【番外】関西・四国・中国大紀行(その12)

(つづき) その1

津山郊外の絶品ラーメン店、麺屋大輔の駐車場で、カーナビにセットした行き先は、兵庫県小野市の浄土寺。一般的にどの程度知られているかはわかりませんが、日本建築史上の傑作の一つです。

津山から小野までは100kmほど。麺屋大輔は津山のはずれにあったため、まずは津山市内に入ります。意外と言っては失礼ですが津山は大きな街。駅前近くになると吉井川という川添いに出て、程なく中国自動車道の津山インターに差し掛かります。ナビの指示どおり、津山インターから高速に乗り、そのまま東へ。再び美作、佐用、福崎、加西と関東人には妙に新鮮な地名を眺めながらのドライブ。そして滝野社(たきのやしろと読む!)インターで高速を降りるようナビに促され、中国高速を降ります。そのまま国道175号を南下すると、小野市に入り、浄土寺との看板が目に入ります。いよいよ、まだ見ぬ至宝に出会えます。

浄土寺に到着すると広い駐車場はあるものの車はほとんど停まっていません。この日は平日木曜日ということですが、これほどの名建築にしては少々寂しい雰囲気も漂います。ジリジリと照りつける日差しのなか、人気のない駐車場に車をとめ、まずは目指す、国宝浄土堂の位置を確かめます。

IMG_8346.jpg

浄土堂は脇の入り口を入ってすぐのところにいきなりありました。

Wikipedia:浄土寺(小野市)

この浄土寺浄土堂が日本建築史上画期的な存在であり、ここを一目見ておきたいと思っていたのには、学生時代の日本建築史の授業にさかのぼります。鎌倉時代、鎌倉五山の建築の権威だった担当教授の授業での圧倒的な迫力の講義の印象がいまだに脳裏から消えません。

IMG_8349.jpg

この浄土寺にある国宝浄土堂は、東大寺の大勧進職を務めた、俊乗房重源が建久8年(1197年)に建立したもの。それまでの日本建築の伝統的工法、意匠とは全く異なる大仏様という中国伝来の様式で建てられた建物。他に大仏様で建てられ、今に残るものは同じく重源による東大寺南大門があります。

IMG_8348.jpg

日本建築の象徴的な意匠に軒下の木製の組み物があり、これを枓栱(ときょう)と言いますが、法隆寺などからつづく日本建築の枓栱は、柱の上に繊細な組み物を乗せて行くのが一般的です。ところが、この浄土寺浄土堂や東大寺南大門など大仏様の建物では柱の上に組ものを組むのではなく、柱に水平の貫がぐさりと突き刺さるもの。肘木も挿肘木(さしひじき)といって、柱にぐさりと挿すものになります。この写真の浄土堂の枓栱でも挿肘木による直線的なリズムが構造の面白さを直裁に表現しています。日本建築の時代変遷は枓栱を見ると概ねわかるものですが、後にも先にもこうしたダイナミックかつ直裁な意匠のものは存在しません。これは重源が中国に行って直接中国の建築様式を学び、その手法を日本にもたらしたものだからと言われています。

Jodoji.jpg

この浄土堂が素晴しいのは、こうした枓栱の様式が特殊だという点ではありません。残念ながら内部は撮影禁止でしたので、写真は拝観料をいただいてもらったパンフレットをスキャン。内部はこの大仏様のストラクチャーの面白さが炸裂。柱間3間づつの正方形のお堂の柱をつなぐ貫や虹梁が飛び交い、しかも朱塗りの虹梁の下側には構造を目立たせるためか、白塗りの縁取りがされ、まさに構造自体を見せる、モダニズムにも通じる意匠。そしてそのお堂一杯の大きさで収められた快慶作の阿弥陀三尊像。仏像をお堂を造った後に運び入れるのが難しいほどお堂一杯の大きさで収まっています。天井を張らず、垂木が露出しているので屋根裏の構造が一層目立っています。

内部はまさに圧巻。柱の上昇感はカルナック神殿か、サンピエトロのバルダッキーノ(天蓋)を思わせるもの。中央にそびえ立つ阿弥陀三尊像まわりをゆっくり廻るとまさに極楽浄土。夕方にさしかかると、仏様の背の西側の蔀(しとみ)戸から夕陽が差し込み堂内が朱に染まって来るのですが、この日はまだ時間はやく、明るかったですね。皆でしばらく堂内をのんびり見学。受付の方がしきりにこの阿弥陀三尊像の花の高い端正な顔立ちが素晴しいとおっしゃってたのが印象に残りました。是非朱に染まる頃再訪してみたいと思います。

IMG_8360.jpg

外に出て屋根を仰ぎ見ると、ほとんど反りのない端正なカーブ。

IMG_8355.jpg

西にまわると先程光をとっていた蔀戸。

IMG_8351.jpg

外見はなんということもないお堂ですが、やはり実際に見るとその素晴らしさが一層よくわかりました。この旅のはじめに立ち寄った宇治平等院鳳凰堂とともに、浄土思想の建築的表現の究極の姿といっていいでしょう。学生時代の講義のインパクトそのままの大迫力のお堂でした。



暑いなか歩き回ったので、少々疲れ気味。ということで、一路本日の宿をとってある神戸に向かいます。小野から神戸まではそれほどの距離ではありませんが、カーナビにセットすると、なにやら高速道路の分岐が多数。さながら首都高で目黒から箱崎を通って駒形に抜けるような道のり(笑) これはナビのアシストなしでは行けそうにありません。

浄土寺を出て先程の国道175号をさらに南下すると、今度は山陽自動車道の三木小野インターにさしかかります。ここから高速に乗り、いろいろクネクネ分岐して、なぜか初日に通った明石大橋のたもとまで来ます。一歩間違えると淡路島に入ってしまいそうな中、ナビの指示に巧みに応じて、神戸方面に舵を切ります。そして柳原というところで降りるよう指示があり、神戸の街に入ります。街中をしばらく進み、ハーバーランドや三宮のあたりにさしかかってようやくこの日の宿に到着します。

初日から旅館泊まりがつづいていたので、この日は変化球でホテルです。この日は三宮の老舗ホテル、オリエンタルホテルをとっていました。横浜に似た港町のクラシカルな風情。久しぶりに都会に来ました(笑)

旅はもうすこし続きます。

その13へ)

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

tag :

【番外】母親の喜寿に伊豆旅行-2

伊豆の国パノラマパークのロープウェイで伊豆の景色を堪能したところで、お昼が近くなってきました。近くでお昼をいただくとしたら修善寺に出るのが良かろうということで、修善寺に向けて出発です。

なんとここから修善寺までは10キロほどでしょうか、あっという間についてしまいます。

修善寺の街は、道が狭く車を止める所もないので、共同浴場の筥湯(はこゆ)裏の駐車場に車を停めます。修善寺の街には父が元気だった、3年前の10月に伊豆旅行に来た際に立ち寄っています。そういう意味では「センチメンタル・ジャーニー」の目的地としてもいいところ。

前回には立ち寄らなかった、修善寺(街)のイコン、修善寺(お寺)に立ち寄ってみる事に。

曹洞宗福地山修善寺

IMG_5713.jpg

以前来た時には、旅の終盤に立ち寄ったため、父にお寺に寄る体力が残ってませんでしたので、素通りでした。

IMG_5712.jpg

修善寺は大同2年(807年)、弘法大師が創建したとつたえられるお寺。当初はこのあたりが桂谷と呼ばれていたことから桂谷山寺と呼ばれていたが、鎌倉時代初期に修善寺と呼ばれるようになったとのこと。鎌倉時代に源頼朝の弟、範頼、頼朝の息子頼家の二人が修善寺に幽閉され、その後殺害されたことでも知られているそうです。なんとなく訪れたところのことを調べておくと、記憶も確かになるものです。

境内は意外とコンパクトですが、そこここにヴィジュアルに訴えるものがあります。

IMG_5711.jpg

本堂正面右にある達磨の顔が彫られた石。お寺のウェブサイトにも特に説明もないのでネットを調べてみると、文字通り「だるま石」というそう。江戸時代にここに置かれたようですが由来はわからないようですね。

IMG_5714.jpg

そしてこちらは本堂正面左の檀信徒開館の前にならんだ羅漢。こちらも由来はよくわかりません。ただ羅漢はひとつひとつ表情が面白く、見ていて飽きません。

IMG_5718.jpg

境内の水屋の龍の口からながれているのは温泉。諏訪大社も同様でしたが流石温泉地です。

IMG_5715.jpg

脇に竹林があったり、街中から続く階段に花があったりと、何気ないお寺なのに風情があるお寺。やはり修善寺という街のイコンだけのことはありますね。鐘楼堂の屋根と境内の木々の間から射す陽の光がなんとなくいい感じでした。



街中に出ると、日曜日のお昼近くゆえ、観光客もずいぶん多くなり、混み合ってきました。朝食はいつも通り、行きの車中でのコンビニおにぎりだったので、そろそろお腹も減ってきました。今晩の旅館の食事はおそらくデラックスでしょうから、軽めのお昼をとろうということになり、食べログなどを検索します。

そこで出てきたのは3年前も昼食をいただいたお蕎麦屋さん。

IMG_5723.jpg

食べログ:朴念仁(ぼくねんじん)

修禅寺前から少し旅館街に歩いて入ったところ。前まで行ってみると、並んでいる形跡はなかったんですが、がらりと引き戸を開けるとずいぶん待っている人がいました。どうしようかと思いましたが、待ってみる事に。幸い5分くらいで席が空き、さほど待たずに座ることができました。

IMG_5720.jpg

普段だったら、つまみから入るところですが、軽めというコンセプトはぶらさず、お蕎麦だけを頼みました。写真は私が頼んだ「つけとろ蕎麦」。母親は「鴨汁蕎麦」、嫁さんは「胡麻だれ蕎麦」。あっさりコースです。ここのお蕎麦は十割蕎麦。かなり細めに刻んだ蕎麦で、口当たりは繊細、味は田舎蕎麦、ツユはなかなか出汁が効いて、後味はよろしいです。ヴォリュームも少なめなので、今日のニーズにぴったり。注文からお蕎麦が出るまでもさして時間がかかりませんでした。前回ここに来たときの記事を読み返すと、同じようなものを食べていましたね(笑)



ほどなくお腹も満ちて、そろそろ温泉に入りたい気分です。朴念仁の横から竹林のあたりを通って再び修善寺前に戻ります。

IMG_5727.jpg

修善寺まで来たので、いちおうここには入らねばならないでしょう。

IMG_5729.jpg

筥湯(はこゆ) - 伊豆市観光協会修善寺支部

ここにはだいぶ前に一度入っていますが、記憶も曖昧。とりあえず腹ごなしに入ってみようということになりました。

IMG_5736.jpg

筥湯の横にそびえる、高さ12mの仰空楼(望楼)。どうやら階段で上まで上がれるようで下が、今日は下から眺めるのみ(笑)

IMG_5730.jpg

外の混雑振りとは異なり、筥湯は空いていました。入る時には誰もいませんでしたので、浴槽内をパチリ。

IMG_5731.jpg

ついでに上を仰ぎ見て建物の小屋組をパチリ。建屋はなかなか凝ったものです。お湯はアルカリ性単純泉。癖のない無色透明なお湯で、温度も41、2度と温め。若干カルキ臭が漂いますが観光地ゆえ仕方のないところでしょう。誰もいなかったのでお湯につかってのんびり楽しませてもらいました。やはり温泉に入るとのんびりした気分になりますね。ドライブの疲れが癒えます。



なんとなく修善寺を満喫した気分になって、やおら、旅を続けます。この日に予約した宿まで、距離は近いのですが、中伊豆のイコンにまだまだ触れるべきとの流れになり、次の目的地に向かいます。

(まだつづきます!)

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

tag : 温泉 蕎麦

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
スクロールできます。

モーツァルトベートーヴェン東京オペラシティシューベルトヒストリカルピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:31LPアンダンテと変奏曲XVII:6交響曲67番交響曲80番ライヴ録音哲学者ラメンタチオーネピアノソナタXVI:24美人奏者交響曲51番交響曲35番交響曲46番ピアノ協奏曲XVIII:11ピアノ協奏曲XVIII:3ピアノ協奏曲XVIII:4古楽器協奏交響曲ヴァイオリン協奏曲天地創造ピアノソナタXVI:52ピアノソナタXVI:49ファンタジアXVII:4交響曲47番ピアノソナタXVI:48十字架上のキリストの最後の七つの言葉テレジアミサピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:34ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:28バリトン三重奏曲アリエッタと12の変奏XVII:3ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:20サントリーホールラ・ロクスラーヌ帝国皇帝ハイドンのセレナード弦楽四重奏曲Op.76ピアノソナタXVI:51ピアノソナタXVI:50ラルゴ五度四季交響曲1番ピアノ三重奏曲ひばり弦楽四重奏曲Op.64日の出チェロ協奏曲ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:44東京芸術劇場ピアノ協奏曲XVIII:11ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.33軍隊リヒャルト・シュトラウス弦楽四重奏曲Op.74騎士弦楽四重奏曲Op.20交響曲17番ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:27アンダンテと変奏曲(XVII:6)弦楽四重奏曲Op.103シベリウス武満徹マーラー交響曲4番交響曲42番時の移ろい無人島ベルリンフィル告別ホルン信号交響曲19番弦楽四重奏曲Op.55弦楽四重奏曲Op.54王妃交響曲87番交響曲86番弦楽四重奏曲Op.9フルート三重奏曲トランペット協奏曲スコットランド歌曲集ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:25驚愕時計ロンドンピアノソナタXVI:10ピアノ協奏曲XVIII:6ディヴェルティメントピアノ五重奏曲チェチーリア・ミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナアレルヤピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6ホルン協奏曲ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲81番交響曲79番交響曲78番交響曲99番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードドイツ国歌カノンモテットオフェトリウムピアノソナタXVI:37スタバト・マーテルピアノソナタXVI:42弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルクラヴィコード弦楽四重奏曲Op.17太鼓連打交響曲102番太陽四重奏曲アダージョXVII:9交響曲70番受難ピアノソナタXVI:35パリセット交響曲84番イタリアンベルクブーレーズピアノソナタXVI:6交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアチェチーリアミサピアノソナタXVI:41スクエアピアノスコットランド歌曲ショスタコーヴィチ交響曲57番交響曲68番ビールタイ料理オーボエ協奏曲リラ・オルガニザータ協奏曲悲しみSACDパリ交響曲集ラーメンリーム交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還清水スタバトマーテルホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10ヴァイオリンとピアノのための協奏曲XVIII:6奇跡交響曲97番交響曲34番交響曲77番交響曲18番ストラヴィンスキー温泉ロープウェイ日本酒フルートソナタ長野ワイン蕎麦DVD交響曲98番ドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生交響曲93番ピアノソナタうなぎ和食旅館シングルモルトうどんダムカートリッジ雅楽そばプロコフィエフヘンデル英語によるカンツォネッタ集サン=サーンス交響曲36番リストシェーンベルクピアノソナタXVI:14オーディオバリトン二重奏曲ピアノ協奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番ピアノ三重同曲迂闊者パスタ洋食諏訪国立劇場歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47第九読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサほうとう国立西洋美術館焼肉ジャズネルソンミサ横浜弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番聴き比べピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:43カフェフレンチ古楽器風カレー東急文化村ノットゥルノピアノソナタXVI:2ヴェーベルンまたはオルフェオとエウリディーチェ哲学者の魂ライヴappleiMac府中の森芸術劇場鹿児島料理裏切られた誠実マリア・テレジアバリトン五重奏曲音楽時計曲ハイドン入門者向け焼酎居酒屋歌曲ピアノソナタXVI:G1ピアノソナタXVI:11ピアノソナタXVI:8散歩ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ定食ファリャお寺モルトインド料理交響曲56番マリアテレジア交響曲27番2つのホルンのための協奏曲トランッペット協奏曲外食自宅料理展覧会中華ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集とんかつウイスキー焼き鳥シャンゼリゼ劇場8人のへぼ仕立て屋に違いない弦楽四重奏曲Op.2皇帝讃歌交響曲24番小オルガンミサ大オルガンミサCDラックiPhone新橋演舞場交響曲5番交響曲10番ポルトガル料理赤坂ACTシアター演劇テ・デウムサルヴェ・レジーナ日帰り温泉喫茶狛江インドネシア料理カッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理ギネス国立新美術館高音質CD剃刀庭風景狛江のお店ピアノとヴァイオリンのための協奏曲ドビュッシーネパール料理交響曲28番交響曲13番交響曲95番変わらぬまこと交響曲62番交響曲108番交響曲107番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲9番交響曲3番交響曲2番スカルラッティ府中のお店映画声楽曲カンタータ牛タン戦時のミサルテアトル銀座ヴァイオリンとオルガンのための協奏曲珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコード中華料理マーキュリージャケット買い管弦楽曲お宅訪問Mac室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番焼き肉冷麺韓国料理飲み食いギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤン弦楽三重奏曲テレビ番組スウェーリンク書籍セル交響曲12番交響曲65番ニコライミサ交響曲71番ハイボールアプラウステンシュテットピアノソナタXVI:13アーノンクールピアノ小品ラトル魂の歌海鮮寿司仙台グルダヤナーチェクモンゴル料理現代音楽ワールドカップクロノス・クァルテットノンサッチ長岡鉄男リュートマイケル・ジャクソンBlu-rayiPad狩りショップピアノ曲アップルのめり込んだ経緯

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2016年9月のデータ(2016年9月30日)
登録曲数:1,361曲(前月比+3曲) 登録演奏数:9,608(前月比+87演奏)
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
143位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
10位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ