ヤープ・ヴァン・ズヴェーデン/オランダ放送室内フィルのホルン信号など

交響曲のメジャー盤を取りあげるというテーマですすめている5月。今日のアルバムはこれ。滅多に取りあげない国内盤です。

Zweden31.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

ヤープ・ヴァン・ズヴェーデン(Jaap van Zweden)指揮のオランダ放送室内フィルハーモニー(Netherlands Radio Chamber Philharmonic)の演奏による、ハイドンの交響曲31番「ホルン信号」、交響曲72番、交響曲73番「狩」の3曲を収めたSACD。収録は2008年6月30日から7月3日にかけて、オランダ、ヒルヴェルサムのMCOスタジオでのセッション録音。レーベルは日本のEXTON。

ヤープ・ヴァン・ズヴェーデンは1960年、オランダ、アムステルダム生まれのヴァイオリニスト、指揮者。ニューヨークのジュリアード音楽院でヴァイオリンを学び、なんと19歳で名門アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団のコンサートマスターに就任し、以来1995年までその地位にあった人。その後指揮者に転向し、欧米のメジャーオケとの共演を重ね、ネザーランド交響楽団の首席指揮者、ハーグ・レジデンティ管弦楽団音楽監督を経て現在はオランダ放送フィルハーモニーとこのアルバムのオケであるオランダ放送室内フィルハーモニーというオランダ放送音楽センター内に設置された2つのオケの首席指揮者を務めています。

日本のEXTONレーベルからブルックナーの交響曲や春の祭典などの録音をリリースしているのでおなじみの方も多いでしょう。今日取り上げるアルバムは録音が2008年ということで、2009年のハイドン没後200年にあわせてリリースしたものでしょう。

今日取り上げるアルバムは録音の良さを売り物にしているEXTONレーベルから、SACDマルチチャネル録音で、ハイドンの交響曲からとりわけホルンが活躍する曲3曲をピックアップしたという通好みの選曲。アムステルダム・コンセルトヘボウのコンサートマスター経験者ということで弦楽器の丁寧な扱いが期待されますね。私自身はズヴェーデンは初めて聴く人故先入観はまったくなし。こうゆうアルバムをはじめて聴くのは楽しみですね。

Hob.I:31 / Symphony No.31 "Hornsignal" 「ホルン信号」 [D] (1765)
透明な空間から沸き上がるキビキビと瑞々しいオケ。速めのテンポでスタイリッシュな演奏。ズヴェーデンの経歴からはもうすこし柔らかめでじっくりくると想像しましたが、ヴィブラートも適度な範囲の現代的な演奏です。SACDの特徴である広い音場にオケがクッキリ浮かび上がり、解像度は高いですが厚みや迫力はほどほどの録音。良く聴くとホルンもいいのですが、とりわけ弦楽セクションのキレのある音がなかなかの存在感。ズヴェーデンのコントロールは癖もなくオーソドックスなもの。ハイドンの交響曲の溌剌とした魅力を上手く描いていきます。
1楽章よりも2楽章のアダージョの落ち着いた表情にこの人の特徴があるように感じます。楽器が減ってソロ主体の部分の穏やかな表情が印象的。ピアニッシモはかなり音量を落として静寂感を印象づけます。濃い表情ではなく薄化粧の美学を解する意外に日本的な感性のある人と見受けました。
メヌエットも同様、そよ風のような爽やかさを感じる演奏。オランダに多い古楽器系の演奏ともまたちがい、現代楽器を非常に素直に演奏した生成りの布の表情のような素朴さがあります。
フィナーレは10分を超える長い楽章ですが、ズヴェーデンは次々と展開する変奏をひとつひとつ着実にこなしながら生まれてくる音楽の織りなす表情の多彩さを淡々と描いていき、そこここでひとつひとつの楽器を美しく響かせることで、素材の生地そのもの美しさにスポットライトを当ていくよう。ちょうどリステンパルトの演奏を現代的にしたような魅力があります。意外に音楽の構造や迫力ではなくメロディーそのものを淡々と描く人でした。終盤のヴァイオリンとホルンの聴かせどころもビシッと締めて流石の出来。

Hob.I:72 / Symphony No.72 [D] (before 1781)
またまた、意外や意外、この初期の交響曲ではホルン信号では淡々とすすめていたのとは逆に、冒頭から豊かな表情で曲の穏やかなリズムの面白さをかなり上手く表現しています。こだまするホルンの美しい響きも絶品。録音はホルン信号より明らかに豊かなオケの響きをとらえています。ティンパニの胴鳴りが実に美しい。これはいい。
2楽章のアンダンテもハイドンの書いたシンプルな曲に仕組まれた微笑ましい表情を実にさりげなく演奏しています。このへんの力の抜きかたは絶妙。
メヌエットに入ってもズヴェーデンのタクトはオケを煽ることはなく、最小限の力で非常に豊かな音楽を奏でていきます。奏者も完璧にリラックスして演奏を楽しんでいるよう。
そしてフィナーレは各楽器に変奏をリレーしていきますがフルート、チェロ、ヴァイオリン、コントラバスなどとつなぎ最後は全奏になり、リラックスムードからオケが吹き上がり終了。ハイドンの創意を楽しみながら演奏しているような余裕があり、この曲はズヴェーデンの狙いがピタリとハマりました。

Hob.I:73 / Symphony No.73 "La Chasse" 「狩」 [D] (before 1782)
そして終楽章の痛快な吹き上がりが印象的な73番。この曲も前曲同様素晴しい出来なので簡単に。快活な1楽章を余裕たっぷりに、軽々と表情豊かにこなし、アンダンテは愉悦感に溢れた演奏。不思議と音量を落として迫力よりも静かに創意を楽しむ聴き方にも向いています。メヌエットもハイドンの音楽が湧き出てくるようなズヴェーデンの巧みなコントロール。そして「報いられた誠意」の第3幕の前奏曲を転用した終楽章は、ハイドンの交響曲の面白さのエッセンスの詰まった曲。ズヴェーデンはこれまでのおだやかな表情から祝祭感溢れるこの楽章に入ってギアチェンジ。こう言ったところでもまったく力まず、見通しよく盛り上がるのが流石です。

やはりアムステルダム・コンセルトヘボウのコンサートマスターを長年つとめた経歴は伊達ではありませんでした。一つ前に取りあげたアダム・フィッシャーの最近の録音が、ハイドンのリズムとフレーズのキレを鮮明に浮かび上がらせ、唸るような迫力をもって聴かせる熱演だったのに対し、ズヴェーデンのハイドンは抑えた部分の音楽性の高さと異次元のリラックスから浮かび上がるハイドンのメロディの美しさ、面白さ、創意と言った面にスポットライトを当てた、こちらも名演でした。特に72番の素朴な美しさは絶品。地味な曲ではありますが、その地味な曲をこれだけ聴き応えある演奏に仕上げてくるあたり、やはり只者ではありませんね。評価はもちろん全曲[+++++]とします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ホルン信号 交響曲72番 SACD

ヘルムート・ミュラー=ブリュール/ケルン室内管弦楽団の交響曲72番等

今日は最近お気に入りのヒストリカル。

MullerBruhl72.jpg
HMV ONLINEicon

ヘルムート・ミュラー=ブリュール(Helmut Müller-Brühl)指揮のケルン室内管弦楽団の演奏でハイドンの2本のホルンのための協奏曲、交響曲72番、ディヴェルティメント(カッサンシオン)の3曲を収めたアルバム。何れもホルンが活躍する曲。ホルンはエーリッヒ・ペンツェル(Erich Penzel)とウォルター・レクスット(Walter Lexutt)。収録は詳しいデータの記載がありませんが、おそらく1966年のもの。レーベルはCharlin(シャルラン)、アンドレ・シャルランという技術者のつくったレーベル。ワンポイント録音で録られた音源を数多く出しています。

ヘルムート・ミュラー=ブリュールといえばNAXOSレーベルからハイドンの交響曲集を何枚もリリースしているのでご存知の方も多いのではないでしょうか。ただしNAXOSレーベルへの収録は同じケルン室内管弦楽団との演奏ながら1990年代から2000年代の録音。30年以上の隔たりがあります。

ヘルムート・ミュラー=ブリュールは1933年生まれの指揮者。ヘルマン・アーベントロートに師事し、彼の創立したケルン室内管弦楽団の指揮者として活動を続けているとのこと。知名度が上がったのはやはりNAXOSのアルバムを通して。特にハイドンの交響曲はキビキビとしたリズムが特徴の正統派の名演としてお薦めできるもの。彼の1966年の演奏ということで33歳のころの録音になります。果たしてその出来は如何なるものでしょう。

Hob.VIId:2 / Concerto per 2 cors et Orchestre [E flat] (1762)
この曲はこの演奏を含めて3種の演奏しかありません。大宮真琴さんの「新版ハイドン」の巻末の作品リストでは消失曲と整理されていますが、曲の真贋のほどはわかりません。この辺のことは詳しい方の解説に譲ることにして、演奏のレビューに特化しましょう。
冒頭からクラシカルな音響ながら非常に鮮明な録音。高音は繊細というかちょっと薄め、低域は分厚い、ちょっとボンついた印象もある響き。序奏からオーケストラの音像が非常に鮮明に浮かび上がる独特の録音。演奏スタイルは古さを感じさせるものの、推進力は十分。2本のホルンは比較的前に定位して絶妙な掛け合いを聴かせます。響きはやや乾いた響きで潤いに欠ける感じもありますが気になるほどではありません。ワンポイント録音とは言われなくてはわかりませんが、良く聴くとこの録音、各楽器の定位感が抜群にいいことがわかります。現代のワンポイント録音の自然な音響とはかなり印象が異なりますが、確かにワンポイントらしい音場です。ミュラー=ブリュールのコントロールは後年のNAXOSの録音と同傾向の印象もありますが、音響の違いが音楽の印象を大きく変えており、ちょっと聴くと同じ指揮者の演奏とは気づかないと思います。
アダージョはハイドンのコンチェルトとしては非常に珍しい音調で入ります。ホルン2本の悲しげなメロディーからはじまり、そのメロディーが弦楽器に引き継がれ、途中かなり印象的な転調を経て一貫して穏やかなメロディーを続けます。ホルンは音色が良くそろってテクニック的には申し分ありません。協奏曲としてはテクニックを誇示する部分は少なく、むしろ2本のホルンの掛け合いにポイントを絞った曲。
フィナーレは落ち着いたリズムにのってことさら盛り上がりや推進力を聴かせるわけではなく、律儀にキレを聴かせるというタイプ。最後は流石に力が入って終了。

Hob.I:72 / Symphony No.72 [D] (before 1781)
冒頭からホルン大活躍の曲。番号は後半ですが作曲年代は1960年代はじめと想定され、シュトルム・ウント・ドラング期のだいぶ前の曲。うら悲しい雰囲気はまだ降りてこず、純音楽的な構成。
1楽章は前曲同様優秀な録音を通して、ホルンがくっきりと隈取りを描く晴朗な旋律の魅力溢れる演奏。かなり高度なテクニックを要求するようなホルンの旋律ですが、難なくこなしていきます。2本のホルンの掛け合いはここでも見事。ミュラー=ブリュールのコントロールは落ち着いて立体的な音響を構築する感じ。
2楽章のアンダンテも落ち着き払った冷静沈着な演奏。響きが豊かな録音故音自体が活き活きしており、覚めた感じは皆無。淡々とした演奏がかえって豊かな音楽を表現しているような演奏。ヴァイオリンとフルートが際立った存在感。
メヌエットはビロードの肌触りのような弦楽器の最初の音が秀逸。他の楽章と差別化して舞曲風な感じの演奏というわけではなく、前楽章からの連続したトーンで入るので、非常に自然な入りと自然なフレージング。続くフィナーレもアンダンテなせいか、テンポもフレージングも前楽章からそのまま続いているような連続性。交響曲の起承転結よりも自然な連続性をポイントにしている演奏とみました。しっとりと変奏を重ねて音響的にではなく音楽的に次第に盛り上がるかんじがじわりと伝わります。最後は変奏の総決算のような盛り上げ方で終了。なかなか個性的な演奏ですね。

Hob.II:D22 / Cassatio (Divertimento) [D] (1761-65)
最後はこちらもホルンが活躍するディヴェルティメント。この曲はアブ・コスターのアルバムで鮮明な記憶が残っています。コスターの鮮明なホルンの演奏の印象からすると録音の古さは否めませんが、逆に味わい深い演奏とホルンのテクニックはコスター盤に劣ることはありません。コスター盤は同じアルバムに収められたホルン協奏曲を以前取りあげています。

2010/09/29 : ハイドン–協奏曲 : アブ・コスターのホルン協奏曲

5楽章構成のこの曲、2本のホルンと弦楽合奏によるのどかな音楽。2楽章と4楽章にメヌエットをはさみ、3楽章がアダージョ。弦楽器の線の細い響きとホルンの豊かな響きのコンロラストが独特の雰囲気。ミュラー=ブリュールはここでも冷静かつ穏やかなコントロール。淡々とした演奏の醸し出す音楽が雰囲気を盛り上げます。後半はすこしテンポが下がりキレが薄れてくる印象もありますが、優しい曲調とホルンの音色が相俟って忘れ難い印象を残す曲でもあります。

ここ最近のNAXOSレーベルへの録音で知られるヘルムート・ミュラー=ブリュールとケルン室内管弦楽団の演奏によるハイドンのホルンが活躍する曲をあつめたアルバム。シャルランの素晴らしいワンポイント録音によって時代を超えた魅力を放っています。評価は3曲とも[++++]とします。録音による音響のちがいで、最近の演奏とはかなり違った傾向の演奏に聴こえますが、音楽のエッセンスは変わらない気がします。NAXOSの交響曲もそのうち取りあげなくてはなりませんね。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ホルン協奏曲 交響曲72番 ディヴェルティメント ヒストリカル 2つのホルンのための協奏曲

ジョシュア・リフキン指揮カペラ・コロニエンシスのホルン信号、72番

今日は交響曲のマイナー盤。

Rifkin.jpg
amazon

ジョシュア・リフキン(Joshua Rifkin)指揮のカペラ・コロニエンシスの演奏でハイドンの交響曲31番「ホルン信号」と72番の2曲を収めたもの。収録は1993年2月21日から28日、ドイツ北西部、ドルトムントの近郊の街ハムのマクシミリアン公園の祝祭ホールでのセッション録音。

ジョシュア・リフキンは、日本ではバッハの声楽曲の演奏で知られているのではないでしょうか。私は名前は知っていたものの、このアルバムではじめてしっかり聴いた方です。1944年ニューヨーク生まれのアメリカの指揮者で、ピアニストでもあり、音楽学者でもあるそうです。このように紹介すると堅物そうですが、さにあらず。映画「スティング」の音楽と言えば皆さんすぐに思い浮かぶと思いますが、その音楽「ラグタイム音楽」が世界中に広がるきっかけをつくった人でもあるようです。このあたりのことは下記のブログで触れられてますので、是非ご覧ください。

myラグタイム散歩:スコット・ジョプリンとジョシュア・リフキン

オケのカペラ・コロニエンシスは1954年にWDR(西ドイツラジオ)によって設立されたオーケストラ。現在はWDRからは独立しているようですが、支援は継続されているようです。あんまりそう聴こえませんでしたが古楽器オケとのこと。レパートリーはバロック音楽からロマン派まで含まれ、古楽器にも関わらずワーグナーまで取りあげています。現在はハイドンを得意にするブルーノ・ヴァイルが音楽監督を務めています。歴代の指揮者はフェルディナント・ライトナー、ウィリアム・クリスティー、ジョン・エリオット・ガーディナー、そしてこのアルバムの指揮を務めるジョシュア・リフキン、そして1997年からは現監督のブルーノ・ヴァイルに。オーケストラのホームページをいつものように紹介しておきましょう。

Cappella Coloniensis(英文)

さて、レビューに入ることに致しましょう。

交響曲31番「ホルン信号」(Hob.I:31)1765年作曲
いきなりかなり速めのスピード。爽快な入りです。テンポの変化はそれほどではありませんが、一貫して爽快感漂う速めのリズム。演奏の生気もなかなかのもの。解釈としては斬新な感じはあまりありませんが、それを補ってあまりある活き活きとした活気。ホルン信号の1楽章は活気勝負でしょう。ホルンは炸裂感はほどほどながら音色の美しさは見事なもの。
2楽章は瑞々しいヴァイオリンソロが印象的。もちろんホルンの柔らかい響きも絶品。素朴さが非常にいい感じ。オケの技術は正確そのもの。溜めはほとんどなくミネラルウォーターの爽やかさのような感じ。特段素晴らしいフレージングという印象ではないんですが、聴いているうちに味わい深さが沁みてくる感じといえばいいでしょうか。
3楽章も軽やかなテンポが素晴らしい楽章。一貫して練らない爽やかさが効いてます。バッハのスペシャリストゆえ小細工無用との達観があってのこの素晴らしさなんでしょうか。前記事のアッカルドのヴァイオリン協奏曲がまるでパガニーニのようだったのに対し、この曲はまるでバッハの曲のような淡々とした進行。指揮者や独奏者のコントロールの影響の大きさを思い知らされます。
そしてフィナーレは諦観のような心境すら感じさせる力の抜けたメロディーからこれまでのおさらいのような曲調のメロディーを経て、7つの変奏を順に奏でていきます。録音は時代を考慮すると十分自然ないい録音。入れ替わり立ち替わり現れる楽器がどれも素晴らしいリズム感。素朴な演奏ながら飽きさせない魅力ももっており、純粋にハイドンの書いた音楽にどっぷり浸かることができます。なかなかの出来。

交響曲72番(Hob.I:72)1763年~65年作曲
番号は後半ですが、おそらくホルン信号よりも前に作曲された曲。落ち着いたメロディーから入る序奏。この曲もホルンが活躍。こちらの曲も表現は穏やかなものと聴こえますが、ホルンの轟きとオケの覇気はなかなかなもの。1楽章は名演ですね。じっくり語りかけてくるような魅力に溢れた演奏。最後はホルンの号砲で閉じます。
2楽章のアンダンテは非常に変わった曲想。楽器の間をメロディーをバトンにして引き継いでいくような素朴な曲。フルートの美しい響きを堪能できる楽章。ヴァイオリンとフルートの穏やかな掛け合いが聴き所。
3楽章のメヌエットは素晴らしい活気。非常に動的な演奏。これまでの穏やかさが嘘のようによく弾む曲想。どうしたことでしょう。ホルンがこだまするような部分は非常にいい響き。
終楽章はホルン信号同様変奏曲。この曲はじっくり変奏を重ねていく名演奏。面白いストーリーの物語をゆったり読んでいくような変化に富んだおもしろい曲。めったに聴かない曲ですがなかなかの展開です。地味ながら終楽章の面白さはかなりのもの。最後に渾身の力で曲を閉じるあたりもなかなかの迫力。この演奏は気に入りました。

このアルバム、演奏は派手なところは皆無ですがハイドンの交響曲の面白さの演出が抜群で、非常に楽しめました。評価は両曲とも[+++++]としました。ハイドンの交響曲が好きな方必聴のアルバムです。こうゆうアルバムこそハイドン好きな方に聴いていただきたいですね。

さて、今日も帰るのが遅かったのですが、ハイドンの真髄を良く知る通なブログの読者の方から、メールをいただき、CDを貸し出したものが帰ってきました。送った時と同じ箱をあけると、、、

IMG_1637.jpg

佃煮などが入ってました! ありがとうございます。
こんなニッチなブログの読者の方は大切にしなくてはなりません。CDの貸し出しくらいでお土産までいただいて恐縮でございます。こちらはハイドンの良さを多くの人に知っていただければよいくらいのノリでやってますのでこんなお気遣いをいただいてビックリです。今後ともよろしくお願いいたします。明日メールします!(私信モードですいません)

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ホルン信号 交響曲72番 古楽器 おすすめ盤

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
スクロールできます。

弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103古楽器ピアノソナタXVI:378人のへぼ仕立屋に違いないファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:31ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:46アレグリモンテヴェルディ東京オペラシティパレストリーナバードタリスすみだトリフォニーホール天地創造ライヴ録音ピアノ協奏曲XVIII:11マーラーストラヴィンスキー弦楽四重奏曲Op.9アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:48告別ヒストリカル交響曲1番交響曲97番ピアノソナタXVI:39美人奏者四季交響曲12番迂闊者交響曲70番東京芸術劇場太鼓連打ピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:4アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:3バリトン三重奏曲SACDスコットランド歌曲ディヴェルティメントヴェルナーガスマンモーツァルトシューベルトベートーヴェンLPピアノソナタXVI:38哲学者ラメンタチオーネ交響曲80番交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲46番交響曲35番交響曲51番ヴァイオリン協奏曲協奏交響曲DVDピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:52交響曲47番十字架上のキリストの最後の七つの言葉テレジアミサピアノソナタXVI:34ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:20アリエッタと12の変奏XVII:3サントリーホール帝国ラ・ロクスラーヌ皇帝弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ピアノソナタXVI:50五度ラルゴピアノ三重奏曲日の出ひばり弦楽四重奏曲Op.64チェロ協奏曲ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33リヒャルト・シュトラウス軍隊騎士弦楽四重奏曲Op.74弦楽四重奏曲Op.20交響曲17番ピアノソナタXVI:27ピアノソナタXVI:1シベリウス武満徹交響曲4番無人島交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号交響曲19番弦楽四重奏曲Op.55弦楽四重奏曲Op.54王妃交響曲87番交響曲86番フルート三重奏曲トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:25驚愕時計ロンドンリュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナ英語カンツォネッタ集アレルヤピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ホルン協奏曲ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲81番交響曲78番交響曲79番交響曲99番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードドイツ国歌モテットオフェトリウムカノンスタバト・マーテルピアノソナタXVI:42弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールクラヴィコードパッヘルベル弦楽四重奏曲Op.17交響曲102番アダージョXVII:9受難ピアノソナタXVI:35パリセット交響曲84番ブーレーズベルク交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41ショスタコーヴィチ交響曲68番交響曲57番オーボエ協奏曲リラ・オルガニザータ協奏曲悲しみリーム交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10奇跡交響曲34番交響曲18番交響曲77番温泉フルートソナタ交響曲98番ドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生交響曲93番音楽時計曲ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストシェーンベルクピアノソナタXVI:14オーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノピアノソナタXVI:2ヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場マリア・テレジア裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場弦楽四重奏曲Op.2皇帝讃歌交響曲24番小オルガンミサ大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番交響曲10番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD剃刀ドビュッシー交響曲28番交響曲13番交響曲95番交響曲62番変わらぬまこと交響曲108番交響曲107番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲9番交響曲3番交響曲2番スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤン弦楽三重奏曲スウェーリンク書籍交響曲65番ニコライミサ交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽Blu-ray狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2016年9月のデータ(2016年9月30日)
登録曲数:1,361曲(前月比+3曲) 登録演奏数:9,608(前月比+87演奏)
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
112位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
7位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ