ファビオ・チオフィーニ/アッカデミア・ヘルマンスのスタバト・マーテル(ハイドン)

実に久々の声楽曲。

Ciofini.jpg
TOWER RECORDS

ファビオ・チオフィーニ(Fabio Ciofini)指揮のアッカデミア・ヘルマンス(Accademia Hermans)、コーロ・カンティクム・ノウム(Coro Canticumu Novum)の合唱でハイドンの「スタバト・マーテル」、リベラ・メ・ドミネ(Hob.XXIIb:1)の2曲を収めたアルバム。収録は2013年7月2日から4日、イタリア、ペルージャの西のソロメオ(Solomeo)という街の聖バルトロメオ教会(Chiesa San Bartolomeo)でのセッション録音。レーベルはイタリアミラノのLA BOTTEGA DISCANTICA。

しばらく声楽曲、特にミサ系から遠ざかっていました。年末が近づいてきたので、年の瀬にふさわしいなにかいい曲をと思って取り上げたのがこちら。ハイドンのスタバト・マーテルですが、この曲の作曲に至るには特別な経緯がありました。ハイドン自身が大病から治癒したことに感謝して書いた、感謝と癒しに満ちた音楽。そのあたりについては以前の記事をご参照ください。

2010/12/19 : ハイドン–声楽曲 : 【年末企画】ミシェル・コルボのスタバト・マーテル

前記事は2010年の年末企画として取り上げたもの。もう4年も経ったことになります。

演奏者に触れておきましょう。ファビオ・チオフィーニは、イタリアのオルガン奏者、指揮者。イタリア、ペルージャ音楽院でオルガン、ピアノ、フォルテピアノを学んだのち、アルムテルダムのスヴェーリンク音楽院に渡ってオルガンの勉強を続け、大学院では古楽を学びます。1995年にはペルージャの南にあるテルニ近郊のコッレシポリ(Collescipoli)にある1678年製の歴史的バロックオルガン、W. Hermansの奏者に任命されます。以来オルガン奏者としてヨーロッパで活躍し、またアッカデミア・ヘルマンスを創設し指揮活動も開始します。彼のサイトがありますので詳しくはそちらをご覧ください。これまでにかなりのアルバムをリリースしており、このスタバト・マーテルが最新盤です。

Fabio Ciofini

ソロは下記のとおり。

ソプラノ:マルタ・マシュー(Marta Mathéu)
メゾ・ソプラノ:グロリア・バンディテッリ(Gloria Banditelli)
テノール:ミルコ・グァダニーニ(Mirko Guadagnini)
バス:セルジオ・フォレスティ(Sergio Foresti)

Hob.XXbis / "Stabat Mater" 「スタバト・マーテル」 [g] (1767)
かなり豊かな残響を伴う録音。心地よく教会堂全体に響きわたる古楽器オケ。程よく遠方にオケが定位し、歌手はクッキリとその前に浮かび上がります。オケの後方に大河のように流れるコーラス。残響が豊かといっても最新の録音だけにそれなりに鮮明で、まるで部屋が教会堂になったようなリアリティもあります。チオフィーニはオケを自然な流れに逆らわせず、一貫してゆったりとした音楽を作っていきます。この音楽が感謝の音楽だということを踏まえてか、踏み込んだ表現は見せず、自然さを失わない範囲で音楽の緩急をつけていきます。まるで教会の残響をチオフィーニ自身が楽しんでいるような響きを活かした演奏。歌手は有名どころではありませんが、皆粒のそろった張りのある明るい声質で、非常に安定した歌唱。しなやかなオケからクッキリ浮かび上がり、古楽器オケとあわせるにしては普通にヴィブラートをかけて、朗々と歌います。ソプラノのマルタ・マシューは透き通るような高音の響きが爽やか。テノールのミルコ・グァダニーニはキリリと引き締まった若々しい伸びのある声質。メゾソプラノのグロリア・バンディテッリはふくよかに響く色気のある余韻の美しい声。そしてバスのセルジオ・フォレスティはエッジが立った切れ味の鋭い声。おそらくチオフィーニが相当緻密にコントロールしているのでしょう、オケもコーラスもソロも抜群のリズム感で水も漏らさぬ緊密なアンサンブル。そして作られる音楽は自然そのものと完璧な演奏。全13曲のスタバト・マーテル、曲が進むにつれてグイグイ彼らの音楽に惹きつけられていきます。誠実さ、敬虔さの吐露のような音楽。豊かな響きの中でしなやかな古楽器の響きと大河のようなコーラスの織りなす綾に包まれるよう。最後の曲のフーガの波にもまれながら陶酔。

Hob.XXIIb:1 / Responsorium "Libera me" 「リベラ・メ」 [d] (c.1790)
スタバト・マーテルがシュトルム・ウント・ドラング期の曲だったのに対し、このリベラ・メはだいぶ後の1990年ごろの曲。大宮真琴さんの「新版ハイドン」によれば1966年、ロビンス・ランドンがアイゼンシュタットのプファール教会で発見したもので、ニコラウス・エステルハージ侯の夫人、マリ・エリザべトの葬儀(1990年2月25日)のために書かれたものと考えられているとのこと。リベラ・メとは「我を救いたまえ」の意で、葬儀や埋葬に際して歌われる曲。このアルバムの他にはブルーノ・ヴァイル盤しか手元になく貴重な録音です。ヴァイル盤もこの機会に聴き直してみましたが、豊かな響きとしなやかな表情でチオフィーニ盤の方がオススメです。

久々の教会音楽。年末はなんとなくこういう音楽が恋しくなる心境です。このファビオ・チオフィーニ盤、宗教音楽の真髄を突く素晴らしい演奏です。広々とした教会の空間いっぱいに癒しに満ちた音楽が響き渡り、一貫してゆったりとした心持ちでハイドンの曲を描いていきます。小手先の表現は一切なく、大きな流れと自然な起伏を大切にし、じわりと心に響く音楽になっています。意外に歌手も粒ぞろい。そしてオケもコーラスも淀みない自然さを表現できるテクニックを持ち合わせています。久々に心洗われる音楽でした。評価はもちろん両曲とも[+++++]とします。

いやいや、ふと大事なことに気付きました。それは次の記事で。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : スタバト・マーテル リベラ・メ

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

古楽器ラメンタチオーネアレルヤ交響曲3番交響曲79番チェロ協奏曲1番オックスフォード驚愕交響曲88番交響曲19番交響曲58番交響曲27番アンダンテと変奏曲XVII:6ショスタコーヴィチベートーヴェン紀尾井ホールラヴェルストラヴィンスキードビュッシーピアノ三重奏曲ミューザ川崎LP協奏交響曲オーボエ協奏曲日の出ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:38サントリーホールスタバト・マーテルピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:37ブルックナーマーラー十字架上のキリストの最後の七つの言葉ヒストリカル交響曲90番告別交響曲97番交響曲99番交響曲18番奇跡ひばり弦楽四重奏曲Op.64フルート三重奏曲悲しみ交響曲102番モーツァルト交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者小オルガンミサミサブレヴィスニコライミサ交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23王妃ピアノソナタXVI:52ライヴ録音SACD武満徹チェロ協奏曲交響曲80番交響曲全集交響曲81番交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかり騎士オルランド無人島Blu-ray東京オペラシティ交響曲9番交響曲12番交響曲11番交響曲10番ロンドン太鼓連打交響曲15番交響曲4番交響曲2番交響曲1番交響曲37番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:5天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:7ロッシーニドニぜッティライヒャピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3シェーンベルク東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4バードタリスアレグリパレストリーナモンテヴェルディすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6美人奏者四季迂闊者交響曲70番アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:4バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーシューベルト交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲51番交響曲46番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌ弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオオフェトリウムモテットドイツ国歌カノン弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ブーレーズベルク主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生音楽時計曲ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲107番交響曲62番変わらぬまことジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
170位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
11位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ