エイドリアン・シェファード/カンティレーナの悲しみ、受難、マーキュリー

昨日ディスクユニオンで掘り出したアルバム。

Shepherd44.jpg
HMV ONLINEicon / amazon

エイドリアン・シェファード(Adrian Shepherd)指揮のカンティレーナ(Cantilena)の演奏によるハイドンのシュトルム・ウント・ドラング期の交響曲集。収録順に交響曲44番「悲しみ」、49番「受難」、43番「マーキュリー」の3曲とこの時期の名曲ばかりを集めた交響曲集。収録は1986年5月11日、12日、グラスゴーのSNOセンターでのセッション録音。Chandosレーベルのアルバムです。

このアルバムと同じ組み合わせの哲学者などを収めたアルバムが非常に良かったので、しばらく探していたアルバム。店頭で見つけた時にはちょっと嬉しかったですね。以前取りあげたアルバムのレビューへのリンクを張っておきましょう。

2011/01/15 : ハイドン-交響曲 : シェファード/カンティレーナの交響曲24番、哲学者、アレルヤ

前記事をあらためて確認すると、収録日が同一ですね。ということは同じ時期に録られ、別のアルバムとしてパッケージされた演奏ということになります。前のアルバムが良かっただけに期待が持てます。演奏者の情報などは前記事をご参照ください。

Hob.I:44 / Symphony No.44 "Trauer" 「悲しみ」 [e] (before 1772)
まずは悲しみ。小編成の現代楽器オケによる軽快なテンポの入り。残響が多めの録音ゆえゆったり感も十分。前回取りあげたアルバムでも感じましたが、非常にオーソドックスながら強弱のコントロール、特に弱音のコントロールが非常に巧みで、ハイドンの名旋律が活き活きと響き渡ります。オケの演奏の精度が抜群というほどではないんですが、音楽性は十分。この時期の交響曲の演奏としてこれ以上望むものは何もないという完成度。シェファードがチェロ奏者出身と言うこともあって弦楽器のコントロールが巧みなんでしょうか。ハイドンの素晴らしいメロディーをかっちりと描ききります。
2楽章のメヌエットも小細工なくこの曲に仕込まれた起伏を、作為から解き放たれたような自然さ溢れる演奏で表現。テンポも自然。この曲の素晴らしさを伝えるにはこの自然体のアプローチがもっともしっくり来ます。弦楽器、木管、金管それぞれの楽器の響きの美しさを純粋に楽しめる演奏。
絶品はつづくアダージョ。情感のこもった素晴らしい演奏。ちょっと控えめなフレージングからにじみ出るハイドンの名旋律。純粋にハイドンらしいと言えばいいでしょうか。指揮も奏者も素晴らしい音楽性です。
そして鬼気迫るフィナーレ。場面転換の鮮明さも見事。曲のクライマックスとしての盛り上がりの演出も見事。欲を言えば低音弦群の迫力が今少しあればという気がしないでもありませんが、録音によるところかもしれません。いやいや素晴らしい悲しみにノックアウト。

Hob.I:49 / Symphony No.49 "La passione" 「受難」 [f] (before 1768)
続く受難の1楽章はアダージョ。じっくりした遅めのテンポでの入り。予想よりかなり遅く、冒頭のうら悲しくしかも美しく磨かれたメローディを弾いて行きます。暗さからほのかな光がゆっくり差し込む情景を描いた絶品の序奏。美しさの限りを極めた演奏。楽譜を研究し尽くしてとったテンポでしょうか、非常に効果的なテンポ設定。小編成オケから生み出される音楽が、感情の大波をゆったりと起こして行く様を見るよう。完璧な演奏。
2楽章はアレグロ・ディ・モルトですが、ギアチェンジしてくると思いきや、なんと遅めで入ります。この曲のメロディーの美しさに焦点を合わせたということでしょう。遅めのテンポながら、徐々に熱気を帯びて、迫力をましてくるのがわかります。いずれにせよ音楽的な緊張感は途切れず、深い情感をたたえた演奏。指揮者とオケの類いまれな一体感が続きます。
続くメヌエットはこの時期のハイドンのうら悲しい憂いをよく表現した、こちらも素晴らしい演奏。この楽章は多少遅めながら比較的標準に近いテンポ設定です。もうただ演奏するだけでハイドンのシュトルム・ウント・ドラング期の魅力あるメロディーに打たれます。これだけシンプルな曲からこれだけ深い情感を醸し出す、天才だけになせる技でしょう。途中からの木管とホルンによる掛け合いも幸福感に満ちたもの。楽器の音色とその音色が感情に訴えかけてくるものをよく使い分けて曲を書いていると感心しきり。再び弦主体のフレーズにもどりこの時代の空気をつたえます。この楽章も見事の一言。絶品です。
フィナーレはプレスト。もはや音楽のもつ推進力が自律的に音楽を奏でているよう。素晴らしいエネルギー感と音楽性。力んでいる様子は皆無で音楽に求められる範囲での見事な起伏。角が立つようなところはまったくなく自然な演奏の魅力は変わらず。この曲も素晴らしい演奏。脱帽です。

Hob.I:43 / Symphony No.43 "Merkur" 「マーキュリー」 [E flat] (before 1772)
一転長調の明るい曲調。演奏の基調はかわらず、自然にじっくりとメロディーを奏でて、ハイドンの曲の面白さを曲自体に表現させるような素直な解釈。シェファードとカンティレーナのすばらしい音楽性を素直に楽しめる演奏。これまであまり注目してきませんでしたがこのアルバム、ハイドンのこの時期の交響曲の魅力が一杯に詰まった素晴らしい演奏。2楽章のアダージョも静謐な悦びにあふれた演奏。3楽章のメヌエット、フィナーレとも中庸なテンポと素晴らしい音楽性を楽しめます。

しばらく探した甲斐のある素晴らしい出来。エイドリアン・シェファードと手兵カンティレーナのハイドンのシュトルム・ウント・ドラング期の交響曲集はすべての人にお薦めすべき素晴らしい演奏でした。評価はもちろん全曲[+++++]とします。いやいやこれだけ素晴らしい演奏で聴くハイドンの交響曲は、あらためて名曲だと感心しきり。いいアルバムに出会ったものです。

今日はこれから近所に歌舞伎を見に行ってきます。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 悲しみ 受難 マーキュリー ハイドン入門者向け

アダム・フィッシャーのマーキュリー、悲しみ、告別

今日は久しぶりに原点にもどって、アダム・フィッシャーの交響曲全集BOXから。

FischerComplete.jpg
HMV ONLINEicon

交響曲全集としては、入手しやすさと価格の安さも手伝って多くの人が手に入れるアルバムであることは間違いありません。みなさんがよく聴かれているこの全集ですが、実は当ブログではちゃんと取り上げてきておりません。もちろん全集としておすすめ盤ではありますが、最近いろいろなアルバムをレビューして、耳の方も肥えて参りましたゆえ、全集の中から興味のある曲を取り出して、掘り下げてレビューしてみようとの意図です。

今日はボックスを開けて、43番、44番、45番と有名曲を集めた1枚を取り出してみました。CD12になります。

さて、この演奏の情報をおさらいしておきましょう。アダム・フィッシャー(Adam Fischer)指揮のオーストリア・ハンガリー・ハイドン管弦楽団(Austro-Hungarian Haydn Orchestra)の演奏でハイドンのシュトルム・ウント・ドラング期の傑作交響曲、43番「マーキュリー」、44番「悲しみ」、45番「告別」の3曲。録音は43番、44番が1994年、告別が1988年とちょっと古く、サイトはオーストリアのアイゼンシュタットにあるエステルハージ宮のハイドンホール。ご存知のようにこのアルバムはつぶれてしまった英Nimbusレーベルが録音したものを、廉価盤の雄、Brilliant Classicsがボックスにしてリリースしたもの。

アダム・フィッシャーについては以前、全集後に再録音スタートしたザロモンセットのアルバムを取り上げていますので、そちらの情報はリンクをご覧ください。

ハイドン音盤倉庫:アダム・フィッシャー全集その後

久しぶりに取り出して聴いたこのアルバム。全般的に言えることは、生気に富んだ非常に素朴で自然な演奏ということ。オケの技術的な面は、よりすぐれたオケは沢山ありますし、よく触れられる録音面も、決して良い録音ではないんですが、ハイドンの演奏に全精力を傾けていたこの時期の演奏のエネルギーによって、あまり気にならないのが正直なところ。やはり全集をリリースする気迫が宿っているのということでしょう。

1曲目の43番「マーキュリー」。

冒頭の穏やかなメロディーの序奏から快速テンポな主題に入り、活き活きととしたオーケストラのエネルギー迸ります。オケの響きはちょっと混濁感はあるものの木質系の素朴な響き。残響は少なめの収録ながらデッドな録音という印象はない不思議な録音。素朴ながらフレーズのメリハリがはっきりしていて曲の構造が解りやすいのが特徴でしょう。2楽章は、自然なフレージングによってハイドンの美しいメロディーラインが引き立ちます。3楽章のメヌエットは曲のスケールに合った自然な演奏。これがなかなか出来ないんですね。フィナーレに至るまで、非常に自然なテンポとフレージングが際立ちます。この曲はこう演奏するのが標準だと言わんばかりの自然さ。ある意味これ以上の演奏は必要ないと思わせる説得力もあります。

続いて44番「悲しみ」。

こちらも基本的に前曲同様の演奏なんですが、最近悲しみの名演奏をいくつも聴いている耳からすると、すこし演奏の粗さや、オケの粗さが気になってしまうのも正直なところ。あと悲しみにしては力感に主点をおいた演奏で、深い情感の表現よりも曲自体の音響としての迫力を出そうとの意図を感じます。1、2楽章はそのような印象が支配的。3楽章のアダージョに入りフィッシャーの良さがでた自然なフレージングの魅力が蘇ります。フィナーレは前楽章の濃い時間が効いて、畳み掛ける迫力が効果的。最後で締まりました。

最後は45番「告別」。

この曲のみ録音が前2曲よりも6年さかのぼり、演奏スタイルも少々異なります。速めのテンポで流麗なフレージング。音響的にも残響が多く、ホールの響きを生かした録音のため、解像感はすこし後退。演奏のエネルギーは変わらず、素晴らしい推進力で1楽章を進めます。この推進力は凄まじい! ライヴで聴いたら凄い迫力の演奏に違いありません。2楽章のアダージョは一転してつぶやくように遅めかつ表情も抑え気味に進め、音符の語る自然なメロディーを生かした演奏。3楽章のメヌエットも引き続き抑え気味。そして終楽章。前半は1楽章同様速めのテンポでエネルギーを十分に感じさせる演奏。そして楽器がだんだん少なくなっていく有名な後半は、ハイドンの時代にタイムスリップしてしまったような気になる演奏。当時の演奏がこのホールだったかどうかは知りませんが、ハイドンが長年忠誠を誓って仕えたエステルハージ家ゆかりのホールでの演奏ということを意識せざるを得ませんね。

評価は、マーキュリーが[+++++](アップ)、悲しみが[++++]、告別が[+++++]ということにしました。マーキュリーの評価を一段上げました。ハイドンの交響曲を14年かけて録音した全集ゆえ、録音年代によって演奏スタイルも変わっていくのはこのアルバムの聴き所でもあります。ハイドンの交響曲を、自然な演奏で聴かせるこの全集は、ドラティの燦然と輝く全集とともにおすすめの全集であることは間違いありません。



最後にアダム・フィッシャーとハイドンフィルの情報を付記しておきましょう。ご存知の方も多いと思いますが、ハイドンフィルにはファンクラブもあり、日本人の方がサイトを運営してらっしゃいます。

アダム・フィッシャー&ハイドンフィルハーモニーファンクラブ
ファンクラブサイト管理人haydnfilさんのブログ:クラシック追っかけ日記

ブログの方は、アダム・フィッシャーの情報のみならず、ヨーロッパの音楽事情などがよくわかるので、以前より当ブログのリンクに掲載させていただいていました。勝手リンクでスミマセンでした。


今日は、昨日につづきのんびりとした一日。マンションの屋内配管清掃工事などがあり出かける予定もいれられなかったため、午前中は配管工事に立ち会いながら、のんびりとレーゼルのピアノ協奏曲を楽しみながらブログの前記事を書いて過ごし、午後はいつも通りスポーツクラブでひと泳ぎ。夜は府中の伊勢丹に北海道物産展が来てましたので、海鮮弁当と串揚げ(こちらは北海道物産展とは関係ありません!)と日本酒を買って家でのんびり。

IMG_1210.jpg

まずはビールと串揚げで腹ごなし。ちょっと赤いのが東京では珍しい紅ショウガの串揚げ。他にタケノコ、鶉、アサリ、豚、牛など。ビールのつまみに良いですね。

IMG_1212.jpg

北海道物産展で美味しそうだった海鮮弁当。海鮮もおいしかったんですが、ご飯の味付けが絶妙で非常にいい味。お酒は宮城塩竈の浦霞の「寒(かん)おろし」を冷やで。簡単ですが非常に美味しかったので、海鮮弁当のお店のリンクを張っておきます。

札幌新琴似:雑魚亭(ざこてい)

百貨店の物産展まわりがメインの商売のようですが、これだけ美味しければ物産展では人気でしょう。結構おすすめです。

さて、今週も仕事が忙しそうですし、木曜、金曜と飲み会が入っていますので、ブログの更新がどれだけできますでしょうか。取り上げるアルバムを選ぶところが一番時間がかかります故、取り上げるアルバムを見繕って寝ることにします。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : マーキュリー 悲しみ 告別 交響曲全集 おすすめ盤 ビール 日本酒

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
スクロールできます。

モーツァルトベートーヴェン東京オペラシティシューベルトヒストリカルピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:31LPアンダンテと変奏曲XVII:6交響曲67番交響曲80番ライヴ録音哲学者ラメンタチオーネピアノソナタXVI:24美人奏者交響曲51番交響曲35番交響曲46番ピアノ協奏曲XVIII:11ピアノ協奏曲XVIII:3ピアノ協奏曲XVIII:4古楽器協奏交響曲ヴァイオリン協奏曲天地創造ピアノソナタXVI:52ピアノソナタXVI:49ファンタジアXVII:4交響曲47番ピアノソナタXVI:48十字架上のキリストの最後の七つの言葉テレジアミサピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:34ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:28バリトン三重奏曲アリエッタと12の変奏XVII:3ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:20サントリーホールラ・ロクスラーヌ帝国皇帝ハイドンのセレナード弦楽四重奏曲Op.76ピアノソナタXVI:51ピアノソナタXVI:50ラルゴ五度四季交響曲1番ピアノ三重奏曲ひばり弦楽四重奏曲Op.64日の出チェロ協奏曲ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:44東京芸術劇場ピアノ協奏曲XVIII:11ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.33軍隊リヒャルト・シュトラウス弦楽四重奏曲Op.74騎士弦楽四重奏曲Op.20交響曲17番ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:27アンダンテと変奏曲(XVII:6)弦楽四重奏曲Op.103シベリウス武満徹マーラー交響曲4番交響曲42番時の移ろい無人島ベルリンフィル告別ホルン信号交響曲19番弦楽四重奏曲Op.55弦楽四重奏曲Op.54王妃交響曲87番交響曲86番弦楽四重奏曲Op.9フルート三重奏曲トランペット協奏曲スコットランド歌曲集ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:25驚愕時計ロンドンピアノソナタXVI:10ピアノ協奏曲XVIII:6ディヴェルティメントピアノ五重奏曲チェチーリア・ミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナアレルヤピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6ホルン協奏曲ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲81番交響曲79番交響曲78番交響曲99番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードドイツ国歌カノンモテットオフェトリウムピアノソナタXVI:37スタバト・マーテルピアノソナタXVI:42弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルクラヴィコード弦楽四重奏曲Op.17太鼓連打交響曲102番太陽四重奏曲アダージョXVII:9交響曲70番受難ピアノソナタXVI:35パリセット交響曲84番イタリアンベルクブーレーズピアノソナタXVI:6交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアチェチーリアミサピアノソナタXVI:41スクエアピアノスコットランド歌曲ショスタコーヴィチ交響曲57番交響曲68番ビールタイ料理オーボエ協奏曲リラ・オルガニザータ協奏曲悲しみSACDパリ交響曲集ラーメンリーム交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還清水スタバトマーテルホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10ヴァイオリンとピアノのための協奏曲XVIII:6奇跡交響曲97番交響曲34番交響曲77番交響曲18番ストラヴィンスキー温泉ロープウェイ日本酒フルートソナタ長野ワイン蕎麦DVD交響曲98番ドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生交響曲93番ピアノソナタうなぎ和食旅館シングルモルトうどんダムカートリッジ雅楽そばプロコフィエフヘンデル英語によるカンツォネッタ集サン=サーンス交響曲36番リストシェーンベルクピアノソナタXVI:14オーディオバリトン二重奏曲ピアノ協奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番ピアノ三重同曲迂闊者パスタ洋食諏訪国立劇場歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47第九読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサほうとう国立西洋美術館焼肉ジャズネルソンミサ横浜弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番聴き比べピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:43カフェフレンチ古楽器風カレー東急文化村ノットゥルノピアノソナタXVI:2ヴェーベルンまたはオルフェオとエウリディーチェ哲学者の魂ライヴappleiMac府中の森芸術劇場鹿児島料理裏切られた誠実マリア・テレジアバリトン五重奏曲音楽時計曲ハイドン入門者向け焼酎居酒屋歌曲ピアノソナタXVI:G1ピアノソナタXVI:11ピアノソナタXVI:8散歩ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ定食ファリャお寺モルトインド料理交響曲56番マリアテレジア交響曲27番2つのホルンのための協奏曲トランッペット協奏曲外食自宅料理展覧会中華ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集とんかつウイスキー焼き鳥シャンゼリゼ劇場8人のへぼ仕立て屋に違いない弦楽四重奏曲Op.2皇帝讃歌交響曲24番小オルガンミサ大オルガンミサCDラックiPhone新橋演舞場交響曲5番交響曲10番ポルトガル料理赤坂ACTシアター演劇テ・デウムサルヴェ・レジーナ日帰り温泉喫茶狛江インドネシア料理カッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理ギネス国立新美術館高音質CD剃刀庭風景狛江のお店ピアノとヴァイオリンのための協奏曲ドビュッシーネパール料理交響曲28番交響曲13番交響曲95番変わらぬまこと交響曲62番交響曲108番交響曲107番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲9番交響曲3番交響曲2番スカルラッティ府中のお店映画声楽曲カンタータ牛タン戦時のミサルテアトル銀座ヴァイオリンとオルガンのための協奏曲珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコード中華料理マーキュリージャケット買い管弦楽曲お宅訪問Mac室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番焼き肉冷麺韓国料理飲み食いギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤン弦楽三重奏曲テレビ番組スウェーリンク書籍セル交響曲12番交響曲65番ニコライミサ交響曲71番ハイボールアプラウステンシュテットピアノソナタXVI:13アーノンクールピアノ小品ラトル魂の歌海鮮寿司仙台グルダヤナーチェクモンゴル料理現代音楽ワールドカップクロノス・クァルテットノンサッチ長岡鉄男リュートマイケル・ジャクソンBlu-rayiPad狩りショップピアノ曲アップルのめり込んだ経緯

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2016年9月のデータ(2016年9月30日)
登録曲数:1,361曲(前月比+3曲) 登録演奏数:9,608(前月比+87演奏)
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
143位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
13位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ