【新着】ジョヴァンニ・アントニーニの交響曲全集第6巻(ハイドン)

全集に向けた取り組みが順調に進んでいます。

AntoniniVol6.jpg
TOWER RECORDS / amazon / HMV&BOOKS onlineicon

ジョヴァンニ・アントニーニ(Giovani Antonini)指揮のバーゼル室内管弦楽団(Kammerorchester Basel)の演奏で、ハイドンの交響曲3番、26番「ラメンタチオーネ」、79番、30番「アレルヤ」の4曲を収めたCD。このアルバムはアントニーニによるハイドンの交響曲全集の第6巻。収録は2017年3月2日から7日にかけてスイスのバーゼル近郊のリーエンという街にあるランドガストホフ・リーエンでのセッション録音。レーベルはレーベルはouthereグループのALPHA-CLASSICS。

このシリーズはこれまでに全巻取り上げています。

2017/11/22 : ハイドン–交響曲 : 【新着】ジョヴァンニ・アントニーニの交響曲全集第5巻(ハイドン)
2017/04/18 : ハイドン–交響曲 : 【新着】イル・ジャルディーノ・アルモニコの交響曲全集第4巻(ハイドン)
2016/10/09 : ハイドン–交響曲 : 【新着】イル・ジャルディーノ・アルモニコの交響曲全集第3巻(ハイドン)
2015/06/08 : ハイドン–交響曲 : 【新着】イル・ジャルディーノ・アルモニコの交響曲全集第2巻(ハイドン)
2014/11/08 : ハイドン–交響曲 : 【新着】イル・ジャルディーノ・アルモニコの交響曲全集第1巻(ハイドン)

リリースは安定して続いていますが、今回取り上げる第6巻からアルバムの輸入元がマーキュリーからナクソスジャパンに変わっています。輸入元が変わると何が変わるかというと、以前のマーキュリーのパッケージには白沢達生さんの非常に詳しい解説の翻訳が付いていて、それが魅力だったんですね。ナクソスジャパンのパッケージはタイトルととアルバム内容が書かれたカバーがつけられているだけ。このシリーズは装丁、アートワーク、解説が充実しているだけに、今回の変更は資本の論理でしょうが残念なものですね。どうして変更されたのかと調べてみると旧輸入元のマーキュリーのウェブサイトを確認してみると、サイトが繋がらなくなっていますね。充実した訳と解説が気に入っていただけに残念ですね。

さて、このシリーズについてと奏者についてはこれまでの巻の記事をご覧ください。前巻からオケがバーゼル室内管に変わり、今回もバーゼル室内管。アントニーニの圧倒的なコントロールはオケの違いを感じさせないもので、演奏はキレキレで変わらず。

Hob.I:3 Symphony No.3 [G] (before 1762)
いきなり耳をつんざくようなヴァイオリンの響きにびっくり。この初期の曲から鋭利な響きを引き出すセンスに驚きます。先日のアルトシュテットの振るハイドンフィルもそうですが、古典期の曲をアヴァンギャルドなセンスでまとめる見事な手腕。アルバムの1曲目に挨拶がわりに置く選曲も見事です。けたたましい響きながらスリリングさが勝る1楽章のアレグロ。そして続くアンダンテ・モデラートは厳かささえ感じるほどにレガートを効かせて抑えてきます。メヌエットは舞踊より覇気が勝るキレキレなもの。弦のキレ味にホルンのリズム感の良さが印象的。そしてフィナーレは速いパッセージの連続波状攻撃に痺れ気味。この小曲が見事な仕上がり。

Hob.I:26 Symphony No.26 "Lamentatione" 「ラメンタチオーネ」 [d] (before 1770)
アルバムタイトルもラメンタチオーネということで、メインとなる曲。予想通り1楽章はかなり速めのテンポで、仄暗さが勢いで吹き飛びそう。そう、このスリリングさがハイドンに生気を吹き込んでいるんですね。伴奏に回るヴァイオリンの音階が控え目ながらクッキリと浮かび上がる精緻なアンサンブル。そして波が繰り返し寄せてくるように盛り上がります。速いばかりではなく、フレーズの彫り込みの深さでこの1楽章の魅力を浮かび上がらせます。そして聴きどころのアダージョはこちらも予想通り抑えてきました。独特の雰囲気のあるメロディをあえて平板に表現することでアルカイックな印象が強まります。狭い音量さの中でも耳を澄ますとこのメロディー自体の美しさが心にじわりと沁みてきます。そしてメヌエットも前曲の覇気とは異なり八分のキレで優雅さを残し、最後に仄暗さのうっすらとした余韻を残す巧みな設計。

Hob.I:79 Symphony No.79 [F] (before 1784)
だいぶ時代は下って、朗らかな明るさを持った曲ですが、ただ朗らかに演奏するわけもなく、明るく屈託のないメロディにキレ味鋭い装飾を施してきます。パリセット直前の目立たぬ存在だったこの曲の面白さを再発見した気分。ワクワクするような見事な推進力をちりばめ、千変万化する表情を繰り出す手腕に魔法にかかったよう。転調しながら次々展開していく曲想を追いながらいつも通りハイドンのアイデアにも感心しきり。かなり大胆な音量コントロールが実に効果的。色彩感と躍動感が溢れる秀演。続くアダージョ・カンタービレはつぶやくようにトボトボとしたメロディーの面白さを強調するためかメロディを抑えて木管やホルンの柔らかい音色でアクセントを浮かび上がらせ、ヴァイオリンの繊細さを引き立てるコントラスト。後半のウン・ポコ・アレグロで弦のソリッドな音色が出てくることを想定した演出でしょう。3楽章のメヌエットはこれまでの曲で最も舞曲らしいもの。そしてフィナーレは実に軽やかな入り、と思った瞬間展開部に入ると牙を剥き、弦の表情の使い分けの多彩さを印象付けます。ハイドン自身もこれだけの表現の幅は想像できなかったでしょう。見事です。

Hob.I:30 Symphony No.30 "Alleluja" 「アレルヤ」 [C] (1765)
最後の曲。どの曲も新鮮に響きますが、このリズミカルなアレルヤの入り、古楽器の演奏は数あれど、このニュアンス豊かな表現は新時代のもの。楽器の音色で聞かせた初期の古楽器演奏とは異なり、古楽器の音色の幅を駆使して、色彩感も推進力もキレも伴い実に豊かなイメージを描いていきます。弦楽器の表現力は前曲同様。特に木管とホルンの巧みなコントロールは神業レベル。おまけに構成感も完璧で引き締まった1楽章。アンダンテは抑えた弦とクッキリと浮かび上がる木管などによるコントラストが再来。木管の響きの美しさ、とりわけフルートが見事な演奏。そしてフィナーレは比較的おおらかな響きで入りますが、徐々にキレを垣間見せ、語り口の巧さを見せつけます。最後はオーソドックスにまとめてきました。

ジョヴァンニ・アントニーニ指揮のバーゼル室内管によるハイドンの交響曲全集の第6巻。この巻も非常にレベルの高い仕上がり。アントニーニのキレ味鋭いコントロールと、多彩な表現力で時代をまたぐ4曲を巧みに料理して、どの曲も抜群に面白い出来。素晴らしい才能の持ち主ですね。このシリーズは冒頭にも書いたように、アートワークも装丁も素晴らしく所有欲を満たすもの。次の巻のリリースが待ち遠しいですね。もちろん評価は全曲[+++++]とします。



にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲3番 ラメンタチオーネ 交響曲79番 アレルヤ 古楽器

【新着】ダントーネ/アッカデーミア・ビザンティーナの交響曲78番〜81番(ハイドン)

今日は巷でちょっと話題のアルバムです。

Dantone7881.jpg
TOWER RECORDS / amazon / ローチケHMVicon

オッターヴィオ・ダントーネ(Ottavio Dantone)指揮のアッカデーミア・ビザンティーナ(Accademia Bizantina)の演奏による、ハイドンの交響曲78番から81番までの4曲を収めた2枚組のアルバム。収録は78番と80番が2015年9月6日から9日、79番と81番が6月30日から7月3日、イタリア中部のアドリア海沿いの街ラヴェンナ近郊のバニャカヴァッロ(Bagnacavallo)のテアトロ・ゴルドーニ(Teatro Goldoni)でのセッション録音。レーベルは英DECCA。

ハイドン愛好家の方ならすでにご存知だと思いますが、このアルバム、オッタヴィーオ・ダントーネとアッカデーミア・ビザンティーナがハイドンの交響曲全集の録音を発表した直後にリリースされた先行発売盤。

ご存知のようにDECCAは、傘下のL'OISEAU-LYREレーベルにホグウッドとAAMによる交響曲全集のプロジェクトを進めていましたが、ほぼ八割ほどの録音を残して頓挫。しかもホグウッドは2014年に亡くなってしまいました。また、近年素晴らしい録音でこちらも全集を目指していたトーマス・ファイ率いるハイデルベルク交響楽団の方も22枚のアルバムをリリースしたところでファイの大怪我により全集を断念したというニュースが多くのハイドンファンを悲しませました。

そんな状況の中、ダントーネがハイドンの交響曲全集を録音するとの発表があり、しかも短期間で録音して全集としてリリースするとの情報ということで、一気に注目を集めています。ハイドンの交響曲全集はジョバンニ・アントニーニとイル・ジャルディーノ・アルモニコが2032年までかけて徐々に全集を録音するというプロジェクトもあり、ハイドンの魅力が徐々に市場に広がる萌を感じます。

さて、肝心のダントーネですが、ハイドンの録音はL'OISEAU-LYREレーベルから協奏曲集を1枚リリースしており、以前取り上げています。

2010/09/06 : ハイドン–協奏曲 : ダントーネのハープシコード協奏曲

記事を読んでいただければわかるとおり、このアルバム、とんがった演奏でちょっと力任せすぎるところがあり、あまりいい印象を持ちませんでした。今回交響曲のアルバムをレビューするにあたって、今一度聞き直してみましたが、レビュー時の印象ほど強くはありませんが、やはり力みというか創意が先行しすぎてちょっとギクシャクするという印象は抜けませんでした。

ということで、ダントーネ、ハイドンの交響曲全集という大山脈に挑むにあたり、非常に地味な4曲を選んできました。82番からはパリセットであり、ハイドンの交響曲でも最もマイナーなところ。しかもこの4曲、ホグウッドが録音を残した最後の77番以降の4曲といういこで、DECCAのこの全集にかける執念のようなものも感じます。ダントーネ、どうくるのでしょうか。

Hob.I:78 Symphony No.78 [c] (1782?)
やはり力感に満ちた響きからきました。録音会場であるテアトロ・ゴルドーニはネットで調べるとごく小規模な伝統的な造りの歌劇場。おそらく残響はそれほどないであろう歌劇用の小空間ゆえ、録音はDECCA得意のオンマイクによるリアルなもの。同じ古楽器のホグウッドの繊細さとは異なり、迫力重視。古楽器オケゆえもう少し残響を生かしたほうが良いと思いますが、それでもリアリティと迫力重視の録音は悪くありません。心配された過度な力みはなく、適度な範囲で、オケのキレはまずまず。ダントーネらしく踏み込んだリズムのキレで聴かせる1楽章。
続くアダージョは、癒す方向ではなく、やはりリズムの面白さを強調するように緊張感を保った音楽。全集の最初を飾る録音だからか、リラックスしきっていない感じが残ります。一貫して低音弦の迫力重視の響き。
アダージョの余韻をそのまま引き継いでのメヌエット。オケの精度自体は素晴らしく、またしても低音弦が大活躍。
短調の独特のメロディーが印象的なフィナーレですが、ダントーネはオケを十二分にコントロールしてキレのよさで一気に聴かせます。力感は違和感をもよおすほどでもなく、適度な範囲。特徴的なメロディーをキーに変奏を重ねて、この小交響曲をまとめます。まだちょっとオケがほぐれていない感じ。

Hob.I:79 Symphony No.79 [F] (before 1784)
79番は古楽器オケでの初録音。録音日が異なるせいか、こちらの方がオケがリラックスしている感じ。晴朗なハイドンのメロディーをオケが楽しんで演奏している感じ。もちろんダントーネ流のキリリとした緊張感ある表情も保っていますが、躍動感が一段上がります。ハイドンの交響曲に特有な、実に楽しげに盛り上がる雰囲気がうまく出ていて、前曲とは対照的にノリがいい演奏。この頃のハイドンのキーになるメロディーを生かして曲をまとめる素晴らしい筆致が再現できています。曲が進むにつれてダントーネ流の音楽に慣れてきて、身を乗り出して聴くようになります。
2楽章はようやく力が抜けて、ゆったりとした癒しを感じる音楽が流れます。曲を楽しむ余裕を感じる演奏。秀逸なのが2楽章の後半。コミカルなメロディを実に軽いタッチで奏でて、この楽章の面白さが際立ちます。協奏曲集でみられた強引なところは見られず、ハイドンらしいユーモアをうまく引き出しています。
メヌエットは力がさらに抜けて、オーソドックスに近い表現。素直な演奏が曲の面白さを引き出します。そしてフィナーレは抑えた入りから、リズミカルに音楽が弾みますが、徐々にダントーネの棒にも力がみなぎり、オケもそれに応えて力感がみなぎっていきます。複雑に絡みあうメロディーを織り込みながらユーモラスに音楽をまとめます。

Hob.I:80 Symphony No.80 [d] (before 1784)
CDを変えて2枚目。1曲目の78番と同じ日の録音。短調で畳み掛ける激しい冒頭の入り。やはり少々リズムに硬さを感じますが、1曲目ほどではありません。うねるような音量のコントロールで聴かせどころをつくりますが、どこか力みが残っている感じですね。
短い1楽章のあとは10分以上かかるアダージョ。すこしオケがほぐれて、さらりとした表情で独特のメロディーを重ねていきます。徐々に盛り上げる手腕はなかなかのもの。音量を抑えた部分の描写が丁寧になり、音楽がしなやかさを増してきます。
メヌエットはリズムを適度なキレでまとめたオーソドックスなもの。微妙な強弱とフレージングでまとめます。
この曲の聴きどこはフィナーレ。ユニークな冒頭を発展させてオーケストラの機能美のデモンストレーションのように多彩な展開。途中リズムが重くなる場面もありますが、非常にユニークなこの楽章をコミカルに仕立てながら、オケを鳴らしきる手腕は確かなものがありますね。

Hob.I:81 Symphony No.81 [G] (before 1784)
最後の81番。冒頭からいい意味で力感みなぎる響き。オケが生気に満ちてキレ味抜群。これはいい。ダントーネの一番いいところが出た感じ。表現意欲に満ちた演奏ですが、過度にならずにオーケストラにエネルギーが伝わり、奏者全員の素晴らしい一体感を感じる音楽が流れだします。ファイの創意がめくるめく変化しながら炸裂する演奏とは少し違いますが、ハイドンの交響曲に潜むエネルギーを新たな解釈で発散させている感じ。
つづくアンダンテは穏やかな入り。中間部で鮮烈なキレを聴かせて変化をつけますが、表情は一貫して穏やか。くっきりとした対比が音楽に深みを与えます。
このアルバムで最もキレのいいメヌエット。音が立ってます。フレーズごとの表情の描き分けも見事。テンポと表情が次々と変わる面白さに引き込まれます。
そしてこれぞハイドンという痛快なフィナーレ。ダントーネのベストコンディションでの弾ける躍動感と推進力。つなぎの部分での騒めくような雰囲気も最高。ハイドンらしい機知に富んだ構成の面白さも万全に表現しています。最後はダントーネらしい灰汁の強さを感じさせますがくどい感じはせず、うまくまとめます。

ハイドンの交響曲全集の録音のリリースを前に先行発売された4曲ですが、危惧された力の入りすぎた演奏とはならず、流石に全集を意識してか、うまくまとめてきました。最後の81番はダントーネの最もいい部分が感じらえる秀演でした。私はこの81番と79番は気に入りました。この先行発売盤、曲によってムラはあるものの、ダントーネのいい部分もわかったので、おそらく多くのハイドンファンの方は全集がリリースされれば購入することでしょう。そういう意味では先行発売した意味があったということになりますね。評価は81番、79番が[+++++]、他2曲は[++++]とします。

全集は今年中にはリリースされると発表されていますので、リリースを楽しみに待つことにいたしましょう。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲78番 交響曲79番 交響曲80番 交響曲81番

ニコラス・ウォード/ノーザン室内管の77番、78番、79番

最近何枚か取りあげている、NAXOSの交響曲集。

Ward77.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

ニコラス・ウォード(Nicholas Ward)指揮のノーザン室内管弦楽団(Northern Chamber Orchestra)の演奏でハイドンの交響曲77番、78番、79番と渋めの選曲。収録は1995年9月23日、24日、イギリス、マンチェスターの新放送センターのコンサートホールでのセッション録音。

ニコラス・ウォードはNAXOSの交響曲全集でも好きな指揮者の一人。以前26番「ラメンタチオーネ」を含むアルバムを当ブログで取り上げ、Haydn Disk of the Monthにも選定した名盤。その記事はこちら。

2010/12/14 : ハイドン–交響曲 : 【ブログ開設1周年記念】ニコラス・ウォードのラメンタチオーネ

ウォードの紹介は上のリンク先をご覧ください。ウォードの演奏は一言で言えばハイドンの現代楽器の演奏の原点の様な演奏。自然でハイドンの演奏の悦びに溢れていて、安心して身を任せて聴くことができる演奏。特段の踏み込みはないんですが、逆に音楽が吹き出してくるような実に慈しみ深い演奏。

今日このアルバムを選んだのは、NAXOSの交響曲全集の整理をしていると、ウォードが担当した1992年から93年にかけて録音された全集のVol.6からVol.10までの5枚からぽつんと離れて、1枚だけ1995年に録音されたこのアルバムがVol.20としてリリースされており、ちょっと聴き直してみたくなったから。

Hob.I:77 / Symphony No.77 [B flat] (1782?)
中野博詞さんの「ハイドン復活」などによると、ヴァントが得意とするこの前の76番交響曲とこの後の78番との3曲セットで1782年ごろに作曲されたもの。ハイドンがロンドン旅行を計画し、「イギリス紳士の音楽趣味をも考慮して作曲した」とされ、「美しく華やかで、しかも長すぎない三つの交響曲」として作曲されたとの事。ウォードの演奏はまさにこの言葉を地でいくようにイギリス趣味のさっぱりとしながらも気高い感じの演奏。中庸なテンポ、柔らかいオケの響き、そして自然な響きながら生気が満ちて幸福感満点。ホルンのとろけるような響きが加わりえも言われぬような気分。フレーズ間の間をたっぷり取る事で非常に落ち着いた展開。転調して展開するところも音楽の面白さのツボを抑えたコントロール。1曲目からウォードの術中にハマります。この中期の地味な曲の真髄をえぐる演奏。NAXOS交響曲全集の白眉と言っていいでしょう。ヴァントの76番に劣らぬ素晴らしい感興。
2楽章は弱音器付きのヴァイオリンの音色が美しいメロディーラインを奏でます。シュトルム・ウント・ドラング期のような濃い情感ではなく、どことなく爽やかさが漂うのがこの時期の特徴でしょうか。ウォードはここも自然さを保って、まさにこうしか演奏できないでしょうという説得力。
3楽章のメヌエットは弦のキレとアクセントの面白さがポイントの曲。
フィナーレは弾むメロディーを慌てずじっくり弾きこなしていきながら、徐々に興奮のピークを演出していきます。もはや曲を完全に掌握した上で自在にコントロールする感じ。フィナーレ盛り上げ方を聴いていると、まさに勝手知ったる自宅の庭を手入れするような完全にすべてを掌握して進める感じ。他のウォードのアルバムより録音が新しい分、多少明晰さもアップしています。NAXOSのアルバムの自然な録音は質が高いですね。これ以上の録音は必要ないと思わせる完成度があります。

Hob.I:78 / Symphony No.78 [c] (1782?)
短調の畳み掛けるメロディーラインからはじまる曲。冒頭からエネルギー感溢れる演奏。ツボははずしません。メロディーラインの美しさだけでなく、途中のアクセントの険しさはなかなかのもの。オケの秩序を乱しかねないくらいムチを入れているようで、オケもそれに応えて迫真の演奏。格別な生気が宿ります。
一転して慈しみ深い和音からはじまるアダージョ。前楽章の火照りを鎮めるような楽章。途中から短調に転調して、ハッとさせられますが、ウォードの演奏はその辺の変化を実に上手くコントロールして、やはり曲をこれ以上に上手く演出することは出来そうもないほどの説得力をもっています。かなりのダイナミックレンジにも関わらず、非常に自然な演奏。シンプルなメロディが様々に絡み合って非常に面白い効果をあげている様子が手に取るようにわかります。
前曲とはまた異なる面白い曲想のメヌエット。導入部も面白いのですが中間部が実にユニーク。ベースになるメロディーが変化して全く異なる曲想にからまれ、また戻るという感じ。
フィナーレも実にユニーク。いたずらっ子が走り回るような曲想。これは聴いていただかなくてはわかりませんね。78番は非常にユニークな曲。ここでもウォードは完璧な演奏。

Hob.I:79 / Symphony No.79 [F] (before 1784)
この曲は好きな曲。1784年頃の作品。ハイドンの交響曲の晴朗流麗な魅力が満ちた素晴らしい曲。ウォードは勘所をびしっと押さえてバランス感覚溢れる素晴らしい演奏。ハイドンファンの気持ちをぐっとたぐり寄せる演奏。演奏の美しさに鳥肌がたち動けなくなるような感覚に襲われるほどの素晴らしい演奏。晴朗さに脳内のアドレナリン噴出。後半様々に変化するメロディーがハイドンの筆の冴えを物語ります。
2楽章はヴァイオリンの奏でるメロディーと木管、ホルンの掛け合いによるくつろいだ曲。後半は速い曲になりますが、その変化と巧みなアクセントコントロールは室内オーケストラとしては最高のセンスとテクニックを聴かせます。
続いてどの曲にも似ていないメヌエット。フルートの奏でる旋律が弦に重なって響きに彩りを加えます。
フィナーレはイギリス趣味でしょうか、おさえて滑稽なメロディーを繰り返した入りから展開したところで、力をはじめて見せ、再び押さえたメロディーに戻り、その繰り返しで音楽が深まっていきます。ここでも間をしっかりとることで、音楽をキリッと引き締めます。この曲も名演。

ニコラス・ウォードによるハイドンの中期交響曲集。地味な存在の3曲ですが、それを極上の演奏で素晴らしく聴き応えのある曲として見事に演奏しています。やはりウォードの魅力はハイドンの曲の真髄をつく自然なコントロール。ただ自然なだけではなく、良く聴くと緻密なフレージングとメリハリのコントロール。技術に裏付けられた緻密さと言っていいでしょう。評価はもちろん3曲とも[+++++]につけ直します。やはりウォードのハイドンは絶品です。NAXOSでは先日とりあげた、パトリック・ガロワ、ケヴィン・マロンが透明感溢れる見事なコントロールで色彩感溢れる素晴らしい演奏を聴かせていますが、ウォードはこれとは異なり、オーソドックスなアプローチです。オーソドックスとはいえ、類いまれな説得力を持ち、ドラティやヴァントなどとならぶ素晴らしい演奏になっています。まだ聴かれていない方、必聴です。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲77番 交響曲78番 交響曲79番 ハイドン入門者向け 交響曲全集

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

古楽器ラメンタチオーネアレルヤ交響曲3番交響曲79番チェロ協奏曲1番オックスフォード驚愕交響曲88番交響曲19番交響曲58番交響曲27番アンダンテと変奏曲XVII:6ショスタコーヴィチベートーヴェン紀尾井ホールラヴェルストラヴィンスキードビュッシーピアノ三重奏曲ミューザ川崎LP協奏交響曲オーボエ協奏曲日の出ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:38サントリーホールスタバト・マーテルピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:37ブルックナーマーラー十字架上のキリストの最後の七つの言葉ヒストリカル交響曲90番告別交響曲97番交響曲99番交響曲18番奇跡ひばり弦楽四重奏曲Op.64フルート三重奏曲悲しみ交響曲102番モーツァルト交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者小オルガンミサミサブレヴィスニコライミサ交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23王妃ピアノソナタXVI:52ライヴ録音SACD武満徹チェロ協奏曲交響曲80番交響曲全集交響曲81番交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかり騎士オルランド無人島Blu-ray東京オペラシティ交響曲9番交響曲12番交響曲11番交響曲10番ロンドン太鼓連打交響曲15番交響曲4番交響曲2番交響曲1番交響曲37番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:5天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:7ロッシーニドニぜッティライヒャピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3シェーンベルク東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4バードタリスアレグリパレストリーナモンテヴェルディすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6美人奏者四季迂闊者交響曲70番アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:4バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーシューベルト交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲51番交響曲46番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌ弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオオフェトリウムモテットドイツ国歌カノン弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ブーレーズベルク主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生音楽時計曲ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲107番交響曲62番変わらぬまことジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
111位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
11位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ