【番外】東急文化村で市川海老蔵自主公演を見る

今日はチケットをとってあった歌舞伎見物に。歌舞伎座ではなく東急文化村のシアター・コクーンへ。

Ebizo20130811.jpg
ABKAI オフィシャルサイト | 市川海老蔵 自主公演 えびかい

嫁さんが取ったチケット。私が海老蔵様のご贔屓なわけではなく、母親も舞台を見た事がないとのことで、母親と嫁さんと3人で出かけました。

今日は東京は灼熱。電車で出かけたら干物になってしまいますので、車で出かけました。里帰りの人も多いのか都心は車が少なく、自宅から30分少しで渋谷に到着。文化村裏のコインパーキングに車を停めますが、降りると熱帯のような空気。危険です(笑)

少し早めについたので、文化村の地下のドゥ マゴ パリでお茶を飲んで一休み。

IMG_5235.jpg

外は灼熱でしたが、日陰の中にははお店の冷房がすこし流れてきて、不快な暑さではありませんので、中庭の席にすわり、アイスコーヒーで火照りを冷まします。生でもぐいっといきたい気分ですが、車ゆえ我慢我慢。

IMG_5236.jpg

今日は13:30開演。開場時間の13:00になると中庭に笛と太鼓の音が轟きます。フランス人建築家、ジャン・ミッシェル・ヴィルモットがデザインした建物に、笛と太鼓。歌舞伎座などでは至極当然ですが、なんとなくいい感じ。音に誘われてシアターコクーンの入口に向かいます。

日曜の昼の公演らしく、ほぼ満席。今日の出し物は2つ。席は2階席の中央で舞台が俯瞰できるなかなか良い席でした。

歌舞伎十八番の内「蛇柳(じゃやなぎ)」
初演は1763年(シュトルム・ウント・ドラング期直前!)の作品ですが、直近の上演は昭和22年まで遡り、それ以降は上演されていない作品とのことです。初演時のわずかな資料から台本を書き起こしたそうです。今日はいつもたよりのイヤホンガイドがありません。芝居の直前に時代背景やら見所やらを聞いて芝居をみられるのは貴重ですね。パンフレットにもあらすじなどがなく、ちょっとこれは手抜きかしら。
蛇柳というのは高野山にあった柳の木のことで、その昔弘法大師空海が法力を以って蛇を柳の木に変えたものとののこと。海老蔵扮する丹波の助太郎と愛之助扮する住僧定賢のやり取りが、最初は能舞台のような場面から、徐々に歌舞伎の荒事に変わっていくというもの。やはり筋書きをきちんと読んだ上で見たいものです。
海老蔵はいつものちょっと違和感のある裏声風の台詞がいつもより気にならず、主演公演としてかなり稽古をつんだよう。華やかな舞台でした。

新作歌舞伎「疾風如白狗怒涛之花咲翁物語~はなさかじいさん~」
休憩をはさんで、新作歌舞伎で、宮沢章夫の脚本、宮本亜門の演出ということで、新作歌舞伎というより、歌舞伎風の演劇といった方が通りがいいでしょう。花咲か爺さんをテーマにしたものですが、桃太郎も一寸法師もでてくる奇想天外なストーリー。舞台装置がめまぐるしく変わり、照明や映像などもふんだんに使った舞台。あまりネタを明かすとこれから見られる方に悪いので、お楽しみということにしておきましょう。
こちらも海老蔵が早変わりで何役もこなし、愛之助や片岡市蔵、上村吉弥などが好演。とくに「虫」役の子供の演技がなかなか良かったですね(笑)
歌舞伎の舞台はさっと幕を引いて終わるのが粋なんですが、この舞台は演劇のように何度もカーテンコールと最後まで仕掛けづくしで、ちょっと歌舞伎とはかなり違う趣向。ただ、お客さんはサービス満点の舞台に拍手喝采、母親も「わかりやすくて、面白かった」と気に入ったよう。これがなによりです。

十分楽しんだところで、シアターコクーンから中庭に出ると、何と雨ではありませんか。歌舞伎を見ている間に天候急変でした。ということで、こんどはロビーラウンジの方で、一休み。

IMG_5239.jpg

頼んだのは煎茶セット(笑) 歌舞伎のあとの休憩としては極めて真っ当なものですが、ジャン・ミッシェル・ヴィルモットのデザインした空間で、あんみつと煎茶をいただきます。調べてみたら、東急文化村は出来てからもうすぐ25年だそうです。管理が良いのか、古さを感じさせませんね。

雨も上がって、帰途につきますが、先週から母親がなぜかロイヤルホストにいきたいといっていたので、帰りに馬事公苑のロイヤルホスト寄って早めの夕食です。

IMG_5240.jpg

ドライブ時の掟、ノンアルコールビール。やはり飲んでいるという気分が大切なんです(笑) もちろん母親は生ビール、嫁さんは白ワイン(涙)

IMG_5241.jpg

カレーフェアというメニューを見て、迷わずカレーに。私は国産牛のSpicyカレー、嫁さんがカシミールビーフカレー、母親がポークときのこのポルチーにクリームスパゲティ! 

久々に入りましたが、ファミレスとしては美味しいですね。しばらくいかない間に味良くなってました。

今日も無事帰着。明日から1週間仕事ですが、その次の週は休暇をとってます。夏の温泉旅行を計画中です。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : 歌舞伎
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 東急文化村 歌舞伎

レオナルド・ダ・ヴィンチ美の理想展(Bunkamura)

東京は今日はあいにくの雨。雨で人出が少ないだろうと想像して、明日までの展覧会に出かけてみました。

DaVinci.jpg

「レオナルド・ダ・ヴィンチ美の理想」展

渋谷の東急文化村で明日6月10日まで開かれている展覧会。雨にも関わらず多くのひとで混んでいました。文化村の展覧会は適度な広さの会場といつも気が利いた展示で楽しめるもの。

今回の目玉は上の宣材画像にも写っている「ほつれ髪の女」。もともとダ・ヴィンチは絵画作品が17点と少ないそうですので、作品は大変貴重。「モナ・リザ」や「最後の晩餐」が有名ですが、デッサンは解剖まで極めた科学的な正確さと優美さを兼ね備えたもの。その最高傑作が「ほつれ髪の女」。

展示は「ほつれ髪の女」をメインに、同時代の作家、師や弟子の作品群で構成されたもの。

レオナルド・ダ・ヴィンチとレオナルド派
レオナルドの時代の女性像
「モナ・リザ」イメージの広がり
「裸のモナ・リザ」、「レダと白鳥」
神話化されるレオナルド

などに分けて上手く展示されていました。代表的な絵は上の展覧会のウェブサイトで確認できます。

「ほつれ髪の女」は非常にちいさな木片に書かれたデッサン。20cm角くらいの大きさでしょうか。自身の目で見る本物は少し暗めのトーンで、ほのかな色香が漂うもの。陰影の濃淡が絶妙で、デッサンから呼吸する息吹が聴こえてきそう。500年前のイタリアにタイムスリップしそうでした。

展覧会場にいたのは夕方だったので、適当に喉が乾き、いつものように文化村中庭のカフェに。

ドゥ マゴ パリ

IMG_3087.jpg

雨なのでテラス席には座れませんが、雨の当たらない席に座ってしばしのんびり。

IMG_3091.jpg

今日はギネス。嫁さんはいつものようにケーキセット。ギネスのクリーミーな泡と燻したような香りが疲れを録ります。ちょっともらったチョコレートケーキも日本の味とは少し異なる甘みのあるもの。

このあと、文化村のブックショップと東急百貨店の上のジュンク堂で少しブラブラして、お腹が減ってきたので、今日はiPhoneの食べログを見てベトナム料理の美味しそうなお店を発見。

食べログ:エスニック・ダイニング ゴールデン・バーニング渋谷店

IMG_3095.jpg

嫁さんが美味しいフォーが食べたいとの事で、東急百貨店の向かいをちょっと入ったところ。徒歩1分もかかりませんでした。お店に入ったのは18:00過ぎでしたが、先客は1組だけ。ただ、席はほとんど予約で埋まっており人気店のようです。さきほど文化村でギネスを飲んだので、グラスワインの白から。

IMG_3098.jpg

まずは、生春巻き。フレッシュな野菜と独特のドレッシングが効いてしっかりした味。

IMG_3099.jpg

そして、メニューには生ガキが。生ガキを見て注文を逃す訳には参りません。タスマニア産ということで注文してみましたが、実が薄く今ひとつでした。

IMG_3100.jpg

そして腸詰。ネギとパクチーをたっぷりあしらって、チリソースで戴きますが、これは本格的でいい味。腸詰ということで、お酒も変えました。

IMG_3101.jpg

ベトナム焼酎をロックで。すこし香草の香りが乗って爽やかな風味。25度くらいのお酒。

IMG_3103.jpg

食事はグリーン・カレー。メニューに炎のマークが2つなので辛めの味つけ。これが絶品。確かに辛いですが、辛いもの好きの私は全く問題ありません。これは美味しかった。

IMG_3104.jpg

そしてフォー。いくつか種類がありますが、グリーンカレーが鶏肉でしたので、こちらはチャーシューのフォー。これがまた美味しい。トウガラシを加えてぴりりとさせると尚美味しい。チャーシューも本格派で肉の旨味が良く出ていました。

はじめて入ったベトナム料理のお店でしたが、ここはあたり。予約で席が埋まっているのも頷けるもの。しっかりとした味付けで素材も良く、今日は満足。牡蠣ははずれましたが季節を考えるとやむを得ないでしょう。ベトナム料理はいくつか行ってますが、これまでのベスト。オススメのお店です。値段もリーズナブルです。

今日は雨の中空いてると思った展覧会もかなりの人出。渋谷の街も人が多いですね。今日は「ほつれ髪の女」の夢でも見て練る事に致しましょう。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 東急文化村 ベトナム料理

ブリューゲル展へ

昨日のお出かけは渋谷へ。東急文化村でやっているブリューゲル展を見に行きました。

Bruegel2.jpg
東急文化村:ブリューゲル版画の世界 ベルギー国立図書館蔵

東急文化村へは久しぶり。渋谷駅からジリジリする日差しのなか文化村までてくてく歩いていきました。
人通りはそれほどでもありませんでしたが、展覧会は人が多かったですね。

ブリューゲル及びブリューゲルの個性を浮き彫りにするために選ばれた約150点の版画。版画ということで大半が幅30cm前後と小さいため、会場では普通の展覧会のときより皆さん絵に近づいてじっくり見てらっしゃったのが印象的。ブリューゲルのユーモアに訪れた人も顔がほころぶ方が多かったです。

展示は、ブリューゲルがイタリア旅行でスイスのアルプス越えのときに受けた風景の感銘を起点として緻密な風景、自然描写に目覚めていくところから、風景の中に現れる人間に後の画風につながる象徴的な姿が早くも現れ始める流れ、上記の展覧会のキャッチにも使われている「聖アントニウスの誘惑」のようなブリューゲルの真骨頂である寓意の限りをつくした表現に至るステップがよくわかる、非常に旨くまとめられた構成になっています。
展示の後半には帆船の緻密な描写の絵が並ぶところがありますが、こうした絵を見ると、すべてのものを自分の世界に緻密に表現しようという表現欲が彼を突き動かしていたことが感じられます。

私が特に気に入ったのは2点。

一つはブリューゲルの代表的な作品で今回もポスターになって駅などに張られている「大きな魚は小さな魚を食う」。これはブリューゲルの不思議な世界を非常にわかりやすく象徴的に表した絵。岸辺に横たわる10メートル以上はあろうかという巨大な魚の口や人が裂く腹の裂け目から大魚が食べた魚が溢れでていますが、それぞれの魚がさらに小さな魚をくわえているというのが構図の中心。その前に船に乗った親子がいたり、岸辺でつりをする人が。解説によると絵の下の書き込みは「息子よ、これが私にはずっと前からわかっていたのじゃ、大きな魚たちが小さな魚を食うことを」とあり、諺であろうラテン語の銘文は「小魚は大魚の餌なり」。まあ、当時の状況を創造するに、権力には丸め込まれてしまうものというようなニュアンスでしょうか。そういったテーマを、これだけのユーモアと造形にまとめるあたりが、当時の多くの画家とブリューゲルの埋められない差を表しているんじゃないでしょうか。

もう一つは「七つの罪源シリーズ」という貪欲、傲慢、激怒、怠惰、嫉妬、大食、邪淫というテーマによる7枚のシリーズ。それぞれのテーマについてブリューゲル流のタッチで緻密に描いたもの。このそれぞれ人間誰にでもある深い罪のテーマでどうしてこのような絵なのかを深く考えさせる不思議なシリーズ。テーマと描かれた絵の深遠な関係を理解するにはじっくり構えなくてはいけませんね。

今回の文化村の企画と展示は素晴らしいの一言。会場がもうすこしゆったりしていればという面もありますが、民間の企業でこれだけしっかりと仕上げているのには頭が下がります。
まずは、ウェブサイト。展示会の案内とは別に特設ページがあり、ブリューゲルのおもしろさを伝えるコンテンツが用意されています。是非ご覧ください。

東急文化村:ブリューゲル展特設ページ

それから展示。上に触れられた通りですが、会場で流される映像、ブリューゲルのモチーフをあしらったソファのカバーリングの張地(笑)など、手のかかることをきちんとやられてました。
そして今回の目玉は図録でしょう。最近は展覧会に行っても図録を買うことはめったにありませんが、今回の図録の内容は素晴らしい。油絵などの場合、本物と図録の映像的にあまりに大きなギャップに興ざめしてしまう面もあるのですが、今回は版画ということでそうゆうこともあまり感じません。むしろ、非常に充実した解説、絵の銘文まですべて翻訳解説があり、展覧会の感動をあとでじっくり紐解くには好適。末尾のクレジットには編集が文化村とありますので、キュレーターの方が関わって作り上げたものでしょう。これは素晴らしい仕事。2500円でしたが、市販の書籍でしたらその何倍もするだけの価値は十分にありますね。ほんとに素晴らしい。
展示会の企画を担当された皆さんの情熱が伝わってくるような仕事ですね。

この展覧会はおすすめですね。見る予定の方は8月29日までにどうぞ。

展覧会後は出口目の前のドゥ・マゴ・パリで一休み。

IMG_0501.jpg
文化村の吹き抜けのテラス席で一休み。

IMG_0498.jpg
ビールを頼むとハイネケンの生。日本のビールのキレはありませんが、透明感のあるのどごしが悪くありません。ハイネケンは久しぶり。

IMG_0495.jpg
吹き抜けを見上げて。

東急文化村は1989年のオープンとのこと。設計は石本設計事務所とフランス人建築家ジャン・ミッシェル・ヴィルモット。流石に東急のフラッグシップ施設だけに手入れも良く、古さを感じさせませんでした。
この施設はデザイン的な善し悪し以前に、計画が良く出来ていると感じます。エントランスからの動線、文化施設が中庭を中心に配されてるところ、カフェやレストランの巧い配置など。人が漂うということの楽しみをわかっている計画なんじゃないでしょうか。この計画が石本のアイデアなのかヴィルモットのものかはわかりませんが、当時官公庁庁舎などの仕事が多かった石本単独では難しいでしょう。

ヴィルモットはインテリアや家具などに非常に拘る人。テラスのカフェのグリーンのチェアもフランス人ならではのデザイン。塗装がちょっとはげていたくらいで、十分綺麗でしたね。
カフェの内部、1階のロビーラウンジともに優雅にお茶やお酒を楽しめるいい設計です。インテリアという意味では、空間構成や素材の選び方もさることながら、家具やカウンターなどのフォルムの雰囲気に与える印象は大きく、これがヴィルモットの空間だと差別化するポイントとなっています。

このカフェのこと、文化村のことなど下記のブログで紹介されており、専門家の視点でとってもわかりやすくまとめられていますので、是非ご覧ください。

ブログ:東急文化村/ドゥ マゴ パリ-ミュジアム カフェ 東京

ビールで喉を潤したので、町中に。
ディスクユニオンの渋谷店を発見して少し散策、隣のブックオフ、先日久しぶりに訪問したBEAMのレコファンなどブラブラし、流行りのH&Mに。一時の混雑はなくなり、ゆっくり巡回。やはり安いというのはいいんでしょうね。

それから渋谷にヤマダ電気が出来ていたんですね。はじめて足を踏み入れます。最近買い替え周期に入った冷蔵庫と炊飯器を見てみようと上の方に。ちょっと説明を聴いてみたら、ずるずると。双方お買い上げです。人は押してくれれば買うんですね(笑)

散歩も一段落したので、なじみのインドカレー、ラージ・マハールに。宇田川町交番横。というよりディスクユニオン渋谷店隣のビルの5階です。

IMG_0504.jpg

再び生ビールで喉を潤し、カレーです。今日はマトンのほうれん草カレー、ピーマンのジャガイモ詰めのトマト仕立てのカレー。いつものように最高です。スパイスの奥深い香りと野菜の甘さ、そして舌にビリッとくる心地よい辛み。
ほうれん草系とトマト系でコントラストも良く、楽しめました。
あと以前よりナンの大きさが適度になりましたね。昔はガリバー用の自転車のサドルのような大きいナンが特徴でしたが、現在くらいの大きさがいいです。ナンももちろん美味しい。
ラージマハールは新宿の三越裏にお店があったため良く通ってましたが、去年くらいになくなってしまいました。インドカレーはいろいろ食べてますが、いまだここが最高です。ウェブサイトのリンクを張っておきましょう。

ラージマハール

今日は、最近仕入れたアルバムの整理やら、掃除やら、スコットランド歌曲集のサイトづくりやらでのんびりやりたいと思います。

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 展覧会 東急文化村

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
スクロールできます。

美人奏者ピアノソナタXVI:39四季迂闊者交響曲12番古楽器交響曲70番ライヴ録音天地創造太鼓連打東京芸術劇場マーラーピアノ協奏曲XVIII:4ピアノ協奏曲XVIII:11アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:3ピアノ協奏曲XVIII:7SACDバリトン三重奏曲スコットランド歌曲ディヴェルティメントヴェルナーガスマンベートーヴェンシューベルトモーツァルト東京オペラシティLPピアノソナタXVI:38ヒストリカルピアノソナタXVI:31アンダンテと変奏曲XVII:6哲学者ラメンタチオーネ交響曲80番交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲46番交響曲51番協奏交響曲ヴァイオリン協奏曲DVDピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:52ファンタジアXVII:4交響曲47番ピアノソナタXVI:48十字架上のキリストの最後の七つの言葉テレジアミサピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:34ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:20アリエッタと12の変奏XVII:3サントリーホール帝国ラ・ロクスラーヌ弦楽四重奏曲Op.76皇帝ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ピアノソナタXVI:50五度ラルゴ交響曲1番ピアノ三重奏曲ひばり日の出弦楽四重奏曲Op.64チェロ協奏曲ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:36ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.1リヒャルト・シュトラウス軍隊騎士弦楽四重奏曲Op.74弦楽四重奏曲Op.20交響曲17番ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:27弦楽四重奏曲Op.103シベリウス武満徹交響曲4番時の移ろい無人島交響曲42番ベルリンフィルホルン信号交響曲19番告別弦楽四重奏曲Op.55弦楽四重奏曲Op.54交響曲86番王妃交響曲87番弦楽四重奏曲Op.9フルート三重奏曲トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:29驚愕時計ロンドンピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナ英語カンツォネッタ集アレルヤピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ホルン協奏曲ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲78番交響曲79番交響曲81番交響曲99番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードカノンモテットオフェトリウムドイツ国歌ピアノソナタXVI:37スタバト・マーテルピアノソナタXVI:42弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールクラヴィコードパッヘルベル弦楽四重奏曲Op.17交響曲102番アダージョXVII:9受難ピアノソナタXVI:35交響曲84番パリセットベルクブーレーズピアノソナタXVI:6交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41ショスタコーヴィチ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲オーボエ協奏曲悲しみリーム交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10奇跡交響曲97番交響曲18番交響曲34番交響曲77番ストラヴィンスキー温泉フルートソナタ交響曲98番ドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生交響曲93番ピアノソナタXVI:47bis音楽時計曲ピアノソナタXVI:11ピアノ小品カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番シェーンベルクリストピアノソナタXVI:14オーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:12変奏曲XVII:7ピアノソナタXVI:22オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノピアノソナタXVI:2ヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実マリア・テレジアバリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ピアノソナタXVI:8ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場8人のへぼ仕立て屋に違いない弦楽四重奏曲Op.2皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ小オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番交響曲10番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD剃刀ドビュッシー交響曲28番交響曲13番交響曲95番交響曲107番変わらぬまこと交響曲108番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲9番交響曲3番交響曲2番スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤン弦楽三重奏曲スウェーリンク書籍交響曲65番ニコライミサ交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽Blu-ray狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2016年9月のデータ(2016年9月30日)
登録曲数:1,361曲(前月比+3曲) 登録演奏数:9,608(前月比+87演奏)
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
120位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
8位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ