ルクセンブルク四重奏団のOp.20のNo.5

ブログをやっていて本当に良かったと思う事があります。今日はそんなことをじんわり感じた一枚。

Luxembourg20_5.jpg

ルクセンブルク四重奏団(Quatuor de Luxembourg)の演奏によるハイドンの弦楽四重奏曲Op.20のNo.5、ハンス・クラーサ(Hans Krása)、ユレ・クリューガー(Jules Krüger)、ラフマニノフ、ヴェーベルンの弦楽四重奏曲を収めたアルバム。収録は2001年7月16日から18日にかけて、ルクセンブルクのヴィラ・ロヴィニーのホールでのセッション録音。レーベルはJCH PRODUCTIONというルクセンブルクのレーベル。

このアルバム、以前当ブログで取りあげたルクセンブルク四重奏団の第1ヴァイオリンの矢口統(おさむ)さんから連絡をいただき送っていただいたアルバム。まずは以前取りあげた記事を紹介しておきましょう。

2011/10/31 : Haydn Disk of the Month : Haydn Disk of the Month - October 2011
2011/10/02 : ハイドン–弦楽四重奏曲 : ルクセンブルク四重奏団のOp.20 No.2

前記事を読んでいただければわかるとおり、まったく未知であったこの四重奏団の素晴しいハイドンの演奏を聴いたときの衝撃は忘れられません。ハイドンの晴朗なメロディーをそのまま音にしたような伸び伸びとした演奏。以前取りあげたアルバムは2011年10月のHaydn Disk of the Monthにも選定した素晴しいアルバムでした。

前記事ではウェブなどの情報からルクセンブルク四重奏団は活動していないのではないかと書きましたが、矢口さんによれば現在もメンバーが替わって活動しているとのこと。設立から14年目になるそうです。前アルバムの録音が2000年7月。今日取り上げるアルバムの録音が2001年の7月ということで、すぐ翌年の録音ですので、このアルバムの演奏も期待できそうです。メンバーは前アルバムとはヴィオラが替わっています。

第1ヴァイオリン:矢口統(やぐちおさむ)
第2ヴァイオリン:Mihajlo Dudar
ヴィオラ:Kris Landsverk
チェロ:Vincent Gérin

アルバムの構成も前アルバム同様、冒頭にハイドンを置き、その後にルクセンブルクの作曲家を含む歴史のパースペクティヴを感じさせる配置。ハイドンの曲を並べたアルバムもいいのですが、こうしたハイドン以外、特に現代曲を含む配曲は聴く方も感覚が鋭敏になります。

Hob.III:35 / String Quartet Op.20 No.5 [f] (1772)
Op.20でも最も好きな曲。短調のこの曲の陰りよりは、晴朗な響きの方に焦点を合わせた演奏。第1ヴァイオリンの矢口さんの演奏は、実に鮮やかな弓さばきで、ハイドンの名曲のメロディーの自然なヴォリューム感を表現していきます。構えも溜めもなく流れるように自然な演奏。エッジをキリッと立てたり、各楽器の演奏を無理矢理合わせる感じはなく、4人のアンサンブルが自然に溶け合い、じわじわと盛り上がっていく演奏。録音は超自然。デジタル録音の長所が活きた、自然な弦楽器の感触がリアルに伝わります、ほのかな残響と適度な距離感が実に心地よい響きを作っています。
2楽章はメヌエット。矢口さんのヴァイオリンは高音域より中音域の深みのある音色に特徴があり、このメヌエットでは矢口さんの鳥がさえずるような自然かつ洒脱な弓さばきのヴァイオリンの美音が聴き所。アンサンブルは非常にリラックスして演奏を楽しんでいるよう。時折聴かせる弱音の消え入るような響きの美しさも流石です。
つづくアダージョに入っても自然さと軽妙な弓さばきは変わらず、ハイドンの名旋律の魅力をさりげなく聴かせていきます。実に鋭敏な弓さばきによって陰影ではなく、メロディーの美しさが際立ちます。カッチリと弾いてくるクァルテットが多い中、この自然かつ軽妙な弓さばきで全員の息がピタリと合って、音が精妙に重なり合う事で音楽深まります。
フーガ風のフィナーレは音量も表現もかなり抑えて、弓使いの繊細さが極まります。終盤に至って、踏み込んでは来ますが、知情のバランスの適切な範囲まで。このさりげなさが深みにつながっています。

つづくハンス・クラーサの「主題と変奏」はコンゴルド風の明るさと現代性の混在したなかなか面白い曲。ハイドンノフィナーレも次の曲へのつながりを意識しての演奏のように感じます。個人的にはこのハンス・クラーサとヴェーベルンの弦楽四重奏のための緩徐楽章が気に入りました。

ルクセンブルク四重奏団のハイドンのOp.20のNo.5などを収めたアルバムですが、前に紹介したアルバム同様、ハイドンの特にシュトルム・ウント・ドラング期の創意とほの暗さを併せ持つ曲の真髄に迫る、自然な弓使いの妙を楽しめる演奏でした。曲に没入せず、晴朗な心境での演奏なのでしょう、聴いているこちらも穏やかな気持ちで音楽を楽しめる演奏でした。録音も良く、部屋のなかにクァルテットが出現したようにリアルに各奏者の音の重なりの面白さを楽しめます。評価はもちろん[+++++]とします。弦楽四重奏が好きな方にはオススメの一枚です。

ちなみにもう一枚、ハイドンのOp.20のNo.6などを収めたアルバムも手元に届いており、こちらも近いうちにレビューしたいと思ってます。ただし、このアルバム、調べた限りHMV ONLINEをはじめとしてamazon、TOWER RECORDS、iTunesなどでも取扱いがないようです。どちらかの業者の方、輸入できないでしょうね〜。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 弦楽四重奏曲Op.20 ヴェーベルン

テンシュテットの軍隊ライヴ、爆演!

今日はテンシュテットの軍隊です。

IMG_0904.jpg

クラウス・テンシュテット(Klaus Tennstedt)指揮のボストン交響楽団の演奏で、ハイドンの交響曲第100番「軍隊」のライヴ。1977年1月8日のボストンシンフォニーホールの演奏会の模様を収めたCD-Rです。レーベルは”A DERANGED BAT COLLECTION”というレーベル。

テンシュテットの録音にはライヴを中心にハイドンの録音はそこそこあり、これまでもいろいろ取り上げてきましたが、気合いの乗ったものもちょっとかすり気味のものもあり、やはり聴いてみたくなるのが不思議なところ。今回のアルバムは最近オークションで入手。はたして軍隊の爆演に出会えるでしょうか。
これまでに取り上げたテンシュテットの演奏のリンクを張っておきましょう。

ハイドン音盤倉庫:テンシュテットの57番
ハイドン音盤倉庫:テンシュテットの天地創造
ハイドン音盤倉庫:テンシュテットの王妃
ハイドン音盤倉庫:テンシュテットの太鼓連打

このアルバムは1日のコンサートを収めたものなので、他に2曲、冒頭にヴェーベルンのパッサカリア、そして軍隊をはさんで、シューベルトのザ・グレートと言う流れ。コンサートの冒頭にヴェーベルンの短い作品をおいて、ハイドンに入るという絶妙のプログラム。ヴェーベルンで脳を覚醒させて、ハイドンに入ると言う至福の構成。このセンスはすばらしいですね。

ヴェーベルンといえばブーレーズの超冷静な演奏の印象が強いんですが、テンシュテットのヴェーベルンは、叙情的な印象ですね。77年のライヴということで録音はそこそこいい状態です。終盤のフォルテッシモの爆発は流石の迫力ですね。最後の消え入る静寂から温かい拍手。良いですね。実演では脳が初期化されるでしょうね。

続いて軍隊。ヴェーベルンの消え入るところの余韻が残っているところに、非常に柔らかい弦の音色で1楽章が始まります。テンシュテットが手綱を押さえ気味にオケをコントロール。主題に入り押さえながらもリズムが立って、生き生きとした推進力を帯びてきます。フォルテが柔らかいのが特徴でしょう。1楽章も後半に入り、だんだんオケが熱を帯びてくるのがわかります。柔らかいのに熱いオケ。マグマの胎動が聴こえてくるような不気味な迫力があります。1楽章の最後は9分の力ではありますが素晴しいふけ上がり。
2楽章は木質系の弦の音色と木管楽器の絡みが美しいはじまり。徐々に打楽器が加わって、にぎやかさを加え、大きなうねりの繰り返し、ティンパニと打楽器が期待通りの爆発。
3楽章のメヌエットが私の一押し、冒頭の一音から漲る力感。これぞテンシュテットでしょう。小節を利かせてフレーズのメリハリを浮かび上がらせますがかなり筋肉質なところがテンシュテットの真骨頂でしょう。本来舞曲であるメヌエットですが、これほどの迫力では踊ることはできませんね。
フィナーレはいきなり快速で入ります。想像したより遥かに速い。ただし、つんのめるような部分はなくオケも嵐のような超快速のテンシュテットに完全に追随。最後はフルスロットルで大爆発! 波動砲の衝撃でガミラスが吹き飛んだような大迫力で、嵐のような会場の拍手をさそいます。久々のテンシュテットの爆演ですね。

評価は[+++++]をつけざるを得ませんね。これはテンシュテットのハイドンの交響曲の代表的演奏と位置づけることが出来るでしょう。ライヴならではの迫力溢れる演奏で、同日ながら冒頭のヴェーベルンよりもいい音で録られており、録音も悪くありません。軍隊の爆発に撃たれたい方、必聴のアルバムです。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 軍隊 ライヴ録音 ヴェーベルン CD-R

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
スクロールできます。

弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103古楽器ピアノソナタXVI:378人のへぼ仕立屋に違いないファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:31ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:46アレグリモンテヴェルディ東京オペラシティパレストリーナバードタリスすみだトリフォニーホール天地創造ライヴ録音ピアノ協奏曲XVIII:11マーラーストラヴィンスキー弦楽四重奏曲Op.9アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:48告別ヒストリカル交響曲1番交響曲97番ピアノソナタXVI:39美人奏者四季交響曲12番迂闊者交響曲70番東京芸術劇場太鼓連打ピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:4アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:3バリトン三重奏曲SACDスコットランド歌曲ディヴェルティメントヴェルナーガスマンモーツァルトシューベルトベートーヴェンLPピアノソナタXVI:38哲学者ラメンタチオーネ交響曲80番交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲46番交響曲35番交響曲51番ヴァイオリン協奏曲協奏交響曲DVDピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:52交響曲47番十字架上のキリストの最後の七つの言葉テレジアミサピアノソナタXVI:34ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:20アリエッタと12の変奏XVII:3サントリーホール帝国ラ・ロクスラーヌ皇帝弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ピアノソナタXVI:50五度ラルゴピアノ三重奏曲日の出ひばり弦楽四重奏曲Op.64チェロ協奏曲ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33リヒャルト・シュトラウス軍隊騎士弦楽四重奏曲Op.74弦楽四重奏曲Op.20交響曲17番ピアノソナタXVI:27ピアノソナタXVI:1シベリウス武満徹交響曲4番無人島交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号交響曲19番弦楽四重奏曲Op.55弦楽四重奏曲Op.54王妃交響曲87番交響曲86番フルート三重奏曲トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:25驚愕時計ロンドンリュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナ英語カンツォネッタ集アレルヤピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ホルン協奏曲ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲81番交響曲78番交響曲79番交響曲99番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードドイツ国歌モテットオフェトリウムカノンスタバト・マーテルピアノソナタXVI:42弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールクラヴィコードパッヘルベル弦楽四重奏曲Op.17交響曲102番アダージョXVII:9受難ピアノソナタXVI:35パリセット交響曲84番ブーレーズベルク交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41ショスタコーヴィチ交響曲68番交響曲57番オーボエ協奏曲リラ・オルガニザータ協奏曲悲しみリーム交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10奇跡交響曲34番交響曲18番交響曲77番温泉フルートソナタ交響曲98番ドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生交響曲93番音楽時計曲ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストシェーンベルクピアノソナタXVI:14オーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノピアノソナタXVI:2ヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場マリア・テレジア裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場弦楽四重奏曲Op.2皇帝讃歌交響曲24番小オルガンミサ大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番交響曲10番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD剃刀ドビュッシー交響曲28番交響曲13番交響曲95番交響曲62番変わらぬまこと交響曲108番交響曲107番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲9番交響曲3番交響曲2番スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤン弦楽三重奏曲スウェーリンク書籍交響曲65番ニコライミサ交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽Blu-ray狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2016年9月のデータ(2016年9月30日)
登録曲数:1,361曲(前月比+3曲) 登録演奏数:9,608(前月比+87演奏)
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
114位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
10位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ