起死回生! ラトル/ベルリンフィルのライヴCD-R

今日は予告通りサイモン・ラトル、ベルリンフィルのハイドンのライヴ盤を取り上げます。

IMG_0541.jpg

DiscLosure Classicsというアメリカのレーベル。2003年9月26日のベルリンフィルのコンサートのライヴ収録。収録曲目は収録順(おそらく演奏順)にハイドンの交響曲67番、チェチーリア・バルトリ(メゾソプラノ)のソロによるハイドンの歌曲「ベレニーチェよ、何をしているのだ」、同じくバルトリのソロによるグルックのアリア、最後はハイドンの交響曲90番、例の終わりそうで終わらないパフォーマンス付きの演奏です。
ラトルは2002年からベルリンフィルの芸術監督の地位についていますので、このコンサートは2年目のシーズンの開始間もなくの演奏。ベルリンフィルのウェブサイトにプログラムが残っています。

ベルリンフィル:2003年9月26日のコンサートプログラム(英文)

まずは、交響曲67番。一聴してわかるEMI盤とは異なる実体感のある音響。1楽章冒頭から生気が漲っています。ベルリンフィルのハイドンといえば、こうこなくては。1楽章のささやくような序奏から主題の強奏による展開までの畳み掛けるような迫力と、中期の交響曲特有のシンプルな構成の面白さの高次元のバランス。ベルリンフィルの弦楽セクション特有の力感漲るフレージングが生きていますね。フレージングのキレだけで1楽章を堪能できます。
2楽章のアダージョは絶品。弱音器つきの弦の静かなメロディと木管のコントラストが素晴らしい。ラトルの特徴がフルに発揮された至福の9分間。このアダージョのためにこのアルバムを買う価値有りです。アダージョのあまりの素晴らしさに厳しいフィルハーモニーのお客さんも思わず拍手。
3楽章のメヌエットはヴァイオリンのソロが活躍する構成。楽章間のコントラストも見事。冒頭の一音から覇気が漲ります。
フィナーレは、ハイドンの天才を証明するような素晴らしいキレ。コントラスト、展開、力感、そして弦楽器のソロでのクァルテットのような中間部、すべてが完璧な演奏。67番がこれほど素晴らしい曲だったとは。この夜の演奏を生で体験したお客さんの興奮はいかばかりだったでしょうか。
1曲目から素晴らしい演奏。これぞベルリンフィル、これぞラトルというべき演奏ですね。

2曲目は現代最高のメゾ、バルトリの登場。ナクソスのアリアンナではなく、「ベレニーチェよ、何をしているのだ」。バルトリのこの曲はアーノンクールとのDVDでも観ることが出来ます。DVDの演奏に比べ伴奏の力強さと伴奏のメリハリは遥かにこの演奏のほうが優れており、バルトリの声の張りも段違い。ここでもベルリンフィルの弦楽セクションの炸裂ですね。拍手喝采とブラヴォーが出来を象徴。

そして最後はEMI盤にも後年の録音が収録されていた交響曲90番。前回取り上げた演奏と異次元の集中力。何気ないフレーズもギリシャ彫刻のような立体感に溢れるフレージングでこれまた生気が漲りまくり。同じ指揮者とは思えない充実ぶり。オーボエの旋律に施された修飾音のキレもよく、オケが絶好調なようすが手に取るようにわかる演奏。
2楽章はリラックスした展開ながら所々低音弦の楔がよく効いて立体感抜群。後半のチェロのソロも堂々とした佇まい。3楽章のメヌエットもこれまでと同様、大迫力。途中のオーボエのメロディがとろけそうな美演。
そしてフィナーレはキレまり。キレてるだけに例の演出も見事に2度も効いて、場内の盛り上がりも最高潮となり、ベルリンフィルも底力を発揮してフィニッシュ。素晴らしいハイドンですね。

評価はもちろん全曲[+++++]。このアルバムを聴かずにラトルのハイドンを語るなかれ、ですね。

この演奏でようやくラトルとベルリンフィルの実力が明らかになった気がします。考えさせられるのはアルバムをプロデュースする視点。表面的に整った演奏をアルバムにまとめても、演奏がキレてなければ魅力はありません。今回取り上げたアルバムはいわゆる海賊版。取り上げるのに道義的に問題があるのかもしれませんが、演奏の素晴らしさに変わりはありません。このアルバムをリリースしたのは酔眼と言えるでしょう。著作権上の問題はあるのかもしれませんが、ラトルの真価を伝えるという意味では、正規盤以上に存在価値があるものと思います。

どこかで見つけられた方、手に入れるべき必聴盤です。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲67番 歌曲 交響曲90番 おすすめ盤 ライヴ録音 ラトル CD-R ベルリンフィル

ラトル/ベルリンフィルの交響曲集-3

なぜか、その3まで引きずっていますが、サイモン・ラトルのハイドンの交響曲集のつづきを。忘れそうなので、ジャケットをもう一度(笑)

RattleBPO88.jpg
HMV ONLINEicon

今日はCD2の91番から。昨日触れた通りなぜかCD2の方が実体感ある録音。91番の冒頭の一音からぐっと沈み込む音響。音がちがうだけで迫力も違います。91番は私のお気に入りの曲。86番と同様純音楽的なメロディーの愉悦に浸れる曲。1楽章の途中に郷愁を誘うようなメロディーがちりばめられていますが、これらのメロディの絡みをある意味クッキリ浮かび上がらせるラトルのコントロールは本アルバムのなかで最も曲にマッチしたもの。2楽章のシンプルなメロディーをもとにした変奏の構成も同様。3楽章はラトルのハイドンの特徴である、旋律ごとの演出の切り替えを楽しめる展開。そして終楽章オケの合奏精度が素晴らしいですね。本アルバムの中で一番の出来だと思います。

92番オックスフォードは、先日のセルをはじめとして名盤ひしめく状態。音響は91番とさして変わらないんですが、91番のシンプルな曲想を生かす場合とは異なり、いろんな演奏の刷り込みからか、やはり踏み込み不足に聴こえてしまうのが不思議なところ。1楽章はすこし駆け足な展開に聴こえます。一転、2楽章は深い呼吸の妙を楽しめます。3楽章、終楽章はまた駆け足な印象。フィニッシュの畳み掛けの迫力はベルリンフィルならではですが、オックスフォードとしては演奏の設計が浅い印象を残してしまいます。

協奏交響曲は、オーボエ、ファゴット、ヴァイオリン、チェロの4楽器を独奏とした協奏曲。この4楽器の掛け合いはスリリングというより、オーボエ、とくにファゴットの音色に支配されて木管の独特の暖かみをもつ旋律の絡み合いが特徴。ベルリンフィルのソロ陣はヴァイオリンが安永徹、チェロがゲオルク・ファウスト、オーボエがジョナサン・ケリー、ファゴットがステファン・シュヴァイゲルト。
1楽章はキレのいい弦楽合奏とソロの絡みの妙を楽しめる安定した出来。2楽章はのんびり縁側でくつろぐ趣。程よくリラックスした演奏。そして3楽章はこちらも合奏精度を楽しめます。総じて良い出来ですね。

評価は91番、協奏交響曲が[++++]、92番オックスフォードが[+++]としました。
本アルバムは録音の出来不出来の演奏への影響の大きさを思い知らされるものとなりました。

2枚組のアルバムの紹介に3日を要したのははじめてのこと。こちらの時間の都合もありますが、ラトルのハイドンとなると、構えて聴かなくてはとの気負いもありますね(笑)

その2で触れた、CD-R盤は週末にでも取り上げさせてもらいます。ラトル起死回生の一枚となりますかな。
明日は、勝沼へワイナリー試飲ツアー。先日来,日本のワインの質にも興味がわき、各地の温泉旅行のついでに買い求めてますが、このたびはワイナリーへの訪問。周到な準備のうえ電車で出かけます。飲むぞとの気合い十分です(笑)
こちらも、レビューをお楽しみに!

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲91番 オックスフォード 協奏交響曲 ライヴ録音 ラトル ベルリンフィル

ラトル/べルリンフィルの交響曲集-2

今日は昨夜のつづきということでサイモン・ラトル指揮のベルリンフィルのハイドン交響曲集のその2。

CD1の3曲目は交響曲90番。実はラトルは90番については以前、バーミンガム市交響楽団とも録音を残している上、ベルリンフィルのコンサートでも取り上げ、2003年9月26日のコンサートの模様を収めたCD-Rのライヴ盤もリリースされています。ハイドンの交響曲の中では気に入って取り上げている曲のようです。

昨日の記事は、88番と89番を聴きながら書いたため、ラトルの今ひとつつかみ所のない演奏スタイルを探るような記事を書きましたが、90番の演奏も基本的に同様の傾向。ただし、先のCD-Rに収録された90番を確認してみると、こちらはなんと非常に生気に溢れた印象。よくよく演奏を比べながら聴いてみると大きな違いと意外な共通点が判明しました。

最大の違いは録音です。もちろんEMI盤の方が鮮明な録音ではあるのですが、おそらくライヴの会場ノイズを打ち消してスタジオ録音盤のごとき音響とするためにいろいろと処理をしているんでしょう、音から生気を奪ってしまっているように聴こえてなりません。CD-R盤は良くあるように会場ノイズはそのまま。ただし、オケの実体感と響きの美しさは段違い。これではレコード会社が山口百恵のいい日旅立ちクラスの力の入れようだとしても、力の入れ方を誤ったとしか思えません。

私自身はライヴ盤は会場の興奮をそのまま伝えればいいと思いますので、咳払いや会場ノイズはあまり気になりませんし、無理に消して生気を失わせてしまうのは本末転倒のような気がします。そもそもスタジオ録音がリリースできればいいのでしょうが、昨今の経済情勢では、録音のためにオケを拘束するための費用をかけるよりはライヴ収録の音源を音響処理してスタジオ録音のような録音でリリースできれば、より少ない経費でアルバムをリリースできることになる訳ですね。このような発想が結果的にアルバムの本質的な魅力を削いでしまっているとしたら、本当に本末転倒としかいいようがありませんね。

一方共通点の方は終楽章の扱い。ラトルが90番を好んで取り上げる理由がわかりました。終楽章は繰り返しの指示が2度あるのでしょうが、繰り返すタイミングで終了と勘違いした観客が拍手する、というのを逆手にとって、繰り返しなのにさもフィナーレのような終わり方で盛大な拍手。しかし拍手の途中で繰り返しを開始すると観客はビックリ。次こそ本当に終了と思いきや、またまた繰り返し。そして3度目にようやく本当に終了というシナリオによるパフォーマンスが気に入ってのことでしょう。

本題のEMI盤でも会場の笑いをさそい、最後は盛大な拍手で終わるところをみると、コンサートの最後を盛り上げるいい演出となっているんですね。CD-R盤の演奏はライヴだけに、終楽章はパフォーマンス付きバージョン。ラトルが好んでこの曲を取り上げているのはこのパフォーマンスを18番としているからなんでしょう。

今回のEMI CLASSICS盤では、このパフォーマンスで会場を盛り上げる様子にくわえ、通常の演奏板をalternative versionとして双方を収めてあります。

こういった違いと共通点をもつ2つの演奏を通して、EMI盤の位置づけがより明確になったんではないでしょうか。90番の評価は[+++]としました。

刻んで申し訳ありませんが、CD2に収録の91番、92番、協奏交響曲の3曲は、また明日に取り上げさせていただきます。なぜかCD2への収録曲は、CD1の曲より録音も良く、生気も増しているんですね。明日のレビューをお楽しみに!

※CD-R盤にはバルトリの歌う歌曲もふくまれていますので、別途取り上げる予定です。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲90番 ライヴ録音 ラトル ベルリンフィル

ラトル/ベルリンフィルの交響曲集-1

今日はサイモン・ラトルがベルリンフィルと入れた交響曲集。2枚組で全部をレビューできそうもありませんので、その1です。

RattleBPO88.jpg
HMV ONLINEicon

今をときめくラトルとベルリンフィルのハイドン。世界最高峰の組み合わせであることは論を俟たないでしょう。
この世界最高峰の組み合わせによるハイドンの交響曲。しかもドイツ国歌の作曲者であるハイドンの交響曲です。レコード会社としては山口百恵のいい日旅立ちくらいの力が入ることは想像に難くありません(笑)

ラトルはベルリンフィルの音楽監督に就任以前にその主席指揮者・音楽監督であったバーミンガム市交響楽団とハイドンの交響曲を録音していましたが、ハイドンの曲に対するスタンスが非常に明確で、その諧謔性というかユーモラスな側面にスポットライトを当てるべく、テンポの設定やフレーズごとの演出のうまさが印象に残っています。

私がラトルの演奏でラトルがどんな音楽を生み出すのかを最も感じられたのは、何を隠そうハイドンの交響曲です。逆に、ハイドン以外の演奏でラトルの真価を感じられるような演奏に出会ったかというと、実はちょっととらえどころがないという印象も否定できません。あえて挙げればだいぶ前に放送された現代音楽のシリーズでしょうか。自身の解説付きでつくられた番組でしたが、現代音楽を指揮する立場、同時代の音楽を語る視点にラトルの狙いを感じたのが新鮮でもありました。

同じくベルリンフィルを率いる立場であったカラヤンは強烈すぎるぐらい自身の音楽の鮮明なスタイルを追求し、幅い広いレパートリーのすべてにカラヤンのスタイルで録音を残してきました。後を継いだアバドについてもこれまでの垢をすっかり削ぎ落とした純粋な世界、純音楽的な歌と緻密な壮大さへの憧憬といった狙いは演奏の基底に色濃く感じさせ、こちらも幅広いレパートリーの録音を残し続けています。アイーダといえばカラヤン、リヒャルト・シュトラウスといえばカラヤン、そして天地創造といえば真っ先にカラヤンです。そしてマーラーといえばアバド(私は)、夢のようなメンデルスゾーンと言えばアバドな訳です。

ラトルについては、もともと八方美人というか器用さが先に立って、音楽の狙いがいまいち見えにくいところがありますが、あえて挙げれば純粋な響きの変化による音響の快楽といったようなところが核にあるように見受けられます。ただ、この曲と言えばまずラトルという鮮明な印象は実はあまりありません。

まさにこの点がラトルのハイドンの演奏の特徴を浮き彫りにしていると言えなくもありません。このアルバムの演奏も最高のオケによるハイドンの交響曲の響きの変化を楽しむというのが消去法的に浮かぶテーマでしょう。

収録曲目はハイドンの交響曲88番から92番までの5曲と協奏交響曲の6曲。録音は2007年の2月のベルリンフィルハーモニーでのコンサートのライヴ。ラトルのベルリンフィルの音楽監督への就任は2002年ですから、就任5年目の演奏ということになります。

冒頭の88番V字は昨日、セルの演奏を取り上げたばかりで、セルの剛演が耳に残っている状態でのレビュー。
セルの鮮明なスタイルと比較するとラトルはオケの各楽器の巧さ、合奏精度の見事さは流石ですが、音楽づくりという意味ではオーソドックスなものといえるでしょう。あえてあげればやはりハイドンの機知を啓蒙的に紹介して音楽を楽しんでもらおうといったところでしょうか。

演奏はゆっくり目なテンポで、フレーズの構造をわかりやすく噛み砕いていくようなスタイル。ベルリンフィルハーモニーでの多くの録音と同様、デッド気味な実体感のある弦楽器の音響が印象的な録音。各楽章の演奏スタイルは対比で聴かせるというよりは全楽章一貫した流れ。終楽章はところどころレガートを象徴的に織り込み、個性的なフレーズをちりばめていますが、響きの面白さを引き立てることを目的とした小技という印象。
一流オケで直球を投げるというよりは、一流オケなのに遊び心をちりばめた8分の力での演奏といところでしょう。

つづく89番は、勝手に「証城寺」という名前をつけています。冒頭のメロディーが「しょ、しょ、しょじょじ」と聴こえるからです(笑)
歴代の名演がひしめく88番とくらべて気軽に聴ける分、こちらの曲のほうがラトルの演奏を素直に楽しめます。こういった素朴な曲の演奏のほうがラトルの魅力が伝わるような気がします。この曲は力が抜けていい演奏。

ということで、今日はここまでで時間切れです。
評価は88番は[+++]、89番は[++++]といったところでしょうか。この続きは明日。90番はコンサートのでのユニークな演出付きバージョンも含まれています。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲88番 交響曲89番 ライヴ録音 ラトル ベルリンフィル

ラトルの天地創造

今日は久しぶりに天地創造のアルバムを。今はベルリンフィルの主席指揮者・芸術監督となったサイモン・ラトルの20年前の録音です。

RattleCreation.jpg
HMV ONLINEicon / amazon

録音は1990年の3月、4月。オケは当時の主席指揮者・音楽監督をしていたバーミンガム市交響楽団とその合唱団。ソリストは3人で担当するパターン。ソプラノがアーリーン・オジェー、テノールがフィリップ・ラングリッジ、バスがダビッド・トーマス。もちろん、オジェーが期待です。このアルバムはマクリーシュ盤と同様英語で歌われています。

導入部はラトルらしい視点の明確な純音楽的は進行。どちらかというと強音部のキレよりは弱音部の丹念な描写に意識が集中しているよう。冒頭から模範的ともいえる隙のない展開。ラトルのハイドンは打楽器奏者出身らしくテンポの変化、フレーズのメリハリの付け方、浮き立たせ方が巧く音楽の進行が整理されてわかりやすいという特徴がありますが、まさにその通りの展開。テンポは速めでキビキビ感があっていいです。

ウリエルのラングリッジは良く通るキリッとした声で中音域の響きが美しい。ラファエルのトーマスは声質がちょっと軽いですが、テノールと声の質がマッチしていて違和感はないです。そしてガブリエルのオジェー。いつものガブリエルのアリアですが、オジェーの可憐な歌声が心地よいです。
それと触れなくてははらないのはコーラス。このアルバムの聴き所の一つは精緻なコーラス。オケとともにラトルの指示でフレーズを丹念に歌い上げていくところは見事。響きも透明感がありいいです。

第一部のクライマックスの盛り上がりは周到にと思いきや、途中で突然のギアチェンジでいきなりトップスピードに入る意表をついたもの。力は入りますが若干単調さもはらんでしまっているような気がします。
第二部に入り、第5日のクライマックスはさきほどと異なり正統な展開。安心してCD1を終われます。

CD2に入れ替えると第6日のレシタティーヴォ「神はまた言われた」のオケの表情付けはラトルならではの演出。チューバの号砲が利いてます。第二部は第一部と比較して変化に富んだオケの演出を楽しめる展開です。第二部のフィナーレの合唱「大いなる御業は成りぬ」はリズムを弾ませながらオーソドックスに閉めます。

第三部のアダムとエバの掛け合いは、オペラの一場面のような展開で、ラトルの演出がぐっと冴えます。そして最後の終結合唱「 全ての声よ、主に向かって歌え!」では、ソロが乱舞するもののオケは粛々と落ち着いたエンディング。

この演奏はラトルによる明確な表情付けを特徴とした現代楽器による天地創造の秀演の一つとして位置づけられるもの。ラトルのわかりやすい棒が長所でもあり、深みや迫力の表現では、いま一歩踏み込まない印象のもとでもあります。
分厚い響きの坩堝と化すカラヤン盤、機知と機転、楽天を合わせたノリントン盤、そして落ち着いた古楽の洗練を極めたクリスティ盤などと比較すると一歩及ばないというところでしょうか。この辺は好き嫌いの範囲かもしれません。評価は[++++]としました。

ラトルはベルリン・フィルの定期でもハイドンを取り上げているようですので、ここはベルリン・フィルの総力を結集した新録音も期待したいところですね。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 天地創造 ラトル ベルリンフィル

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
スクロールできます。

ディヴェルティメントヴェルナーガスマンベートーヴェンモーツァルト東京オペラシティシューベルトLPピアノソナタXVI:31ピアノソナタXVI:38ヒストリカルアンダンテと変奏曲XVII:6ライヴ録音哲学者交響曲80番交響曲67番ラメンタチオーネピアノソナタXVI:24美人奏者交響曲51番交響曲35番交響曲46番ピアノ協奏曲XVIII:11ピアノ協奏曲XVIII:3ピアノ協奏曲XVIII:4協奏交響曲ヴァイオリン協奏曲古楽器天地創造ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:52ピアノソナタXVI:49交響曲47番ピアノソナタXVI:48十字架上のキリストの最後の七つの言葉テレジアミサピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:34ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:28バリトン三重奏曲アリエッタと12の変奏XVII:3ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:20サントリーホールラ・ロクスラーヌ帝国弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナード皇帝ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:51五度ラルゴ四季交響曲1番ピアノ三重奏曲日の出ひばり弦楽四重奏曲Op.64チェロ協奏曲ピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:36東京芸術劇場ピアノ協奏曲XVIII:11ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.1リヒャルト・シュトラウス軍隊騎士弦楽四重奏曲Op.74弦楽四重奏曲Op.20交響曲17番ピアノソナタXVI:27ピアノソナタXVI:1アンダンテと変奏曲(XVII:6)弦楽四重奏曲Op.103シベリウス武満徹マーラー交響曲4番無人島交響曲42番時の移ろいベルリンフィル告別交響曲19番ホルン信号弦楽四重奏曲Op.55弦楽四重奏曲Op.54交響曲86番王妃交響曲87番弦楽四重奏曲Op.9フルート三重奏曲トランペット協奏曲スコットランド歌曲集ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:25驚愕時計ロンドンピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲ピアノ協奏曲XVIII:6チェチーリア・ミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナアレルヤピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6ホルン協奏曲ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲81番交響曲79番交響曲78番交響曲99番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードモテットカノンオフェトリウムドイツ国歌ピアノソナタXVI:37スタバト・マーテルピアノソナタXVI:42弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルクラヴィコード弦楽四重奏曲Op.17太鼓連打交響曲102番太陽四重奏曲アダージョXVII:9交響曲70番受難ピアノソナタXVI:35パリセット交響曲84番ブーレーズベルクイタリアンピアノソナタXVI:6交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71チェチーリアミサオペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41スコットランド歌曲ショスタコーヴィチ交響曲57番交響曲68番タイ料理ビールオーボエ協奏曲リラ・オルガニザータ協奏曲SACD悲しみパリ交響曲集リームラーメン交響曲50番交響曲89番CD-R偽作スタバトマーテル清水トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10ヴァイオリンとピアノのための協奏曲XVIII:6交響曲97番奇跡交響曲18番交響曲77番交響曲34番ストラヴィンスキーロープウェイ日本酒温泉フルートソナタワイン蕎麦長野DVD交響曲98番ドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生交響曲93番ピアノソナタうなぎ旅館和食うどんシングルモルトダムカートリッジ雅楽そばプロコフィエフヘンデル英語によるカンツォネッタ集サン=サーンス交響曲36番リストシェーンベルクピアノソナタXVI:14オーディオバリトン二重奏曲ピアノ協奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番ピアノ三重同曲迂闊者洋食パスタ諏訪国立劇場歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47第九読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:39変奏曲XVII:7ピアノソナタXVI:22オペラ序曲天地創造ミサほうとう国立西洋美術館焼肉ジャズネルソンミサ横浜弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番聴き比べピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:43カフェフレンチ古楽器風カレー東急文化村ノットゥルノピアノソナタXVI:2ヴェーベルン哲学者の魂またはオルフェオとエウリディーチェライヴappleiMac鹿児島料理府中の森芸術劇場裏切られた誠実マリア・テレジアバリトン五重奏曲音楽時計曲ハイドン入門者向け居酒屋焼酎歌曲ピアノソナタXVI:11ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:G1散歩ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェファリャ定食お寺モルトインド料理マリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲トランッペット協奏曲外食自宅料理中華展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集とんかつウイスキー焼き鳥シャンゼリゼ劇場8人のへぼ仕立て屋に違いない弦楽四重奏曲Op.2皇帝讃歌交響曲24番小オルガンミサ大オルガンミサCDラックiPhone新橋演舞場交響曲10番交響曲5番ポルトガル料理演劇赤坂ACTシアターテ・デウムサルヴェ・レジーナ日帰り温泉喫茶狛江インドネシア料理カッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ギネスベトナム料理国立新美術館高音質CD剃刀庭風景狛江のお店ピアノとヴァイオリンのための協奏曲ドビュッシーネパール料理交響曲28番交響曲13番交響曲95番交響曲108番変わらぬまこと交響曲107番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲9番交響曲2番交響曲3番スカルラッティ府中のお店映画カンタータ声楽曲牛タン戦時のミサルテアトル銀座ヴァイオリンとオルガンのための協奏曲珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコード中華料理マーキュリージャケット買い管弦楽曲お宅訪問Mac室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番焼き肉冷麺韓国料理飲み食いギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤン弦楽三重奏曲テレビ番組スウェーリンク書籍セル交響曲12番交響曲65番ニコライミサ交響曲71番ハイボールアプラウステンシュテットピアノソナタXVI:13アーノンクールピアノ小品ラトル魂の歌海鮮寿司仙台グルダヤナーチェクモンゴル料理現代音楽ワールドカップノンサッチ長岡鉄男クロノス・クァルテットリュートBlu-rayマイケル・ジャクソンiPad狩りショップピアノ曲アップルのめり込んだ経緯

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2016年9月のデータ(2016年9月30日)
登録曲数:1,361曲(前月比+3曲) 登録演奏数:9,608(前月比+87演奏)
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
143位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
13位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ