レオナルド・ダ・ヴィンチ美の理想展(Bunkamura)

東京は今日はあいにくの雨。雨で人出が少ないだろうと想像して、明日までの展覧会に出かけてみました。

DaVinci.jpg

「レオナルド・ダ・ヴィンチ美の理想」展

渋谷の東急文化村で明日6月10日まで開かれている展覧会。雨にも関わらず多くのひとで混んでいました。文化村の展覧会は適度な広さの会場といつも気が利いた展示で楽しめるもの。

今回の目玉は上の宣材画像にも写っている「ほつれ髪の女」。もともとダ・ヴィンチは絵画作品が17点と少ないそうですので、作品は大変貴重。「モナ・リザ」や「最後の晩餐」が有名ですが、デッサンは解剖まで極めた科学的な正確さと優美さを兼ね備えたもの。その最高傑作が「ほつれ髪の女」。

展示は「ほつれ髪の女」をメインに、同時代の作家、師や弟子の作品群で構成されたもの。

レオナルド・ダ・ヴィンチとレオナルド派
レオナルドの時代の女性像
「モナ・リザ」イメージの広がり
「裸のモナ・リザ」、「レダと白鳥」
神話化されるレオナルド

などに分けて上手く展示されていました。代表的な絵は上の展覧会のウェブサイトで確認できます。

「ほつれ髪の女」は非常にちいさな木片に書かれたデッサン。20cm角くらいの大きさでしょうか。自身の目で見る本物は少し暗めのトーンで、ほのかな色香が漂うもの。陰影の濃淡が絶妙で、デッサンから呼吸する息吹が聴こえてきそう。500年前のイタリアにタイムスリップしそうでした。

展覧会場にいたのは夕方だったので、適当に喉が乾き、いつものように文化村中庭のカフェに。

ドゥ マゴ パリ

IMG_3087.jpg

雨なのでテラス席には座れませんが、雨の当たらない席に座ってしばしのんびり。

IMG_3091.jpg

今日はギネス。嫁さんはいつものようにケーキセット。ギネスのクリーミーな泡と燻したような香りが疲れを録ります。ちょっともらったチョコレートケーキも日本の味とは少し異なる甘みのあるもの。

このあと、文化村のブックショップと東急百貨店の上のジュンク堂で少しブラブラして、お腹が減ってきたので、今日はiPhoneの食べログを見てベトナム料理の美味しそうなお店を発見。

食べログ:エスニック・ダイニング ゴールデン・バーニング渋谷店

IMG_3095.jpg

嫁さんが美味しいフォーが食べたいとの事で、東急百貨店の向かいをちょっと入ったところ。徒歩1分もかかりませんでした。お店に入ったのは18:00過ぎでしたが、先客は1組だけ。ただ、席はほとんど予約で埋まっており人気店のようです。さきほど文化村でギネスを飲んだので、グラスワインの白から。

IMG_3098.jpg

まずは、生春巻き。フレッシュな野菜と独特のドレッシングが効いてしっかりした味。

IMG_3099.jpg

そして、メニューには生ガキが。生ガキを見て注文を逃す訳には参りません。タスマニア産ということで注文してみましたが、実が薄く今ひとつでした。

IMG_3100.jpg

そして腸詰。ネギとパクチーをたっぷりあしらって、チリソースで戴きますが、これは本格的でいい味。腸詰ということで、お酒も変えました。

IMG_3101.jpg

ベトナム焼酎をロックで。すこし香草の香りが乗って爽やかな風味。25度くらいのお酒。

IMG_3103.jpg

食事はグリーン・カレー。メニューに炎のマークが2つなので辛めの味つけ。これが絶品。確かに辛いですが、辛いもの好きの私は全く問題ありません。これは美味しかった。

IMG_3104.jpg

そしてフォー。いくつか種類がありますが、グリーンカレーが鶏肉でしたので、こちらはチャーシューのフォー。これがまた美味しい。トウガラシを加えてぴりりとさせると尚美味しい。チャーシューも本格派で肉の旨味が良く出ていました。

はじめて入ったベトナム料理のお店でしたが、ここはあたり。予約で席が埋まっているのも頷けるもの。しっかりとした味付けで素材も良く、今日は満足。牡蠣ははずれましたが季節を考えるとやむを得ないでしょう。ベトナム料理はいくつか行ってますが、これまでのベスト。オススメのお店です。値段もリーズナブルです。

今日は雨の中空いてると思った展覧会もかなりの人出。渋谷の街も人が多いですね。今日は「ほつれ髪の女」の夢でも見て練る事に致しましょう。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 東急文化村 ベトナム料理

デュトワ/NHK交響楽団のマーラー「一千人の交響曲」

今日はチケットを取ってあったN響のコンサートを聴きに渋谷のNHKホールへ。

NHK交響楽団:第1715回定期公演 Aプログラム

マーラー 交響曲第8番「一千人の交響曲」
シャルル・デュトワ指揮NHK交響楽団
ソプラノ:エリン・ウォール(Erin Wall)
ソプラノ:中嶋彰子
アルト:イヴォンヌ・ナエフ(Yvonne Neaf)
アルト:スザンネ・シェーファー(Susanne Schaeffer)
テノール:ジョン・ヴィラーズ(Jon Villars)
バリトン:青山 貴
バス:ジョナサン・レマル(Jonathan Lemalu)
合唱:東京混声合唱団
児童合唱:NHK東京児童合唱団
ソプラノ(オルガン横):天羽明惠

マーラー最大規模の交響曲で、マーラーのオラトリオとも言える大曲。この曲は1980年に小沢征爾と新日本フィルの演奏を東京文化会館で聴いて以来です。かれこれ30年以上前という事になりますね。当時小沢征爾と言えば大曲をスペクタクルに振るというイメージ。覇気に溢れた伸びのあるコントロールと晋友会の精度抜群のコーラス、そして何よりホールを吹き飛ばさんばかりの大迫力に圧倒されたものでした。今回はやはり老練の域に入ったデュトワの一千人ということで、珍しくマーラーのコンサートへ。

デュトワを生で聴くのは実ははじめてです。デュトワはモントリオール交響楽団とDECCAに大量の録音を残しており、N響の音楽監督を務めていたこともあり日本ではおなじみの人でしょう。私がデュトワに興味をもったのはDECCAではなくDeutsche Grammophonにロンドン交響楽団と入れたストラヴィンスキーのペトルーシュカ。抜群のキレと鮮明な録音で後年モントリオール交響楽団とのDECCAの録音よりもいいですね。イメージとしては大局的に曲をカッチリ仕上げていく人との印象。淡々とコントロールしながら色彩感あるオケを上手く鳴らしてあまり小細工はしない人ですね。マーラーの録音はあまり聴いた事がありませんが、デュトワの振るマーラーは如何なるものか興味があり、チケットを取った次第。

IMG_2425.jpg

今日は開演が6時で開場が5時と土曜日ならではの時間。5時過ぎにはNHKホールに到着。お昼まで降っていた雨は上がっていたんですが、湿度が高く蒸すような感じさえしました。

IMG_2428.jpg

いつものようにサンドウィッチで軽くお腹を満たします。今日はビールじゃなくて赤ワインにしました。開演まで余裕があるのでホワイエでのんびり過ごします。

IMG_2429.jpg

今日の席は2階右側奥の席。チケットの発売から少し経ってから取ったので後ろの方の席ですが、この席は今日の曲ではポイントになる席でした。

開演時刻の5分前くらいから合唱団が入場し始めます。ステージ上のひな壇の上から次々に入っていきますが、流石に大合唱団、男性、女性と入り、つづいて児童合唱団、その両脇に再び女性合唱が入り、ステージ裏の反響版の際までぎっしりの合唱団。続いてオケが入りチューニングに入るまで10分以上かかりました。広いNHKホールとはいえ、ステージ上はオケと合唱団が隙間なく入り壮観です。

チューニングが終わるとソリスト7名とデュトワが入り万来の拍手に包まれます。

第1部:讃歌「来たれ、創造主たる聖霊よ」
冒頭のオルガンの重低音からはじまる第1部。冒頭は迫力は感じるもののオケがまだ固く、また湿度が高かったせいか楽器の鳴りがまだ良くないような印象。デュトワは大オーケストラと大合唱団を掌握しようと、大きなアクションでオケを煽ります。今日はちょっと金管の安定感が今ひとつ。しばらくするとオケの音色も落ち着いてきて、精度も上がってきます。第1部の終結部のクライマックスに至り、ちょっとビックリ。ちょっと前の通路に譜面台がありましたが、それを演奏中にもかかわらずホールのスタッフの方が持ち上げ、楽譜を見るためのランプに灯を入れます。そこに金管奏者8人が現れ、第1部の最後に天から降り注ぐようなメロディーを演奏。そのやり取りをビックリしながら見ていたせいか、第1部のクライマックスはちょっと集中できませんでした。ホールを揺るがす大音響に会場内も手に汗握る状況。最後の一音の余韻が消え入るまで、ホールは静寂に包まれました。流石デュトワのコントロールと言うべきクライマックスへの盛り上げ方でした。

第2部:ファウストの終幕の場
第2部は圧巻の出来。素晴らしかったです。第1部でオケが暖まったのか、またデュトワもペースをつかんだのか、第2部は冒頭から緊張感が漲る絶妙のコントロール。長大な第2部ですが、抑えた部分のフレーズをくっきり描き、また適度にテンポを変化させながら闇の深さを表現していくような密度の濃い音楽が流れます。歌手は粒ぞろい。体格の良い外人の歌手に混ざって、日本人の歌手の方も決して劣るようなことはなく、張りのあるいい声でした。印象に残ったのはアルトのイヴォンヌ・ナエフ、バリトンの青山貴、バスのジョナサン・レマル。特にバリトンの青山さんは存在感のある非常にしっかりとした声で良かったです。合唱の東京混声合唱団も手堅い出来。入りがおくれたりテンポが乱れることもなく盤石の出来。ところどころ入る児童合唱は中学生中心のように見受けられましたが、児童合唱ならでは透明感ある響きがきっちり表現できていて良かったです。
第2部も後半に入るとデュトワの棒が冴え渡り、マーラーの叙情的な静かな美しい旋律を磨き抜かれた響きで表現。今まで聴いたこの曲の解釈の中では最も深くこの長大な曲の構造を彫り込んだような演奏でした。そして圧巻は第2部の終結部への盛り上げ方。どうしても間延びした部分が出来てしまうこの曲を、完璧に自分の音楽にした上で、フレーズひとつひとつを組み立てながら流麗な音楽を重ね、最後は宇宙が鳴動するような響きのカオスへ。
再び目の前に金管8人が現れ最後の爆発の響きをホールの奥から振りまきます。この第2部のコントロールは鳥肌が立たんばかりの見事なもの。デュトワ先生、圧巻でした。

もちろんホールは割れんばかりの拍手とブラヴォーの嵐。何度もカーテンコールが繰り返され、合唱団の最後の列が開場を去るまで暖かい拍手が続きました。

今日はデュトワの底力を知った気がしました。オケは前半粗かったものの徐々に調子をあげ、最後は渾身の演奏。ただ金管はもっと練習した方がいいですね、今日の素晴らしいコンサートに唯一水を差した形です。



コンサートが終わってお腹も減ったので、久しぶりにパルコのレストラン階へ。

食べログ:ニャーベトナム渋谷パルコ店

最近ベトナム料理づいています(笑) なんとなく美味しいフォーが食べたくなり飛び込みで入ってみました。

IMG_2430.jpg

ベトナムのビール、「サイゴンスペシャル」と嫁さんはグァバジュースベースのカクテル「サイゴン・サイゴン」。ベトナムビールは悪くありません(笑)

IMG_2433.jpg

フォーのセットについてくる生春巻き。

IMG_2434.jpg

同じくセットについてくる前菜3点。どれも穏やかな味付けで美味しくいただきました。

IMG_2435.jpg

こちらが蒸し鶏のフォー。意外にスープの出汁が濃いめでしっかりした味。鶏のスープが良く出て美味。

IMG_2436.jpg

こちらが海鮮のフォー。こちらの方がスープがあっさり目でフォーらしい爽やかさがありました。お米の麺ですが、これが日本ではなくベトナムのものというのが不思議なところ。さっぱりした味は日本人の舌にも良くあいますね。このあとココナッツミルクにアズキを浮かべたデザートがでて終了。

このお店も悪くありません。キビキビ働く店員さんがなかなか気が利いて楽しく食事が出来ました。

このあと久しぶりの渋谷なので、音楽の聖地、タワーレコード渋谷店にたちより、いろいろ仕入れました。このあたりは今後のレビューで取りあげたいと思います。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : マーラー N響 ベトナム料理 NHKホール

【番外】表参道にヒストリカルな現代美術見学

台風も過ぎて秋晴れの一日。今日は実は上野の国立博物館でやっている「空海と密教美術」展を見に行こうと思っていたんですが、行きの電車の中で、かなりの人気で入場制限中との国立博物館のホームページの書き込みを見て急遽行き先を変更。最近ご無沙汰をしている外苑前のワタリウムに。

IMG_2185.jpg

ワタリウム美術館

水玉の装飾を見てピンと来た方、事情通です!
ネットの都内の展覧会一覧を見て見つけたのは「草間彌生展」。しかもサブタイトルには「Kusama's Body Festival in 60's」とあります。いわば草間彌生が前衛の最先端を走っていた時代の息吹が感じられるのではとの期待が膨らみます。電車のなかで行き先を選択できるとは良い時代になったものです。

ワタリウムといえばスイスの建築家、マリオ・ボッタの設計。1990年にオープンした時をはじめとして、何度か展覧会に通ったことがありますが、かなり久しぶりの訪問。日本人は絶対設計しないような石造りの建物を思わせる重厚な構成、独特の濃いフォルムが印象的な建物。オーナーの努力もあるんでしょうが、建築時と変わらぬ佇まいにアンドしました。マリオ・ボッタと言えば、音楽ファンの方には、ミラノのスカラ座の最近の改修、修復の設計を担当したことでも知られた人でしょう。

IMG_2184.jpg

草間彌生展ということで開口部のガラスにはトレードマークの赤い水玉が。

展示は2階、3階、4階のスペースを使って、主に1960年代にアメリカにわたり、世界にその名を知られるようになるまでのセンセーショナルな活動を、本人の自伝にかかれた言葉を大胆に室内に書き込んで、意図とそのもようを伝える写真や映像で見せるスタイルの展示が主体。
狭い空間にかかわらず、なかなか迫力のある展示。草間自身が自分の版画数点を尊敬するジョージア・オーキフに送り返事がきたくだりから渡米するあたりの様子は当時の興奮が良く伝わります。白いキャンバスに描かれたグレーの点を一面にあしらった抽象画、男性器をモチーフにした大量のぬいぐるみの貼付けたオブジェとその前で鋭い視線で写る草間自身など、活動の息吹が良く伝わる展示です。3階は大きなスクリーンに映る映像、そして4階は赤い水玉に包まれる空間と、草間彌生の代表的なイメージが網羅されています。

地下の書籍売り場も昔のまま、美術関係と建築関係の洋書なども充実しており、しばらくブラブラさせてもらい、楽しませてもらいました。草間彌生展は11月27日まで。チケットは会期中何度でも見られるとの粋な設定。中小美術館のフットワークの良さが感じられます。ご興味のあるかたは是非ご覧ください。



遅い朝食をとって出てきたので、ワタリウムのまわりで午後2時過ぎということでそろそろお昼を食べようと言うことに。このあたりで懐かしいお店といえば、、、

IMG_2188.jpg

そう、とんかつまい泉です。2時というのに10人以上が並んでいましたが、幸い5分ほどで入口から右奥のもとお風呂屋さんだったところに案内されます。1990年代は青山や六本木あたりは仕事でよく回っていたエリアなので、まい泉も時折寄ってましたので、非常に懐かしいですね。

とんかつ まい泉

IMG_2191.jpg

幸い好きなプレミアム・モルツがありましたので、まずは一杯喉を潤します。涼しくなったとはいえ展覧会を歩き回ったので程よく喉が渇いていますので、良く冷えたプレミアム・モルツは効きます。旨い。

IMG_2193.jpg

しばし待って、私はヒレカツご膳。ここはブタにもいろいろ種類があって、東京エックスブタなどはいい値段がついてました。わたしは普通のやつで(笑)

IMG_2194.jpg

嫁さんは名前は忘れましたがとんかつとお茶漬けのセット。これもいい味でした。まい泉は昔は柔らかい肉とこれも柔らかめのパン粉が特色で、ちょっとそれが度がすぎていてあんまり好きではなかったんですが、今日のとんかつはある意味普通のとんかつでにくもいい味、昔より味が良くなっているように感じました。



さて、程よくお腹も一杯になったところで、ここは表参道。草間彌生展の他に見るべきものがあります。

IMG_2209.jpg

そう、岡本太郎のアトリエを改装した岡本太郎記念館です。

岡本太郎記念館

IMG_2197.jpg

今日は中庭てアートパフォーマンスが行われていましたので凄い人の数。この美術館のいいのは、入口で「内部は撮影自由です」と声をかけられたこと。ということで、2階にあがったところ(だったと思う)に飾ってあった岡本太郎の昔の写真をパチリ。

IMG_2195.jpg

ここを訪れたのははじめてのこと。こちらも狭い空間ですが、岡本太郎のアトリエだっただけあって、なんとなく作者に近い場所の力がかんじられるよう。

IMG_2199.jpg

先程の草間彌生展もそうでしが、美大生でしょうか、若い女性が多かったのが印象的です。

IMG_2201.jpg

ここで一番いいのがアトリエ。岡本太郎が創作していた頃そのままのようなリアリティ。

IMG_2202.jpg

室内には大量のキャンバスとオブジェが所狭しと並べられています。

IMG_2203.jpg

正面の絵は晩年のものでしょう。

IMG_2200.jpg

最後の写真はアトリエ手前のおそらく以前リビングにしていた部屋に飾られた岡本太郎の蝋人形。自身の作品にかこまれて決めポーズがうれしそう。こちらも狭いですが、おすすめです。



IMG_2211.jpg

このあと、ぶらぶら散歩。途中表参道ヒルズ裏の新潟県のアンテナショップに立ち寄りました。

新潟・食楽園

なんだか表参道ヒルズ以上の賑わい。新潟の名産品が所狭しと並び、栃尾の油揚げや新潟の日本酒のかなりの種類が手に入ります。もちろん日本酒の試飲などもありいいですね。今日は先日新潟の温泉に行った時にお土産に買って美味しかったへぎ蕎麦、妻有蕎麦などを購入。東京で買えるところがあるのはいいですね。

明治神宮前駅まで散歩して、副都心線で新宿3丁目へ。目指すはディスクユニオンとジュンク堂。最近仕事が忙しく、タワーレコードもディスクユニオンもしばらく顔を出してません。今回はいろいろ掘り出し物が手に入りましたので、追ってレビューで紹介して行きましょう。



今日はいろいろ歩いてまたまた喉が渇いたので、夕食も新宿で。嫁さんがフォーが食べたいとのリクエストがあり、しらべたところ、ミロードの上にベトナム料理店がありました。食べログの評価もそこそこゆえ、行ってみることに。

食べログ:バインセオ サイゴン 新宿店

ちなみにミロードは若い女性向けの小田急がやってる商業施設。上に本屋とかCDショップでもない限り立ち寄らない施設です。新宿は良くいくのに最近はまったく白地としています。

IMG_2213.jpg

もちろん最初はビール。せっかくなのでベトナムの「333」と書いて「バー・バー・バー」と読んでました。

IMG_2215.jpg

嫁さんは鳥のグリルとフォーのセット。

IMG_2216.jpg

私は辛めのカレーセット(森のカレーとか言う名前でした)。

どちらもそこそこ美味しく、カレーは後から辛みが追っかけてくるなかなかのもの。ビル全体は若い女性、といっても凄く若い層が中心ですが、この店だけ我々同様中年世代も多く、ビルの中で客層がちょっとズレている感じが微笑ましかったです。味もよく、おすすめのお店ですね。

今日はいろいろ散歩でのんびり過ごしました。明日は手に入れたアルバムのレビューを1本書く予定です。

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 展覧会 ベトナム料理

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

アンダンテと変奏曲XVII:6ショスタコーヴィチベートーヴェン紀尾井ホールドビュッシーラヴェルストラヴィンスキーピアノ三重奏曲ミューザ川崎協奏交響曲LPオーボエ協奏曲日の出ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:38サントリーホールスタバト・マーテルピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:39ブルックナーマーラーヒストリカル十字架上のキリストの最後の七つの言葉告別交響曲90番交響曲97番奇跡アレルヤ交響曲99番交響曲18番弦楽四重奏曲Op.64ひばりフルート三重奏曲悲しみ交響曲102番ラメンタチオーネモーツァルト交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者驚愕小オルガンミサニコライミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23王妃ピアノソナタXVI:52ライヴ録音SACD武満徹チェロ協奏曲交響曲19番古楽器交響曲全集交響曲81番交響曲80番マリア・テレジア交響曲21番豚の去勢にゃ8人がかりクラヴィコード騎士オルランド無人島Blu-rayチェロ協奏曲1番東京オペラシティ交響曲10番交響曲9番交響曲12番交響曲11番ロンドン太鼓連打交響曲4番交響曲2番交響曲15番交響曲1番交響曲37番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:36ライヒャドニぜッティロッシーニピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3シェーンベルク東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ピアノソナタXVI:31ピアノソナタXVI:26ファンタジアXVII:4タリスモンテヴェルディパレストリーナバードアレグリすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6美人奏者四季交響曲70番迂闊者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:4バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーシューベルト交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲46番交響曲35番交響曲51番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌハイドンのセレナード弦楽四重奏曲Op.76ピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲リュートピアノソナタXVI:10ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6ピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲79番ロンドン・トリオ交響曲88番オックスフォードモテットドイツ国歌オフェトリウムカノン弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難交響曲84番パリセットブーレーズベルク主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11音楽時計曲ピアノ小品カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47第九読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲107番変わらぬまこと交響曲108番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲3番スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
12位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ