アダム・フィッシャー/オーストリア・ハンガリー・ハイドン管弦楽団の哲学者、24番

クリスマスやら忘年会やらで、ちょっと間が空きました。今日は前記事で「哲学者」を取りあげて、その独特の調べを他の演奏で聴きたくなって取り出したアルバム。

AdamFischer.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

アダム・フィッシャー(Adam Fischer)指揮のオーストリア・ハンガリー・ハイドン管弦楽団(Austro-Hungarian Haydn Orchestra)の演奏による、ハイドンの交響曲全集から、今日はCD6の交響曲22番「哲学者」、24番を取りあげます。この2曲の収録は1989年4月、オーストリアのアイゼンシュタット、エステルハージ宮殿のハイドン・ザールでのセッション録音。レーベルはBRILLIANT CLASSICS。

ハイドンファンの方ならおそらく必ずこの全集は所有しているでしょう。ドラティの交響曲全集よりも廉価で手に入れやすいので、ハイドンの交響曲全集の入門盤として偉大な存在となっています。今日は哲学者目当てでこのアルバムのCD6を取り出してCDプレイヤーにかけたのですが、同時期の録音の24番が素晴らしいのでその2曲を取りあげる事にした次第。
アダム・フィッシャーはハイドンの交響曲を演奏したアルバムの中では重要な人なんですが、マイナー盤志向の強い当ブログでは過去2度ほど取りあげたのみ。

2011/01/23 : ハイドン–交響曲 : アダム・フィッシャーのマーキュリー、悲しみ、告別
2010/01/24 : ハイドン–交響曲 : アダム・フィッシャー全集その後

アダム・フィッシャーのハイドンの交響曲全集は手に入れやすさだけがポイントではありません。特に初期の交響曲でははち切れんばかりのエネルギーと推進力によって、ハイドンの交響曲の魅力をしっかり伝える名演奏にほかなりません。ちょっと残念だったのはハイドン没後200年の2009年に開催された「天地創造」のコンサートのもようを伝えるDVDが演奏が粗く、過去の名盤とはちょっと差がついてしまっていたことでしょうか。いずれにせよアンタル・ドラティに次ぐ交響曲全集をリリースするという偉業を成し遂げたわけですから、ハイドン演奏史に名を残した事は間違いありません。

このアルバムのCD6は4曲が収められています。今日取り上げる哲学者と24番は1989年の録音となりまが残りの2曲は2000年と11年も後の録音。この11年の時がフィッシャーの成熟につながったのでしょうか。

Hob.I:22 / Symphony No.22 "Philosopher" 「哲学者」 [E flat] (1764)
前記事のベルンハルト・クレーほど弦、管楽器の対比を意識せず、純粋にメロディーラインをトレースしていくよう。おなじみの朴訥なメロディーラインの自然な佇まいはなかなか。良く聴くと各楽器が非常にデリケートなフレージングを聴かせています。楽器の精妙な響きの重なり具合が絶妙で非常にコントロールが行き届いています。徐々にホルンの響きの存在感が増していき、弦楽器の対比をしっかりつけるように変わってきて、最後はまた穏やかな表情に戻ります。
アダム・フィッシャーの真骨頂は速い楽章の生気漲る躍動感。これぞハイドンという躍動感でオケが畳み掛けます。不自然を感じさせない歌心もあって、ハイドンの交響曲のスケールに合わせた古典的躍動という感じが実にしっくりきます。
メヌエットは前楽章の流麗なプレストと明確に対比を表現したいのか、振りかぶったようにリズムを強調。楽章ごとの構造的な対比は見事。途中から現れるホルンが良く響いてまるでハイドン・ザールにいるような気分。
フィナーレはまさに躍動感の塊のような演奏。各パートが実にクッキリと浮かび上がりながらも、全体として非常にまとまった演奏。ハイドンの交響曲のフィナーレのツボを実によく押さえた演奏。

Hob.I:24 / Symphony No.24 [D] (1764)
哲学者と同時期の作品ですが、こちらの曲はハイドンらしい晴朗さとしっとりとした郷愁を感じる曲調の初期の佳曲。鮮烈な開始からオケが絶好調。哲学者のフィナーレよりもさらに躍動感にあふれた素晴らしい感興。そこここにちりばめられた創意工夫に目がくらむような展開。一瞬はさまれた短調のフレーズの儚い美しさと、躍動感溢れる明るいメロディーの織りなす万華鏡のような曲をフィッシャーが渾身のコントロール。こうしたハイドンらしい晴朗な交響曲の表現はアダム・フィッシャー盤の最もよいところ。
アダージョはフルートの美しいソロが聴き所。フルートは誰が吹いているのかわかりませんが、かなりの名手。厚みのある美しい音色がハイドン・ザールに響き渡ります。
フィッシャーのメヌエットはかなりしっかりと拍子を刻みます。オケはハイドン演奏のツボを心得ていて、フィッシャーのコントロールか、はたまた奏者の自主性かリズムもデュナーミクも完全に一つの音楽をみんなで奏でているような素晴らしい一体感。ハイドンを演奏する喜びがはじけ出すような演奏。
そしてフィナーレは、躍動することの悦びを我慢するような抑えた入りから、徐々にエネルギーが満ちて、音楽がめくるめく展開。慎み深い瞬間をはさみながらも曲を回想するような変奏が重なり、特に弦楽器が弓をフルに使ったような素晴らしいボウイングでメロディーを浮かび上がらせます。やはりハイドンのフィナーレの最上の見本のような演奏で締めくくります。

このアルバムは交響曲の番号順の収録なので、21番、22番、23番、24番と配置されていますが、今日取りあげなかった21番と23番は先に触れたように2000年と11年も後の録音。良く聴くと録音はやはり鮮明さが一段あがりますが、22番、24番に聴かれたすばらしい躍動感はすこし後退し、演奏も現代的な印象が強くなります。基本路線は変わらないものの印象は少し異なります。私の好きなのはやはり今日とりあげた古い時期の録音の方。アダム・フィッシャーがハイドンの交響曲全集に賭ける意気込みのようなものが伝わってくる熱いものを感じる演奏です。ということで、今日取りあげる演奏の評価は2曲とも[+++++]とします。残りの曲はやはりちょっと差がつくのが正直なところ。これは成熟というよりは、全集の録音がすすむにつれてアダム・フィッシャーの覇気がだんだん枯れてきていると解するべきでしょうか。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲全集 哲学者 交響曲24番

シェファード/カンティレーナの交響曲24番、哲学者、アレルヤ

今日は初期交響曲です。

Shepherd24.jpg

エイドリアン・シェファード(Adorian Shepherd)指揮のカンティレーナの演奏でハイドンの交響曲24番、22番「哲学者」、30番「アレルヤ」の3曲を収めたアルバム。イギリスのChandosレーベルのアルバム。録音は1986年5月11日、12日、グラスゴーのSNOセンターでのセッション録音。

エイドリアン・シェファードはイギリスのロンドン東部の街エセックス生まれの指揮者。ロンドンで音楽を学んだ後スコットランド国立管弦楽団やBBCスコットランド管弦楽団の団員となり1966年に主席チェロ奏者としてスコットランド国立管弦楽団に戻り、その後はチェロ奏者として室内楽や協奏曲のソリストとして活躍したようです。1979年にこのアルバムのオケであるカンティレーナを創設し、音楽監督となっています。イギリスでは司会者や指導者としても知られているようですね。

まずは交響曲24番から。このアルバムに含まれる曲はすべて1764年から1765年頃の作曲で、ハイドンがエステルハージ家の副楽長時代のもの。

1楽章はこれ以上晴朗な音楽はないほどの素晴らしく明るく、推進力にあふれた音楽。小編成のオケの鮮明な響きと非常にクッキリとしたリズム感が素晴らしい音楽を作っています。ハイドンの初期交響曲の魅力的な音楽を完璧に表現。フレージングはカッチリ感を非常に意識したもの。Chandosレーベルらしいクッキリしながらも豊かで自然な響きの素晴らしい録音が華を添えています。抑制された部分もリズム感を維持して素晴らしい流れで、圧倒的な推進力。個性的な演奏ではないんですが、何もしないのに音楽が満ちあふれてくるという私の好きなタイプの演奏。音楽的な完成度は非常に高い演奏ですね。
2楽章アダージョは練ったり溜めたりは一切なく、ゆったりとした音楽を抑えた表現で一貫して奏でます。ハイドンの交響曲の魅力に取り付かれた人なら解ると思いますが、音符から音楽が浮き出てくるあの感じです。
3楽章のメヌエットも無為自然ながら素晴らしい音楽性。中間部のフルートやホルンのうまさは絶妙でとろけそう。
フィナーレは落ち着ききったテンポで入り、オケの楽器が次々と重なっていく様を絶妙のフレージングでコントロール。アレグロなのにむしろゆったり気味とも感じられる落ち着いたテンポで曲想の美しさを極限まで磨き込もうとするような演奏。テンポに関わらず推進力は維持して進めます。この演奏は素晴らしいですね。シェファードのアルバムは他にも所有しているんですが、あまり鮮明な印象はありませんでした。目から鱗の素晴らしさ。

つづいて交響曲22番「哲学者」。

哲学者の特徴的な1楽章のアダージョ。中庸なテンポでいきなり素晴らしいオケのフレージング。音の強弱のメリハリはほどほどながらひとつひとつの楽器のフレージングの表情が豊かなため全体のメロディーが非常に精妙に聴こえます。弦の音階による伴奏に乗って管楽器が同じメロディーの変奏を次々と受け継ぎ、音符上は非常にシンプルな曲を素晴らしく豊かな表現で進めていきます。圧巻の1楽章。
2楽章はプレスト。シェファードの特徴は速い楽章のスピードを上げず、音楽上の推進力で聴かせてしまうこと。この楽章も本来はもう少し速いんでしょうが、実際のスピードはそれほど速くないのに推進力に溢れた演奏。そのかわり音符を完璧に弾いていきますので鮮明に楽譜を分解しているような、大判カメラで撮った写真のような鮮明さ。それでいてスタティックではないところが流石。
3楽章のメヌエット。力の抜けたすばらしいコントロール。中間部のホルンと木管によるメロディーは非常に魅力的な響き。ハイドンの交響曲の素晴らしさに打たれる瞬間。
フィナーレは前曲同様、ほどほどのスピードで鮮明な演奏。力感もそこそこなのに不思議と聴き劣りしません。哲学者も一級品です。

最後は交響曲30番「アレルヤ」

意外にこの曲は遅めで入ります。前2曲とは異なりちょっとリズムが重めです。このリズムの重さで曲の印象が大きく変わり、オケの鮮明さや演奏の精度は前曲同様素晴らしいのですが、推進力ががっくり落ちたため、前2曲とは明らかに差がついてしまいます。これは惜しい。ずいぶん静的な印象に。
2楽章のアンダンテも少々おそめに感じます。前楽章の印象を引きずってしまいますね。演奏自体は非常に美しいもの。途中のフルートのメロディーの美しさが際立ちます。
この曲は3楽章構成ゆえ、3楽章がフィナーレ。全般に遅めのテンポを選択したこの曲ですが、前2曲とは明らかに演奏のコンセプトが違います。じっくり聴かせる方に主眼を移し、爽快感や推進力はかなり抑えめになっています。フィナーレの中間部はオペラで不安な心情や誰かを探すような場面でつかわれそうなメロディーを配した面白い構成。最後は爽快に終わるのがハイドン交響曲の定番ですが、この曲はなんとなく終わります。演奏の結果からはわかりませんが、何らかの意図があってやったことだろうと思います。

シェファードのハイドンの初期交響曲を集めたこのアルバム。シェファードの抜群の音楽性を知らしめた素晴らしいアルバムです。評価は交響曲24番、哲学者は文句なしに[+++++]。アレルヤは[++++]としました。アレルヤの演奏がキレていて、このアルバムが現役盤であれば、「ハイドン入門者向け」タグも進呈するところですが、惜しいところですね。ただし、ハイドンの交響曲が好きな方には探してでも手に入れてほしい名演奏でもあります。オークションや中古屋さんを丹念にさがせば手に入るかと思いますので、お好きな方は探してみてください。

Chandosにはシェファードの交響曲集があと2組リリースされており、こちらは現役盤の模様ですので、またの機会にレビューしたいと思います。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲24番 哲学者 アレルヤ おすすめ盤

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

交響曲93番交響曲98番交響曲97番交響曲95番驚愕奇跡ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:36フルート三重奏曲LP古楽器オーボエ協奏曲ロッシーニドニぜッティライヒャピアノソナタXVI:34ピアノソナタXVI:48ディヴェルティメント弦楽三重奏曲皇帝ひばりピアノソナタXVI:20ピアノ協奏曲XVIII:3シェーンベルクミューザ川崎ストラヴィンスキーマーラー東京芸術劇場チェロ協奏曲東京文化会館交響曲102番軍隊ロンドン時計フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:328人のへぼ仕立屋に違いないファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:31バードタリスアレグリパレストリーナ東京オペラシティモンテヴェルディ天地創造すみだトリフォニーホールライヴ録音ピアノ協奏曲XVIII:11アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:6ヒストリカル告別交響曲1番美人奏者ピアノソナタXVI:39四季迂闊者交響曲12番交響曲70番太鼓連打ピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:4アコーディオンバリトン三重奏曲SACDスコットランド歌曲ヴェルナーガスマンベートーヴェンシューベルトモーツァルトピアノソナタXVI:38ラメンタチオーネ交響曲80番交響曲67番哲学者ピアノソナタXVI:24交響曲46番交響曲35番交響曲51番ヴァイオリン協奏曲協奏交響曲DVDピアノソナタXVI:52交響曲47番十字架上のキリストの最後の七つの言葉テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:40アリエッタと12の変奏XVII:3サントリーホールラ・ロクスラーヌ帝国弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ピアノソナタXVI:50ラルゴ五度ピアノ三重奏曲日の出弦楽四重奏曲Op.64ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33リヒャルト・シュトラウス騎士弦楽四重奏曲Op.74交響曲17番ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:27シベリウス武満徹時の移ろい交響曲42番無人島交響曲4番ベルリンフィルホルン信号交響曲19番弦楽四重奏曲Op.55弦楽四重奏曲Op.54交響曲87番交響曲86番王妃トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:10リュートピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6ピアノ五重奏曲チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナアレルヤピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲81番交響曲78番交響曲79番交響曲99番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードオフェトリウムモテットドイツ国歌カノンスタバト・マーテルピアノソナタXVI:42弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールクラヴィコードパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルクブーレーズ交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41ショスタコーヴィチ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲悲しみリーム交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲18番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生音楽時計曲ピアノソナタXVI:11ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisカートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストピアノソナタXVI:14オーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノピアノソナタXVI:2ヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場マリア・テレジア裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ小オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番交響曲10番サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CDドビュッシー交響曲28番交響曲13番交響曲107番交響曲62番交響曲108番変わらぬまことジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲9番交響曲2番交響曲3番スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番ニコライミサ交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽Blu-ray狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
103位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
7位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ