ラインハルト・カムラーによるニコライミサ、小オルガンミサ(ハイドン)

たまにはCDを(笑)

KammlerMass.jpg
TOWER RECORDS / amazon / HMV&BOOKS onlineicon(いずれも別装丁10枚組)

ラインハルト・カムラー(Reinhard Kammler)指揮のアウグスブルク大聖堂聖歌隊(Soliesten und Kammerchor der Augsburger Domsingknaben), ミュンヘン・レジデンツ室内管弦楽団(Residenz-kammer-orchester München)の演奏で、ハイドンのニコライ・ミサ、小オルガン・ミサ、ミサ・ブレヴィスの3曲を収めたCD。収録は1985年、アウグスブルク西方のヴィオラウ(Violau)にある聖ミカエル巡礼教会(Wallfahrtskirche St. Michael)でのセッション録音。レーベルはEMIマークがついたdeutsche harmonia mundi。

このアルバムは最近オークションで仕入れたもの。ラインハルト・カムラーは手元に大オルガンミサを収めたdeutsche harmonia mundiの1978年録音のCDがありますが、これは少年合唱がかなり荒くちょっと楽しめませんでした。ということで、それから7年後に録音されたこちらのアルバムは、大オルガンミサの少し後に作曲された2曲と初期のミサ曲を収めたもので、コレクションを埋める目的で入手しましたが、これがなんと前アルバムとうって変わって素晴らしい演奏でびっくり! 指揮者の7年の熟成かはたまたプロデュサーの手腕かはわかりませんが、こういうこともあるものですね。

いつものようにラインハルト・カムラーについて調べてみました。1954年、ドイツのアウグスブルク生まれの合唱指揮者。地元アウグスブルクのレオポルド・モーツァルト音楽院、ミュンヘン音楽大学で学び、在学時にこのアルバムでコーラスを担当する少年合唱のアウグスブルク大聖堂聖歌隊を設立し、1982年ケルンで開かれたドイツ合唱コンクールで優勝しました。その後アウグスブルク大聖堂のオルガニストを経て、1995年に同音楽監督に就任。以後毎年クリスマスにはバッハのクリスマス・オラトリオ、イースターにはヨハネ受難曲やマタイ受難曲などを演奏するようになり、2003年からはカムラーとアウグスブルク大聖堂聖歌隊による「バッハインロココ(Bach in Rokoko)」という音楽祭を開催し、これは現在まで続いています。

ということでアウグスブルクで長らく活動を続けている合唱指揮者ラインハルト・カムラーによるハイドンのミサ曲ですが、天地創造も有名指揮者の演奏以上に合唱指揮者による渾身の演奏をいくつも聴いてきましたので、ちょっと納得の出来です。

Hob.XXII:6 "Missa Sancti Nicolai" "Nicolaimesse" 「ニコライミサ」 [G] (1772)
作曲年は1772年とハイドンマニアの方ならピンとくる年。そう、シュトルムウントドラング期のクライマックスの年で、告別交響曲や太陽四重奏曲が書かれた年に書かれたミサ曲。曲はこの創作期に漂う仄暗さとは無縁なほのぼのとした明るさを感じさせるもの。キリエの冒頭から深みのあるしなやかな響きが心地よい演奏。教会での録音らしく残響は多めながら鮮明さを失わない見事な録音。ソプラノからバスまでの歌手の配役を含めて少年合唱のようです。透き通るようなソロとコーラスは非常にレベルが高く大オルガンミサの録音は全く異なり安心して身を委ねられます。全体のコントロールは合唱指揮者らしく奇をてらったところがなく非常に誠実なもの。しかもソロとコーラス、オケが見事なバランスで調和しており、キリエからグロリア、クレド、サンクトゥス、ベネディクトゥスと大河の流れのような一貫した音楽で一気に聴かせ、最後のアニュス・デイの静謐な響きに神々しさが宿ります。最後に冒頭のキリエのメロディが流れると暖かい空気に一変。この曲のキーになる美しいメロディで最初と最後が美しく飾られるわけです。いつもながらハイドンの見事な構成力に唸ります。

Hob.XXII:7 "Missa brevis Sancti Joannis de Deo" "Klein Orgelmesse" 「小オルガンミサ」 [B flat] (c.1775)
ニコライミサとは異なる曲想ながら前曲以上に癒し成分に満ちた入りからグッときます。あくまでもコーラスが主体となる入りがこの演奏のポイントでしょう。華やぐキリエから、リズムを刻むグローリアと進み、クレドでしっとりと沈み込む展開の妙。終始一貫したカムラーのコントロールによって、この小ミサ曲のピュアな魅力が際立ちます。コーラスの響き純度の高さは少年合唱ならでは。サンクトゥスはフーガ的な幽玄な広がりを感じさせ、続くベネディクトゥスではオルガンの伴奏に乗ったボーイソプラノの魅力に圧倒されます。そして最後のアニュス・デイで前曲同様、険しさも感じさせる静謐な響きに至り、祈りの音楽たるミサ曲の核心に迫る見事な集中を見せます。透明な響きの彼方へワープしそうです。

Hob.XXII:1 Missa brevis [F] (1757)
最後の曲はぐっと作曲年代が遡ったハイドンの創作初期の音楽。曲のつくりはぐっと単純になりますが、メロディーラインの美しさはハイドンならでは。構成よりもメロディー自体で聴かせる音楽。カムラーのコントロールは前曲までと同様、非常に丹念なコントロール。曲の展開は前2曲とはかなり異なるので驚きに満ちた発見が多々あります。オケも落ち着いてハイドンの初期の名曲を丹念に描き、ソプラノとメゾソプラノ役の少年による掛け合いをゆったりと支えます。この初期の曲も見事に料理して、アルバム全体を通して敬虔な祈りを感じるピュアな演奏でした。

アウグスブルクの地元で一貫して活躍するラインハルト・カムラーと主兵のアウグスブルク大聖堂聖歌隊らによるハイドンの初期のミサ曲集ですが、この3曲については他の演奏を必要としないほどに一貫して誠実な演奏が心に残りました。オケのコントロールも、有名指揮者ならば聴かせどころを作るのでしょうが、これらの曲にはカムラーの誠実な演奏の方が映えるとの確信を持てる素晴らしい説得力に満ちた演奏です。評価はもちろん3曲とも[+++++]とします。

ちなみに上の写真につけたリンク先のアルバムはdeutsche harmonia mundiによるJ. Haydn Edition<完全生産限定盤>ということで、このアルバムを含む10枚組のCDで、内容も素晴らしい演奏ばかり集めたもので、しかも値段もCD1枚分くらいの廉価なものなので、いま手に入れるのはこのアルバムがいいと思います。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 小オルガンミサ ニコライミサ ミサブレヴィス

ウィーン少年合唱団/ウィーン響の大小オルガンミサ

日曜日に熱っぽかったのが、昨日は朝から8度以上の熱と激しい関節痛。喉もガラガラで、やむなく仕事はお休み。朝から内科に行ってみるとご年配の方を中心に長蛇の列。診察と薬で3時間近くもかかってしまいぐったり。元気がないと医者に行けませんね(笑)インフルエンザの検査もしてもらいましたが、結果はシロ。インフルエンザだとしてもまだ反応が出ない可能性があるので、昨日薬を飲んでも熱が下がらないようであればまた翌日来てくださいとのことでした。医者から帰って薬を飲むと幸い熱は下がり、関節痛もおさまってきました。
今日は朝から熱も下がり仕事に出たんですが、やはり本調子ではなく、早めに帰宅しのんびりしています。まだ熱っぽいので、食欲も今ひとつです。普段食欲がない等という事は滅多にないので、嫁さんもお袋もちょっと心配しています。

ということで、こうゆう時は心に沁みるミサ曲をということで選んだアルバム。

 Harrer
amazon

ウーベ・クリスチャン・ハラー(Uwe Christian Harrer)指揮のウィーン交響楽団、ウィーン少年合唱団、そのOBで構成される男性合唱団であるコルス・ヴィエネンシスの演奏による、ハイドンの大オルガンミサ、小オルガンミサを収めたアルバム。オルガンはマーティン・ハーゼルベック(Martin Haselböck)が担当。収録は1986年2月ウィーンでのセッション録音。レーベルは今は亡きPHILIPS。

大オルガンミサの作曲年代はちょうどハイドンの創作の前半の頂点に当たるシュトルム・ウント・ドラング期。以前にサイモン・プレストンの名演盤を取りあげています。作曲の経緯などはこちらをご参照ください。

2010/12/23 : ハイドン–声楽曲 : 【年末企画】サイモン・プレストンの大オルガンミサ

このアルバムはコーラスにウィーン少年合唱団とそのOBの男声合唱団であるコルス・ヴィエネンシスが担当しているのがポイント。少年合唱と男性合唱団によるコーラスの清澄な響きの美しさは他のアルバムにはないもの。

ウーベ・クリスチャン・ハラーは1944年生まれのオーストリアの指揮者、作曲家。ウィーン音楽アカデミーで学び、ハンス・スワロフスキーなどに師事していました。当初はウィーン少年合唱団の指導にあたり、1980年代には芸術監督に就任。また1984年から89年までコルス・ヴィエネンシスの音楽監督を担当。ウィーン交響楽団との仕事も多かったそうで、このアルバムはハラーがウィーン少年合唱団、コルス・ヴィエネンシス、ウィーン交響楽団など掌握していた時代の録音であろうと想像されます。ネット上で検索するとハラーの名を冠したアルバムはPHILIPSからウィーン少年合唱団との録音がいろいろリリースされています。私自身は今日取り上げるアルバム以外は聴いた事がありません。

Hob.XXII:4 Missa in honorem Beatissimae Virginis Mariae "Grosse Orgelmesse" 「大オルガンミサ」 (1768/69)
ソロは下記の通り。

ソプラノ域:ゲオルク・ニゲル(Georg Nigl)
アルト域:ミカエル・シュヴェンデインガー(Michael Schwendinger)
テノール:ペーター・ジェロシッツ(Peter Jelosits)
バス:アントン・シャリンジャー(Anton Scharinger)

最初のキリエから充実の響き。プレストン盤も久々に取り出して聴いてみましたが、ハラーの方がテンポが速く、オケの響きに実体感があります。このアルバム、録音はオケとコーラスが渾然一体に迫り来る迫力と柔らかな響きが両立した流石PHILIPSというすばらしいもの。いきなりウィーン少年合唱団の透明感溢れる響きに耳を奪われます。風邪で弱った体調もあって、心に染み渡る美しい響き。ソロのソプラノやアルトの名前が男性のようで気になっていましたが、ボーイソプラノということですね。マーティン・ハーゼルベックのオルガンもかなりキレの良い響きを聴かせ、また、要所で打ち込まれるティンパニの迫力ある打撃も痛快です。
ハラーの指揮は合唱に神経が張り巡らされているのはもちろん、ウィーン交響楽団によるオーケストラの部分も緻密。この演奏は非常に自然ながら、音楽的感興も感じられるバランスのいいものです。グローリア以降も活き活きとした響きが癒しの次元まで達するような演奏。以前聴いた演奏ではドラティの「トビアの帰還」と同次元の素晴らしさ。一流どころの指揮者に勝るとも劣らない演奏ですね。
4曲目のクオニアムと続くクレドの堂々とした響きはシュトルム・ウント・ドラング期のハイドンの素晴らしい才能を十分に感じさせられるもの。録音の素晴らしさと相俟って極上の響き。
6曲目のソロを担当するテノールのペーター・ジェロシッツは調べたところこの人もウィーン少年合唱団の出身者で少年合唱時代はソプラノソロを担当していたそうですが、テノールとして抜群の歌唱。美しい声で、テンポも良く絶妙な歌唱を聴かせます。続く7曲目はミサ曲としては驚くほど踏み込んだオーケストレーション。ハイドンの創意爆発といったところでしょう。曲がすすむにつれて、大オルガンミサの曲の出来がこれほど素晴らしかったかと驚くような展開が続きます。サンクトゥスのコーラスの清らかさ、ベネディクトスの冒頭のオルガンのトランス状態に入りそうなほどの高揚感とソロの掛け合いの妙。完璧な演奏で曲が心にぐさりと刺さります。つづく最後の2曲も絶品。アニュス・デイの清らかなコーラス、終曲の華麗な盛り上がりも完璧。最後にちょっとテンポを落として間を取るあたりもキマってます。

Hob.XXII:7 / Missa brevis Sancti Joannis de Deo "Klein Orgelmesse" 「小オルガンミサ」 [B flat] (c.1775)
ソプラノソロはドミニク・オリーシェニヒ(Dominik Orieschnig)。ボーイソプラノです。大オルガンミサよりさらに研ぎすまされた美しさで知られる小オルガンミサ。こちらも大オルガンミサ同様の素晴らしさ。冒頭からハラーの素晴らしいコントロールに圧倒されっぱなし。コーラスは曲に合わせて鮮烈さを極め、小編成ではありますが、オケの緩急もこころなしか自在さが増してメリハリがついている感じ。やはりボーイソプラノによるソロと少年合唱と男声合唱の清らかな響きがこの演奏のポイントです。曲全体に静寂から祈りが聖堂内にしなやかに満ちてくるような独特の気配を持っています。この曲でもなにげにいい感じなのがマーティン・ハーゼルベックのオルガン。この曲も沁みる出来でした。
最後に第2曲のグロリアをミヒャエル・ハイドンが加筆編曲したヴァージョンが収められています。

ちょっと体調が悪い時に聴いたせいもあるかもしれませんが、ハラーの指揮するウィーン少年合唱団、コルス・ヴィエネンシス、ウィーン交響楽団の大小オルガンミサはミサ曲に求められる敬虔な雰囲気とハイドンの才気を両立させた素晴らしい演奏でした。後年の6大ミサ曲の成熟した筆致とは差があるものの、特にシュトルム・ウント・ドラング期独特のはじけるような生気もあり、魅力的な曲であることは間違いありません。このアルバム、残念ながら現役盤ではないものの、その素晴らしさはすべての人にお薦めしたいもの。評価はもちろん両曲とも[+++++]としました。

はやく風邪をなおさなければなりませんね。やはり体調が良くないと音楽も食事も酒も素直に楽しめません(笑)

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 大オルガンミサ 小オルガンミサ

カール・ミュンヒンガー/ウィーンフィルの小オルガンミサ

今日は久しぶりのミサ曲。

MunchingerCreation.jpg
HMV ONLINEicon / amazon

カール・ミュンヒンガー(Karl Münchinger)指揮のウィーン国立劇場合唱団、ウィーンフィルの演奏でハイドンの小オルガンミサ、天地創造の2曲を収めた2枚組のアルバム。今日は平日故小オルガンミサの方を取りあげます。小オルガンミサは1974年12月、ウィーンのソフィエンザールでのセッション録音。ソロはエリー・アメリング(Elly Ameling)!、オルガンはペーター・プラニアフスキー(Planyavsky)という組み合わせ。レーベルはオーストラリアのユニバーサルによるDECCA ELOQUENCEシリーズ。

カール・ミュンヒンガーは有名ですが、私はあまり集中して聴いたことがありません。HMV ONLINEの情報をもとに紹介しておきましょう。1915年シュトゥットガルト生まれ。シュトゥットガルト高等音楽学校、ライプツィヒ音楽院などで学び、アーベントロートに指揮を師事、フルトヴェングラーからも影響を受けたのこと。1941年、ハノーファーのニーダーザクセン州立管弦楽団の指揮者に就任、戦後は楽員16名から成るシュトゥットガルト室内管弦楽団を結成し1945年にデビュー公演を開催。1951年に録音したヴィヴァルディの『四季』のLPがベストセラーとなりバロック・ブームの火付け役に。当初はバロック専門だったようですが1966年、45名編成のシュトゥットガルト・クラシック・フィルハーモニーを結成してレパトリーを拡大、またウィーン・フィルやパリ管弦楽団など、通常のオーケストラへ客演するように。1988年、73歳で引退するまで積極的な活動を展開し、2年後の1990年シュトゥットガルトで亡くなります。この録音は1974年ということでミュンヒンガー59歳の年の録音。

このアルバムの聴き所はもちろん天地創造ですが、まずは小オルガンミサでミュンヒンガーの音楽を把握しようという狙いです。この演奏、オケがウィーンフィルということと、ソロが名花、エリー・アメリングと万全の布陣。

Hob.XXII:7 / Missa brevis Sancti Joannis de Deo "Klein Orgelmesse" 「小オルガンミサ」 [B flat] (c.1775)
冒頭のキリエ、年代相応の録音。若干の混濁感がともない、ちょっと古びた感じもしますが、実体感のあるコーラスと厚みを感じるオケ。残響はそこそこあります。弦楽器の音色がちょっと乾き気味。テンポを揺らさずゆったりとした演奏。グロリア、クレドと続きますがテンポは揺るぎなく堂々としたもの。オケもコーラスも圧倒的な存在感。普通の演奏なのに神々しさを感じる迫力。ここにきて高音域がテープの劣化を感じさせるのが少々残念なところ。サンクトゥスはコーラスの波が次々と襲ってくる感じがなみなみならぬ迫力。もう少し軽い演奏を想像してましたが、岩のような厳格さも感じさせるもの。続くベネディクトゥスでオルガンとアメリングのソロ登場。想像どうりアメリングは絶品これ以上磨きようがないほど輝くソプラノ。ちょっと古めの録音を通してでも心にぐさりと刺さります。プラニアフスキーのオルガンは落ち着いた演奏ですがオルガン独特の陶酔感を伴うもの。ファンタジックなニュアンス醸し出されていい感じ。最後のアニュス・デイはテンポを落として威厳に満ちた、天から降り注ぐ光の中に神の姿が浮かび上がるような演奏。最後は本当に消え入るような感動的な終わり方。

私にはあまりなじみのなかったミュンヒンガーのミサ曲の演奏。ちょっと予想した演奏とは違いました。もうすこしキリッと几帳面な型にはまった演奏と想像してましたが、良い意味で期待を裏切る、堂々とした威厳に満ちた演奏。録音の粗が少々残念ですが十分現代に通用する価値のある演奏でした。評価はテープの劣化と思わせる揺らぎの分をちょいと減点して[++++]としたいと思います。

ミュンヒンガーも歴史に名を残す有名な指揮者故その演奏にも時代を超えた魅力があることがわかりました。これは天地創造もちゃんと聴かなくてはなりませんね。今月どこかで取りあげたいと思います。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 小オルガンミサ ウィーンフィル

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ベートーヴェン紀尾井ホールショスタコーヴィチストラヴィンスキードビュッシーラヴェルピアノ三重奏曲ミューザ川崎オーボエ協奏曲LP協奏交響曲日の出ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:38サントリーホールスタバト・マーテルピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:39マーラーブルックナーヒストリカル十字架上のキリストの最後の七つの言葉告別交響曲90番交響曲97番交響曲99番交響曲18番奇跡アレルヤひばり弦楽四重奏曲Op.64フルート三重奏曲悲しみ交響曲102番ラメンタチオーネ交響曲86番モーツァルトヴァイオリン協奏曲驚愕哲学者ニコライミサミサブレヴィス小オルガンミサ交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23王妃ピアノソナタXVI:52アンダンテと変奏曲XVII:6武満徹ライヴ録音SACDチェロ協奏曲交響曲19番交響曲81番古楽器交響曲80番交響曲全集交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかり無人島騎士オルランドBlu-rayチェロ協奏曲1番東京オペラシティ交響曲9番交響曲11番交響曲10番交響曲12番太鼓連打ロンドン交響曲15番交響曲2番交響曲4番交響曲1番交響曲37番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:3天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:35ドニぜッティライヒャロッシーニピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3シェーンベルク東京文化会館ホルン協奏曲フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:31パレストリーナタリスモンテヴェルディアレグリバードすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6美人奏者四季交響曲70番迂闊者ピアノ協奏曲XVIII:4アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ヴェルナーガスマンシューベルト交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲46番交響曲35番交響曲51番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナード弦楽四重奏曲Op.76ピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス時の移ろい交響曲42番ベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲79番ロンドン・トリオ交響曲88番オックスフォードオフェトリウムドイツ国歌カノンモテット弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルクブーレーズ主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生音楽時計曲ピアノソナタXVI:11ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisカートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲107番変わらぬまこと交響曲108番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲3番スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
104位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
10位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ