ジェーン・グラヴァーの天地創造ミサ

今日は当ブログではじめて取りあげる曲。手元のアルバムはNAXOSのハイドンのミサ曲集。

GloverMasses.jpg
HMV ONLINEicon

このNAXOSのミサ曲全集は前に一度当ブログで紹介していますが、演奏に踏み込んだレビューはしていません。

2010/03/06 : ハイドン–声楽曲 : NAXOSのミサ曲全集

CD8枚にわたって主要なミサ曲やスタバト・マーテルまで収録された素晴らしい企画。今日はその中から、ジェーン・グラヴァー指揮の天地創造ミサを取りあげます。

ジェーン・グラヴァー(Jane Glover)指揮のレーベル・バロック・オーケストラ(Rebel Baroque Orchestra)、トリニティ合唱団の演奏でハイドンの天地創造ミサ。収録は2008年9月8日~9日、おそらくニューヨーク、ウォール街のトリニティ(三位一体)教会での録音。歌手は有名どころは入っていませんが、次のとおり。

ソプラノ:ニコル・パーマー(Nicole Palmer)
ソプラノ:ニナ・ファイア(Nina Faia)※グロリアのみ
アルト:キルステン・ソレック(Kirsten Sollek)
テノール:ダニエル・ムトゥル(Daniel Mutlu)
テノール:マシュー・ヘンスルッド(Matthew Hensrud)※グロリアのみ
バス:アンドリュー・ノレン(Andrew Nolen)

こちらが、分売盤。

GloverCreationMass7.jpg
amazon

ジェーン・グラヴァーはイギリスの女流指揮者でハイドンの交響曲もロイヤル・フィルやロンドン・モーツァルト・プレイヤーズと何曲かの録音があります。1949年生まれということでこの天地創造ミサの演奏時は60歳近いことになります。オックスフォード大学セント・ヒュー・カレッジを卒業し、1975年にウェクスフォード・フェスティヴァルでデビュー。1981年から1985年までグラインドボーン・ツーリング・オペラ、1984年から1991年までロンドン・モーツァルト・プレイヤーズ、2002年からシカゴのミュージック・オブ・ザ・バロックの音楽監督をつとめています。古楽器オケを中心にモーツァルトなどを取りあげているようですね。

合唱のトリニティー合唱団とオケのレーベル・バロック・オーケストラはニューヨークのウォール街にあるトリニティ教会を本拠地とする合唱団とオケ。響きを聴く限り本格的な腕をもつ集団。

天地創造ミサは、もちろんオラトリオの天地創造とは異なる曲。ハイドン69歳の1801年に作曲され、1796年から1802年にかけて作曲された6曲のミサ曲の最後から2番目の曲。この一連のミサ曲はハイドンが長年に渡って仕えたニコラウス・エステルハージ侯爵が1790年に亡くなり、その後を継いだアントン侯が4年で亡くなったため、新しい君主となったニコラウス二世候がことのほか教会音楽に感心を示し、侯爵夫人のマリア・ヘルメネギルトの命名日の祝祭のために毎年新しいミサ曲を作曲するようハイドンに命じた事から作曲されたもの。
グローリアに3年前に完成した天地創造のアダムとエヴァのデュエットの中の旋律が9小節に渡って引用されていることから天地創造ミサと呼ばれています。
天地創造ミサが初演された1801年のハンガリーの新聞によれば、アイゼンシュタットのエステルハージ家の宮殿で開かれた夫人の命名日にはウィーンから多くの貴族が招待され、記念して開かれた舞踏会は数多の蝋燭で彩られ、豪華な食事と素晴らしい音楽が流れたと記されています。

Hob.XXII:13 / Missa "Schöpfungsmesse" 「天地創造ミサ」 [B flat] (1801)
キリエ
ネルソンミサなどの激しい導入とは異なり、穏やかなキリエの導入部。ジェーン・グラヴァーのコントロールは古楽器の引き締まった響きの魅力を保ちながら、流麗で豊かな感興をともなうタイトな響きが魅力。オケはコンパクトにまとまり、コーラスとの調和も見事。速めのテンポで一気にフレーズを描ききるような演奏。スタティックな感じはなく、ダイナミックかつ分厚い響きが特徴。

グローリア
ほの暗い旋律ながらゴムまりのように弾むリズムが印象的な楽章。ティンパニと金管楽器が打ち鳴らされる豪放な曲想。弦楽器がさざ波のように行き来る装飾を加えるうちに天地創造のアダムとエヴァの聴き慣れたデュエットに登場するメロディーが聴こえてきます。ここまで非常に一体感のあるメロディー。流れに一貫性があると言うか、遮るものがない滑らかな演奏。これはグラヴァーの意図でしょう。コーラスの透明感も素晴らしいもの。印象的な間などはありませんが、流れの良さが非常に印象的。トラックが変わった後半はコーラスとオケの響きの坩堝ような楽章。やはり一貫した流れで一気に聴かせます。

クレド
ネルソンミサやテレジアミサのような印象に残るわかりやすいメロディーが少ないかわりにぐいぐい進む推進力が魅力の曲が続きます。トラック12はオルガンの素朴な響きを楽しめる曲。オルガンの響きに耳を傾けていると突然の爆音に驚かされます。グラヴァーのコントロールはやはり速い楽章のテンションの高さが魅力。弾む弾むメロディー。デュナーミクの緻密なコントロールも見事。活き活きとした古楽器オケ。旋律をクリアに分解しようとする意図は感じず、弾む音のかたまりによるエネルギー感が持ち味。

サンクトゥス
不思議な魅力のある曲。華があるのに枯れている曲想。後半にはコーラスが大活躍で、最後は大迫力のティンパニ乱れ打ち。

ベネディクトス
折り重なるように歌われる女声ソロが印象的。冒頭のメロディーが繰り返されるうちに響きの渦の中にいることに気づかされるような曲。途中の転調によってほんのりと明るさが射してくるようすがわかります。派手さはないものの非常にデリケートな音楽の進行が心にしみる曲。

アニュス・デイ
ゆったりとした序奏を聴くうちに徐々に幸福感につつまれてきます。天上から楔を打たれるような強音により音楽が一転しますが、再びゆったりした音楽、そしてまた楔。この曲の白眉でしょう。ハイドンの音楽の真髄を感じる楽章。そして最終曲は総決算のように印象的なメロディーのさざ波のようなフーガによる祝祭的な雰囲気で盛り上がる曲。クライマックスは低音弦と金管、コーラスの複雑なメロディー。地味ですが慈しみ深い曲でした。

実は天地創造ミサは昔からあまりしっくり来る曲ではなく、あんまり聴き込んでは来ませんでした。それゆえブログでも何回か取りあげようとしていましたが、今ひとつ記事にしにくかったのが正直なところ。いろいろなミサ曲を聴いて記事をいくつか書いてきたのでようやく取りあげられるような心境になった次第。やはり他のミサ曲にくらべて曲の構成が複雑で、派手さもないため地味な印象を与えますが、音楽自体は実に深いものがあります。ジェーン・グラヴァーの演奏はこの複雑な曲に一貫した表情を与え、古楽器オケとしては異例の弾む感じを基調としたユニークな解釈でしょう。評価は[++++]とします。このところコッホのネルソンミサなど突き抜けた演奏を聴いて耳が肥えていますので。この曲はハイドンを好きな方でも上級者向けですね。

もう少しいろいろな演奏を聴いて曲の真髄に近づいてみたいですね。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 天地創造ミサ 古楽器 ミサ曲全集

NAXOSのミサ曲全集

今日の一枚はNAXOSのミサ曲全集。

Mass.jpg
HMV ONLINEicon

いつもは1枚ずつ発売して、あとからまとめて発売するのが常套手段のNAXOSですが、これはいきなり8枚組の全集で発売され、ちょっとびっくりしたものです。指揮は2曲を除いてJ. Owen Burdickという人で、天地創造ミサとテレジアミサののみJane Gloverで、オケは古楽器のRabel Barque Orchestra。

演奏はどの曲も古楽器の響きの良さが感じられる、非常に自然な演奏。あえていえばグラヴァーの2曲はそれに柔らかさが加わり、一つ格上の出来。ミサ曲を聴くためのファーストチョイスとしてお勧めできる演奏です。録音も自然でとてもいいです。
ライナーノーツは目次から始まり曲の解説、歌詞、演奏者紹介、指揮者のコメント、全録音のオケや合唱団のメンバー一覧まで含まれていて、とても廉価盤とは思えない丁寧な作り。箱もしっかりしたつくりでとても廉価盤とは思えない力の入れようです。

先日Brilliant Classicsを取り上げたばかりですが、廉価盤のもう一方の雄のNAXOSも負けてはいられないといった気迫が感じられるセットです。

ちなみにNAXOSの方では、先日ピアノソナタのおすすめで触れたYandoのピアノソナタ全集や、コダーイクアルテットによる弦楽四重奏曲全集、多数の指揮者で作り上げた交響曲全集、オラトリオ全集などいろいろとリリースされていますが、このミサ曲全集はピアノソナタ全集とならんでハイドンの良さを伝える双璧と言える存在です。

(BLOGメンテ情報)
今週一段落したピアノソナタの整理ですが、右のPiano Sonata 3のファイル容量が大きく膨らみ、携帯等からのアクセスに支障を来す可能性があるため、Piano Sonata 3と4に分割しました。
あと、最近調べたところ、Wikipediaの情報もそれなりに情報が充実してきているためリンク先に加えました。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ミサ曲全集 古楽器

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

モーツァルトチェロ協奏曲1番東京オペラシティ交響曲86番十字架上のキリストの最後の七つの言葉交響曲10番交響曲9番交響曲11番交響曲12番ヒストリカル太鼓連打ロンドン交響曲2番古楽器交響曲15番交響曲4番交響曲37番交響曲18番交響曲1番ひばり弦楽四重奏曲Op.54SACDピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:2LPライヴ録音ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:3天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲102番軍隊交響曲99番時計奇跡交響曲95番交響曲98番交響曲97番交響曲93番驚愕ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35フルート三重奏曲ロッシーニオーボエ協奏曲ドニぜッティライヒャピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3ミューザ川崎ストラヴィンスキーシェーンベルクマーラーチェロ協奏曲東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:318人のへぼ仕立屋に違いないファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26パレストリーナモンテヴェルディアレグリバードタリスすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:6告別美人奏者ピアノソナタXVI:39四季交響曲70番迂闊者アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:4ピアノ協奏曲XVIII:7バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ヴェルナーガスマンベートーヴェンシューベルトピアノソナタXVI:38交響曲80番ラメンタチオーネ交響曲67番哲学者ピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲46番交響曲35番ヴァイオリン協奏曲協奏交響曲DVDピアノソナタXVI:52交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:23アリエッタと12の変奏XVII:3ピアノソナタXVI:40サントリーホールラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナード弦楽四重奏曲Op.76ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:51五度ラルゴピアノ三重奏曲日の出弦楽四重奏曲Op.64ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス武満徹時の移ろい交響曲42番無人島ベルリンフィルホルン信号交響曲19番弦楽四重奏曲Op.55王妃交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:29リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナアレルヤピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲78番交響曲79番交響曲81番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードモテットオフェトリウムドイツ国歌カノンスタバト・マーテル弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールクラヴィコードパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ブーレーズベルク交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41ショスタコーヴィチ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲悲しみリーム交響曲89番交響曲50番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生ピアノ小品音楽時計曲ピアノソナタXVI:11ピアノソナタXVI:47bisカートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実マリア・テレジアバリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ小オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CDドビュッシー交響曲28番交響曲13番交響曲108番変わらぬまこと交響曲62番交響曲107番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲3番スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番ニコライミサ交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽Blu-ray狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
156位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
13位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ