【新着】飯森範親/日本センチュリー響の交響曲集第4巻(ハイドン)

継続的に取り上げている日本センチュリー響のハイドンの交響曲集ですが、第4巻が発売されました。

IimoriVol4.jpg
TOWER RECORDS / amazon / HMV&BOOKS onlineicon

飯森範親(Norichika Iimori)指揮の日本センチュリー交響楽団の演奏で、ハイドンの交響曲7番「昼」、58番、19番、27番の4曲を収めたSACD。収録は27番以外が2016年6月27日、27番が2016年8月12日、大阪のいずみほホールでのライヴ。レーベルは日本のEXTON。

当ブログの読者の方なら既にご存知の通り、飯森範親が日本センチュリー響を振って取り組んでいるハイドン・マラソンというプロジェクトの第5回、第6回のコンサートで取り上げられた曲を収めたアルバム。

2018/03/26 : ハイドン–交響曲 : 【新着】飯森範親/日本センチュリー響の交響曲集第3巻(ハイドン)
2017/07/19 : ハイドン–交響曲 : 【新着】飯森範親/日本センチュリー響の交響曲集第2巻(ハイドン)
2016/11/19 : ハイドン–交響曲 : 【新着】飯森範親/日本センチュリー響の交響曲集第1巻(ハイドン)

このシリーズも第4巻となり、これまでのコンサートで取り上げてきた曲を網羅的にリリースし続けているところをみると商業的に全集化も視野に入ってきたかもしれませんね。直近で取り上げた第3巻に至って、演奏の質も高いレベルで揃えてきていますので、このプロジェクトにも勢いが感じられるようになってきました。

Hob.I:7 Symphony No.7 "Le midi" 「昼」 [C] (1761?)
これまでの巻同様、録音はSACDだけあって自然で鮮明なんですが、好みからいえばこのレーベル特有のHi-Fi調で人工的な感じが取れてくるとさらにいいですね。演奏はこれまで通り流麗、清透なもの。リズムに推進力があり、アンサンブルの精度は非常に高く、キリリと引き締まった見事なもの。この昼は、リリーズ済みの朝と並んで各パートのソロが各所に散りばめられていて、そのソロの活躍が聴きどころの一つですが、この録音ではソロをくっきりと浮かび上がらせるより、オケの一体感と重視したバランスで、ライブでの聴こえ方を忠実に再現したものでしょう。まさにゆったりと聴いていられる感じ。飯森範親の指揮は曲全体の流れをうまく保ちながら、ディティールを丁寧に描いていく感じで、ライヴの高揚感や迫力よりもセッション録音的な意識が強い感じ。この曲では2楽章のアダージョのヴァイオリンのソロを中心とした音楽の深みは見事ですね。響きは実に巧みにコントロールされ、オケの吹き上がりも見事。メヌエットの中間部のコントラバスのソロのコミカルな表情の面白さ、ホルンの響きなどもとろけるような美音もいいですね。終楽章も流麗なんですが、あと一歩表情にコントラストがつくといいですね。

Hob.I:58 Symphony No.58 [F] (before 1775)
シュトルム・ウント・ドラング期の均整のとれた構成の曲。1楽章から力が抜けてリラックスした演奏に癒されます。こういった曲は素直な演奏が似合います。適度な推進力とコントラストで描かれることで、ハイドンの美しい曲の魅力を堪能できます。それを知ってか、オケも実に楽しげに演奏していきます。特に3楽章のメヌエットのコミカルな表情の描き方と流麗さの絶妙なバランス感覚が見事。終楽章も力まずにハイドンの見事な筆致を再現。

Hob.I:19 Symphony No.19 [D] (before 1766)
3楽章構成のごく初期の曲。前曲に続き、こういったシンプルな曲の演出は非常に上手いですね。1楽章の愉悦感、2楽章の陰陽の交錯のデリケートな表現、3楽章のアクセントの効かせ方など、ハイドンの仕込んだ機知を上手く汲み取って、安心して聴いていられる演奏。

Hob.I:27 Symphony No.27 [G] (before 1766)
最後の曲ですが、流麗な入りにうっとり。オケも軽やかにリズムを刻み、次々と繰り出されるハイドンのアイデアをかなり装飾を加えて目眩くようような鮮やかさで片付けていきます。初期交響曲の魅力を見事に表現した演奏。1楽章の華やかさを鎮めるように、続く2楽章のアンダンテはシチリアーノという8分の6拍子の舞曲が弱音器付きの弦楽器で慈しむように演奏されます。終楽章は軽やかさを失わないように八分の力で流して終了。

4巻目に入ったハイドンマラソンシリーズのライヴ録音ですが、演奏も非常に安定してレベルの高いものが揃うようになってきました。表現に遊びが見られるようになって、ハイドンの交響曲の魅力を十全に表した内容になっています。このところファイやアントニーニによる前衛的な表現による全集の取り組みが続いており、このプロジェクトも現代楽器とはいえ、さらに踏み込んだ表現を世に問わなければ飽きられるのではないかとの危惧を持っていましたが、この現代楽器によるオーソドックスなアプローチの中でも演奏のレベルを揃えることで、新たな価値が問えるのではないかとの感触も生まれてきました。録音の方は第4巻ですが、実演はさらに進んでいますので、さらなる成熟を期待したいところですね。本巻の4曲、全曲[+++++]とします。



にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲58番 交響曲27番 交響曲19番

【新着】トーマス・ファイ/ハイデルベルク響のラメンタチオーネ他

しばらく続いたLP特集は一旦お休みにして、今日届いたばかりの新着アルバムを紹介。

Fay26.jpg
HMV ONLINE / amazon / TOWER RECORDS

おなじみトーマス・ファイ(Thomas Fey)指揮のハイデルベルク交響楽団(Heidelberger Sinfoniker)の演奏で、ハイドンの交響曲26番「ラメンタチオーネ」、27番、42番の3曲を収めたアルバム。収録は2012年7月17日から20日にかけて、ハイデルベルク近郊のヒルシュベルク=ロイタースハウゼンにあるユダヤ教旧会堂でのセッション録音。レーベルはhänssler CLASSIC。

このアルバム、彼らのハイドンの交響曲全集の第19巻です。

2012/11/20 : ハイドン–交響曲 : 【新着】トーマス・ファイ/ハイデルベルク交響楽団の交響曲1番他、爆速!
2012/07/08 : ハイドン–交響曲 : トーマス・ファイ/ハイデルベルク交響楽団の90番、オックスフォード
2012/06/11 : ハイドン–交響曲 : トーマス・ファイ/ハイデルベルグ交響楽団のマリア・テレジア、56番
2012/05/03 : ハイドン–交響曲 : トーマス・ファイ/シュリアバッハ室内管の「時の移ろい」「告別」
2011/07/06 : ハイドン–交響曲 : 【新着】トーマス・ファイの「帝国」、54番
2010/12/26 : ハイドン–協奏曲 : 【新着】トーマス・ファイのホルン協奏曲、ホルン信号
2010/08/01 : ハイドン–交響曲 : トーマス・ファイの69番、86番、87番

ファイの振るハイドンは目が離せません。最近取りあげた交響曲1番を含む初期交響曲集もテンポ設定が爆速で、しかもハイドンの書いた楽譜からめくるめくような知的刺激に溢れた音楽が流れ出す演奏。単に前衛的というだけでなくハイドンの音楽の本質をつく面白さに溢れています。その最新のリリースが今日取り上げるアルバム。シュトルム・ウント・ドラング期の傑作交響曲「ラメンタチオーネ」を含むものゆえ、到着を心待ちにしていましたが、HMV ONLINEに一緒に注文していたものの入荷に引っ張られて、到着が少し遅くなりました。

Hob.I:26 / Symphony No.26 "Lamentatione" 「ラメンタチオーネ」 [d] (before 1770)
ホルンの鋭い音色に隈取られた1楽章の導入。キリッとエッジが立ってキビキビと進みます。一筋縄ではいかないファイのめくるめくようなフレージング。ビシッとタイトな演奏は多いものの、ラメンタチオーネの1楽章からこれだけ変化を聴かせるのはファイの才能でしょう。畳み掛けるような部分と手綱を緩める部分の交錯。ほの暗い雰囲気と青白く光り輝く前衛の才気。1楽章からなみなみならぬ素晴らしさ。音楽の方向は異なりますが、クライバーのバラの騎士の序曲を聴くような興奮を感じます。
2楽章は美しい美しいメロディーが心に沁みいる楽章ですが、ファイの手にかかるとじっくりとした演奏ながら、フレーズの節々に創意が漲り、まるで美しいフレーズで遊び回るような印象。この美しさを出すために創意は控え、しっとりとした表情ながら、絡み合う副旋律の表情や間の取り方がキレていて、常に新鮮な印象を保ちます。後半はメロディーを象徴的に浮かび上がらせたり、装飾をかなり加えてこの楽章の陰影を一層深く感じさせる秀逸な演出。
3楽章はメヌエットでこの楽章が終楽章。前楽章の落ち着いた表情を引き継いではじまり、力感を抑えながら、フレーズに巧みに変化をつけて、静かに旋律を変化させることで生じるニュアンスの多様さを楽しむような演奏。非常にあっさりと終わってしまいます。

Hob.I:27 / Symphony No.27 [G] (before 1766)
ごく初期の推進力あふれる音楽が印象的な作品。ハイドンの初期の交響曲の明朗快活な面白さがつまった作品。ファイの解釈は前曲の諦観とのコントラストを楽しむように、遊び心と推進力に溢れた演奏。いつも通り、フレーズというより音単位でめくるめくように表情を変化させ、ハイドンの曲に猫がじゃれるがごとき演奏。以前より演奏から力が抜けて、軽妙さが際立つようになりました。オケも演奏を完全に楽しんでいるようです。
つづくアンダンテ・シチリアーノは弱音器つきのヴァイオリンのメロディーがそよ風のように吹き抜ける演奏。後年のシュトルム・ウント・ドラング期の彫りの深いほの暗さとは比べるべくもありませんが、この時期のハイドン独特のセンチメンタルなメロディー構成が印象的。
フィナーレは、楽章の対比をことさら強調するように鮮明な入り。やはり力みなく鮮明な表情を生み出すファイのコントロールは流石。19巻まできて、演奏も新たな地平が見えたような自在さが際立ちます。

Hob.I:42 / Symphony No.42 [D] (1771)
ラメンタチオーネとほぼ同時期の作品。冒頭から躍動感に溢れ、オケの吹き上がりも見事。ハイドンの交響曲の面白さがいろいろ詰まった缶詰のような曲。次から次へとでてくるでてくる名旋律。この旋律の面白さとめくるめく変化にスポットライトを当てたファイも流石です。聴き慣れたメロディーですがそこここにファイの仕組んだ変化が待ち受けており、聴きながら脳の音楽中枢に刺激が途絶えません。いやいやハイドン自身もこれほどの演奏を想像しなかったでしょう。これほど面白い42番は初めてです。13分もの長さがあっという間。オケはファイの指示をどう演奏してやろうかと待ち受けている感じ。知的刺激の連続にノックアウトです。
つづく2楽章も13分超と長いですね。曲自体に潜む静謐な印象をファイ流にさらさらとこなし、メロディーの美しさをさりげなく聴かせながらじっくり進んでいきます。このアルバムでも比較的オーソドックスな展開の楽章。終盤見事に沈み込み、音楽の深さを上手く表現できています。
メヌエットはキレのいい響きを強調しますが、すぐにレガートをかけたり、鮮度を強調したりファイ流の変化で聴かせるようになります。途中のヴァイオリンソロもニュアンスたっぷりな表情ながら抑えた響きが美しさを強調しています。
フィナーレに至り、変化の面白さは頂点に。力みのない愉悦感に溢れた演奏。速いパッセージの痛快な展開。ハイドンの書いたフィナーレをこれだけ力を抜いて演奏したものは他に知りません。

いやいや、このアルバムも期待以上に素晴らしい出来でした。ファイの解釈も力が抜けて、才気が冴えまくってます。ファイのハイドンの交響曲全集は19巻に至り、新たな次元に到達した印象があります。強奏にたよらず、曲の自在な解釈によって、音響的な迫力ではなく、解釈の突き抜けた冴えで聴かせていくというスタイルへ進化しています。ファイのハイドンは一体どこまで進化するのでしょうか。まだまだ先が楽しみです。評価はもちろん3曲とも[+++++]とします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ラメンタチオーネ 交響曲27番 交響曲42番 ハイドン入門者向け

ベーラ・ドラホシュ/エステルハージ・シンフォニアのホルン信号他

なぜかNAXOSの交響曲全集巡りの勢いが止められず、次にいきます。

Drahos27.jpg
HMV ONLINEicon / amazon

ベーラ・ドラホシュ(Béla Drahos)指揮のニコラウス・エステルハージ・シンフォニア(Nicholaus Estergázy Sinfonia)の演奏で、ハイドンの交響曲27番、28番、31番「ホルン信号」の3曲を収めたアルバム。収録は1998年2月、ハンガリーの首都ブダペストのフェニックス・スタジオでのセッション録音。

ドラホシュはNAXOSの全集では、Vol.11、12、13、14、15、21、23、25、27の9巻を担当。このアルバムはVol.23です。前記事で取りあげたヘルムート・ミュラー=ブリュールとともにNAXOSのハイドン交響曲全集の中核を担う指揮者です。ドラホシュはなんとNAXOSではベートーヴェンの交響曲全集を担当しており、NAXOSレーベルの信頼も厚い指揮者という事が出来るでしょう。

ドラホシュは1955年、ハンガリーの南西部にあるカポシュヴァール(Kaposvár)生まれの指揮者。1969年、ハンガリー北部のジェール(Györ)音楽院に入り、1971年プラハで行われた国際フルートコンクールで優勝、翌年行われたハンガリーテレビ主催のフルートコンクールでも優勝するなどフルート奏者として有名になりました。1978年、ブダペストのフランツ・リスト・アカデミーを優秀な成績で卒業し、その後プラハ、ブラチスラヴァなどで数多くのコンクールに入賞するなど、旧東欧圏ではフルート奏者として知られた存在だったでしょう。その後ハンガリー放送管楽五重奏団の創設メンバー、リーダーを務め、また1976年からはブダペスト交響楽団の首席フルート奏者として活躍しました。近年は指揮者としての活動が多くなり、1993年からはハンガリー国立交響楽団(現ハンガリー国立フィルハーモニー)の指揮者など指揮者としても有名に。現在はご存知のようにNAXOSの看板指揮者の一人として大活躍です。

ニコラウス・エステルハージ・シンフォニアは1992年、このアルバムの収録にも使われたブダペストのフェニックススタジオのレコーディング・プロデューサーにより設立された録音用のオーケストラ。奏者はハンガリー国内の主要なオケの奏者が中心。NAXOSの録音が中心ですが、コンサートも開くようです。指揮者はドラホシュが終身指揮者となっています。

初期のNAXOSの交響曲全集を支えた1人であるドラホシュの演奏、好きなホルン信号を含むアルバムを選びましたが、これがまた素晴らしいんですね。

Hob.I:27 / Symphony No.27 [G] (before 1766)
非常に自然なソノリティの導入。この初期の曲を流麗な雰囲気を万全に表現。フルート奏者出身と聞いて木管楽器であるオーボエのコントロールに耳を峙てると確かに非常に滑らかなフレージングであることがわかります。ハイドンの活気ある音楽を楽譜通りに演奏し、生気もなかなかのもの。癖のない演奏というのが印象ですが、無色透明な印象の薄い演奏ではなく、ハイドンの音楽が指揮者の個性よりも浮かび上がってくるような理想的な演奏と言えばいいでしょうか、NAXOSがドラホシュを重用する理由がわかります。
2楽章はアンダンテ。弱音器つきの弦楽器が奏でる郷愁を誘うようなメロディーをリズミカルにさらりとこなしていきます。ここでも自然さが際立ちます。
この曲は3楽章構成。初期の曲だけにフィナーレの構成はまだシンプルな曲想ですが、迫力は十分。録音もスタジオ録音ということで空間を感じるような録音ではありませんが、程よくバランスの良いもので鑑賞には十分です。

Hob.I:28 / Symphony No.28 [A] (1765)
少し時代が下って1765年の曲。1楽章は非常にユニークなメロディーラインが特徴。音階の絡み合う様子を楽しむ曲。やはり曲自体の面白さを際立たせる万全のコントロール。かなりメリハリをはっきりつけますが自然さは崩しません。オーボエとホルンが見事な腕前でメロディーを補います。
前曲同様弱音器付きの弦楽器が奏でるほの暗いメロディー。このあと訪れるシュトルム・ウント・ドラング期の沈み込む情感を予感させる素晴らしいメロディー。ドラホシュはこれ以上ないほどに忠実に美しいメロディーを描いていきます。この楽章、ドラホシュのあくまでも自然なソノリティを重視するスタンスがドンピシャ。
メヌエットは耳に残る印象的なメロディーをベースとして、その展開を楽しむもの。中間部のふと昔を思い出すような美しいメロディーはドラホシュのデリケートな扱いで絶品。再び最初のメロディーに戻ります。
フィナーレは何とも言えないじっくりとした楽章。抑えた入りのメロディーが想像しない方向に展開し、聴き手の想像力を超えるハイドンの創意に驚くような造り。ホルンの音色が素晴らしい効果。

Hob.I:31 / Symphony No.31 "Hornsignal" 「ホルン信号」 [D] (1765)
そしてこのアルバムの目玉のホルン信号。なんと極上の響き。トスカニーニ盤の素晴らしい冒頭のエネルギーを彷彿とさせる音の塊。各奏者のテクニックは非常に安定感のあるもの。ハンガリーの主要オケの名だたる奏者が集まっている事が頷けます。ホルンを目立たせたり、メロディーラインを強調する演奏が多いものの、ドラホシュはあくまでも自然な音楽を作る事に集中しているようで、オケ全体の音色が溶け合うように絶妙なバランスを保ちながら、活き活きとした音楽を作り上げていきます。ホルンの正確なリズムが痛快。ヴァイオリンを主体とした弦楽器のキレもハンガリー風のキレのいいもの。フルートももちろんニュアンスに富んだ演奏。1楽章は圧巻の出来。
2楽章のアダージョはソロ活躍する曲ですが、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、ホルンとも抜群の腕前。ベルリンフィルよりもソロの腕前は上といっていいくらいの出来。各奏者が虚心坦懐に全体と調和しているという点ではベルリンフィル以上でしょう。まとめるドラホシュの腕前も確かなもの。ここでもハイドンの美しい音楽だけが抜群の存在感で残ります。終盤はとろけるようにしっとりとした展開。10分を超える長い楽章ですが聴き手を惹き付けてあっという間と感じさせる素晴らしい出来。
メヌエットは前楽章を踏まえてか、ゆったりとした入り。オケ全体の力が抜けて素晴らしい感興。うっすら聴こえるハープシコードの響きが雅さも加えて、オケ全体がスタジオ録音とは思えないほど溶け合った響き。完璧な響き。この曲の落ち着いた流れの真髄をつく演奏。
フィナーレは再びソロが活躍。絶品のソロがメロディーを受け継いでいきます。ヴァイオリン、フルート、ホルンと続きますが、それぞれ不安定さは微塵もなく惚れ惚れするような出来。終盤にはコントラバスのソロまであり、一貫した音楽が続きます。最後は全奏で盛り上がって終了。

ベーラ・ドラホシュ指揮のニコラウス・エステルハージ・シンフォニアの演奏するハイドンの初期交響曲3曲を収めたアルバム。そのナチュラルな解釈は個性的かどうかという議論が意味がないほどハイドンの交響曲の真髄をついたもの。今回あらためて聴き直してみ直した次第。評価はホルン信号が「+++++」他の2曲が[++++]としたいと思います。

同じNAXOSではミューラー=ブリュールがキビキビとした爽快さ、ニコラス・ウォードがじっくりとした古典の均衡を、ケヴィン・マロンは古楽器による色彩感豊かさ、パトリック・ガロワがレガート効かせたデュナーミクのコントロールと様々な個性を聴かせながら全体として素晴らしい演奏で全集を構成しています。このなかではミュラー=ブリュールが少し画一的な印象をかんじさせるくらいで、それぞれ素晴らしい演奏です。

唯一取りあげていないVol.1から5を担当するバリー・ワーズワース指揮のカペラ・イストロポリターナがちょっと粗さが目立ち、しかもザロモンセットなど大曲を多く担当しているので、その印象がNAXOSの交響曲全集の印象に影響しているのかも知れません。こうして取りあげたワーズワース以外の交響曲の演奏はどの演奏も一級品。千変万化するハイドンの交響曲を6人の指揮者で構成した異色の全集ですが、特に初期、中期の交響曲の出来は素晴らしいものがありますので、まだ手に入れていない方は是非入手してみてください。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲27番 交響曲28番 ホルン信号 交響曲全集

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ピアノ協奏曲XVIII:11序曲ヴィヴァルディ軍隊バッハオペラ序曲ベートーヴェンアリア集パイジェッロ弦楽四重奏曲Op.76皇帝ヒストリカル日の出モーツァルトピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:34ピアノソナタXVI:20ブーレーズサントリーホールラヴェル弦楽四重奏曲Op.71弦楽四重奏曲Op.74変わらぬまこと騎士オルランドアルミーダチマローザ無人島哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:4ピアノ協奏曲XVIII:1ピアノ協奏曲XVIII:3弦楽四重奏曲Op.20アレルヤ交響曲79番交響曲3番古楽器ラメンタチオーネ交響曲88番オックスフォードチェロ協奏曲1番驚愕交響曲27番交響曲58番交響曲19番アンダンテと変奏曲XVII:6紀尾井ホールショスタコーヴィチストラヴィンスキードビュッシーピアノ三重奏曲ミューザ川崎オーボエ協奏曲LP協奏交響曲ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:38スタバト・マーテルピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:39ブルックナーマーラー十字架上のキリストの最後の七つの言葉交響曲97番告別交響曲90番奇跡交響曲18番交響曲99番弦楽四重奏曲Op.64ひばりフルート三重奏曲悲しみ交響曲102番交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者ニコライミサミサブレヴィス小オルガンミサ交響曲95番交響曲93番交響曲78番時計ピアノソナタXVI:23王妃ピアノソナタXVI:52SACD武満徹ライヴ録音チェロ協奏曲交響曲80番交響曲81番交響曲全集マリア・テレジア交響曲21番豚の去勢にゃ8人がかりクラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲9番交響曲11番交響曲12番交響曲10番太鼓連打ロンドン交響曲15番交響曲4番交響曲2番交響曲37番交響曲1番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:5天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:36ライヒャドニぜッティロッシーニ弦楽三重奏曲シェーンベルク東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4アレグリタリスモンテヴェルディバードパレストリーナピアノソナタXVI:6美人奏者四季交響曲70番迂闊者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンバリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーシューベルト交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲51番交響曲46番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス時の移ろい交響曲42番ベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオオフェトリウムカノンドイツ国歌モテット弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難交響曲84番パリセットベルク主題と6つの変奏オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11音楽時計曲カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルンライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲107番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
92位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
10位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ