も同様、適度に荒いところが面白さにつながり、冷静にタッチを進めるハープシコードに対してオケがかなり自在なサポートを聴かせます。リズムがちょっと前のめりになったり、意外なバランスを聴かせたりするところもあって、本当にスリリング。一転カデンツァでははっとするような新鮮な響きを引き出したり、なかなか先の読めない面白さがあります。オケの各奏者が周りの出方を探りながら演奏している感じ。
フィナーレは若さと才気が素直にエネルギーとなって表出したような演奏。相変わらずオケは自在。弾き振りなのにソロとオケの微妙なズレによる緊張が走ります。ハープシコードの見事さと、オケの素人っぽいところの対比が妙に面白い演奏です。

Hob.XVIII:6 Concerto per violino, cembalo e orchestra [F] (1766)
最後はヴァイオリンとハープシコードが活躍する曲。両指揮者がソロでも腕くらべといったところでしょう。リッカルド・ミナーシの存在があるからか、前曲のようにオケが暴れることもなく、適度な生気とバランスの保たれた伴奏に乗って2人のソロは冴え冴えとメロディーを奏でます。やはり変化に富んだボウイングのミナーシと繊細なキレを聴かせるエメリャニチェフのソロは非常に聴き応えがあります。ソロとオケ、表現意欲とバランス、静と動のうまく噛み合ったいい演奏。
つづくラルゴの序奏は抑えていたエメリャニチェフの表現意欲が噴出。いきなりグッと力が入ります。美しいメロディーのヴァイオリンとハープシコードが絡みながらのソロはやはり流石。何となくソロよりオケが前に出てソロ以上に存在感を出そうとしています(笑) この辺はまだまだ指揮者の経験不足というところでしょうか。普段聴く協奏曲とは異なるアプローチに、逆に協奏曲のオケの演奏のツボを教わった感じがします。そういう意味ではいろいろ考えさせられる演奏であります。
このアルバム最後のフィナーレは適度なキレと力感がバランスした演奏。2楽章でちょっと踏み込んだ以外はなかなかバランスの良い演奏でした。

ちょっとCD1とは違うトーンのレビューとなりましたが、このアルバム、2枚組ですが価格はレギュラー盤1枚の値段。しかも前記事で書いたとおり、リッカルド・ミナーシの振ったCD1は素晴らしい出来ということで、アルバム自体はオススメしていいものです。CD2の方はソロはともかく指揮はまだまだこれから経験を積む必要があることを感じさせるもの。最近レビューで取り上げるアルバムは厳選された一級のアルバムばかりでしたので、こうしたレビューは久しぶり。逆に聴く方の脳はいろいろ考えさせられるという意味で刺激的なもののでした。素晴らしい演奏も、これからの成長を期待する演奏も聴けるという意味でも面白いアルバムだと思います。ちなみにCD2の評価ですが、ファンタジアと最後のHob.XVIII:6は[++++]、残り2曲は[+++]とします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 雌鶏 ファンタジアXVII:4 ピアノ協奏曲XVIII:11 ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6 古楽器

カスパール・フランツ/カレイドスコープ・ソロイスツ・アンサンブルのピアノ協奏曲集(ハイドン)

今日は協奏曲のアルバム。こちらも湖国JHさんから送り込まれたもの。

CasparFrantz.jpg
TOWER RECORDS / amazon / ローチケHMVicon

カスパール・フランツ(Caspar Frantz)のピアノ、カレイドスコープ・ソロイスツ・アンサンブル(Solistenensemble Kaleidoskop)の演奏で、ハイドンのピアノ協奏曲3曲(Hob.XVIII:11、XVIII:9、XVIII:2)と、ピアノ、2本のホルン、ヴァイオリン、チェロのためのディヴェルティメント(Hob.XIV:1)の4曲を収めたSACD。収録は2009年1月、ベルリンのテルデックス・スタジオでのセッション録音。レーベルは独Ars Produktion。

このアルバム、ちょっと聴いてみた印象はキレのいいオーソドックスな演奏で、取り立てて個性的な印象はなく、レビューに取り上げるつもりはなかったんですが、何回か聴いてるうちにジワリと良さを感じてきたもの。SACDらしく透明感あふれる鮮明な録音であるのもいいところです。

カスパール・フランツは1980年、ドイツのデンマーク国境に近い港町キール(Kiel)に生まれたピアニスト。ドイツ国内は言うに及ばず、世界的に活躍しており、ソリストのみならず室内楽の分野でも活躍しているとのこと。彼のサイトを貼っておきましょう。

CASPAR FRANTZ

また、オケのカレイドスコープ・ソロイスツ・アンサンブルは2006年にチェロ奏者のミカエル・ラウター(Michael Rauter)と指揮者のジュリアン・クエルティ(Julian Kuerti)が設立したベルリンに本拠地を置く若手中心の室内オーケストラ。ライナーノーツには精鋭のイケメンと美女が写っており、本当に若手中心だとわかります(笑) こちらもサイトを貼っておきましょう。

Solistenensemble Kaleidoskop

モノクロのサイトデザインがイケてます。

Hob.XVIII:11 Concerto per il clavicembalo(l'fortepiano) [D] (1784)
ハイドンの最も有名なピアノ協奏曲。オケは小編成らしいキビキビとしたもの。速めのテンポの序奏に乗ってカスパール・フランツも小気味良いタッチの非常にキレのいいピアノで応じます。オーソドックスながらリズムの冴えが素晴らしい演奏。録音が鮮明なので、アンサンブルの精緻さが手に取るようにわかります。キレ味ばかりではなく、フレーズごとの微妙なニュアンスの変化も巧みで、非常にクォリティの高い仕上がり。カデンツァも短いながらキラリと光るセンスがあって唸らされます。
続くウン・ポコ・アダージョも爽やかさ保ちながら、じわりと情感を漂わせるもの。特にフランツのピアノの磨き込まれたクリスタルのように青白く光る冷徹な美しさがたまりません。この楽章ではテンポを比較的自在に動かしてメロディーを唄わせますが、キリリと引き締まった表情はしっかり保ちます。
フィナーレは再びキレ味抜群。オケの軽々とした吹き上がりが痛快。キレ味とデリケートさを両面持ち合わせたピアノが華を添えます。ピアノの鮮やかなタッチと展開部の高揚感、骨格のしっかりした構成と言うことなし。

Hob.XVIII:9 Concerto per violino, cembalo e orchestra [G] (before 1767)
ハイドンの真作ではない可能性からか録音の少ないHob.XVIII:9ですが、この演奏で聴くと実に面白い。序奏からユニークな曲想に手に汗握る面白さ。フランツは前曲とはスタンスを変えて、曲想の面白さを際立たせるべく、実に自在に表情をコントロール。基本的にタッチの鮮やかさを保ちながら、オケとの絶妙な掛け合いを演じます。それにしてもこの曲のアイデアの多彩さには驚くばかり。
続くアダージョは短調でロマンティック。フランツは曲を楽しむように美しい音色を響かせます。
終楽章はTempo di Minuettoの指示のとおり、終楽章としてはゆったりとしたテンポで音楽を楽しむように、おおらかに起伏をつけながら時折アクセントを利かせてサラリとまとめます。

Hob.XVIII:2 Concerto per il clavicembalo(l'organo) [D] (before 1767)
元々オルガン協奏曲ですが、あえてピアノで弾いてくるところ、前曲のような曲を選曲してくるところになんとなくこのアルバムの意図が見えてきた感じ。耳に残るオルガンの音色での曲想を洗い流すようなクリアなピアノのタッチの美しさが際立ちます。オケも非常に純度が高く、相当な腕利き揃いでソロイスツ・アンサンブルの呼称に偽りなし。この曲ではピアノに増してオケの表現の幅の大きさが聴きどころ。各パートがフレーズごとに新鮮な響きを創ることにこだわっているよう。
続く2楽章は、もともとオルガンの音色の陶酔感で聴かせる楽章ですが、ここでもピアノのキリッとしたメロディーと、響きに変化をつけたオケの掛け合いで、この曲の違った魅力にスポットライトを当てています。1曲目の純粋なキレの良さとは全く異なった演奏は、曲ごとにコンセプトをしっかりもって演奏を組み立てている感じ。オルガンの低音で聴かせるところも、しっかりピアノで演出できていますが、少々無理がある感じで、このあたりは逆に楽器の特性を踏まえて作曲していたハイドンの巧みな手腕をかえって際立たせている感じ。
最後のアレグロは驚くほどさらりとした速めのテンポで意表をついた序奏。ピアノが入るとオルガンよりもキレのいいところを生かして快速テンポで、この曲の高揚感というかトランス状態のような音階の繰り返しをオルガン以上の面白さで表現。オケも恐ろしいほどのキレ味でささえ、この楽章はピアノのでの演奏の面白さ満点。見事です。

Hob.XIV:1 Quintett [E flat] (c.1760)
最後の曲はピアノ、2本のホルン、ヴァイオリン、チェロによるディヴェルティメント。ハイドンのディヴェルティメントらしい愉悦感に富んだ音楽。フランツのキリリとしたピアノを中心にホルンとヴァイオリン、チェロが楽しげにメロディーを重ねます。協奏曲とはまったく異なる音楽の楽しさがありますね。かなり初期の曲ゆえ、ピアノトリオともまた異なり、素朴な面白さ。この曲がなくても協奏曲3曲でアルバムが成立するはずですが、あえてこの曲を収めてきたところは、ピアノをキーにハイドンの音楽の多様性をあえて表現したいということではないかと想像しています。演奏の方は、完全にリラックスして掛け合いを楽しむような演奏。

1曲目の正攻法のキリリと引き締まった演奏を聴いて、冒頭にふれたようにオーソドックスな演奏と感じたわけですが、聴き進むうちにこのアルバムの企画意図の深さがわかってきました。ピアノのカスパール・フランツはかなりの腕前の持ち主。しかも曲に応じて演奏スタイルも明確な意図をもっており、音楽性も確かなものがあります。オケのカレイドスコープ・ソロイスツ・アンサンブルも腕利き揃いで見事なサポート。私は非常に気に入りました。特に3曲目については意見が分かれるところかもしれませんが、オルガン協奏曲をあえてピアノで弾くという意味がある演奏であり、フランツの意図は買いです(笑) 評価は協奏曲は3曲とも[+++++]、ディヴェルティメントは[++++]とします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ピアノ協奏曲XVIII:11 ピアノ協奏曲XVIII:2 ピアノ協奏曲XVIII:9 ピアノ五重奏曲

セバスティアン・クナウアーのピアノ協奏曲集(ハイドン)

意外に手元になかったアルバムを入手。

SebastianKnauer.jpg
TOWER RECORDS / amazon / HMV ONLINEicon

セバスティアン・クナウアー(Sebastian Knauer)のピアノ、ヘルムート・ミュラー=ブリュール(Helmut Müller-Brühl)指揮のケルン室内管弦楽団(Cologne Chamber Orchestra)の演奏で、ハイドンのピアノ協奏曲4曲(Hob.XVIII:3、XVIII:11、XVIII:4、XVIII:9)を収めたアルバム。収録は2007年2月15日から18日、ケルンのドイツ放送室内楽ホールでのセッション録音。レーベルはNAXOS。

NAXOSのハイドンに関する録音はほとんど手元にある「はず」だったんですが、このアルバムを売り場で見かけて手元の所有盤リストをチェックすると、掲載されていません。コレクションに穴はあるものだということで入手した次第。NAXOSはリリースされ始めた頃は廉価版然とした演奏が多かったんですが、今ではメジャーレーベルもビックリの素晴らしい演奏も少なくないことは皆さんお気づきでしょう。かく言うハイドンの録音に関しても、コダーイ四重奏団の弦楽四重奏曲全集やヤンドーのピアノソナタ全集、交響曲でもニコラス・ウォード指揮のものをはじめとしてレベルの高い演奏が多いですし、最近取り上げたマリア・クリーゲルのチェロ協奏曲集などは本当にビックリするほどの名演と名盤目白押しです。そのNAXOSのピアノ協奏曲は他に1992年の別の奏者の録音があるのですが、あえてこのアルバムをリリースしてきたということはそれなりの出来で、コレクションをリニューアルする意図があってのことでしょう。

ピアノを弾くセバスティアン・クナウアーははじめて聴く人。調べてみるとBerlin ClassicsやDGなどから何枚かのアルバムをリリースしており、それなりに有名な人のようです。ウェブサイトが見つかりましたのでリンクしておきましょう。

ARTIST - Sebastian Knauer

ちょいワルオヤジのような風貌ですが、私より年下でした(笑) 1971年ハンブルク生まれで、4歳からピアノをはじめ、フィリップ・アントルモン、アンドラーシュ・シフ、クリストフ・エッシェンバッハ、アレクシス・ワイゼンベルクなど名だたるピアニストに師事、13歳でデビューしますが、デビュー曲はこのアルバムにも収録されているハイドンのピアノ協奏曲(Hob.XVIII:11)。その後はソリストとして世界的に活躍し、直近では2001年に始まったマルセイユ音楽祭の芸術監督を務めているとのことです。

指揮のヘルムート・ミュラー=ブリュールはNAXOSのハイドンの録音では中核を担う人。これまでにいくつかのアルバムを取り上げていますので、略歴などはそちらをご覧ください。

2015/06/20 : ハイドン–協奏曲 : マリア・クリーゲルのチェロ協奏曲集(ハイドン)
2012/03/22 : ハイドン–交響曲 : ヘルムート・ミュラー=ブリュール/ケルン室内管の13番、36番、協奏交響曲
2011/10/05 : ハイドン–交響曲 : ヘルムート・ミュラー=ブリュール/ケルン室内管弦楽団の交響曲72番等

特にマリア・クリーゲルのチェロ協奏曲で見事な伴奏を聴かせたヘルムート・ミュラー=ブリュール/ケルン室内管がサポートということで期待の演奏です。

Hob.XVIII:3 Concerto per il clavicembalo(l'organo) [F] (1765)
軽快な序奏から入ります。室内管弦楽団らしい透明感あふれる響きがリズミカルで心地よいですね。ヘルムート・ミュラー=ブリュールの飾らない誠実な伴奏。クナウアーのピアノは実にオーソドックスで誠実なものですが、リズムのキレが良く、適度な抑揚がハイドンの曲にピタリ。力をぬいてのしなやかな音階の部分などをさらりとこなすあたり、軽々と演奏を楽しむ感じで非常にいいですね。このさりげない感じが絶妙です。ソロとオケの息がピタリと合ってこの小協奏曲のファンタジーのような世界を描いていきます。よく聴くとクナウアーのピアノはリズムに微妙な緩急の変化をつけて楽しんでいるよう。カデンツァでもことさらテクニックを誇示することなく、音と戯れるような無邪気さがあります。流石にハイドンの協奏曲でデビューしただけあってハイドンのツボをバッチリ押さえています。
続くラルゴ・カンタービレ。抑えたミュラー=ブリュールの伴奏にさらに抑えたクナウアーのピアノが磨き抜かれた美しいメロディーを置いていきます。デリケートなタッチから生まれる美しさの限りを尽くした素晴らしいメロディーに酔いしれます。なんという幸福感。
そしてそよ風のように爽やかなフィナーレに入ります。ソロもオケも全く力まず、軽やかさを失わずに進みます。次々と変化する曲想を楽しみながら演奏しているよう。抑揚の変化の鮮やかさとソロとオケの絶妙な掛け合いの面白さに痺れます。1曲目から完全にノックアウト。完璧です。

Hob.XVIII:11 Concerto per il clavicembalo(l'fortepiano) [D] (1784)
クナウアーのデビュー曲。ここでもさりげないヘルムート・ミュラー=ブリュールの伴奏は万全。フレーズ毎に表情の変化をつけながら軽快に躍動する伴奏だけでもオケの見事さがわかります。ピアノが入るところふっとテンポ落としますが、クナウアーが軽快なテンポに引きもどし、オケもそれに追随。遊び心満点の入りにニンマリ。クナウアーの速いパッセージのビロードのようにしなやかなタッチが印象的。このタッチがリズムのキレにつながって軽快な印象を保っていることがわかります。アルゲリッチのような火を吹くようなキレ味ではなく穏やかさを伴うキレ味。キレのいいピアノに刺激されてかオケも鮮やかに反応。この曲でもカデンツァはしなやかなタッチと曲想をコラージュしたようなユニークなもの。
前曲で美しさの限りを極めた2楽章ですが、この曲でもクナウアーのピアノの音色の美しさは見事。穏やかな伴奏に乗って、穏やかに描く美しいメロディー。特にカデンツァは息を呑むような孤高の美しさ。このXVIII:11のみパウル・バドゥラ=スコダのカデンツァでそれ以外はクナウアーのオリジナル。
そしてフィナーレは想像どおり軽快。ピアノとオケの掛け合いは軽妙洒脱。この曲をベートーヴェンのように壮大に演奏するものもありますが、本来はこのウィットに富んだ軽さにあるのだとでも言いたそう。聴きなれたこの曲が実に新鮮に響きました。

残りの2曲は簡単に。

Hob.XVIII:4 Concerto per il clavicembalo(l'fortepiano) [G] (c.1770)
やはり遊び心に満ちた演奏。クナウアーとミュラー=ブリュールがニンマリと微笑みながら演奏している様子が想像できるようです。余裕たっぷりにさらりと演奏している感じが最高です。ゆったりと沈み込む2楽章に、リズムのキレが際立つフィナーレ。こちらも完璧。

Hob.XVIII:9 Concerto per violino, cembalo e orchestra [G] (before 1767)
録音数が極端に少ない曲ですが、ハイドンの真作ではない可能性が高い曲とのこと。曲想、ひらめきなど、他の曲とは異なる感じです。演奏の質は変わらないですが、ツボを押さえた感じまではしないのは曲の問題でしょうか。

セバスティアン・クナウアーとヘルムート・ミュラー=ブリュール/ケルン室内管によるハイドンのピアノ協奏曲集ですが、ハイドンの協奏曲でデビューしたクナウアーとハイドンを数多く演奏してきたミュラー=ブリュールの息がピタリとあった名演でした。2人ともハイドンの曲の面白さを知り尽くしているからか、まさに軽妙洒脱な演奏。そればかりではなく2楽章の磨き抜かれた美しい響きも絶品。メジャーレーベルのトップアーティストによる演奏に引けをとるどころか、こちらこそハイドンの曲の真髄に迫る演奏といってもいいほど。テクニックの使いどころが違います。本盤、以前取り上げたマリア・クリーゲルのチェロ協奏曲集同様、NAXOSレーベルを代表する名盤として多くの方に聴いていただきたい素晴らしい仕上がりです。評価は最後の曲をのぞいて[+++++]です。最後の曲も悪くはありませんがオマケという感じでしょうか。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ピアノ協奏曲XVIII:3 ピアノ協奏曲XVIII:11 ピアノ協奏曲XVIII:4 ピアノ協奏曲XVIII:9

エドウィン・フィッシャー/ウィーンフィルのピアノ協奏曲(ハイドン)

今日はヒストリカルなアルバム。

EdwinFischer.jpg
amazon(mp3)

エドウィン・フィッシャー(Edwin Fischer)のピアノと指揮、ウィーンフィルの演奏によるハイドンのピアノ協奏曲(Hob.XVIII:11)などを収めたアルバム。収録は1942年10月28日ウィーンでのセッション録音。レーベルはEMI CLASSICSですが、新星堂のThe Great Recordings of EMIというシリーズの一枚。

エドウィン・フィッシャーは高明なピアニストであり、手元にもバッハなど何枚かのアルバムがあったはずです。今回このアルバムを手に入れたの機に聴いてみようといろいろひっくりかえして探したのですが見つかりません(苦笑)

仕方なくライナーノーツなどから略歴を紹介しておきましょう。生まれは1886年、スイスのバーゼル。父はバーゼル市管弦楽団のオーボエ奏者とのこと。バーゼル音楽院でハンス・フーバーに師事、1904年に父が亡くなったのを機にベルリンに移り、シュテルン音楽院でリストの弟子だったマルティン・クラウゼに師事。次第にピアニストとして頭角を現します。同音楽院を卒業後演奏活動を開始すると同時にいきなり音楽院で教鞭をとることになります。1920年代以降ベルリン、リューベック、ミュンヘンなどで演奏活動を行い、当初はバッハを得意としていました。1931年、シュナーベルの後任としてベルリン音楽大学ピアノ科の教授に就任し、このころから積極的に録音を残すようになります。1933年にバッハの平均律、1934年にシューベルトの「さすらい人幻想曲」、1937年にフルトヴェングラーの「ピアノと管楽のための交響的協奏曲、そして1942年にフルトヴェングラーとブラームスのピアノ協奏曲2番を録音しています。このアルバムに収められたハイドンはまさにその頃の録音。その後ナチスから逃れるためスイスに戻り、1958年までルツェルン音楽院で教鞭をとります。1950年にはバッハの没後200年を記念してヨーロッパの主要都市でバッハの鍵盤用の全協奏曲を演奏、その後1954年まで演奏、録音活動を続けましたが神経性の腕の麻痺などに悩まされ、54年以降は録音から遠ざかり指揮などで活躍。亡くなったのは1960年、チューリッヒで。74歳でした。

同時代の演奏家である、コルトー、ギーゼキング、フルトヴェングラーと親交がありたびたび共演、またヴァイオリンのクーレンカンプ、チェロのマイナルディとはトリオを結成していた。クーレンカンプ没後シュナイダーハンが加わったとのこと。ピアニストのバドゥラ=スコダ、バレンボイム、ブレンデルはフィッシャー門下ということで教育者としても多くの名演奏家を育てた人でした。

このアルバムにはハイドンの協奏曲の他に、1937年収録のモーツァルトのピアノ協奏曲17番(K.453)、ダラバーゴの教会のための4声の協奏曲 作品2の9が収められています。ハイドン以外のオケはフィッシャー自身が1934年に結成した室内管弦楽団です。

Hob.XVIII:11 / Concerto per il clavicembalo(l'fortepiano) [D] (1784)
原盤は独ElectrolaのSP盤。ヒスノイズとわずかにスクラッチノイズが聴こえますが音質は良好。ちょっと低域が薄いですがキレは十分。もちろんモノラルです。速めの快活なテンポに乗ってウィーンフィルのキレのいい弦楽セクションが伴奏で入ります。フィッシャーのピアノは鮮烈なキレ味。速めのテンポに合わせて実に鮮やかなタッチで音階を刻んでいきます。くっきりとアクセントをつけて音楽が立体的に浮かび上がります。ちょっとドイツ風の重厚な演奏を想像していたのですが、ドイツ風のくっきりした面は感じさせつつもここまでキレたタッチを聴くことができるとは思いませんでした。録音の古さを脳内フィルターで除去するとドイツ風なアルゲリッチのようなピアノのキレ。いやいや見事なタッチです。さらりとしながらもくっきりと香り立つハイドンの古典的楽興。見事な1楽章です。
2楽章は先ほどまでの軽快さから一転、ぐっとウィーンフィルが沈み込み、なかなか深い情感を感じさせます。それに合わせてフィッシャーのピアノは今度は磨き抜かれた輝きを発します。ピークでちょっと音が歪むのはご愛嬌ですが、やはり脳内フィルターで録音のアラを除去すると素晴らしい音楽が流れます。ピアノのメロディーと伴奏のコントラストをかなりはっきりとつけるところなど、現代のピアニストでもこれだけの表現はなかなか聴くことができません。リリカルなメロディーが沁みますが、さすがフィッシャーとウィーンフィルの演奏だけあって高雅さも失いません。カデンツァはシンプルながらピアノの音の美しさは感極まるほど。極上のの輝き。ハイドンの協奏曲のピアノの輝きの極北。最後に暖かい音色のオケが向かいに来るところの安心感はすばらしいものがあります。
フィナーレは再びフィッシャーのピアノの鮮やかなタッチを堪能できます。ピアノの音階はまったく抵抗なく転がり、タッチが冴え渡ります。並のピアニストとは次元の違うタッチの冴え。これを実演で聴いたら鳥肌ものでしょう。最後は迫力よりもキレ味で聴かせて終わります。

このあとのモーツァルトのピアノ協奏曲もハイドン同様の魅力をもった素晴らしい演奏です。録音はさらに古いですが原盤のコンディションが良くノイズは逆に少なく聴きやすい録音です。こちらもオススメ。

エドウィン・フィッシャーのピアノと指揮、ウィーンフィルの演奏によるハイドンのピアノ協奏曲でしたが、あらためてエドウィン・フィッシャーという人の偉大さを再認識した次第。今聴くと録音のアラが少々気にならなくはないですが、その録音の奥に広がる深淵な魅力は十分伝わります。冴え冴えとしたタッチ、くっきりと浮かび上がるメロディー、恐ろしく立体感にあふれた音楽、そして気高さもあり、ピアノという楽器の表現できる音楽の素晴らしさに打ちのめされた感じ。脳内にアドレナリンが充満です(笑)。もちろん評価は[+++++]。ヒストリカル好きな方は是非入手すべき素晴らしい演奏です。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ピアノ協奏曲XVIII:11 モーツァルト

【新着】ジャン=エフラム・バヴゼのピアノ協奏曲集(ハイドン)

ソナタ集を続々とリリースしているバヴゼの協奏曲集がリリースされました。早速レビュー。

BavouzetCon.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

ジャン=エフラム・バヴゼ(Jean-Efflam Bavouzet)のピアノ、ガボール・タカーチ=ナジ(Gábor Takács-Nagy)指揮のマンチェスター・カメラータ(Manchester Camerata)の演奏によるハイドンのピアノ協奏曲3曲(Hob.XVIII:3、XVIII:4、XVIII:11)を収めたアルバム。収録は2013年10月14日と15日、英マンチェスターの王立ノーザン音楽大学のコンサートホールでのセッション録音。レーベルは英CHANDOS。

バヴゼのアルバムはソナタ集を過去に2度取り上げています。ソナタ集は現在第5巻までリリースされており、その途中で協奏曲集をリリースしたというところ。

2012/06/14 : ハイドン–ピアノソナタ : ジャン=エフラム・バヴゼのピアノソナタ集Vol.3
2012/05/22 : ハイドン–ピアノソナタ : ジャン=エフラム・バヴゼのピアノソナタ集Vol.1

これまでのソナタの演奏を聴く限り、フランスっぽい色彩感とドイツっぽい質実さを併せ持つ演奏スタイルの人。ソナタではピアニストの個性がそのまま出ますが、協奏曲ではオケとの丁々発止のやり取りがあり、指揮者やオケとの相性も加わるため、バヴゼの別の面が見えるかもしれませんね。

バヴゼの経歴などはソナタ集Vol.1の記事を御覧ください。指揮者のガボール・タカーチ=ナジは名前から予感はしてましたが、なんと、あのタカーチ四重奏団の元第1ヴァイオリン奏者。現在はマンチェスター・カメラータの音楽監督となっています。ということでバヴゼのピアノとともにガボール・タカーチ=ナジのコントロールするオケ、とりわけ弦楽セクションに関心が集まりますね。

Hob.XVIII:3 / Concerto per il clavicembalo(l'organo) [F] (1765)
柔らかな肌触りのオケがしっとりとした伴奏を聴かせ、バブゼがクッキリとしたピアノで入ります。オケの生成りの音色に対し、クリアなバヴゼのYAMAHAのピアノの対比がわかりやすいですね。オケに比べてピアノのリアリティがちょっと弱いバランスの録音。鮮度は十分なので、これはバランスの問題でしょう。音量を上げると非常に鮮明な録音であることがわかります。バヴゼの転がるようなタッチが演奏に色彩感を与え、オケの方は実にタイトで堅実な演奏。パブゼはときおりアドリブをかまそうとしますが、オケの方は一貫して堅実。ノンヴィブラートの弦の透明感のある響きにときおりホルンの心地よい響きが加わり、いい感じ。カデンツァはバヴゼのオリジナルということでコンパクトにピアノのテクニックをさらりと聴かせるような粋なもの。
2楽章のラルゴ・カンタービレに入るとバヴゼのピアノの軽やかな色彩感がぐっと魅力を増します。メロディーを構成する音階もかなり表情をつけ、華麗な響きにしてしまいます。イケメンフランス人ピアナニストの本領発揮。すれ違いざまにコロンが香るような芳しい音楽。カデンツァはまるでドビュッシーの音楽のような夢の中にいるような天上の響き。
フィナーレはオケの鮮烈さが印象的。快速テンポに乗ってバヴゼのピアノはまさに自在に転がり回るよう。この曲がこれほどまでに迫力のある曲だと改めて気づかされるような演奏。ハイドンの曲ということを忘れてしまいそうになる芳しい爽快感。これは見事です。

Hob.XVIII:4 / Concerto per il clavicembalo(l'fortepiano) [G] (c.1770)
つづく曲も変わらず鮮度抜群のオケの序奏にいきなり引き込まれます。リズムの面白さが印象的な曲ですが、オケとピアノの豊穣な響きの魅力が素晴らしいですね。冒頭から爽やかな迫力に圧倒されます。やはりガボール・タカーチ=ナジのオーケストラコントロールは並のものではありませんでした。バヴゼの存在感を食うほどの迫力で耳に迫ってきました。
この曲でも2楽章のアダージョ・カンタービレの濃密な響きが特に印象に残ります。やはりオケが表情をつくり、その上でバヴゼが自在にメロディーを操るという構図は変わりません。さすがと思わせるのはバヴゼの個性をしっかりと踏まえてガボール・タカーチ=ナジがオケを操っているところ。
フィナーレは俊敏なオケのスロットルコントロールが聴きどころ。オーケストラコントロールにエクスタシーを感じるほどのキレ味。バヴゼもそれに詩情あふれるピアノの響きで応えます。切れ味を競いあうような緊迫感あるセッション。疾風のように駆け抜けます。

Hob.XVIII:11 / Concerto per il clavicembalo(l'fortepiano) [D] (1784)
最後はハイドンのピアノ協奏曲の代表曲。これまでの曲で聴かせた先鋭なアタックをすこし抑えて聴きなれたフレーズを演奏していますが、そこここにキレ味鋭い響きをちりばめ、隙あらばキレまくってしまいそうな不気味な迫力を感じさせながら演奏を進めます。徐々にバヴゼのピアノのアタックに迫力が増し、オケも鋭敏に反応するようになります。オーソドックスな演奏ながら尋常ではないキレ味がスリルを加えて実に見事な展開。カデンツァでは鮮やかな指さばきと和音の織りなす響きの変化を存分に聴かせて曲の成熟度合いに応じたスタンスの変化を聴かせる余裕ぶり。
曲の美しさに敬意をはらってか、前2曲よりも表現は穏やかになり、曲自体の美しさに語らせる演奏。バヴゼの詩情の表現はあいかわらず芳しく、スタイリッシュ。オケもエキセントリックに美麗な響きを聴かせます。
フィナーレの力感は期待通り。前2曲に近いエネルギーの凝縮とキレ。やはりオケの迫力が尋常ではありません。ともすると単調になりがちなこのフィナーレに迫力とテンポの波を持ち込み、フレッシュに再生。最後はオケの響きがぐっと凝縮して終わります。

ジャン=エフラム・バヴゼとガボール・タカーチ=ナジ指揮のマンチェスター・カメラータの演奏によるハイドンのピアノ協奏曲集。タカーチ四重奏団を率いた指揮者のコントロールはもう少し弦を歌わせるものとの先入観を粉々に打ち砕く鮮烈なオーケストラコントロールで度肝を抜かれました。バヴゼのピアノソナタ集で感じた気品に傾いた演奏ではなく、バヴゼの個性をふまえてガボール・タカーチ=ナジがど迫力のオケでサポートする、個性と個性を重なりあわせて音楽の魅力が倍増しています。やはりオケの魅力が勝るでしょうか。バブゼには申し訳ありませんが、ソナタ集よりもこちらの方が気に入りました。評価は全曲[+++++]とします。

さてさて、本日は月末ですが、この記事を書きかけたまま終わるわけにもいかず、まずはこの記事をアップします。今月の1枚は月をまたいでしまいますが、明日アップ予定です。

11月はまたもや湖国JHさんから送り込まれたアルバムが溜まっていますので、じっくり取り上げようと思います。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ピアノ協奏曲XVIII:3 ピアノ協奏曲XVIII:4 ピアノ協奏曲XVIII:11

【新着】アレクサンドル・タローのピアノ協奏曲(ハイドン)

今日は新着アルバム。ちょっと驚く演奏。

Tharaud.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

アレクサンドル・タロー(Alexandre Tharaud)のピアノ、ベルナール・ラバディ(Bernard Labadie)指揮のレ・ヴィオロン・ドゥ・ロワ(Les Violons du Roy)の演奏で、モーツァルトのピアノ協奏曲9番「ジュノム」、コンサートロンド(K.386)、レチタティーヴォとアリア「どうしてあなたを忘れられよう」 (K.505)、ハイドンのピアノ協奏曲(Hob.XVIII:11)の4曲を収めたアルバム。収録は2013年8月11日から15日にかけて、カナダのケベック州、ケベックシティーの北東のセントローレンス川沿いの宿泊施設、ドメーヌ・フォゲット(Domaine Forget)でのセッション録音。レーベルはERATO。

アレクサンドル・タローは初めて聴く人。調べてみると、最近かなり活躍している人のようです。1968年生まれのフランス人ピアニスト。パリ国立高等音楽院で学び、1989年ARDミュンヘン国際音楽コンクールで第2位となって以来国際的なに活躍しています。harmonia mundi、ERATO、NAXOSなどにかなりの録音があり、人気のほどが窺えます。普段ハイドンばかり聴いていますので、世情に疎いので知らなかったということでしょう(笑)

さて、このアルバム、前半にモーツァルトが3曲置かれているので、ジュノムから聴いてみると、最新の鮮明な録音で捉えられたキレのいいオケに、キラキラと輝くピアノが魅力的な演奏。ただ、リズムが意外に重く、テンポを自在に揺らして表現意欲は感じるのですが、もうひとキレ欲しいというのが正直なところ。新鮮な響きを意図している割にはオーソドックスにまとめてきました。ジュノムは名演が多いので、新鮮さだけでは、我々の耳をうならせるには十分ではありません。続くコンサートロンドに入ると、オケもピアノも一皮剥けたように表現の幅が広がります。実にしなやかにモーツァルトの曲を転がしていきます。ジュノムを聴き始めたときにはこのアルバムをレビューに取り上げるのを躊躇しましたが、少し持ち直した感じ。ということで、歌曲を飛ばしてハイドンの協奏曲にを聴き始めますが、、、 これはどうしたことでしょう!

Hob.XVIII:11 / Concerto per il clavicembalo(l'fortepiano) [D] (1784)
冒頭から快速テンポで、しかも恐ろしいまでにオケがキレてます。素晴らしい推進力! このアルバムでなぜハイドンを冒頭にもって来なかったのかが疑問に感じるほどインパクトのある入り。モーツァルトとは別格の演奏です。オケのエネルギーに煽られるようにタローのピアノも生気がみなぎり、軽いタッチの音階も鬼気迫る感じ。速い部分とスロットルをもどす部分の対比をかなり明確につけていくのはモーツァルトと同様ですが、明らかにこちらの方がキレてます。しなやかに完成度高く構成する演奏とは全く異なり、推進力とキレの塊が噴出するような演奏。これまでこのタイプの演奏はいくつかありましたが、最も成功している例でしょう。カデンツァは現代風というよりは過去へのオマージュのような独特のもの。キレたオケが迎えに来て1楽章を終えます。
2楽章は固かったジュノムとは異なり、オケもピアノもしなやかで、そこここに閃きがちりばめられた秀演。ピアノの右手の輝きとさっぱりとキレの良いフレージングが実に心地よい音楽をつくっていきます。終盤ホールのせいかピアノの低音と低音弦がじつに豊かに鳴る音程があります。大波のように迫ってくる独特の響き。カデンツァを含めてこれまでに聴いたことのない独特の世界観。かなり個性的な演奏です。
期待のフィナーレは1楽章以上にオケもピアノもオケもキレて、ちょっとキレ過ぎなほど。なぜかどこかを叩く音が加わり、パーカッション的効果を生んでいます。キレたジャズの演奏を聴くような陶酔感。途中不協和音が混じるところでも山下洋輔が鍵盤を肘で叩くような音がします(笑) やりたい放題のキレっぷりですが、不思議と嫌味な感じはしません。驚いたのはカデンツァにトルコ行進曲のフレーズが登場、いやいや、これはすごい。最後はカミソリのようなキレを聴かせて終わります。

いやいや、これは驚きの演奏。最初に置かれたジュノム。おそらくこれは前座としてあえて置かれたのでしょう。ハイドンの協奏曲のこのキレっぷりに比べると、失敗としか言えないオーソドックスさ。このアルバムの構成はこれはこれで見事。このアルバムを買った人をどう驚かせようか苦心の跡が見えます(笑) ハイドンの曲は構成が緻密なだけに、中途半端に表現意欲を加えると、わざとらしくてイマイチなことが多いのですが、ここまで吹っ切れていると逆に新鮮です。私は気に入りました。このアレクサンドル・タローという人のアルバム、皆こうなのでしょうか、気になります(笑) 評価はもちろん[+++++]を進呈です。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ピアノ協奏曲XVIII:11

ブレンデル/ポール・アンゲラー/ウィーン室内管のピアノ協奏曲

ちょっと古いアルバム。

BrendelCon.jpg
HMV ONLINEicon(別レーベル盤)/ amazon

アルフレッド・ブレンデル(Arfred Brendel)のピアノ、ポール・アンゲラー(Paul Angerer)指揮のウィーン室内管弦楽団(Wiener Kammerorchester)の演奏で、ハイドンのピアノ協奏曲(Hob.XVIII:11)などを収めたアルバム。この他にミヒャエル・ギーレン指揮のウィーン交響楽団の演奏で、リストのピアノ協奏曲No.1、No.2も収められています。収録は記載がありませんが、HMV ONLINEの他のレーベルのアルバム記載項目を見ると1961年から67年となっています。レーベルは墺PREISER RECORDS。

このアルバム、存在も知りませんでしたが、先日ディスクユニオンの店頭で発見して入手したもの。ブレンデルのハイドンの協奏曲で、しかも名門PREISERということで、ちょっと期待できます。ブレンデルのハイドンは定評あるもの。当ブログでも2度ほど取りあげています。

2012/04/13 : ハイドン–ピアノソナタ : ブレンデルのアダージョXVII:9
2010/09/01 : ハイドン–ピアノソナタ : 絶品、ブレンデルのピアノソナタ

指揮を担当するポール・アンゲラーは1927年生まれのオーストリア人指揮者、作曲家。作曲、音楽理論、指揮などを学びましたが、指揮はハンス・スワロフスキーに師事。当初はヴィオラ奏者として、ウィーン交響楽団、チューリッヒ・トーンハレ、スイス・ロマンド管弦楽団などで演奏。1953年から57年にかけて、ウィーン交響楽団のヴィオラソリストを担当、その後指揮者としての活動が増え、ウィーン室内管弦楽団や、ボン、ウルムのオーケストラを振るようになります。1967年から72年にはザルツブルク歌劇場の首席指揮者、1971年から82年には南西ドイツ室内管弦楽団、1982年以降はコンシリウム・ムジクム・ウィーンの指揮とウィーン音楽舞台芸術大学の教職についています。

Hob.XVIII:11 / Concerto per il clavicembalo(l'fortepiano) [D] (1784)
かなり速めのテンポの伴奏から入ります。録音は鮮明。ちょっと低音不足気味かもしれません。オンマイクでのタイトなオケの音色。ブレンデルのピアノも速めのテンポで小気味好い入り。基本的に冴えたリズム感を聴くべき演奏。オケがインテンポでグイグイ引っ張るのにつられてブレンデルも負けじと畳み掛けます。速いパッセージの指の回転はもの凄く滑らかで、流石ブレンデルといったところ。めくるめくような掛け合いを聴いているうちにカデンツァに突入している感じ。1楽章は疾風のような勢いで通り過ぎていきます。
2楽章に入ると、速めに変わりはないのですが、少し落ち着いて、ピアノ美しいフレーズを楽しめるようになります。ピアノの磨かれた響きは透明度の高いクリスタルのような粒ぞろいの美音。ピアノの圧倒的な存在感は素晴しいものがあります。オケも負けじとザクザクと攻めて来ます。ピアノとオケの覇権争いのように鬩ぎ合っていくのが新鮮。双方とも正攻法で、火花散るような緊張感。古いタイプの演奏なのでしょうが、この緊張感は素晴しい。ブレンデルのピアノは特に右手のカチカチというクリアな響きが特徴。十分に乾燥したピアノの響きが心地よい感じ。
フィナーレは予想通り、快速な対決。ピアノがフレーズごとに音色を巧みにコントロールして変化をつけ、オケは刺さるような激しさでピアノを追いかけます。中盤以降のオケの強奏にのったピアノの音階の繰り返しはトランス状態になりそうなほどの高揚感。最後はインテンポで煽るように吹き抜けるフィニッシュ。

事前に予想した演奏とはかなり異なり。硬質なピアノをグイグイ引っ張るブレンデルの強靭なタッチが鮮やかな演奏。もうすこしゆったりとピアノを鳴らすのかと思っていたら、そうではなく、鋼のようなタッチと鮮烈なリズムでタイトに引き締まった、ともすると強引にも聴こえる圧倒的なピアノプレゼンスが魅力の演奏。ポール・アンゲラーのコントロールするオケは、ブレンデルに真っ向から対決する、こちらも鋼のようなオケの響きで応じる演奏。デッド気味の録音とあいまって、カッチリと鬩ぎ合う演奏。若きブレンデルには後年の響きを楽しむような姿はありませんでした。後半のリストもさらに硬質なピアノの魅力炸裂。このアルバムはブレンデルの鋼のようなピアノの魅力を楽しめる貴重な記録でしょう。評価は[++++]としました。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ピアノ協奏曲XVIII:11 ヒストリカル

イムレ・ローマン/ザルツブルク・モーツァルト・アンサンブルのピアノ協奏曲など

今日は珍しいアルバム。

SalzburgME.jpg
HMV ONLINEicon / amazon

ザルツブルク・モーツァルト・アンサンブル(Salzburg Mozart Ensemble)の演奏で、モーツァルトのディヴェルティメント(K.251)、ハイドンのピアノ協奏曲(XVIII:11)、同じくザルツブルク・モーツァルト・アンサンブルの演奏で、弦楽四重奏曲Op.1のNo.1の3曲を収めたアルバム。ハイドンのピアノ協奏曲でピアノを担当するのはイムレ・ローマン(Imre Rohmann)。収録は2003年11月22日から23日にかけて、オーストリア、ザルツブルクの東にあるモンゼー(Mondsee)という街にある柱状ホール(säulensaal)でのセッション録音。レーベルは墺PREISER RECORDS。

ザルツブルク・モーツァルト・アンサンブルは、モーツァルテウム管弦楽団とモーツァルテウム大学の教師からなるアンサンブル。ライナーノーツによれば、レパートリーはモーツァルトとウィーン古典派ということで、まさにこのアルバムに収められた曲などが中心。このアルバムでもピアノのソロを務めているイムレ・ローマンとはたびたび共演しているそうです。

イムレ・ローマンは1953年、ブダペスト生まれのハンガリーのピアニスト。ブダペストのフランツ・リスト・アカデミーで学び、その後、ヨルグ・デムスに師事。ブダペスト放送コンクール、リスト=バルトーク・コンクール、アメリカのブルーミントン・コンクールなどに入賞して頭角を現しました。1990年よりモーツァルテウムでピアノを教えています。

このアルバム、何が珍しいかというと、ハイドンのピアノ協奏曲の伴奏が各パート一人という最小限のアンサンブルというところ。OVPP(One Voice Per Part)というのでしょうか。普段聴く厚みのあるアンサンブルとは異なり、非常に透明感あるタイトなアンサンブルが特徴です。しかもモーツァルテウムの腕利き奏者揃いということで、アンサンブルの精度も抜群。普段とは違う構成で聴く事で、ピアノ協奏曲の名曲がどう姿を変えるのでしょうか。

Hob.XVIII:11 / Concerto per il clavicembalo(l'fortepiano) [D] (1784)
序奏からクリア。当たり前ですが響きは削ぎ落され、室内楽のような響き。録音は基本的にデッドでクリアなもの。アンサンブルの人数が少ない上に残響も押さえ気味で、特に弦楽器がかなり鋭い音色を聴かせます。ピアノは残響が少ない訳ではありません。ソロのはじまる前の序奏からピアノがかなり装飾音をともなって出てくるタイプの演奏。頭の中にオーケストラによる演奏が刷り込まれているので、最初はちょっと違和感が強いですが、聴きすすめていくうちにタイトな音響の魅力に慣れてきます。イムレ・ローマンのピアノはオケに合わせてか、ピアノを響かせるというよりは響きの芯で聴かせるような、手堅い響き。音階のキレは良く、速いパッセージは音がころがるような滑らかさ。ピアノ協奏曲よりもピアノトリオに近い緊密な響き。序奏と同様全曲にわたってピアノは伴奏にも加わります。鮮度の高い録音によって曲の構造がクッキリ浮かび上がり、レントゲン写真のような趣も。ピアノもオケもインテンポでたたみ掛け、緊密なアンサンブルを楽しめます。カデンツァはかなり変わったもので、畳み掛けるように攻め込んだと思うと、一転、かなり抑えてピアノの表現の枠を使い切るようなイメージ。
オケでの演奏では癒しを感じることが多いアダージョは、やはり響きを削ぎ落した伴奏で印象が変わり、ピアノソロの明晰なメロディーにヴァイオリンが装飾音を加えるような趣。1楽章よりも曲の良さをうまく表現できているように感じます。やはりピアノの存在感がポイントでしょう。現代音楽のような峻厳な雰囲気を感じさせるところもあり、この曲の新たな魅力を見いだしています。
演奏が乗ってきているのか、こちらの耳が慣れてきているのかわかりませんが、フィナーレに至り、アンサンブルの緊密さはかなりのレベルに至り、スリリングなこの曲の魅力が際立ちます。アルゲリッチとクレーメルのアンサンブルを彷彿とさせる掛け合い。これはなかなかの演奏です。

Hob.III:1 / String Quartet Op.1 No.1 [B flat] (c.1757-59?)
アルバムの最後は、弦楽四重奏曲Op.1のNo.1。もちろん弦楽器4人での演奏です。非常にシンプルな曲想の曲。演奏はシンプルな曲を、演奏者自体が楽しんでいるような演奏。専門の弦楽四重奏団の演奏とはちょっと異なり、精妙な弦の重なりに表現の主体があるのではなく、あくまでもアンサンブルとして響きの細部よりは曲の構造に素直に演奏しているのが違いでしょうか。この曲は弦楽合奏によるエミール・クラインの名演奏が記憶に残っていますが、クラインほど楽天的ではなく、キリリと引き締まった響きを保って、なかなか良いバランスです。

ハイドンのピアノ協奏曲をOVPPで演奏した珍しいアルバム。オケの響きが研ぎすまされ、普段聴くこの曲とはかなり異なる印象を与えます。ピアノのイムレ・ローマンのかなりストイックなピアノと、ザルツブルク・モーツァルト・アンサンブルの腕利き奏者のタイトなアンサンブルの魅力が聴き所でしょう。弦楽四重奏曲の方は、弦楽四重奏曲というよりはディヴェルティメントらしい演奏。どちらも室内楽好きの方にはなかなか刺激的な演奏であることは間違いありません。評価は両曲とも[++++]とします。

このアルバムの聴き所はやはり1曲目に置かれたモーツァルトのディヴェルティメント。やはりモーツァルテウムだけあって、モーツァルトはお手の物ということでしょう。説得力がハイドンとは一段違います。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ピアノ協奏曲XVIII:11 弦楽四重奏曲Op.1

【新着】ヨエル・レヴィ/イスラエルフィルの「迂闊者」、「ロンドン」ライヴ

HMV ONLINEから届いたばかりのアルバム。けっこう前に注文していたのですが、他のものの未入荷に引きずられて到着がおそくなってました。

YoelLevi.jpg
HMV ONLINEicon / amzon / iTunes
icon

ヨエル・レヴィ(Yoel Levi)指揮のイスラエル・フィルハーモニー管弦楽団(The Israel Philharmonic Orchestra)の演奏で、ハイドンの交響曲60番「迂闊者」、ピアノ協奏曲(Hob.XVIII:11)、交響曲104番「ロンドン」の3曲を収めたアルバム。収録は2012年4月30日、イスラエル、テルアヴィブ大学のスモラーツ・オーディトリウムでのライヴ。レーベルはイスラエルフィルのライヴをリリースしつづけているhelicon。

ヨエル・レヴィは初めて聴く人。1950年ルーマニア生まれですが、生後すぐにイスラエルに移住、エルサレム音楽大学で学ぶなどイスラエルは地元と言っていい人。1978年、ブサンソン国際コンクールで優勝し頭角を現しました。クリーヴランド管弦楽団の副指揮者を経て、1988年アトランタ交響楽団の音楽監督および首席指揮者となり、1996年のアトランタオリンピックの開会式、閉会式において指揮を担当したということです。2001年よりイスラエル・フィルの首席客演指揮者となっています。息子はヘヴィ・メタルのイアル・レヴィ(笑) その影響か、1996年には、イングヴェイ・マルムスティーンの「エレクトリック・ギターとオーケストラのための協奏組曲『新世紀』」のオーケストラ・パートの録音でチェコ・フィル指揮して参加しています。

このアルバムは最新の2012年の録音で、オールハイドンプログラムのライヴ。2曲目のピアノ協奏曲のソロはマヤ・タミル(Maya Tamir)という当時12歳のイスラエル人天才ピアニスト。ピアノ協奏曲はお楽しみですね。

Hob.I:60 / Symphony No.60 "Il disrratto" 「迂闊者」 [C] (before 1774)
デッドな響き。最新の録音ですが、解像度は十分ながらちと潤い不足に聴こえるのはかなりデッドな演奏会場だからでしょうか。ヨエル・レヴィのコントロールは、ゆったりと丁寧にデュナーミクをつけ、間を上手くとって、この交響曲の力感とリズムの面白さを強調した演奏。主題に入ってからの推進力は十分。ハイドンの演奏のツボはしっかり押さえてます。良く聴くと弱音のコントロールがなかなか良く、勢いだけでなく立体的な構築感が良く表現できています。これはなかなかいい演奏。
アンダンテもハイドン独特のユーモラスな表情の演出が上手く、実に聴き応えがあります。ヴァイオリンをはじめとした弦楽器群が実に表情豊か。デッドな録音なのでクッキリとメリハリをつけたボウイングが鮮明にわかります。
メヌエットも同様、弦楽器の精緻なコントロールでハイドンの機知に富んだ旋律が素晴しい立体感を見せます。後半のトルコ趣味のような旋律もちょっと押さえ気味にして面白さを浮かび上がらせるあたり、なかなのセンス。
そして普通の曲だったらフィナーレになるプレスト。やはりアクセントの付け方が上手く、活力、推進力は見事なもので、勢い良くフィニッシュといくところが、これで終わりではないのがこの曲の面白いところ。
つづいてアダージョがはじまり、しかも非常に癒しに満ちたフレーズで、突然うっとりさせられます。ファンファーレのような堂々とした印象の中間部を挟んで、再びゆったりとしたメロディーが戻ります。この展開、何度聴いてもゾクゾクしますね。
そして、有名な調弦する場面をふくむ、活気に満ちた本当のフィナーレ。ヨエル・レヴィこの曲を得意としているのでしょう、ハイドン曲の面白さの真髄をつく素晴しいコントロールでした。ライヴですが拍手はありません。

Hob.XVIII:11 / Concerto per il clavicembalo(l'fortepiano) [D] (1784)
これは聴いてビックリ。2000年生まれの演奏当時12歳のマヤ・タミル、この人、文字通り天才です。軽やかに転がるピアノに濃厚な音楽が宿り、若い人が弾いているとは思えない、枯れたような芸術性も聴かせる人。あまりの素晴しさに腰を抜かさんばかり。
冒頭のそよ風のようなオケの序奏はやはりヨエル・レヴィらしくクッキリと表情がついて、非常に音楽的。この人の音楽、ハイドンに実に合っています。単なる序奏が抜群の立体感で実に趣き深いものになります。弦楽器の豊かな表情が抜群。マヤ・タミルのピアノは12歳と言う事でタッチの力強さはほどほどながら、力が抜けて、音楽のエッセンスはきちんと押さえているような弾きぶりは成熟を感じるところ。早いパッセージのクリアな表情は水晶の輝きのような独特のセンスに溢れ、軽やかさが印象に残ります。クッキリとした伴奏に華麗なピアノ。ハイドンが書いた楽譜から、まるでサンテミリオンのワインの軽やかで香り高い音楽が立ちのぼります。もう少し重く深刻な演奏が多い中、これだけ華麗なピアノは滅多に聴くことができません。流石なのはカデンツァ。一音一音は軽やかなのにマスで迫ってくるまとまりがあり、一気に聴かせきります。
2楽章の伴奏もレヴィの丁寧な彫り込みの深い伴奏によって緊張感が持続します。タミルのピアノはやはりクリスタルの輝きをそのままに、詩情も乗せて言うことなし。純粋にピアノだけ聴いていると老ピアニストが若い頃を思い出しながら弾いているような風情もあります。
フィナーレはタミルが完全に主導権を握ります。インテンポでいくところとちょっと遅らせるところの絶妙な使い分けは12歳とは思えない器を感じます。レヴィもオケをキレよく煽って集中力を高めます。最後までタミルは一貫した演奏。技術も精神も安定した素晴しい演奏。オケも万全のサポートで期待に応えます。

Hob.I:104 / Symphony No.104 "London" 「ロンドン」 [D] (1795)
最後は大曲ロンドン。これまでの曲でヨエル・レヴィの巧みな演出力は把握済み。いよいよロンドンということで緊張も高まります。これまで小曲での盛り上げ主体でしたが、レヴィのコントロールはこうした大曲でも威力を発揮します。ことさらロンドンということではなく、普段通りの演奏なんでしょうが、これまでの曲で聴かれたヨエル・レヴィの丁寧なフレージングで、ロンドンの序奏もクッキリ浮かび上がります。もう少し大曲然としているかと思ってましたが、むしろスケール感は小曲のまま、精度が高いオケは純度が上がって、本当に小曲のよう。
つづくアンダンテも前楽章同様ですが、今まで間を上手く取っていたのでフレージングが冴えていたのが、その部分が普通になって、立体感もほどほど。展開部ではかなりテンポを上げて迫力を重視しますが、かえってちょっと慌てているように映って、音楽のデリケートさを感じさせてしまいます。アンダンテも中盤以降になると落ち着きを取り戻しますが、不思議と音楽の腰高な印象はぬぐい去れません。
メヌエットは小気味好い感じで、タイトな音楽の魅力を維持します。おそらくロンドンには数多の名演があり、ヨエル・レヴィの室内楽的ともいえる演奏のみではこれまでの雄大な演奏の魅力には敵わないと言う印象を与えてしまっているという事なのかと思います。
フィナーレに至り、レヴィのコントロールするオーケストラは集中力が上がります。レヴィ流の間とクッキリとしたメリハリが戻り、ハイドンの大曲のフィナーレにふさわしい盛り上がりを聴かせます。終盤はライヴらしい嵐のような盛り上がり。ようやくティンパニが炸裂し素晴しい高揚感。フィニッシュはロンドンに相応しい盛り上がりでした。

このアルバム、よくも悪くもデッドな録音とライヴと思わせない拍手のカットがポイントでしょう。前半の2曲はその音響での緻密なコントロールが功を奏した演奏。そしてロンドンは数多の名演奏とくらべると、実質は盛り上がっているのに、録音からちょっと覚めて聴こえてしまう印象を残しました。レヴィのコントロールは実にハイドンの音楽にぴったりで、良いホールでの条件の良い録音を今後期待したいところです。評価は前2曲が[+++++]、ロンドンは[++++]としました。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 迂闊者 ピアノ協奏曲XVIII:11 ロンドン ライヴ録音

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
スクロールできます。

ディヴェルティメントヴェルナーガスマンベートーヴェンモーツァルト東京オペラシティシューベルトLPピアノソナタXVI:31ピアノソナタXVI:38ヒストリカルアンダンテと変奏曲XVII:6ライヴ録音哲学者交響曲80番交響曲67番ラメンタチオーネピアノソナタXVI:24美人奏者交響曲51番交響曲35番交響曲46番ピアノ協奏曲XVIII:11ピアノ協奏曲XVIII:3ピアノ協奏曲XVIII:4協奏交響曲ヴァイオリン協奏曲古楽器天地創造ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:52ピアノソナタXVI:49交響曲47番ピアノソナタXVI:48十字架上のキリストの最後の七つの言葉テレジアミサピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:34ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:28バリトン三重奏曲アリエッタと12の変奏XVII:3ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:20サントリーホールラ・ロクスラーヌ帝国弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナード皇帝ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:51五度ラルゴ四季交響曲1番ピアノ三重奏曲日の出ひばり弦楽四重奏曲Op.64チェロ協奏曲ピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:36東京芸術劇場ピアノ協奏曲XVIII:11ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.1リヒャルト・シュトラウス軍隊騎士弦楽四重奏曲Op.74弦楽四重奏曲Op.20交響曲17番ピアノソナタXVI:27ピアノソナタXVI:1アンダンテと変奏曲(XVII:6)弦楽四重奏曲Op.103シベリウス武満徹マーラー交響曲4番無人島交響曲42番時の移ろいベルリンフィル告別交響曲19番ホルン信号弦楽四重奏曲Op.55弦楽四重奏曲Op.54交響曲86番王妃交響曲87番弦楽四重奏曲Op.9フルート三重奏曲トランペット協奏曲スコットランド歌曲集ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:25驚愕時計ロンドンピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲ピアノ協奏曲XVIII:6チェチーリア・ミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナアレルヤピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6ホルン協奏曲ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲81番交響曲79番交響曲78番交響曲99番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードモテットカノンオフェトリウムドイツ国歌ピアノソナタXVI:37スタバト・マーテルピアノソナタXVI:42弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルクラヴィコード弦楽四重奏曲Op.17太鼓連打交響曲102番太陽四重奏曲アダージョXVII:9交響曲70番受難ピアノソナタXVI:35パリセット交響曲84番ブーレーズベルクイタリアンピアノソナタXVI:6交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71チェチーリアミサオペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41スコットランド歌曲ショスタコーヴィチ交響曲57番交響曲68番タイ料理ビールオーボエ協奏曲リラ・オルガニザータ協奏曲SACD悲しみパリ交響曲集リームラーメン交響曲50番交響曲89番CD-R偽作スタバトマーテル清水トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10ヴァイオリンとピアノのための協奏曲XVIII:6交響曲97番奇跡交響曲18番交響曲77番交響曲34番ストラヴィンスキーロープウェイ日本酒温泉フルートソナタワイン蕎麦長野DVD交響曲98番ドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生交響曲93番ピアノソナタうなぎ旅館和食うどんシングルモルトダムカートリッジ雅楽そばプロコフィエフヘンデル英語によるカンツォネッタ集サン=サーンス交響曲36番リストシェーンベルクピアノソナタXVI:14オーディオバリトン二重奏曲ピアノ協奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番ピアノ三重同曲迂闊者洋食パスタ諏訪国立劇場歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47第九読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:39変奏曲XVII:7ピアノソナタXVI:22オペラ序曲天地創造ミサほうとう国立西洋美術館焼肉ジャズネルソンミサ横浜弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番聴き比べピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:43カフェフレンチ古楽器風カレー東急文化村ノットゥルノピアノソナタXVI:2ヴェーベルン哲学者の魂またはオルフェオとエウリディーチェライヴappleiMac鹿児島料理府中の森芸術劇場裏切られた誠実マリア・テレジアバリトン五重奏曲音楽時計曲ハイドン入門者向け居酒屋焼酎歌曲ピアノソナタXVI:11ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:G1散歩ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェファリャ定食お寺モルトインド料理マリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲トランッペット協奏曲外食自宅料理中華展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集とんかつウイスキー焼き鳥シャンゼリゼ劇場8人のへぼ仕立て屋に違いない弦楽四重奏曲Op.2皇帝讃歌交響曲24番小オルガンミサ大オルガンミサCDラックiPhone新橋演舞場交響曲10番交響曲5番ポルトガル料理演劇赤坂ACTシアターテ・デウムサルヴェ・レジーナ日帰り温泉喫茶狛江インドネシア料理カッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ギネスベトナム料理国立新美術館高音質CD剃刀庭風景狛江のお店ピアノとヴァイオリンのための協奏曲ドビュッシーネパール料理交響曲28番交響曲13番交響曲95番交響曲108番変わらぬまこと交響曲107番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲9番交響曲2番交響曲3番スカルラッティ府中のお店映画カンタータ声楽曲牛タン戦時のミサルテアトル銀座ヴァイオリンとオルガンのための協奏曲珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコード中華料理マーキュリージャケット買い管弦楽曲お宅訪問Mac室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番焼き肉冷麺韓国料理飲み食いギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤン弦楽三重奏曲テレビ番組スウェーリンク書籍セル交響曲12番交響曲65番ニコライミサ交響曲71番ハイボールアプラウステンシュテットピアノソナタXVI:13アーノンクールピアノ小品ラトル魂の歌海鮮寿司仙台グルダヤナーチェクモンゴル料理現代音楽ワールドカップノンサッチ長岡鉄男クロノス・クァルテットリュートBlu-rayマイケル・ジャクソンiPad狩りショップピアノ曲アップルのめり込んだ経緯

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2016年9月のデータ(2016年9月30日)
登録曲数:1,361曲(前月比+3曲) 登録演奏数:9,608(前月比+87演奏)
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
143位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
13位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ