オットー・マツェラート/ヘッセン放送響の95番(ハイドン)

このところ古い録音の交響曲を続けて取り上げています。昔はLPをリリースするためにかなりの労力が必要だったからか、それぞれ素晴らしい完成度であることに今更ながらに驚きます。

Matzerath95.jpg

オットー・マツェラート(Otto Matzerath)指揮のヘッセン放送交響楽団(Symphonieorchester des Hessischen Rundfunks)の演奏でハイドンの交響曲95番他を収めたLP。収録情報は記載がありませんし、ネットを調べてもこのアルバムの情報に巡り合いませんが、マツェラートの略歴とステレオ収録であることから1957年から61年あたりの録音だと思います。レーベルはCHRISTOPHORUS。

このアルバムも最近オークションで仕入れたもの。指揮者のマツェラートは全く未知の人。オケの方は現在hr交響楽団と呼ばれ、しばらく前まではフランクフルト放送交響楽団と呼ばれていた楽団。インバルによるマーラーの交響曲の録音で日本でも知られていますね。この楽団の首席指揮者は2013年までパーヴォ・ヤルヴィが務めていましたが、そこから遡るとパリセットの名録音があるヒュー・ウルフ、ドミトリー・キタエンコ、エリアフ・インバル、ディーン・ディクソンそして1955年から61年までが今日取り上げるアルバムの指揮者であるオットー・マツェラート。この辺りの経緯はWikipediaのhr交響楽団のページをご参照ください。

オットー・マツェラートは現代の日本ではほとんど知る人がいないのではないでしょうか。調べてみると1914年デュッセルドルフに生まれたドイツの指揮者。地元デュッセルドルフの現ロベルト・シューマン音楽院でヴァイオリンとピアノ、オペラを学び、指揮は独学とのこと。歌劇場で経験を積み1942年、フルトヴェングラーによりコンサート指揮者として見出され、ベルリンフィルなども振っていたそう。戦後もドイツを中心に活躍し、先に触れた通り、1955年から61年までヘッセン放送響の指揮をしていたようです。その後なんと1963年9月から読響の首席指揮者となりましたが、直後の11月、相模原のキャンプ座間の米軍病院で亡くなったそうです。日本とも関係があった人ですが、わずか2ヶ月で急死してしまったということで、記憶に残っている方も少ないのではないかと思います。

さて、そのマツェラートの振るハイドンですが、堂々としたオーソドックスな名演奏として見事なものでした。

IMG_1103.jpg

Hob.I:95 Symphony No.95 [c] (1791)
このころの録音に共通する引き締まったオケの響き。オーソドックスさがそのまま演奏の特徴となっているような正統派の演奏。各パートはバランスよく鳴り響き、細密画のように一糸乱れぬ見事なアンサンブルで指揮者の律儀さが伝わって来るよう。各パートのメロディーが実によく聴こえます。1楽章はまるで教材のような完璧なアンサンブル。
続くアンダンテでもメロディーラインのクリアさを保ちながら、しなやかさも加わりしっとりとした情感が乗ってこの曲の陰りがよく表現されています。実に緻密な演奏。
ハイドンの交響曲の楽しみはメヌエット。曲毎に千変万化するメロディーの想像力にいつもながら驚かされます。マツェラートはザクザクとではなく、しっとりとしたメヌエットできました。律儀なフレージングの中にほっこりとするような安らぎを感じるメヌエット。
そしてフィナーレもオーソドックスなアプローチながらくっきりとしたメロディーが印象に残ります。フーガの幽玄さを感じさせながら徐々にオケに力が漲っていきますが、最後まで余裕を失わず、古典の均衡を守ったクライマックスで曲を閉じます。

なんとなくもう一歩踏み込んで欲しい感は残りますが、ハイドンの交響曲の演奏としては、バランスの良くまた各パートの動きもクリアに追えるレベルの高い演奏です。オットー・マツェラートという指揮者の清廉な音楽が浮かび上がってきているのでしょう。それがこの95番という振り方によっては険しさに焦点が当たりすぎる曲の穏当な解釈として貴重な存在とも言えます。評価は[++++]とします。ネットの情報ではこの95番の他にも何曲かハイドンの交響曲の録音があるようですので、気長に探してみたいと思います。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲95番 ヒストリカル

【ハイドン音盤倉庫特選】ザロモンセットの名演奏(前編)

突然ですが、新企画です!

日頃は1枚1枚のアルバムをレビューすることに徹しておりますが、私の興味の矛先がだんだんマニアックになってきて、レビュー対象もこのところマイナー盤やLPが多くなってきております。自然と読者の方もハイドンマニアの方中心になっており、読者層がなかなか広がらない状態で、これはとりもなおさずハイドンの音楽の素晴らしさを世に広めるという当ブログのミッションの達成が危ぶまれるというもの。ということで、このマンネリズム的状況から脱出すべくハイドンの有名曲のベスト盤をあえて世に問おうという起死回生の新企画を立ち上げます。

私自身は以前ブログに書いた通り、人が良いと勧めるものを聴くということはあまり好まず、自分の耳で聴いて、良い演奏を発掘するすることに無類の喜びを見出し、知る人ぞ知る名盤を発掘する巡礼の旅を続けております。もとより世の中に氾濫するベスト盤的な情報はあんまり信用しておらず、実際に雑誌などで勧められているハイドンのベスト盤などよりも素晴らしい演奏が山ほどあることを長年かかってわかったこともそうした思考に至る理由の一つです。ただし、そんな私も振り返ってみると、これまで雑誌などで目に留まった記事などを頼りに暗中模索的に1枚ずつアルバムを手に入れることを繰り返してながらかなりの数のアルバムを聴いてきた経験があるからこそ、そうした境地に至ったのかもしれないと改めて思った次第。

ということで、新企画はハイドンの音楽の素晴らしさをより多くの人に知っていただくため、膨大なハイドンの録音の収集とレビューを続けている当ブログだからこそ選べる、ハイドンの音楽の真髄に迫る名演奏を選定するもの。選定方針としては、多少の入手のしにくさなどには目をつぶり、その曲が持つ魅力を最も深く味わえる演奏とし、世評は意識せず、私自身が最も好きな演奏を選ぶというのが大方針。日頃ヒストリカルな演奏から古楽器、現代楽器を問わず広く色々な演奏を取り上げておりますが、本企画でもそうした演奏スタイルなどに拘らずに選定していこうと思います。また、選定対象は過去にレビューに取り上げたアルバムが多くなりますが、当ブログの記事を隅々まで読まれている方にも新鮮さを確保するため、ブログに未掲載の演奏も選定対象として加えました。名付けて「ハイドン音盤倉庫特選」シリーズ。手始めにハイドンの交響曲の有名曲として、ザロモンセットの前半6曲の特選盤を新企画最初の記事としてしたためました。



Hob.I:93 Symphony No.93 [D] (1791)

AncerlVol1.jpg
2010/06/13 : ハイドン–交響曲 : 剛演、アンチェルの93番

作曲順では96番「奇跡」がザロモンセットの最初の曲ですが、ホーボーケン番号が一番若いためにザロモンセットでも最初に収録されることが多い曲。選んだのはチェコの巨匠、カレル・アンチェル指揮のベルリン放送交響楽団の演奏で、1957年4月24日の放送用録音。手元の49種の演奏の中で飛び抜けて印象的な演奏。ブログ初期に取り上げていますが、未だこれを超える演奏には出会っていません。赤熱する鉄の塊から刀鍛冶が渾身の力で刀を打ち出していくかのような激熱の演奏。ハイドンらしい構成感が美しい曲ですが、この典雅な曲からこれほどのエネルギー溢れる演奏が生まれるとは! この演奏を聴くまではこの曲はビーチャムやヨッフムの味わい深い演奏がお気に入りでしたが、この演奏によって曲の印象は一変。ハイドンの楽譜の中にこのエネルギーが込められていたことをアンチェルが見抜いたのでしょう。この1枚でカレル・アンチェルの凄さを知った次第。


Hob.I:94 Symphony No.94 "Mit dem Paukenschlag" 「驚愕」 [G] (1791)

KleiberCologne.jpg
2013/02/09 : ハイドン–交響曲 : カルロス・クライバー/ケルン放送交響楽団の驚愕1972年ライヴ!

ご存知びっくり交響曲。104番「ロンドン」と並んで人気のある曲。この驚愕こそ世の中の人に最も知られたハイドンの曲であり、ハイドンのイメージを良くも悪くも代表する曲。2楽章のびっくりばかりが一人歩きしていますが、この曲の真髄は1楽章から4楽章までの明確な起承転結の構成感と優美なメロディー。名演奏ひしめく手元の117種の演奏から私がこの曲の決定盤に選んだのは、カルロス・クライバー! クライバーの驚愕には3種の録音がありますが、これはその中でも最も古い1972年のケルン放送交響楽団とのライヴ。世界をあっと言わせたウィーンフィルとの「運命」のDG盤が1975年のリリースですので、それより前の若さみなぎるクライバーの演奏。残念ながら海賊盤しかリリースされていませんが、この録音が音質も一番いいもの。クライバーが振ると、もちろん全編に燃えたぎる力感と優美さが調和する、まるでミケランジェロの彫刻のような存在に昇華されます。最初から最後までクライバーの天才ぶりに圧倒される素晴らしい演奏です。


Hob.I:95 Symphony No.95 [c] (1791)

Schuricht100_95.jpg
2010/04/21 : ハイドン–交響曲 : 枯淡、シューリヒトのハイドン

ザロモンセットの中で唯一の短調の交響曲。それゆえ比較的地味な存在ですが、1楽章冒頭の険しさ、全編に散りばめられた美しいメロディー、そして終楽章の燃え上がるようなクライマックスが魅力の曲。手元の49種の演奏の中で私が最も愛する演奏はカール・シューリヒトがシュツットガルト放送響を振った1955年4月5日の録音。このアルバムは直接レビューしておりませんが、上のブログ初期の記事で86番を取り上げた際にこのアルバムに触れています。シューリヒトのハイドンでは104番ロンドンと86番が味わい深い名演として有名ですが、どっこいこの95番こそシューリヒトの素晴らしさが味わえる演奏です。柔らかくしなやかに響くオーケストラですが、造形は端正で、ハイドンの交響曲の骨格をしっかりと描き、その上そよ風のような心地よさと滲み出るような味わいの深さ。それがこの95番交響曲のもつ可憐な表情を描き切っています。アンダンテの美しさはこの世のものとは思えな境地、そして終楽章の自然で流麗なのにものすごい迫力に至るところは見事の一言!


Hob.I:96 Symphony No.96 "The Miracle" 「奇跡」 [D] (1791)

Abbado96_105.jpg
2010/02/11 : ハイドン–交響曲 : アバドの「奇跡」

1791年、ハイドンが最初にロンドンを訪れた時、最初に作曲した曲。「奇跡」というニックネームはこの曲の演奏時にハイドンを一目見ようとハイドンの周りに観客が殺到した際、会場のシャンデリアが落下したものの、奇跡的に一人の怪我人も出なかったという逸話によるもの。気のせいか曲自体にもミラクルな感じがするところが面白いところ。手元にある67種の演奏から、このミラクルな曲のミラクルな演奏といえば、クラウディオ・アバドがヨーロッパ室内管を振った1986年の演奏です。この時期、アバドはヨーロッパ室内管とザロモンセットから8曲と協奏交響曲などを録音していますが、そのシリーズの中でも飛び抜けてこの奇跡が素晴らしい出来です。奇跡といえばワルター、クリュイタンスなどの名演盤を推す方もあろうかと思いますが、このアバドの演奏は若手中心のヨーロッパ室内管の驚くほど俊敏な反応の良さで聴かせる演奏。アバドのニュートラルな指揮はこの曲の純音楽的な構成の面白さを際立たせ、終楽章の火を吹くような鮮やかさはまさにミラクル!


Hob.I:97 Symphony No.97 [C] (1792)

Kuijjken96_97_98.jpg
2010/03/22 : ハイドン–交響曲 : クイケンのザロモンセット

ハイドンが第1回目のロンドン旅行中の1792年に作曲した曲。熱狂的に迎えられたロンドンでの充実した日々を経て、交響曲の筆致も熟成を極めたハイドンが書いたハ長調の晴朗、端正な曲。ニックネームがないことから比較的地味な存在ですが、この端正な曲には端正な演奏が似合います。手元の49種の演奏から選んだのがシギスヴァルト・クイケンの振るラ・プティット・バンドによる1993年の録音。古楽器のザロモンセットの録音には古くはグッドマン、ブリュッヘン、ミンコフスキなどのものがありますが、私が一番好きなのはこのクイケンのもの。どの曲も端正な演奏ながら音楽がイキイキとした名演奏なんですが、中でもこの97番は古楽器オケが気持ちよく鳴り響く名録音です。この曲のメヌエットは典雅の極み。古楽器の響きに包まれるエクスタシー。リズムのキレも最高。最後まで一糸乱れぬ古楽器オケによる最高の演奏です。


Hob.I:98 Symphony No.98 [B flat] (1792)

JochumLPO.jpg

ザロモンセット前半最後の98番。97番同様第1回のロンドン旅行中の作曲。98番もザロモンセットの中では地味な曲ではありますが、緊密な構成であることはもちろん、美しい緩徐楽章、機知に富んだ展開に溢れ、特に終楽章の最後にチェンバロのソロが登場することで有名な曲。この曲の52種の演奏から私が選んだのは、オイゲン・ヨッフム指揮のロンドンフィルによる1972年録音のアルバム。ヨッフムとロンドンフィルとのザロモンセットは多くの方の愛聴盤となっているいわば定番。98番は特に終楽章に一貫性を持たせるのが難しい曲ですが、ヨッフムの速めのテンポによる非常に流れの良い演奏と自然なデュナーミクによって、まるで絵巻物を見ていくように音楽が一貫して流れる心地よさを味わえます。当初、少し前にレビューしたヨッフムが1962年にベルリンフィルを振った殺気を感じるほどの切れ込みと迫力を味わえる録音を選ぶつもりでしたが、98番についてはロンドンフィル盤の流麗な見通しの良さの素晴らしさが勝ると確信し見直しました。この曲には他にドレスデンシュターツカペレとの盤の燻し銀の響きを味わえる録音もあり、3者とも素晴らしい演奏です。
(参考)2014/04/25 : ハイドン–交響曲 : オイゲン・ヨッフム/ベルリンフィルの88番、98番(ハイドン)



以上、ザロモンセット前半6曲の名盤セレクションでした。本記事を書くために色々なアルバムを聴き直しましたが、それはそれで楽しい時間でした。有名曲だけに、読者の皆様も色々と愛聴盤があろうかと思います。ご意見、お叱りなどありましたらコメントの方にどうぞ!

ちょっと間を置いて、ザロモンセットの後半6曲についても書きたいと思いますのでご期待ください。

※本記事で取り上げた演奏について所有盤リストには"Best Choice of Works"というリンクを貼り付けました。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲93番 驚愕 交響曲95番 奇跡 交響曲97番 交響曲98番

オイゲン・ヨッフム/ウィーン響の驚愕、95番ライヴ

今日はライヴのCD-R。

Jochum94CDR.jpg

オイゲン・ヨッフム(Eugen Jochum)指揮のウィーン交響楽団(Wienna Symphony Orchestra)の演奏でハイドンの交響曲94番「驚愕」と交響曲95番の2曲を収めたCD-R。収録は1982年5月20日のライヴ。収録場所等の情報は記載がありません。レーベルはCD-Rではおなじみのアメリカのsardana records。

ヨッフムのハイドンは当ブログでも何度か取りあげています。

2011/12/30 : ハイドン–交響曲 : 【600記事記念】オイゲン・ヨッフム/ロンドンフィルの「ロンドン」
2011/06/07 : ハイドン–交響曲 : オイゲン・ヨッフム/ロンドンフィルの93番
2011/05/28 : ハイドン–交響曲 : オイゲン・ヨッフム/ドレスデン・シュターツカペレの93番
2010/12/29 : ハイドン–交響曲 : オイゲン・ヨッフム/ロンドン・フィルの軍隊、時計ライヴ

ヨッフムにはロンドン・フィルとのDeutsche Grammophoneへの録音の他に、ドレスデン・シュターツカペレへの録音やいくつかのライヴ盤がありますが、このCD-Rはその中でも最も最近の1982年5月の録音。ヨッフムが亡くなったのは1987年ですので、晩年の録音ということになります。
ヨッフムの晩年のモーツァルトやブルックナーの素晴らしい録音に近い達観と透明感が聴かれるでしょうか。

Hob.I:94 / Symphony No.94 "Mit dem Paukenschlagk" 「驚愕」 [G] (1791)
出だしはゆったりとした響き。ムジークフェラインでしょうか、ゆったりしてはいても覇気は失われていません。録音はリアリティがあり十分。ヴァイオリンの音がちょっと乾き気味な感じがするものの十分以上な鮮明さ。低音弦の迫力はかなりのもの。オケはライヴらしく気合いのこもった響き。リズムがヨッフムにしては重めですがじっくり噛み締めるようで逆に鬼気迫るようなな1楽章の展開。いやいや、これはヨッフムのベストな演奏な予感。流麗なロンドンフィルとの演奏とは異なり、渾身の迫力のライヴ。コンディションもかなりのものです。堂々たる1楽章。
2楽章のビックリはじわりとこころに響く強音。オーソドックスな演奏の中に、長年ハイドンを演奏をし続けた巨匠のこだわりが聴こえてくるよう。ビックリのメロディーを発展させた変奏ではそこここにメリハリをつけて聴衆の期待に応えようとするヨッフムの鋭い眼光が見えるよう。後半の激しい部分もゆったりとしたテンポながら迫力は素晴らしいものがあります。
メヌエットはざっくりしたオケの感触が最高。リズムの刻みの深さが音楽の深さに直結。流石ウィーン交響楽団といえるまろやかなオケの響きがあってのゆったりしながらも迫力を感じる演奏。
フィナーレはテンポが上がって入りから畳み掛けるような素晴らしい感興が見事。ハイドン演奏のツボを押さえたヨッフムの素晴らしいコントロール。極上のコンサートを聴いているような素晴らしい録音。オケの息吹がスピーカーをつたって部屋に噴出するようです。最後にテンポを落として粋な演出。そのご荒れ狂うティンパ二とオケを聴かせて終了。会場の割れんばかりの拍手とブラヴォーに包まれます。

Hob.I:95 / Symphony No.95 [c] (1791)
短調の険しいメロディーからはじまるこの曲。レガートを効かせてフレーズに変化をつけて入ります。録音は変わらずリアリティの高いライヴとしては十分なクオリティ。この曲でもヨッフムのスタンスは変わらず、ハイドンのザロモンセット演奏の王道を行くような堂々としたもの。墨をたっぷりと含んだ極太の筆、流れるように濃淡をつけて各達筆の書の様な演奏。短調のこの曲での険しい表情はヨッフム渾身のコントロールでしょう。
2楽章のアンダンテ・カンタービレはこんどはやさしい素朴な表情。弦楽器の奏でるメロディーラインは素朴そのもの。あえて楽器の音が溶け合わないようにさらりとした演奏を意図しているよう。後半の展開部に至り、ザクザクと各パートが鬩ぎあって盛り上げます。
メヌエットも渾身の演奏。気合い入りまくってます。奏者が一つになってハイドンの名旋律を演奏している姿が目に浮かびます。響きのひとつひとつに宿るエネルギーが伝わります。間奏部は逆にチェロが訥々とピチカートに乗って逆に火照りを鎮めるような演奏。再びエネルギーが勃興。
フィナーレは吹き上がるオーケストラの魅力炸裂。この曲のフィナーレはハイドンの交響曲のフィナーレの中でも最も盛り上がりの見事なもの。ヨッフムはやはり勘所を押さえて素晴らしい吹き上がりを演出。ライヴだけあって素晴らしい感興。最後はあまりの迫力にフライング気味で拍手が降り注ぎます。

ようやく出会えたヨッフム渾身のハイドン。以前から何度か取りあげている記事で触れているように、ヨッフムののハイドンの交響曲の演奏は、晩年のブルックナーやモーツァルトの澄み切った心境と比べると一歩及ばないものが多かったんですが、このライヴは素晴らしい。ハイドンを知り尽くしたヨッフムが大胆に振ったハイドンのライヴをそのまま記録した理想的なライヴ盤です。評価は両曲とも[+++++]とします。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 驚愕 交響曲95番 ライヴ録音 CD-R

ベルナルド・ハイティンク/ベルリンフィルの95番ライヴ

今日はハイティンクのCD-R。

HaitinkBPO.jpg

ベルナルド・ハイティンク(Bernard Haitink)指揮のベルリンフィルの演奏で、リヒャルト・シュトラウスのドン・キホーテ、ブラームスの交響曲3番、ハイドンの交響曲95番の3曲を収めた2枚組のCD-R。ハイドンの収録は1989年12月12日、ベルリンフィルハーモニー大ホールでのライヴ。CD-Rには日付しか記載されていませんが、ベルリンフィルの公式サイトのコンサート・アーカイヴで調べたところ、大ホールでハイドンのこの曲とブルックナーの交響曲を演奏していることになっています。レーベルは以前ウィーンフィルとの時計のライヴのCD-Rと同様GNPというアメリカのレーベル。

ハイティンクのハイドンは過去2回取りあげていますので、いつも通り記事のリンクを張っておきましょう。

2011/06/28 : ハイドン?交響曲 : ハイティンク/ドレスデン・シュターツカペレの86番ライヴ!
2011/05/12 : ハイドン?交響曲 : ベルナルド・ハイティンク/ウィーンフィルの時計ライヴ

ウィーンフィルの時計はすこし大人しい演奏、そしてドレスデン・シュターツカペレの86番は力感溢れる演奏。たまたまライヴが残っているだけかもしれませんが、オケの音色と選曲の取り合わせが見事。とくに86番とドレスデン・シュターツカペレという組み合わせはハイドン好きの方からすると、垂涎の組み合わせ。聴かずとも脳内に86番の燻し銀の響きが満ちあふれます。そして、今日のこのアルバム。鋼のようなベルリンフィルのタイトな響きで95番。再び脳内にイメージが浮かびます。はたして期待通りの演奏でしょうか。

実は結構前に手に入れて聴いているんですが、前説で盛り上げるのが当ブログのスタイルですので(笑)

Hob.I:95 / Symphony No.95 [c] (1791)
1楽章は期待通りのベルリンフィルのしかもフィルハーモニーの聴き慣れた響き。タイトです。弦の少々デッドな、しかし力強い響きはフィルハーモニーのベルリンフィルならではの音。開始から徐々にオケの焦点が合ってきて、じわりじわりと迫力が増していきます。華美に傾かないのがハイティンクの美点。ハイティンクの筋肉質なコントロールとベルリンフィルの音色が相俟って、しかも短調の95番の曲想も手伝って不気味な迫力が増します。1楽章の終わり頃にはかなりの熱気。
2楽章のアンダンテはハイティンクならではの地味さ。小細工なし、飾りなし、ひねりなし。淡々と、最初はあっさり、徐々に力を増しながら響きを厚くしていきます。ヴァイオリンパートはざっくりした響き。弦楽セクションの基本的な優秀さが素直に感じられる素晴らしい響き。
メヌエットは最初からもの凄い気合い。ちょっとヴォリュームを上げるとスピーカーの向こうから響きの塊が押し寄せてくるような迫力。録音に触れてませんでしたが、この年代なりの録音ゆえ鮮明さはほどほど。やはりデッドな響きでレンジも広くないもののそこそこ自然で、低音の厚みのある録音。会場ノイズはかなり抑えられているので聴きやすいです。
この曲一番の聴き所はフィナーレ。あえてさっぱりとした導入から、徐々に力が漲りはじめて、フーガのような幽玄なフレーズを繰り返します。聴き方によっては何気ない演奏ですが、ハイティンクならではの力感と、良く聴くと非常に磨き込まれたフレージング。派手さや華美さとは無縁のいつもながらの質実剛健さ。ベルリンフィルのタイトな響きを得て、最後は渾身の盛り上がり。玄人好みではありますが、充実の95番でした。最後は拍手に包まれます。

この地味な感じがえも言われぬハイティンクらしさということでしょう。そういった意味ではいつもながら一貫したスタイルです。評価は86番を聴いてからハイティンク贔屓となったので[+++++]です。

昨夜は愛用のMacbookのOSをリリースされたばかりのLIONにアップデート。もはやOSすらインターネットでアップデートできる時代となりました。光ファイバーに無線LANでつないでますが、30分ほどでダウンロード、同様30分ほどでインストール、特段設定に苦労することもなく使えるようになりました。今回は使用感が結構変わってますが、慣れで解決できるでしょう。ブラウザのサファリがマウスの横スクロールで戻るインターフェースが秀逸。MacはSystem6の頃から使ってますのでかれこれ20年でしょうか。最初にMacでハイバーカードやマック書道、エクセル4.0を使った時の感動からずいぶん経ちました。いまだにイノヴェーションが続いて、更なる洗練を感じさせるあたりは、やはりジョブスあってのことでしょう。ちょっとわくわくしました。いまやパソコンは誰でも使う道具ですが、道具も気に入ったものを使いたいですね。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲95番 ライヴ録音 CD-R ベルリンフィル

【新着】ジョージ・セルのハイドン交響曲ボックス

今日は昨夜の予告通り着いたばかりのセルのボックスを開封。

SzellSet.jpg
HMV ONLINEicon / amazon

ジョージ・セル(George Szell)指揮の手兵クリーヴランド管弦楽団の演奏によるハイドンの交響曲11曲を集めた4枚組。収録曲目は下記の通り。

CD-1
交響曲第93番(Hob.I:93)1968年4月18日収録
交響曲第94番「驚愕」(Hob.I:94)1967年5月5日収録
交響曲第95番(Hob.I:95)1969年1月17日、18日収録
CD-2
交響曲第96番「奇跡」(Hob.I:96)1968年10月11日収録
交響曲第97番(Hob.I:97)1969年10月3日、6日、10日収録
交響曲第98番(Hob.I:98)1969年10月10日収録
CD-3
交響曲第92番「オックスフォード」(Hob.I:92)1961年10月20日収録
交響曲第99番(Hob.I:99)1957年10月25日、26日収録
CD-4
交響曲第88番(Hob.I:88)1954年4月9日収録(MONO)
交響曲第104番「ロンドン」(Hob.I:104)1954年4月9日収録(MONO)
交響曲第97番(Hob.I:97)1957年10月25日、26日収録

ザロモンセットがそろっている訳ではなく、100番「軍隊」、101番「時計」、102番、103番「太鼓連打」が抜けており、その代わりに88番、92番「オックスフォード」が含まれ、97番については2種の演奏が含まれているということです。録音はすべてクリーヴランドのセヴァランス・ホールでのセッション録音。1954年収録の88番と104番「ロンドン」のみモノラルで他はステレオ。

セルのハイドンについてはライヴを中心にこれまで何度か取り上げていますので、過去のレビューをご覧ください。

2011/01/03 : ハイドン–交響曲 : セル/クリーヴランド管の99番(1966年2月ライヴ)
2010/08/26 : ハイドン–交響曲 : セル/クリーヴランド管の93番、驚愕
2010/08/25 : ハイドン–交響曲 : セル1954年の93番ライヴ録音2種
2010/08/17 : ハイドン–交響曲 : セル/クリーヴランド管のロンドン他
2010/08/16 : ハイドン–交響曲 : セルの1959年ザルツブルク音楽祭ライヴ

これまで聴いたセルの印象は録音年代が古いほど覇気があり、新しいものは均整のとれた高潔なセルの魅力は素晴らしいものの、古い時代の素晴らしい迫力とキレは少々後退してしまった印象があります。またライヴはムラはありますが、ライヴならではの迫力を感じられる演奏もあります。

このアルバムによって、セル/クリーヴランド管の未入手の演奏も一気に手に入りました。これまで未入手だったのは、92番「オックスフォード」の1961年の演奏、95番、96番「奇跡」97番の1969年の演奏ということになります。オックスフォードと97番についてはクリーヴランド管とのセッション録音が複数あったんですね。ということで、今日は未入手の演奏から95番と96番「奇跡」を取り上げようと思います。

交響曲95番(1791年作曲)
セルの最晩年の録音のひとつ。1969年1月17日、18日の録音。他の曲よりもオーケストラの響きがちょっとざらついて聴こえます。コントロールが甘いという感じというよりは録音の影響のようにも感じます。冒頭の短調の序奏から力強い響き。良い意味でザクザクした感じと勢いが感じられ、1楽章はなかなかの迫力。
2楽章に入ると艶やかな弦の響き。ただし枯れた表情が強くなります。往年のセルとは明らかに異なる表情。コントロールが行き届いているというよりはオケに任せている感じも強いですね。
3楽章のメヌエットは再びセルの覇気を感じさせるキレが見られます。オケにも火がついたのか2楽章とは明らかに異なるエネルギー感。ふたたびザクザクと刻まれる音。
そして、95番の聴き所、沸き上がるエネルギーが炸裂するフィナーレ。オケもアンサンブルは粗いものの素晴らしい吹き上がり。セルのやや冷たさを感じさせなくもない高潔な表情とは異なる、晩年のエネルギー感が素晴らしい演奏です。95番のフィナーレはこうでなくては。

交響曲96番「奇跡」(1791年作曲)
奇跡は95番の前年1968年10月11日の録音。おそらくセルの良さが最も合うと思われる曲。こちらは95番よりもまとまりのある音質で、オケも精度が少し上がります。1楽章はセルの真骨頂であるカッチリとクリアな音が印象的。序奏は意外と有機的な響き。オケの各楽器のバランスが絶妙。主題に入るとコミカルなこの曲独特なメロディーをカッチリと折り目正しく描いていきます。曲の創意と指揮者の覚醒したようなコントロールの絶妙なバランス。オケ全体に行き渡る軍隊の規律のような張りつめた緊張感。終盤のオケの力感は見事。
2楽章は艶やかなメロディーとフレージング。艶やかながら基本的には規律に従ったキリッとした面もあります。ゆったりしたメロディーがきっちり進みます。
3楽章のメヌエットは落ち着いた入り。若干溜を効かせてメリハリを強調します。一貫したリズムでメロディーを刻み、若干形式的な印象を与えてしまいます。
前曲同様盛り上がりを期待するフィナーレ。最初は力を抜いて入りますが、たびたび襲ってくる低音弦の波に刺激されるように、オケに力が漲ります。ただ、前楽章から感じられる型にハマった感はちょっとぬぐい去れず、爆発というところまでには至りません。安定感は見事故、この奇跡はセルのキリッとした折り目正しい演奏を楽しむ演奏と位置づけられると思います。

さて、まずは未聴の95番と96番「奇跡」を聴きましたが、良かったのは95番。荒々しい音色と終楽章の炸裂感が見事。それでもセルの全盛期の恐ろしいばかりの覇気とはちょっとレベルに差があります。評価は[++++]とします。奇跡の方はバランスの良い演奏ながら、生気と言うかエネルギーの面での期待とはちょっとギャップがあるところです。この辺は最初期の88番とか104番との差は大きいと思います。評価はこちらも[++++]とします。

さて、いわば晩年の演奏として、ある意味予想通りの演奏だったんですが、最初期の演奏のこれまでリリースされてきたアルバムとの差なども気になるところ。つづいて、その辺に切り込みます。

が、その前に食事です。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲95番 奇跡

パブロ・カザルス指揮の驚愕、95番、告別-2

今日は昨日のつづきです。

Casals45.jpg
TOWER RECORDS

昨日の記事はこちらをご覧ください。

ハイドン音盤倉庫:パブロ・カザルス指揮の驚愕、95番、告別

1曲目にもどって、交響曲94番「驚愕」。

こちらはマールボロ音楽祭でのが1967年7月9日の録音。告別の8年後の録音です。1楽章は響きの本質は告別と変わらないものの、オケの精度と録音の鮮明さが段違いにアップ。冒頭からオケにエネルギーが満ちあふれてます。以前取り上げたシャーンドル・ヴェーグの演奏も素晴らしいエネルギー感でしたが、ベクトルがだいぶ違って、タイトさよりも筋骨隆々系。セピア調の写真でみる昔のボディービルダーのよう。返す返すこれが91歳の指揮者のコントロールする音楽というのが信じ難いもの。
2楽章のビックリメロディー。テンポは中庸で、落ち着いた入りですが、ビックリ部分のオケの響きの分厚いこと。その後の変奏は力感たっぷりに進めます。特に力強いのが低音弦。弦楽器のコントロールは基本的ににじみのないすべての奏者のボウイングが合っているような統率のとれたもの。流石カザルスと言う部分でしょう。
3楽章のメヌエット。こちらは告別とは異なり一般的な範囲のテンポで推進力抜群の展開。というかまたもエネルギーが飛び散ってます。力感一方ではなく中間部の抑えた部分の抑え具合も秀逸故、繰り返し部分の力感がまた引き立ちます。
フィナーレは期待通り、主題に入り再度オケの力感が大爆発。序奏のメロディーの浮き立たせ方が巧いのでオケの強奏に入った時の対比効果が抜群。力まかせではないんですね。最後はエネルギーの坩堝。万来の拍手に迎えられます。驚愕はまさに驚愕の演奏。

2曲目は交響曲95番。1曲目の驚愕の前日の1967年7月8日の録音ゆえ似た傾向の演奏かと思いきや、1楽章の入りはかなりの溜めのきついフレージング。ちょっとくどいかなと思う寸前の溜め。力感も前曲ゆずりゆえかなり濃い口の演出に聴こえます。
2楽章のアダージョは一転、穏やかな表情の演奏。前半はソフトタッチの演奏で、展開部に入ると若干オケのテンションが上がりますが、ふたたび穏やかな表情に戻ります。
3楽章のメヌエットはタイトなオケの魅力が少しずつ顔をのぞかせます。カザルス独特の素晴らしいエネルギー感が徐々に現れ、オケも牙をむき始めます。
95番最大の聴き所のフィナーレ。沸き上がるエネルギーが突き抜けるでしょうか。演奏自体は素晴らしいエネルギー感ですが、テープの老朽化からか、この楽章のみ音が少々歪みっぽく、音程もほんのちょっと不安定な印象がのこってしまうのが惜しいところ。中盤以降の吹き上がる部分の演奏は最高なんですが、音響上の傷が惜しいところ。最後は前曲同様万来の拍手に迎えられます。LP時代にはこの曲がリリースされていたのにCDでは今回初リリースとのことですが、その理由がなんとなく解るような気がします。

カザルスによる素晴らしいハイドンの演奏ですが、評価は驚愕は文句なしに[+++++]、95番は1楽章のくどさと終楽章の歪みを考慮すると[+++]というところでしょうか。

やはり驚愕と告別をセットにして売り出したくなる気持ちはよくわかります。ちょっとした欠点はあるものの、このアルバムの聴き所は人間が91歳にもなって奏でる音楽の信じられないほどのエネルギーにあると思います。バッハの無伴奏チェロソナタを再発見したり、ピカソとならぶスペインを代表する芸術家という立場にあったりする20世紀の偉人カザルスがハイドンの名曲に正面から取り組んだ素晴らしいアルバムであることは間違いないですね。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 驚愕 交響曲95番 ライヴ録音 ヒストリカル おすすめ盤

フリッツ・ライナーの交響曲集

このところ交響曲に戻ってます。今日はクレンペラーの時計つながりでライナーの時計など。

Reiner88.jpg
HMV ONLINEicon

フリッツ・ライナー(Fritz Reiner)指揮のシカゴ交響楽団とフリッツ・ライナー交響楽団の演奏で、ハイドンの交響曲88番、95番、101番「時計」の3曲。もともとはRCAが録ったものをTESTAMENTレーベルが再発したものでしょう。録音は88番のみがシカゴ交響楽団の演奏で、1960年2月6日、シカゴオーケストラホールでの録音。その他が1963年9月13、16、18、29日、ニューヨークのマンハッタンセンターでの録音。何れもセッション録音です。

フリッツ・ライナーは1888年12月19日ハンガリーのブダペストに生まれたユダヤ系の指揮者。このところ取り上げているクレンペラーやアンセルメと同世代ですが、クレンペラーより3つ下ということになります。この演奏のころは70歳代ですが、亡くなったのが1963年の11月15日ですので、95番と時計は亡くなる2ヶ月前の最晩年の録音ということになります。Wikipediaなどによればライナーは88番を録音した1960年に心臓発作で一度たおれており、その後95番と時計を録音した1963年にニューヨークのメトロポリタン歌劇場で「神々の黄昏」の公演準備中に亡くなったので、ハイドンの演奏はライナーにとって鬼門だったのかも知れませんね。

1曲目のシカゴ交響楽団との88番。入るや否や分厚いシカゴ響の素晴しい精度の音響! 流石魔術師ライナー、いきなり全力投球ですね。元の録音もいいのでしょうが、TESTAMENTの復刻した音響も素晴しい。とても1960年の録音とは思えません。若干デッドで低音が薄い感じがしますが、クッキリ感を際立たせる方向の調整だと思います。1楽章の弦の速いパッセージの充実ぶりは素晴しいものがあります。インテンポでザクザク切り込む感じですが、ライナーらしく流線型のスタイリッシュさも兼ね備えています。
2楽章のラルゴは一転、クッキリさをたもちながらゆったり感も十分な展開。途中から楔のようにはいる強音は迫力満点で楽章を引き締めます。後半の鳥の鳴き声のように入るオーボエ?をちょっと遅らせて鳴らすなどの粋な演出も効いて、なかなかの出来。
3楽章のメヌエットはあえて小節をきかせて舞曲のリズムの面白さを浮き彫りに。曲の本質を良くふまえた考えられたアプローチですね。太い筆なのに非常に繊細な輪郭を描いているところが常人とは異なるレベル。
フィナーレは、非常に優しく入る開始の部分が鳥肌が立つような秀逸な解釈。いきなり引き込まれます。クレッシェンドして勢いをましたり、引いたりの波のような緻密な演出。途中、フレーズの終わりを荒々しく強調したり、テンションを落としたり、ライナーによってハイドンの楽譜がなんと豊かな表情を魅せるのでしょう。素晴しいフィナーレですね。88番は群を抜いた出来です。

つづく95番。オケが変わってフリッツ・ライナー交響楽団。収録場所もニューヨークにかわり、音響は残響豊かなゆったりした響きになり、低音も豊かに。88番の鋼のようなテンションから、力のぬけた開放的な演奏に変わりました。冒頭からの流れはライナー流の流麗さを感じさせますが、前曲で見せた緻密なコントロールというよりは、手綱を少し緩めてオケに任せて鳴らしているという印象。テンポは若干遅めでオーソドックスな解釈ですが、1楽章の最後の1フレーズを極端にテンポを落として起承転結を鮮明に表現するようなアクセントをつけます。
2楽章のアンダンテ・カンタービレはかなり遅めのテンポ。柔らかいフレージングで進めますが、とはいってもライナーのコントロールは行き渡っていて、所々に閃きを感じるアクセントがつけられて、やはり普通の演奏とは違います。
3楽章のメヌエットは音を短く切ったような表現を基調に、レガートを強調したり、細かい表現の対比で聴かせる玄人向けの演奏。これは面白いですね。途中で入るピチカートに乗ったチェロのソロも聴かせ上手。分厚い強奏の魅力をたっぷり楽しめます。
フィナーレは88番と同様、力をぬいた爽やかな入りの演出が巧み。絶妙の入りですね。ハイドンもこれほど爽やかなフレージングを想像だにしなかったでしょう。意外と速くないテンポでじっくり複雑に入り組んだ楽譜を鮮明に描き出している感じです。最後はライナー流にテンポをぐっと落として終わります。

最後は時計。1楽章の序奏は遅めのテンポでじっくり描き出していきます。主題の提示以降は素晴しい覇気溢れるオケのショーケースのような展開。この曲本来の素晴しい構成感を3Dテレビで見るような見通しのよい演奏。オケの精度は88番の手兵シカゴ響には及びませんが、ライナーのコントロールによる構成感の表現は見事の一言。盛り上がりますね。
2楽章はかなりゆっくりとしたテンポの設定。時計という曲のモチーフからすると遅すぎるきらいはありますが、ライナーが表現しようとしたのはヴァイオリンによって奏でられる旋律のとびきりの美しさでしょう。途中からの展開部も遅めのテンポでじっくり描きます。
3楽章のメヌエット。これまでの2曲とくらべると演出は若干あっさりしたものと感じます。溜やコントラスト、アクセントをあしらって創意を尽くすというより、楽譜に忠実に演奏することを優先しているよう。このアルバムの中では最もポピュラーなハイドンの交響曲故、小細工無用との判断なんでしょうか。
フィナーレはライナー特有のデリケートにおさえた優しい入りですが、ほどなく3D映像のような見事な構成感が浮き彫りになります。アルプスの雄大な山脈を空撮で眺めるがごとき素晴しい気分になりますね。これがシカゴ響の覇気溢れる音響で聴けたら卒倒確実ですね! いやいや、素晴しいフィナーレです。

評価はもちろん3曲とも[+++++]。正直88番は[++++++]を進呈すべき出来だと思います。ライナー/シカゴ響の金字塔といっても過言ではないでしょう。クレンペラーやセルなど名実ともにハイドンの名演奏とされているアルバムと比べるとライナーのハイドンはあまり知名度がある訳ではありませんが、これは素晴しい演奏ですね。ブログで取り上げるときには背景や情報を調べた上で何度か聴いた上で記事にしますが、今回あらためて聴き直して、ライナーのハイドンの素晴しさを再発見。

さて、本日は台風が関東直撃コースで北東にコースをとるなか、これからサントリーホールにアーノンクールの天地創造を聴きに出かけます。室内のコンサートゆえ中止とはならないでしょうが、帰りの電車が止まらないか若干心配でもありますね。コンサートレポートは今夜か明日にでも記事にする予定です。

それから明日で10月も終わりですので、先月より始めたHaydn Disk of the Monthの2回目の選考もしなくてはなりません。今月はどの盤が栄光に輝きますでしょうか!

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲88番 交響曲95番 時計 ヒストリカル おすすめ盤 ハイドン入門者向け

古楽器新世代、弾む機知

昨日到着をおしらせしたミンコフスキのハイドン、まずははDisc1と2の前半6曲を聴いています。

ミンコフスキのハイドンの特徴はなんといってもこれまでの古楽器での演奏とは逆のベクトルの動的な曲想表現にあると思います。
傾向としては、コープマンやノリントンに近いのかもしれません。ただし、コープマンの動的な演奏には流麗というか美しく響かせようとする秩序を感じさせ、ノリントンの動的な部分の根底には奇抜な発想と既成概念の破壊のような意図を感じさせるのに対し、ミンコフスキの方は純粋に弾むエネルギーの表現を志向し、ハイドンの機知を即興性で表現しようとする方向性の違いがあります。

このような演奏スタイルがライヴで非常に評判がいいことにつながっているよのでしょう。実際、このアルバムでも、奇跡や95番のフィナーレの盛り上がりはなかなかの盛り上がり具合で、フィニッシュまでのスペクタクルが楽しめます。
逆に、アダージョ楽章は意外とあっさりとした表現で、もしかしたら、もうすこしゆったりと演奏することでハイドンの曲のメリハリをもう少し生かせるんじゃないかと思う部分もあります。

オケの音響は録音の影響もあるかもしれませんが、低音弦が強いようで、怒濤のごとく畳み掛けるような部分はブリュッヘンに近いかもしれません。

前半6曲での私のおすすめは、96番奇跡、95番、98番といったところでしょうか。
ネット等であまり評判のよろしくない、驚愕の2楽章びっくりの部分は、むしろ悪い印象はなく、許される遊びというような印象です。

明日は、後半6曲を。
こちらも話題のドラムロールは如何に!

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲93番 驚愕 交響曲95番 奇跡 交響曲97番 交響曲98番 おすすめ盤 古楽器 ライヴ録音

歌の人、テイト

今日はジェフリー・テイトのザロモンセットを。

Tate93.jpg
HMV ONLINEicon

Tate94.jpg
HMV ONLINEicon

これまでノーマークだったテイトのハイドン。HMV ONLINEでポイントがたまっていたので、すかさずバラザロモンセットすべてとなる5枚を注文。在庫盤だったのであっという間に到着です。
今日はそのうち前半の2枚、6曲を紹介。

オケはイギリス室内管弦楽団。91年の録音で、録音はイギリスのアビーロードスタジオ。(以前クイケンのパリセットを紹介したときに触れましたね)

一聴して、現代オケの非常にオーソドックスな演奏ですが、一枚目の96番、98番ときいていくうちに、だんだんテイトの意図がわかってきました。テンポの揺らしはほとんどなく、コントラストもあえて押さえ気味、そして弦のフレージングを非常に丁寧に追い込んでいった暁に見えてきたのは歌です。小規模なオーケストラの演奏からハイドンのメロディーの美しさが浮かび上がっているではありませんか。
98番の各楽章のメロディーの美しいこと。これはこれで非常に完成度が高い演奏です。
そして93番、出だしのアダージョから惹き付けられます。

そして2枚目。94番驚愕、95番、97番とも、同様のいい出来。94番のフィナーレの折り目正しい爽快さ。97番も曲の面白さを満喫できます。

テイトはモーツアルトの交響曲集を聴いて、あまりにオーソドックスすぎて興味をもてずにいたため、長らく手を出さずにいたのですが、ハイドンは打って変わって、気に入りました。
小規模オケの良さを生かしたザロモンセットのおすすめ盤と言えるでしょう。
週末にシェルヘンのハイドンにどっぷりつかって、コンセプチュアルなアプローチに打ちのめされたあとの清涼剤のようなテイトのハイドンでした。

ちなみに、一緒にシェルヘンの未入手だった1953年の104番ロンドンのライヴ盤(TAHRA)も一緒に入手。こちらもライヴならではの迫力。懲りてません(笑)

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲93番 驚愕 交響曲95番 奇跡 交響曲97番 交響曲98番 ザロモンセット

ブルーノ・ヴァイル、ザロモンセットへ

今日の一枚はブルーノ・ヴァイルのザロモンセットのライヴ録音集。

WeilNew.jpg
HMV ONLINEicon

ブルーノ・ヴァイルはターフェルムジークという古楽器オケでハイドンのパリセットや疾風怒濤期の交響曲やミサ曲集などの録音があり、これらの録音はハイドンの古楽器による演奏で、私が最も好んで聴いている演奏です。
既に古楽器の演奏で幾多の演奏があるハイドンの交響曲ですが、演奏に生気があるという意味ではヴァイルが最右翼ではないかと思います。ピノックの演奏にも同様のエネルギーを感じますが、やや型にはまったところがあり、ブリュッヘンでは鬼気迫る分厚い音響の迫力を感じるものの生気と言うか生き生きとした感じが後退してしまってます。ホグウッドは典雅に傾き、グッドマンはコントラストをつけすぎて固さが目立ち、鈴木秀美は指揮者の過剰コントロールで生気が抜けてしまっているようにきこえてしまいます。
そう、わたしにはヴァイルがとてもバランスよくハイドンの曲を楽しめる演奏なんです。

以前、熱心に集め、よく聴いたヴァイルがザロモンセットの録音に突入していることは、このブログを始める頃まで気づいていませんでした。HMV ONLINEで見つけてようやく最近入手しました。
曲目はザロモンセットの作曲順?の最初の3曲である96番奇跡、95番、93番。2枚組で2枚目はヴァイルによるオケを使った演奏をともなった解説が含まれています。SACDハイブリッドです。

肝心の演奏は、期待が大きかった分、思ったよりおとなしいものと感じました。コンサートライヴの録音で、以前の録音より編成が大きい分スケールは大きくなりましたが、きびきびとしたタイトな感じよりは、かなり自然な節回し。オケも響きの反射音を楽しんでいるような演奏です。中では冒頭の奇跡がいちばん乗っている感じです。
2枚目の解説はドイツ語なので私もわかりませんが、この解説の所々に差し込まれる断片の演奏が、1枚目の演奏より生々しくて、意外と面白いです。

これから、ザロモンセットのこりの9曲がリリースされるのを楽しみに待ちましょう。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲93番 交響曲95番 奇跡 ライヴ録音 SACD

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:4ピアノ協奏曲XVIII:3ピアノ協奏曲XVIII:11ピアノ協奏曲XVIII:1弦楽四重奏曲Op.20ラメンタチオーネ古楽器アレルヤ交響曲3番交響曲79番交響曲88番チェロ協奏曲1番オックスフォード驚愕交響曲27番交響曲58番交響曲19番アンダンテと変奏曲XVII:6ベートーヴェンショスタコーヴィチ紀尾井ホールストラヴィンスキーラヴェルドビュッシーピアノ三重奏曲ミューザ川崎LP協奏交響曲オーボエ協奏曲日の出ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:38サントリーホールスタバト・マーテルピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:37ブルックナーマーラー十字架上のキリストの最後の七つの言葉ヒストリカル交響曲90番告別交響曲97番交響曲18番奇跡交響曲99番ひばり弦楽四重奏曲Op.64フルート三重奏曲悲しみ交響曲102番交響曲86番モーツァルトヴァイオリン協奏曲哲学者小オルガンミサミサブレヴィスニコライミサ交響曲95番交響曲93番交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23王妃ピアノソナタXVI:52武満徹SACDライヴ録音チェロ協奏曲交響曲81番交響曲80番交響曲全集マリア・テレジア交響曲21番豚の去勢にゃ8人がかりクラヴィコード無人島騎士オルランドBlu-ray東京オペラシティ交響曲10番交響曲9番交響曲12番交響曲11番太鼓連打ロンドン交響曲4番交響曲2番交響曲15番交響曲37番交響曲1番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:5天地創造ディヴェルティメント東京芸術劇場リヒャルト・シュトラウス交響曲98番ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:36ライヒャロッシーニドニぜッティピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝シェーンベルク東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4バードモンテヴェルディパレストリーナアレグリタリスすみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:6美人奏者四季交響曲70番迂闊者アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ヴェルナーガスマンシューベルト交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲51番交響曲46番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナード弦楽四重奏曲Op.76ピアノソナタXVI:51五度ラルゴピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス時の移ろい交響曲42番ベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオカノンドイツ国歌オフェトリウムモテット弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難交響曲84番パリセットベルクブーレーズ主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲50番交響曲89番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:11ピアノ小品音楽時計曲ピアノソナタXVI:47bisカートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47第九読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭変奏曲XVII:7ピアノソナタXVI:22オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲107番交響曲62番変わらぬまことジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
93位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
10位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ