【番外】早春の群馬温泉紀行

先週の土曜日は天気もよかったので、温泉でも行ってみようかということになり、いつものように何の前振りもなく出かける事にしました。なんとなく最近群馬方面に行っていないということで、漠然と群馬あたりを狙っていました。

母親には、群馬方面に出かけたときに良く寄る天ぷらのお店の話をして、「美味い天ぷら食べにいく?」と聞くと、「行く(笑)」と、やる気あり(笑)

それではということで、いつものように朝早く出発しようとしますが、iPhoneで渋滞情報を見ると朝6:00にもかかわらず、関越道は鶴ヶ島前後でかなりの渋滞。中央道も少し渋滞が出ているではありませんか。ちょっと逡巡しましたが、脳内には既に美味い天ぷらのイメージが充満、たまには渋滞もよいかということで、思い切って関越道に乗る事にしました。

家を出たのが6:30くらいで、関越練馬までもちょっとダラダラして、関越に乗ってからも所沢を越えたあたりから混みはじめ、途中渋滞に備えて三芳で早めに休憩をとり、嵐山あたりまで20キロほどダラダラ走り、ようやく渋滞解消。道がすいていれば渋川あたりまで一気に行こうと思っていたのですが、高崎から先も渋滞の表示が出ていたので、高崎でまずは降ります。時刻は9時半過ぎ、自宅から高崎まで3時間ほどかかったことになります。ドライブの疲れもあり、まずは温泉ということで、向かったのがこちら。

IMG_6763.jpg

まえばし駅前天然温泉ゆ〜ゆ

ここは、おそらく4回目くらいの訪問。群馬は奥までいくといろいろいい温泉がありますが、高崎、前橋あたりだとここが一番。以前温泉マニアの郡司勇さんが激賞していたのを見て行って以来、お湯の良さに引かれて、良く立ち寄っています。まさに前橋駅の目の前にある温泉施設なんですが、何といってもお湯がいい。

IMG_6764.jpg

入口を入り、温泉のある2階に上がる階段に、この温泉を紹介した新聞記事が誇らしげに飾られていました。記事のとおり源泉かけ流し。泉質は表記によるとナトリウムー塩化物泉。ほんのりと茶色く濁ったお湯に湯の花が無数に浮かび、浴槽の縁には温泉の濃さを物語る堆積物がびっしり。なめると柔らかみのある塩っぱい温泉。温度も42、3度でのんびり入るのにぴったり。

今回は母親連れということで、安心して入れる温泉ということで選びましたが、あとで嫁さんから聞くと、お湯にゆったりつかって気に入ったよう。

IMG_6765.jpg

私は内風呂、露天とゆったり入って、その後サウナと水風呂を往復。水風呂がキリリと引き締まる冷たさで最高。普段だったらサクッと入って上がるところですが、嫁さんと母親を待つのでゆったりお風呂が楽しめました。10時の開店直後だったので、地元の年配の方がのんびりと楽しまれていました。ここはオススメです。



さて、時計を見ると11時過ぎ。ドライブの疲れもとれて、風呂にゆっくり入ったので、お腹も減ってきました。再び脳内に天ぷらのイメージが出現。行きつけの天ぷら屋さんに向かいます。

食べログ:喜作 - 高崎/天ぷら

目的地は高崎駅の駅ビル5階にある天ぷら屋さん。前橋から高崎までもどって、駅の横の駐車場にいれて、やおら食堂街のフロアとなる5階に向かいます。

IMG_6770.jpg

確かエスカレーターを上がった目の前だったはずと、くるくる見回してみますが、それらしい店が見当たりません。ちょっといやな予感がよぎり、すぐに食べログを検索してみると、、、「閉店」とあるではありませんか!!!

よく見ると、前に天ぷら屋さんがあったところには、上の写真のとおり「とんかつ専門店とん豚」と暖簾がかかっています。よくよく見ると店構えが前の天ぷら屋さんと同じ。やはり本当に閉店して他のお店になっていました。ハイドンの名盤が廃盤になっていた事を知る以上の空虚感。

ここにあった「喜作」という天ぷら屋さん、単なる駅ビルに入っている天ぷら屋さんという風情でしたが、味は素晴しかったんです。職人肌のオヤジさんが頼むとサラッと揚げてだしてくれる天ぷらが、非常に軽い揚がりでネタも抜群。それで値段は庶民的ときていたので、私は高崎に来る度に寄っていました。最初に来たのはおそらく2003年くらいだったでしょうか。あまりの美味さに驚いた記憶があります。たまにしか寄らなかったんですが、なんとなくオヤジさんに顔を覚えられて、来る度に一言かけてくれてました。あのオヤジさんの腕がなければ成り立たないでしょうから、何かあったんでしょうか。東京からわざわざ天ぷらを食べにきたわけですから、ここが閉店となった穴は大きいです。母親にも美味い天ぷら食べてもらいたかったですね。

気を取り直してまわりを見ると、お昼の時間で人も多くなってきたので、このフロアでお店を探しますが、天ぷら屋さんあらためとんかつ屋さんのとなりにカジュアルなレストランがありましたので、そちらに入る事にしました。

高崎と言えば大盛りスパゲティが有名と知っていたので、ここは一発試してみようと言う流れです。

食べログ:日本橋ボンテ 高崎店 高崎/洋食

(私) 「やっぱり、高崎はパスタだよね!」
(嫁) 「お店に日本橋ってついてるから東京のお店じゃない?」
(私) 「@_@」

なんとなく激カジュアルなお店ですが、それはさておき頼んだのは下記。

IMG_6769.jpg

母親のリクエストでスバゲティ・ナポリタン!
あまり期待していなかった分、意外と美味しくいただきました。かなりの大盛りを想像していたんですが、東京でいう大盛りくらいで、一安心。

IMG_6768.jpg

こちらは洋食の定番、オムライスでデミグラスソース仕立て。なんと中のご飯が白いご飯。チキンライスではありませんでした。こちらもなかなかいける味。

この他サラダなどを頼んでシェア。一人一品頼んで死ぬほどお腹いっぱいになるのを避けるよう頼みましたが、これが正解。我々の年代には高崎の盛りはハードです(笑)

天ぷら屋さんには行けなかったものの、お腹も満ちて落ち着きました。たしか駅ビルの1階にはお土産を売っているコーナーがあったと、エスカレーターを降りてみますが、それもスーパーに変わっている模様。なんとなくいろいろ変わって、時代の流れを感じましたね。



ということで、お土産などを買いたいということで、群馬でお土産を買い慣れている、渋川インターを降りてすぐの道の駅こもちを目指す事に。新鮮なネギやキノコ等を以前も手に入れていますので、高崎インターから渋川へ。流石に渋滞もなくなり、あっという間に到着。インターからすぐの道の駅に立ち寄り、野菜を中心にいろいろ仕入れました。この時点で14時くらい。帰りの渋滞も激しそうかもしれないと頭をよぎりますが、渋滞情報を見ると全く渋滞なし。ちょっと気が大きくなって、このあとの予定を検討。やはりここまで来たら、湯かけ祭りをテレビのニュースで見たばかりの川原湯温泉に行ってみようと言うことになり、渋川から草津方面に向かう事にしました。

渋川から中之条を経て、吾妻渓谷に入ります。川原湯に近くなってくると、ダムが出来た時に両岸をつなぐコンクリート製の巨大な橋が目に入るようになります。以前川原湯に来たのもおそらく10年以上前。その時の景色とは変わっていましたね。川原湯の現状はこちらをご覧ください。

川原湯温泉協会

IMG_6804.jpg

川原湯温泉の駅の横から坂道を上がっていき、上がりきったところにある、共同浴場「王湯」。この前で湯かけ祭りが行われます。今年の湯かけ祭は去る1月20日だったとのこと。王湯を訪れるのは2回目。以前は2002年くらいだったでしょうか。まわりには古びた旅館が何軒か建っていたんですが、いまはもう取り壊されて、基礎部分の残がいがわずかに見えるのみ。

IMG_6798.jpg

入口で300円の入浴券を買い、やおら露天に向かいます。露天へは渡り廊下のようなところを通っていきますが、その渡り廊下から王湯の前の道の寂しげな風景。既にこのあたりには王湯に来る人以外に人影はまばら。

IMG_6782.jpg

渡り廊下で、これから露天を攻めに入る母親と嫁さん。

IMG_6784.jpg

幸い露天に先客はなく貸し切り。以前訪れたときと全く変わりない、静かな時間が流れていました。狭い露天ですが、谷底と樹林を眺める素晴しい風情。黄色いケロリンのオケが絶妙にマッチします。

IMG_6785.jpg

陽が傾きかけた静かな温泉街の木立の間に、注ぎ口からお湯がトロトロと流れる音が癒すように響きます。源泉は70度以上でナトリウム・カルシウム硫酸塩塩化物泉とのこと。源泉と水が同量くらい注がれています。隣の女湯からも景色を楽しむ嫁さんと母親の声が聴こえます。温度はちょうど良く、風にあたりながらしばし至福のひと時。

IMG_6792.jpg

見上げれば木立が風にそよいています。間もなく取り壊されダムに沈んでしまうこの貴重な空間。お湯の質も大事ではありますが、この風情と抜群のロケーションは貴重ですね。新たな共同浴場が4月にはオープンするとのことでしたが、この貴重な雰囲気はダムに水が満ちるまで営業を続けてほしいものです。

IMG_6794.jpg

注ぎ口から流れ出るのはお湯ばかりではなく、歴史とここで癒されてきた多くの人の気持ちかもしれません。貴重な温泉に感謝です。

ほどなく、母親と嫁さんもあがってきましたが、母親もこの温泉は気に入ったよう。ここは特別な温泉ですね。

上がって王湯のまわりをひとまわり散歩。そして王湯の奥の道を登っていく途上で、ダムの底に沈む川原湯温泉駅の移転先の駅が見え、トンネルをくぐると新たに造成された川原湯温泉の街がほぼ出来上がっていました。都会の新興住宅地のような整然とした区割りの街。新たにダムが観光資源となるでしょうが、王湯の露天のあの風情を再現することはできないでしょう。これから何年もかけてダムをつくり、その間も人が暮らし、生まれ、死んで行くことを考えると感慨深いものがありますね。

IMG_6805.jpg

最後はふたたび川原湯の通りを戻る途上で、壊された旅館の跡の向こうにコンクリートの橋が見える一枚。川原湯温泉。あと一度くらいあの露天に入りにきたいですね。



陽はすっかり傾き、いい時間になりましたので、川原湯から渋川に戻ります。帰りの関越はさぞかし混むだろうと思っていたところ、まったく渋滞なしですんなり帰れました。帰ってのんびり一杯のみながら夕食。ドライブは飲めない(当たり前)のが玉にキズですが、帰ってゆっくり飲んで、川原湯の余韻に浸る事ができました。母親も日帰りで2つ温泉に入っても極めて元気。これがなによりでしょう。今回もいい旅でした。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

tag : 温泉 パスタ 洋食 ダム

【番外】東北温泉紀行4:会津若松から帰宅

27日火曜日は今回の旅行の最終日。会津若松東山温泉の向瀧で朝を迎えます。
3泊目の夜も心地よく酔ってしまったため、朝は若干ぼんやり気味。もちろん、朝食前に熱めの風呂でしゃきっとしてリフレッシュ。

IMG_0414.jpg
朝食全景。よくある旅館の朝食ですが、皆美味しい。茄子の揚げ浸しなど最高。それからヒメマスの蒸し物など。
何気ないものの味付けが、皆非常に良く、料理長の腕の良さを満喫できました。

IMG_0419.jpg
部屋の欄間に書けられた書。読めません!(あとで調べます)

IMG_0421.jpg
出発前の向瀧玄関。

IMG_0420.jpg
昨日の風景が、時間が変わると輝いて見えます。

スタッフ総出の見送りをあとに向瀧を発ちます。会津若松に出て、以前訪問時に集中豪雨で車から一歩も出られない状況になり、見学を断念した大内宿へ。

すいた道路のため30分すこしで大内宿に到着。まだ9時すぎのため観光客もまばら。

IMG_0425.jpg
茅葺き屋根の農家が街道筋に並んだような町並みを再現。写真で見た時は、こんな並びはないんじゃないかと思ってましたが、湯野上温泉近辺の街道筋にはまさにこんな並びの町並みもあり(ただしほとんどが茅葺きの上に鋼板葺きがほどこされたもの)町並み自体は現実的なものとわかりました。

IMG_0429.jpg
街道両脇の水路に流れる水で冷やされたキュウリなどの野菜やラムネ、ビール。こうゆう状況設定いいですね。

IMG_0434.jpg
突き当たりの山の石段上の神社からみた大内宿。

灼熱の太陽の下、ぶらぶら散歩してお土産買ったり写真を撮ったり結構楽しめました。
お土産屋さんと話したりする際、茅葺き屋根の陰に入ると涼しい風が。冷房のない時代でも、涼しい工夫があちこちにあったんでしょう。大きな屋根、風通しのいい間取り、そして水路の水を長柄の柄杓ですくってそこここで打ち水。レトロな雰囲気にタイムスリップですね。

ただし、長野の奈良井宿、妻籠、馬籠などと比べるとつくられた観光地と感じさせるポイントも多々あります。
整然と案内される駐車場、画一的な計画、徒歩中心の時代とは異なる建物配置のスケール感などなど。
大内宿は町並みとしての文化の保存とは異なり、昔の町並みを売り物にしたテーマパークに近い印象を受けました。会津のなかでは人気のスポットであることは確かですね。

さてさて、炎天下の散歩で汗をかいたところで、近くで温泉を探します。

幸い湯野上温泉(清水屋踏破済!)をすぎたところで新しめの温泉施設を発見。アドリブですがトライしてみました。国道121号線を湯野上温泉から少し南下したところにある弥五島温泉。

IMG_0439.jpg
弥五島温泉郷の湯の外観。

300円で源泉かけ流しというだけで、厳しい選択眼に合格です。私の基準は500円以下かけ流しです。料金が安い方がいいのではなく、結果的に高い温泉より低廉な温泉のほうが泉質がいいことが多いという経験的しきい値です。高い温泉は加温や循環などの設備を伴うことが多く、逆に安い温泉はかけ流しだけでもなければ成り立ち得ないという必然性もあります。

お湯は前回訪問時に入った湯野上温泉清水屋と似て、温度も低め、柔らかめでかすかにモール臭のような香りの漂う湯。これはこれでいいですね。駐車場の車の周りを頻繁にスズメバチが巡回していた以外は合格です。

帰ってから調べてみると、NHKの番組「ふだん着の温泉」で取り上げられていますね。温泉のできた感動的な経緯や、「郷の湯」という名前の経緯がよくわかります。リンク先ぜひご覧ください。

NHKふだん着の温泉:福島県 弥五島(やごしま)温泉

こうゆう温泉は応援しなくてはなりませんね。ついでにNHKのふだん着の温泉は温泉好きの私が普段愛好する番組。ひなびた温泉につかると、ハイドンの曲ではなくふだん着の温泉の番組テーマソングの吉幾三の歌声が聴こえてくるんですね(笑)

いいお湯でリフレッシュしたので、新しく開通した甲子トンネルを抜けて那須へ行くことに。以前このトンネルがない時とくらべて会津へのアクセスは格段に便利に。トンネルとともに会津側の道路もかなりきれいになり、道の駅も出来てましたね。お土産など買いながらまた一休み。

甲子トンネルと言えば甲子温泉。甲子温泉と言えば巨大石がたたずむ混浴風呂が有名。こちらも以前泊まったことがあります。トンネルを抜ける際、前まで車で行ってみると、以前の建物が建て替えで新しくなっていてビックリ。本館が新しくなってました。
夜餌付けされたテンやハクビシンがやってくるのが微笑ましかったんですが、新しい建物の立っている位置はたしか餌付けしていたあたり。あのシーンは見られるのでしょうか、ちょっと心配です。

甲子から那須湯本温泉に抜け、未踏破の那須湯本温泉鹿の湯に。鹿の湯は公称48度の高温の湯が有名。
那須湯本温泉は以前にも旅館の日帰り温泉に入ったことがあり、強い硫黄臭の温泉。こちらの鹿の湯も同じく硫黄臭が特徴の温泉です。

那須湯本温泉 元湯鹿の湯

IMG_0444.jpg
鹿の湯の看板。象形文字のようなデザインがいわくありげですね。

高温の湯に向かう武者震い(笑)
入ると6つに別れた浴槽に。通称おでん種、温泉に入っている人がおでん種に見えてきます(笑)
各浴槽の壁際に看板があり、41度から48度まで、浴槽ごとに温度がちがいます。入浴方法を記した案内板の通りかけ湯浴槽で柄杓でかけ湯を楽しんだあと、まずは最も手前の41度の浴槽につかりお湯を楽しみます。やおら、奥の46度の浴槽に。熱さがびしっと体に利きます。いいですね。

しばらく入ったり,出たりしていると、地元の方らしきかたが浴槽脇のすのこの上に座る時用のスポンジマットと砂時計を手にやってきて、湯につかっているこちらと目が合いました。高温湯を愛する戦士同士のアイコンタクトのような瞬間(笑) 自然に話になり、湯に浮かんでいる板で湯をもむといいよといわれ、やってみました。多少温度がさかるのでしょう。そのとき浴室内には10くらいの人がいましたが、奥の高温浴槽に入ろうとしていた方は私とその方のみ。

そして、48度の浴槽に手を入れてみると、46度の浴槽とそう変わりありません。もちろん48度の浴槽に身を沈めます。やはり違いますね。48度です。この感覚は昨年山陰の温泉津(ゆのつ)温泉の共同浴場の温度計付きの高温浴槽に入った時と全く同じ感覚。湯の中で動くと電流が走るようにビリビリきます。1分ほどであがりますが、最後の足を抜く瞬間にビリビリが最高潮に。あがったあとの爽快感は例えようもありません。微風のふくお花畑にたたずむような心境(笑)

やはり、高温の湯はいいですね。福島では他に穴原温泉共同浴場、土湯温泉共同浴場などがこのクラスですね。群馬の草津温泉そばの沢渡温泉共同浴場などもいいですね。

さて、一段落したのでこの旅最後の遅い昼食に。和食が続いたので那須でよく寄る和牛ステーキ桜に。

和牛ステーキ桜

IMG_0446.jpg
大谷石でできたなかなかいい建物。ちょっとフランク・ロイド・ライト風な内装で、ゆったりおいしいステーキを楽しめます。

IMG_0448.jpg
ランチコースにつくオニオンスープ。

IMG_0451.jpg
和牛ハンバーグ。美味しかったですね。

IMG_0454.jpg
和牛ステーキ。これまた美味しかった。焼き加減も和風のソースも絶妙でいいです。

IMG_0455.jpg
ランチコースのデザート。

ゆったりランチを楽しみました。あとは東北自動車道にのり一路東京に。

東北自動車道は渋滞もなくスイスイ。川口をすぎて首都高に入ると東京に帰ってきたなとおもわせる渋滞。ただ10分ほどで抜け、あたらしく出来た山手通り沿いのトンネルを抜け調布インターまでスイスイ。ありがたいことです。家に着いたのは19時頃。

トラブルもなく無事、久しぶりの東北の温泉を楽しむことが出来ました。

次の記事からいつも通りハイドンの演奏のレビューにもどります、、、といいたいところですが、もう一本番外編を。

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

tag : 温泉 外食 洋食 旅館

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
スクロールできます。

ディヴェルティメントヴェルナーガスマンベートーヴェンモーツァルト東京オペラシティシューベルトLPピアノソナタXVI:31ピアノソナタXVI:38ヒストリカルアンダンテと変奏曲XVII:6ライヴ録音哲学者交響曲80番交響曲67番ラメンタチオーネピアノソナタXVI:24美人奏者交響曲51番交響曲35番交響曲46番ピアノ協奏曲XVIII:11ピアノ協奏曲XVIII:3ピアノ協奏曲XVIII:4協奏交響曲ヴァイオリン協奏曲古楽器天地創造ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:52ピアノソナタXVI:49交響曲47番ピアノソナタXVI:48十字架上のキリストの最後の七つの言葉テレジアミサピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:34ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:28バリトン三重奏曲アリエッタと12の変奏XVII:3ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:20サントリーホールラ・ロクスラーヌ帝国弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナード皇帝ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:51五度ラルゴ四季交響曲1番ピアノ三重奏曲日の出ひばり弦楽四重奏曲Op.64チェロ協奏曲ピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:36東京芸術劇場ピアノ協奏曲XVIII:11ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.1リヒャルト・シュトラウス軍隊騎士弦楽四重奏曲Op.74弦楽四重奏曲Op.20交響曲17番ピアノソナタXVI:27ピアノソナタXVI:1アンダンテと変奏曲(XVII:6)弦楽四重奏曲Op.103シベリウス武満徹マーラー交響曲4番無人島交響曲42番時の移ろいベルリンフィル告別交響曲19番ホルン信号弦楽四重奏曲Op.55弦楽四重奏曲Op.54交響曲86番王妃交響曲87番弦楽四重奏曲Op.9フルート三重奏曲トランペット協奏曲スコットランド歌曲集ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:25驚愕時計ロンドンピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲ピアノ協奏曲XVIII:6チェチーリア・ミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナアレルヤピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6ホルン協奏曲ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲81番交響曲79番交響曲78番交響曲99番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードモテットカノンオフェトリウムドイツ国歌ピアノソナタXVI:37スタバト・マーテルピアノソナタXVI:42弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルクラヴィコード弦楽四重奏曲Op.17太鼓連打交響曲102番太陽四重奏曲アダージョXVII:9交響曲70番受難ピアノソナタXVI:35パリセット交響曲84番ブーレーズベルクイタリアンピアノソナタXVI:6交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71チェチーリアミサオペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41スコットランド歌曲ショスタコーヴィチ交響曲57番交響曲68番タイ料理ビールオーボエ協奏曲リラ・オルガニザータ協奏曲SACD悲しみパリ交響曲集リームラーメン交響曲50番交響曲89番CD-R偽作スタバトマーテル清水トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10ヴァイオリンとピアノのための協奏曲XVIII:6交響曲97番奇跡交響曲18番交響曲77番交響曲34番ストラヴィンスキーロープウェイ日本酒温泉フルートソナタワイン蕎麦長野DVD交響曲98番ドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生交響曲93番ピアノソナタうなぎ旅館和食うどんシングルモルトダムカートリッジ雅楽そばプロコフィエフヘンデル英語によるカンツォネッタ集サン=サーンス交響曲36番リストシェーンベルクピアノソナタXVI:14オーディオバリトン二重奏曲ピアノ協奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番ピアノ三重同曲迂闊者洋食パスタ諏訪国立劇場歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47第九読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:39変奏曲XVII:7ピアノソナタXVI:22オペラ序曲天地創造ミサほうとう国立西洋美術館焼肉ジャズネルソンミサ横浜弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番聴き比べピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:43カフェフレンチ古楽器風カレー東急文化村ノットゥルノピアノソナタXVI:2ヴェーベルン哲学者の魂またはオルフェオとエウリディーチェライヴappleiMac鹿児島料理府中の森芸術劇場裏切られた誠実マリア・テレジアバリトン五重奏曲音楽時計曲ハイドン入門者向け居酒屋焼酎歌曲ピアノソナタXVI:11ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:G1散歩ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェファリャ定食お寺モルトインド料理マリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲トランッペット協奏曲外食自宅料理中華展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集とんかつウイスキー焼き鳥シャンゼリゼ劇場8人のへぼ仕立て屋に違いない弦楽四重奏曲Op.2皇帝讃歌交響曲24番小オルガンミサ大オルガンミサCDラックiPhone新橋演舞場交響曲10番交響曲5番ポルトガル料理演劇赤坂ACTシアターテ・デウムサルヴェ・レジーナ日帰り温泉喫茶狛江インドネシア料理カッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ギネスベトナム料理国立新美術館高音質CD剃刀庭風景狛江のお店ピアノとヴァイオリンのための協奏曲ドビュッシーネパール料理交響曲28番交響曲13番交響曲95番交響曲108番変わらぬまこと交響曲107番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲9番交響曲2番交響曲3番スカルラッティ府中のお店映画カンタータ声楽曲牛タン戦時のミサルテアトル銀座ヴァイオリンとオルガンのための協奏曲珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコード中華料理マーキュリージャケット買い管弦楽曲お宅訪問Mac室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番焼き肉冷麺韓国料理飲み食いギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤン弦楽三重奏曲テレビ番組スウェーリンク書籍セル交響曲12番交響曲65番ニコライミサ交響曲71番ハイボールアプラウステンシュテットピアノソナタXVI:13アーノンクールピアノ小品ラトル魂の歌海鮮寿司仙台グルダヤナーチェクモンゴル料理現代音楽ワールドカップノンサッチ長岡鉄男クロノス・クァルテットリュートBlu-rayマイケル・ジャクソンiPad狩りショップピアノ曲アップルのめり込んだ経緯

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2016年9月のデータ(2016年9月30日)
登録曲数:1,361曲(前月比+3曲) 登録演奏数:9,608(前月比+87演奏)
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
143位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
13位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ