絶品! ギュンター・ヴィッヒ/南ドイツ室内フィルのパリセット後半(ハイドン)

以前取り上げてとても良かったギュンター・ヴィッヒのパリセット前半3曲。探していた後半3曲が手に入りました。

GunterWich2.jpg
amazon

ギュンター・ヴィッヒ(Günther Wich)指揮の南ドイツ室内フィルハーモニー(Süddeutsche Kammerphilharmonie)によるハイドンの交響曲85番「王妃」、86番、87番のパリセット後半3曲を収めたアルバム。収録はPマークが1974年。レーベルは前半3曲のINTERCORDではなく、VIENNA Classicsという怪しい廉価盤レーベル。

このアルバム、先日のオフ会の後、小鳥遊さんからの情報で注文したもの。もともと前半3曲と同じ体裁のINTERCORDレーベルの後半3曲のアルバムを探していたのですが、手に入れることができず、同じくINTERCORDレーベルの2枚組のLPを手に入れたところ、これは82番から85番の4曲のみ。肝心の86番、87番が含まれていませんでした。諦めかけていたところ、小鳥遊さんからの情報でこのアルバムに辿りつきました。そもそもこのアルバム、ジャケット表面には奏者の表記はなく、amazonの商品情報にも演奏者の表記はないので、検索にも引っかかりません。小鳥遊さんの情報で、ほぼ情報ゼロの状態で注文して海外からの到着を待ち、手元に来て初めて演奏者が確認できた次第。いやいや、世の中口コミほど頼りになる情報はありません。

また、このアルバムの指揮者ですが、以前のレビューの際は、「ギュンター・ウィッチ」と表記していましたが、ドイツ語読みだと、やはり「ギュンター・ヴィッヒ」なのでしょう。以前の表記はNAXOS Music Libraryの呼称を参考にしたんですが、以前N響に何度か客演しており、その時の呼称は「ギュンター・ヴィッヒ」。準国営放送の信頼性を参考にして、以前のレビューにもギュンター・ヴィッヒとの呼称を付記しました。ということで、以前のレビューはこちら。

2015/07/07 : ハイドン–交響曲 : ギュンター・ヴィッヒ(ウィッチ)/南ドイツ室内フィルのパリセット(ハイドン)

到着してCDプレイヤーにかけてみると、あの素晴らしい響きが眼前に広がるではありませんか! これはレビューに取り上げないわけにはいきませんね。

Hob.I:85 Symphony No.85 "La Reine" 「王妃」 [B flat] (1785?)
以前のアルバムと同じ、堂々とした序奏の響きに冒頭から圧倒されます。もちろんオーソドックスな演奏なんですが、オケが非常によく響いて、凡庸な演奏とは全く異なる充実した響きに包まれます。Apple Musicなどにも登録されていて、ネットでも聴けるのですが、響きの充実度はCDの方に軍配が上がります。このわずかな違いが演奏の印象を大きく左右します。以前はApple Musicの85番はかなり歪んだ音のソースでしたが今は改善されており、それでもCDとの差は小さくありません。聴き進むうちに適度な推進力とヴィッヒの落ち着いたコントロールでこの交響曲の構成感とハーモニーの美しさ、自然な造形の魅力が沁みてきます。
自然な流れそのままにふわっと2楽章に移ります。これ以上自然な演奏はあり得ないほどしなやかな流れにうっとり。特にフルートがなぞるメロディーの美しさにさらにうっとり。耳を澄ますと弦楽器のメロディーはかなり前のめりで勢いのあるボウイング。ハイドンの書いたメロディーの内面をえぐるような演奏。こうしたさりげない部分の表現の深さが演奏の味わいを深くしていることがわかります。前記事のテミルカーノフの「昼」の2楽章もそうでしたが、ハイドンのメロディーの真髄に触れるさりげない解釈に唸ります。終盤もフルートの美技に唸るばかり。華麗な音色でメロディーに華やかさを加えていきます。完璧。素晴らしい音楽性。
メヌエットもオーソドックスそのもの。素朴な演奏からにじみ出る味わい。こうした地味ながら素晴らしい演奏こそ、ハイドンの音楽を最も引き立てます。中間部に入るところのちょっとした溜めも絶妙なセンス。ふと歩みをゆるめて音楽の転換を鮮烈に印象づける匠の技。そして再び冒頭のメロディーに戻る時の安心感。至福。木管陣の名演奏にも唸ります。
88番の転がり堕ちるようなフィナーレを予感させるフィナーレもしっとりと美しく輝き、ただただ美しい響きに酔いしれます。ハイドンのフィナーレでこれほどまでに磨き抜かれた美しさを表現する演奏ななかなかありません。もちろんフィナーレなりの展開の面白さはあるのですが、それに増してメロディーラインの軽やかな展開の美しさが印象に残ります。ヴィッヒの確信犯的アプローチにやられた感満点。ブラヴォー。

Hob.I:86 Symphony No.86 [D] (1786)
偏愛する86番。前曲の素晴らしい余韻が残るなか、軽やかで華やかささえ感じる序奏にまずはうっとり。絶妙なバランス、透明感すら漂う大理石の建物のような優美なフォルム。主題に入るとこの曲独特のリズムに乗ったメロディーラインが心地よく響きます。肩の力は完全に抜けて、この曲のツボを押さえて穏やかに展開します。ヴァイオリンによるメロディーはキレ良く、リズムも心地良いキレ。音楽が進むにつれて明るさと陰りの織りなす綾に包まれます。ここでもフルートが絶品の響きで華やかさを加えます。この曲独特の感興を落ち着いて構築します。
やはりすっと自然にラルゴに入ります。完全にギュンター・ヴィッヒの音楽に浸ります。こちらの想像というか期待に完全に一致した音楽が流れてくる快感。脳内にアドレナリンの大河がゴーッと流れているよう。ところどころでテンポをぐっと落としたりする聴かせどころ配置して変化をつけるセンスも抜群。これほど豊かな音楽が流れる演奏があったでしょうか。全盛期のスイトナーのモーツァルトも絶品でしたが、それを遥かに上回る神がかったような美しさ。
メヌエットに入ってもアドレナリンの大河が流れ続けています。ハイドンの音楽の自然な美しさを完璧にこなしてくるので、すっと耳になじみます。ここにメヌエットが配置され、優雅な音楽が流れるとわかっていて、その通り音楽が流れる快感。そして中間部への展開の巧みさに耳を澄ましているところに、期待通りの展開。演奏とこちらのイメージがシンクロして脳の音楽中枢が非常に鋭敏な状態に維持されます。
そしてフィナーレも前曲同様完璧な美しさ。これほど美しく、余裕たっぷりのフィナーレはなかなかありません。しっかり盛り上がり感も演出しますが、力みは皆無。不思議と軽やかな雰囲気を保ったクライマックスにこれまた酔いしれます。溺愛する86番のベストです。

Hob.I:87 Symphony No.87 [A] (1785)
最後の87番は、ぐっと力が入る導入に軽い驚き。もちろん力んだ感じはありませんが、この交響曲のユニークな入りの真意を見切ったのか、冒頭からフルスロットルでオケが気持ち良く鳴り響きます。グイグイ推進する感じこそこの曲の真骨頂とばかりにオケを煽ります。ギュンター・ヴィッヒにはハイドンの意図が見えているのですね。ただ力が入っているだけでなく、抑えた部分をしっかり抑えきっているので抜群の立体感。ヴァイオリンのキレも尋常ではありません。あまりの表現の切れ味に鳥肌が立つほど。なんでしょう、この冴えに冴えた音楽は。力でも踏み込んだ解釈でもなくオーソドックスな解釈の冴えでこれほどまでにインパクトがあるとは、、、尋常ではありません。
アダージョはもはや至高の音楽。フルートを始めとした木管楽器の響きの美しさは例えようがないほど。オケの出来はあまりに素晴らしく、ウィーンフィルやベルリンフィルもここまで音楽に没入した演奏はできないでしょう。完全にギュンター・ヴィッヒのコントロールが行き渡っています。ハイドンの音楽の暖かさに包まれる至福。
メヌエットももちろんこれまで通り素晴らしい演奏。この曲では時折ハッとするような図太さ、羽毛のような軽さ、癒しに満ちた優しさが顔を出し、音楽の表現できる幅も広がっています。メヌエットからここまでの音楽を引き出せるとは。
最後のフィナーレはもともと流麗な曲想を噛み砕いてフレーズごとに微妙に表情を変化させながら音楽をまとめます。ハイドンのフィナーレの魅力がすべて詰まった素晴らしい演奏。躍動感、輝き、陰り、機知、ハーモニー。すべての最高の演奏としてまとまった素晴らしいフィナーレ。

聴き方によってはオーソドックスな演奏ですが、単なる凡庸な演奏ではなく、ハイドンの交響曲の最高のエッセンスが詰まった見事な、見事すぎる演奏でした。前半3曲も素晴らしかったんですが、こちらはさらに素晴らしい。パリセットの1推し盤と言っていいでしょう。1970年代の録音ながら、古さを感じさせず、またLPと聴き比べてもむしろCDの方がいいくらい。そして演奏も古びた印象は皆無。むしろ時代を超えて聴き続けられるべき普遍性を持った演奏と言えるでしょう。これほどの名演奏ですが、現在はCDとしては入手しやすい状態ではなく、Apple Musicなどネット配信がメインとなります。こうした名盤がいつまでも手に入るよう切に願うばかりです。評価はもちろん[+++++]とします。

小鳥遊さん、貴重な情報ありがとうございました!

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 王妃 交響曲86番 交響曲87番

ヨーゼフ・カイルベルト/バンベルク響の時計、王妃(ハイドン)

たまには交響曲を。

IMG_6065.jpg
amazon(mp3)

ヨーゼフ・カイルベルト(Joseph Keilberth)指揮のバンベルク交響楽団(Bamberger Symphoniker)の演奏で、ハイドンの交響曲101番「時計」、85番「王妃」の2曲を収めたLP。収録はPマークが1958年との表記のみ。レーベルはTELDEC。

こちらも最近オークションで仕入れたミントコンディションのLP。カイルベルトはそれほどなじみのある指揮者ではありませんでしたが、以前取り上げたN響のライブ盤の力演が印象に残っています。

2011/05/30 : ハイドン–交響曲 : ヨーゼフ・カイルベルト/N響の「驚愕」ライヴ

奏者の情報は上記記事をご参照ください。前掲のアルバムより約10年前の録音ということで、よりフレッシュな響きが聴かれるでしょうか?

Hob.I:101 Symphony No.101 "Clock" 「時計」 [D] (1793/4)
冒頭はちょっとテープの問題か音が微妙に揺らぎ気味ですが、すぐに力強く鮮明な響きに包まれます。特に響きの余韻の自然な美しさは年代を全く感じさせません。1楽章の主題に入るとキレよくグイグイドライブしていきます。この恍惚たるドライブ感は波のものではありません。TELDECの誇るDMMによるプレスだけに1958年制作とは思えない鮮明な録音に驚きます。オケは絶妙に上手く、カイルベルトの棒にピタリと寄り添い、メロディーの表情、呼吸とも完璧に揃っています。曲が進むにつれてオケがタイトに引き締まってきて、時計の白眉である1楽章の見事な構成感が構築されます。録音のバランスか低音が少し薄めですが、迫力は十分。後年のN響のライヴのようなドイツ風の堅固さではなく、スタイリッシュな迫力の表現。
時計のアンダンテは中庸なテンポで落ち着いた入り。オーソドックスなタイプの癒しすら感じるリラックスした表現。弦楽器と木管の響きの美しさが優雅な気分を盛り上げます。展開部からの盛り上がりも、やおらじっくりと盛り上げていこうという変化の面白さを感じさせるもの。一転して静かな部分では、ここでも精緻な録音によって、広い空間にオーケストラの余韻が響きわたるようすが手に取るようにわかり、聴きごたえ十分。LPの表現力に驚きます。
メヌエットも予想どおり、オーソドックスに来ます。安心して身を任せられる演奏。オケの精度は変わらず素晴らしく充実した響きで応じます。つづくフィナーレも落ち着きはらった入りから、徐々にスロットルを開けてオケに力感が満ちてくる快感をあじわえます。特にヴァイオリンパートのキレのいいボウイングが鮮やか。見事に曲をまとめました。カイルベルトのハイドンがこれほどの完成度であるとは知りませんでした。

Hob.I:85 Symphony No.85 "La Reine" 「王妃」 [B flat] (1785?)
こちらはテープは正常。冒頭からピラミッドバランスのオーケストラが姿を現します。前曲よりもくっきりとメロディーが浮かび上がるのはフレーズにキリッとエッジをつけているからでしょう。オケも前曲の落ち着いた体制から少し前のめりで畳み掛けてくるので、冒頭からスリリングな印象。特にヴァイオリンパートは赤熱した鋼のようなホットな鋭さ。明らかに前曲とは演奏スタンスが異なります。
つづいて熱を冷ますように始まるアレグレット。ただそれは最初だけで、徐々にオケに力がみなぎってきます。この巧みなスロットルコントロールがこの演奏の肝でしょうか。ゆったりとした部分がゆったりとしているからこそ、力が入るところが引き立つわけです。メエヌエットも一貫して落ち着いた気配のなか、ヴァイオリンがここぞばかりにキレます。フィナーレはリズミカルな入りからフレーズが徐々に絡まってメロディーが力強く育っていきます。美しいホルンの響きが加わりクライマックスへ。構成は小さいものの、4楽章のまとまりはハイドンらしくきっちりした曲ですので、カイルベルトの演奏によって小気味よくまとまりました。

ヨーゼフ・カイルベルト指揮のバンベルク響によるハイドンの交響曲2曲。録音年代から、もう少し時代がかった演奏を予想したんですが、さにあらず。鮮明な録音によって、よく引き締まった素晴らしいハイドンの交響曲が浮かびあがりました。時計はオーソドックスな範疇の演奏でしたが王妃の方は逆に冴え冴えとするほど力の入った演奏で、曲に潜むエネルギーを見事に描ききった演奏と言っていいでしょう。両曲とも今の時代にあってもその素晴らしさにケチがつくものではありません。両曲とも[+++++]とします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 時計 王妃 ヒストリカル LP

カール・リステンパルト/ザール室内管の81番、王妃(ハイドン)

予想どおり年末で仕事が忙しく、加えて忘年会なども加わりドタバタとしておりました。なんとかもう1記事書きたいということで駆け込みで1本。

IMG_4559.jpg

カール・リステンパルト(Karl Ristenpart)指揮のザール室内管弦楽団(Orchestre de Chambre de la Sarre)の演奏で、ハイドンの交響曲81番、85番「王妃」の2曲を収めたLP。収録はLP自体には記載はありませんが、ネットの情報などを見ると1954年との記載があります。85番の方はCD化された演奏もあり、そのCDには1966年9月との記載されています。聴いてみたところ、王妃のCDは明らかに鮮度が高くとLPは別のように聞こえます。レーベルはLES DISCOPHILES FRANÇAIS。

このLPを取り上げたのは、実は年末にモノラル用のカートリッジ(audio-technica AT33MONO)を手に入れ、手元のモノラル盤を試し聴きしていて、あらためてこの味わい深い演奏にふれたから。リステンパルトの演奏は過去に2度取り上げています。略歴は驚愕の方の記事などをご参照ください。

2013/01/07 : ハイドン–交響曲 : カール・リステンパルトの驚愕、軍隊、時計
2010/02/04 : ハイドン–交響曲 : 絶品! リステンパルトのホルン信号

Hob.I:81 Symphony No.81 [G] (before 1784)
モノラルながらLPらしい鮮明な響き。爽快なテンポで入ります。ステレオ用のカートリッジとは次元の違う安定感とキレ。おまけにスクラッチノイズもかなり少ないです。これほどの安定感とは思いませんでしたので、モノラル盤は聴き直さなければなりませんね。CDで聴くリステンパルトはゆったりとした響きから味わい深さが印象的でしたが、LP時代の録音で聴くとそれなりの切れ込みと鋭さもあり、ちょっと印象が変わりました。もちろん響き全体から燻し銀のような味わいが醸し出されているのは変わりありません。1楽章は爽快さのなかに味わいがにじみ出る円熟の演奏。
つづくアンダンテはリステンパルトの本領発揮、ハイドンの美しいメロディーがゆったりとのどかに響きます。現代の演奏からは失われてしまった、ヴァイオリンとフルートが奏でる古き良き時代の心地よい響きに酔いしれます。ヴァイオリンにフルートを重ねた独特の響きにハイドンの閃きを感じます。中間部の強奏を経て、終盤のメロディーの美しさも心を打ちます。弦楽合奏のあとはピチカートに木管が加わり美しいメロディーを引き立てます。
メヌエットは実にユーモラス。リステンパルトはじっくりとフレーズを進めていきます。ゆったりとした中にもしっかりとした起伏があり、フレーズ毎のニュアンスの微妙な変化を実に丁寧に描いていきます。
そしてフィナーレは力強く浸透力のある響きが迫ってきます。LP独特の鮮明でダイレクトな響きが演奏の力強さを後押し。

Hob.I:85 Symphony No.85 "La Reine" 「王妃」 [B flat] (1785?)
CD化された演奏はゆったりとした広い空間にオケが伸びやかに響くものでしたが、こちらはダイレクトな響きで、流石に弦楽器の潤いは後年のものかないませんが、逆に切れ込みの良い鋭さがあります。演奏の基調は変わりませんが、録音年代とメディアの違いで受ける印象も変わりますね。1楽章は王妃独特の穏やかな表情よりもキリリと引き締まった響きが印象的。
2楽章はここでもフルートが美しいメロディーに柔らかい響きで華やかさを加えていきます。なにげないフレーズの一つ一つが実にしっとりと美しく響くリステンパルトの神業。オーケストラから音楽が湧き出すような素晴らしい時間。
さらに素晴らしいのがメヌエット。出だしの一音からノックアウト。なんというニュアンスの豊かさ。オケ全員がリステンパルトの棒の魔力に率いられて歌っています。木管やヴァイオリンのソロも実にニュアンスに富んだ演奏。ハイドンのメヌエットの最も美しい演奏と言っていいでしょう。
そしてフィナーレはギアを入れ替えて快速に入ります。全楽章の癒しを洗い流すがことき躍動感。この楽章間の変化こどハイドンの真骨頂とばかりの切り替え。最後までイキイキした表情を失わず終わります。

カール・リステンパルト率いるザール室内管による81番と王妃の演奏。私はこのリステンパルトのハイドンは大好きです。演奏のスタイルは古いものの、にじみ出る慈しみ深さと、ニュアンスの豊かさは時代を超えた魅力を放っています。LP自体はなかなか入手しにくいとは思いますが、オークションやら海外やらに目を向ければ手に入らないことはないでしょう。評価は両曲とも[+++++]とします。

さあ、これからいろいろこなして夜には今月、今年のベスト盤の記事を書きたいと思います。皆様良い大晦日をお過ごしください。



にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲81番 王妃 LP

ローズマリー・ファーニス/ロンドン室内管の「王妃」(ハイドン)

久々の交響曲のアルバム。

RosemaryFurniss2.jpg
TOWER RECORDS / amazon

ローズマリー・ファーニス(Rosemary Fursiss)指揮のロンドン室内管弦楽団(London Chamber Orchestra)の演奏で、ハイドンの交響曲85番「王妃」他、指揮者を変えてモーツァルトのピアノ協奏曲12番(K.414)、ベートーヴェンの交響曲8番の演奏を収めたアルバム。ハイドンの収録は2007年2月28日、ロンドンのセント・ジョンズ、スミス・スクエア(St. John's, Smith Square)でのライヴ。レーベルは英signum CLASSICS。

白地に赤い四角と丸をあしらった品のいいデザインのジャケット。LCO Liveと記されたロンドン室内管のライヴをまとめたシリーズの1枚。なんとなく興味を惹かれて手に入れました。

ロンドン室内管は1912年設立のイギリスでも最も歴史ある室内管弦楽団。今日取り上げるハイドンの指揮を担当するローズマリー・ファーニスは、このアルバムに記載されている略歴ではロンドン室内管のコンサートマスター(ミストレス?)となっており、ヴァイオリニストとして活躍している人とのこと。ユーディ・メニューヒン・スクールの設立時の生徒でその後フィラデルフィアのカーティス音楽院で学び、シャーンドル・ヴェーグ、ピンカス・ズーカーマンらに師事。ロンドン室内管のウェブサイトを見ると、その現在の芸術監督、首席指揮者はこのアルバムでベートーヴェンの8番を振るクリストファー・ウォーレン=グリーン。当のローズマリーは、ローズマリー・ウォーレン=グリーンと名前が変わっていて、ロンドン室内管の教育担当となっていますので、録音後、クリストファーと夫婦となったのでしょう。

小編成オケでのハイドンの王妃の最近のライヴということで、見通しのよい軽快な響きが楽しめる演奏でした。

Hob.I:85 Symphony No.85 "La Reine" 「王妃」 [B flat] (1785?)
教会での録音らしく響きが溶け合ってオケが柔らかく響きますが、適度に鮮明。しかも響きに力強さがあります。ライヴといっても会場ノイズはほとんど目立ちません。冒頭から非常にバランスよく、しかもキビキビとした推進力が心地良い演奏。メニューヒン・スクール出身のファーニスのコントロールは弦楽器のボウイングが見事に揃っていてメロディーがくっきりと浮かび上がります。ヴィブラートは抑え気味で透明感ある響きはトレンドを踏まえたものでしょう。全編に漂う爽やかな印象。しかもキリリとアクセントがつけられ実にキレの良い演奏。木管陣も美しい音色で躍動感に花を添えます。1楽章からライヴとは思えないほどの集中力と緊張感が見事。爽やかな彫りの深さが印象的。
つづく2楽章でもキレの良いアクセントが表現の基調となっての展開。弦楽器の表現力で聴かせる演奏。ローズマリー・ファーニスの統率力あっての表現でしょう。2楽章ではフルートの軽やかなソロが見事。やはりフルートの表現力があると音楽が躍動します。オケは腕きき揃いですね。
メヌエットでも一貫して軽やか。低音弦の反応がいいからこそ軽やかな響きが生み出されることがわかります。さりげないフレーズひとつひとつの表情が非常に豊か。それらが響きあってオーケストラの響きが豊かに感じるわけです。非常にクオリティの高い演奏。
フィナーレでも豊かな表情と多彩な響きに耳を奪われます。自在にテンポを動かし、オケは巧みにスロトットルをコントロール。軽やかに吹き上がり、鮮やかに響きます。最後に拍手に包まれることでライヴだと気づかされるほど演奏中のノイズは抑えられた見事な録音です。

このあとメルヴィン・タンの弾き振りによるモーツァルトのピアノ協奏曲12番、クリストファー・ウォーレン=グリーン指揮によるベートーヴェンの8番と続きますが、オケの響きの多彩さはハイドンが一番。やはりローズマリー・ファーニスのきめ細やかなコントロールの賜物でしょう。

久々に取り上げた交響曲ですが、オーケストラの豊かな響きを隅々までコントロールして得られる快感を堪能できました。一聴して爽快な演奏なんですが、よく聴くと本当に隅々まで表情豊かな名演です。腕利き奏者をきっちりコントロールした正統派の名演奏とはことのことです。王妃にまた一枚愛聴盤が増えました。評価は[+++++]とします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 王妃 ライヴ録音

【新着】ロジャー・ノリントン/チューリッヒ室内管のパリ交響曲集(ハイドン)

気になっていたアルバムが到着。

NorringtonParis.jpg
TOWER RECORDS / amazon / HMV ONLINEicon

サー・ロジャー・ノリントン(Sir Roger Norrington)指揮のチューリヒ室内管弦楽団(Zurich Chamber Orchestra)の演奏で、ハイドンのパリ交響曲集を収めた3枚組のアルバム。収録は2013年6月26日、7月9日から10日チューリッヒのZKO-hausでのセッション録音。ZKOはオケの略称で、ホールでもありリハーサルもできる多用途スタジオといったところでしょうか。レーベルはSONY CLASSICAL。

ノリントンは気になる指揮者。最近N響にも客演しているので、日本での知名度も上がってきているでしょう。映像で見るノリントンは作曲者が音符に吹き込んだメッセージとは全く関係なくノンヴィブラートのピュアな響きで音楽を自在に操るのを楽しむような実にユニークな指揮ぶり。このアプローチはハイドンにこそ好適だと思っているのですが、これまでリリースされている交響曲のアルバムは、そのノリントンの自在な魅力が捉えられているかというと、案外そうでもありません。古くはEMIによるザロモンセット後半の6曲、そしてHässler CLASSICによるザロモンセットのライブなどがありますが、いずれもちょっと条件が良くなく、ノリントン節を堪能するというところまでいってません。むしろ良かったのは天地創造と四季。

2014/10/22 : ハイドン–管弦楽曲 : ノリントン/カメラータ・ザルツブルクの十字架上のキリストの最後の七つの言葉(ハイドン)
2010/06/26 : ハイドン–オラトリオ : ノリントンの四季、到着
2010/06/20 : ハイドン–オラトリオ : ノリントンの天地創造
2010/03/18 : ハイドン–交響曲 : ノリントンの新旧交響曲集

そして直近に聴いた「十字架上のキリストの最後の七つの言葉」も良かったですね。ということで今日取り上げるアルバムは最近のノリントンの良さをうまく表せているかどうかがポイントですね。

このアルバム、HMV ONLINEなどではその録音の良さなどに評判が集中してきましたが、これはいい。これまでのノリントンによる交響曲のどの録音よりもノリントンの良さがうまく録られています。じっくり落ち着いた入り。そしてオケが実に良く鳴って、弱音から強音への吹き上がりも見事。そしてノリントンらしい突然レガートになったり、意表をつくアクセントを仕込んだりという変化。最近はファイなどによる斬新な演奏の影響もあり、自在な表現へのアレルギーもあまり感じなくなりつつあります。そして前評判どおり録音は鮮明。ノリントンによる変幻自在な響きを良く捉えてスタジオらしい空間にタイトに満ちる小編成オケの魅力を存分に感じさせるもの。今日到着したばかりですが、すぐに3枚とも聴き終えました。演奏は作曲順で87番から。各曲のポイントをさらっておきましょう。

Hob.I:87 Symphony No.87 [A] (1785)
1曲目からキレ味鋭いオケの魅力に圧倒されます。推進力あふれる曲ですが、意外に冷静にオケをコントロールしていきます。この曲の素晴らしい集中力を聴き名演を確信。2楽章の実に落ち着いた演出、そしてメヌエットもじっくりとした語り口。この落ち着きはかなり確信犯的なもの。そしてこの曲一番の聴きどころであるフィナーレの躍動感、胸のすくようなクレッシェンド。そして時折りレガートをしっかりと効かせる表現上のアクセントが効果的。

Hob.I:85 Symphony No.85 "La Reine" 「王妃」 [B flat] (1785?)
本来しっとりとした入りですが、流石ノリントン、十分に現代的な響きにまとめてきます。聴き進むうちにノリントンの創意に釘付けになります。ちょっと踏み込んだ表現ばかりだと聴き疲れしてしまいますが、このアルバムそうした状況にはならず、曲本来の響きに対するちょっとした表現の工夫というレベルでバランス感覚を保っているのが素晴らしいところ。2楽章はかなり足早やにまとめますが、そのまとめ方が絶妙。このあたりがノリントンの素晴らしいところ。そしてゆったりとしたメヌエットでリズムの面白さを存分に際立たせ、フィナーレでは再び足早に進める魅力を再現。

Hob.I:83 Symphony No.83 "La Poule" 「雌鶏」 [C] (1785)
クセのある曲ですが、もうノリントン節にやられていますので、実に心地良く響きます。聴きなれたメロディーですが実に新鮮に響きます。そして通常癒しに満ちた音楽としてメロディーの自然な美しさで聴かせるアンダンテは、そうした表現を月並みだと言わんばかりの小気味好いさっぱりと表現。そして、メヌエットは逆に自然に響かせ、音楽の起伏を逆転させようとでもしているかのような工夫。フィナーレまで完璧にコントロールされたオケの秩序に惚れ惚れとします。

Hob.I:84 Symphony No.84 [E flat] (1786)
ピュアトーンの純粋な響きが脳にダイレクトに伝わります。ハイドンはこのように響くlことを想像していたのでしょうか? 響きの変化だけでも十分に刺激的。あえてオーソドックスな展開とすることで響きの純粋さが際立ちます。この曲の素晴らしさを再認識した次第。ちょっとデフォルメされたアクセントが心地よく耳に刺さります。2楽章のアンダンテは曲の霊が乗り移っているがごときコントロール。このアルバムの中でも深い洞察に痺れる箇所。そしてメヌエットではオケの残響を楽しむようにオケを鳴らしていきます。フィナーレまで落ち着いた表現を保ちます。この曲のベストと言いたいほどの素晴らしい出来。

Hob.I:86 Symphony No.86 [D] (1786)
一番楽しみにしていた曲ですが、期待以上に素晴らしい演奏。この曲のリズムともに響きの陶酔に至るようなところが、ノリントン流の味付けで絶品に仕上がっています。特にオケの精度と鳴りの良さは出色。オーソドックスな演奏も良いものがたくさんありますが、このノリントン流の変化球も悪くありません。オケを自在に操るノリントンのほくそ笑むようすが見えてくるよう。アバドの奇跡の切れ味鋭いオケの反応を上回るような俊敏なオケに聴き惚れます。あまりに鮮やかな吹き上がりにアドレナリン噴出。いやこれは素晴らしい。そして深く沈むラルゴ。明るさを取り戻すようなメヌエット。フィナーレはオケがキレキレ。いやいや見事の一言。

Hob.I:82 Symphony No.82 "L'Ours" 「熊」 [C] (1786)
最後の熊、1楽章は素晴らしい迫力で入ります。熊に襲い掛かられるような迫力。しかも力で押されるばかりではなく現代風にアーティスティック。続くアレグレットはさっぱりと足早なパターン。それでも曲の本質をえぐるような迫力を帯びているのが流石なところ。そしてメヌエットで再びじっくりとした演出。フィナーレは恐ろしい気配のようなものを感じさせつつ最後はオケの妙技を印象付けて終わります。私はこの演奏を熊のベスト盤に推します。

到着したばかりのアルバムですが、あまりに面白くて一気に3枚を通して聴きました。ノリントンの才気とチューリッヒ室内管の精緻な演奏が融合した素晴らしいハイドン。パリ交響曲集の演奏としてもおすすめできる素晴らしいアルバムです。ようやくノリントンのハイドンの面白さを存分に楽しめるアルバムに出会ったということでしょう。評価は全曲[+++++]を進呈です。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : パリセット 雌鶏 王妃

【追悼】ブリュッヘン/スコットランド室内管の「王妃」ライヴ(ハイドン)

8月13日にフランス・ブリュッヘンが亡くなりました。今年はアバド、マゼールと時代をつくってきた偉大な指揮者が亡くなっていますが、もちろんブリュッヘンも古楽器界を切り開いてきた人の一人。特にハイドンの演奏においては群を抜いた存在感でした。

今日はブリュッヘンの追悼ということで、手元ににある最新のハイドンのライヴを取りあげます。

Bruggen85.jpg

フランス・ブリュッヘン(Frans Brüggen)指揮のスコットランド室内管弦楽団(Scottish Chamber Orchestra)の演奏による、ハイドンの交響曲85番「王妃」、シュヴァリエ・ド・サン=ジョルジュの交響曲Op.11-2、モーツァルトの交響曲31番「パリ」の3曲を収めたCD-R。収録は2006年1月20日、グラスゴーでのライヴ。レーベルはCD-Rでは良く見かける米DIRIGENT。

当ブログの読者ならご存知のとおりブリュッヘンはハイドンの曲をかなり録音しています。手兵、18世紀オーケストラとの交響曲や天地創造、十字架上のキリストの最後の七つの言葉、エイジ・オブ・エンライトメント管とのシュトルム・ウント・ドラング期の交響曲、モーツァルテウム管とのリラ・オルガニザータ協奏曲など50曲にもなりますが、ほとんどが90年年代までの録音。2000年代以降のものは、2004年のGROSSAレーベルへの18世紀オーケストラとの「十字架上のキリストの最後の七つの言葉」と、今日取り上げる2006年のスコットランド室内管とのライヴくらい。今日はCD-Rではありますが、ブリュッヘンの最も新しいライヴということでこのアルバムを選びました。

これまで当ブログで取りあげたブリュッヘンの演奏は下記のとおり。

2013/05/29 : ハイドン–交響曲 : フランス・ブリュッヘン/18世紀オーケストラの86番(旧盤)
2012/10/23 : ハイドン–交響曲 : ブリュッヘン/エイジ・オブ・エンライトメント管の42番
2011/04/29 : ハイドン–交響曲 : ブリュッヘン/モーツァルテウムのリラ・オルガニザータ協奏曲、84番
2011/03/01 : ハイドン–交響曲 : ブリュッヘンの90番、91番、オックスフォード
2010/11/01 : ハイドン–交響曲 : ブリュッヘンの88番、89番、協奏交響曲
2010/10/20 : ハイドン–管弦楽曲 : ブリュッヘンの十字架上のキリストの最後の七つの言葉
2010/04/04 : ハイドン–交響曲 : ブリュッヘンのザロモンセット

あらためて読み返してみると、ブリュッヘンのハイドンの録音はライヴが多く、しかも曲ごとに出来に結構ムラがあります。気合いの乗ったブリュッヘンのハイドンは古楽器ばなれした素晴しい迫力を帯び、また、感情に流されない構築感を感じさせます。この迫力ある構築感こそブリュッヘンのハイドンの真髄でしょう。なんと、これまで度々取りあげているフランス・ブリュッヘンですが、略歴などを紹介しておりませんでしたので、触れておきましょう。

1934年、オランダ、アムステルダム生まれで、アムステルダム音楽院、アムステルダム大学などで学び、弱冠21歳で王立ハーグ音楽院の教授となるなど、若いころから才能が開花した人。1950年代にはリコーダー奏者として活躍し、リコーダーと言う楽器を本格的な楽器としての地位の確立に貢献しました。1981年に古楽器のオーケストラ、18世紀オーケストラを創設し、指揮者に転身。18世紀オーケストラとはハイドンをはじめとしてモーツァルト、ベートーヴェン、メンデルスゾーン、シューベルトの交響曲をPHILIPSレーベルに次々と録音し、その独特の迫力ある演奏によって広く知られるようになりました。以後の活躍は皆様ご存知でしょう。日本では2005年から新日本フィルでハイドン・プロジェクト、ベートーヴェン・プロジェクトなど一連のコンサートを開催し、晩年の充実した指揮を聴かれた方も少なくないのではないでしょうか。

さて、そのブリュッヘンの2006年1月のグラスゴーでのライヴで取りあげられた「王妃」ですが、如何なる響きを聴かせてくれるでしょうか。

Hob.I:85 / Symphony No.85 "La Reine" 「王妃」 [B flat] (1785?)
なぜか収録レベルが低く、かけるとだいぶ音量が低いのでヴォリュームを調整します。録音は少し遠めにオケが定位し、鮮明さはほどほどで、音のリアリティはもうすこしほしいところ。CD-Rとしてはまずまずでしょう。96年録音の18世紀オーケストラとの演奏が速めのテンポで直裁にグイグイと煽る入りだったのに対し、こちらはテンポは落ち着き、音楽のフォルムをしなやかに描いて行くような演奏。特に木管楽器の美しい音色を慈しむように響かせ、迫力よりも音楽の展開に素直な演奏。18世紀オーケストラ盤よりもかえって力が抜けて、音楽の流れが良い感じ。
つづくアレグレットに入ると、その流れの良さがさらに磨かれて、流麗に。晩年のブリュッヘンの心境なのか、泰然とした澄みきった心境を表すよう。以前の怒濤の迫力への憧憬のようなものはなく、実に自然な音楽。ここでもフルートや木管楽器の響きの美しさは惚れ惚れするよう。スコットランド室内管の名手たちの隙のない演奏に打たれます。
メヌエットに入っても一切力まず、音楽の流れが非常にしなやか。まさに悟りを開いたように心穏やかな演奏。パートパートのの音の重なりは緻密なので、コントロールは十分行き渡っていますので、ブリュッヘンの心境を踏まえた表現でしょう。
素晴しいのがフィナーレ。これまでたたら畳み掛けてきたであろう楽章ですが、実に流麗、華やか。ハイドンの書いたメロディーの素晴しさを歌いつくすようなアプローチ。残念ながらピークが伸びきらない録音の粗がありますが、それでも十分にこの澄みきった音楽が伝わります。力の抜けた素晴らしい王妃に会場から拍手が降り注ぎます。

続くシュヴァリエ・ド・サン=ジョルジュの交響曲は非常に珍しいもの。シュヴァリエ・ド・サン=ジョルジュは、ハイドンと同時代の人で、ハイドンにパリ交響曲を注文したコンセール・ド・ラ・ロージュ・オランピックのコンサートマスターをしていた人で、まさにシュヴァリエ・ド・サン=ジョルジュがハイドンに注文をした本人とのこと。そしてその後にモーツァルトのパリ交響曲がおかれるなど、この日のプログラムは実に良く考えられた企画。パリ交響曲はかなり華やかで、これぞブリュッヘンという演奏。ブリュッヘンの面目躍如。おそらくこの日のプログラムの全体構成から、あえて王妃はしなやかな演奏を狙ったものと推察できます。万全ではない録音を通してさえ、この日のコンサートの素晴らしさが伝わります。この日の会場いた聴衆の心に刺さる素晴しいコンサートだったに違いありません。評価は録音のコンディションにもかかわらず[+++++]を進呈です。

またひとり、偉大な個性が逝ってしまいました。こころよりご冥福をお祈りいたします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 王妃 ライヴ録音

テンシュテット/NDR響の「王妃」ライヴ(ハイドン)

先日ディスクユニオン店頭で発見したテンシュテットのCD-R。

Tennstedt85NDR_ELS.jpg

クラウス・テンシュテット(Klaus Tennstedt)指揮の北ドイツ放送交響楽団(North German Radio Symphony Orchestra)の演奏で、シューマンのピアノ協奏曲(独奏:ブルーノ・レオナルド・ゲルバー)、ハイドンの交響曲85晩「王妃」の2曲を収めたCD-R。収録年は不明と記されています。レーベルはCD-Rでは良く見かけるEn Larmes。

店頭で見かけたとき、確かテンシュテットの「王妃」は手元にあるはず、、、ということでiPhoneで所有盤リストを確認すると確かにあり、レビューもしてますが、1976年、ボストン響とのライブでした。ということで迷いなく入手です。ちなみにテンシュテットのハイドンはどうもしても気になるため、これまでもいろいろ取りあげています。

2013/04/04 : ハイドン–交響曲 : テンシュテット/SWR交響楽団の「時の移ろい」
2010/11/20 : ハイドン–交響曲 : テンシュテットの軍隊ライヴ、爆演!
2010/07/16 : ハイドン–交響曲 : テンシュテットの太鼓連打
2010/06/17 : ハイドン–交響曲 : テンシュテットの王妃
2010/06/13 : ハイドン–オラトリオ : テンシュテットの天地創造
2010/06/09 : ハイドン–交響曲 : テンシュテットの57番

今日取り上げる演奏は演奏年不明とあります。早速ネットでいろいろ調べてみると、テンシュテットは北ドイツ放送響の音楽監督に就任した1979年から、1981年にはツアー中に楽団員や事務局と関係が悪化して辞任しています。おそらくこの演奏はその間の録音だと推定されます。

このあと1983年にテンシュテットはロンドンフィルの音楽監督となり、亡くなる1998年の前年までロンドンフィルと名演奏を残しました。ちなみに先日取りあげたコンドラシンの軍隊は、1981年、テンシュテットが北ドイツ放送交響楽団とのコンサートをキャンセルしたため、急遽亡命直後のコンドラシンが代役を務めた時のもの。コンドラシンはこのコンサートのあとホテルで倒れて亡くなっています。いろいろな運命が交錯して時代が流れていたんですね。

このテンシュテットの演奏、CDプレイヤーにかけると、1曲目のシューマンから尋常ならざる迫力。恐ろしい炎のような集中力が素晴しい演奏。ピアノのゲルバーにもこの迫力が乗り移って、奇跡的なコンサートとなったようです。つづく王妃も最初から恐ろしいほどの凝縮感です。CD-Rとは思えない鮮明なライヴ。残響は豊かなのに定位はピンポイント。

Hob.I:85 / Symphony No.85 "La Reine" 「王妃」 [B flat] (1785?)
異様な緊張感を帯びながら、ゆったりと神々しいばかりに序奏が響き渡ります。なんという迫力、オケ全体に張りつめた緊張感にたじろぎます。あまりに堂々とフレーズを奏でられのけぞるよう。オケは完璧なバランスでテンシュテットのコントロールに従っています。このような奇跡的な演奏のあと、不仲でテンシュテットが辞任するのが信じられないほど。オケからエネルギーが噴出しています。王妃がこれほどの迫力を帯びて響くとは思いませんでした。次々とやってくるフレーズの波の変化と機知に圧倒されっぱなし。完璧なプロポーションなのにデフォルメされたような異容なフォルムはまるでミケランジェロの彫刻のよう。この秩序に満ちたハイドンの交響曲が赤熱した鉄のようにエネルギーを帯びます。まさに奇跡的な演奏。
2楽章のロマンツァはオケが穏やかな表情の音楽を奏でていきますが、すぐにの異様なテンションとオケの熱気がそのまま残っていることに気づきます。なぜかフルートのソロが鮮明に浮かびあがります。このソロ、異常な腕前。オケの北ドイツ放送響、素晴しい技術でテンシュテットの指示に応えます。
メヌエットも実に自然なフレージングですが、オケに宿るエネルギーはやはりそのまま。コンサート会場は、まさに異様な熱気につつまれているようです。作為は全く感じず、ただただハイドンの楽譜に従って演奏しているような自然さ。オケの各奏者の息が完全に合って、テンシュテットのタクトに集中しているよう。もしかしたらこの響きをつくるために、過酷なリハーサルが続いたのでしょうか。有無をも言わせぬ素晴しい迫力。
そしてフィナーレは速いテンポに変わるかとおもいきや、むしろ遅めで丁寧なフレージング。力は抜き気味なのがかえって迫力につながっています。オケは盤石。各パートが活き活きと音楽を創っていきます。最後まで一気に聴かせる名演奏でした。拍手はありません。

このテンシュテットと北ドイツ放送響の演奏、間違いなく「王妃」のベストです。CD-Rで入手も容易ではないかと思いますが、この千載一遇の奇跡的な演奏は多くの人の心に響くでしょう。私のテンシュテットとの出会いは昔FM放送で聴いたロンドンフィルとのマーラーの「復活」のライヴ。異様な緊張感が続く、白熱の演奏で、いまでも燃え滾る火の玉のようなあの演奏を思い出します。このハイドンの「王妃」は、マーラーとハイドンという爆発と秩序のような違いはあれど、演奏の根底には恐ろしいまでの集中力から生み出される怒濤の迫力が宿ると言う意味では同じ空気を感じる演奏です。間違いなくテンシュテットのハイドンの演奏のベストと言っていいでしょう。評価は[+++++]。これは人類の遺産です。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 王妃 ライヴ録音

クルト・ザンデルリンク/ベルリン交響楽団の王妃、86番

今日も名盤。これまでの個人的な趣味によるマイナー盤路線から、11月は有名盤を取りあげていこうという趣向。と突然決めました(笑)

SanderlingParis.jpg
HMV ONLINEicon(別装丁盤) / amazon(別装丁盤)

クルト・ザンデルリンク(Kurt Sanderling)指揮のベルリン交響楽団の演奏で、ハイドンのパリセット6曲を収めたアルバムから、今日は交響曲85番「王妃」、86番を取りあげます。収録は1971年とだけ記載があります。レーベルはRCA RED SEAL。

クルト・ザンデルリンクのパリセットはまさに定番中の定番。ハイドンの名曲を安心して楽しめるアルバムとして、昔から愛聴してきました。これまでザンデルリンクのアルバムは何枚か取りあげてきたものの、大本命のこのアルバムまで至っていませんでした。基本的にマイナー盤が好きということが根本原因ですが、ハイドン啓蒙の一翼を担う当ブログとして、このままではいけないと思った次第。

2012/06/30 : ハイドン–交響曲 : 【新着】ザンデルリンク/スウェーデン放送交響楽団の39番ライヴ
2010/11/04 : ハイドン–交響曲 : クルト・ザンデルリンク/ベルリン・フィルの熊ライヴ
2010/06/18 : ハイドン–交響曲 : クルト・ザンデルリンクの86番

ザンデルリンクの紹介はスウェーデン放送交響楽団との39番ライヴの記事をご参照ください。

Hob.I:85 / Symphony No.85 "La Reine" 「王妃」 [B flat] (1785?)
本当は86番のみを取りあげようとして、このアルバムをかけたところ、85番の「王妃」が記憶の演奏よりも断然素晴らしいので、あらためて取りあげた次第。
冒頭からハイドンの交響曲の演奏の理想像と言っていい程の安定感。落ち着き払ったザンデルリンクの棒から繰り出される音楽は、堅実なテンポに乗って、適度以上の覇気と、適度のなメリハリ、そして揺るぎない古典の秩序を感じさせるもの。一音一音がこのタイミングで奏でられる説得力をともない、どう変化させてもバランスを失いかねない完璧なプロポーション。まさに完璧なプロポーションの肉体を描いたダ・ヴィンチのデッサンのようなリアリティがあるのに芸術的な雰囲気漂う演奏。この演奏で多くの人がハイドンの交響曲の素晴らしさを味わったことでしょう。2楽章以降も揺るぎない安定感と鮮度の高い響きは健在。ただ演奏されるだけで深い詩情が漂う秀演とはこの演奏の事でしょう。雄大な構えのメヌエットに、優雅なのに彫りの深いフィナーレと続き、まさに色気漂う端正な美人のような演奏。録音が少々古さを感じさせる以外にケチのつけようがありません。

Hob.I:86 / Symphony No.86 [D] (1786)
そして本命86番。前曲で言い尽くした感はありますが、全く曲想が異なり、1楽章はリズムとメロディーの遊戯のようなこの曲の真髄を突く演奏。前曲で感じた覇気はすこし鎮まり、オーソドックスな面が強い演奏に感じますが、この曲をこれだけ完璧なバランスでコントロールすることで生まれる感興は得難いもの。弦楽器の良く磨かれたメロディーラインが曲の美しさを引き立てるようです。おそらくハイドンにしては大きな編成のオーケストラが良く鳴り、まさに端正なリズムが踊る感じ。
2楽章のラルゴが若干イメージより速いテンポで爽快感を引き立てるのに対し、3楽章のメヌエットはアクセントの踏み込みのよさでしっかりとコントラストをつけ、フィナーレでは落ち着きながらもクライマックスをしっかりと描く演出。すべてほどよく適度な表情ゆえ、曲自体の面白さが浮かび上がるよう。演奏でよけいな事をしないだけ曲の構造がよくわかる玄人好みの面白さと言えばいいでしょうか。どこか飛び抜けたところもない代わりに絶妙のバランス感覚が光るということでしょう。

久しぶりに取り出して聴いたパリセットの定番、クルト・ザンデルリンクとベルリン交響楽団の名盤ですが、あらためてこのアルバムの良さを再認識した次第。パリセットにはマリナーやリボール・ペシェク、ヒュー・ウルフなど爽快な良さを持つ現代楽器の名盤がひしめいていますが、このザンデルリンク盤の定番の位置は揺るがないでしょう。もちろん評価は両曲とも[+++++]とします。派手さはありませんが、ハイドンをお好きな方には是非聴いていただきたい、燻し銀の名盤だと思います。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 王妃 交響曲86番

リボール・ペシェク/スロバキア・フィルハーモニーの85番「王妃」、86番、87番

今日も未整理のラックの隙間から取り出した一枚。

Pesek85.jpg
amazon

リボール・ペシェク(Libor Pešek)指揮のスロバキア・フィルハーモニー管弦楽団(Slovak Philharmonic Orchestra)の演奏でハイドンの交響曲85番「王妃」、86番、87番の3曲を収めたアルバム。収録は85番が1982年3月、他が1982年9月、スロバキアの首都ブラチスラヴァのスロバキア・フィルハーモニー管弦楽団コンサート・ホールでのセッション録音。レーベルはチェコのGramofonové závody Lodĕnice。なんて読むのかわかりません(笑)

いかにも廉価盤然とした、安っぽいジャケットですが、こうゆうアルバムにもいい演奏はあるもの。しかもブラチスラヴァはウィーンの東40キロほど、アイゼンシュタットからも遠くありません。いわばご当地ものということでなんとなく取りあげようと思った次第。手に入れたのはだいぶ前で聴いた覚えはあるんですが、遥か昔で印象も思い出せないアルバム。今日取り上げるアルバムはパリセットの後半3曲ですが、同じデザインのジャケットの前半3曲のアルバムも手元にあります。

指揮のリボール・ペシェクは1933年チェコのプラハ生まれの指揮者。プラハ音楽芸術アカデミーでピアノやチェロ、トロンボーンなどを学び、またヴァーツラフ・スメターチェクやカレル・アンチェルなどチェコの巨匠に指揮を学びました。その後ピルゼンやプラハの歌劇場で働き、1958年にプラハ室内ハーモニー管弦楽団を創設。1964年まで音楽監督を務めました。ちょうどこのアルバムを録音した1980年から1981年までスロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者であり、また、1982年から1990年までチェコ・フィルハーモニー管弦楽団の常任指揮者を務めました。1987年からは1998年までロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督、2007年からはチェコ・ナショナル交響楽団の音楽監督となっています。ドボルザークを得意としている他、チェコ・ナショナル交響楽団とはマーラーの交響曲のアルバムが5曲リリースされています。

チェコの指揮者としてはノイマン、スメターチェク、アンチェルなどと比べるとややマイナーな存在で、私もペシェクといえばこうゆう演奏という感触がありませんので、この機会に知っておきたいところ。今日はハイドンのパリセットの中でも好きな86番、87番が含まれたこちらのアルバムをセレクト。

Hob.I:85 / Symphony No.85 "La Reine" 「王妃」 [B flat] (1785?)
ハリのある鮮明な序奏の響き。録音は1982年としては時代なりです。主題に入ると明確に意図したようなさっぱりしたフレージングで音階の一音一音を切り気味にリズム感を強調してくっきり浮かび上がらせます。余分な情感を排除して音楽の骨格を裸にしていくようなアプローチ。若干単調さをはらむ危険なアプローチでもありますが、潤いのある木管楽器の響きや、ハイドンの曲自体の豊かな情感、そしてこのアプローチで現れた普段以上の曲の立体感によって、なかなかいいところをついている感じを与えます。
2楽章は前楽章と同じく少し乾き気味の音色のスロヴァキア・フィルハーモニー弦楽セクションがリズム感を強調しながらザクザクと弾き進めます。楽章が変わって流麗さを帯びてくる部分もありますが、基調は変わりません。
なぜかメヌエットに入りぐっと滑らかな音楽に。木管楽器と弦楽器の美しいフレージングはこれまでの楽章とはかなり異なります。メヌエットという音楽はハイドンの交響曲ではリズム感を強調して演奏されることが多いんですが、この演奏は全く逆。この曲で一番情感がこもった演奏。音楽とは複雑なものですね。それにしても木管は巧いですね。
メヌエットで音楽のノリが良くなってフィナーレは再びリズムを強調する感じがすこし戻りますが、ワクワクさせるようなスリリングな感じも帯び、また推進力のよさも感じさせてきます。落ち着いたコントロールのもと、音楽のいろいろな面を感じさせる演奏ですね。なかなかユニークな解釈。

Hob.I:86 / Symphony No.86 [D] (1786)
つづいて、好きな86番。聴き慣れた序奏から滑らかな音楽が心地よいですね。リズムの拍子をすこし速く打つような速めのスピードと、鋭いアクセントが特徴でしょうか、前曲の1楽章の骨格を強調するアプローチが前曲のみのものであったことがわかります。かなり流麗なフレージングできびきびとした演奏。録音は前曲の方が良く聴こえます。響きが少し高域寄りで若干弦楽器に濁り感が伴いますが、前曲と比べて少しという程度。かなり鮮烈な響きを聴かせる非常にキレのいい演奏。好みのテンポよりも若干速く、この楽章はスピーディーなところを聴かせたいとの意図でしょう。
2楽章のラルゴは落ち着きよりも爽やかさを感じさせるようなアプローチ。こちらも流麗な弦楽器と時折聴かせる鮮烈なアクセントがポイント。なかなか聴かせます。
この曲ではメヌエットは普通の位置づけ。キレよくリズム感よくクッキリ進めます。
そして、フィナーレがこの曲一番の聴き所でしょう。ご当地ものを感じさせる非常に手堅い演奏ながら、一音一音のキレと全体の構成感、推進力、迫力どれをとっても抜群の出来。この曲のペシェクのコントロールのポイントは全体的に非常に鮮度の高いキレでしょう。曲に生気がやどっていると言えばいいでしょうか。唯一高音にちょっと歪み感を感じる録音が惜しいところ。

Hob.I:87 / Symphony No.87 [A] (1785)
87番も86番と同時に録音されていることからわかるとおり、冒頭かキレキレです。録音の特徴も同様。速めのテンポでぐいぐい行きます。またアクセントの鮮烈さも86番同様。オケもコンディションが最高の時を狙って録られているのでしょう。全員の感覚が研ぎすまされている感じ。87番は畳み掛けるような速めのテンポの似合う曲だけに、ペシェクの意図がピタリハマります。大活躍の弦楽器群は素晴らしい表現の幅。ここまで気合いのこもった演奏には滅多にお目にかかれません。少々粗いところはありますが、凄まじいエネルギー感に圧倒され、細かい事は一切気になりません。1楽章は心に刺さる超弩演。
嵐の後の平穏な風景のようなのどかな開始。対比が見事。いきなりホルンとフルートの美音にうっとり。落ち着いたフレージングと印象的な間、フレーズごとのコントラストのクッキリついた変化もすばらしい効果。このアルバムでもっともリラックスした演奏。これぞハイドンのアダージョというべき完璧な演奏です。ペシェクのこの曲への思い入れがわかるような素晴らしい演奏。
続くメヌエットも完璧。神々しいまでに生気が漲っています。特に印象的なのは効果的に差し込まれた間。余韻の消え入るところを非常に巧く表現しています。張りつめた静けさ。逆に強音部分は余裕のある威風堂々とした弦楽器群がここでも素晴らしいエネルギー感。
この曲はハイドンの交響曲のフィナーレでも名作のひとつ。意外にこのアルバムのはじめの85番の1楽章に通じる音を少し切り気味演奏する構造を強調した演奏。86番風に来るのかと思いきや意外な展開。しかし全3楽章圧倒的な出来からのつながりは意外に悪くありません。アルバムのはじまりと終わりに韻を踏んでいるのでしょうか。だとしたら相当凝った演出です。じっくり名曲を料理して前3楽章の火照りを鎮めるような淡々とした演奏。といっても弦楽器、特にヴァイオリンのキレは最高です。

意外に深い演奏だったリボール・ペシェクのハイドンのパリセットの後半3曲。中東欧圏のオケは弦楽器のキレがいいオケが多いのでその期待もありましたが、そのとおりの演奏。評価は85番「王妃」が[++++]、86番、87番はもちろん[+++++]とします。特に87番は素晴らしい演奏。鬼気迫る迫力に圧倒される演奏です。

今日は雪のなか、これから銀座に玉三郎の歌舞伎を見に行ってきます。夜には歌舞伎レビューをアップの予定です。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 王妃 交響曲86番 交響曲87番

ライスキ/ポーランド室内管の王妃、雌鶏、狩

今日も交響曲を1枚。最近手に入れた珍しいアルバム。

Rajski85.jpg
HMV ONLINEicon

ヴォイチェフ・ライスキ(Wojciech Rajski)指揮のポーランド室内フィルハーモニーの演奏でハイドンの交響曲85番「王妃」、83番「雌鶏」、73番「狩」の3曲を収めたアルバム。録音年の表記はなくPマークが1996年。レーベルはドイツのTACET。

あまり見たことのないジャケットですが、演奏者がポーランドということでディスクユニオンでみつけて手に入れました。ロシアもの、ポーランドもののハイドンには良い演奏が多いとのこれまでの経験からピンときたもの。勘はあたりましたね。これがなかなかの名演。

ヴォイチェフ・ライスキは全く知らない指揮者ですがこのアルバムのTACETレーベルではベートーヴェンの交響曲全集が出ていたり、これまでもかなりのアルバムがリリースされているところを見ると、かなりの実力者のようです。いつものように略歴を紹介しておきましょう。

ライスキは1948年ポーランドのワルシャワ生まれ。ワルシャワの音楽アカデミーとケルンの音楽大学で音楽を学んだ後、交換留学でウィーンに渡りマスタークラスに参加した。1971年から78年までワルシャワのグランド・シアターの音楽監督を担当し、同時にベルリンとワルシャワのほぼ中間に位置するポズナンのポズナン・フィルハーモニーの指揮者、首席指揮者を1980年まで務めた。また、ボンのベートーヴェン=ハレ管弦楽団の最初の指揮者となるなどドイツとポーランドを中心に活動を広げてきたよう。その後、チェコスロバキア、ハンガリー、当時のソ連、フランス、ギリシャ、ルクセンブルク、スウェーデン、メキシコなど各地のオケの客演指揮者として活躍、1993年からはポーランド放送交響楽団の首席指揮者の立場にある人。このアルバムのオケであるポーランド室内フィルハーモニーは1980年にライスキが設立したオケということです。

Hob.I:85 / Symphony No.85 "La Reine" 「王妃」 [B flat] (1785?)
キレのいい活気に富んだオーケストラ。小編成のオケでの演奏らしく、テンポ感よく鮮烈な演奏。弦楽器を中心に、すべての楽器がキビキビした演奏。フレージングが感情的になることはなく、器楽的、純音楽的な表情でハイドンの傑作交響曲のメロディーを淡々とそして清々しく描いていきます。アクセントの鋭さ、力強さ、推進力は見事の一言。ハイドンにはこういった演奏が似合います。基本的に非常に鮮明な録音。残響は長くはありませんが録音は自然でオケの各楽器の表情が手に取るようにわかるもの。
2楽章も同様、冒頭から抑えながらもクッキリとしたリズムで淡々とした表情を描いていき、そこはかとない静寂感も感じさせる見事なコントロール。ゆったりと力感を増して行きますが、見事な抑制で、気配のようなものを感じさせる鋭敏な感覚。中盤以降の流麗なメロディーの表現も秀逸。クッキリとしたリズムにビロードのような滑らかな表情の弦楽器のメロディーの対比が見事。後半のフルートのソロがクッキリ浮かび上がるところは鳥肌がたつよう。
メヌエットは予想に反して、ゆったりと色っぽい表情すら感じさせる落ち着いたもの。もう少しカッチリした表情でくると思いきや、さにあらず。メヌエットのあり方に対する独自の視点がありそうです。間と溜めを生かして自在にフレーズを刻むメヌエットが新鮮です。
フィナーレは鮮烈さを取り戻し、メヌエットの豊かな表情と1楽章のある意味険しいアクセントの止揚のような素晴らしい表現。フレーズに軽さがあり、複雑なフィナーレのメロディーがクリアに浮かび上がります。きりりと引き締まったアクセントに複数のメロディーが織りなす表情。1曲目から素晴らしい演奏です。

Hob.I:83 / Symphony No.83 "La Poule" 「雌鶏」 [C] (1785)
つづいて雌鶏。音響が少し変わり、高音に少し濁りを感じますが、基本的には前曲同様鮮明な録音。1楽章は快速テンポにクッキリしたアクセントが痛快。曲想も畳み掛けるようないつものフレーズが活き活きとした表情で浮かび上がります。速い部分の迫力が素晴らしいばかりではなく、抑えた部分をしっかり抑えきることで素晴らしい対比。
1楽章の素晴らしい推進力を冷ますような、癒しに満ちた2楽章のアンダンテ。ライスキの抑えた部分のコントロールはここでも見事。抑えているのにリズム感と色彩感が豊かなことに驚きます。フレーズのひとつひとつののメリハリが良く練られていて、フォルテッシモの迫力ではなく構成の巧みさで感じさせるダイナミックレンジ。
だんだん慣れてきたライスキのコントロール。メヌエットは柔らかく色っぽいという位置づけです。そしてフィナーレはこの曲でも総決算のような壮麗な演奏。軽さもキレもきちんと備わることで古典期の交響曲の枠の中で表現を極めた感じを残しています。

Hob.I:73 / Symphony No.73 "La Chasse" 「狩」 [D] (before 1782)
時代が少し遡って、ハイドンの交響曲の作曲技法が最後輝きを放つ前の穏やかな時代の曲。フィナーレが単独で良く取りあげられる曲。先日取りあげたヴァントの得意とする76番もそうでしたが、穏やかな曲想と晴朗なメロディーの魅力に溢れる曲。
1楽章は穏やかな序奏からはじまり、主題は晴朗快活な美しいメロディー。ライスキはだいぶ力が抜けて、穏やかな指揮ぶり。ここでもメロディーをクッキリとリズミカルに浮かび上がらせる手腕は見事。前2曲のパリセットからの交響曲ほど曲が凝ってない分、ライスキも指揮を楽しんでいるような優雅さ。
2楽章のアンダンテは、程よい抑えで進み、途中の転調が印象的。素朴な展開ゆえ力みはまったくなく、曲ごとに演奏スタンスをきちんと使い分けているよう。3楽章のメヌエットも穏やかな演奏。
そしてこの曲のハイライトのフィナーレ。流石ライスキ、抜群のコントロールで抜群のノリです。ここでもキリッとしたアクセントが健在。ホルンの号砲と弦楽器のさざ波が交互に押し寄せる快活な曲。これもハイドンの魅力を存分に感じさせる曲。基本的にオーケストラをキリッと鳴らすことにかけては素晴らしい腕前だけに、このような曲はうってつけでしょう。楽天的になりすぎることもなく節度も感じさせるところがが流石です。

はじめて聴くポーランドのヴォイチェフ・ライスキとその手兵ポーランド室内フィルハーモニーのハイドンは、オーケストレイションの見事さを浮き彫りにするスペクタクルな名演。演奏全体に歯切れのよい軽さを感じさせるのに、軽薄にならない芸術性も兼ね備えたなかなかの演奏。なんとなくポーランドのハイドンは良い演奏が多いという勘で手に入れたアルバムですが、的中です。評価は全曲[+++++]としました。

交響曲が続きましたので、そろそろ10月の集中取り組みテーマの弦楽四重奏曲に戻らなくてはなりませんね。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 王妃 雌鶏 ハイドン入門者向け

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

モーツァルトチェロ協奏曲1番東京オペラシティ交響曲86番十字架上のキリストの最後の七つの言葉交響曲10番交響曲9番交響曲11番交響曲12番ヒストリカル太鼓連打ロンドン交響曲2番古楽器交響曲15番交響曲4番交響曲37番交響曲18番交響曲1番ひばり弦楽四重奏曲Op.54SACDピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:2LPライヴ録音ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:3天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲102番軍隊交響曲99番時計奇跡交響曲95番交響曲98番交響曲97番交響曲93番驚愕ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35フルート三重奏曲ロッシーニオーボエ協奏曲ドニぜッティライヒャピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3ミューザ川崎ストラヴィンスキーシェーンベルクマーラーチェロ協奏曲東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:318人のへぼ仕立屋に違いないファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26パレストリーナモンテヴェルディアレグリバードタリスすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:6告別美人奏者ピアノソナタXVI:39四季交響曲70番迂闊者アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:4ピアノ協奏曲XVIII:7バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ヴェルナーガスマンベートーヴェンシューベルトピアノソナタXVI:38交響曲80番ラメンタチオーネ交響曲67番哲学者ピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲46番交響曲35番ヴァイオリン協奏曲協奏交響曲DVDピアノソナタXVI:52交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:23アリエッタと12の変奏XVII:3ピアノソナタXVI:40サントリーホールラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナード弦楽四重奏曲Op.76ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:51五度ラルゴピアノ三重奏曲日の出弦楽四重奏曲Op.64ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス武満徹時の移ろい交響曲42番無人島ベルリンフィルホルン信号交響曲19番弦楽四重奏曲Op.55王妃交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:29リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナアレルヤピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲78番交響曲79番交響曲81番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードモテットオフェトリウムドイツ国歌カノンスタバト・マーテル弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールクラヴィコードパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ブーレーズベルク交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41ショスタコーヴィチ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲悲しみリーム交響曲89番交響曲50番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生ピアノ小品音楽時計曲ピアノソナタXVI:11ピアノソナタXVI:47bisカートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実マリア・テレジアバリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ小オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CDドビュッシー交響曲28番交響曲13番交響曲108番変わらぬまこと交響曲62番交響曲107番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲3番スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番ニコライミサ交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽Blu-ray狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
158位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
9位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ