ダイダロス四重奏団の太陽四重奏曲集(ハイドン)

予告通りクァルテットを。最近入手したアルバム。ハイドンのクァルテットの素朴な魅力を実にうまく表現しています。

DaedalusQ.jpg
TOWER RECORDS / amazon / HMV ONLINEicon

ダイダロス四重奏団(Daedalus Quartet)の演奏による、ハイドンの弦楽四重奏曲Op.20「太陽四重奏曲集」の6曲を収めた2枚組みのアルバム。収録は2009年1月6日から8日、2月3日から5日、ニューヨークの芸術文学アカデミーでのセッション録音。レーベルはニューヨークのBRIDGE RECORDS。

ダイダロス四重奏団は全くはじめて聴くクァルテット。結成は2000年と比較的最近結成された団体で、アメリカ、カナダを中心に活動しているよう。第1ヴァイオリンを固定せず、2人で曲ごとに交代して担当するシステムをとっているようです。メンバーは下記の通りです。

ヴァイオリン:キム・ミンヨン(Min-Young Kim)
ヴァイオリン:キム・ギョヨン(Kyu-Young Kim)
ヴィオラ:ジェシカ・トンプソン(Jessica Thompson)
チェロ:ラマン・ラマクリシュナン(Raman Ramakrishnan)

このアルバムをリリースしているBRIDGE RECORDSから、2006年にラヴェル、シベリウス、ストラヴィンスキーの作品を収めたアルバムをリリースしており、それがデビュー盤。その後都合6枚のアルバムをリリースしているということで、それなりに実力のある団体です。現代音楽も得意としているようで最近リリースされている三作は現代アメリカの作曲家、エリオット・カーター、ローレンス・ディロン、ジョージ・パールの作品。若手ながら、ハイドン、それも太陽四重奏曲集をリリースしてくる志の高さは買わなくてはなりませんね。

冒頭に触れた通り、演奏はハイドンの弦楽四重奏曲の素朴な魅力を感じさせるもの。現代音楽が得意ということで、演奏テクニックはかなりのものですが、テクニックを超えたところにある素朴な音楽の魅力を踏まえたもの。ハイドンを前にすると純粋になってしまうのでしょうか。今日は2枚組のアルバムから2枚目のNo.4とNo.5の2曲を取り上げましょう。No.4がキム・ギョヨン、No.5がキム・ミンヨンが第1ヴァイオリンと務めています。

Hob.III:34 String Quartet Op.20 No.4 [D] (1772)
いきなりザラっとした弦楽器の感触が心地よいですね。流石に現代音楽を得意としているだけにアンサンブルの精度は高いですが、音をかっちり出そうという感じはせず、虚心坦懐にハイドンを楽しもうという姿勢を感じます。よく聴くと音は鋭いのですが、余計なことをしていないので純度が高く、どちらかというと禁欲的に響きます。ハイドンの曲の魅力を十分に知っているからこその、この質実剛健な表現なのでしょう。1楽章は引き締まった表情に凛ととした美しさが宿ります。
つづく2楽章でもこのスタイルは変わらず、緊張感が持続します。聴き進めるとヴァイオリンではなくヴィオラやチェロの担当するメロディーを強調して、ハイドンの書いた楽譜の影の部分にもスポットライトを当てて、クァルテットの魅力はヴァイオリンばかりではないとでも言いたげなバランスが印象的。キリッとした喉越しの辛口の酒のごとき風味。響きは辛口ですが、音楽には素朴な暖かさを感じさせるのが流石。
メヌエットがここまでの曲の流れからすると意外に弾みます。そしてフィナーレでは響きの鮮度が上がり、アンサンブルのキレの良さをさりげなく聴かせます。それでも皆八分くらいの力での演奏ゆえ、音楽が軽やか。ハイドンがハイドンたることをよく踏まえたコントロール。間をしっかりとって、自在なアクセルワーク。この余裕たっぷりのスタンスが心地よいですね。

Hob.III:35 String Quartet Op.20 No.5 [f] (1772)
第1ヴァイオリンが女性に変わります。こころなしかしなやかな弓裁き。もちろん前曲同様全体に辛口なテイストであることに変わりありません。鮮明な録音も手伝って4人の織りなすハーモニーの美しさはなかなかのもの。短調の名曲ですが、この曲でも凛とした美しさを感じさせます。現代音楽の冷徹な印象ではなく、現代から古典をとらえた明確な視点の存在を感じる演奏といったらいいでしょうか。曲に対して入り込まず、かといって冷静すぎず、適度な距離感がダイダロスの特徴なのでしょう。
つづくメヌエットは前曲ほどは弾まず、適切な腰の重さで入ります。逆にすこし練るようなところもあり、曲に潜む気配のようなものに応じて表現を変えてきています。
秀逸なのがつづくアダージョ。朗らかで素朴な曲の面白さを味わえとばかりに、非常に直裁な表現。ササッと弾いているようですが、そこから味わい深い響きが滲みでて、まさに至福の瞬間。このさりげない音楽こそハイドンの音楽の真髄でしょう。音量を抑えたところの実に奥ゆかしいこと。
終楽章のフーガは、音楽の神様に祈るような敬虔さが宿りますが、表現が控えめなのがかえって音楽の純度を高めています。訥々と弾き進めていくうちにフーガの高みにさりげなく昇りつめ、おだやかさを保ったまま終わります。

音楽を演奏するということは、どこかにこだわりがあるもので、それが力強さだったり、鮮烈さだったり、静謐さだったりと、音の表情にでやすい特色なことが多いものですが、このダイダロス四重奏団のこだわりは、音楽に対する適度な距離感を保つことではないかと思った次第。実にさりげなく、没入することなく、かといって客観的すぎず、現代の視点から古典の名曲をさりげなく演奏し、そこからジワリと滲み出る魅力こそハイドンの真髄との確信があるのでしょう。実に深い演奏です。似たタイプがあまりない演奏。私は気に入りました。レビューしていない4曲も同様、なかなか考えさせる演奏でした。評価は[+++++]をつけます。ハイドンの室内楽を聴き込んだ方にこそ聴いていただきたいアルバムです。かめばかむほど味の出る演奏とはこのことです。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 太陽四重奏曲 弦楽四重奏曲Op.20

ドーリック弦楽四重奏団の太陽四重奏曲集(ハイドン)

仕事バタバタで、なかなか音楽を聴く隙がありません(苦笑)。それでもなんとかレビューをしなくてはとの想いでCDプレイヤーにアルバムをセットして聴いています。

DoricSQ20.jpg
TOWER RECORDS / amazon / HMV ONLINEicon

ドーリック弦楽四重奏団(Doric String Quartet)の演奏によるハイドンの弦楽四重奏曲Op.20「太陽四重奏曲集」から、No.1からNo.6の6曲を収めた2枚組のアルバム。収録は2013年10月7日から9日、12月2日から4日、イングランドのロンドン北西の海沿いの街、サフォークのポットン・ホール(Potton Hall)でのセッション録音。レーベルは英CHANDOS。

このアルバム、比較的最近リリースされたものながら当方の手元になかったものですが、それを見抜いた湖国JHさんが一連のアルバムとともに送り込んでこられたもの。ただし、当方もほぼ同時に注文を入れてあり、なぜかほぼ同じ時期に手元に着き、現状2組のアルバムが手元にあるという状態です。まあ、レビューに取り上げるべしとの啓示があったと理解して、取り上げる次第(笑)

ちなみにドーリック弦楽四重奏団のハイドンは別のライヴ盤を一度取り上げています。

2013/06/20 : ハイドン–弦楽四重奏曲 : ドーリック弦楽四重奏団のウィグモアホールライヴ

ウィグモアホールでのライヴは2009年の収録に対して、今日取り上げるアルバムは2013年と4年後の録音。その間、ヴィオラが女性に変わっています。

第1ヴァイオリン:アレックス・レディントン(Alex Redington)
第2ヴァイオリン:ジョナサン・ストーン(Jonathan Stone)
ヴィオラ:エレヌ・クレモン(Hélène Clément)
チェロ:ジョン・マイヤースコウ(John Myerscough)

ウィグモアホールのライヴの記事を読んでいただければわかるとおり、このクァルテット、かなりの実力の持ち主との印象ですが、こんどはセッション録音ということで、また違った側面が見えるでしょうか。

Hob.III:31 / String Quartet Op.20 No.1 [E flat] (1772)
ウィグモアホールのライヴが、ライヴらしい緊張感と素晴らしい覇気に溢れた演奏だったのに対し、こちらはセッション録音らしい落ち着いた演奏。もちろん同じクァルテットなので、演奏のスタンスは共通したものがありますが、ウィグモアホールライヴの張り詰めた緊張感があまりに素晴らしかったので、その分、特別感は下がって聴こえます。Op.20のNo.1は曲の流れの良さを軸にした演奏が多い中、この演奏は響きの変化と即興性に焦点を当てたようなアプローチ。全員の創意をそれぞれ感じながら、意欲的に曲をデフォルメさせていきます。迫力というより創意で攻めてますね。十分に意欲的なんですが、この曲の良さを素直に表現した演奏以上に説得力があるかと言われれば、これ以上の演奏もいろいろあるという感じです。
メヌエットはキレ重視。弓使いが軽く、リズムの面白さを際立たせます。そして3楽章は現代音楽のような精妙な響きをベースにハイドンの美しいメロディーが織り交ぜられたもの。意外とこのあたりから引き込まれてきます。そしてフィナーレも入りは軽いタッチのボウイングが特徴。途中からギアチェンジして迫力に転化。途中特徴的なデフォルメで個性を主張。なかなか斬新なアプローチの演奏でした。

Hob.III:32 / String Quartet Op.20 No.2 [C] (1772)
続くNo.2も同様のスタンスながら、No.1より明らかに楽器が良く鳴ってます。よりライヴに近い臨場感のある演奏。演奏時のノリの良さも重要ということでしょう。各奏者が折り重なるようにせめぎ合いながらメロディーをつないでいく部分のクッキリとしてキレの良さがこのクァルッテットの面白さを代表するようです。4本の楽器の音色はそれぞれ異なるのですが、演奏スタイルは一貫していて、音楽の造りは緊密。1楽章の最後の弱音の表現も秀逸。臨場感もあり、現代性もある新時代のハイドンという印象。続く2楽章の楔を打ち込むような入りからの展開は曲の起伏を浮かび上がらせるこのクァルテットならでは冴えた現代性を感じさせます。自在にテンポを動かしタイトに攻め込みます。音程がずれそうなほどの強音で圧倒。そして静寂。ハイドンから夕陽に映える山脈のような深い陰影を浮かび上がらせます。メヌエットも同様、キリリと引き締まったヴァイオリンの高音に隈取られたアンサンブルの面白さが際立ちます。さっと立ち上がり、さっと引く呼吸の妙。そしてフィナーレは軽妙洒脱なボウイングに脱帽。

Hob.III:33 / String Quartet Op.20 No.3 [g] (1772)
CD1の最後はNo.3。こちらも楽器が良く鳴って、演奏のなめらかさもかなりのもの。CDに収められた順に収録したかはわかりませんが、No.1から進むにつれてリラックスしてきているように感じます。間の取り方も余裕が加わり、音楽が落ち着いてきて、ドーリック四重奏団の創意あふれる演奏と自然さのバランスが一番良くなってきています。録音も響きが一番柔らかい印象です。演奏の特徴はNo.2同様。この曲でも洗練された現代風のハイドンの面白さを存分に聴かせます。

ドーリック弦楽四重奏団のハイドンの太陽四重奏曲集、前半の3曲を取り上げました。No.1のノリが少々弱いことから最初は少し違和感を感じましたが、聴き進むうちに演奏も落ち着き、このクァルテットの創意溢れる演奏の魅力に徐々に引き込まれていきました。Op.20には名演奏が多いですが、このクァルテットのアプローチはオーソドックスではなく、かなりデフォルメを織り交ぜ、表現者の面目躍如。クレーメルのような切れ味がありますが、音楽が冷徹なわけではなく、楽天的なところもあることがハイドンとの相性を良くしているようです。評価はNo.1は[++++]、他2曲は[+++++]とします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 太陽四重奏曲 弦楽四重奏曲Op.20

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
スクロールできます。

ディヴェルティメントヴェルナーガスマンベートーヴェンモーツァルト東京オペラシティシューベルトLPピアノソナタXVI:31ピアノソナタXVI:38ヒストリカルアンダンテと変奏曲XVII:6ライヴ録音哲学者交響曲80番交響曲67番ラメンタチオーネピアノソナタXVI:24美人奏者交響曲51番交響曲35番交響曲46番ピアノ協奏曲XVIII:11ピアノ協奏曲XVIII:3ピアノ協奏曲XVIII:4協奏交響曲ヴァイオリン協奏曲古楽器天地創造ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:52ピアノソナタXVI:49交響曲47番ピアノソナタXVI:48十字架上のキリストの最後の七つの言葉テレジアミサピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:34ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:28バリトン三重奏曲アリエッタと12の変奏XVII:3ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:20サントリーホールラ・ロクスラーヌ帝国弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナード皇帝ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:51五度ラルゴ四季交響曲1番ピアノ三重奏曲日の出ひばり弦楽四重奏曲Op.64チェロ協奏曲ピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:36東京芸術劇場ピアノ協奏曲XVIII:11ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.1リヒャルト・シュトラウス軍隊騎士弦楽四重奏曲Op.74弦楽四重奏曲Op.20交響曲17番ピアノソナタXVI:27ピアノソナタXVI:1アンダンテと変奏曲(XVII:6)弦楽四重奏曲Op.103シベリウス武満徹マーラー交響曲4番無人島交響曲42番時の移ろいベルリンフィル告別交響曲19番ホルン信号弦楽四重奏曲Op.55弦楽四重奏曲Op.54交響曲86番王妃交響曲87番弦楽四重奏曲Op.9フルート三重奏曲トランペット協奏曲スコットランド歌曲集ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:25驚愕時計ロンドンピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲ピアノ協奏曲XVIII:6チェチーリア・ミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナアレルヤピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6ホルン協奏曲ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲81番交響曲79番交響曲78番交響曲99番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードモテットカノンオフェトリウムドイツ国歌ピアノソナタXVI:37スタバト・マーテルピアノソナタXVI:42弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルクラヴィコード弦楽四重奏曲Op.17太鼓連打交響曲102番太陽四重奏曲アダージョXVII:9交響曲70番受難ピアノソナタXVI:35パリセット交響曲84番ブーレーズベルクイタリアンピアノソナタXVI:6交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71チェチーリアミサオペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41スコットランド歌曲ショスタコーヴィチ交響曲57番交響曲68番タイ料理ビールオーボエ協奏曲リラ・オルガニザータ協奏曲SACD悲しみパリ交響曲集リームラーメン交響曲50番交響曲89番CD-R偽作スタバトマーテル清水トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10ヴァイオリンとピアノのための協奏曲XVIII:6交響曲97番奇跡交響曲18番交響曲77番交響曲34番ストラヴィンスキーロープウェイ日本酒温泉フルートソナタワイン蕎麦長野DVD交響曲98番ドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生交響曲93番ピアノソナタうなぎ旅館和食うどんシングルモルトダムカートリッジ雅楽そばプロコフィエフヘンデル英語によるカンツォネッタ集サン=サーンス交響曲36番リストシェーンベルクピアノソナタXVI:14オーディオバリトン二重奏曲ピアノ協奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番ピアノ三重同曲迂闊者洋食パスタ諏訪国立劇場歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47第九読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:39変奏曲XVII:7ピアノソナタXVI:22オペラ序曲天地創造ミサほうとう国立西洋美術館焼肉ジャズネルソンミサ横浜弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番聴き比べピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:43カフェフレンチ古楽器風カレー東急文化村ノットゥルノピアノソナタXVI:2ヴェーベルン哲学者の魂またはオルフェオとエウリディーチェライヴappleiMac鹿児島料理府中の森芸術劇場裏切られた誠実マリア・テレジアバリトン五重奏曲音楽時計曲ハイドン入門者向け居酒屋焼酎歌曲ピアノソナタXVI:11ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:G1散歩ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェファリャ定食お寺モルトインド料理マリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲トランッペット協奏曲外食自宅料理中華展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集とんかつウイスキー焼き鳥シャンゼリゼ劇場8人のへぼ仕立て屋に違いない弦楽四重奏曲Op.2皇帝讃歌交響曲24番小オルガンミサ大オルガンミサCDラックiPhone新橋演舞場交響曲10番交響曲5番ポルトガル料理演劇赤坂ACTシアターテ・デウムサルヴェ・レジーナ日帰り温泉喫茶狛江インドネシア料理カッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ギネスベトナム料理国立新美術館高音質CD剃刀庭風景狛江のお店ピアノとヴァイオリンのための協奏曲ドビュッシーネパール料理交響曲28番交響曲13番交響曲95番交響曲108番変わらぬまこと交響曲107番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲9番交響曲2番交響曲3番スカルラッティ府中のお店映画カンタータ声楽曲牛タン戦時のミサルテアトル銀座ヴァイオリンとオルガンのための協奏曲珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコード中華料理マーキュリージャケット買い管弦楽曲お宅訪問Mac室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番焼き肉冷麺韓国料理飲み食いギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤン弦楽三重奏曲テレビ番組スウェーリンク書籍セル交響曲12番交響曲65番ニコライミサ交響曲71番ハイボールアプラウステンシュテットピアノソナタXVI:13アーノンクールピアノ小品ラトル魂の歌海鮮寿司仙台グルダヤナーチェクモンゴル料理現代音楽ワールドカップノンサッチ長岡鉄男クロノス・クァルテットリュートBlu-rayマイケル・ジャクソンiPad狩りショップピアノ曲アップルのめり込んだ経緯

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2016年9月のデータ(2016年9月30日)
登録曲数:1,361曲(前月比+3曲) 登録演奏数:9,608(前月比+87演奏)
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
143位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
13位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ