パノハ四重奏団のOp.55(ハイドン)

ようやく風が涼しくなり始めました。秋にはクァルテットが似合います。

Panocha55.jpg
amazon(mp3)

パノハ四重奏団(Panocha Quartet)による、ハイドンの弦楽四重奏曲Op.55のNo.1からNo.3の3曲を収めたアルバム。収録は1996年4月19日から6月29日にかけて、プラハのドモヴィナスタジオ(Domovina Studio)でのセッション録音。レーベルはチェコのSUPRAPHON。

先日、湖国JHさんから同じくパノハ四重奏団のOp.33のアルバムを借りたのですが、これがなかなか良かったので、パノハ四重奏団のCDやLPを何枚か手に入れた中の一枚。色々聴き比べ、このアルバムを選んだ次第。

パノハ四重奏団はスメタナ四重奏団と並んでチェコを代表するクァルテット。1968年にプラハ音楽院のヨゼフ・ミカ教授の門下生が集まって設立されました。1975年にはプラハ国際弦楽四重奏コンクールで優勝、翌1976年にはフランスのボルドーのコンクールで金賞をとり、以後は欧米を中心に活躍。1980年には師であるスメタナ四重奏団とともに来日し、以後は頻繁に来日し、最近では草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティヴァルに毎年出演しているそうです。

メンバーは設立直後の1971年にヴィオラが入れ替わったようですが、それ以来40年以上にわたって不動。

第1ヴァイオリン:イルジー・パノハ(Jiři Panocha)
第2ヴァイオリン:パヴェル・ゼイファルト(Pavel Zejfart)
ヴィオラ:ミロスラフ・セフノウトカ(Miroslav Sehnoutka)
チェロ:ヤロスラフ・クールハン(Jaroslav Kulhan)

今日取り上げるアルバムは1996年の録音ということで、四半世紀かけて築きあげた見事なアンサンブルを堪能します。

Hob.III:60 String Quartet Op.55 No.1 [A] (1788)
たっぷりの余韻を含んだ弦楽四重奏の響き。屈託なくサクサク進みますが、アンサンブルは流石に緊密。全パートがまるで一塊りのように一体となって鳴り響きます。聴きすすむと、ヴァイオリンのイルジー・パノハの音階の恐ろしいまでのキレの良さに気づきます。速いパッセージの音階はまるでボウイングなどしていないような滑らかさ。この滑らかさは尋常ではありません。音楽全体が楽天的にあっけらかんとしたように進む中、ヴァイオリン一人が赤熱するまでホットなキレ味を聴かせます。この前に聴いたOp.33では全員がピンと張り詰めたタイトな響きの魅力で聴かせたのと聴かせどころが全く異なります。
続く2楽章のアダージョ・カンタービレは木質系の柔らかな弦楽器の響きをたっぷりと聴かせるように全パートが楽器をよく鳴らし、メロディーラインがゆったりとふくよかに鳴り渡ります。耳を澄ますとそれぞれのパートのボウイングが揃って皆ピカピカに磨かれているよう。特に高い音の美しさは素晴らしいものがあります。自然なボウイングが折り重なるように音楽を奏でる至福のひと時。
一体感のあるアンサンブルはメヌエットに入っても変わらず。ここではリズムが軽々と弾み、まさに舞曲たるように音楽が弾みます。ハイドンの音楽が楽譜を離れて踊り出しているような愉快さ。クァルテットでのこのリズムのキレは出色。
そしてさらに驚いたのがフィナーレの軽々とした入り。アンサンブルのキレはすでに奇跡的なレベル。軽やかな音階が見事な交錯するうちにチェロやヴィオラが弓いっぱいを使ったボウイングで踏み込んできてクライマックスを迎えます。ハイドンの見事な筆致をこれ以上ない緊密なアンサンブルでまとめます。恐ろしいまでに揃ったアンサンブルながら力んだ感じが全くしない名人芸。絶品です。

Hob.III:61 String Quartet Op.55 No.2 "Lasiermesserquartetett" 「剃刀」 [f] (1788)
短調の名曲「剃刀」。アンサンブルの一体感は変わらず、切々と音楽を奏でていきます。中間部のヴァイオリンのソロではイルジー・パノハは控えめな音量でメロディーを滑らかになぞっていきますが、ボウイングを感じさせないほどの滑らかな演奏がこの人の特徴と見抜いた次第。他のパートとの溶け合いとメロディーが浮かび上がらせる役割のバランスが絶妙なんですね。溶け合いながら浮かび上がるヴァイオリン。パノハののびのび溌剌とした音楽がハイドンの音楽にピタリと合っているからこその説得力。パートをまたぎながら受け継がれて変奏を重ねていくメロディー。チェロのミロスラフ・セフノウトカの燻らせたような美音も絶品。美音と軽さとアンサンブルの巧みさで1楽章は見事な姿に仕上がります。
この曲は不思議と2楽章がアレグロ。いつもながらハイドンの引き出しの多さに唸るところです。ここにアレグロを持ってくると落ち着かなくなりそうですが、さにあらず、すっと飲み込めてしまう音楽の進行に唸ります。そして軽さのコントロールの上手いパノハで聴くとこの楽章の巧みな筆致を存分に味わえます。軽さから重さのコントロールが何十段階もあり、フレーズごとに巧みに使い分けているよう。やなりリズムが生きているように弾みながら変化する見事さ。メロディーとリズムが交錯しながらの複雑な展開はまとめるのが難しそうですが、全く破綻なくすっと流れていく快感。
その交錯を受けて不思議なメロディーで入るメヌエットも聴いていくうちに音楽がまとまり、メロディーが離合集散を重ねます。
フィナーレもキレの良いパノハのヴァイオリンが控えめに冴え渡ります。コミカルなメロディーが繰り返されますが、音階のあまりのキレの良さに唸らんばかり。4人とも余裕たっぷりで、このコミカルな楽章を演奏するのを楽しむようにサラリと仕上げます。切れる剃刀に困っていたハイドンが、カミソリと交換しようと提案したエピソードで知られるこの曲。ハイドンのお返しのこの曲、もらった剃刀以上に、時代を超えてキレまくってます。ハイドンくらいになると遊び心もレベルが違います。

Hob.III:62 String Quartet Op.55 No.3 [B flat] (1788)
最後の曲。ハイドンの弦楽四重奏曲などを聴くといつも湧き出るような多彩なメロディーに、曲の展開など、1曲1曲が全く異なる発想で書かれていることでに驚くのですが、このOp.55でも同様、前2曲とは全く異なる聴かせどころに刺激されます。1楽章は穏やかな入りから各パートがコミカルなメロディーを交換しながら曲が大きな幹に育っていくような展開。もちろんパノハの軽やかな弓裁きの至芸で聴かされると、ハイドンの創意を結集した曲の面白さが手に取るようにわかります。チェロの語るようなフレーズの面白さが絶妙。
続く2楽章は穏やかに流麗なメロディーが流れます。フレーズの呼吸が深く、じっくりと演奏することで味わい深い響きを創っていきます。さえずるようなヴァイオリンが寄り添いながら滔々と音楽が流れ、この曲集を振り返るような郷愁の念が浮かび上がります。消え入るような最後は枯淡の境地。
気をとりなおすように快活なメヌエットを挟みますが、微妙に陰のあるメロディーを選んでくるところは流石。中間部はメロディーを散らかすような気さくなもの。
やはりフィナーレは来ました! 絶妙に軽やかな音階の交錯。メロディーを弄ぶかのように上下する音階。ピタリと全員の息が合った見事なアンサンブル。演奏自体はアクロバティックなほどテクニックを駆使しているのでしょうが、音楽にはそのようなことを微塵も感じさせないところが圧巻です。ハイドンのクァルテットのフィナーレの最もキレた姿がここにあります。

これは見事。Op.55の決定盤と言ってもいいでしょう。流石に四半世紀同じメンバーで活動してきただけあって、4人の紡ぎ出す音楽は完全に揃っています。響きが揃っているというレベルではなく、音楽そのものが長年の演奏を通して一つにまとまっているんですね。そしてテクニックも絶品。この軽やかに弾むメロディーの自然さは一朝一夕に到達できるものではありません。タイトに攻めてくるのではなく、ハイドンの遊び心の本質に触れる軽妙かつ深い演奏。このOp.55、ハイドンのクァルテットの中では今ひとつ録音が少ないのは演奏が難しいからのような気がしますが、このパノハこそOp.55の真髄に触れる演奏と言っていいでしょう。評価は全曲[+++++]とします。

残念ながらCDではなかなか入手しにくい状態。Apple Musicに登録されていますので聴くのは問題ないでしょう。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 弦楽四重奏曲Op.55

Meta4の弦楽四重奏曲Op.55

今日は久しぶりに若手クァルテットの新譜です。

Meta4.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

Meta4によるハイドンの弦楽四重奏曲Op.55のNo.1、No.2「剃刀」、No.3の3曲を収めたアルバム。収録は2008年11月4日から6日、ドイツ、ハイデルベルクの南方の街ザントハウゼンにあるクララ・ヴィーク・オーディトリウムでのセッション録音。レーベルは最近良く取りあげているhänssler CLASSIC。

クララ=ヴィークとは調べたところクララ・シューマンのことのようですね。ヴィークが旧姓です。

さて、Meta4ですが、ライナーノーツによると、フィンランドのクァルテット。メンバーは下記のとおり。

第1ヴァイオリン:アンティ・ティッカネン(Antti Tikkanen)
第2ヴァイオリン:ミンナ・ペンソラ(Minna Pensola)
ヴィオラ:アッテ・キルペライネン(Atte Kilpeläinen)
チェロ:トマス・デュプシェバッカ(Tomas Djupsjöbacka)

2001年に結成され、ヨーロッパ室内楽アカデミーのハット・バイエルレ(アルバン・ベルク四重奏団のヴィオラ奏者)とヨハネス・マイスル(ウィーン・アルティス四重奏団の第2ヴァイオリン)に師事。2004年にモスクワで開催された国際ショスタコーヴィチ弦楽四重奏コンクールで優勝し、同時にショスタコーヴィチのすぐれた演奏によって特別賞も受賞しました。2007年4月にはウィーンで開催されたヨゼフ・ハイドン国際室内楽コンクールでも優勝しました。その後、フィンランド文化省から、フィンランドの若手で将来有望な演奏家たちを奨励するフィンランド賞を授与され、2008年以降、フィンランド内陸部でロシア国境に近い街、クフモで開催されるクフモ室内楽音楽祭の常任クァルテットとなっています。また、2008年9月から、BBC新世代の芸術家に選ばれ、シティ・オブ・ロンドン音楽祭、チェルトナム音楽祭、マンチェスター・ミッドデイ・コンサーツ・ソサエティやバーミンガム・タウン・ホールに招かれているなど、活躍の場を広げています。

ヨーロッパの辺境フィンランドの若手演奏家によるハイドンの比較的地味な曲の録音。ライナーノーツによれば、このクァルテットのデビュー盤で、ハイドンを選んだのはマドリードでのハイドンの弦楽四重奏曲全曲演奏でこのOp.55を演奏したからとのことでしたが、もともと師であるアルバン・ベルク四重奏団のヴィオラ奏者だったハット・バイエルレから2003年にバーゼルで教わり始めた際、「ハイドンを学ばなければならない。ハイドンを演奏出来れば、どんな曲も演奏することができる」と言われたからだとのこと。けだし名言だと思います。

ジャケットに目をやれば、才気あふれる若者がかなり挑戦的な眼差しでたたずむ姿。これまでのハイドンの弦楽四重奏曲の演奏史に、この新たな才能が一石を投じる事が出来るでしょうか。以前取りあげたミネッティ四重奏団もそうですが、若手のクァルテットのアルバムを聴くのは、非常に楽しみな事です。老練なハイドンもいいですが、若い才能がハイドンをどう料理するかも興味深いですね。今日はこのアルバムの最初の2曲を取りあげます。

Hob.III:60 / String Quartet Op.55 No.1 [A] (1788)
非常に鮮明かつダイレクトな音響。刺激が強すぎる一歩手前の鮮明な尖った音の録音。若手らしく音符から精一杯のメリハリを汲みとり、クッキリとしたソノリティを再現。特に高音域の鮮明さが音響上の特徴でしょうか。北欧だからかわかりませんが、透徹した氷のような響き。各奏者が自在にメロディを奏でていますが、テイストがそろっているせいか一体感は悪くありません。一音一音のチュナーミクをきっちりコントロールして、研ぎすまされた響きをつくっていくような演奏。テクニックは確かなものがあります。特に第1ヴァイオリンの磨き抜かれた高音のメロディーの浸透力は流石なもの。
2楽章のアダージョ・カンタービレは、クッキリした表情のままくつろいだ表現に。現代音楽ばりの精妙な響きで演奏されるハイドン特有の暖かいメロディー。ユニークな演奏ではありますが、悪くありません。ハイドンを良く理解して演奏しているようなので、表現が浮ついていませんし、なかなかの情感。
メヌエットは鋼のような強さのヴァイオリンがリードしてリズミカルな演奏。鮮度とリズム感を重視した意外とオーソドックスな演奏。ハイドンの難しいところは表現重視になれば、曲の美しさをスポイルしかねず、かといって大人しい演奏では凡庸に聴こえてしまうので、どこまで表現を踏み込むかのバランス感覚を鍛えられるところ。Meta4は、このバランスをうまくわきまえ、きっちり個性を出しながらも、ハイドンのクァルテットの演奏として踏み外さないバランス感覚を身につけているようです。
フィナーレも軽さをうまく表現しながら、持ち前の強い音色と表現を上手く織り交ぜて、自分たちのハイドンの表現をしっかり持った演奏にまとめています。フィナーレはコミカルな表情を上手く取り入れて、ハイドンらしさを十分表現しています。出だしの1曲目からなかなかの腕を披露していますね。

Hob.III:61 / String Quartet Op.55 No.2 "Lasiermesserquartetett" 「剃刀」 [f] (1788)
切れる剃刀に困っていたハイドンが、カミソリと交換しようと提案したエピソードで知られるこの曲。音響的には前曲そのままですが、表情が少し穏やかになって、ハイドンのメロディーを素直に楽しむ余裕がでてきました。短調の悲しげなメロディーを切々と弾いていきます。途中から顔を出すチェロのソロの柔らかい音色が妙にいい音。後半の明るい展開部の素朴な表現は1曲目の険しい表情とは打って変わってほのぼのとしたもの。
2楽章はアダージョではなくアレグロ。中庸なテンポと、程よいメリハリでハイドンの曲をじっくり描いていきます。時折見せるレガートが変化をつけます。軽さと輝きが同居してフーガのような深遠な波を表現して、徐々にタイトな表現に変化していきます。
メヌエットも適度なテンションで変化の幅を比較的大きくとり自在な表現を加えます。特に中間部の起伏は見事なもの、両端部は落ち着いているので対比も十分。
フィナーレは軽さとテンションの高い部分の繰り返しを鮮明に描き、この曲の面白さを際立たせる演出。ハイドンを研究し尽くした上での表現でしょう。この曲でも表現の踏み込みが個性的かつやり過ぎない絶妙のところにあり、なかなかのものとうならされる演奏。かなりの才能と見ました。

フィンランドの俊英によるMeta4のハイドンのOp.55の3曲を収めたアルバム。ジャケットに写る自信満々の挑戦的な姿そのもの攻めるハイドン。若手らしく尖ったところも見せながら、ハイドンの弦楽四重奏曲のハイドンらしさの域を超えないあたりも、賢明な判断です。鮮明かつ浸透力ある音響、テクニックも安定しており、音楽性も十分.
才能あふれるクァルテットですね。ハイドンを良く研究し、ハイドンを得意としたアルバン・ベルク四重奏団の元ヴィオラ奏者ハット・バイエルレに学んだだけのことはあります。評価はNo.1が[++++]、No.2の「剃刀」が[+++++]とします。今後が楽しみなクァルテットです。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 弦楽四重奏曲Op.55 剃刀

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
スクロールできます。

ライヴ録音ピアノ協奏曲XVIII:11ストラヴィンスキー東京オペラシティマーラー弦楽四重奏曲Op.9古楽器アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:68人のへぼ仕立て屋に違いない交響曲97番告別交響曲1番ヒストリカルピアノソナタXVI:39美人奏者四季交響曲70番迂闊者交響曲12番天地創造太鼓連打東京芸術劇場ピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:3アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:4SACDバリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーディヴェルティメントシューベルトモーツァルトベートーヴェンピアノソナタXVI:38LPピアノソナタXVI:31交響曲80番交響曲67番哲学者ラメンタチオーネピアノソナタXVI:24交響曲46番交響曲51番交響曲35番ヴァイオリン協奏曲協奏交響曲DVDピアノソナタXVI:52ピアノソナタXVI:49ファンタジアXVII:4交響曲47番十字架上のキリストの最後の七つの言葉テレジアミサピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:34ピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:20アリエッタと12の変奏XVII:3ピアノソナタXVI:40サントリーホールラ・ロクスラーヌ帝国皇帝弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ピアノソナタXVI:50五度ラルゴピアノ三重奏曲日の出弦楽四重奏曲Op.64ひばりチェロ協奏曲ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:32ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1軍隊リヒャルト・シュトラウス騎士弦楽四重奏曲Op.74弦楽四重奏曲Op.20交響曲17番ピアノソナタXVI:27ピアノソナタXVI:1弦楽四重奏曲Op.103シベリウス武満徹交響曲4番交響曲42番時の移ろい無人島ベルリンフィルホルン信号交響曲19番弦楽四重奏曲Op.55弦楽四重奏曲Op.54王妃交響曲87番交響曲86番フルート三重奏曲トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:25驚愕時計ロンドンリュートピアノソナタXVI:10ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6ピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナアレルヤピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ホルン協奏曲ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲78番交響曲81番交響曲79番交響曲99番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードドイツ国歌カノンモテットオフェトリウムピアノソナタXVI:37スタバト・マーテルピアノソナタXVI:42弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールクラヴィコードパッヘルベル弦楽四重奏曲Op.17交響曲102番アダージョXVII:9受難ピアノソナタXVI:35パリセット交響曲84番ブーレーズベルク交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41ショスタコーヴィチ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲オーボエ協奏曲悲しみリーム交響曲89番交響曲50番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10奇跡交響曲34番交響曲18番交響曲77番温泉フルートソナタ交響曲98番ドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生交響曲93番ピアノソナタXVI:47bisピアノ小品音楽時計曲ピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストシェーンベルクピアノソナタXVI:14オーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:12変奏曲XVII:7ピアノソナタXVI:22オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノピアノソナタXVI:2ヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場マリア・テレジア裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ピアノソナタXVI:8ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場弦楽四重奏曲Op.2皇帝讃歌交響曲24番小オルガンミサ大オルガンミサ新橋演舞場交響曲10番交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD剃刀ドビュッシー交響曲28番交響曲13番交響曲95番変わらぬまこと交響曲108番交響曲62番交響曲107番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲9番交響曲3番交響曲2番スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤン弦楽三重奏曲スウェーリンク書籍交響曲65番ニコライミサ交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽Blu-ray狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2016年9月のデータ(2016年9月30日)
登録曲数:1,361曲(前月比+3曲) 登録演奏数:9,608(前月比+87演奏)
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
190位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
11位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ