ダグラス・ボストック/ボヘミア室内管の帝国、ラ・ロクスラーヌ(ハイドン)

本日は最近手に入れて感心したアルバム。

Bostock53.jpg
TOWER RECORDS / amazon / ローチケHMVicon

ダグラス・ボストック(Douglas Bostock)指揮のボヘミア室内フィル(Chamber Philharmonic of Bohemia)の演奏で、ハイドンの交響曲53番「帝国」、63番「ラ・ロクスラーヌ」の2曲を収めたアルバム。収録は1999年、チェコのブラハの東のパルドヴィツェ(Paldubice)でのセッション録音。レーベルはCLASSICO原盤で手元にあるのはScandinavian Classicsという廉価盤然としたもの。

このアルバム、ただハイドン中期の交響曲2曲を収めたというだけでなく、帝国の方は4種のフィナーレ、ラ・ロクスラーヌの方は2種のメヌエットとフィナーレの演奏が収められており、原盤の方には世界初録音との記載がされています。

そもそもこのアルバムを手に入れたのは、同じ演奏者による交響曲88番、89番などを収めたアルバムを最近入手して、なかなかの出来だったため。指揮者もオケも未知の奏者でしたが、交響曲の他に「アチデとガラテア」序曲、「薬剤師」序曲、「突然の出会い」序曲などが盛り込まれ、アルバムの造り自体にハイドンの曲へのこだわりが感じられ、また、演奏の方も正攻法にきっちりオケを鳴らし、見事な吹き上がりが聴かれました。これはいいということで、こちらのアルバムもすぐに取り寄せたもの。聴いてみると、今日取り上げるアルバムの方がさらにいいということで記事にすることにした次第です。

指揮者のダグラス・ボストックですが、1955年イングランド北西部のチェシャー州ノースウィック(Northwich)生まれの指揮者。シェフィールド大学を出て、ロンドンでサー・エイドリアン・ボールトに師事。1980年より南西ドイツ・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者、1991年より1998年までカルロヴィ・ヴァリ交響楽団の音楽監督・首席指揮者、1992年にはチェコ室内フィルハーモニックの首席客演指揮者となり、1997年よりミュンヘン交響楽団の常任指揮者を務めました、彼のウェブサイトのディスコグラフィーを見ると、今日取り上げるアルバムのオケはチェコ室内フィルと表記されているので、現在はそう呼ばれているのでしょう。日本にもゆかりがあり、2000年東京佼成ウインドオーケストラの常任指揮者、2006年より2011年6月まで東京佼成ウインドオーケストラの首席客演指揮者を務めた他、2012年4月より東京藝術大学音楽学部招聘教授とのことです。

douglas-bostock

なんとなくハイドンに拘りがありそうな選曲のアルバムを2枚リリースしているボストックですが、ウェブサイトを見るとこれまでかなりの数のアルバムがリリースされており、しかもマイナー系の作曲家のアルバムが多く、ハイドンも普通は選ばない曲を持ってきており、なんだか拘りがありそうな人ですね。

ちなみに、帝国の4種のフィナーレについてと、ラ・ロクスラーヌの2種のメヌエットとフィナーレについては、よくコメントをいただくHaydn2009さんのウェブサイトに詳しい解説があるのでそちらをご覧ください。

ハイドン作品辞典:交響曲(4)
ハイドン作品辞典:交響曲(5)

このサイト、ハイドンの作品についての情報が網羅的に記されており、非常に役立ちます!

Hob.I:53 Symphony No.53 "L'Imperiale" 「帝国」 [D] (1778/9?)
実に気持ちよくオケが鳴り響きます。88番の方のアルバムは響きがちょっと痩せていたのですが、こちらは豊穣。正攻法でオケがくっきりとメロディーを奏でていきます。メロディーに対してアクセントをかなりしっかりとつけているんですが、適度な範囲を保っているのでくどい感じは皆無。これほど気持ちよく響くオケの録音は滅多にありません。ストレスなくキリリと吹き上がるアクセントの快感。管弦楽の真の魅力は実はこうしたところにあると気づかされるような演奏。抜群のリズム感で曲がクイクイ進み、絶えることなく響きのシャワーが心地よく降り注ぎます。曲に合わせてタクトを振りたくなりますね。響きの快感一本に焦点を絞ったボストックの見事な手腕。この時期のハイドンの曲の理想的な演奏でしょう。
アンダンテもハープシコードの繊細な響きを纏いながらリズミカルな演奏が続きます。純粋無垢な響き自体がいかに素晴らしいかを思い知らされます。ふとした転調の瞬間の美しさが際立ち、テンポの一貫性がかえって情感を煽ります。淡々とした曲のさりげない表情の美しさに昇天。こりゃ絶品です。
予想通り、メヌエットはボストックの良いところが一番活きるところ。メヌエットのリズムがこれだけ弾む演奏はそれほどありません。アンダンテではテンポを動かさず颯爽とした魅力で聴かせたんですが、メヌエットではフレーズごとにリズムを変え、曲想の面白さを強調します。なかなか見事なコントロール。
そして問題の4種のフィナーレですが、A、B、C、Dと順に収録されてます。AとBはハイドンの作とされており、Cはハイドンの作ではなく、Dは序曲の転用とのこと。Aが一番馴染むのはもちろん、Bは交響曲62番のフィナーレに転用されていますの聴き覚えがあります。Cは明らかにハイドンから格が落ちるので私でもハイドン作とは思えません。Dは序曲(Hob.Ia:4)の転用です。この4種の演奏とも、演奏はキレの良いものですが、とりわけAとBの充実度は素晴らしいものがあります。

Hob.I:63 Symphony No.63 "La Roxelane" 「ラ・ロクスラーヌ」 [C] (before 1781)
1楽章は歌劇「月の世界」の序曲の改作。ボストックのリズムのキレの良さは一貫していて、この曲でもオケの響きの快楽に包まれる見事な入り。この異次元のキレの良さこそがハイドンの曲が映えるポイントとの確信に満ちているよう。聴いているこちらが身を乗り出してかぶりつきで聴き入ります。
そして、この曲でも2楽章のアレグレットは一貫して速めのテンポで描いていきます。筆のタッチは一貫していながらパレットの色数が多いので実に繊細で深いニュアンスが伴います。この楽章は木管楽器が大活躍。リズムのキレは木管も同様、ボストックのコントロールが行き渡ってます。
そしてAパターンのメヌエットとフィナーレが続きますが、メヌエットの充実ぶりは前曲同様で、スカッと気持ちよくオケが反応します。この曲自体が色々な曲のつぎはぎで出来ているとのことで、ハイドン特有の緊密さは少し不足するものの、曲が展開するアイデアは相変わらず常人の想像を超えたレベルにあります。
Bパターンもメヌエットは見事。こうしてヴァージョンの違いに耳が行ってしまうのは、このアルバムの素晴らしい演奏を考えるとちょっと損かもしれませんね。ただ、マイナーなレパートリーに執着のあるボストックのことですから、本人的には必然性があったのでしょう。最後はちょっと色々聴き比べることに集中出来なくなり聴き終えましたが、演奏は前曲同様素晴らしいもの。できれば聴く時はヴァージョンを決めて他のヴァージョンをスキップした方が音楽に集中できるかもしれませんね。

ダグラス・ボストック指揮のボヘミア室内フィルの演奏によるハイドン中期の交響曲2曲を収めたアルバム。演奏は触れたとおり、オケの気持ち良い響きを存分に味わえる素晴らしいもの。おまけで両曲の異なるヴァージョンが収録されていますが、それに惑わされることなく、このキレの良い演奏を存分に楽しむべきアルバムですね。ハイドンの交響曲の中では地味な選曲ですが、その曲がこれだけ鮮やかに演奏されることで、真価を再認識できる素晴らしいアルバムです。評価は両曲とも[+++++]とします。

ボストックは2012年から藝大の先生ということで、生徒の方々もこれだけのハイドンを振る人との認識はないかもしれませんが、オケを鳴らすことにかけては才能溢れる人です。他の曲の録音も期待したいところですね。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 帝国 ラ・ロクスラーヌ

クイケン/ラ・プティット・バンドのラメンタチオーネ、52番、帝国(ハイドン)

本日はなぜかクイケン/ラ・プティット・バンドの初期交響曲集。ずいぶん前に手にいれたものです。

Kuijken26.jpg
amazon / amazon(別装丁盤) / TOWER RECORDS(別装丁盤)

シギスヴァルト・クイケン(Sigiswald Kuijken)指揮のラ・プティット・バンド(La Petite Bande)の演奏で、ハイドンの交響曲26番「ラメンタチオーネ」、52番、53番「帝国」の3曲を収めたアルバム。収録は1988年3月、アムステルダム近郊のハールレム(Haarlem)にある統一メノナイト教会(Doopsgezinde kerk)でのセッション録音。レーベルはVirgin classics。

クイケンは指揮者としてもヴァイオリン奏者としても、最近はスパッラ奏者としても活躍しており、室内楽のアルバムも多数リリースしています。指揮者としてハイドンの曲を振ったアルバムだけでもこれまでずいぶんな数を取り上げています。

2016/01/05 : ハイドン–協奏曲 : エヴァルト・デマイヤー/ラ・プティット・バンドのハープシコード協奏曲集(ハイドン)
2012/11/18 : ハイドン–交響曲 : 【新着】クイケン/ラ・プティット・バンドの「朝」、「昼」、「晩」
2011/09/14 : ハイドン–声楽曲 : シギスヴァルト・クイケン/ラ・プティット・バンドのテ・デウム
2011/07/04 : ハイドン–オラトリオ : クイケン/ラ・プティット・バンド1982年の天地創造ライヴ
2010/03/22 : ハイドン–交響曲 : クイケンのザロモンセット
2010/03/21 : ハイドン–交響曲 : クイケンのパリ交響曲集

というか、クイケンの構えなく自然な演奏の中に深い音楽を感じさせる演奏、私はとても気に入っているということなんです。また、4年前にはコンサートにも出かけ、最近のクイケンのOVPPで透明度を増しながらも音楽の真髄に近付こうとする純度の高い演奏に生で触れる事ができました。

2011/07/02 : コンサートレポート : シギスヴァルト・クイケン/ラ・プティット・バンドのブランデンブルク協奏曲

クイケンを取り上げようと思ったのは、今週末に再びクイケン/ラ・プティット・バンドのコンサートに出かけるから。今週末のプログラムは、実はちょっと苦手にしているマタイ受難曲。普段は晴朗かつ変化に富んだハイドンの音楽ばかり聴いているので、バッハの中でも受難曲という重くドラマティックな曲を長時間聴き続けるのにはかなりの努力を要するわけです。ということで、クイケンのキレのいいハイドンで脳をリフレッシュしておこうという狙いです(笑)

Hob.I:26 Symphony No.26 "Lamentatione" 「ラメンタチオーネ」 [d] (before 1770)
古楽器のシャープな音色による疾走する入り。いきなり鮮度高く、キレのいい古楽器オケのタイトなアンサンブルが響きわたります。冴え冴えとしたリズムのキレが印象的。独特の仄暗さを感じさせるこの曲の1楽章をキリリと締め上げのっけから見事。
美しいメロディーが印象的な2楽章のアダージョ。哲学者の1楽章同様、淡々とメロディーを置いていきますが、その淡々としたメロディーがよく聴くと実にくっきりと浮かび上がります。単調さとは無縁の際立つ孤高感。古楽器だけにゆったりとした感じはしないのですが、逆にしっかりと引き締まった響きから詩情がにじみ出る感じ。こりゃ絶品です。
3楽章はメヌエット。かっちり引き締まったオケから、キレのいいアクセントと木管の加わった独特の響きが雰囲気を盛り上げます。この曲に宿るハイドンの時代の空気のようなものが立ち上るような感覚を覚えます。古楽器の演奏のなかでも冴え渡るオーケストラの魅力を最も感じる演奏と言っていいでしょう。

Hob.I:52 Symphony No.52 [c] (before 1774)
続いて52番。いきなりこの曲のリズムの面白さと素晴らしい躍動感に圧倒されます。小編成ゆえ重低音は期待できないのですが、代わりに引き締まりまくったタイトな響きの魅力は並ではありません。クイケンはオケをグイグイドライブしていきます。今更ながら古楽器オーケストラの真の魅力に触れた感じ。
続く弱音器つきの弦楽器によるアンダンテも引き締まったオケが冴え渡ります。記憶の中の演奏より数段キレています。流石にクイケンといったところ。ゆったりとした歩みなのに冴え冴えとした感覚に包まれる恍惚感、さりげないメロディーなのにものすごい立体感が見事。メロディーが繰り返されながら至福の境地に至ります。
メヌエットは深い憂いに包まれた音楽。この曲のメヌエットがここまで深みを帯びて聴こえるとは改めて驚きを感じるほど。音楽が進むにつれてしなやかに響きが変化し、起伏も大きく大胆さまで感じるほどに成長します。
フィナーレも陰りがつきまといます。冒頭から想像力の限りを尽くした展開が圧巻。このメロディーの綾を成長させて大きな流れを作っていくハイドンの筆致とそれをあまりに見事に織り上げるクイケン/ラ・プティット・バンドの演奏に圧倒されます。偉大な創造力にひれ伏します。言葉にならないほど完璧な演奏。

Hob.I:53 Symphony No.53 "L'Imperiale" 「帝国」 [D] (1778/9?)
このアルバム最後の曲。冒頭から陽光に輝く白亜の神殿のような堂々とした響きに驚きます。次々に変化するメロディーと意表をつく展開に手に汗握ります。恐ろしいばかりのハイドンの想像力。どうしたらこのような展開が思いつくのか凡人には理解できません。次々と繰り出されるアイデアが有機的に絡まり、大きな幹に育っていく様子はまさに天才的なもの。そしてクイケンもそうした創造の産物を実に巧みに織り上げ、引き締まった響きで料理していきます。この曲の面白さをあらためて認識した次第。
続くアンダンテの弾むようなリズムの活き活きとした様子はこれまた見事と思っていたら、あっという間に陰りのあるしなやかな中間部に変化しています。曲想に追いつくのに脳細胞が覚醒して対応。あまりの展開の面白さにこちらも冴え渡ります。オーケストラは楽器の音色の変化も加わることで、変化の面白さも格別。
メヌエットはオーソドックスで逆に驚きます。常に聴き手の期待の矛先をかわすいたずら心に満ちています。中間部はそれを面白がるようなコミカルな曲想。ほくそ笑むハイドンの顔が見えてきそうです。
フィナーレは流線型のフォルムに包まれた明るい音楽。フレーズごとに表情を微妙に変えながら展開、印象的な転調、はっとするような展開をいくつも経てクライマックスへ向かいますが、迫力ではなくあまりにキレたアイデアの連続に圧倒される感じ。いやいや聴き終わるとアイデアを追いかけるのに総動員した脳細胞がエクスタシー状態。ハイドンの創意にノックアウトされます。

実に久しぶりに取り出したクイケンのアルバムですが、記憶に残る演奏とは段違いのすばらしさに改めて驚きました。ハイドンのシュトルム・ウント・ドラング期からそれ以降にかけての交響曲の演奏の頂点と言ってもいい素晴らしい演奏でした。全編に冴え渡り、タイトな響きに包まれ、そしてハイドンの創意の真髄に触れる面白さ。録音も古楽器演奏の魅力を万全にとらえた見事なもの。今でこそ古楽器演奏はいろいろ選択肢はありますが、このころの演奏の中で頭ひとつ抜けた特別の存在と言っていいでしょう。評価は[+++++]に付け直しました。

さて、週末のマタイ、クイケンの現在の音楽と私の器が合いますでしょうか、、、

(追伸)Ponisさん、貴重な情報ありがとうございます!

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ラメンタチオーネ 交響曲52番 帝国 古楽器

【新着】トーマス・ファイの「帝国」、54番

先日HMV ONLINEから届いたアルバムの一枚。

Fey53.jpg
HMV ONLINEicon / amazon

トーマス・ファイ指揮のハイデルベルク交響楽団のハイドンの交響曲全集の第15巻。まだまだ膨大な交響曲の前半ですが、15巻まできたということで、取りあげました。交響曲53番「帝国」と交響曲54番の2曲を収めたアルバム。末尾に「帝国」の終楽章の別バージョンの演奏も収録しています。収録は2010年1月18日から21日まで、ハイデルベルク・ドッセンハイムのマルティン・ルター・ハウスでの収録。

ファイの交響曲集はこれまでに2度取りあげています。

2010/12/26 : ハイドン–協奏曲 : 【新着】トーマス・ファイのホルン協奏曲、ホルン信号
2010/08/01 : ハイドン–交響曲 : トーマス・ファイの69番、86番、87番

ファイのハイドンはまさに最新型の演奏。何かしてやろうという息吹に溢れているものの、ハイドンの交響曲の本質的な魅力を発揮したと言える演奏にまでなっているものは多くはないのが正直なところ。このあたりがファイの演奏の評価を分けるポイントになっているのではないでしょうか。かくゆう私も面白そうなので毎回買ってしまうんですが、ブログに取りあげようかどうしようかと逡巡する演奏が多いんですね。

ハイドンの交響曲全集はご存知のとおりドラティ、アダム・フィッシャー、突然現れたデニス・ラッセル・デイヴィスの3種に何人かの指揮者で構成したNAXOSのものが知られていますが、ホグウッドをはじめとして途中で頓挫してしまったものも多いので、このファイの全集はぜひとも完成してほしいと願っています。というわけで、やはり最新のこのアルバムは取りあげないわけには参りません。

Hob.I:53 / Symphony No.53 "L'Imperiale" 「帝国」 [D] (1778/9?)
モダン楽器のピリオドアプローチの演奏。キレの良い響きのオケ。旋律を分解して再構成するような手法で脳内のハイドンのメロディーを完全にリセット。千変万化するフレージング。いつものファイ節炸裂の1楽章の入り。まさに前衛を地でいくアプローチ。シュトルム・ウント・ドラング期の憂いあるメロディは影を潜め、少し後の時期の交響曲に特徴的な構成感を強調するような演奏。曲の構造に演奏スタイルがマッチして快感すら感じるハマり具合。ようやく聴き手がファイのスタイルを許容できる器になってきたということでしょう(笑) ただ、録音がデッド気味なので刺激成分が脳髄直撃。もうすこしゆったりした残響の録音であればより素直に楽しめる演奏だと想像しています。
つづく2楽章のアンダンテは、表情をかなり抑えて入ります。途中さらに抑えて、抑制をテーマにしたような弾きぶり。変奏の変化の面白さを強弱ではなく抑えたメロディーラインのみで聴かせるというアプローチ。アイデアとしては非常に面白いものです。一貫してさりげない表情で終了。
メヌエットは一転して、抑えながらもリズムのキレを強調。この表情の変化は見事。音符からリズムのみくっきり浮かび上がらせるような手法。抑えをきかせているのが非常に効果的。最後はティンパニが活躍して祝祭的なフレーズ。
フィナーレのヴァージョンAはカプリッチョ・モデラート。爆発ではなく聴かせるフィナーレ。抑えた表情が不気味な迫力すら感じさせて、いつ牙を剥くかハラハラさせるような手に汗握る演奏。最後は程よく爆発して終了。これはなかなかの名演。
末尾置かれたのフィナーレのヴァージョンBはプレスト。独立した序曲としても演奏される曲(Hob.Ia:7)。颯爽とした吹き上がり感満点の曲。曲単独の迫力と面白さはこちらの方があるようですが、交響曲全体の演奏の変化の面白さはヴァージョンAのほうですね。期待通りの盛り上がりが痛快。

Hob.I:54 / Symphony No.54 [G] (1st version) (1774)
この曲も抑えをきかせて、メリハリを際立たせます。かなり自在なフレージングで変化に富んだ演奏。メロディーに重なるホルンのオーセンティックな音色に痺れます。この曲もファイのマジックにやられてます。曲の変化の面白いことといったらありません。ファイの方もこれまでの創意が空回りするようなところがなく、曲を完全に掌握しての演出となっているのが、演奏の説得力を増しているんでしょう。1楽章のファイ独特のデフォルメされた立体感は非常に面白い。
つづくアダージョ・アッサイは前曲同様抑えを効かせた表現。時折響きを強調してファイ流なテイストに。そしてメヌエットはフィナーレ前のオケのアタックの練習のように自由な演奏。途中に癒しのようなゆったりしたアレグレットをはさんで構成感を強調。
フィナーレはレガートを多用したこれも個性的な演奏。演奏スタイルがめくるめく変わるのがファイの演奏の面白さ。これもハイドンの機知の表現の一つの方法でしょう。意外と堂々とした構築感があり曲の締めにふさわしい演奏。

このブログで取りあげる3枚目のファイのアルバムですが、はじめて両曲とも[+++++]。純粋に面白いと感じられた演奏。こうゆう演奏もハイドンの交響曲の面白さを伝えるいい演奏だということで、「ハイドン入門者向け」タグも進呈。まだまだリリースは続きますので、追っかけたいと思います。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 帝国 交響曲54番 ハイドン入門者向け

アーノンクールの初期交響曲集

先日ブリュッヘンの交響曲集の記事で、古楽器のなかでも個性的なものだと紹介したんですが、個性的という意味では触れなくてはならないものがあることにアップ直後に気づきました。もちろんアーノンクールです。

Harnoncourt30.jpg
HMV ONLINEicon

Harnoncourt31.jpg
HMV ONLINEicon

アーノンクールのハイドンはアムステルダムコンセルトヘボウとのザロモンセットをはじめとして、ミサ曲集などいろいろでていますが、最も特徴的なのは初期交響曲集じゃないかと思います。

上に取り上げたのは、31番ホルン信号、59番火事、73番狩を収めた1枚と、30番アレルヤ、53番帝国、69番ラウドン将軍を収めた1枚です。他に、45番告別、60番迂闊もの、そして6番朝、7番昼、8番晩を収めたものなど計4枚がリリースされてます。

久しぶりに取り出して、アーノンクール独特の金管のアクセントを効かせた祝祭的演奏を楽しみましたが、ここで気づくべきは選曲なんじゃないかと思ったわけです。ザロモンセットやパリセットは多くの指揮者が録音していますが、ハイドンの初期の交響曲のなかからここにあげた曲を選ぶというところからアーノンクールの好みが色濃く反映されていると思わざるを得ません。このあたりの曲を録音するときには、受難とか悲しみ、マリアテレジアなんかを選んでくるのが一般的だと思いますが、そうではなく、ある意味アーノンクールのアプローチが映える曲を並べてアルバムとしているのが面白いところ。

おそらく最もアーノンクールのアプローチが効果的なのはホルン信号で、冒頭のホルンの号砲から金管がはじけきってます。帝国や狩は終楽章のみが単独で取り上げられるほど盛り上がる曲ですし、告別や火事など残りの曲もハイドンの中ではユニークな曲想を持つ曲です。これらの曲をギョロ目をひんむいて、これでもかと言わんばかりにメリハリをつけて振られれば、個性的と言わざるを得ない演奏となります。

これらの曲をアーノンクールで最初に聴いてしまうと、強烈な印象が刷り込まれて普通の演奏では満足できない体になってしまうこと確実です(笑)
私自身はハイドンではいろんな演奏を聴いてからアーノンクールに至ったため、アーノンクールの呪縛にはまることはありませんでしたが、何を隠そうモーツァルトでは、どうしても20番の交響曲の強烈な印象があり、20番はアルーンクール以外の演奏を受け付けない体になっちゃってます(笑)
嘘だと思ったら一度モーツァルトの20番のアーノンクール盤を是非聴いてみてください。20番といわれてピンとくる方は少ないかもしれませんが、なかなか突き抜けた曲です。ちなみに同様の呪縛に23番のコープマンというのもあって、こちらはワクワク呪縛タイプの演奏です(モーツァルトねたばかりでスミマセン)

ハイドンの曲をいろいろな指揮者で聴いて20年くらいになりますが、まだまだ聴き飽きることはありません。自分だったらどう振るかなんて想像しながら聴くのは至福のひと時です。
今日はアーノンクールをつまみに、ラガヴーリンの16年を少々いただいてます。(ほんとはモルトで至福なだけです、、、、)

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ホルン信号 火事 アレルヤ 帝国 ラウドン将軍 古楽器 おすすめ盤

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

時計ロンドン太鼓連打交響曲102番交響曲99番軍隊交響曲95番交響曲93番交響曲98番交響曲97番驚愕奇跡ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:37フルート三重奏曲古楽器LPオーボエ協奏曲ロッシーニドニぜッティライヒャピアノソナタXVI:34ピアノソナタXVI:48ディヴェルティメント弦楽三重奏曲皇帝ひばりピアノ協奏曲XVIII:3ピアノソナタXVI:20ストラヴィンスキーシェーンベルクミューザ川崎東京芸術劇場マーラーチェロ協奏曲東京文化会館ホルン協奏曲フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ピアノソナタXVI:46ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:318人のへぼ仕立屋に違いないタリスモンテヴェルディパレストリーナアレグリ東京オペラシティバード天地創造すみだトリフォニーホールライヴ録音ピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6アンダンテと変奏曲XVII:6ヒストリカル交響曲1番告別美人奏者ピアノソナタXVI:39四季交響曲70番交響曲12番迂闊者アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:4バリトン三重奏曲SACDスコットランド歌曲ガスマンヴェルナーシューベルトベートーヴェンモーツァルトピアノソナタXVI:38哲学者交響曲67番交響曲80番ラメンタチオーネピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲51番交響曲46番ヴァイオリン協奏曲協奏交響曲DVDピアノソナタXVI:52交響曲47番十字架上のキリストの最後の七つの言葉テレジアミサピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3ピアノソナタXVI:40サントリーホール帝国ラ・ロクスラーヌハイドンのセレナード弦楽四重奏曲Op.76ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノ三重奏曲日の出弦楽四重奏曲Op.64ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1リヒャルト・シュトラウス騎士弦楽四重奏曲Op.74交響曲17番ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:27シベリウス武満徹時の移ろい交響曲42番交響曲4番無人島ベルリンフィルホルン信号交響曲19番弦楽四重奏曲Op.55弦楽四重奏曲Op.54王妃交響曲86番交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:10リュートピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6ピアノ五重奏曲チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナ英語カンツォネッタ集アレルヤピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲81番交響曲79番交響曲78番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードドイツ国歌カノンモテットオフェトリウムスタバト・マーテルピアノソナタXVI:42弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールクラヴィコードパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ブーレーズベルク交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノショスタコーヴィチ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲悲しみリーム交響曲50番交響曲89番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲18番交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生ピアノ小品音楽時計曲ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストピアノソナタXVI:14オーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:12変奏曲XVII:7ピアノソナタXVI:22オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノピアノソナタXVI:2ヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実マリア・テレジアバリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番小オルガンミサ大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番交響曲10番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CDドビュッシー交響曲28番交響曲13番交響曲107番交響曲62番交響曲108番変わらぬまことジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲9番交響曲2番交響曲3番スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番ニコライミサ交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽Blu-ray狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
143位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
10位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ