【新着】ヴィニシウス・ペレスのリュートによるソナタ(ハイドン)

本日は珍しいアルバム。リュートでハイドンのソナタを演奏しているアルバムです。

ViniciusPerez.jpg
TOWER RECORDS / amazon / ローチケHMVicon

ヴィニシウス・ペレス(Vinícius Perez)の13弦リュートによる、ハイドンのピアノソナタ(Hob.XVI:10)、カール・コハウト(Karl Kohaut)のリュートソナタ、モーツァルトのディヴェルティメント(KV439b/II)、クリスティアン・ゴットリーブ・シャイドラー(Christian Gottlieb Scheidler)のモーツァルト「ドン・ジョヴァンニ」の主題による変奏曲の4曲を収めたアルバム。収録は2015年5月9日、10日、スイスのバーゼルの南の街バインウィルにあるバインウィル修道院(Kloster Beinwil)でのセッション録音。レーベルは独ライプツィヒのklanglogo。

ハイドンのピアノソナタが鍵盤楽器以外で演奏されるのは非常に珍しいこと。ブログを始めた頃にアコーディオンで弾いたアルバムを取り上げたことはありますが、これも鍵盤楽器の範疇でしょう。

2010/02/02 : ハイドン–ピアノソナタ : 珍盤! アコーディオンソナタ

さて、リュートといえば当ブログによくコメントをいただくmichaelさんの縄張り(笑)。私自身はリュートに詳しいわけでもなく、たまに聴く程度なんですが、リュートやギターは好きな楽器です。特にリュートの吸い込まれてしまうような雅な響きは格別魅力的です。普段ハイドンばかり聴いているのですが、ちょっと確認してみたところ、リュートのアルバムも以前に2度ほど取り上げています。

2011/05/16 : ハイドン–室内楽曲 : ヤコブ・リンドベルイのリュートによる室内楽
2010/06/28 : ハイドン以外のレビュー : ポール・オデットのリュート

特にポール・オデットのアルバムは手元に何枚かあり、時折リュートの音色が恋しくなった時にかけて楽しんでおります。

今日取り上げるアルバムでリュートを引いているヴィニシウス・ペレスは、まったく初めて聴く人。ブラジルのリオ・デ・ジャネイロ生まれで幼少時からギターを学び、その後リュートなどの古楽器へ興味を持つようになります。スイスのバーゼルのスコラ・カントルム・バジリエンシスでその道の権威であるホプキンソン・スミスに師事し、現在はソリストやコンティニュオ奏者として活躍しているとのこと。どうやらこのアルバムがデビューアルバムということのようです。

最新の録音らしく鮮明な響きでリュートの美音が楽しめるアルバムです。例によってハイドンの曲のみレビュー。

Hob.XVI:10 Piano Sonata No.6 [C] (before 1760)
ピアノソナタをペレスがリュート演奏用に編曲したもの。もちろんメロディーは同じですが、音色が異なるだけで雰囲気はまったく異なり、中世の曲を聴いているような気になります。このソナタの冒頭はピアノで弾くとリズムのキレで聴かせるのですが、リュートの弦を弾くの若干のリズムの重さが逆にアルカイックな雰囲気を濃く感じさせます。静かな修道院のホール響き渡るリュートの響き。スピーカーの前にリュートが定位。比較的近くで弾いている感じです。右手の位置を巧みに変え、音色を変化させるのはギター同様の手法。音色と音量を巧みに操り、またリュートらしい余韻の長い響きに包まれながらの演奏。フレーズごとに表情を少しずつ変えることで音楽の彫りが深くなっていくところも流石です。1楽章は落ち着いた表情を保ちながら実にデリケートなコントロール。終盤の高音の美しい響きさらりと聴かせ、また音量をすっと落として、吸い込まれるような魅力を振りまきます。
続くメヌエットは音楽の流れの良さで聴かせます。微妙なリズムの変化の面白さに集中します。中間部のトリオではじっくりとメロディーを焼き付けるような印象的な演奏。ハイドンらしい美しいメロディーに中世のお化粧を施したよう。そして再びメヌエットのメロディーがサラサラと流れます。
フィナーレでは程よく快適な速さながら落ち着きを保った演奏。高音の主旋律だけがクッキリと浮かび上がるよう、右手のタッチは見事なもの。フレーズごとに音色が次々と変わりますが、流れの良さはしっかり保つことで、曲がまとまります。最後の一音の余韻が空間に消えていくようすを楽しんで終わります。

つづくコハウト、モーツァルト、シャイドラーの演奏も落ち着いた深い響きを存分に楽しめる名演奏。ヴィニシウス・ペレス、若いのにじつに穏やかな音楽を聴かせる人でした。

リュートという楽器にはなにか特別な神々しい雰囲気を感じさせます。ハイドンという作曲家が英知を尽くして書いた曲なんですが、作曲家の個性を上回る響きの個性が曲に満ちることで、ハイドンの音楽というよりリュートの音楽に聴こえてしまうのが不思議なところ。心に触れる高音の典雅な響き、長く漂う余韻、微妙に変化する音色。ヴィニシウス・ペレスという人は、このリュートの魅力をふまえて、控えめな表現で静かに深い音楽を奏でる人でした。この深さは思慮深い控えめさがポイントなのでしょう。これからが楽しみな人ですね。ハイドンの評価は[+++++]とします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ピアノソナタXVI:10 古楽器 リュート

アンナ・プロハスカの歌曲集

たまたま見たNHKのBSプレミアムの9月23日0:00からの番組2本。一つはデュトワ指揮のN響の今年のザルツブルク音楽祭に参加した際のライヴ。もう一つは続けて放送された同じく今年のザルツブルク音楽祭のクスターボ・ドゥダメル指揮のベネズエラ・シモン・ボリバル交響楽団のマーラーの「千人の交響曲」。どちらにも出演していて、突き抜けた高音の魅力を振りまいていたのがアンナ・プロハスカ。今日はそのプロハスカのハイドン。

Prohaska.jpg
HMV ONLINEicon / amazon

アンナ・プロハスカ(Anna Prohaska)のソプラノ、エリック・シュナイダー(Eric Schneider)のピアノ、シモン・マーティン=エリス(Simon Martyn-Ellis)のリュートで、バロックから現代曲まで幅広い範囲の歌曲26曲を収めたアルバム。ハイドンは1曲、英語によるカンツォネッタ集からピアノの伴奏で「人魚の歌」。最新のアルバムではありますが収録の情報はなくPマークが2010年とあるだけ。レーベルはご覧のとおりDeutsche Grammophone。

このアルバム、最近リリースされたハイドンのアルバムのうち、在庫のあるものをHMV ONLINEで注文する際、欲しいアルバムと合わせてマルチバイにすべく埋め草として注文したもの。この手のアイドル路線のアルバムはあまり好きなものではありませんが、ついて聴いてみると、実に良い声。そして昨夜のコンサートでもかなり印象に残り、取りあげる事にした次第。

いつものようにプロハスカについて少し調べてみましょう。1983年、ドイツのバイエルン州、ノイ=ウルム(Neu-Ulm)生まれの歌手。曽祖父はオーストリアの作曲家、指揮者のカール・プロハスカ、祖父は指揮者のフェリックス・プロハスカ、父はオペラのディレクターとのことで名門音楽一家の出身。ウィーン、ベルリンで音楽を学び、2002年にベルリン・コーミッシェ・オーパーのブリテンの「ネジの回転」でデビュー。この公演が評価されオペラ界で活躍するようになります。2006年から2007年にかけてベルリン国立歌劇場の専属歌手となり、多数のオペラに出演。そしてコンサートではアバド、バレンボイム、ブーレーズ、アーノンクール、ヤンソンス、ラトルなど大物指揮者と共演、そして2011年からDeutsche Grammophoneと独占録音契約を結んでいるとのこと。Wikipediaにはヘビメタ好きとも書かれており、なかなかユニークな人のようですね。

冒頭に触れた番組では、ザルツブルク音楽祭に初出演するデュトワ指揮のN響で細川俊夫の新作「ソプラノとオーケストラのための『嘆き』」を語りから絶唱。すっきりとしながらも鋭く力強い声で圧倒的な表現力を見せつけていました。アルバムの造りを見る限り、アイドル路線。ブログ初期に取りあげたイギリスの女流トランぺッター、アリソン・バルサムのアルバムに近いノリを感じますが、テレビで見る限り、ちょっとアイドル路線とは異なり、かなりの実力派と映りました。

今日取り上げるアルバムは歌曲集。ハイドンもすばらしいのですが、ハイドン以外の曲も素晴しいですね。ずっとブログのサイドバーに貼っているヌリア・リアル以来のお気に入りになりそうです。いつもは丁寧なHMV ONLINEの解説が割愛されているので、DGのサイトへのリンクを紹介しておきましょう。収録曲目などはこちらをご覧ください。

Deutsche Grammophone : Anna Prohaska – Sirène

Hob.XXVIa:25 / 6 Original Canzonettas 1 No.1 "The Mermaid's Song" 「人魚の歌」 [C] (1794)
超鮮明な録音によってクッキリと定位するちょっと固めの表情のエリック・シュナイダーのピアノ伴奏に乗って、プロハスカの独特の爽やかな歌声が転がるように入ります。録音はスタジオのようで、残響はかなり少なめ。そのかわりソプラノとピアノがあたかもそこで演奏しているようなリアリティ。圧倒的な声量でアクセントをつけながら聴き慣れたハイドンの晴朗な曲をさっぱりと歌っていきますが、高音の美しく磨かれた響きは素晴しい存在感と浸透力。繰り返し以降はかなり自在に装飾音を加えて、素朴な曲を歌うのを楽しむような歌唱。聴き慣れた素朴な歌が立派な歌曲として響き渡ります。

アンナ・プロハスカの歌曲集。やはり素晴しい実力の持ち主とハッキリわかる圧倒的な歌唱でした。このアルバムではハイドンの他、ダウランドや最後のグレゴリオ聖歌なども良かったんですが、ビックリしたのがシマノフスキの3曲。ピアノの幽玄な響きとプロハスカの空間を切り裂くような鋭い歌唱が見事。歌曲好きな方にはオススメのアルバムです。ハイドンの評価は[+++++]としておきましょう。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 英語カンツォネッタ集 美人奏者 リュート

ヤコブ・リンドベルイのリュートによる室内楽

今日は珍しいアルバムを。

Lindberg.jpg
HMV ONLINEicon / amazon

ヤコブ・リンドベルイ(Jacob Lindberg)のリュート、ドロットニングホルム・バロック・アンサンブルのメンバーによる演奏で、ハイドンの弦楽四重奏曲のOp.1 No.1(Hob.III:1)、Op.1 No.6(Hob.III:6)、Op.2 No.1(Hob.III:8)、そしてハイドンの真作かどうか疑わしい三重奏曲(Hob.IV:F2)の4曲を収めたアルバム。収録は1987年1月29日~31日、スウェーデンのストックホルムの近郊の街、ストックスンドのペトロ教会でのセッション録音。レーベルは響きの美しい録音で知られるスウェーデンのBIS。

ヤコブ・リンドベルイは1952年、ストックホルム近郊の街ユルスホルム(Djursholm)の生まれ。最初はビートルズの音楽に惹かれギターを弾くようになり、すぐにクラシック音楽に興味を持つようになったとのこと。14歳でリュートに興味をもち、ストックホルム大学で音楽を学んだ後、イギリスに渡り英国王立音楽大学でギターとリュートを修めた。以来リュート奏者として欧米や日本でもコンサートを重ね、ルネッサンスからバロックにかけてのリュート音楽の第一人者という立場でしょう。リンドベルイのサイトがありますのでリンクを張っておきましょう。

ヤコブ・リンドベリのウェブサイト(英文)

私もギターやリュートは好きで、ギターはアンドレス・セゴビアの演奏を偏愛してます。セゴビアの演奏するバッハの無伴奏チェロ組曲3番の演奏はチェロの演奏よりもセゴビアのギターの演奏の方が好きなくらいです。リュートはリンドベルイやポール・オデットのアルバムをいろいろ手に入れて、リュート独特の響き渡る美しい音色をたまに楽しんでます。

このアルバムは好きなリュートの演奏によるハイドンの曲を演奏したアルバムということで手に入れたもの。先に紹介したように、収録曲目はハイドンの初期の弦楽四重奏曲などを集めたもので、第一ヴァイオリンをリュートで弾いたものとなっています。

アルバムのライナーノーツには、リュートの歴史とともにこのアルバムの位置づけが書かれています。ルネサンス期からバロック期に最高潮だったリュートの人気はハイドンの時代の始め頃まで続き、バロック期の13コースのリュートはヨーロッパの貴族社会においても好まれ続けたとのこと。それゆえハイドンのごく初期のリュートと弦楽器のための曲として残された2種の弦楽四重奏曲に由来する楽譜が残されていることも不自然なことではないわけですね。

これらのリュートのための曲のもととなった弦楽四重奏曲はハイドンがウィーンの合唱団を退団してから1761年にエステルハージ家に副楽長として採用される間のごく初期の曲。技術的な熟成は後年に譲るとして、若いハイドンの素直で明るい曲調を楽しむ曲でしょう。

なお、リュートの構造などについて私は詳しくありませんが、Wikipediaをみたところかなり詳しい情報が掲載されていますので、一度ご覧ください。

Wikipedia:リュート

演奏はリュートの雅な音色とヴァイオリン、ヴィオラ、チェロの端正なアンサンブルによる美しい響きをただただ楽しむべき演奏。BISらしい空間へ響く余韻の美しい録音。どの曲も非常に自然な演奏。中庸なテンポ、楽譜に身を任せるような非常に自然な作為のない穏当な演奏。

カッサシオン(Hob.III:1 弦楽四重奏曲Op.1 No.1)1760年以前作曲
弦楽四重奏曲としてもあまり聴く機会の多くないOp.1のNo.1。聞き覚えのあるフレーズですが、以前取り上げた別の曲のフルート版の編曲のときの違和感とはちが、素直に美しいリュートの音色を楽しむことができます。元の曲の記憶が薄い分良いのかもしれませんね。曲自体も技巧を凝らしたものというよりは、ハイドンの初期の美しいメロディの習作のようなこの曲を、あくまで自然に奏でるだけで十分美しい演奏になってます。3楽章の素直な曲。

カッサシオン(Hob.III:6 弦楽四重奏曲Op.1 No.6)1760年以前作曲
前曲からはだいぶ筆が込んで来て、聴き応えもだいぶ上がります。それでもクァルテットの緊密なアンサンブルを追求するような曲ではなく、あくまで楽天的に聴くような曲でしょう。2楽章のメヌエットはダウランドのリュート曲のような響きも感じさせ、リュートの響きの美しさを楽しめます。3楽章はハイドンのシンプルな曲想の芽生えのような素晴らしい曲。伴奏にまわったリュートの響きに乗ってヴァイオリンの奏でるメロディーの美しいこと。極上のひと時。ハイドンの才能がこれほど初期から迸っていたかと感慨深いものがあります。4楽章も力を抜いた典雅なフィナーレ。技巧を凝らすだけではなく、ただ演奏するだけで心に届く純粋さを感じる素晴らしい演奏。これも音楽の本質でしょう。

カッサシオン(Hob.III:8 弦楽四重奏曲Op.2 No.2)1760年~62年作曲
5楽章構成のOp.2のNo.2。曲を聴いているとハイドンの筆がまたすこし進んで、音楽の幅と深さが増してように聴こえます。1楽章はこの先に何か起こりそうな期待感のような不思議な感覚を感じます。2楽章のメヌエットは不思議なリズムとメロディーによる変化のあるメヌエット。3楽章は期待のアダージョ。全曲同様至福の一時。何と豊かな心境になることでしょう。このシンプルな曲のリュートによる研ぎすまされた響き。純粋無垢な魅力に溢れています。技巧とは無縁の静穏な魅力に圧倒されます。4楽章は再びメヌエット。リュートによるメロディーがクッキリと浮かび上がる演奏。フィナーレも見事に力が抜けてます。弦だけのときよりリュートに合わせるために他の弦楽器奏者が音量を抑えていることがうまい具合に力が抜けた演奏になっている理由のかもしれませんね。

カッサシオン(Hob.IV:F2)ハイドン真作の可能性低い
最初からリュートを前提に書かれている唯一の曲とのことですが、ハイドンの真作の可能性は低いとのこと。私に判定する力はありませんが、明らかに曲調が変わります。この曲はアルバム上はオマケといった存在でしょう。

さて、曲自体は未成熟な曲ながら、そのリュートによる演奏は技巧を超えて素晴らしい自然さ。まるで宝石箱のような美しさに溢れた演奏でした。私がリュートが好きなところが影響しているかもしれませんが、室内楽が好きな人には是非一度聴いていただきたい演奏だと思います。評価は1曲目が[++++]、2曲目、3曲目が[+++++]、最後の曲は対象外とします。

何となく書いているうちに、今度はセゴビアのギターについても一度書かなくてはならないかなと思ってきました。こちらはまた折りをみて。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 弦楽四重奏曲Op.1 弦楽四重奏曲Op.2 おすすめ盤 リュート

ポール・オデットのリュート

久しぶりに、ハイドンをはなれて、好きなCDを紹介します。

AllaVenetiana.jpg
HMV ONLINEicon

ポール・オデットは1954年生まれのアメリカのリュート奏者。
ハルモニア・ムンディレーベルから数多くのリュートのCDがリリースされています。
最初に聴いたのはダウランドのリュート曲集。あんまり良かったんで全5枚をそろえました。そして、最近リリースされたバッハ。そしてこのアルバム。なかでもこのアルバムが最も良く手に取ります。

オデットのすばらしいのは、美しいリュートの弦の音色。楽器の音色の美しさもさることながら、弦へのタッチから生み出されるすばらしい響きに打たれます。
クラシックギターがどちらかというとラテン系の響きを感じさせるのに対し、リュートはゲルマン系というか、中世というか、響きの種類が全く異なります。

昔、ブリュッヘンとハンス・マルティン・リンデによるダウランドなどを聴いてリュートの響きに引き込まれたものですが、オデットのリュートは響きが昇華され、純度が究極まで高められたような純粋無垢な響きと言ってもいいほど。

このアルバムは16世紀初期ヴェネチアのリュート曲集。6弦のアルトリュートとテノールリュートを使い分け、古の無名の作曲家の音楽をたっぷり堪能できます。
ダウランドとはまた異なる響きの美しさ。私にとって、いわば、癒しの一枚。

トラック7のCapirolaの”Padoana belissima”を聴いてみてください。
深夜に一杯やりながらリュートの響きに耳を傾ければ、16世紀のヴェネチアへトリップできます。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : おすすめ盤 リュート

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
スクロールできます。

剃刀ひばり古楽器弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:268人のへぼ仕立屋に違いない東京オペラシティバードタリスパレストリーナモンテヴェルディアレグリ天地創造すみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ライヴ録音マーラーストラヴィンスキー弦楽四重奏曲Op.9アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:6交響曲97番ヒストリカル告別交響曲1番美人奏者ピアノソナタXVI:39四季迂闊者交響曲70番交響曲12番東京芸術劇場太鼓連打ピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:3アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:4SACDバリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンディヴェルティメントヴェルナーモーツァルトベートーヴェンシューベルトLPピアノソナタXVI:38ラメンタチオーネ哲学者交響曲80番交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲46番交響曲35番交響曲51番協奏交響曲ヴァイオリン協奏曲DVDピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:52交響曲47番十字架上のキリストの最後の七つの言葉テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:34ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:40アリエッタと12の変奏XVII:3ピアノソナタXVI:20サントリーホールラ・ロクスラーヌ帝国弦楽四重奏曲Op.76皇帝ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:51五度ラルゴピアノ三重奏曲弦楽四重奏曲Op.64日の出チェロ協奏曲ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33軍隊リヒャルト・シュトラウス騎士弦楽四重奏曲Op.74弦楽四重奏曲Op.20交響曲17番ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:27シベリウス武満徹時の移ろい交響曲4番無人島交響曲42番ベルリンフィル交響曲19番ホルン信号弦楽四重奏曲Op.55弦楽四重奏曲Op.54王妃交響曲87番交響曲86番フルート三重奏曲トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:25驚愕時計ロンドンリュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナ英語カンツォネッタ集アレルヤピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ホルン協奏曲ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲78番交響曲79番交響曲81番交響曲99番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードモテットドイツ国歌カノンオフェトリウムスタバト・マーテルピアノソナタXVI:42弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールクラヴィコードパッヘルベル弦楽四重奏曲Op.17交響曲102番アダージョXVII:9受難ピアノソナタXVI:35パリセット交響曲84番ベルクブーレーズ交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41ショスタコーヴィチ交響曲57番交響曲68番オーボエ協奏曲リラ・オルガニザータ協奏曲悲しみリーム交響曲89番交響曲50番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10奇跡交響曲18番交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタ交響曲98番ドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生交響曲93番ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11音楽時計曲ピアノ小品カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストシェーンベルクピアノソナタXVI:14オーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:12変奏曲XVII:7ピアノソナタXVI:22オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノピアノソナタXVI:2ヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場マリア・テレジア裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ピアノソナタXVI:8ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場弦楽四重奏曲Op.2皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ小オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番交響曲10番サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CDドビュッシー交響曲28番交響曲13番交響曲95番交響曲108番交響曲107番変わらぬまこと交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲9番交響曲2番交響曲3番スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤン弦楽三重奏曲スウェーリンク書籍交響曲65番ニコライミサ交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽Blu-ray狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2016年9月のデータ(2016年9月30日)
登録曲数:1,361曲(前月比+3曲) 登録演奏数:9,608(前月比+87演奏)
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
98位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
5位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ