ヨハネス・ゴリツキの「薬剤師」全曲(ハイドン)

珍しくオペラを取り上げます。ちょうどハイドンの声楽曲の所有盤リストの整理をしていて、いろいろ聴き直していたら、目からウロコの名演奏盤だったということで、あらためて聴き直した次第。

GoritzkiSpeziale.jpg
amazon / amazon(mp3)

ヨハネス・ゴリツキ(Johannes Goritzki)指揮のノイス・ドイツ室内アカデミー(Deutsche Kammerakademie Neuss am Rhein)の演奏によるハイドンの歌劇「薬剤師(Lo Speziale)」全曲。収録は1999年1月、ドイチュランド・ラジオ・ケルンの放送センター大ホールでのセッション録音。レーベルはBERLIN Classics。

思い立って先週から、オラトリオの四季の所有盤リストのメンテナンスをしており、四季がひと段落。そして続くオペラのリストの誤り探しをしながら、いろいろなアルバムのつまみ聴きをしていました。初期のオペラ「薬剤師」は手元にDVDを含めて全曲盤が4種ありますが、それぞれ聞いてみると、今日取り上げるアルバムが格別にスバラシイことがわかりました。ハイドンのオペラは日本ではかなりマイナー。ちょいあとのモーツァルトのオペラに比べると日本での聴かれ方は天と地ほど違い、ハイドンのオペラを聴く機会はほとんど無きに等しいほどでしょう。愛聴するヴァイオリン協奏曲でさえ、モーツァルトに比べるとかなりマイナーな存在。これではいけません。ということで、勇気をもってオペラのアルバムを取り上げる次第。

この「薬剤師」というオペラ、作曲は1768年ということで、シュトルム・ウント・ドラング期の真っ最中に書かれたもの。この年エステルハーザ宮廷歌劇場か完成し、そのこけら落としのために作曲されたもの。筋は薬剤師センプローニオとそのイケメン助手メンゴーネ、恋敵のヴォルピーノの3人がヒロインのグリレッタの心を射止めようとするドタバタ劇。3幕物ですが、このアルバムはCD1枚に収まるコンパクトなもの。音楽はまさにハイドンらしい晴朗、快活で変化に富んだ素晴らしいもの。

指揮者のゴリツキは、ハイドン好きな人の間では知られた人でしょう。cpoからハイドンの弟、ミヒャエル・ハイドンの交響曲集を何枚もリリースしている人。指揮者であり、チェロ奏者でもあるそう。彼のウェブサイトがありましたのでリンクしておきましょう。

Johannes Goritzki

教育者といしてはスイス南部のルガーノにあるイタリア語スイス音楽院やロンドンの王立音楽大学で教えているとのこと。ディスコグラフィーを見ると、ミヒャエル・ハイドン以外にもいろいろなアルバムがリリースされており、ヨーロッパでは知られた存在であることがわかります。

歌手は下記のとおり。初めて聴く人ばかりで、有名どころではありませんが、聴く限り皆素晴らしい歌唱。

薬剤師センプローニオ:ジュゼッペ・モリーノ(Giuseppe Morino)テノール
助手メンゴーネ:ハウケ・メラー(Hauke Möller)テノール
グリレッタ:バーバラ・メザロス(Barbara Meszaros)ソプラノ
ヴォルピーノ:アリソン・ブラウナー(Alison Browner)ソプラノ

テノール2人とソプラノ2人というシンプルな配役。しかも敵役の金持ちな若者ヴォルピーノがソプラノというのが変わった構成でしょうか。ケルビーノのような存在ということでしょう。

Hob.XXVIII:3 / "Lo speziale" 「薬剤師」 (1768)
序曲は馴染みのあるもの。幕が上がる前のざわめきがつたわる快活かつスリリングな入り。録音もキレ良く問題ありません。第一幕は薬の調合をする助手のメンゴーネと薬剤師のセンプローニオとのやり取りから入り、そこにメンゴーネの恋敵のヴォルピーノが現れます。密かにグリレッタの心をつかみたいセンプローニオ、愛し合うメンゴーネとグリレッタ、ライバルヴォルピーノの間のやり取り。軽快かつ滑稽な音楽とともに進むレチタチィーヴヴォ。トラック4の薬剤師センプローニオのアリアはモリーノの朗々とした歌が見事。続いてトラック6のメンゴーネのアリアもテノール版の夜の女王のアリアのような聴かせどころがあり、実に愉快。メラーもコミカルな歌いぶりがなかなか素晴らしいです。そしていよいよヒロイン、グリレッタの登場。レチタティーヴォを挟んで、これまた素晴らしいアリア! なんと美しいメロディーの連続。癒しに満ちた素晴らしい音楽。ソプラノのバーバラ・メザロスはコケティッシュな魅力のある声。つづいてグリレッタと二人きりになって気持ちを打ち明けたものの、あしらわれたヴォルピーノの恨み節のアリア。そして第一幕の最後のメンゴーネ、グリレッタ、センプローニオの三重唱。ようやくメンゴーネとグリレッタの恋人どうしが2人きりになろうとしたところに、センプローニオが入ってきて大混乱。このトラックの音楽、実によくできていて面白い。場面転換の緊張感と3人の美しい歌唱が渾然一体となった素晴らしい音楽。

第二幕はセンプローニオとヴォルピーノがグリレッタの心をつかもうと挽回を企むストーリー。グリレッタは恋人メンゴーネの態度が煮え切らないことに業を煮やし、ヴォルピーノと結婚すると言い出して大喧嘩。その隙を狙ってセンプローニオがグリレッタとの結婚証書を作るともちかけますが、偽の公証人がそれぞれ新郎の欄にそれぞれの名を書こうとして大混乱するという筋。比較的わかりやすいドタバタ劇ですが、これまた音楽が面白くて、一気に聴き進められます。ゴリツキはオペラを得意としているのか、ミヒャエル・ハイドンの交響曲集の時の演奏以上に間の取り方が巧みで、展開の面白さがしっかり描けています。第二幕でもヴォルピーノ、センプローニオ、グリレッタのアリアを経て、最後に4重唱でクライマックスに至ります。ここでもトラック20の4重唱が素晴らしい充実度。ゆったりと始まり、混乱を経て、クライマックスに。

第三幕はいきなりトルコ趣味の音楽から入ります。トルコでペストが大流行して、王様が高額で薬剤師を雇うとの話をヴォルピーノが持ってきて、センプローニオはすっかりトルコに行く気に。すっかりその気になったセンプローニオが、ヴォルピーノの企みにもかかわらず、仲直りしたメンゴーネとグリレッタの結婚をあっさりオッケーしてしまい大団円。最後は愛の神を皆で称えてハッピーエンドという筋です。やはりポイントは入りのトルコ趣味の音楽の独特の表情と、最後の4重唱。ここでもメリハリのある音楽で劇のストーリーがくっきりと浮かび上がります。

ヨハネス・ゴリツキによるハイドンの初期の傑作オペラ「薬剤師」全曲。いまいち地味な存在のハイドンのオペラの入門盤として絶好の1枚です。実に表情豊かなオケに隙のない4人の歌唱。特にアリアの美しさや3重唱、4重唱のなどの音楽の面白さは群を抜いたもの。これはハイドンの交響曲や弦楽四重奏好きな方にも好まれる素晴らしい音楽だと思います。手に入るのは輸入盤のみで、このアルバムに限ってはライナーノーツの歌詞も原語のイタリア語とドイツ語訳のみ。手元の別のアルバムに英語訳があるのでなんとなく筋はわかりますが、この辺が敷居を高くしているかもしれませんね。だまされたと思ってこのオペラの素晴らしい音楽に触れていただきたいものです。評価は[+++++]です。「薬剤師」の決定盤はこのアルバムです。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 薬剤師

ケヴィン・マロン/トロント室内管の交響曲、序曲集

先日取りあげたパトリック・ガロワの交響曲集の新鮮な響きに惹かれて、NAXOSの交響曲全集のなかからもう1枚。

KevinMallon62.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

ケヴィン・マロン(Kevin Mallon)指揮のトロント室内管弦楽団の演奏で、ハイドンの交響曲62番、107番(シンフォニアA)、108番(シンフォニアB)、歌劇「変わらぬまこと」序曲、歌劇「薬剤師」序曲の5曲を収めたアルバム。収録は2008年6月25日から27日、カナダのトロントにある聖アン教会でのセッション録音。

このアルバム、NAXOSが6人の指揮者を投じて完成させたハイドンの交響曲全集の最後を飾るVol.34となるもの。ケヴィン・マロンはVol.30、Vol.31と合わせて3枚を担当。バラで集め始めたため、ずっとバラで購入してきましたが、あらためて整理すると、2枚ほど未入手であることが最近わかり、バラで注文しました。未入手は先日取りあげたガロワ指揮の残りの2枚です。バラはバラで収集欲をみたすもの。

ケヴィン・マロンはアイルランド生まれの指揮者で現在カナダ在住。指揮はジョン・エリオット・ガーディナーに、作曲はペーター・マクスウェル・デイヴィスのもとで学びました。イギリス中部のマンチェスターにあるチャタム音楽院、王立ノーザン音楽院などで音楽を学び、最初はハレ管弦楽団やBBC交響楽団のヴァイオリニストとして活動をはじめました。後にレザール・フロリサン(Les Arts Florissants)やル・コンセール・スピリチュエル(Le Concert Spirituel)のコンサート・マスターとして活躍するなど腕は確かなよう。ヨーロッパやアイルランドを中心に活動していましたが、カナダに渡り、トロント大学やターフェルムジークなどで働いたのち、1996年にアラディア・アンサンブルを自ら設立し音楽監督となりました。特にバロック期の音楽、オペラを得意としているよう。その後このアルバムのオケであるトロント室内管弦楽団の音楽監督をはじめとして、カナダの主要なオケの客演指揮などを務めているようです。

トロント室内管弦楽団はトロント交響楽団やカナダ歌劇場管弦楽団、ターフェルムジーク、アラディア・アンサンブルなどの主要な奏者で組織された室内管弦楽団。バロック期から現代まで幅広いレパートリーをこなし、多くの楽員は古楽器も演奏するとの事。この演奏も聴く限り古楽器演奏のよう。

Hob.I:62 / Symphony No.62 [D] (before 1781)
まずは、中期の交響曲から。バロック期の音楽を得意とするだけに、キビキビしたリズムに透明感の高いオケの響きが心地いい入り。ヴァイオリンのフレーズは滑らかに磨かれ、アクセントをデリケートに変化させることで、ハイドン特有のえも言われぬ高揚感を上手く表現しています。デュナーミクのコントロールは緻密そのもの。ハイドンの生気と躍動感が素晴らしい演奏。爽やかさが優先するなかの躍動感という感じで、正統派のハイドンという印象の1楽章です。アルバムの出だしとしては見事な入り。
2楽章はあまりしょっちゅう聴く曲でははないだけに、構成のユニークさに今更ながら驚きます。弱音器をつけた弦楽器がそっと奏でる蝶々の飛翔のようなメロディーのおぼろげな感じが良く出ています。
メヌエットも颯爽とした展開。リズムのキレが良いので聴いていて気持ちいいですね。録音は新しいものだけにスピーカーの少し後ろに弦楽器が自然に広がり、ハープシコードの雅な音色が加わってまさに自宅が教会になったような素晴らしいもの。
フィナーレはあえて少し抑え気味の入りがいいセンス。間で聴かせるところと推進力で聴かせるところの対比が鮮明で非常に聴き応えがあります。おそらくあえてでしょう、中盤以降はすこしたどたどしさを感じるほどテンポを落として、あえてじっくり攻めます。バロックオペラの演奏経験などをふまえた演出のように聴こえました。ケヴィン・マロンのコントロールは正統派爽やか系かと思いきや、意外な引き出しがあります。

Hob.I:107 / Symphony No.107 "A" [B flat] (before 1762)
番号は107番ながら初期の作曲のもの。前曲よりもすこしテンポを落とし気味で、じっくりとしながらも弾む感じを追求したようなコントロール。前曲と同じアプローチであればもうすこしスピーディーに入るでしょう。曲の諧謔的な側面をすこし表現したかったのでしょうか。面白い表現ですが、若干単調さをはらむリスクがありますね。
2楽章のアンダンテはハイドンの時代の曲というより、フランスのバロックオペラの一場面のような雰囲気。演奏次第でいろいろなニュアンスが漂うものですね。前曲の演奏との違いから曲ごとにアプローチを変えてコントロールしていることに気づきます。
3楽章も同様のアプローチ。ハイドンの曲に華やかさが加わり、オーストリアというよりやはりフランスの曲の様な印象に。オケの各奏者のテクニックは素晴らしいものがあります。各奏者が大きくからだを揺らして演奏しているようなエネルギーの波動を感じる演奏。

Hob.I:108 / Symphony No.108 "B" [B flat] (before 1765)
この曲は流麗華麗な入り。めくるめく響きの変化が素晴らしい。落ち着き払っているのにえも言われぬダイナミックさを感じるコントロール。この曲に至ってマロンの狙いがよくわかってきました。オーケストラコントロールはトン・コープマンの指揮するアムステルダム・バロック・ソロイスツのような柔軟さですが、もしかしたらそろえよりもナチュラルさでは上かもしれません。
この曲では2楽章がメヌエット。メヌエットもそっと羽毛に触れるような絶妙のタッチが極上の演奏。シンプルなメヌエットが非常に繊細な響きを伴い、耳が響きの変化に集中します。
3楽章はほの暗い短調で入り、徐々に明るさが射してくる曲調の変化を落ち着いて表現。ハイドンの初期の交響曲の面白さが凝縮された楽章。
やはりハイドンのフィナーレは速めのテンポと躍動感を前面に出した方が聴き応えがありますね。1曲目の62番のフィナーレの表現が冒険を含んでいたものとこの曲の演奏を聴き再認識。曲の面白さを素直に表現しており、指揮もオケもキレて最高の演奏。

Hob.XXVIII:8 / "La vera costanza" 「変わらぬまこと」 (before 1779)
5部に別れた全体で10分弱の曲。プレスト、アレグレット、アレグロ・モデラート、アンダンテ、アレグロ・モデラートという小交響曲のような構成。スペクタクルな変化に富んだ面白い曲。マロンの得意とする落ち着いているのに素晴らしい躍動感が良く出た演奏。特に速いが楽章の柔らかいのにキレのいい楽章とゆったりと力を抜いた楽章の対比がコンパクトに凝縮して素晴らしい出来。

Hob.XXVIII:3 / "Lo speziale" 「薬剤師」 (1768)
今度は落ち着いたテンポで入ります。プレストですので演奏によってはもうすこし畳み掛ける感じで入りますが、この曲ごとのわずかなテンポ感の違いが面白いですね。この曲はプレスト、アンダンテ、プレストの三部構成。こちらも序曲の面白さを良く表現できています。マンフレート・フスの演奏のような幕が開く前のソワソワ感を表すようなアプローチとは異なり、落ち着いて曲の面白さをじっくり表現するもの。曲の面白さのツボを抑えた演奏です。

NAXOSの交響曲全集の最後を飾るケヴィン・マロンとトロント室内管弦楽団による1枚。初期の頃を担当した特に名曲を多く含む選曲の演奏はオススメできないものもある一方、このマロンやガロワの担当するものは、驚くほど質の高い演奏。このマロン盤も素晴らしい出来です。トン・コープマンばりのやわらく千変万化する響き。流石にバロック期の演奏を得意とするだけあります。評価は交響曲107番は[++++]、それ以外は[+++++]としたいと思います。いやいや、NAXOSの交響曲全集、まだまだちゃんと聴き直さなくてはならないアルバムが沢山ありますね。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲62番 交響曲107番 交響曲108番 変わらぬまこと 薬剤師 古楽器 交響曲全集

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ベートーヴェン紀尾井ホールショスタコーヴィチストラヴィンスキードビュッシーラヴェルピアノ三重奏曲ミューザ川崎オーボエ協奏曲LP協奏交響曲日の出ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:38サントリーホールスタバト・マーテルピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:39マーラーブルックナーヒストリカル十字架上のキリストの最後の七つの言葉告別交響曲90番交響曲97番交響曲99番交響曲18番奇跡アレルヤひばり弦楽四重奏曲Op.64フルート三重奏曲悲しみ交響曲102番ラメンタチオーネ交響曲86番モーツァルトヴァイオリン協奏曲驚愕哲学者ニコライミサミサブレヴィス小オルガンミサ交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23王妃ピアノソナタXVI:52アンダンテと変奏曲XVII:6武満徹ライヴ録音SACDチェロ協奏曲交響曲19番交響曲81番古楽器交響曲80番交響曲全集交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかり無人島騎士オルランドBlu-rayチェロ協奏曲1番東京オペラシティ交響曲9番交響曲11番交響曲10番交響曲12番太鼓連打ロンドン交響曲15番交響曲2番交響曲4番交響曲1番交響曲37番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:3天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:35ドニぜッティライヒャロッシーニピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3シェーンベルク東京文化会館ホルン協奏曲フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:31パレストリーナタリスモンテヴェルディアレグリバードすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6美人奏者四季交響曲70番迂闊者ピアノ協奏曲XVIII:4アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ヴェルナーガスマンシューベルト交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲46番交響曲35番交響曲51番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナード弦楽四重奏曲Op.76ピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス時の移ろい交響曲42番ベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲79番ロンドン・トリオ交響曲88番オックスフォードオフェトリウムドイツ国歌カノンモテット弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルクブーレーズ主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生音楽時計曲ピアノソナタXVI:11ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisカートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲107番変わらぬまこと交響曲108番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲3番スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
104位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
10位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ