コダーイ四重奏団のOp.20のNo.4からNo.6

まだまだ弦楽四重奏曲がつづきます。

KodalyQ20_4.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

コダーイ四重奏団(Kodály Quartet)の演奏でハイドンの弦楽四重奏曲Op.20のNo.4、No.5、No.6の3曲を収めたアルバム。収録は1992年6月26日から29日、ブダペストにあるユニタリアン教会でのセッション録音。レーベルは廉価盤中興の祖NAXOS。

今手に入れるなら、このアルバムを含むハイドンの弦楽四重奏曲全集の方でしょうか。

KodalyComplete.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

皆様良くご存知の廉価盤レーベルNAXOSのハイドンの弦楽四重奏曲全集を担当するコダーイ四重奏団。廉価盤レーベルだから、そこそこの演奏のものだろうという風に思われがちですが、このコダーイ四重奏団の演奏するハイドンの弦楽四重奏曲、これがかなりいい演奏なんですね。安定した表現力と鮮明な響きは滅多に聴かれないレベルの演奏です。コダーイ四重奏団の演奏は以前に一度だけ取りあげたことがあります。演奏者の紹介などはこちらをご覧ください。

2011/10/23 : ハイドン–弦楽四重奏曲 : コダーイ四重奏団のOp.74

このところいろいろ弦楽四重奏曲を聴いてきて、原点に戻るためにオーソドックスな演奏を聴きたくなって取り出したアルバム。やはりコダーイのハイドンは安心して身を任せられる定番の演奏です。

Hob.III:34 / String Quartet Op.20 No.4 [D] (1772)
ゆったりとしたテンポながら、クッキリとメリハリのついた安定感抜群の入り。録音も適度な残響と適度な距離感のバランスの良いもの。コダーイ四重奏団の特徴は4人の音色とフレージングがピタリと合った一体感。4人とも良く磨かれた美しい音色。ことさらアクセントを強調することなどなく、ハイドンの書いた楽譜に忠実に音をおいていくような演奏。演奏からじわりとにじみ出る音楽。
2楽章に入ると、シュトルム・ウント・ドラング期特有の憂いに満ちたメロディを切々と奏でていきます。ただただハイドンの書いた音楽をしっとりと奏でていくことで立ちのぼる情感。ゆったりとした語り口が音楽の表情を深くしていきます。ゆったりゆったり美しいメロディを引き継いでいきます。奏者全員が神憑ったような表現領域に入ってます。この楽章の美しさは言葉にすることができないほど。
3楽章はジプシー風メヌエット。前楽章の祈りのような深みを断ち切るように、明るいフレーズをリズミカルに刻みます。
フィナーレは力む事なく、軽々と転がるようにメロディーを流します。迫力を増す方向ではなく、そよ風が吹き抜けるような爽やかを残すような表現。4人のテクニックが確かだからこそできるこの軽さの表現でしょう。1曲目から記憶に残る演奏を遥かに上回るすばらしさ。こちらの耳が肥えたのでしょうか。

Hob.III:35 / String Quartet Op.20 No.5 [f] (1772)
短調の入りは、流麗そのもの。前曲が比較的遅めのテンポでじっくり聴かせたのに対して、この曲ではテンポは標準的ですが、力が抜けた流麗な弓さばきと枯淡の境地ともいえる、さっぱり爽やかな印象はコダーイならでは。各楽器が奏でるメロディーの織りなす綾の色彩感が素晴らしいですね。絹の織物が光を浴びて様々に輝く様子を見るよう。しなやかな光沢と絶妙な手触り、そして洗練された感じ。老練というより大人の演奏という印象。もとから行書体のような演奏ですが、徐々に書体が崩れ最後は草書体のような音楽。
2楽章のメヌエットは大きな流れの単位で音楽をつくっているよう。前曲のようにリズムを強調するのではなく、短調の切々とした感じをベースに、コダーイ流のあっさりとした流麗な響き。
つづくアダージョは、しっとりと心に響く演奏。ゆったりと力をぬいたフレーズから慈しみ深い音楽がにじみ出てくるよう。コダーイ四重奏団の表現力に今更ながら打たれます。
フィナーレは切々としたフーガ。ここまでしなやかにかつあっさりとしながらも、4人の弦からは豊かな表情の音楽が沸き上がる素晴らしい演奏。最後のフーガも一体感ある力の抜けた完璧なアンサンブルで締めくくります。

Hob.III:36 / String Quartet Op.20 No.6 [A] (1772)
コミカルなメロディーから入るこの曲も、それぞれの奏者がかわるがわる主導権をとりながら音楽をつくっていきます。こうした曲調の曲では絶妙の軽さとしなやかさでハイドンのユーモラスな創意を引き立てます。コダーイ四重奏団の奏でる旋律は自然と音楽が滲み出すように、弾くフレーズそれぞれが実に自然なもの。力みという言葉の当てはまるところは皆無。
この曲のアダージョは実に楽しげなメロディーに溢れています。ヴァイオリンの抜けるような高音の美しさも、非常に力が抜けて、演奏を楽しんでいるよう。非常に美しい音色ですが、意図した美音というより、自然に磨かれた表情と言った方がいいかもしれません。このアルバムのアダージョ楽章はどれもほれぼれするよう出来。この境地を何と例えたらいいでしょうか。
メヌエットはリズムを強調するタイプ。メヌエットも曲に合わせてかなり演奏スタイルを変えてきていますが、曲の流れのなかにある意図を汲んでの事でしょう。ここでは珍しくクッキリととエッジを立ててシャープな表情。
そして最後のフーガは入りからメロディーの交錯を予想させるようにきっちりとコントロールされたアンサンブル。これまでとスタイルを変えて、フーガの複雑な響きをクッキリ表現するために、敢えてクッキリした表情付けをするあたり、かなりのセンスですね。最後は4人がピタリと合わせて終わります。

久々に取り出して聴いたコダーイ四重奏団のハイドン。あらためてこのアルバムの出来はコダーイ四重奏団の音楽性の高さを物語る素晴らしさです。4人それぞれがざっくりと音楽を創っているのに、アンサンブルはピタリとあって、実に慈しみ深い音楽が湧き出てきます。長年ハイドンの弦楽四重奏曲を弾いているからこその円熟の音楽と言っていいでしょう。やはりコダーイ四重奏団のハイドンは素晴らしかったと再認識。1曲1曲聴かせどころがちゃんとあり、弦楽器の美しい響きを堪能できる素晴らしい録音。オススメです。評価はもちろん3曲とも[+++++]とします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 弦楽四重奏曲Op.20 弦楽四重奏曲全集

【新着】ハイドン・トータル!

手元には、取り組むべき記念碑的アルバムが控えているにもかかわらず、相変わらず毎日仕事で遅い帰りがつづいています(涙) 記念碑的アルバムとはこちら。

haydntotal.jpg
HMV ONLINEicon / amazon

東京藝術大学音楽学部室内楽科とウィーン音楽演劇大学ヨゼフ・ハイドン室内楽研究所による共同ブロジェクト"haydn total"。ハイドンの弦楽四重奏曲全68曲を収めた22枚組のCDBOX。演奏は両校の現役学生と卒業生によってこの企画のために編成されたクァルテットが中心で、1曲1曲異なるクァルテットによる演奏。有名なところでは、当ブログで取りあげたミネッティ四重奏団も加わっており、以前取りあげた演奏自体がこのアルバムに含まれています。前の記事を確認するとミネッティ四重奏団のメンバーもウィーン音楽演劇大学の出身でした。録音はハイドン没後200年となる2009年から2012年にかけて東京とウィーンで行われ、東京は東京藝術大学千住キャンパスのAスタジオ、ウィーンはウィーン音楽演劇大学ヨゼフ・ハイドン・ホールでのセッション録音。レーベルというより発売元は東京藝術大学出版会。一般のCDとは異なり商品番号やバーコード等もつけられていません。

簡易的なボックスセットかと想像して注文しましたが、届くとかなり丁寧につくりこまれたボックス。各辺10cm四方のボックスの中に10巻に別れた2〜3枚組のセットが入っており、解説も非常に手の込んだもの。このアルバムの企画意図、各演奏の情報、演奏を担当したクァルテットの成り立ちやメンバーの説明、収録情報などきちんとした内容です。作り手の情熱がプロダクションからひしひしと伝わります。

何枚かかいつまんで聴き始めましたが、学生も含むクァルテットの演奏というふれこみから想像した演奏の質よりもかなりいい出来です。もちろんミネッティ四重奏団のように一流どころの演奏も含まれているので、それほど悪かろうはずはありませんが、かなりいい線行ってます。1曲1曲異なる演奏者でハイドンの弦楽四重奏曲を聴くというのも、これまたいいものです。演奏者から演奏を想像するというような聴き方ではなく、それぞれどうアプローチしているかを確かめながら聴く楽しみがあります。

解説に、「録音指導と録音技師の養成もこの企画の重要な要素であった」と書かれているとおり、このアルバム、録音もなかなか良く、弦楽器の柔らかい音色が自然なプレゼンスで眼前に定位するものが多く、品質も非常に高いものです。

今日は、まず、お気に入りの曲を1曲とりあげましょう。

Hob.III:35 / String Quartet Op.20 No.5 [f] (1772)
演奏は4 for Haydnというクァルテットで、まさにこの企画のために結成されたグループ。メンバー及び出身などは下記の通り。

第1ヴァイオリン:Michael Hsu(シュツットガルトのオーケストラのコンサートマスター)
第2ヴァイオリン:Rieko Aikawa(藍川理映子、リンツ・ブルックナー管メンバー)
ヴィオラ:Shang-Wu Wu
チェロ:Sarah Weilenmann(ウィーン・パシフィック四重奏団メンバー)

録音は2009年2月6日、ウィーンのウィーン音楽演劇大学ヨゼフ・ハイドン・ホールで。

非常に自然に空間に溶け込むような入り。一流どころと比べると一人一人の技量は差がつくところですが、逆に音楽に自然なぬくもりが感じられて悪くありません。しっとりとした表情を醸し出しながら、ゆったりとこの曲独特のほの暗いメロディーラインを奏でていきます。まるで友人が家にきて演奏してくれているようなリアリティ。各奏者が他の奏者の演奏に耳を傾け、リズムを確かめながら演奏していくよう。音楽が生み出されるその場に立ち会う喜びに溢れています。なぜか手作りの音楽が心に染み入ります。1楽章も後半に至って盛り上がりを見せる場面での力の入り方の変化も4人の息がピタリと合って、聴き応えがあります。
続くメヌエットでは、表現の幅が少し広がり、メリハリのはっきりした演奏に少し変化します。流麗さはほどほどながら、キレはそこそこあり、ざっくりしたアンサンブルでクッキリとしたメロディーを奏でていきます。
アダージョに至り、第1ヴァイオリンの図太い木質系の響きの美しさにハッとさせられます。録音がいいので非常に存在感のある音像が眼前にしっかり描かれます。奏者の息づかいまで鮮明に録られており、臨場感満点。ゆったりとした音楽が流れます。
最後のフーガも外連味なくじっくりと音を重ねていきます。朴訥さを感じさせるほどの生真面目な演奏ですが、それがいいと思わせる音楽性があります。非常にリアルな各楽器の音の重なり。弦楽四重奏の響きの魅力をあらためて確認できるいい演奏です。

研ぎすまされた一流奏者の演奏もいいものですが、このアルバムで聴く事ができる演奏は、まさに等身大の演奏。非常に自然かつ鮮明な録音もあって、まさに目の前にクァルテットがきて演奏しているようなリアリティがあります。音楽を演奏する喜びをともに味わえるような演奏ですね。これはこれで非常に楽しめますし、もしかしたらハイドンの弦楽四重奏曲の楽しみ方の本質はこのような聴き方にあるというような気にさせられる説得力もあります。冷静に評価をすると、演奏のキレ等もあり最高評価はつけられませんが、ここで聴かれる音楽の濃さを考えると低い評価をつけるべき演奏でもありません。トップバッターとして取りあげたこの演奏は[++++]としておきます。

このセット、ハイドンの弦楽四重奏曲が好きな方にはオススメです。音楽をつくっていこうとする息吹のようなものが感じられる、いいプロダクションです。全集としては求めやすいものですので、是非手に入れてこの息吹を感じてください。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 弦楽四重奏曲Op.20 弦楽四重奏曲全集

エンジェルス弦楽四重奏団のOp.74のNo.1

今日も弦楽四重奏曲を紹介。すこし新し目のものです。

AngelesSQ.jpg
HMV ONLINEicon / amazon

エンジェルス弦楽四重奏団(The Angeles String Quartet)のハイドンの弦楽四重奏曲全集。収録は1994年4月から1999年6月にかけて、サンフランシスコ近郊のベルヴェディアの聖ステファン米国聖公会教会(St Stephen's Episcopal Church)でのセッション録音。レーベルは今は亡きPHILIPSです。今日はこの中から、最近良く聴くOp.74のNo.1を取りあげます。

エンジェルス弦楽四重奏団は、このハイドンの弦楽四重奏曲全集の他に録音を見かけませんし、ネットにもあまり情報がありません。ということでたよりになるのはライナーノーツのみ。設立は1988年と最近で、アメリカ西海岸で急速に頭角を現し、その後ニューヨークのカーネギーホールやリンカーンセンターなどでもリサイタルを開くようになりました。ロンドンではウィグモアホールでハイドンシリーズのコンサートを担当したそう。メンバーは下記のとおり。

第1ヴァイオリン:キャサリーン・レンスキ(Kathleen Lenski)
第2ヴァイオリン:スティーヴン・ミラー(Steven Miller)から1988年にサラ・パーキンス(Sara Parkins)に交代
ヴィオラ:ブライアン・デンボウ(Brian Dembow)
チェロ:ステファン・エルドディ(Stephen Erdody)

このアルバムはバラで発売された形跡はなく、一気に全集として発売されたもの。ジャケットにはヨゼフ・ハイドン協会のサポートで録音されたとの記載があり、ただの全集ではないようですね。おそらく彼らの透明感溢れる晴朗な演奏スタイルを知ってハイドンの全集プロジェクトが計画されたということではないかと想像しています。ただし、現時点で彼らのオフィシャルサイトなどが見つからないことを考えると現在活動しているかどうかわかりません。

既に触れたとおり、エンジェルス弦楽四重奏団の演奏は、現代楽器による楽天的すぎるとさえ思える伸び伸びとした晴朗な演奏が特徴。同じ現代楽器でもアマデウスのストイックかつ分厚い音色の弩迫力の演奏とは対極をなすような演奏。ハイドンの弦楽四重奏曲に内在する一面にスポットライトを当てた演奏であることに間違えありません。

Hob.III:72 / String Quartet Op.74 No.1 [C] (1793)
PHILIPSらしい空間を感じる比較的残響豊かな録音。ただ定位感が不思議で楽器の実体感があまりなく、空間全体に巨大なクァルテットの虚像が満ちているような音響。定位感の再現がほどほどの我が家のシステムでもこのような印象なので、オーディオ的に空間表現にすぐれた装置で聴くとこのへんは逆に欠点に聴こえるのではないかと思います。PHILIPSにしては珍しい録音といえるでしょう。普通の装置では非常に良い音と聴こえるタイプの録音です。
1楽章は巨大な音像で鮮度も十分なクァルテットの迫力の演奏。伸び伸びとしながらキビキビともしており、それでいて安心して聴ける流れの良さがある演奏。アンサンブルは緊密な一体感で、各楽器の音色もそろっています。強音のはじまりをすこし溜めて力感を表現するあたりの巧みさはなかなかのテクニック。各楽器のメロディーの受け渡しは微妙に前のめりなところが推進力を生み、リズム感の良さを際立たせています。テクニックと音楽性のバランスが絶妙。
2楽章も基本的に同じ魅力をもった演奏。純粋に伸び伸びと奏でられるメロディーラインがアメリカのクァルテットだと感じさせます。呼吸も深く、旋律も良く磨かれていますが、豊かな残響をともなって録られた各楽器の音自体は少々ざらついたもの。おそらくPHILIPSの技術者がこのクァルテットの伸び伸びした演奏とすこしざらついた音のギャップを埋めるべく試行錯誤してたどりついたのがこのアルバムのちょっと変わった録音の背景のような気がします。
メヌエットは大きな楔を打つような趣。楔をうつ槌を振りかざすバックスイングまで見えるような非常にメリハリのあるフレージング。変わったことはやっていませんが、活き活きとした活力溢れる演奏という意味ではすばらしいものがあります。楽章ごとの変化のつけかたも自然な範囲ながら、クッキリと個性を際立たせるなかなかの演出力。
そしてフィナーレでは抜群のテクニックを見せつけます。速いパッセージの安定感のみならず、全体構成を考えた設計も見事。休符やアクセントの付け方も見事のひとこと。

久しぶりに取り出して聴いたPHILIPSレーベルの威信がかかったハイドンの弦楽四重奏曲全集。PHILIPSに期待される素晴らしい空気感溢れる録音ではなかったにせよ、エンジェルス弦楽四重奏団のハイドンはハイドンの弦楽四重奏曲のオーソドックスな演奏としてなかなか良い出来です。活き活きとした曲想、ちょっと楽天的にも感じるコントロール、緊密なアンサンブルとレベルの高い演奏ですが、ハイドンの弦楽四重奏曲の魅力である陰りや憂いといったもの、ヨーロッパの伝統など、失われてしまった側面もあるように感じます。変わった定位感の録音は、おそらく弦楽器の音質をカバーするために工夫をこらしたものだったと思います。評価は[++++]としておきます。

この全集、欠点といえば、「十字架上のキリストの最後の七つの言葉」が含まれていない事ですが、演奏自体は弦楽四重奏曲をのんびり楽しむには非常にいい全集だと言えると思います。弦楽四重奏曲が好きな方は持っていて損はないいいアルバムでしょう。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 弦楽四重奏曲Op.74 弦楽四重奏曲全集

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

アンダンテと変奏曲XVII:6ショスタコーヴィチベートーヴェン紀尾井ホールドビュッシーラヴェルストラヴィンスキーピアノ三重奏曲ミューザ川崎協奏交響曲LPオーボエ協奏曲日の出ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:38サントリーホールスタバト・マーテルピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:39ブルックナーマーラーヒストリカル十字架上のキリストの最後の七つの言葉告別交響曲90番交響曲97番奇跡アレルヤ交響曲99番交響曲18番弦楽四重奏曲Op.64ひばりフルート三重奏曲悲しみ交響曲102番ラメンタチオーネモーツァルト交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者驚愕小オルガンミサニコライミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23王妃ピアノソナタXVI:52ライヴ録音SACD武満徹チェロ協奏曲交響曲19番古楽器交響曲全集交響曲81番交響曲80番マリア・テレジア交響曲21番豚の去勢にゃ8人がかりクラヴィコード騎士オルランド無人島Blu-rayチェロ協奏曲1番東京オペラシティ交響曲10番交響曲9番交響曲12番交響曲11番ロンドン太鼓連打交響曲4番交響曲2番交響曲15番交響曲1番交響曲37番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:36ライヒャドニぜッティロッシーニピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3シェーンベルク東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ピアノソナタXVI:31ピアノソナタXVI:26ファンタジアXVII:4タリスモンテヴェルディパレストリーナバードアレグリすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6美人奏者四季交響曲70番迂闊者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:4バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーシューベルト交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲46番交響曲35番交響曲51番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌハイドンのセレナード弦楽四重奏曲Op.76ピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲リュートピアノソナタXVI:10ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6ピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲79番ロンドン・トリオ交響曲88番オックスフォードモテットドイツ国歌オフェトリウムカノン弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難交響曲84番パリセットブーレーズベルク主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11音楽時計曲ピアノ小品カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47第九読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲107番変わらぬまこと交響曲108番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲3番スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
12位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ