ハンス・スワロフスキーの交響曲集(ハイドン)

4月のベスト盤を選んだと思っていたら世の中はすっかりゴールデンウィークです。こちらは例年通り渋滞を避けて歌舞伎見物をしたり、地元の温泉に行ったりと、近場でのんびり楽しんでおります。今日は最近手に入れたヒストリカルなアルバムです。

Swarowsky97145.jpg
amazon

ハンス・スワロフスキー(Hans Swarowsky)指揮のウィーン国立歌劇場管弦楽団(Vienna State Opera Orchestra)の演奏で、ハイドンの交響曲97番、ウィーン交響楽団(Wiener Symphoniker)の演奏で交響曲1番、45番「告別」の3曲を収めたアルバム。収録は97番が1953年、他2曲が1951年のセッション録音。録音場所の記載はありません。レーベルはSPURAPHON原盤の日本コロムビア。

スワロフスキーの録音は何点かあったと思って、所有盤リストを検索してみると、1点もヒットしません。おかしいなと思って確認すると、当アルバムのスワロフスキーの綴りが間違っていました。ジャケットには堂々と”SWAROWSKI”と記載されていますが、正しくは”SWAROWSKY”。そう末尾が違います。他のアルバムやネットでは全て”SWAROWSKY”ですので、このアルバムが間違いですね。ちなみにガラスによる宝飾品のスワロフスキーは”SWAROVSKI”。オーストリアのチロル地方の創業で、こちらは末尾は”I”ですが、途中の”W”が”V”となります。ということで正しい綴りで検索し直すと、ウィーン国立歌劇場管弦楽団との「軍隊」、「太鼓連打」、アルフレート・ホラーのソロによるトランペット協奏曲、そして同じくウィーン国立歌劇場管弦楽団を振った「哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ」全曲などのアルバムがあり、軍隊、太鼓連打のアルバムは過去に取り上げています。スワロフスキーの略歴などは下記の記事をご参照ください。

2012/02/21 : ハイドン–交響曲 : ハンス・スワロフスキー/ウィーン国立歌劇場管弦楽団の軍隊、太鼓連打(ハイドン)

リンク先の記事にも書いたように、スワロフスキーは指揮法の「名教師」としても名高い人で、ウィーン国立音楽大学指揮科の教授として活躍し、門下にクラウディオ・アバド、マリス・ヤンソンス、ズービン・メータ、アダム・フィッシャー、イヴァン・フィッシャー、ヘスス・ロペス=コボス、ブルーノ・ヴァイルなど錚々たる指揮者を育てました。また、ウィーン国立歌劇場管弦楽団との演奏自体も、現在聴いてもそのコントロールの素晴らしさを堪能できるものです。

そのスワロフスキーのハイドンの未入手の録音と知ってオークションで手に入れたもの。日本コロムビアの「ハンス・スワロフスキーの芸術」というシリーズの第4巻になります。綴りの間違いはイマイチですが、良いシリーズをリリースしてくれたものです。このアルバム自体のリリースは1997年です。

Hob.I:97 Symphony No.97 [C] (1792)
1953年録音ということで、もちろんモノラル録音ですが、音質は充分みずみずしく聴きやすい録音。ゆったりした序奏の後、主題に入ると恐ろしいほどのキレ味で畳み掛けてきます。現代でもこれだけのキレを聴かせるコントロールは滅多にありません。インテンポで物凄い勢いで攻め込まれますが、ゆったりとした休符を挟むので力ませに聴こえない素晴らしいバランス感覚。と思いきや曲の変わり目は休符を半分にしたくらい被せてきます! オケはスワロフスキーに煽られて赤熱する鉄塊のようにヒートアップ。このど迫力、同じくど迫力の名盤、アンチェルの93番を上回るもの。音量を上げて聴くとトップギアのウィーン国立歌劇場管弦楽団の奏者の汗が飛び散ってきそうなほどの迫力。特に弦楽器のボウイングは驚愕の力感。
続く2楽章はリラックスした演奏で入ります。テンポは速めで見通しの良い演奏。典雅な演奏とはこのことでしょう。キリリと引き締まったリズムに乗って秩序正しい演奏。展開部に入ると、オケが牙を剥き始めます。それでも全体的に気品すら感じさせる落ち着いた構成を保って入るのが流石なところ。
メヌエットはちょっとテープのコンディションが悪く、冒頭から少々音程がふらつくところがあります。演奏は前楽章がリズムの軽さを感じさせていたのに対し、こちらは適度な重量感を加えて迫力を増します。音量の対比と表情の変化を一定のリズムにまとめる素晴らしいコントロール。
そして期待のフィナーレは冒頭から冴え渡るオケの音色に釘付け。徐々に赤熱してくるオケ。1楽章の未曾有のキレの再現に耳が集中しますが、今度はキレた流麗さで驚かせます。速めのテンポも手伝って爽快そのもの。オケは余裕たっぷりにキレまくります。ちょっと音が飽和するところもありますが、最後は期待通りオケがキリリと引き締めて終わります。いやいや見事。

Hob.I:1 Symphony No.1 [D] (before 1759)
オケがウィーン交響楽団に変わります。ハイドン最初の交響曲ですが、手元の所有盤リストでは、その1番でも最も録音年代が古いもの。97番の異常とも言える冴え方とは異なり、こちらは平常心(笑)での演奏。ハープシコードが入ります。ただこの曲でも迫力と流麗さは充分に感じられ、やはりバランスの良さを感じさせます。オケも流石にウィーン響ゆえ典雅な音色でスワロフスキーの指示に応えます。1楽章の覇気、2楽章のしっとりとした表情、3楽章のじっくりとした描写と文句なし。

Hob.I:45 Symphony No.45 "Abschied" 「告別」 [f sharp] (1772)
このアルバムのもう一つの聴きどころはこの告別でした。冒頭の97番の突き抜けたど迫力の演奏に対し、この告別は実に趣深い名演です。録音年代が信じられないほどニュートラルな演奏。オケの精度はウィーン国立歌劇場管弦楽団には及びませんが、情感の濃さはこちらが上。1楽章から旋律のしっとりとした美しさと見通しのよい構成感が両立する素晴らしい演奏。そして2楽章のアダージョに入ると情感はさらに色濃くなりメロディーの美しさに絶妙の翳りが加わり絵も言われぬ雰囲気に。そしてあえてさらりとしたメヌエットで気分転換。中間部の陰りが続く終楽章を暗示させるのが流石なところ。
聴きどころの終楽章。前半はインテンポで畳み掛けますが、響きに独特の味わいが乗って迫力ばかりではなく趣深い音楽になります。そして奏者が一人ずつ去っていく有名なアダージョはゆったり優雅な音楽なんですが、スワロフスキーのコントロールには物悲しさを助長するように木管楽器をくっきりと浮かび上がらせます。最初は柔らかく暖かい弦の音色に包まれながらも、楽器が減っていくごとに徐々に響きの純度が上がっていき、テンポも少しずつ遅くなっていきます。最後に残るヴァイオリンの音色の美しさが印象的。この曲の美しさを知り尽くした演奏と言っていいでしょう。

アバドやメータ、アダム・フィッシャーなど名指揮者を育てたハンス・スワロフスキーの振るハイドンの交響曲3曲を収めたアルバムでしたが、このアルバム、「ハンス・スワロフスキーの芸術」というアルバムタイトル通り、スワロフスキーという人の芸術を堪能できる素晴らしいアルバムでした。97番はこれまで聴いたどのアルバムよりも踏み込んだオーケストラコントロールで97番という曲に込められたエネルギーを爆発させたような素晴らしい演奏。ウィーン国立歌劇場管弦楽団がこれほどまでに赤熱した演奏は聴いたことがありません。一方ウィーン響を振った交響曲1番と告別は趣深い名演奏。どちらも古い録音ながら、聴き続けられるべき価値を持った素晴らしい演奏です。評価は全曲[+++++]とします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲97番 交響曲1番 告別 ヒストリカル

ヒュー・ウルフ/セント・ポール室内管の交響曲1番(ハイドン)

皆さま、明けましておめでとうございます。今年も激ニッチな当ブログをよろしくお願いいたします。

お正月最初のレビューはハイドンの交響曲1番のアルバム。最近手に入れたものですが、キレ味抜群の演奏でした。

HughWolff1.jpg
TOWER RECORDS / amazon1 / amazon2 / amazon3

ヒュー・ウルフ(Hugh Wolff)指揮のセント・ポール室内管弦楽団(The Saint Paul Chamber Orchestra)による、プロコフィエフの交響曲1番「古典」、ハイドンの交響曲1番、ビゼーの交響曲の3曲を収めたアルバム。収録は1992年9月、アメリカ、ミネソタ州のセント・ポールにあるオードウェイ劇場(現オードウェイ・パフォーミング・アーツ・センター)でのセッション録音。レーベルはTELDEC。

なにやらちょっとアーティスティックにハイドン、プロコフィエフ、ビゼーの肖像がコラージュされたジャケットのアルバム。アルバムのタイトルは「ビゼー、プロコフィエフ、ハイドン交響曲1番」というもの。古典期から近代までの3人の作曲家の「古典的な」最初の交響曲を並べた不思議な企画。

プロコフィエフの交響曲1番がハイドンの作品にインスピレーションを得たものであるのは有名なことであり、この2人を選んだ意図はなんとなくわかるのですが、これに、特に交響曲が有名ではないビゼーをもってきたところにこの企画の真意が今ひとつ分かり難いところ。想像するに、プロコフィエフの曲はもとより、ビゼーの交響曲もハイドン以来の交響曲の伝統的な4楽章構成ということで、時代を超えてハイドンが構築した交響曲という形式が受け継がれているということから選ばれているような気がします。ただしここで選ばれている肝心のハイドンの交響曲1番は3楽章構成ということでどうも座りが悪い。ということで、そうした点よりも、素直にタイトル通り「交響曲1番」という、それぞれの作曲家が「最初に」書いた交響曲の着想を比較するというのが狙いでしょうか。そうした点においても、交響曲というジャンルを確立したハイドンの曲の完成度、そしてハイドンの手法に着想を得たプロコフィエフそれぞれの完成度の高さに比べてビゼーの交響曲が一歩劣って見えてしまう感じ。個人的にはビゼーの代わりにメンデルスゾーンあたりを持ってきた方が並びが良かったように感じます。

選曲というか、アルバムの企画意図はさておき、このアルバムに興味を持ったのは演奏がヒュー・ウルフとセント・ポール室内管だったから。コアなハイドンファンならご存知の通り、この組み合わせでパリセットの交響曲6曲の録音が残されていますが、これがスタイリッシュで端正な演奏で実に素晴らしいもの。以前に代表して86番を取り上げています。

2011/12/19 : ハイドン–交響曲 : ヒュー・ウルフ/セント・ポール室内管の86番

今日取り上げるアルバムはこのパリセットのアルバムとほぼ同時期の録音ということで、出来が気になります。奏者の情報などは前記事をご参照ください。

ということで、CDをプレイヤーにかけてみると、1曲目のプロコフィエフがいきなりキレまくってます! この曲は手元にキタエンコ/ケルン・ギュルツェニヒ管盤、小澤/ベルリンフィル盤、ゲルギエフ/ウィーンフィルのDVDがありますが、テンポも一番速めで、何よりオケの鮮やかな反応が素晴らしい。新古典的な諧謔さよりも、プロコフィエフの書いた千変万化する響きを鮮烈に聴かせようということでしょう。これは見事。キタエンコ盤の馬力、小澤盤の諧謔性、ゲルギエフの統率されたエネルギーに対して、この鮮やかでスタイリッシュな演奏からプロコフィエフの前衛と古典の均衡が浮かび上がります。この鮮烈なプロコフィエフの演奏でこのコンビのキレの良さを再認識。

Hob.I:1 Symphony No.1 [D] (before 1759)
続いてハイドンの交響曲1番。痛快なほどの速めのテンポと、キレキレの鮮やかさは変わらず。このスピード、以前取り上げたファイの1番の異常なまでのハイスピードには劣りますが、それでもかなりもの。ハイドンの晴朗なメロディーがたたみかけるようにスピーディーに流れ、くっきりとしたコントラストと華やかな色彩感を帯び、しかも古典の均衡を守った名演奏。速めのテンポにホルンを始めとした管楽器もピタリとついてキレ味を保ちます。
続くアンダンテも実に爽やか。キビキビとした曲の運びが心地よいリズムを刻みます。小規模オケの俊敏な反応の良さが活きていますね。一貫してリズムのキレを保ちながら巧みに音量を変化させメリハリも充分。
フィナーレは再び小気味好いほどの切れ味が戻り、ハイドンの典型的なフィナーレの形式的な美しさを早くも感じさせます。鮮やかなオケの反応を存分に活かした素晴らしい演奏でした。

続くビゼーは、個人的にはほとんど馴染みのない曲。かなり昔にハイティンクの演奏を聴いた記憶があるくらい。オケの反応は相変わらず素晴らしいのですが、曲が今ひとつしっくり来ないため、なんとも評しがたいところ。ビゼーといえばカルメンですが、今回調べてみると、ビゼーの生前はカルメンも含めてあまり評価されていなかったとのこと。この曲もかなり実験的というか、カルメンで聴かれる美しいメロディーの萌芽も2楽章にわずかに感じられる程度で、ビゼー自身の試行錯誤が見えるような印象。その若書きをヒュー・ウルフが爽やかにまとめたというところでしょう。

このアルバムを最後まで聴いて、ようやくヒュー・ウルフの「鮮やか」、「爽やか」、「スタイリッシュ」と言いう特徴が、3人の作曲家の「若書き」というかフレッシュなアプローチを実に周到に考えてまとめているような気がしてきました。私自身はこういう意欲的な企画ものは嫌いではありません。単なる曲の演奏ではなく、作曲家や曲の組み合わせかから新たな視点が生まれ、その視点から俯瞰した景色の新鮮さが生まれるわけです。最初はなんとなく腑に落ちない企画でしたが、ようやくしっくりときました。肝心のハイドンの演奏は[+++++]とします。パリセット以上にヒュー・ウルフの演奏の面白さが感じられる秀演です。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲1番

【新着】イル・ジャルディーノ・アルモニコの交響曲全集第1巻(ハイドン)

ふらっと立ち寄ったTOWER RECORDS新宿店。見慣れないアルバムを手に取り、ちょっと驚きました。

IlGiardinoArmonico1.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

ジョヴァンニ・アントニーニ(Giovanni Antonini)指揮のイル・ジャルディーノ・アルモニコ(Il Giardino Armonico)の演奏で、ハイドンの交響曲39番、グルックの「ドン・ジュアン」、ハイドンの交響曲49番「受難」、交響曲1番のあわせて4曲を収めたアルバム。収録は2013年10月20日から24日、ベルリンのテルデクス・スタジオでのセッション録音。レーベルはAlpha Productions。

Alpha Productionsのアルバムはマーキュリーが丁寧な解説の翻訳をつけて国内に流通してくれているのでお気に入りです。久々に会社帰りにTOWER RECORDS新宿店に立ち寄った際、ハイドンの棚でこのアルバムを発見。なんとハイドンの交響曲全集の第1巻とのことで、つい手が伸びてしまいました。しかも意味ありげに「Haydn2032」とアルバムにデザインされたロゴが記載されているではありませんか。18年後のハイドン生誕300年のアニヴァーサリーでの完成を目指しているという意味でしょう、かなり壮大な計画。

ご存知のように、ハイドンの交響曲全集は1人の指揮者のものとしては、現在アンタル・ドラティ、アダム・フィッシャー、デニス・ラッセル・デイヴィスのものがあり、それに続いて、トーマス・ファイが完成を目指して1枚ずつリリースをつづけています。古楽器では先日亡くなってしまったクリストファー・ホグウッドやロイ・グッドマンが多数の録音を残していますが、全集の完成を見ず頓挫してしまっています。ファイは純粋に古楽器の演奏ではなく管楽器のみ古楽器のオケでの全集ですので、このイル・ジャルディーノ・アルモニコの全集が完成すれば、古楽器による初の全集ということになろうかと思いましたが、解説を読んでみると、このプロジェクト、指揮者はジョヴァンニ・アントニーニが通しで務めますが、オケはイル・ジャルディーノ・アルモニコと、バーゼル室内管弦楽団と2つのオケが担当するということです。おそらく後半のパリセット以降くらいからバーゼル室内管が担当するということになるのではないかと想像しています。

ちなみに気になったので過去のハイドンの交響曲全集の録音期間を調べてみました。
ドラティ:1969年~1972年(4年)
アダム・フィッシャー:1987年~2001年(15年)
デニス・ラッセル・デイヴィス:~2009年?(約10年)
トーマス・ファイ(約2/3リリース):1999年~(ここまで16年)
ドラティは集中的に録音したということでしょうが、他のアルバムは10年以上かかっていることを考えれば、今回のプロジェクトの20年近い録音期間はとりわけ長いというわけでもなさそうです。まずは商業的に成功しないと、この全集の完成は危ういことになりますので、特に最初の数枚の出来はこの全集の成否を握ることになりそうですね。

さて、演奏者についても触れておきましょう。指揮者のジョヴァンニ・アントニーニは1965年ミラノ生まれの指揮者、リコーダー奏者。ミラノ市立音楽学校、ジュネーヴ古楽研究所などで学び、1989年、このアルバムのオケである古楽器オーケストラ、イル・ジャルディーノ・アルモニコを設立。イル・ジャルディーノ・アルモニコとはTELDECに膨大なヴィヴァルディの録音を残しており、17~18世紀のイタリア音楽の演奏で知られている存在ということです。近年ではハイドンの交響曲全集の録音を担当することになるバーゼル室内管とベートヴェンの交響曲全集を録音中であったり、また、ベルリンフィル、コンセルトヘボウに客演したりと活躍している人。

残念ながらヴィヴァルディは守備範囲外なため、アントニーニとイル・ジャルディーノ・アルモニコの偉業の評価をできる立場にはありませんが、ハイドンの交響曲全集の完成を目指すということで、ヴィバルディ風、いやイタリア風の輝かしいハイドンが聴けることになるのでしょうか。これは追いかけざるを得ません。

Hob.I:39 / Symphony No.39 [g] (before 1770)
シュトルム・ウント・ドラング期の短調の名曲を最初にもってきました。速めのテンポでまさに疾風怒濤の勢いで畳み掛ける迫力満点の演奏。古楽器オケですが典雅な響きというよりは、ざらついた音色が迫力を増すような切れ味鋭い響き。ファイの千変万化する響きとは異なり、推進力と迫力にエネルギーが集中しています。1楽章はまさに挨拶代わりに素晴らしいキレを聴かせます。
アンダンテに入ると落ち着きを取り戻しますが、くっきりとアクセントを効かせて、リズムの鮮やかなキレを引き立てます。落ち着いた音楽ですが旋律が活き活きと踊り、飽きさせません。続くメヌエットあえてさらりとこなしメロディーに潜む色彩感で聴かせる感じ。フィナーレに入るとまさにヴィヴァルディを彷彿とさせる嵐の場面のような盛り上がり。タイトに攻めてくる音楽。木管も金管も号砲のように轟き、弦もざわめくように響きます。文字通り疾風怒涛。アントニーニのめざすハイドンの響きを一番わかりやすく伝える曲かもしれません。

グルックのバレエ音楽「ドン・ジュアン」はオペラの音楽のような湧き上がる興奮が味わえるなかなかいい曲。

Hob.I:49 / Symphony No.49 "La passione" 「受難」 [f] (before 1768)
最初の39番同様、シュトルム・ウント・ドラング期の傑作交響曲。ほの暗いアダージョから始まる曲のコントロールが聴きどころ。穏やかなメロディーをじっくり描き、キレばかりではなくしっとりした表情の作り方もなかなかです。古楽器ならでは直裁な表現ながら、コントラストを落とし、短く音を切りながらも大きな波のようなうねりを加えて爽やかなほの暗さをあらわしていきます。
2楽章は予想どおりキレキレ。弦楽器のエッジがキリリと立って、クッキリとメロディーを描いていきますが、表現が適度で荒れた感じはしません。このへんのバランス感覚はハイドンの交響曲の演奏の勘所かもしれませんね。速めのテンポで要所にしっかりアクセントをつけてメロディーの面白さが引き立つこと! 力を抜く部分とアクセントの対比が実に巧み。さざめくように進む音楽が徐々に活気を帯びて自在に跳躍。
この曲でもさらりとしたメヌエットの魅力は健在。この独特のセンス、悪くありません。間奏曲のような軽さで音楽が流れ、箱庭的美学が感じられる面白さ。
フィナーレはそここに湧き上がるようなエネルギーをちりばめながらもまとまりよく速めのテンポで畳み掛けます。痛快に吹き上がるオケ。意外に正攻法なアプローチで曲の魅力をあえて引き出そうということでしょうか。

Hob.I:1 / Symphony No.1 [D] (before 1759)
最後は交響曲全集の第1巻にふさわしく交響曲1番をもってきました。ハイドンの交響曲の楽しさが全てつまった宝石箱のような小交響曲ですが、ワクワクするような魅力をストレートに表現。最初の39番で荒れ狂うヴィヴァルディっぽさの片鱗を垣間見せましたが、基本的にはまとまりよく躍動感を詰め込んだオーソドックスな演奏。メロディーのキレとコントラストが良いので、ダイナミックでハイドンの交響曲のスペクタクルな魅力がうまく引き出されているということでしょう。
アンダンテは速めの軽い足取りで、やはり爽やか。そしてフィナーレは壮麗爽快。アクセントを見事に効かせて素晴らしい躍動感。ハイドンの初期の交響曲の素朴な魅力をたっぷり味わえました。

新時代のハイドンの交響曲全集の第1巻を飾るにふさわしい、素晴らしい演奏でした。古楽器をダイナミックに鳴らし、クッキリとアクセントをつけていきますが、基本的に音楽のまとまりはオーソドックス。アーティスティックさを狙って、表現が重くなるということは一切なく、ハイドンの曲を演奏する悦びをストレートに表現しているような姿勢がハイドンの曲の真髄を突いています。これまでの交響曲全集のなかで一番曲を楽しめるアルバムとなりそうな予感です。これからレギュラープライスで1巻づつ集めるのは、CD激安時代の現在、ちょっとハードルが高いかもしれませんが、ハイドンの交響曲全集を改めて聴きなおす良いきっかけかもしれません。私は激気に入りました。したがって評価は全曲[+++++]といたします。

次のリリースが待ち遠しいですね。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲39番 受難 交響曲1番

ユベール・スダーン/東京交響楽団のオール・ハイドン・プログラム(東京オペラシティ)

先日ブログのコメントでSOSさんから情報をいただたハイドンのコンサート、行ってきました!

TSO201403.jpg
コンサート情報 | 東京交響楽団 TOKYO SYMPHONY ORCHESTRA

3月22日(土)東京オペラシティで行われた東京交響楽団による「東京オペラシティシリーズ 第78回」。指揮は東京交響楽団の音楽監督ユベール・スダーン(Hubert Soudant)、フォルテピアノがピート・クイケン(Piet Kuijken)、コンサートマスターはグレブ・ニキティン(Greb Nikitin)。プログラムは下記のとおり。

ハイドン:交響曲 第1番 ニ長調 Hob.I:1
ハイドン:ピアノ協奏曲 ハ長調 Hob.XVIII:5
ハイドン:ピアノ協奏曲 ニ長調 Hob.XVIII:11 op.21
ハイドン:交響曲 第104番 ニ長調 Hob.I:104 「ロンドン」

ということで、日本では非常に珍しいオール・ハイドン・プログラム。プログラム構成も企画意図を感じさせる、交響曲の父と呼ばれるハイドンの交響曲1番ではじまり、最後はハイドン最後の交響曲104番で終わるというもの。間にクラヴィーアのための協奏曲2曲を挟んだという、まさにハイドンファン向けのプログラム。

普段はあまり熱心にコンサート情報をチェックしていないため、コンサートに出かけるときも、行き当たりばったりですが、ブログに寄せられた情報を見て、これは行かねばならないコンサートであるとピンときたもの。というのも、東京交響楽団ははじめて聴くオケ(当初東京都交響楽団と勘違いしていました)、そして指揮者のユベール・スダーンもはじめて聴く人ながら、このハイドン愛に満ちたプログラムを組むとあっては、ハイドンマニアを自負する私が聴きにいかないわけにはいきません。加えて、東京交響楽団の音楽監督を2004年から続けてきたユベール・スダーンは今月でその座を降り、後任のジョナサン・ノットに譲るとのこと。自身の10年のキャリアを終える時期にオール・ハイドン・プログラムを組むと言う事はよほどのこと。ユベール・スダーンと言う人がハイドンをどう振るのか興味は尽きません。

ユベール・スダーンは1946年、オランダの南端、マーストリヒト生まれの指揮者。当初ホルンを学びホルン奏者として活躍していましたが指揮者に転向。ブサンソン国際指揮者コンクールで優勝、カラヤン国際指揮者コンクール2位、グイド・カンテルリ国際コンクール優勝などの受賞歴があります。1994年から2004年まで、フランス国立ペイ・ドゥ・ラ・ロワール管弦楽団の音楽監督、同じく1994年から2004年まで、ザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団の音楽監督などをつとめ、2004年から東京交響楽団の音楽監督に就任しています。2004年7月にはザルツブルク市名誉市民となり、またオーストリア・ザルツブルク州ゴールデン勲章を授与されているそうです。ハイドンやモーツァルトなど古典を得意とするのはザルツブルクでの経験があってのことと想像されます。まさに本場もののハイドンを知る人ということでしょう。

まさに、今日のハイドンは古典の矜持を守るハイドンという趣でした。



今日はもともと歌舞伎に行く予定だったため、急遽歌舞伎のチケットを嫁さんの友人に譲り、私のみこのコンサートへ。ということで、通い慣れた東京オペラシティに向かいます。開演は14:00。幸い天気も良く、不幸にして花粉飛びまくりのなか、小田急線の参宮橋駅から歩いてオペラシティに向かいます。

IMG_7239.jpg

参宮橋駅から10分くらいなので開場時刻ちょうどのタイミングでオペラシティのタケミツメモリアルホールに到着します。

IMG_7240.jpg

一人だったのと、車ではないので、安心してワインを楽しめます(笑)

IMG_7241.jpg

今日の入りは9割強。私ははじめてですが、東京交響楽団も常連さんが多いようで、ここ10年親しんだユベール・スダーンの最後とあって、お客さんも名残り惜しそう。

IMG_7243.jpg

今日の席は2回席右奥。そう、サントリーホールでお気に入りの位置ですが、先日デニス・ラッセル・デイヴィス/読響の第九に母親連れで来た時にはじめてこのホールの2階の席をとり、こちらも1階席よりも見やすく、音もダイレクトに響くということで、狙っていた席です。ご覧のようにステージを直下に見下ろすなかなかいい眺めの席。



さて、定刻の14:00となり、奏者が入場してきます。こちらもはじめて聴く指揮者とオケへの期待で、ちょっといい緊張感。グラス一杯のワインで、聴覚も鋭敏になっています。スダーン入場で、開場からは割れんばかりの拍手が降り注ぎます。

Hob.I:1 / Symphony No.1 [D] (before 1759)
コンサートでは滅多に演奏されないであろう、交響曲1番。頭のなかではやはりドラティの快活な演奏が刷り込まれています。指揮棒をもたずにスダーンがさっと手をあげると、オケから、ドラティ以上の快活さでリズミカルな1楽章が流れ出します。クッキリとリズムの線を明確した折り目正しい演奏。流石モーツァルテウムで鍛えられた人の音楽と腑に落ちます。オーソドックスな演奏ながら、そこここにアクセントをつけて、スタティックな躍動感と言えばいいのでしょうか、カッチリしながらも推進力をもったバランスの良い演奏でした。特にヴァイオリンパートはコンサートマスターのニキティンがリードしてクッキリとしたアクセントを効かせます。つづくピアノ協奏曲でソロを務めるピート・クイケンが通奏低音を担当し、要所で装飾をかなり施し、華を添えますが、若干リズムが重くオケの快活さとすこし方向が違う感じを残します。管楽器陣はホルンが少し音をはずしたのと、オーボエが少し固い他、安定していい演奏。1番は流石の出来で、ハイドンらしい快活さとバランスの良さが印象的な演奏でした。

Hob.XVIII:5 / Concerto per il clavicembalo(l'fortepiano) [C] (before 1763)
つづく協奏曲は、ステージ上から奏者が何人か下がり、ぐっと小編成となります。この曲はオルガンソロで演奏されることが多い曲ですが、どれも快活な印象でした。スダーンはテンポをかなり落とし、また表情をかなり磨いて、快活さよりもあえてしっとりとした表情を出そうとしているようでした。ソロのピート・クイケンはヴィオラ・ダ・ガンバ奏者のヴィーラント・クイケンの次男とのこと。クイケン兄弟といえば竹を割ったような直裁なリズム感と淡々と語るなかから滲み出る音楽が特徴ですが、息子世代のピート・クイケンの音楽はかなり異なり、即興的にばらつくタッチと重めのリズムで、じっくりと音楽を奏でるもの。交響曲1番での快活さを考えると、スダーンはこの曲ではピート・クイケンに合わせてしっとりしたコントロールに振ったのかもしれません。クイケンはこうした音楽性からか、オケとすこし合わずに指がまわっていないように聴こえる部分もあるなど、本調子でなかったかもしれません。

Hob.XVIII:11 / Concerto per il clavicembalo(l'fortepiano) [D] (1784)
ステージ上に先程下がったオケの団員が戻り、編成が少し大きくなります。ハイドンのピアノ協奏曲と言えばこの曲。冒頭のオケは一転して鮮烈かつリズミカルな入り。やはりスダーンのコントロールは芯がしっかりとした快活な部分の華やかさに特徴があります。オケがしっかりとリズムを刻むなか、ピート・クイケンが独特のタッチでしっとりとソロを刻みますが、オケがつくった推進力に乗り切れていない印象を残してしまう部分もあり、この辺は個性のぶつかり合いといえるほどの存在感をクイケンが残せていない印象でした。ただ、会場からあ割れんばかりの拍手が降り注ぎ、フォルテピアノソロのアンコールが演奏されました。アンコールは私の好きなアダージョ(XVIII:9)。こちらは独特の即興的なタッチで静かに弾き散らかすような演奏。演奏によっては香り立つような詩情を発する曲ですが、訥々とした別の魅力が浮かび上がったのも事実。こちらは悪くありませんでした。




IMG_7244.jpg

休憩を挟んで、最後はハイドン最後の交響曲。

Hob.I:104 / Symphony No.104 "London" 「ロンドン」 [D] (1795)

ステージ上からフォルテピアノが搬出され、オケの人数がぐっと増えます。またティンパニはバロックティンパニ。ロンドンはオーソドックスながら、やはりユベール・スダーンの折り目正しさとオーケストラコントロールの素晴らしさが良く出た秀演でした。オケの規模が大きくなって、ティンパニなどが加わったせいか、冒頭から大迫力の序奏。バランス良くクッキリとメロディーを描いていくスダーンの特徴が良く出た演奏。オケの集中力に会場も固唾をのむように聴き入っているのがわかります。1楽章の終盤の怒濤の盛り上がりもバランスを崩すことなく古典の均衡を保ったもので、構築感を上手く表現していました。
素晴らしかったの続くアンダンテ。規律をたもちながらじわりじわりと盛り上がってくる曲ですが、途中から躍動する部分でのオケの音を重ねて行く部分の立体感は鳥肌がたつほど。ロンドンはどうしても1楽章と終楽章に耳がいきますが、このスダーンのアンダンテのコントロールは見事。今日一番の聴き所でした。
そしてメヌエットとフィナーレは期待通りの盛り上がり。冒頭に聴いた1番から35年以上あと、2度目のロンドン旅行の際に書かれたハイドンの交響曲の総決算たる曲ですが、構成、スケール感、メロディーラインの複雑なからまりなど、第1番交響曲とは次元の異なる仕上がり。一日のコンサートの中でハイドンの交響曲創作の歴史の始点と終点の双方を並べるあたり、ユベール・スダーンの企画意図がしっかりつたわりました。この曲ではティンパニが活躍しますが、バロックティンパニの直裁な響きが鋭い迫力につながっていました。最後はスダーンに嵐のような拍手が降り注ぎました。このオケを10年間振ってきたスダーンに対する観客の暖かい拍手が印象に残りました。

普段N響や読響はたびたび聴きに行っているのですが、はじめて聴く東京交響楽団の響きは新鮮でした。安定感のある折り目正しい弦楽器、管楽器群も総じて優秀ですが、読響などに比べると、すこし潤いに欠けるところもありました。やはりスダーンによるこの10年の取り組みの成果でしょうか、クッキリとした表情は流石に上手く、古典的な曲ではその部分はかなりのレベルにあると思います。

今日は聞き慣れたホールで、聴き慣れたハイドンの曲を、はじめての指揮者とオケで聴くと言う得難い経験でした。やはり生で聴く音楽には録音されたものとは異なる力があります。自身の最後の一連のコンサートにオール・ハイドン・プログラムをもってきたユベール・スダーンと言う人。やはりハイドンの素晴しい音楽の価値を知る人でした。ホールに鳴り響くロンドンの終楽章がもつ力、会場内の多くの人の心に、スダーンと言う人の記憶とともに残りましたね。いいコンサートでした。

IMG_7245.jpg



にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 東京オペラシティ 交響曲1番 ピアノ協奏曲XVIII:5 ピアノ協奏曲XVIII:11 ロンドン

マックス・ゴーバーマン/ウィーン国立歌劇場管の交響曲集

今日は、湖国JHさんからお借りしたアルバム。

Goberman48CDR.jpg

マックス・ゴーバーマン(Max Goberman)指揮のウィーン国立歌劇場管弦楽団の演奏で、ハイドンの交響曲48番「マリア・テレジア」、4番、17番、1番、そして歌劇「裏切られた誠実」序曲を収めたCD-R。収録年は不明ですが、このシリーズの録音がはじまったのが1960年、ゴーバマンが亡くなったのが1962年ということで、その間の録音。今回入手したCD-Rには録音会場の記載があり、ウィーンのコンツェルトハウスでのセッション録音。レーベルは米Haydn House。

皆様お気づきのこととは思いますが、マックス・ゴーバーマンの「マリア・テレジア」は以前LPで当ブログで紹介しました。ドラティの前にハイドンの交響曲全集の完成を目指した人。演奏も絶品でした。ゴーバーマンがもう少しだけ長生きしていれば、ハイドン演奏史が変わったかもしれない偉大な存在でしょう。今は知る人ぞ知るという存在です。

2013/04/15 : ハイドン–交響曲 : マックス・ゴーバーマン/ウィーン国立歌劇場管弦楽団のマリア・テレジア、56番

このLPは偶然手に入れたものだったんですが、上の記事で触れたHaydn Houseなるところで、CD化されていることを紹介しておりましたら、よくメールをいただく湖国JHさんが、果敢にも当記事を見て注文され、そして今回お借りした次第。私も注文しようかとは思っていたのですが、まごまごしているうちに、先に聴かれてその素晴らしさから、こちらに貸していただいたと言う流れです。Haydn Houseのリンクも再掲しておきましょう。

Haydn House - SDA

LPはゴーバーマンが興した予約販売のレーベルのものではなくCBSからリリースされているものでした。今回聴くHaydn HouseのCD-Rには「マリア・テレジア」が含まれているため、LPとの聴き比べもできます。音質が問題なければゴーバーマンの遺産を手に入れたくなってしまいますね。

Hob.I:48 / Symphony No.48 "Maria Theresia" 「マリア・テレジア」 [C] (before 1769?)
曲のレビューは前記事を参照いただくとして、ここではCBSのLPと、このCD-Rの音質の違いに触れておきましょう。ちなみにこのCD-R、ステレオLPからのいわゆる板起こしとのことですが、非常にいい音質。図太い音色で迫力十分。うちの再生環境(THORENS TD-320MkII/SME-3009 Series 2 Improved/SHURE V-15 TypeV)では余韻と奥行き、しなやかさはあるんですが音の太さはCD-Rに分があり、聴きやすい録音。LP独特の存在感はLPに分があります。CD-Rの方は途中、回転にちょっとムラがあるような部分があるようにも聴こえますが、基本的に良い録音。なにより素晴しいのはスクラッチノイズが皆無である事でしょう。要はこのCD-Rの存在価値は十分ありということです。

Hob.I:4 / Symphony No.4 [D] (before 1762)
音質がちょっと固めに変わります。古びてちょっと刺激的な成分を含む音色ですが、ザクザクと切れ込むヴァイオリンをはじめとする弦楽器の迫力は素晴しく、基本的にタイトな迫力で押し通す演奏。ヴァイオリンの弓と弦が赤熱してるのではと思わせる素晴しいテンション。ハープシコードもカッチリとした音色でオケを支えます。
2楽章のアンダンテに入ってもヴァイオリンの存在感は流石ウィーン国立歌劇場管。石のような芯のあるタイトな音色でじっくりとメロディーを奏でていきます。
フィナーレは逆に落ち着いたテンポでじっくりしたつくり。弦楽器の鋭い切れ込みが聴き所。やはり迫力はただならないものがあります。

Hob.I:17 / Symphony No.17 [F] (before 1766)
高域の混濁感が少し増しますが、これも迫力と聴こえなくはないので問題なしです。素晴しい推進力と迫力。ゴーバーマンの志の高さが乗り移ったよう。幾分ストイックに振った演奏ですが、その分曲に険しく迫る迫力と聴こえます。
2楽章のアンダンテは静かに盛り上がる情感で聴かせる演奏。なぜかハープシコードは前曲ほど目立ちません。というか前曲のみかなりはっきりハープシコードが録られていました。
フィナーレは勢いのある楷書のようにゴーバーマンがグイグイ煽ります。ハイドンの初期の交響曲としてはかなりハイテンションの演奏でしょう。一貫してテンションの高さが特徴ですね。

Hob.I:1 / Symphony No.1 [D] (before 1759)
交響曲1番は意外と皆さんおなじみでしょう。ドラティの筋骨隆々とした演奏の筋肉が鋼のような強さをもった感じ。ヴァイオリンが髪を振り乱して演奏している様子が見えるよう。オケは粗いものの一貫して怒濤の迫力で攻めて来ます。これほどのテンションの演奏は他にないでしょう。繰り返されるごとに心にザクザクと刺さっていくよう。1番は前2曲よりもしっとりとして演奏も丁寧に感じます。
アンダンテに入ると一層しっとり感が増しますが、立体感もかなりのもの。そして鮮烈なフィナーレに突入。この対比、ハイドンの仕組んだツボを押さえた見事なもの。いやいや見事な演奏。

Hob.XXVIII:5 / "L'infedeltà delusa" 「裏切られた誠実」 (1773)
最後はオペラの序曲。これがまた素晴しい高揚感。なぜかこの曲のみタイミング表示がありません。トラックが3つに切られ、アレグロ:ポコ・アダージョ:プレストと言う構成で交響曲のようにも聴こえます。これも見事。

マックス・ゴーバーマンのハイドンの交響曲の録音はこのほかにCD-Rで10枚、合計11枚もリリースされており、今日取りあげた1枚を聴くと、他のものも聴いてみたくなるのが正直なところ。11枚セットを注文することにしましょうか。演奏の評価は以前のLPの記事と同様、ゴーバーマンの見た夢を共有するような素晴しいもの。録音のコンディションは正直1962年頃のものとしては良くはありませんが、板起こしとしては優秀というところでしょう。評価は全曲[+++++]とすることと致します。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : マリア・テレジア 交響曲4番 交響曲17番 交響曲1番 裏切られた誠実 ヒストリカル CD-R

【新着】トーマス・ファイ/ハイデルベルク交響楽団の交響曲1番他、爆速!

最近の古楽器による定番はファイ。リリースはされていましたが、先週手に入れたばかりのアルバム。

Fey14510.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

ご存知トーマス・ファイ(Thomas Fey)指揮のハイデルベルク交響楽団(Heidelberger Sinfoniker)のハイドンの交響曲1番、4番、5番、10番とハイドンの交響曲の最初期の作品。収録は2011年7月7日、13日から16日、ハイデルベルク近郊のヒルシュベルク=ロイタースハウゼンにあるユダヤ教旧会堂でのセッション録音。レーベルはもちろんhänssler CLASSIC。

このアルバムはファイによるハイドンの交響曲全集の第17巻。そろそろ終わりが見えてきましたでしょうか。最初は違和感もあったファイのかなり踏み込んだ表現も、最近は慣れたというより、すっかりハマり気味。これほど自在なコントロールは他に類を見ません。最近とりあげたものは、おしなべて良い評価をつけています。

2012/07/08 : ハイドン–交響曲 : トーマス・ファイ/ハイデルベルク交響楽団の90番、オックスフォード
2012/06/11 : ハイドン–交響曲 : トーマス・ファイ/ハイデルベルグ交響楽団のマリア・テレジア、56番
2012/05/03 : ハイドン–交響曲 : トーマス・ファイ/シュリアバッハ室内管の「時の移ろい」「告別」
2011/07/06 : ハイドン–交響曲 : 【新着】トーマス・ファイの「帝国」、54番
2010/12/26 : ハイドン–協奏曲 : 【新着】トーマス・ファイのホルン協奏曲、ホルン信号
2010/08/01 : ハイドン–交響曲 : トーマス・ファイの69番、86番、87番

Hob.I:1 / Symphony No.1 [D] (before 1759)
いやいや、あんまり速いテンポでびっくらこきました。ハイドンが本来どのように演奏してほしいと思ったかとは無縁の解釈でしょう。最初期の交響曲をどう料理しようかという解釈側の視点の強い演奏です。あまりの速さに面食らったものの、聴き進めるうちに面白く聴こえてくるから不思議なものです。これをライヴできいたらのけぞる事請け合いでしょう。1楽章は暴風のように吹き抜けます。
2楽章のアンダンテは一転普通のテンポと、ファイ特有の時折変化や修飾を利かせたフレージングに戻ります。音楽自体はシンプルなものですが、そこここに遊びを入れて曲を面白く聴かせようというファイの面目躍如。
フィナーレも速いですが、普通の速さの範囲。自在に炸裂する各楽器の中でホルンの裏返るような音がアクセントになっています。まさに疾風のように過ぎ去っていきました。アル・ディ・メオラの速弾きギターを彷彿させる面白さがあります。

Hob.I:4 / Symphony No.4 [D] (before 1762)
このアルバムは耳にも心にも刺激になります。この曲も速い(笑) ただし急激なテンポダウンというアクセントつき。聴き手の器を探るようなファイのいたずらに、勝負に応じてやろうという邪心が芽生えます。まさに音楽自体が演奏者の器を示しているような風情。これは痛快。刺激的な演奏に対しては、ハイドンに敬意を表して一貫して冷静な立場をとってきましたが、これは面白い。ファイのハイドンの交響曲集でもっとも刺激に富んだアルバムと言っていいでしょう。
アンダンテは暗闇のなかに微妙な陰影を表現したような曲。さらりとした表現の奥に、微妙に浮き上がる艶かしい立体感。ぞくっとするような洗練された解釈。この曲からこれほどの刺激を引き出すとは。
一転して晴朗なメヌエット。一音一音が生き物のように振る舞うまさに活きた音楽。落ち着いたメヌエットの表現も秀逸。意図的なリズムの重さな何とも心地よいではありませんか。これだけ自在に音楽を操るとは、やはりファイ、只者ではありません。

Hob.I:5 / Symphony No.5 [A] (before 1762)
またまた一転してテンポをかなり落とし、音楽の織り目をじっくり強調してデフォルメしたようなアダージョの入り。名場面をスローモーションで見るがごとき曲の構造を素っ裸にするような分析的演奏。ホルンの抜けるような音色とチェンバロの繊細な響き。古びたフレスコ画のような色の滲みが醸し出す極度にアーティスティックな時間。変幻自在とはこの事でしょう。
続くアレグロはファイだからこそできる、絶妙なアクセントのかかったメロディーラインが暴れまくり、額縁を飛び出さんばかりの筆の勢いを誰も止める事は出来ません。奏者もこれだけのメリハリをつけた演奏の痛快さに酔いしれるよう。途中にリズムの混濁を現すような場面がありますが、逆手にとって混濁を楽しむよう。この曲がこれほど刺激的だったとは。
メヌエットは、穏やかな表情に戻りますが、あまりに刺激的な楽章の箸休めのように聴こえてしまいます。
フィナーレは最盛期のザロモンセットのフィナーレにも劣らない素晴らしい興奮。まさに爆風が吹き抜けるような素晴らしい演奏。脳内のアドレナリンが全噴出!

Hob.I:10 / Symphony No.10 [D] (before 1762)
アドレナリン、まだ噴出を続けます。このアルバムの最後の曲ですが、入りからフルスロットル、超ハイテンション、オケ全開です。ホルン奏者のつばが飛んできそうなリアリティ。すでにファイの術中にはまり、金縛りにあったようになってます。
このアルバム唯一の癒し楽章。10分近い長い楽章ですが、レガートをきかせて穏やかに淡々と語っていく語り口は、前楽章からは想像できないほどの穏やかさ。この表現のコントラストこそファイの真骨頂の一つでしょう。安心して身を委ねられますが、このまま済むとは思えません。フィナーレの前の静けさといったところでしょうか。
そして爆発というより、冴え渡る覚醒のようなフィナーレ。異常に冴え渡る感覚。さっと風が吹き抜けるような楽章。脳内の感覚がこれまでの変化に鋭敏に反応してどうくるかと待ち構えるなか、やはり想像とは異なる角度で攻めて来ました。あっぱれ。

トーマス・ファイによるハイドンの最初期の交響曲集。刺激的な演奏であろうことは想像してはいましたが、その想像を遥かに超える、むせ返るような知的刺激に満ちた演奏。この演奏、ハイドン自身に聴かせたいと久々に思ったものです。ファイのアプローチにはもちろん慣れてはいますが、正直に言って、これまでのファイの演奏中、最高の出来と言っていいでしょう。素材としての最初期の交響曲をファイ流に再構成して、速度やアクセントの変化と装飾をちりばめ、しかもそれを実に面白く聴かせるという離れ業。有名曲ではありませんが、これもハイドンの真髄を突く演奏と言っていいでしょう。いや、脱帽です。素晴らしい。もちろん評価は前曲[+++++]です。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲1番 交響曲4番 交響曲5番 交響曲10番

パトリック・ガロワ/シンフォニア・フィンランディアの初期交響曲集

今日は聴き散らかしたCDを片付けているときに気になったアルバムをチョイス。

Gallois1_5.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

パトリック・ガロワ(Patrick Gallois)指揮のシンフォニア・フィンランディアの演奏でハイドンの交響曲1番から5番までを収めたアルバム。収録は2004年5月26日から28日、フィンランド中部のユヴァスキュラ近郊の街、スオラハティにあるスオラハティホールでのセッション録音。レーベルは廉価盤の雄NAXOS。

パトリック・ガロワは昔はイケメンフルート奏者として知られていた人。1956年フランスのリール北部のランセルという街生まれ。ランセルはフランス北部というよりベルギー国境間際の街。パリ音楽院でフルートをピエール・ランパルに学び、リール・フィルハーモニー管弦楽団の首席奏者を経て、1977年にフランス国立管弦楽団の首席フルート奏者となり一躍スター・フルーティストとなりました。1984年にフランス国立管弦楽団を退団してからはソリストして有名オケ、指揮者と共演しアルバムも多くリリースしています。2003年からはこのアルバムのオケであるシンフォニア・フィンランディアの音楽監督になり、ヨーロッパや日本にもツアーで訪れているようです。

シンフォニア・フィンランディアは正式名称はユヴァスキュラ・シンフォニア・フィンランディアというようです。ホームページがありますので紹介しておきましょう。

Sinfonia Finlandia Jyväskylä(英文)

Hob.I:1 / Symphony No.1 [D] (before 1759)
この曲の刷り込みはもちろん火の玉の塊のようなエネルギーに満ちたドラティ盤ですが、この演奏はそれに負けない生気をもったはじまり。非常に良く磨かれたオケの各楽器の演奏。ガロワのコントロールはアクセントの部分をかなりレガートを聴かせて、流麗さを強調したもの。デュナーミクのコントロールが緻密で、オーケストラの各楽器の織りなす音色の彩を楽しめます。オケのテクニックは素晴らしいものがあります。特に木管楽器の美しい音色が抜群。
2楽章のアンダンテは雄弁に鳴り響くハープシコードの通奏低音が雅な雰囲気を醸し出しています。オケは懐の深いフレージング。弦楽器も良くそろって清潔感のあるアンサンブル。さっぱりしているのに表現は薄くなく、じわりと心に響く音楽。ヴァイオリンパートの美しい音色は素晴らしいものがあります。非常に豊かな音楽。録音も新しいものらしく広い空間と適度な距離感を感じさせてオケが定位し、鮮明さ兼ね備えた素晴らしいもの。ハープシコードの音色も絶品。
フィナーレは鮮烈さを落ち着いて表現するような実に味わい深いもの。慌てたところは一切なく、楽譜どおりに音を置いていく感じ。テンポも落ち着いていて、プレストをじっくり表現するよう。ガロワ、指揮者としてもかなりの腕前と見ました。1曲目から素晴らしい出来。

Hob.I:2 / Symphony No.2 [C] (before 1764)
レガートはそのままに、この曲ではかなり主題をデフォルメして溜めた展開。冒頭からからかなり個性的なフレージング。かなりテンポを落としてメロディーラインをなぞっていきます。ここでもオーケストラの精度は抜群。ガロワの確信犯的アプローチですね。ただ、慣れると妙に心地よいものがあり、冒険は失敗ではありません。
2楽章のアンダンテはデリカシーあふれる演奏に戻り、これも対比と納得。やはり微妙な強弱をしっかり演出しながら特にヴァイオリンのパートが絶妙。なぜか最後の一音は消え入る隙もないほどの短さ。演奏の意図か編集ミスかわかりません。
フィナーレは全曲とは異なりテンポも含めて鮮度と生気を十分に反映したもの。中央奥から聴こえるホルンの響きが素晴らしい効果を挙げています。同じプレストでも前曲とは生気が違います。素晴らしい推進力。

Hob.I:3 / Symphony No.3 [G] (before 1762)
おそらく前2曲とは作曲年代が異なり少し後のものと推測されています。やはり生気あふれるいい入り。この曲は4楽章構成。ガロワの腕力を如実に表すのはフレーズの切れ目での休符の扱いと表情の変化のキレ。こうゆうところをきちんと処理するだけで演奏の浸透度はかなり異なります。この曲では推進力だけではなく曲の中での表情の切り替えが見事なので、曲がびしっと引き締まって聴こえる訳です。
2楽章は短調の素晴らしいメロディーラインを堪能できます。とろけるようなオケの響きから聴こえるシュトルム・ウント・ドラング期の傑作交響曲にもひけをとらない素晴らしく美しいメロディー。ハープシコードがここでも雄弁すぎるくらいの活躍。テンポ感と情感のバランスが絶妙。
3楽章はメヌエット。後年の交響曲ほどの充実は望めませんが、音を切り気味に舞曲を進め、中間部はヴァイオリンとホルン、木管楽器、通奏低音の掛け合いの妙を楽しめます。
フィナーレはジュピター交響曲のフーガに似ています。基底になる旋律をいろいろな楽器に受け継ぎながら曲を進め、ここでも自然さは十分なもの。この曲では表現意欲は抑えられ、曲自体の感興の表現に徹するもの。

Hob.I:4 / Symphony No.4 [D] (before 1762)
最初の一撃のあと一拍置く感じが独特。ただ2番で見せた表現意欲は抑えられ、極めてオーソドックスな演奏。もはや手慣れたコントロールで曲をこなしていくようなそぶりが感じられなくはありませんが、凡庸な演奏ではありません。
2楽章はアンダンテ。これまでどおり、曲を生気あふれるコントロールでこなしていくと言う姿勢に変わりはありません。デリケートな音の重なり見事。
フィナーレは出だしからしっかりとした響きではじまります。もはや言葉で説明する必要がないほどの充実ぶりです。鮮度、フレージング、響きの美しさどれをとっても素晴らしいものです。

Hob.I:5 / Symphony No.5 [A] (before 1762)
1楽章がアダージョ。何と優しい響きの入り。ホルンと弦楽器、通奏低音の見事なアンサンブル。特にホルンの存在感は素晴らしいものがあります。のどかな旋律をじっくり味わえる見事な演奏。この自然さは至福の一時。じっくりじっくり曲を味わい尽くすような素晴らしい演奏。
2楽章はアレグロ。ここに来て攻める攻める。美しいオーケストラの響きはそのまま、ちょっとズレた拍子の面白さを十分に表現してハイドンの曲の意図通り素晴らしい感興を再現しています。この楽章のテンションは流石。
3楽章のメヌエットは徐々に後年の充実したメヌエットの片鱗を感じさせるようになります。ホルンからはじまり木管に受け継がれる中間部のメロディーはオケの奏者の素晴らしいテクニックを堪能できる部分。リズムのキレも曲のキレも素晴らしいですね。楽章の終わりがそうとはわからない程自然なのも特徴。ふつうもう少しメリハリをつけるところでしょうが、気づくか気づかないかのうちに楽章を閉じます。
フィナーレは1分少しの短いもの。吹き上がるオケ、レガートを多用しながら響きの織りなす彩で聴かせる素晴らしいコントロール。ハイドンのフィナーレの見事な音楽が眼前に素晴らしい立体感で表現され、このアルバムを閉じます。

パトリック・ガロワ指揮のシンフォニア・フィンランディアによるハイドンの初期交響曲集。オーケストラコントロールは素晴らしいもの。微妙なデュナーミクのコントロールは鳥肌レベル。そしてすこしレガートを効かせてアタックよりもメロディーラインの美しさを強調して素晴らしい効果を挙げています。フィンランドのローカルオケでしょうが演奏の技術と響きの美しさは国際級、というよりベストに近いもの。ガロワの表現も適度に個性的で、そして適度にオーソドックス。私の求めるハイドンの理想的な演奏です。評価は、ちょっと冒険しすぎた2番が[++++]、その他の4曲は[+++++]とします。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲1番 交響曲2番 交響曲3番 交響曲4番 交響曲5番 ハイドン入門者向け

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
スクロールできます。

弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103古楽器ピアノソナタXVI:378人のへぼ仕立屋に違いないファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:31ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:46アレグリモンテヴェルディ東京オペラシティパレストリーナバードタリスすみだトリフォニーホール天地創造ライヴ録音ピアノ協奏曲XVIII:11マーラーストラヴィンスキー弦楽四重奏曲Op.9アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:48告別ヒストリカル交響曲1番交響曲97番ピアノソナタXVI:39美人奏者四季交響曲12番迂闊者交響曲70番東京芸術劇場太鼓連打ピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:4アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:3バリトン三重奏曲SACDスコットランド歌曲ディヴェルティメントヴェルナーガスマンモーツァルトシューベルトベートーヴェンLPピアノソナタXVI:38哲学者ラメンタチオーネ交響曲80番交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲46番交響曲35番交響曲51番ヴァイオリン協奏曲協奏交響曲DVDピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:52交響曲47番十字架上のキリストの最後の七つの言葉テレジアミサピアノソナタXVI:34ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:20アリエッタと12の変奏XVII:3サントリーホール帝国ラ・ロクスラーヌ皇帝弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ピアノソナタXVI:50五度ラルゴピアノ三重奏曲日の出ひばり弦楽四重奏曲Op.64チェロ協奏曲ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33リヒャルト・シュトラウス軍隊騎士弦楽四重奏曲Op.74弦楽四重奏曲Op.20交響曲17番ピアノソナタXVI:27ピアノソナタXVI:1シベリウス武満徹交響曲4番無人島交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号交響曲19番弦楽四重奏曲Op.55弦楽四重奏曲Op.54王妃交響曲87番交響曲86番フルート三重奏曲トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:25驚愕時計ロンドンリュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナ英語カンツォネッタ集アレルヤピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ホルン協奏曲ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲81番交響曲78番交響曲79番交響曲99番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードドイツ国歌モテットオフェトリウムカノンスタバト・マーテルピアノソナタXVI:42弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールクラヴィコードパッヘルベル弦楽四重奏曲Op.17交響曲102番アダージョXVII:9受難ピアノソナタXVI:35パリセット交響曲84番ブーレーズベルク交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41ショスタコーヴィチ交響曲68番交響曲57番オーボエ協奏曲リラ・オルガニザータ協奏曲悲しみリーム交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10奇跡交響曲34番交響曲18番交響曲77番温泉フルートソナタ交響曲98番ドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生交響曲93番音楽時計曲ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストシェーンベルクピアノソナタXVI:14オーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノピアノソナタXVI:2ヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場マリア・テレジア裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場弦楽四重奏曲Op.2皇帝讃歌交響曲24番小オルガンミサ大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番交響曲10番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD剃刀ドビュッシー交響曲28番交響曲13番交響曲95番交響曲62番変わらぬまこと交響曲108番交響曲107番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲9番交響曲3番交響曲2番スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤン弦楽三重奏曲スウェーリンク書籍交響曲65番ニコライミサ交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽Blu-ray狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2016年9月のデータ(2016年9月30日)
登録曲数:1,361曲(前月比+3曲) 登録演奏数:9,608(前月比+87演奏)
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
112位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
7位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ