ギュンター・ヴィッヒ(ウィッチ)/南ドイツ室内フィルのパリセット(ハイドン)

本日は七夕。出会いはあるものです(笑)

GuntherWich82.jpg

ギュンター・ウィッチ(Günther Wich)指揮の南ドイツ室内フィルハーモニー(Süddeutsche Kammerphilharmonie)によるハイドンの交響曲82番「熊」、83番「雌鶏」、84番のパリセット前半3曲を収めたアルバム。収録はPマークが1974年と記載があるのみでわかりません。レーベルはなんだかよくわからない廉価盤を多数リリースするINTERCORD。

このアルバム、ちょっと前に新宿ディスクユニオンの店頭で見かけて、所有盤にないということで何気なしに手に入れたもの。さも廉価盤然とした造りが気になるところですが、パリセットについてはヒュー・ウルフやリボール・ペシェクなどの古くからリリースされている廉価盤にもいい演奏が多いという体験的知識から、躊躇せずに入手したもの。結果的にこの判断は正しかったです。1曲目の熊から聴き始めましたが、録音年代なりのそこそこキレのいい演奏という感じでした。ただし、聴き進めていくにつれ、演奏の熱気とキレが徐々に増してくるではありませんか。2曲目の雌鶏、そして3曲目の84番はなかなかの名演です!

さて、いつものように指揮のギュンター・ウィッチについて調べてみますが、カペラ・コロニエンシスを振ったアルバムなどが何枚かひっかかるほか、あまり中身のある情報に出会えません。リリースされたアルバムの数は少ないわけではありませんので、そこそこの実力者とみていいと思いますが、具体的な情報はわからずじまい。ということで、演奏を虚心坦懐に聴くことにいたします。

Hob.I:82 Symphony No.82 "L'Ours" 「熊」 [C] (1786)
録音は年代なりで、若干古めかしい印象はあるものの鮮明な範疇に入るでしょう。くっきり鮮明ながら泰然としたオケの入り。オーソドックスとはこの演奏のことでしょう。適度な力感、十分なメリハリ、バランス感覚のある進行となかなかの演奏。せせこましくもなく、何回か聴くうちにオーソドックスな演奏の魅力に引き込まれます。覇気あふれる1楽章、穏やかながら規律を感じさせるアンダンテ、ゆったりとオケを鳴らして進むメヌエット、そして熊のニックネームとなったフィナーレの適度にユーモラスな展開。このバランス感覚は見事ですね。普通どこか響きやリズムにこだわりがあって個性を出したくなるものですが、曲にもともと備わる面白さを表現することのみに徹するある意味達観したコントロール。

Hob.I:83 Symphony No.83 "La Poule" 「雌鶏」 [C] (1785)
基本的に熊同様、オーソドックスな演奏ですが、この曲の1楽章の弦楽器によるメロディーの切れ込みが素晴らしく、かなりの迫力。この曲も演奏によっては灰汁の強い演奏となりがちですが、ウィッチのバランス感覚があって、平常を保ちながら曲の面白さを引き立てる構成が成り立っている感じ。1楽章から一歩踏み込んだ印象。そして美しいアンダンテに入るとテンポは落とさないのに妙にリラックスした気分にさせるしっとりとした演奏。オケの反応も俊敏で、オーソドックスながら緊張感のある素晴らしい流れになっています。よく聴くと弦楽セクションのメロディーが研ぎ澄まされて見事な立体感。小気味好いテンポの中でのこの立体感、絶品です。つづくメヌエットは対比を明確にするためか、リズムをすこし鈍らせ、ゆったりとした表情でメロディーの美しさをに光を当てているよう。さりげないのに実に表情豊か。フィナーレはメヌエットを受けてか、すこしゆったりとした入りから、徐々にオケが力を帯びて、特に弦楽器のキレを印象付けてコントラストつけます。曲は最後まで落ち着きを保って、この曲でもバランス感覚の見事さを見せつけます。

Hob.I:84 Symphony No.84 [E flat] (1786)
このアルバムの白眉。バランスの良い序奏から弦楽器がくっきりとキレよくメロディーを刻んでいき、冒頭からグイグイ引き込まれます。ウィッチは完全にこの曲を読み解いて自身の音楽にしています。この1楽章は見事。これほど音楽がいきいきと躍動しながら、しかもまとまりよく秩序を感じさせるとは。音楽に合わせて自然に体が動いてしまうほど。見事すぎます。ハイドンの仕組んだ翳りと躍動の対比に圧倒されます。そして癒し満点のアンダンテ。やさしい音楽が心に沁みます。中間部の展開を挟んで再び癒しに包まれるところの装飾音のなんというさりげなさ! ウィッチのコントロールの見事さに完全にやられてます。8分以上ある長い楽章ながら聴きごたえ十分。この曲のアンダンテがこれほど深い音楽だったとは。まさに至福。メヌエットも余裕ある音楽で適度に折り目正しい演奏からわきあがる自然な詩情がたまりません。そしてフィナーレ。最初のフレーズからテンポを上げるのではなく、ちょっと前楽章の受けのような部分を作って徐々にフィナーレのペースに持ち込む抜群のセンス。曲が進んでいくにつれて音楽が徐々に躍動していく匠の技。このフィナーレをゆったりと運んで聴かせどころを作るという逆転の発想。力もいい具合に抜けているからこそのこの雰囲気でしょう。この曲の楽譜からここまで見えるとは酔眼でしょう。これまた見事でした。

ギュンター・ウィッチという指揮者によるハイドンのパリセット前半3曲を収めたアルバム。なんとなく名演を予感させるオーラを感じたわけですが、予感的中でした。このアルバム、数は結構出回っているのではないかと予想されますが、熊だけ聴いて終わっている人もいるかもしれませんね。このアルバムの聴きどころは上にも書いたように最後の84番です。この84番、これまで聴いたアルバムのなかでも一二を争う素晴らしさ。雌鶏もなかなかの名演。ということで評価は熊が[++++]、ほか2曲は[+++++]とします。

なお、アルバム写真にリンクをつけていないことからもわかるとおり、アルバムとしては流通しておらず、中古を丹念に探すしかないでしょう。ただ、Apple Musicには登録されているので、この演奏の素晴らしさを味わっていただくことは可能です。パリセットについてはこのアルバムと同デザインの85番「王妃」、86番、87番もリリースされているようですので、私もApple Musicで聴いてみようと思います。このアルバムの出来からすると87番なんかもよさそうな予感がしますね!

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : パリセット 交響曲84番 雌鶏

アンタル・ドラティ/フィルハーモニア・フンガリカの84番(ハイドン)

昨日は父の三回忌法要。時のながれるのは速いもので、父が亡くなってから8日で2年になります。亡くなった年は桜が咲くのが遅く、葬儀を行った11日には桜の花吹雪が印象的でした。今年は例年通りでしょうか、桜は既に先日の雨で散り気味でしたが、幸い天気にも恵まれ、無事法要を終えることができました。

さて、4月最初のレビューは、ドラティ盤。ハイドンの交響曲といえば、まずドラティでしょう。

Dorati87.jpg
amazon / amazon(全集) / TOWER RECODS(全集)

アンタル・ドラティ(Antal Doráti)指揮のフィルハーモニア・フンガリカ(Philharmonia Hungarica)の演奏で、ハイドンの交響曲84番から95番の12曲を収めた4枚組のアルバム。今日はその中から84番を取りあげます。収録は1971年とだけ記載されています。ネットで調べると収録場所はドイツのエッセン州デュイスブルグの北西にあるマルル(Marl)という街にある聖ボニファティウス教会(St. Bonifatius)でのセッション録音ということです。レーベルはLONDON。

実は、このアルバムを聴こうと思ったのは、前記事で紹介したVPIのレコードクリーナーで、ドラティのLP版交響曲全集の今度は第5巻をクリーニングしたついでに、LPでパリセットのあたりを聴き直し、好きな86番やその前後の曲を聴いていたところ、なかでも84番の彫りの深さにあらためて聴き入ってしまいした。すかさず同曲のCDと聴き比べてみると、やはりLPならではのキレと定位感、骨格の確かさが魅力的な一方、CDの方はデジタルらしい、カチッとしたダイナミクスで、このアルバムの響きは悪くありません。レビューはCDですることにしましたが、クリーニングしたLPから流れ出てくる彫りの深いドラティのサウンドは実にいいものですね。

さて、アンタル・ドラティによるハイドンは何回か取りあげているものの、当ブログの趣旨からすると、まだ取りあげ足りないのかもしれません。過去のドラティ関連記事はこんな感じです。

2013/07/02 : ハイドン–交響曲 : アンタル・ドラティの交響曲全集英LONDONのLP入手!
2011/03/09 : ハイドン–交響曲 : アンタル・ドラティの受難
2011/01/24 : ハイドン–交響曲 : アンタル・ドラティのマリア・テレジア
2010/12/31 : ハイドン–オラトリオ : アンタル・ドラティ/ロイヤル・フィルの「トビアの帰還」2
2010/12/30 : ハイドン–オラトリオ : アンタル・ドラティ/ロイヤル・フィルの「トビアの帰還」
2010/01/24 : ハイドンねた : 私はなぜハイドンにはまったのか?-3

今更ですが、これまで当ブログではドラティの略歴についてなど、紹介していませんでしたので、少し調べてみました。

ドラティは1906年、ハンガリーの首都ブダペストの生まれの指揮者、作曲家。誕生日は4月9日ともうすぐですね。父はブダペストフィルのヴァイオリン奏者、母はピアノ教師だったそうです。フランツ・リスト音楽院でコダーイらに作曲、バルトークにピアノを習い、1924年にハンガリー国立歌劇場で指揮者デビュー。1928年にはドレスデン歌劇場でフリッツ・ブッシュのアシスタント、1928年から33年までミュンスター歌劇場の首席指揮者、1934年にモンテカルロ・ロシアバレエ団の指揮者などを歴任。1937年にはアメリカに渡り、ワシントンナショナル交響楽団に客演してアメリカデビュー。ニューヨークのニュー・オペラ・カンパニーの音楽監督、1945年にダラス交響楽団常任指揮者、1949年にミネアポリス交響楽団とアメリカの著名オーケストラの指揮者を歴任。1963年にはイギリスBBC交響楽団の首席指揮者になった事を機にヨーロッパの楽壇に復帰。その後、ヨーロッパの主要な歌劇場に客演、オーケストラの方は、1966年からストックホルムフィルの音楽監督、1971年からワシントン・ナショナル交響楽団の音楽監督、1975年からロイヤル・フィルの首席指揮者、1978年からはデトロイト交響楽団の音楽監督となっています。このアルバムのオケであり、ハイドンの交響曲全集という偉業をなしとげたフィルハーモニア・フンガリカは1957年にハンガリー動乱後の亡命者を中心に西ドイツで結成され、ドラティは設立当初から深い関係があり、後に名誉終身指揮者となっています。1988年にスイスで亡くなっています。

深い独特の険しい風貌が印象的で、繰り出される音楽は風貌同様彫りの深いものでした。特にハイドンの交響曲は今でもその素晴しさは色あせることはありませんね。

Hob.I:84 / Symphony No.84 [E flat] (1786)
この曲独特の深みがあるの癒しに満ちた序奏。ドラティの指揮で聴くとそれに険しい彫りの深さが加わり、素晴しい緊張感。やはりハイドンの交響曲を知り尽くしたドラティならではの手堅い演奏ですが、そこここにアクセントが置かれ、曲に推進力とキリリと引き締まった迫力を与えています。聴き進めるうちにグイグイとオケが引き締まり、1楽章の推進力は抜群。録音はまさに黄金期のDECCAサウンド。素晴しい実体感にとろけるような響きが乗り、音量を上げると眼前にオケが定位する素晴しいもの。教会での録音とのことでしょうが、独特のマルチマイクで鮮明に各楽器が録られ、しかも自然な実体感があります。
アンダンテに入ると、適度なゆったり感でハイドン独特の美しいメロディーをむしろあっさりとこなしていきますが、テンポ設定が絶妙。実に自然で、音楽が活き活きと踊り、しかも練ることはなく爽やかな感じ。分厚い低音弦の波が押し寄せ、徐々に迫力を増して行くところはこの曲の聴き所のひとつでしょう。
アンダンテよりもテンションをすこし下げたメヌエットの入り。メロディーラインの美しさはやはりハイドンならではですが、ドラティはそのメロディーの奥に潜む癒しの気配のようなものを感じ取って、とりわけゆったりとオケを鳴らします。このゆったり感はなかなか出せませんね。
静寂感を受け継ぐようにフィナーレは羽毛のような軽さの入りですが、すぐにオケが全開になります。どこかに静寂感を帯びたような不思議な高揚感。メロディーラインをただ受け継ぐだけではなく気配のようなものをしっかり受け継いでいることがよくわかります。どこか憂いを含むハイドンらしいフィナーレですが、ドラティ独特の骨格のしっかりした展開と推進力に満ちたオケの響きが相俟って、ハイドンの素晴しい音楽が異次元の引き締まり。終盤、穏やかになる部分の絶妙の力の抜き加減に鳥肌が立つよう。最後は彫りの深いドラティサウンド全開で終わります。

ドラティのハイドンは定番だけに、しっかり聴いたのはずいぶん前。特にパリセット以降の曲は他の演奏のレビューに追われてなかなか聴き直す機会がありませんでした。あらためて聴き直してみると、やはり流石ドラティという入魂の演奏。演奏自体の説得力が違います。ハイドンの交響曲の険しさ、優しさ、楽しさを実に良く踏まえた演奏です。いままでこのあたりの曲は[++++]の評価としてきましたが、この評価はかなり昔のもの。いろいろな演奏の素晴らしさを聴き、耳が肥えた現在になってもドラティのハイドンの素晴らしさは変わらないどころか、その本質的な素晴らしさにあらためて気づいたというのが正直なところでしょう。特にこの84番は絶品。[+++++]につけ直しました。

IMG_7480.jpg

あんまり素晴らしいので、再びLPで聴き直して楽しんでます。CDとはまた違った深い響きに酔いしれます。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲84番 交響曲全集 LP

ブリュッヘン/モーツァルテウムのリラ・オルガニザータ協奏曲、84番

今日はブリュッヘンのライヴ。

Bruggen1995.jpg
HMV ONLINEicon / amazon

フランス・ブリュッヘン(Frans Brüggen)指揮のザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団の演奏によるハイドンのリラ・オルガニザータ協奏曲(Hob.VIIh:3)、交響曲84番、そしてモーツァルトの交響曲38番「プラハ」の3曲を収めたアルバム。収録は1995年8月20日、ザルツブルクのモーツァルテウム大ホールでのライヴ。

このうち冒頭のリラ・オルガニザータ協奏曲について。いつもの大宮真琴さんの「新版ハイドン」を紐解いてみると、当時のナポリ王フェルディナンド四世が、自ら得意としていたリラ・オルガニザータのための協奏曲の作曲をハイドンに依頼したのに対しハイドンが1786年に作曲したもの。現在5曲が残され、このアルバムに含まれる曲はそのうちの1曲。そもそもリラ・オルガニザータとは、大型のヴィオラに似た形状で、内側に把手でまわす気の輪車があり、この輪車が下から現に接触して振動させる仕組み。弦は直接指で押さえず、反対側から鍵(キー)で操作されれう木製のブリッジで抑えるようになっている。鍵はこの役割だけでなくオルガンのふいごのような役割をもつ。要は弦楽器とオルガンの間の子のようなものでしょう。

滅多に演奏されることがなさそうなこの曲ですが、ライナーノーツによれば通常はフルートとオーボエで演奏されることが多いとのことですが、ブリュッヘンはこの演奏にあたり、本物のリラ・オルガニザータにより近づけるためブロックフルーテとガンバを選んだとのこと。ということでこのアルバムでは2台のブロックフルーテと2台のガンバによってリラオルガニザータが再現されています。

リラ・オルガニザータ協奏曲(Hob.VIIh:3)1786年作曲
録音は適度にライヴ感のある会場の広さを感じさせる良い録音。冒頭から不思議な響き炸裂です。バリトンもそうですが、リラ・オルガニザータもえも言われぬ不思議な響きだったことが推察されます。小さなオルガンと弦の組み合わせの実に不思議な音色。曲は晴朗な明るい曲。この協奏曲もハイドンの楽器の音色に対する鋭敏な感覚にもとづいて書かれているように感じます。リラ・オルガニザータの響きからインスピレーションを得てメロディーが書かれているように感じます。オケはいつもの18世紀オーケストラではなく、現代楽器のモーツァルテウム管ですので、いつもの不気味な迫力の宿るオケではなくわりと正統派の演奏。節を強調する感じはいつものブリュッヘンですが、オケの響きは極めてニュートラル。
2楽章は聴いたことのある旋律。交響曲100番「軍隊」の2楽章と同じメロディーですね。ただしソロがリラ・オルガニザータとなり、打楽器の炸裂はありません。軍隊の2楽章のメロディーライン飲みを残した不思議な曲。リラ・オルガニザータのような響きのソロにあわせているところで、オケがちょっと鈍重になってしまっているのが惜しいところ。もう少し生気というかキビキビ感が欲しいところ。
3楽章もゆったりしたテンポの楽章。ちょっと締まらない感じを残してしまいますが、協奏曲としての締まりよりもりら・オルガニザータの音色を想像しながら不思議な響きを楽しむべき演奏ということでしょう。
最後は暖かい拍手に包まれます。

交響曲84番(Hob.I:84)1786年作曲
かわって84番。こちらはブリュッヘンの演奏と知らずに聴いたら、まずブリュッヘンの演奏とは当てられないでしょう。極めてニュートラルで純度の高い自然な演奏。ブリュッヘンの演奏で時折感じるリズムの重さなどもなく、非常にリラックスして振っている感じがよく伝わります。迫力でも音色でもなく、達観したような自然さが心を打つ演奏。これはいい。1楽章の流れは見事の一言。
2楽章のアンダンテも良い流れがつづき、適度にキレよく、練りもせず、さっぱりと美しいメロディーを刻んでいきます。オケの自然な響きとそれをうまく捉えた録音も見事。会場ノイズもほとんど目立たず、ライヴでのノイズ除去をした録音によくある生気が抜けててしまったような薄い響きにもなっておらず、録音は理想的でしょう。適度なリアリティと潤いのある響きが楽しめます。まるでコンサート会場にいるような素晴らしいリアリティ。
3楽章のメヌエットは美しい響きのなか、やはり力まず、自然な演奏。良く聴くと自然と言ってもフレーズに微妙にアクセントがつけられ、凡庸な響きにならないようしっかりコントロールしていることがわかります。自然で聴き応えのある素晴らしい演奏です。
フィナーレの入りは羽毛をさわるようなデリケートな入り。すぐに力感が漲りノリがよくなります。スピードも適度なところがかえって良い感じ。後半テンポをゆったりと落とし力を極端にぬいて再び繰り返しに入るあたりのコントロールも非常に効果的。じっくりと84番の堪能できる名演奏ですね。素晴らしい演奏に会場から、耳の肥えた聴衆のリスペクトを感じる拍手。良い演奏です。

そして、最後はプラハ。これがまた素晴らしい演奏。基本的に84番の特徴そのままにモーツァルトの名曲をよりじっくり料理した感じで、このアルバムの聴き所ですね。久しぶりにプラハの名演奏を堪能。心はザルツブルクに飛んでいます(笑)

ブリュッヘンの手兵18世紀オーケストラではなく現代楽器のザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団とのライヴは、手兵との演奏とは違った魅力に溢れた素晴らしい演奏でした。評価はリラ・オルガニザータ協奏曲が[+++]、84番は[+++++]です。特に84番とプラハはいろいろな演奏を聴いている耳の肥えた方ほど良さがわかってもらえるような、実に良い演奏。はったりもこけおどしもなく、普通の演奏なんですが、実に慈しみ深い。ブリュッヘンの違う魅力を発見した感じです。いや、ライヴはいいですね。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : リラ・オルガニザータ協奏曲 交響曲84番 ライヴ録音 おすすめ盤

クイケンのパリ交響曲集

今日はクイケンのパリ交響曲集を。

KuijkenSet.jpg
HMV ONLINEicon

これは現在入手可能なヴァージンでの録音集。26番、52盤、53番と82番から92番までの録音のセットもの。なぜか82番から87番の6曲のみオケがエイジ・オブ・エンライトメント管弦楽団で、のこりはクイケンお抱えのラ・プティット・バンド。
このオケの違いが今回のポイント。

ちなみに、パリセットの方の旧盤のジャケット写真がネットでみつかりましたので、のせておきましょう。

kuijken82.jpg
こちらが、82、83、84番。

Kuijken85.jpg
こちらが84、85、86番の方。

同じヴァージンでの録音の他の曲とよく聴き比べてみると、このパリセットの2枚の出来が目立っていいんです。本来クイケンが組織したラ・プティット・バンドの方がいいのではとの憶測も働くんですが、そうではない。

両者とも古楽器での演奏とうたわれていますが、オケの奏でる音響の自然さが明らかに違います。ラ・プティット・バンドの方が明らかに弦が金属っぽい響きの癖が強い。それにつられてフレージングや響きの自然さ、ニュアンスの豊かさが違います。
パリセットはクイケンのハイドンの最上の録音なんじゃないかと思います。

もともとクイケンの指揮は、癖のない淡々とした枯淡の境地のような特徴があり、ある意味もう一歩の没入というか、踏み込みを求めてしまうところがありますが、このパリセットは、響きの自然な美しさすばらしく、またフレージンングも端正さの極みというレベルまで達しており、古楽器によるパリ交響曲集の代表的名盤といえるでしょう。

オケの違いと、もう一つは録音サイト。パリセットの方はアビーロードスタジオ。
アビーロードスタジオと言えばビートルズなんでしょうが、ウェブサイトに行ってみると巨大なオーケストラ用のスタジオもあります。スタジオ1というのがそれです。このウェブサイトの写真には音楽の生まれるプロの現場が見えてわくわくします。

http://www.abbeyroad.com/studios/studio1/

パリセットの録音はオケの美しい響きが聴かれますが、このスタジオでの録音と音響処理によるものなんでしょう。ホールの空間そのもの音響のように巧く録られていますが、うちのオーディオセットでは、アムステルダムコンセルトヘボウのような極上の響きに聴こえます。
逆にその他はオランダ、アムステルダムそばのハールレムのDoopsgezinde Gemeentekerkというところの録音。ドイツハルモニアムンディのザロモンセットの録音場所もここであることからラ・プティット・バンドのいつもの録音場所ということでしょう。ヴァージンによるこちらの録音の方は、アビーロードスタジオと比べる響きが足りず、また堅さも感じられ、逆に少々響きに不自然さを感じてしまいます。
聴いている装置にもよるとおもいますが、こうした音質の違いも演奏の評価と切り離せませんね。

ザロモンセットの方はレーベルが異なりドイツハルモニアムンディでもあり、録音もパリセットよりも新しいものですので、だいぶ改善されていますから、要は録り方ということなんだと思います。こちらの方はまた別の機会に取り上げましょう。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : パリセット 雌鶏 交響曲84番 王妃 交響曲86番 交響曲87番 おすすめ盤 古楽器

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ベートーヴェン紀尾井ホールショスタコーヴィチストラヴィンスキードビュッシーラヴェルピアノ三重奏曲ミューザ川崎オーボエ協奏曲LP協奏交響曲日の出ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:38サントリーホールスタバト・マーテルピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:39マーラーブルックナーヒストリカル十字架上のキリストの最後の七つの言葉告別交響曲90番交響曲97番交響曲99番交響曲18番奇跡アレルヤひばり弦楽四重奏曲Op.64フルート三重奏曲悲しみ交響曲102番ラメンタチオーネ交響曲86番モーツァルトヴァイオリン協奏曲驚愕哲学者ニコライミサミサブレヴィス小オルガンミサ交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23王妃ピアノソナタXVI:52アンダンテと変奏曲XVII:6武満徹ライヴ録音SACDチェロ協奏曲交響曲19番交響曲81番古楽器交響曲80番交響曲全集交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかり無人島騎士オルランドBlu-rayチェロ協奏曲1番東京オペラシティ交響曲9番交響曲11番交響曲10番交響曲12番太鼓連打ロンドン交響曲15番交響曲2番交響曲4番交響曲1番交響曲37番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:3天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:35ドニぜッティライヒャロッシーニピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3シェーンベルク東京文化会館ホルン協奏曲フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:31パレストリーナタリスモンテヴェルディアレグリバードすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6美人奏者四季交響曲70番迂闊者ピアノ協奏曲XVIII:4アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ヴェルナーガスマンシューベルト交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲46番交響曲35番交響曲51番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナード弦楽四重奏曲Op.76ピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス時の移ろい交響曲42番ベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲79番ロンドン・トリオ交響曲88番オックスフォードオフェトリウムドイツ国歌カノンモテット弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルクブーレーズ主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生音楽時計曲ピアノソナタXVI:11ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisカートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲107番変わらぬまこと交響曲108番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲3番スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
104位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
10位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ