ハンス・スワロフスキーの交響曲集(ハイドン)

4月のベスト盤を選んだと思っていたら世の中はすっかりゴールデンウィークです。こちらは例年通り渋滞を避けて歌舞伎見物をしたり、地元の温泉に行ったりと、近場でのんびり楽しんでおります。今日は最近手に入れたヒストリカルなアルバムです。

Swarowsky97145.jpg
amazon

ハンス・スワロフスキー(Hans Swarowsky)指揮のウィーン国立歌劇場管弦楽団(Vienna State Opera Orchestra)の演奏で、ハイドンの交響曲97番、ウィーン交響楽団(Wiener Symphoniker)の演奏で交響曲1番、45番「告別」の3曲を収めたアルバム。収録は97番が1953年、他2曲が1951年のセッション録音。録音場所の記載はありません。レーベルはSPURAPHON原盤の日本コロムビア。

スワロフスキーの録音は何点かあったと思って、所有盤リストを検索してみると、1点もヒットしません。おかしいなと思って確認すると、当アルバムのスワロフスキーの綴りが間違っていました。ジャケットには堂々と”SWAROWSKI”と記載されていますが、正しくは”SWAROWSKY”。そう末尾が違います。他のアルバムやネットでは全て”SWAROWSKY”ですので、このアルバムが間違いですね。ちなみにガラスによる宝飾品のスワロフスキーは”SWAROVSKI”。オーストリアのチロル地方の創業で、こちらは末尾は”I”ですが、途中の”W”が”V”となります。ということで正しい綴りで検索し直すと、ウィーン国立歌劇場管弦楽団との「軍隊」、「太鼓連打」、アルフレート・ホラーのソロによるトランペット協奏曲、そして同じくウィーン国立歌劇場管弦楽団を振った「哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ」全曲などのアルバムがあり、軍隊、太鼓連打のアルバムは過去に取り上げています。スワロフスキーの略歴などは下記の記事をご参照ください。

2012/02/21 : ハイドン–交響曲 : ハンス・スワロフスキー/ウィーン国立歌劇場管弦楽団の軍隊、太鼓連打(ハイドン)

リンク先の記事にも書いたように、スワロフスキーは指揮法の「名教師」としても名高い人で、ウィーン国立音楽大学指揮科の教授として活躍し、門下にクラウディオ・アバド、マリス・ヤンソンス、ズービン・メータ、アダム・フィッシャー、イヴァン・フィッシャー、ヘスス・ロペス=コボス、ブルーノ・ヴァイルなど錚々たる指揮者を育てました。また、ウィーン国立歌劇場管弦楽団との演奏自体も、現在聴いてもそのコントロールの素晴らしさを堪能できるものです。

そのスワロフスキーのハイドンの未入手の録音と知ってオークションで手に入れたもの。日本コロムビアの「ハンス・スワロフスキーの芸術」というシリーズの第4巻になります。綴りの間違いはイマイチですが、良いシリーズをリリースしてくれたものです。このアルバム自体のリリースは1997年です。

Hob.I:97 Symphony No.97 [C] (1792)
1953年録音ということで、もちろんモノラル録音ですが、音質は充分みずみずしく聴きやすい録音。ゆったりした序奏の後、主題に入ると恐ろしいほどのキレ味で畳み掛けてきます。現代でもこれだけのキレを聴かせるコントロールは滅多にありません。インテンポで物凄い勢いで攻め込まれますが、ゆったりとした休符を挟むので力ませに聴こえない素晴らしいバランス感覚。と思いきや曲の変わり目は休符を半分にしたくらい被せてきます! オケはスワロフスキーに煽られて赤熱する鉄塊のようにヒートアップ。このど迫力、同じくど迫力の名盤、アンチェルの93番を上回るもの。音量を上げて聴くとトップギアのウィーン国立歌劇場管弦楽団の奏者の汗が飛び散ってきそうなほどの迫力。特に弦楽器のボウイングは驚愕の力感。
続く2楽章はリラックスした演奏で入ります。テンポは速めで見通しの良い演奏。典雅な演奏とはこのことでしょう。キリリと引き締まったリズムに乗って秩序正しい演奏。展開部に入ると、オケが牙を剥き始めます。それでも全体的に気品すら感じさせる落ち着いた構成を保って入るのが流石なところ。
メヌエットはちょっとテープのコンディションが悪く、冒頭から少々音程がふらつくところがあります。演奏は前楽章がリズムの軽さを感じさせていたのに対し、こちらは適度な重量感を加えて迫力を増します。音量の対比と表情の変化を一定のリズムにまとめる素晴らしいコントロール。
そして期待のフィナーレは冒頭から冴え渡るオケの音色に釘付け。徐々に赤熱してくるオケ。1楽章の未曾有のキレの再現に耳が集中しますが、今度はキレた流麗さで驚かせます。速めのテンポも手伝って爽快そのもの。オケは余裕たっぷりにキレまくります。ちょっと音が飽和するところもありますが、最後は期待通りオケがキリリと引き締めて終わります。いやいや見事。

Hob.I:1 Symphony No.1 [D] (before 1759)
オケがウィーン交響楽団に変わります。ハイドン最初の交響曲ですが、手元の所有盤リストでは、その1番でも最も録音年代が古いもの。97番の異常とも言える冴え方とは異なり、こちらは平常心(笑)での演奏。ハープシコードが入ります。ただこの曲でも迫力と流麗さは充分に感じられ、やはりバランスの良さを感じさせます。オケも流石にウィーン響ゆえ典雅な音色でスワロフスキーの指示に応えます。1楽章の覇気、2楽章のしっとりとした表情、3楽章のじっくりとした描写と文句なし。

Hob.I:45 Symphony No.45 "Abschied" 「告別」 [f sharp] (1772)
このアルバムのもう一つの聴きどころはこの告別でした。冒頭の97番の突き抜けたど迫力の演奏に対し、この告別は実に趣深い名演です。録音年代が信じられないほどニュートラルな演奏。オケの精度はウィーン国立歌劇場管弦楽団には及びませんが、情感の濃さはこちらが上。1楽章から旋律のしっとりとした美しさと見通しのよい構成感が両立する素晴らしい演奏。そして2楽章のアダージョに入ると情感はさらに色濃くなりメロディーの美しさに絶妙の翳りが加わり絵も言われぬ雰囲気に。そしてあえてさらりとしたメヌエットで気分転換。中間部の陰りが続く終楽章を暗示させるのが流石なところ。
聴きどころの終楽章。前半はインテンポで畳み掛けますが、響きに独特の味わいが乗って迫力ばかりではなく趣深い音楽になります。そして奏者が一人ずつ去っていく有名なアダージョはゆったり優雅な音楽なんですが、スワロフスキーのコントロールには物悲しさを助長するように木管楽器をくっきりと浮かび上がらせます。最初は柔らかく暖かい弦の音色に包まれながらも、楽器が減っていくごとに徐々に響きの純度が上がっていき、テンポも少しずつ遅くなっていきます。最後に残るヴァイオリンの音色の美しさが印象的。この曲の美しさを知り尽くした演奏と言っていいでしょう。

アバドやメータ、アダム・フィッシャーなど名指揮者を育てたハンス・スワロフスキーの振るハイドンの交響曲3曲を収めたアルバムでしたが、このアルバム、「ハンス・スワロフスキーの芸術」というアルバムタイトル通り、スワロフスキーという人の芸術を堪能できる素晴らしいアルバムでした。97番はこれまで聴いたどのアルバムよりも踏み込んだオーケストラコントロールで97番という曲に込められたエネルギーを爆発させたような素晴らしい演奏。ウィーン国立歌劇場管弦楽団がこれほどまでに赤熱した演奏は聴いたことがありません。一方ウィーン響を振った交響曲1番と告別は趣深い名演奏。どちらも古い録音ながら、聴き続けられるべき価値を持った素晴らしい演奏です。評価は全曲[+++++]とします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲97番 交響曲1番 告別 ヒストリカル

エドゥアルド・ファン・ベイヌム/RCOの驚愕、奇跡、97番(ハイドン)

今日はヒストリカル。

Beinum949697.jpg
HMV ONLINEicon / HMV ONLINEicon(DECCA盤) / amazon(DECCA盤) / TOWER RECORDS(DECCA盤)

エドゥアルド・ファン・ベイヌム(Eduard van Beinum)指揮のアムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団(Royal Concertgebouw Orchestra)の演奏で、ハイドンの交響曲94番「驚愕」、96番「奇跡」、97番、ブルックナーの交響曲7番の4曲を収めた2枚組のアルバム。ハイドンの収録は驚愕が1951年9月、奇跡が1952年12月、97番が1953年5月、いずれもアムステルダム・コンセルトヘボウの大ホールでのセッション録音。原盤はDECCAですが、手元のアルバムはRETROSPECTIVEレーベルのもの。最近DECCAからもハイドンのみの1枚がリリースされています。また、この3曲に関してはDECCAのLPから起こしたと思われるHaydn Houseのアルバムも手元にあります。

実は最近DUTTONの1947年録音の奇跡を手に入れ、そちらのレビューをしようとして比較のためにこのアルバムを聴いてみると、双方それぞれ良さがあるのですが、一般の人にオススメするにはこちらのアルバムの方が好ましいということで、急遽レビュー盤を変更した次第。奇跡に限って言えば1947年の方は小気味よくスタイリッシュな演奏なのにくらべ、こちらはくっきりとして迫力もある演奏という違いがあります。

そもそもエドゥアルド・ファン・ベイヌムにはハイドンの交響曲は他に軍隊の録音があり、ザロモンセットから4曲を録音しており、ハイドンの交響曲をレパートリーとしていた節はありますが、これまで一度も取り上げておらず、私自身ベイヌムの他の演奏にも親しんでいなかったので、どのような音楽を作る人か、いちどちゃんと聴いてみたいと思っていた人でした。

一応Wikipediaなどを参考に略歴などに触れておきましょう。

エドゥアルド・ファン・ベイヌムは1941年、オランダ東部のアルンヘム生まれの指揮者。16歳で地元アルンヘム管弦楽団にヴァイオリニストとして入団、翌年アムステルダム音楽院に入り、ピアノ、ヴィオラ、作曲を学びました。1920年にピアニストとしてデビューしますが、アマチュアオーケストラや合唱の指揮を始め、指揮者に転向することになります。1927年に指揮者としてデビュー、オランダのハールレム交響楽団の音楽監督となり、1929年アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団への客演が成功裏に終わり、1931年にピエール・モントゥーの推薦、メンゲルベルクの招きで同楽団の次席指揮者となったのち、1938年から首席指揮者になりました。1945年、メンゲルベルクがナチスへの協力で追放されると、コンセルトヘボウの音楽監督兼終身指揮者に就任します。1949年にはロンドン・フィルハーモニーの首席指揮者に就任、そして1956年からはロサンジェルス・フィルの終身指揮者に就任します。晩年は病気がちだったとのことで1959年4月、アムステルダムでのリハーサル中に心臓発作で倒れ、57歳で亡くなりました。

アムステルダム・コンセルトヘボウ管はオランダ人の音楽監督を置くということで、ベイヌムの後任は若いベルナルド・ハイティンクが務めることになりますが、あまりの若さにオイゲン・ヨッフムが補佐として常任指揮者として1964年まで加わりました。

ベイヌムはメンゲルベルクのロマン的音楽づくりに対して客観的な解釈でコンセルトヘボウに新風を吹き込んだとされています。今聴くベイヌムのハイドンはその指摘どおり、かっちりとした迫力に満ち、しかも流れの良さも併せ持つなかなか見事なものです。

Hob.I:94 / Symphony No.94 "Mit dem Paukenschlag" 「驚愕」 [G] (1791)
1950年代の録音としてはかなり鮮明。いくぶん速めのテンポで健全なインテンポによるキリリと引き締まった音楽を創っていきます。ベイヌムの演奏スタイルはハイドンの音楽に実によくマッチしたもの。弛緩ない引き締まった表情で、ハイドンの音楽が凛々しく響き渡ります。驚愕の1楽章は構成感の緻密さが聴きどころですが、ベイヌムの手にかかると立体感あふれる彫像のような見事なフォルムを見せます。
2楽章のビックリもタイトに引き締まって、こけおどし的側面は皆無。ハイドンの音楽の気高さを強調するように、引き締まった音楽のままグイグイ攻めていき、ゆったりとした表情は見せません。オケの響きも各楽器の響きのバランスがよく、音楽の一体感も見事。
メヌエットもタイト。楽章間の対比やテンポの変化は逆に最小限。まさに一貫してタイトな音楽。休符も短めで音楽の流れの良さを強調しているよう。よく聴くとそれでも抑えるべきところで音量を絞り、単調になるのを避けています。
フィナーレはこれまでの一貫したスタイルの総決算。適度な前のめり感を保ちながらグイグイきます。オケの響きは引き締まりまくり、後年の響きの豊かなコンセルトヘボウと同じオケとは思えない禁欲的な響きで圧倒します。

Hob.I:96 / Symphony No.96 "The Miracle" 「奇跡」 [D] (1791)
続いて奇跡。驚愕の一貫してタイトな表情にくらべ、少し余裕が増して落ち着きを保っているように聴こえます。演奏の基調は前曲と同じものを感じますが、曲に仕込まれたウィットを活かしてコミカルさを感じさせる余裕があります。速いパッセージのヴァイオリンの流麗なところは流石コンセルトヘボウ、録音の違いか柔らかな印象も加わり、引き締まりながらも表情豊かなかなかいい演奏。
つづくアンダンテは前曲と異なり、普通にゆったりとした表情の演奏。中間部の攻め込みにベイヌムらしいタイトな印象を垣間見せますが、すぐにゆったりとした表情に戻ります。
メヌエットも余裕がある一般的演奏。驚愕の攻め込むスタイルがベイヌム風だとすれば、こちらは普通の演奏ですが、ハイドンの曲としては、このほんのりとタイトでバランスの良い演奏の方が曲の良さが引き立ちます。
フィナーレもタイトさを感じさせるバランスの良い演奏。この曲の面白さを象徴する楽章ですが、楽譜に仕組まれたウィットに反応してオケも自在に攻めてきます。バランスの良い秀演でした。

Hob.I:97 / Symphony No.97 [C] (1792)
最後の97番は簡単に。一番最近の録音ながら、音はちょっとこもり気味。演奏は奇跡と同様余裕をもったバランスの良い演奏。聴くと確かに新古典主義的な端正なフォルムを感じさせます。1950年代には垢抜けた演奏として受け取られたということは想像できます。この97番も奇跡もちょっと聴くとオーソドックスな、どちらかというと個性的な演奏とは言い難い演奏ですが、適度にタイトな表情の魅力と、演奏からにじみ出る味わい、ハイドンの曲の面白さを素直に表した良さがあり、これはこれで完成度の高いなかなかいい演奏です。

エドゥアルド・ファン・ベイヌムと手兵アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団によるハイドンのザロモンセットからの3曲、ベイヌムとはどうゆう音楽を奏でる人だったのかを知ることができる興味深い演奏でした。驚愕の攻め込む姿勢は非常に挑戦的ですが、ちょっと平板さもはらんでいました。逆に落ち着いて音楽をとらえた奇跡と97番は突き抜けた個性を感じさせる演奏ではありませんが、ハイドンの交響曲の演奏としては理想的な高次のバランスを保った名演とみなすことができるでしょう。こうした評価は人によってはまったく逆転することもあるでしょうが、私はバランスの良い演奏の方を採りたいと思います。というわけで評価は驚愕が[++++]、残り2曲が[+++++]とします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 驚愕 奇跡 交響曲97番 ヒストリカル

【新着】コリン・デイヴィス/LSOのライヴ交響曲集(ハイドン)

久々に交響曲の新着アルバム。待望のアルバムですね。

ColinDavisLSO.jpg
HMV ONLINE / amazon / TOWER RECORDS

サー・コリン・デイヴィス(Sir Colin Davis)指揮のロンドン交響楽団の演奏によるハイドンの交響曲92番「オックスフォード」、93番、97番、98番、99番の演奏を収めたアルバム。収録は2010年から11年にかけて、ロンドンのバービカンセンターでのライヴ。収録日は各曲のレビューに記載しましょう。レーベルはご存知LSOの自主制作LSO Live。

コリン・デイヴィスはアムステルダム・コンセルトヘボウ管とザロモンセットなどをPHILIPSに録音したアルバムが有名ですが、CD化されたPHILIPS盤は音質が往時のLPのキレの良い響きの魅力まで届かず、私はLPの方を愛聴しています。コリン・デイヴィスのアルバムはいままで結構取りあげているんですね。

2013/04/21 : ハイドン以外のレビュー : 【番外】コリン・デイヴィス/アムステルダム・コンセルトヘボウの「春の祭典」
2013/04/19 : ハイドン–交響曲 : 【追悼】コリン・デイヴィスの88番、99番
2011/10/28 : ハイドン–交響曲 : コリン・デイヴィス/バイエルン放送響の「ロンドン」ライヴ
2011/08/19 : ハイドン–交響曲 : コリン・デイヴィス/アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団の熊、雌鶏
2011/08/13 : ハイドン–声楽曲 : 【お盆特番3】コリン・デイヴィス/バイエルン放送交響楽団のネルソンミサ
2011/06/16 : ハイドン–オラトリオ : コリン・デイヴィスの天地創造ライヴ-2
2011/06/14 : ハイドン–オラトリオ : コリン・デイヴィスの天地創造ライヴ-1
2010/07/17 : ハイドン–交響曲 : コリン・デイヴィスの時計ライブ

なんと、コリン・デイヴィスの略歴を今まで紹介してきませんでしたので、このアルバムを聴きながら、ちょっと調べてみました。生まれは1927年、イングランドのロンドンの南のサリー州のウェーブリッジ(Weybridge)。貧しい家だったようでピアノを買う事ができず、最初は安価に入手できたクラリネットを学びはじめ、ロンドンの王立音楽大学にすすみます。どうもあまりピアノが上手くなかったようで、指揮者になりたいと思う一方、大学では指揮を学ぶ事ができなかったそう。また一時兵役につき、近衛騎兵連隊のクラリネット奏者として働いていました。ウィンザーに駐留中、ビーチャムやブルーノ・ワルターのコンサートを何度も聴く機会に恵まれ、兵役を終えると、王立音楽大学のかつての生徒を集めてカルマー管弦楽団を立ち上げフリーランスで指揮活動をしていました。クラリネット奏者として働く一方、指揮者としての最初のチャンスは設立されたばかりのチェルシー歌劇場で「ドン・ジョヴァンニ」を振り、すぐにバレエ団の指揮者に就任しますが、3ヶ月で倒産してしまいました。ようやく1957年にBBCスコテッシュ管の副指揮者となり活躍し始めます。転機は1959年、ロイヤル・フェスティヴァル・ホールで体調不良のクレンペラーに代わってドン・ジョヴァンニを振り、これが評判を呼んで有名になりました。また翌年にはグラインドボーンで今度はビーチャムの代役で「魔笛」を振りこれも成功。以後はサドラーズ・ウェルズ・オペラ、ロンドン交響楽団、BBC交響楽団などで活躍しました。1971年からはショルティの後任として、コヴェント・ガーデン王立歌劇場の首席指揮者に就任。その他、ボストン交響楽団の首席客演指揮者、バイエルン放送交響楽団首席指揮者、ドレスデン国立歌劇場管弦楽団名誉指揮者、そして1995年にこのアルバムのオケであるロンドン交響楽団首席指揮者に就任。オケの自主制作レーベルであるLSO Liveからはかなりの数のアルバムがリリースされています。とくにティペット、シベリウス、ベルリオーズを得意としている人という印象。亡くなったのは昨年の2013年の4月、85歳ということでした。

ということで、このアルバムはデイヴィスが80歳を超えた最晩年の貴重なライヴ。ザロモンセットが揃わないのが惜しいところですが、選曲も実に渋いところを突いています。特に、97、98、99番を取り上げるところなど、ハイドンの真髄はここにありと言わんばかりの渋さ。

聴くとすべての邪心を捨て、虚心坦懐にオケを鳴らすまさに燻し銀のハイドン。もともとアポロン的構築感と中庸の美学を重んずるハイドンを聴かせていただけに、最晩年に至って、力が抜け、オケに身を任せながらハイドンの交響曲の面白さを描ききる素晴しい演奏です。録音もSACDらしい自然なリアリティに富んだ素晴しいもの。いや、以前聴いた天地創造がちょっと期待と異なる演奏だっただけに、これほどの演奏とは思いませんでした。曲ごとに聴き所を書いておきましょう。

Hob.I:92 / Symphony No.92 "Oxford" 「オックスフォード」 [G] (1789)
2011年10月2日、4日のライヴ。バービカンセンターに轟くオケの分厚い響きが痛快。音量を上げて聴くと、部屋がバービカンセンターになったような素晴しい迫力。会場のノイズや咳払い、拍手はカットされていますが、リアリティは失われていません。スピーカーから等身大のオケが吹き出してくるよう。デイヴィスのコントロールは極めてオーソドックス。奇を衒うようなところは皆無。1楽章は分厚いオケに圧倒されます。
アダージョに入っても大河の流れのように、滔々とした音楽の流れが印象的。時折デイヴィスの声らしき鼻声がうっすらと聴こえます。すこし穏やかになったと思いきや、中間部でオケが炸裂。またしてもオケの風圧を感じるような図太い響き。終盤になるに従って音が溶け合うようになり、長い間と木管の掛け合いの美しい響きにとろけそう。
メヌエットは予想どおり、グイグイとオケの迫力で聴かせます。楽章間のバランスのよい構成はデイヴィスなならでは。そして聴き所のフィナーレの入りは軽やか、すぐに怒濤のオケに飲み込まれます。オケのスロットルのコントロールが見事。フルオーケストラの分厚い響きと軽やかなヴァイオリンの音階を自在に切り替えながら、ハイドンの名旋律を落ち着いて聴かせます。リズム感の良さは流石デイヴィス。演奏スタイルどうこうを全く意識させない、正統派の堂々としたハイドンの名演奏。

Hob.I:93 / Symphony No.93 [D] (1791)
2011年12月11日、13日のライヴ。前曲とは別の日ですが、音響は非常に良くそろっています。分厚いLSOの響きはそのまま。威風堂々とした序奏にたじろぎます。主題に入ってもあまりに素晴しいオケの響きにのけぞらんばかり。正統派の演奏の魅力にただただ立ちすくみます。93番がこれほど力感に満ちて響くとは。キレは適度ながら、推進力とリズムの正確さは素晴しいものがあります。1楽章は均整のとれたギリシャ彫刻のごとく圧倒的な存在感。
ラルゴは独特の情感を醸し出しながら、やはりオケの迫力の素晴しさで聴かせます。抑えた表現のところでもそのうちオケの響きに飲み込まれる予感が緊張をはらみます。
メヌエットは畳み掛けるよう。次々と響きの波が襲いかかり、手に汗握る展開。そしてフィナーレは少し推進力をおとしてじっくりと攻める感じで入り、ところどころリズムに力が漲って、最後の盛り上がりへ向けてオケが空ぶかしで煽ります。最後は冷静に盛り上がってフィニッシュ。

Hob.I:97 / Symphony No.97 [C] (1792)
2010年5月6日、9日とこのアルバムでは一番古い日付。好きな97番。デイヴィスのこの演奏スタイルで聴かされるとあって、聴く前から身構えます。デイヴィスは1楽章の機知にあふれた曲想を相変わらず大局的な視点でグイグイ音にして行きます。前2曲にくらべて少し枯れて聴こえはするものの、オケの迫力は相変わらず。人間80歳を越えてこのような迫力に溢れた音楽を生み出せることに驚きます。アダージョ、メヌエットは前2曲同様、オケの迫力をベースにした上での自然な表現。フィナーレも最後に間をしっかりとってハイドンの仕込んだユーモアをきっちり描いて終わります。いやいや見事。

CDを入れ替えて2枚目。

Hob.I:98 / Symphony No.98 [B flat] (1792)
2011年12月4日、6日のライヴ。冒頭から力漲るサウンド。やはり前曲でちょっと枯れた印象があったのは録音の期日が古かったからでしょうか。この曲では響きは鮮明、デイヴィスのコントロールは手綱のテンションが少し下がって、オケに身を任せているようです。刻むリズムの迫力に徐々に打たれて行きます。コントロールはしなやかさを増し、実に柔らかい響きを造っています。このアルバムでもっとも自然体な演奏スタイル。1楽章終盤はすこしリズムが重く感じました。
アダージョははじめてぐっと沈み込みます。これまで中庸なリズムと大河のような流れの一貫性で聴かせてきたデイヴィスですが、この曲のアダージョに至って情が深くなり、音楽に陰りが見えまず。ほんの少しの違いですが、すこし感情移入の方にに振れてきました。
メヌエットに入っても力の抜け具合はいい感じ。フィナーレは意外に朴訥な感じで入ります。最後に鍵盤がコミカルに加わるイメージがあるので、そこここにその前振りがあり、このころの交響曲でも独特のユーモラスな曲調。デイヴィスも力が抜けてゆったりとコントロールしているよう。最後はリズムを強調して、珍しく誇張した表現。金管が一音とちりますが、気にせず終了。

Hob.I:99 / Symphony No.99 [E flat] (1793)
2011年5月28日、6月2日のライヴ。1楽章はこのアルバムでも一番踏み込んだ演奏。穏やかかに聴かせる演奏が多い曲ですが、リズムが活き活きとして快活。デイヴィスの棒が冴えているのがわかります。穏やかな曲なのに素晴しい高揚感と引き締まった響きにぐっと来ます。
アダージョに入るとオケの奏者のソロが絶妙なキレを聴かせ、絡み合うメロディーの綾に魅せられます。時折大波のように押し寄せる弦楽器の艶やかなこと。絶品。デイヴィスも唸ってます。中間部の展開の迫力はこのアルバム共通。
メヌエットはやはりスロットルコントロールによってオケが自在に吹き上がる快感に溢れたもの。ティンパニのリズムが冴え、ホールの空気を自在に揺らしている感じ。最後はかなり溜めてフィナーレの入りを引き立てます。
フィナーレはアルバムの最後にふさわしく神々しいばかりに堂々とした演奏。途中のコミカルなフレーズは抑え気味でオケの迫力を際立たせるのでしょうか。正統派のオケの魅力を振りまくような素晴しい迫力。最後は本当に怒濤の迫力で締めます。バービカンセンターに本当は鳴り響いたであろう拍手がカットされているのが惜しいところ。素晴しい演奏でした。

コリン・デイヴィスの亡くなる2年前の最晩年に手兵ロンドン交響楽団を振ったハイドンの交響曲5曲を収めたアルバム。夕暮れのビッグベンを写したジャケットの写真といい、ホールの雰囲気をそのまま伝える鮮明な録音といい、そしてライヴらしい活きた音楽の流れといい、ハイドンを聴くには絶好のアルバム。コリン・デイヴィスと言う人の生き様を音にしたような、素晴しいライヴでした。人は80歳を越えて、これほど純粋無垢な音楽を奏でられるものなのでしょうか。特に99番は絶品。フィナーレこそ岩のような堅牢さを聴かせたものの、デイヴィスが踏み込むようすがよくわかる演奏。そして冒頭のオックスフォード、93番も名演です。期待した97番、98番は他の3曲の素晴しさと比べるとちょっと差がついてしまうというのが正直なところ。オックスフォード、93番、99番を[+++++]、他2曲は[++++]ということにしておきましょう。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ライヴ録音 SACD オックスフォード 交響曲93番 交響曲97番 交響曲98番 交響曲99番

アダム・フィッシャー/ハイドン・フィルの97番、102番

今日はハイドンといえばこの人、アダム・フィッシャーのアルバム。

AdamFischer97.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

アダム・フィッシャー(Adam Fischer)指揮のオーストリア・ハンガリー・ハイドン・フィルハーモニー(Österreisch-Ungarische Haydn-Philharmonie)の演奏でハイドンの交響曲97番、序曲「哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ」、交響曲102番の3曲を収めたアルバム。収録は2006年9月14日から17日、アイゼンシュタットのハイドンザールでのセッション録音。レーベルはmDG。

このアルバムのライナーノーツにはハイドンザールのステージに立つアダム・フィッシャーとハイドンフィルのメンバーの素晴しい写真が収められているので、こちらも紹介しておきましょう。

AdamFischer97_2.jpg

アダム・フィッシャーと言えばこのウェブサイト。

アダム・フィッシャー&ハイドンフィルハーモニーファンクラブ

こちらはご存知の方も多いでしょう。

もちろん、当ブログでもアダム・フィッシャーのハイドンは何度が取りあげています。ドラティに次いでハイドンの交響曲全集を完成させた人として、ハイドンファンの皆様はおなじみの人でしょう。

2012/12/26 : ハイドン–交響曲 : アダム・フィッシャー/オーストリア・ハンガリー・ハイドン管弦楽団の哲学者、24番
2011/01/23 : ハイドン–交響曲 : アダム・フィッシャーのマーキュリー、悲しみ、告別
2010/01/24 : ハイドン–交響曲 : アダム・フィッシャー全集その後

アダム・フィッシャーといえば、当初Nimbus Recordsで全集の録音をはじめ、途中でNimbusの活動休止に伴い断念したかと思いきや、廉価盤勃興の祖、BRILLIANT CLASSICSからいきなりNimbus未発表の録音もまとめて全集として発売されビックリしたのが懐かしいですね。その全集後、今度はmDGレーベルからザロモンセットと序曲等をあしらったアルバムがSACDとしてリリースされ、ザロモンセットを再録音かと思いきや、今日取り上げる3枚目がリリースされた以降、次が出ていない状態かと思います。

上の哲学者と24番の記事で触れた通り、アダム・フィッシャーのハイドンの交響曲では、全集の完成にかなりの年数を要しており、録音年の古い曲では躍動感漲る素晴しい演奏が多いのに対し、後年になるほど、冷静さが目立つようになっていく傾向があります。今日取り上げるアルバムは2006年とかなり最近の録音で、しかもハイドンザールで収録したSACDということで、あらためてフィッシャーの最近のハイドン演奏を知る上では重要なものでしょう。

Hob.I:97 / Symphony No.97 [C] (1792)
SACDだけに録音は万全。ハイドンザールに響きわたる小編成オケの響きが鮮明にとらえられています。アダム・フィッシャーのコントロールは速めのテンポでキビキビした非常に精度の高いもの。前記事で聴いたマリス・ヤンソンスの演奏とは異なり、ハイドン演奏の伝統の延長にある演奏。アタックの力感をカッチリと出して、97番の楽興を畳み掛けるように実に上手く表現していきます。1楽章は見事な構築感。
続くアダージョはサラサラと軽めの表現と中間部の爆発の対比の構図を鮮明に表す事を狙ったのでしょう。ハイドンが仕組んだ機知を汲み取って、ホールにいるハイドンに伝えているよう。ハイドンの音楽を知り尽くしたフィッシャーならではの自在な表現。2楽章の終わり方一つとっても、かなりのこだわりがあるようです。
メヌエットも実に痛快。ティンパニの響かせ方が最高。メロディに潜んでいる遊び心がそこここに芽吹いてくるようすがよくわかります。鮮明な録音で各楽器の重なりも鮮明に分解され、フレーズひとつひとつが鮮明に浮かび上がります。録音の威力ですね。
フィナーレも機敏な演奏。リズムがキレて、フレーズのクッキリ度がさら上がります。ハイドンの書いた楽譜に仕込まれたリズムとメロディ、ウィット、演奏者や聴衆を驚かせようとした機知が鮮明に浮かび上がります。これぞハイドン。素晴しすぎます。97番のベスト。

Hob.XXVIII:13 / "L'anima del filosofo, ossia Orfeo ed Euridice" 「オルフェオとエウリディーチェ,または哲学者の魂」序曲 (1791)
劇的な序奏からはじまる曲。オペラの幕が上がる前の興奮をそのまま伝える演奏。まるでライヴを聴いているような素晴しい迫力と躍動感。これまた素晴しい。

Hob.I:102 / Symphony No.102 [B flat] (1794)
そして名曲102番。おだやかな曲想を踏まえてか、アダム・フィッシャーは97番ほどのキレを見せず、むしろニュートラルな表情を意識しているよう。アクセントとは逆に音を印象的に抑えるところを上手くつかって変化をつけていきます。ただ、徐々に盛り上がっていくのがこの曲の面白さ。そこを十分にふまえて徐々にアクセルを踏んでいくのがよくわかります。1楽章のフィニッシュに至ってオケがフルスロットルに。
2楽章のアダージョはハイドンの交響曲のアダージョの中でも穏やかな美しさが印象的な曲。古い演奏の中にもメロディーの美しさが印象的なものが多い名曲です。フィッシャーはメロディーの美しさを適度に表しながらも、終盤の爆発との対比を鮮明に演出して、メロディーの表現は抑え気味にします。これもハイドンを熟知したフィッシャーならではの表現。
メヌエットではハイドンフィルの意外に迫力のある音色が実に効果的。少し溜めて迫力を演出。中間部ののどかな響きをあえて室内楽的な手作り感あふれる雰囲気にまとめるあたり、ハイドンのディヴェルティメントを聴いているよう。
期待のフィナーレは、コミカルな導入からにクライマックスまでの躍動感溢れる盛り上げ方が聴き所。フレーズごとの表情付けの多彩な変化はアダム・フィッシャーならでは。流石に交響曲全集の録音を成し遂げている人ならではの経験が活きています。ハイドンの交響曲の面白さが詰まった曲であることがこの演奏でよくわかります。最後のテンポとトーンを落とすところは見事の一言。

アダム・フィッシャーのハイドンの交響曲の最新録音。ハイドンを知り尽くしたアダム・フィッシャーによって、ハイドンの交響曲の最高の演奏がハイドンザールでの素晴しい響きとともに鮮明な録音で収められた素晴しいプロダクション。久しぶりに取り出して聴いてみて、その素晴らしさにあらためて打たれました。3曲とも素晴しいのですが、特に97番はこの曲のベストと断定します。97番の面白さを最も上手く表現した演奏でしょう。評価は全曲[+++++]とします。ハイドンの交響曲の面白さを堪能です。

この続き、是非リリースしてほしいものです。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲97番 交響曲102番 哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ SACD

ハワード・シェリー/スイス・イタリア語放送管弦楽団の97番

少し涼しくなってきたので、さっぱり地味目の交響曲の演奏を。前記事のレストロ・アルモニコの演奏を聴いて、穏やかな交響曲の演奏をもう少し聴いてみたくなった次第。

Shelley.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

ハワード・シェリー(Howard Shelley)指揮のスイス・イタリア語放送管弦楽団(Orchestra della Svizzera Italiana)の演奏でハイドンのザロモンセットを収めた4枚組のアルバム。今日はこの中から交響曲97番を取りあげます。97番の収録は2008年5月、スイス、ルガーノにあるステリオ・モーロ・オーディトリウムでのセッション録音。レーベルは英hyperion。

このアルバムがリリースされたのは2009年と比較的最近のことでハイドン没後200年に合わせて発売されたものだと思います。もちろん発売直後に手に入れましたが、オーソドックスな演奏という印象だけで、特段記憶に残るものではありませんでした。ただ、ハイドンのザロモンセットをいきなりセットでリリースするということは、よほどの自信があってのことでしょう。もう少しちゃんと聴かなくてはと思っていたアルバムです。

指揮のハワード・シェリーは1950年ロンドン生まれのイギリス人ピアニスト、指揮者。ロンドンの王立音楽大学で学び、1971年、ピアニストとしてウィグモア・ホールでデビューしました。同年マイケル・ティルソン・トーマス指揮のロンドン交響楽団とも共演し、以降世界的に活躍するようになり、またレコーディングも数多くこなすようになりました。1985年には指揮者として活動するようになり、ロンドン・フィルやロンドン交響楽団、ロイヤル・フィルなどのイギリスのオケをはじめとして、ヨーロッパやオーストラリアのオケ等を指揮、ロンドン・モーツァルト・プレイヤーズの首席客演指揮者として20年以上にわたって緊密な関係を保っています。他にスウェーデンのウプサラ室内管弦楽団やカメラータ・ザルツブルクなどとも演奏を重ねています。

この実力派のシェリーのアルバムのなかから何曲か聴いて、相性の良さそうな97番を取り上げた次第。

Hob.I:97 / Symphony No.97 [C] (1792)
序奏からバランスの良いタイトな響き。さっぱりと爽快感のある響きの序奏ですが、主題に入ると、小規模ながらキレのいい推進力のあるメロディーを聴かせます。小気味好くエネルギーを感じさせ、畳み掛けるような演奏。オーソドックスなテイストながら、ハイドンの面白さのツボを押さえた演奏。現代楽器による演奏ですが、古楽器風のさっぱり感。ノリントンのようにことさらノンヴィブラートを強調するのではなく、自然さを基調としたもの。要は癖のない演奏という印象です。97番の1楽章ように適度なアタック感のある曲としてはなかなかの感興。前におかれた奇跡では此処ぞというところでかなり派手にスローダウンしますが、この曲では平静を保って、逆にいい感じ。
2楽章は教科書的なオーソドックスさで入りますが、中盤の強奏から宿るエネルギーで目が覚めます。シェリーの音楽は誠実そのもので、いい意味でも悪い意味でも遊びがなく、穏やかな理想のイメージの演奏に追い込んでいくようなアプローチが特徴。音楽の幅を広げるのにはもう一歩の踏み込みが欲しい反面、このオーソドックスさが貴重と思える部分もあります。
メヌエットも同様のスタンス。楽章間で変化をつけるよりは、流れの一貫性を旨としているよう。様々な演奏がリリースされているこの実直さは逆に貴重でしょう。メヌエットの中間部に至って少し華やいだ感じを強めるのが新鮮。
フィナーレでは流石に鮮明さを上げ、クッキリした表情と沸き上がる音楽の魅力を放ちます。それでも八分の力で余裕を残した感じ。金管の隈取りが効果的に決まり、オケの響きに彩りが加わり、徐々にメリハリがついてきた感じをうまく表現しています。最後はキリッと引き締めて終わります。

ハワード・シェリーの97番は、ハイドンの交響曲を聴き込んできたベテランの方にオススメしたい、ノンヴィブラート気味の透明感をベースにした小気味好いオーソドックスな演奏。伝統的な演奏とは確かに違いを感じますが、全体を貫く一貫したオーソドックスさはハイドンの交響曲としては定番のアプローチ。違いのわかる人には、じつに慈しみ深く聴こえるかもしれません。逆に一聴して地味な演奏でもあります。97番と言う小気味好い演奏が似合う曲と相性の良い演奏でしょう。評価は[++++]とします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲97番

ガーディナー/ウィーンフィルの90番、97番ライヴ

これはいつ手に入れたのか、記憶にありません。未登録盤を入れたボックスに長らくはいっていたもの。この夏は未聴のCD-Rをいくつか取りあげます。

GardinerWPO.jpg

ジョン・エリオット・ガーディナー(John Eriot Gardiner)指揮のウィーンフィルハーモニー管弦楽団の演奏で、ハイドンの交響曲90番、97番の2曲を収めたアルバム。90番が1995年1月15日、97番が2002年2月1日のライヴ。ホールがどこかは記載がありませんが、ムジークフェラインでしょうか。レーベルはKAPELLMEISTERというアメリカのCD-Rレーベル。

ガーディナーには天地創造や四季、後期のミサ曲など、ハイドンの声楽曲の録音があります。しかし独特のちょっとせかせかしたフレージングの多い演奏がどうもしっくりこず、ハイドンに関してはあまりいい評価をしていません。当ブログでも天地創造を取りあげておりますので、リンクを張っておきましょう。

2010/06/01 : ハイドン–オラトリオ : ガーディナーの天地創造

そのガーディナーがウィーンフィルという現代最高のオケの一つを振ったハイドンの交響曲のライヴはどうでしょうか。

Hob.I:90 / Symphony No.90 [C] (1788)
力感はあるものの若干不鮮明な、いかにもCD-Rらしい録音。ただ音楽は抜群の生気。ウィーンフィルに染み付いたハイドンの音楽をガーディナーが呼び覚ましている感じ。不鮮明な録音からでも感じるウィーンフィルの素晴らしい木質系の弦楽器の音。きっちりとした速めのテンポでくっきり浮かび上がるハイドンの名旋律。古楽器を演奏したときの堅苦しさは微塵もなく、非常にのびのびとした音楽。木管の美しさ、弦楽器の美しさ、テンポ感の良さ、くっきり浮かび上がるメロディーの美しさと申し分なし。細かい節回しの絶妙な巧さは流石ウィーンフィルというところでしょう。これはすばらしい90番の予感。
2楽章のアンダンテも木質系の弦楽器の美しい音色にうっとり。ウィーンフィルの美しい音色で、この楽章に特徴的な大きな波が押し寄せるような大迫力の音響を表現。終盤の木管楽器の絡み合う部分の美しさは素晴らしいものがあります。
メヌエットもウィーンフィルの美音が印象的。これで録音がもう少し良ければと思わざるを得ません。ガーディナーははっきりいって古楽器を振ったときよりもかなりいいです。会場のノイズもそれなりに聴こえますが、変な処理をしていない分音楽に生気があり、結果的に会場の興奮をダイレクトに伝えられているということでしょう。
フィナーレは速めのテンポで抜群の生気。この楽章のエネルギーは凄まじい迫力。ハイドンの終楽章の最上の演奏といっても過言ではありません。くっきりとしたコントロールにウィーンフィルが万全の演奏で応えます。この楽章は終わりそうで終わらないラトルの演出が記憶に新しいところですが、演出ぬきでもこの演奏のキレは素晴らしい。ベルリンフィルのある意味鋼のような合奏力と、ウィーンフィルの木質系の音楽に満ちた合奏力の違いも大きいですね。これは素晴らしい演奏。会場は拍手喝采。

Hob.I:97 / Symphony No.97 [C] (1792)
こちらはだいぶ新しく2002年2月の演奏で、録音のクリアさは上がってるんですが、冒頭1楽章の出だしで何度か録音レベルが明らかに変わります。まあ、CD-Rということでご愛嬌ですが、ウィーンフィルの美しい響きがより鮮明に聴こえるようになり、細かいことは気になりません。ガーディナーは97番という曲の曲調もあって、1楽章は落ち着いた入り。ウィーンフィルの標準的な演奏という感じですが、それだけで十分に美しい演奏。やはりハイドンのことを熟知したウィーンフィルならではの演奏ということができるでしょう。ありがたくて拝みたくなるような演奏。弦楽器の響きは最高です。技術ではなく音楽がそこにあります。1楽章は威風堂々とした素晴らしい彫刻的な仕上がり。
つづくアダージョはちょっと速めで弦楽器のさざ波のような音楽が心地良い演奏。中盤以降のオケの爆発時にホール内に響き渡るオケの音が痛快。何となくムジークフェラインのような気がします。後半ヴァイオリンの音がはっきりと鮮明さを増します。何か奏法を変えているのでしょうか。ここでもハイドンの機知に唸るばかり。2楽章の録音は安定しています。
3楽章のメヌエットはちょっとリズムに変化を持たせて表現の幅を広げます。比較的じっくり構えた演奏。97番というおおらかな曲調を踏まえたものでしょう。途中のヴァイオリンのソロの美しさも流石ウィーンフィル。
予想通りフィナーレも飛ばさず、じっくりいきます。前曲の暴風のような素晴らしい盛り上がりもいいものですが、97番のフィナーレはじっくり行ってほしい方ですので、いい方に振れてます。前曲よりもウィーンフィルがリラックスして弾いていることがわかります。最後に消え入るような静寂をはさんで、響きの海に。こちらも万雷の拍手に包まれますが、拍手のフェードアウトがあっという間なのがご愛嬌。

90番は素晴らしいエネルギーに溢れた名演。97番はウィーンフィルがオーソドックスに演奏したハイドンですが、両者とも結果的にはライヴ好きの私には素晴らしい演奏。両曲ともに[+++++]としました。ガーディナーの汚名挽回ですね。ちなみに巷では評判の演奏が多いガーディナーですがいまひとつ古楽器の演奏で没入できるものに出会いません。今回の演奏は古楽器風の演奏でもなければノンヴィブラートの演奏でもありません。いわゆる普通に現代楽器を振った演奏として素晴らしいということ。ガーディナーの素顔はどこにあるのでしょうか。

今回のアルバムでちょっと興味をもち直しましたので、HMVの40%OFFセール便乗で、未入手の四季を注文しちゃいました。こちらは届いてよかったらレビューします。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲90番 交響曲97番 ウィーンフィル CD-R ライヴ録音

【新着】バーンスタイン/NYPの97番、98番DVD

今日はもう1枚いきます。

Bernstein97.jpg
HMV ONLINEicon

レナード・バーンスタイン指揮のニューヨークフィルの演奏で、ハイドンの交響曲97番、98番の演奏。1975年エイヴァリー・フィッシャーホールでの収録のDVDです。DVDはドリームライフレーベル。

ご存知のとおり、私はいまひとつバーンスタインのハイドンのアルバムは今ひとつ評価しきれない印象をもってます。ヨーロッパの伝統に対し、バーンスタインの演奏から醸し出されるアメリカンな雰囲気にちょとしたアレルギーがあるのが正直なところ。

ところが、このDVDを見て、軌道修正です。古い映像ですが、そこから聴こえてくる音楽はタイトで引き締まったものでした。このDVDの演奏はいいです。

最初は97番。少人数に絞られたニューヨークフィルのメンバー。1楽章は中庸なテンポながら、バーンスタインの自在なタクトのコントロールに従い、いきなり引き締まった主題を演奏。ただならぬ殺気です。油っこくもなく、表情が濃すぎることもありません。映像を見ると客席に観客はいないため、映像収録目的のセッションでしょう。切れの良い旋律が奏でられていきます。ノリノリのバーンスタインの指揮とは対照的にオケはタクトの指示に従い淡々とした進行。ただし表現の幅は非常に大きく、しかも集中力も素晴らしいものがあります。1楽章を聴くだけでただならない迫力を感じます。後半の展開部の迫力も素晴らしいものがあります。ニューヨークフィルの全盛期のエネルギーが直接放射されるような素晴らしい力感。最後は古典の矜持を守るような素晴らしい感興。
2楽章のアダージョは、素晴らしい表現の深さを感じさせますが、演奏は極めてオーソドックス。この演奏でニューヨークフィルの実力が浮き彫りに。途中から増す迫力。素晴らしい力感。オケは微動だにしない平常心で素晴らしい感情の起伏を演出。プロですね。なにげに巧いのがティンパニ。バーンスタインの表情豊かな指揮にあわせて、オケのメリハリを明確につけていきます。
3楽章のメヌエットは入りから大迫力。やはりヨーロッパの伝統というよりは、純粋に楽譜をバーンスタイン流にホールに再現というニュアンス。素晴らしい迫力の演奏。度肝を抜かれるとはこのことでしょう。ハイドンのメヌエットがバーンスタインの解釈によって大音響で降誕した感じ。
フィナーレは素晴らしい推進力。観客のいないホールにニューヨークフィルのオケの大音響が響き渡ります。次の98番は観客入りの演奏ですが、観客の有無でライヴ感もだいぶ変わります。こちらはオケがホールの隅々まで響き渡る快感を感じられます。オケの力感も素晴らしいものがあり、ノリは最高潮。フィナーレは興奮の坩堝と化します。流石はバーンスタイン、オケをならすという意味では突き抜けた演奏です。

続く98番。97番は非常にオーソドックスな演奏だったんですが、98番は違います。1楽章の主題からギアを下げて超低速テンポになります。ビックリするようなじっくりさですが、それほど違和感はありません。バーンスタインは核心をつくような恍惚の表情で何事もなかったように進めます。それにしてもオケの一人一人は巧いですね。ニューヨークフィルの全盛期の素晴らしいアンサンブルですね。1楽章は落としたテンポで通します。ダイナミックレンジは振り切れんばかりで、テンポ以外は素晴らしいノリの演奏。ちょっと気になるのはオケのメンバーが指揮者をほとんど見ていないこと。バーンスタインの身振りが視線を合わさなくても伝わるほど大きいためか、はたまたオケと指揮者の関係の微妙さを物語るものかは解りません。
2楽章のアダージョ。2楽章はふつうのテンポに戻り、違和感はなくなります。呼吸の深さは素晴らしいものがあります。相変わらす表現の幅が大きくニューヨークフィルのメンバーの深いフレージングは圧倒的な迫力。途中チェロのソロが入る部分の映像がありますが、これぞ至福の瞬間という絶妙のタイミング。やはりバーンスタインの全身全霊を傾けたフレージングは素晴らしいものがありますね。この楽章は聴き所ですね。
3楽章のメヌエットは、大迫力の音響。出だしのバーンスタインのバックスイングに反応してオケも素晴らしい演奏。テンポはゆったり気味ですが、濃い演出。バーンスタインがタクトを振り下ろすたびにオケがフルスロットルに。溜めも迫力も素晴らしいんですが、ちょっとくどい印象も否めません。途中からタクトを持たない手で指揮をする変化は流石バーンスタイン、見せ場を作ります。
フィナーレは、軽い雰囲気で入りますが、次第にオケがかぶさって重厚な音響に。この楽章はフィナーレにしては長く8分以上の曲。バーンスタインは踊るように恍惚の表情。途中の転調からは表情の変化を付けますがすぐにオケの力感漲る強音に飲み込まれるよう。フィナーレの盛り上がりはエィヴァリー・フィッシャーホール中に轟かんばかりの大音響。最後はチェンバロの繊細な音色が心にしみる隙もなく、大音響で締めくくります。98番は観客がおり拍手喝采で終わります。

評価は97番が[+++++]、98番は[++++]というところです。97番の意外にもオーソドックスながらバーンスタイン節が良い方向に働いた演奏と、98番のちょっとくどくなってしまった演奏という評価。いずれにしてもバーンスタイン全盛期のニューヨークフィルとの貴重な映像の記録であることは間違いありません。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲97番 交響曲98番 DVD おすすめ盤

新着! コープマンの97、98番

昨日HMV ONLINEからついたばかりのアルバムの1枚。

Koopman9798.jpg
HMV ONLINEicon

トン・コープマン指揮、アムステルダム・バロック管弦楽団の演奏によるハイドンの交響曲98番、97番。2009年9月、アムステルダムでのセッション録音のようです。交響曲の録音はかなり久しぶりで、今回はザロモンセットの第1巻との表記ですので12曲の録音を目指したものでしょう。レーベルはこれまでのERATOレーベルではなくCHALLENGE CLASSICSというレーベル。

コープマンのハイドンの録音は、交響曲はパリセットから3曲と疾風怒濤期の3曲の6曲が知られていますが、何れも1980年代、90年代の録音。他にオルガン協奏曲、ピアノ協奏曲などの録音がありますが、新しいものでも94年の録音。ハイドン自体の録音が相当久しぶりということになります。

私がコープマンの指揮する演奏で印象に残っているのはモーツァルトのディヴェルティメントK.136、137、138、251のセットを収めた1枚。なんという繊細な響きのコントロール。流麗なK.136のメロディーを他の演奏とは全く違う音響で表現。弦の一音一音の出だしの角をすべて滑らかに丸く削ったような不思議な表現ですが、その表現が古楽器の繊細な音色と、非常にきめ細かい音量コントロールと相俟って、磨き抜かれた絶妙なモーツァルトの響きを再現しています。このアルバムに代表されるような繊細な響きというか色彩感豊かな古楽器の響きがコープマンの一番の特徴でしょう。あとはモーツァルトの交響曲21番、23番、24番、27番を収めたアルバム。特に23番の響きの素晴しさ、流れるような構成は息を飲まんばかりのもの。以前その指揮姿をダンパーの緩んだ車のようだとふれました(ノセダの太鼓連打)が(笑)、どっこい生み出す音楽はすばらしいものがあります。

モーツァルトの特に初期の作品の演奏では素晴しい演奏をしていたコープマンですが、これまでのハイドンの交響曲の録音ではその繊細な響きはそのままに、ほの暗いハイドンの音楽をじっくり表現しています。流麗、華麗さの表現においては一際鮮烈な印象を残したものの、ハイドンにおけるコープマンの表現はオーソドックスな範囲に聴こえてしまっていたのが正直なところ。果たしておよそ20年を経過して録音した新たなこのアルバムは如何なる演奏でしょうか。

まず98番から。冒頭の響きはある意味コープマンらしい柔らかい響きの特徴が薄れ、むしろダイナミックな印象。録音の関係か、色彩感よりもダイナミクスに特徴を感じます。弦の音色が以前に比べ響きよりも直接音の主体に。コープマンらしいところはオーソドックスなリズム感とフレージング。オケの各奏者は人数の少ない小編成だけに一人一人の音がよく聴こえ、テクニックも素晴しいもの。以前の録音としての響きの美しさではなく、まさに録音会場にいるような音響が時代の流れを感じさせます。
聴き所は2楽章と終楽章でしょうか。2楽章はあっさりした表現ながら、コープマン流のフレーズコントロールが行き渡り、端正な中にも叙情性を感じさせる表現。終楽章は弦と金管のアクセントのメリハリをつけながら複雑な音符を巧くまとめ、最後はコープマン自身のハープシコードを交えてスケール大きなフィニッシュ。

続いて97番。冒頭から迫力あるオーケストラ。曲調からから97番のほうが流れがいい感じです。コープマンの良さがオケの響きを生かした曲のほうが合っている感じです。途中の木管の響きが非常に美しい。こうした各楽器とマスとしてのオーケストラの掛け合いが97番の聴きどころですが、対比は抜群。ただし、強奏部分のオケがちょっと重い印象もあります。1楽章最後の部分でのティンパニがどすっと来る独特の音色でいい感じです。
2楽章は弱音の美しさが際立ついい演奏。コープマンのアダージョは、さっぱりした叙情性がいいですね。相変わらず木管の音色も美しくほれぼれします。3楽章が速くてビックリ。流れるようなメヌエット。そして終楽章も比較的速めのテンポで入りリズムのエッジを段々に立てていき、最後はオーケストラの各楽器の響きの競演に。どちらかというと98番のほうがいい出来と感じました。

ザロモンセットをリリースするのに最もマイナーな97番、98番から始めるあたり、コープマンやレーベルの意図はどこにあるのか判然としませんが、おそらくいろいろな演奏の刷り込みが少ない曲から、最新のコープマンの純粋無垢な響きを印象づけるという狙いかもしれません。1枚目の出来は今後のリリースの売上げをおそらく大きく左右することになるでしょうから、重要のものかと思います。

総じて、以前のコープマンのスタイルと、最近の現代楽器による古楽器演奏の成果を取り入れた演奏の中間のような演奏というとわかりやすいでしょうか。コープマンらしい特徴が少し薄まってしまい、ハイドンの交響曲の演奏としての踏み込みという点でも、もう一歩踏み込んでほしいという印象を残しました。当ブログの評価は両曲とも[++++]としました。

ちなみに、今後のリリースはおそらくすべて手に入れるのが当ブログの責務でありますので、続くリリースもその度にレビューしていきたいと思います。コープマンは注目するアーティストですので。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲97番 交響曲98番 古楽器 モーツァルト

古楽器新世代、弾む機知

昨日到着をおしらせしたミンコフスキのハイドン、まずははDisc1と2の前半6曲を聴いています。

ミンコフスキのハイドンの特徴はなんといってもこれまでの古楽器での演奏とは逆のベクトルの動的な曲想表現にあると思います。
傾向としては、コープマンやノリントンに近いのかもしれません。ただし、コープマンの動的な演奏には流麗というか美しく響かせようとする秩序を感じさせ、ノリントンの動的な部分の根底には奇抜な発想と既成概念の破壊のような意図を感じさせるのに対し、ミンコフスキの方は純粋に弾むエネルギーの表現を志向し、ハイドンの機知を即興性で表現しようとする方向性の違いがあります。

このような演奏スタイルがライヴで非常に評判がいいことにつながっているよのでしょう。実際、このアルバムでも、奇跡や95番のフィナーレの盛り上がりはなかなかの盛り上がり具合で、フィニッシュまでのスペクタクルが楽しめます。
逆に、アダージョ楽章は意外とあっさりとした表現で、もしかしたら、もうすこしゆったりと演奏することでハイドンの曲のメリハリをもう少し生かせるんじゃないかと思う部分もあります。

オケの音響は録音の影響もあるかもしれませんが、低音弦が強いようで、怒濤のごとく畳み掛けるような部分はブリュッヘンに近いかもしれません。

前半6曲での私のおすすめは、96番奇跡、95番、98番といったところでしょうか。
ネット等であまり評判のよろしくない、驚愕の2楽章びっくりの部分は、むしろ悪い印象はなく、許される遊びというような印象です。

明日は、後半6曲を。
こちらも話題のドラムロールは如何に!

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲93番 驚愕 交響曲95番 奇跡 交響曲97番 交響曲98番 おすすめ盤 古楽器 ライヴ録音

歌の人、テイト

今日はジェフリー・テイトのザロモンセットを。

Tate93.jpg
HMV ONLINEicon

Tate94.jpg
HMV ONLINEicon

これまでノーマークだったテイトのハイドン。HMV ONLINEでポイントがたまっていたので、すかさずバラザロモンセットすべてとなる5枚を注文。在庫盤だったのであっという間に到着です。
今日はそのうち前半の2枚、6曲を紹介。

オケはイギリス室内管弦楽団。91年の録音で、録音はイギリスのアビーロードスタジオ。(以前クイケンのパリセットを紹介したときに触れましたね)

一聴して、現代オケの非常にオーソドックスな演奏ですが、一枚目の96番、98番ときいていくうちに、だんだんテイトの意図がわかってきました。テンポの揺らしはほとんどなく、コントラストもあえて押さえ気味、そして弦のフレージングを非常に丁寧に追い込んでいった暁に見えてきたのは歌です。小規模なオーケストラの演奏からハイドンのメロディーの美しさが浮かび上がっているではありませんか。
98番の各楽章のメロディーの美しいこと。これはこれで非常に完成度が高い演奏です。
そして93番、出だしのアダージョから惹き付けられます。

そして2枚目。94番驚愕、95番、97番とも、同様のいい出来。94番のフィナーレの折り目正しい爽快さ。97番も曲の面白さを満喫できます。

テイトはモーツアルトの交響曲集を聴いて、あまりにオーソドックスすぎて興味をもてずにいたため、長らく手を出さずにいたのですが、ハイドンは打って変わって、気に入りました。
小規模オケの良さを生かしたザロモンセットのおすすめ盤と言えるでしょう。
週末にシェルヘンのハイドンにどっぷりつかって、コンセプチュアルなアプローチに打ちのめされたあとの清涼剤のようなテイトのハイドンでした。

ちなみに、一緒にシェルヘンの未入手だった1953年の104番ロンドンのライヴ盤(TAHRA)も一緒に入手。こちらもライヴならではの迫力。懲りてません(笑)

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲93番 驚愕 交響曲95番 奇跡 交響曲97番 交響曲98番 ザロモンセット

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
スクロールできます。

剃刀ひばり古楽器弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:268人のへぼ仕立屋に違いない東京オペラシティバードタリスパレストリーナモンテヴェルディアレグリ天地創造すみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ライヴ録音マーラーストラヴィンスキー弦楽四重奏曲Op.9アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:6交響曲97番ヒストリカル告別交響曲1番美人奏者ピアノソナタXVI:39四季迂闊者交響曲70番交響曲12番東京芸術劇場太鼓連打ピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:3アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:4SACDバリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンディヴェルティメントヴェルナーモーツァルトベートーヴェンシューベルトLPピアノソナタXVI:38ラメンタチオーネ哲学者交響曲80番交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲46番交響曲35番交響曲51番協奏交響曲ヴァイオリン協奏曲DVDピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:52交響曲47番十字架上のキリストの最後の七つの言葉テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:34ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:40アリエッタと12の変奏XVII:3ピアノソナタXVI:20サントリーホールラ・ロクスラーヌ帝国弦楽四重奏曲Op.76皇帝ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:51五度ラルゴピアノ三重奏曲弦楽四重奏曲Op.64日の出チェロ協奏曲ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33軍隊リヒャルト・シュトラウス騎士弦楽四重奏曲Op.74弦楽四重奏曲Op.20交響曲17番ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:27シベリウス武満徹時の移ろい交響曲4番無人島交響曲42番ベルリンフィル交響曲19番ホルン信号弦楽四重奏曲Op.55弦楽四重奏曲Op.54王妃交響曲87番交響曲86番フルート三重奏曲トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:25驚愕時計ロンドンリュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナ英語カンツォネッタ集アレルヤピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ホルン協奏曲ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲78番交響曲79番交響曲81番交響曲99番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードモテットドイツ国歌カノンオフェトリウムスタバト・マーテルピアノソナタXVI:42弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールクラヴィコードパッヘルベル弦楽四重奏曲Op.17交響曲102番アダージョXVII:9受難ピアノソナタXVI:35パリセット交響曲84番ベルクブーレーズ交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41ショスタコーヴィチ交響曲57番交響曲68番オーボエ協奏曲リラ・オルガニザータ協奏曲悲しみリーム交響曲89番交響曲50番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10奇跡交響曲18番交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタ交響曲98番ドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生交響曲93番ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11音楽時計曲ピアノ小品カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストシェーンベルクピアノソナタXVI:14オーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:12変奏曲XVII:7ピアノソナタXVI:22オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノピアノソナタXVI:2ヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場マリア・テレジア裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ピアノソナタXVI:8ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場弦楽四重奏曲Op.2皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ小オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番交響曲10番サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CDドビュッシー交響曲28番交響曲13番交響曲95番交響曲108番交響曲107番変わらぬまこと交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲9番交響曲2番交響曲3番スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤン弦楽三重奏曲スウェーリンク書籍交響曲65番ニコライミサ交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽Blu-ray狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2016年9月のデータ(2016年9月30日)
登録曲数:1,361曲(前月比+3曲) 登録演奏数:9,608(前月比+87演奏)
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
98位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
5位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ