【番外】府中の森芸術劇場で「毛抜」「義経千本桜」

数日ご無沙汰しています。6年振りにパソコンを換えました。古いパソコンのファイルを整理したりしていて、移行に時間がかかってしまいました。この件はまたあらためて。

今週木曜は休みをとって府中の森芸術劇場に歌舞伎見物。

Kabuki2013E.jpg

歌舞伎人:平成25年度公立文化施設協会主催 松竹大歌舞伎 東コース

この公演、昨年も7月に出かけていて、同じく府中芸術の森で、義経千本桜からの3幕を見ています。

IMG_4985.jpg

2012/07/22 : お出かけ・お散歩・展覧会 : 【番外】府中の森芸術劇場で「義経千本桜」

記事を読み返してみると、去年は嫁さんが入院直後だったんですね。いろいろばたばたしていた時期でした。歌舞伎の巡業公演は近所で見られるので、今回も母親同伴の3人での観劇。自宅から芸術の森のある東府中までは車で30分ほど。今回は車で向かいます。

今回の地方巡業は市川亀治郎の四代目市川猿之助襲名披露公演。猿之助といえば宙乗りや早変わりなどの外連を歌舞伎に復活させ、歌舞伎の裾野を広げた立役者。その名を継ぐということは、単に名前を次ぐということだけではなく、期待役割は大きなものがあるので、亀治郎さんこれから大変でしょう。

さて、この日の演目は、歌舞伎十八番の内 毛抜(けぬき)、口上、そして昨年の公演でも見た義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)から川連法眼館の場の3幕。

IMG_4981.jpg

前半の毛抜は市川右近が主役の粂寺弾正(くめでらだんじょう)役。小野小町の末裔である小野春道の館での平安時代の出来事を描いた作品。小野家の息女錦の前との輿入れが、姫の奇病によって延期されていることを確かめようと弾正が小野家を訪れ、奇病ではなく、仕掛けだったことを弾正が暴くという探偵もののような舞台。奇病とは薄衣をとると髪が逆立つというもの。舞台上で姫の髪の毛が逆立つシーンは客席をあっと言わせる舞台の面白さが際立ちます。この髪の毛が逆立つことの謎解きから、天井裏に潜む悪者を槍で突き落とす落ちの付け方は歌舞伎の大衆演劇としての奇想天外なストーリーも楽しめる作品でした。普段は脇役の多い右近さんですが、大役を見事にこなし、堂々とした演技でした。歌舞伎は普通最後にさっと幕が引かれて終わるのですが、この舞台では幕が引かれたあと、花道で大役をつとめ終えた挨拶がありましたが、文献を紐解くと、この挨拶までこのお芝居の伝統的な演出になっているんですね。これは楽しめました。

休憩を挟んで、市川猿之助襲名披露の口上。梅玉さんが進行をつとめてました。この日出演した役者さんが順に襲名のお祝いを述べるのですが、笑三郎さん、寿猿さんの口上が秀逸でした。歌舞伎役者さんにとっても巡業は大変でしょうが、直接各地のお客さんに歌舞伎を楽しんでもらえる貴重な場。各地のお客さんとのつながりの深さを感じさせるものでした。公演地ごとに口上を考えるのも大変なんでしょうね。

IMG_4984.jpg

幕は福山雅治さんからのご祝儀幕。

再び休憩をはさんで、本日のメインプログラム、義経千本桜川面法眼館の場。筋は前記事に書きましたのでそちらをご覧ください。主役はもちろん亀治郎改め市川猿之助。見所はやはり偽物の忠信が狐の正体を表すところからの展開。昔見た先代猿之助の舞台を彷彿とさせますが、先代が早変わりや狐の演技を外連とも思わせない堂々とした演技として圧倒的な迫力で魅せていたのに対し、新猿之助は、演技のキレはすばらしいものの、まだ演技としてやっているようなとってつけた感がちょっと残っているように感じました。こういった演技は体のキレだけでなく、もう一段吹っ切れた心境になる必要があるのかもしれませんね。舞台としてはとても楽しめるものでしたし、前幕の口上を聞いた脇役陣の見事な演技が華を添えて、府中のお客さんも万来の拍手でした。この巡業公演、開催する側のご苦労は並のものではないと思いますが、是非来年以降も続けていただきたいものです。



さて、せっかく府中に来たので、伊勢丹でちょいと買い物をしたあと、府中に住んでいた時になじみだった、鹿児島料理のお店に。

食べログ:遊食友酒 菜

IMG_4989.jpg

残念ながら車なので、ビールは飲めませんので、ノンアルコールで。

IMG_4991.jpg

ホヤこのわた。ホヤの香りが素晴しい。純米酒でもぐっといきたいところですが、、、

IMG_4993.jpg

カツオのタタキ。晒したタマネギとニンニクをたっぷり乗せていただきます。薬味の利かせ方が違いますね。プロの技。

IMG_4995.jpg

はじめて戴く生ノリ豆腐。生ノリの風味が良く、濃厚な味。ノンアルコールビールが進みます(笑)

IMG_4997.jpg

最後は定番、黒豚焼きそば。豚の旨味がたまらんですね。

久しぶりの訪問でしたが、マスターも、奥さんもバイトのお姉さんもいつも通りで一安心。飲み慣れた店とでのんびりできるのは、やはり落ち着きます。この日も美味しい料理を堪能しました。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : 歌舞伎
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 歌舞伎 府中の森芸術劇場

【番外】府中の森芸術劇場で「義経千本桜」

昨日は久しぶりに歌舞伎に。昨年も出かけた松竹の巡業公演。自宅近くの府中の森芸術劇場で義経千本桜です。

Yoshitsune.jpg
歌舞伎人:松竹大歌舞伎 平成24年度(社)全国公立文化施設協会主催東コース

嫁さんと母親をつれての歌舞伎。嫁さんも先々週まで入院していましたが、だいぶ元気になってきましたので、リクエストに応えて好きな歌舞伎を見に行こうということに。母も実に久しぶりの歌舞伎です。流石に新橋演舞場等に出かけるのは母親には荷が重いので、近所で巡業公演があるのは大変便利です。歌舞伎のお客さん層を考えると巡業公演というのは不可欠ですね。

プログラムは下記のとおりの3幕構成。

義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)
ニの段:鳥居前(とりいまえ)
四の段:道行初音旅(みちゆきはつねのたび)
四の切:川連法眼館(かわつらほうげんやかた)

義経千本桜はブログをはじめてから2度見に行き取りあげています。この日のプログラムはおそらく20年以上前、歌舞伎座に母と祖母と猿之助の宙乗り版を見に行った記憶があります。

2011/11/05 : お出かけ・お散歩・展覧会 : 【番外】平成中村座浅草公演
2011/09/25 : お出かけ・お散歩・展覧会 : 【番外】片岡仁左衛門の義経千本桜(巡業立川公演)

会場となる府中の森芸術劇場の大ホールにあたるどりーむホールはほぼ満員。調べたところ2,000人収容とかなり大きなホール。歌舞伎座と同じくらいですが、歌舞伎が高さのある客席なのに対し、多目的ホールなので奥行きがあり、空間ヴォリュームはかなり大きなもの。役者の声の通りも歌舞伎座よりも少し遠い感じがしました。ホールの大きさと作りはやはり重要なんですね。

それぞれの幕のあらすじなどは下記のとおり。

1幕目は鳥居前。京都伏見稲荷の鳥居前で繰り広げられる短い幕。兄源頼朝から追われている源義経が都から落ち延びようとするなか、ついていこうとする静御前を同行させず、都で待つように諭し、今日の劇のキーとなる「初音の鼓」を渡す。静御前と同行する佐藤四郎兵衛忠信は実は「初音の鼓」に張られた狐の皮の小狐が化けたものだったという話。狐忠信が尾上松緑、義経が中村梅枝、静御前が尾上右近という若手中心の組み合わせ。

2幕目は道行初音旅。桜が咲き誇る吉野山。義経が吉野山に落ち延びたと聞いた静御前が義経の後を追って吉野山についた。静御前が初音の鼓を打つと不思議と忠信が現れ、踊りを披露。鎌倉方の追っ手との立ち回りを見せて忠信と静御前は吉野の山奥へ。この幕では佐藤四郎兵衛忠信は尾上菊五郎、静御前が中村時蔵など年配役者の組み合わせ。桜咲き誇る華やかな舞台と、清元の華やかな音楽が聴き所。

そして3幕目がクライマックス、川連法眼館。吉野の山奥にある川連法眼の館に義経をかくまっているところ、破傷風療養中だった本物の忠信が義経に再会に訪れた直後に、静御前と狐忠信が訪れ、忠信が2人いるというおかしな事に。義経は静御前がつれて来た狐忠信を疑い、静御前に刀を授けて話をさせたところ、狐忠信は「初音の鼓」に張られた狐の皮は自分の親のものと涙ながらに語り、その親子愛に打たれた静御前と義経が「初音の鼓」を狐に与えると言う話。狐忠信は尾上菊之助、静御前は尾上右近、源義経が中村梅枝という若手中心に戻ります。見所は狐忠信の狐の演技。かなりアクロバティックな跳躍力とバネが要りそうな演技ゆえ、若手でないとなかなか大変でしょう。

久々の歌舞伎で巡業公演ということで、ほどほどの期待で行きましたが、良かったのは歌舞伎ならではの見栄を切る部分の様式美。要所要所で舞台映えをよく考えた見栄が切られ、そのバランスも絶妙。仁左衛門とか、玉三郎などスター役者の演技力もいいですが、こうした若手中心の配役でも歌舞伎の魅力をしっかり伝える堅実な演技と舞台の美しさが感じられたのは良かったですね。毎日移動しての巡業公演は大変なこととは思いますが、想像以上の完成度で、楽しませてもらいました。母が昔の猿之助の演技のことを鮮明に覚えていたのが意外、というより昔の事は忘れないんですね(笑)

IMG_3314.jpg

ホールを出たのが4時半くらい。ぱらついていた雨も上がり、涼しい風が吹いていました。



開演前にロビーでおにぎりを食べただけでしたので、適度にお腹もへってきましたので、調布に移動して、以前も美味しかった調布パルコの上のインドネシア料理の店に。

食べログ:スラバヤ(調布)

IMG_3319.jpg

まずは黒ビールで喉を潤します。頼んだのはハーフアンドハーフだったんですが、なぜか黒ビールが、、 飲み慣れたサントリーの黒でしたので結果オーライです。

IMG_3320.jpg

珍しい空芯菜のサラダ。ちょっと苦みが効いていいかんじ。ドレッシングはインドネシア風ではありません(笑)

IMG_3321.jpg

揚げたオムレツ。中のひき肉がいい具合に味付けされて、意外と軽い口当たり。ビールに合うつまみですね。

IMG_3322.jpg

続いてインドネシア料理の定番サテ。ピリ辛鶏、羊、牛を。こちらもビールに合いますが、スイッチオンで白ワインを注文。以前大阪出張時に立ち寄った串揚げ屋さんで串揚げと白ワインが絶妙の相性だと知って以来、この手のものには白ワインを頼む事が多くなっています。

IMG_3323.jpg

それからこちらも定番ナシゴレン。いわゆるチャーハンですが、上にシラスのようなものをカリカリ、スパイシーに揚げてかけてあるのが絶妙。これも美味しいですね。

IMG_3324.jpg

こちらは鶏肉と野菜の炒め物。こちらもインドネシア独特のスパイシーな味付け。ここまででお腹もいっぱい。
 
IMG_3326.jpg

デザートはタピオカと黒米のデザート。とくに黒米のデザートがなかなか良かったですね。しっかりお米の味がします。(手前が黒米)

このお店は座席がゆったりしていて、のんびりできるのもいいところ。ひさしぶりに寄りましたが、味も雰囲気もよく楽しむ事ができました。歌舞伎の時間が早かったので、夕食も早め。やはり明るいうちから飲めるのは幸せですね(笑)

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : 歌舞伎
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 歌舞伎 府中の森芸術劇場

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

古楽器ラメンタチオーネアレルヤ交響曲3番交響曲79番チェロ協奏曲1番オックスフォード驚愕交響曲88番交響曲19番交響曲58番交響曲27番アンダンテと変奏曲XVII:6ショスタコーヴィチベートーヴェン紀尾井ホールラヴェルストラヴィンスキードビュッシーピアノ三重奏曲ミューザ川崎LP協奏交響曲オーボエ協奏曲日の出ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:38サントリーホールスタバト・マーテルピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:37ブルックナーマーラー十字架上のキリストの最後の七つの言葉ヒストリカル交響曲90番告別交響曲97番交響曲99番交響曲18番奇跡ひばり弦楽四重奏曲Op.64フルート三重奏曲悲しみ交響曲102番モーツァルト交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者小オルガンミサミサブレヴィスニコライミサ交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23王妃ピアノソナタXVI:52ライヴ録音SACD武満徹チェロ協奏曲交響曲80番交響曲全集交響曲81番交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかり騎士オルランド無人島Blu-ray東京オペラシティ交響曲9番交響曲12番交響曲11番交響曲10番ロンドン太鼓連打交響曲15番交響曲4番交響曲2番交響曲1番交響曲37番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:5天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:7ロッシーニドニぜッティライヒャピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3シェーンベルク東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4バードタリスアレグリパレストリーナモンテヴェルディすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6美人奏者四季迂闊者交響曲70番アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:4バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーシューベルト交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲51番交響曲46番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌ弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオオフェトリウムモテットドイツ国歌カノン弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ブーレーズベルク主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生音楽時計曲ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲107番交響曲62番変わらぬまことジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
170位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
11位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ