ディヴェルティメント・ザルツブルクのディヴェルティメント集(ハイドン)

今日は好きなディヴェルティメント集。

DivertimentSalzburg.jpg

ディヴェルティメント・ザルツブルク(Divertimento Salzburg)の演奏による、ハイドンのディヴェルティメント3曲(Hob.II:11、II:16、II:22)とマーティン・ハーゼルベックがオルガンソロをつとめたクラヴィーア協奏曲(Hob.XVIII:10)、それにアンネグレート・ディートリヒセンのヴァイオリンソロが加わったクラヴィーアとヴァイオリンのための協奏曲(Hob.XVIII:6)の5曲を収めたアルバム。ディヴェルティメントの収録は1982年2月27日、3月2日、オーストリア放送ザルツブルクスタジオでのセッション録音。協奏曲2曲は1982年6月11日から12日にかけて、オーストリア東部のシュッツェン・アム・ゲビルゲという街の教会でのセッション録音です。レーベルは独ORFEO。

このマイナーなアルバムは、マイナー盤好きな当方の所有盤リストにない、特にマイナーなアルバムを選りすぐって貸していただく湖国JHさんから送り込まれたもの。いつもながら、送り込まれるアルバムの素晴らしさは折り紙付き。

ディヴェルティメント・ザルツブルクは1978年、このアルバムの協奏曲でヴァイオリンソロを弾いているアンネグレート・ディートリヒセンが設立した室内楽アンサンブル。メンバーはザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団のメンバーが中心で、オーストリアでも最も早くから古楽器演奏に取り組んだ団体の一つということです。レパートリーはモーツァルト、ハイドン、ベートーヴェン、シューベルトなどの室内楽曲ということです。
オルガンを弾くマーティン・ハーゼルベックはおなじみでしょう。当ブログでも過去に同じくORFEOへのこのアルバムと同時期に録音されたオルガン協奏曲集などを一度取りあげています。

2012/12/14 : ハイドン–協奏曲 : マーティン・ハーゼルベック/ディヴェルティメント・ザルツブルクのオルガン協奏曲集
2012/12/11 : ハイドン–声楽曲 : ウィーン少年合唱団/ウィーン響の大小オルガンミサ

特にオルガン協奏曲のアルバムはオケも同じディヴェルティメント・ザルツブルク。ハーゼルベックの略歴などはそちらの記事をご参照ください。

ということで、今日取り上げるアルバムはハーゼルベック得意のオルガン協奏曲のみならず、ディヴェルティメント・ザルツブルクによる文字通りディヴェルティメントに存在価値がかかっている訳です。一般的には地味な存在であるディヴェルティメントですが、ハイドン好きな皆さんは、このゆったりとした音楽の楽しみを知っているので、このアルバムへの興味も尽きないはず。ディヴェルティメントを中心にレビューいたしましょう!

Hob.II:11 / Divertimento "Der Geburtstag" 「誕生日」(6 Qurtette fur Flote, Violine, Viola und Violincello Op.5 Nr.6) [C] (c.1763)
プレスト-アンダンテ-メヌエット-フィナーレの4楽章。2楽章は「夫婦」と名付けられ、「誕生日」という呼称とともに古い筆写譜に記載されていたとのこと。最近聴き慣れたメロディーから入りますが、テンポはゆっくり。噛み締めるようにじっくりとした入りが録音年代を物語ります。古楽器の演奏ではありますが、音を聴く限りそうは感じません。2楽章はユーモラスなメロディーの面白さを誇張するように表情をつけていきます。そして3楽章のメヌエットも一貫してゆったりとしたテンポで濃い表情。フィナーレの変奏曲に入っても屈託なくメロディーラインの面白さを描いて行きます。良く聴くと音量的なメリハリや構成よりも、メロディーをしっかり描いて行くことに集中しているよう。次々に楽器を変えてメロディーを受け継いでいくあたりは、スリリングではなく確実なバトンリレーを見せられているよう。ディヴェルティメントとはこう演奏するものとのメッセージのようでもあります。奏者の愉悦感が伝わってくるような躍動感。変奏が進むにつれて音楽にグイグイ引き込まれていきます。最後の高揚感も素晴しいものがあります。

Hob.XVIII:10 / Concerto per il clavicembalo(l'organo) [C] (before 1771,1760?)
録音に若干古めかしい響きを感じますが、すぐに、やはりゆったりとしながらもがっちりと堅固な音楽の魅力に引き込まれます。ハーゼルベックのオルガンソロは、以前聴いたアルバム同様、キレキレ。オルガンと言う楽器独特の音色の魅力が立ちのぼります。バリトントリオ同様、音色のもつ神秘的な響きにトランス状態に引き込まれそう。テンポが落ち着いている分、メロディーと音色の魅力が引き立ちます。ディヴェルティメントもそうでしたが、このアルバムの演奏、テンポの変化は極力抑えることで、メロディーのもつ魅力にピシッとフォーカスがあたります。2楽章のアダージョもじっくりとした表情づけで音楽の面白さが際立ちます。敢えて構成の変化やダイナミクスを抑えているようです。フィナーレも同様。この演奏を聴いてこうしたアプローチの有効性に気づかされました。実に雄弁な音楽。少し古いスタイルとは思いますが、音楽の濃さはそれを越えた価値をもつように感じます。

Hob.II:16 / Divertimento [F] (1760)
再びディヴェルティメント。この曲は録音が少ないので貴重。手元には他にマンフレッド・フス盤くらいしかありません。リラ・オルガニザータ協奏曲のようなオモチャっぽい推進力のある響きが特徴。すでにディヴェルティメント・ザルツブルクのスタイルに馴れてきていますので、じっくりと奏でられる彼らの音楽がすっと耳に入ってきます。この曲はアレグロ-メヌエット-アダージョ-メヌエット-フィナーレと5楽章構成。音楽の濃さは相変わらずで、特にアダージョのゆったりとした美しさは出色。このアルバムの中では珍しく抑えた表現を上手く挟んでいます。後半のメヌエットは木管とホルンによるコミカルな表情がいい味をだしています。フィナーレは2本のホルンが活躍。えも言われぬ感興。曲調からか、この曲では表現を極めるというより演奏を楽しむ感じで、いい意味で楽天的な印象です。これがディヴェルティメント本来の姿でしょう。

Hob.XVIII:6 / Concerto per violino, cembalo e orchestra [F] (1766)
好きな曲。オルガンとヴァイオリンの掛け合いとともに、独特の高揚感のある曲です。ハーゼルベックのオルガンはまたしてもキレキレ。ディートリヒセンのヴァイオリンは燻らしたような味のある音色が特徴。やはり全体に落ち着いたテンポで、じっくりと曲を描いていきます。演奏をリードするのはハーゼルベックのオルガンで、ヴァイオリンは伴奏のようにオルガンに付き従うスタイル。1楽章の祝祭感と高揚感はハーゼルベックのオルガンによるもの。
アダージョは夜空の星のきらめきのような美しい曲ですが、研ぎすまされた美しさというよりは、等身大の音楽の美しさで聴かせる感じ。主役はやはりハーゼルベックのオルガン。よく聴くとオルガンの表情の多彩さに気づきます。ヴァイオリンソロとオケがうまく寄り添ってオルガンの奏でるメロディーに変化をつけていくよう。
フィナーレはかなり力を抜いて流すような演奏。今度はヴァイオリンとオケが少し前に出てきてオルガンより先にメロディーを置いて行きます。だんだんオルガン、ヴァイオリン、オケが溶け合うように高揚して終了。

Hob.II:22 / Divertimento [D] (1760-62)
最後のディヴェルティメント。プレスト-メヌエット-ラルゴ・カンタービレ-メヌエット-フィナーレの5楽章構成。やはり2本のホルンの音色が独特の表情。ホルンの響きが加わることで音楽がこれほど豊かになるとは、ハイドンの楽器の音色に関する鋭敏な感覚に唸るばかり。この曲では楽章ごとの演奏スタイルにきっちりメリハリをつけて、特にラルゴ・カンタービレの抑えた美しさにこだわっているよう。ここに来てディートリヒセンの突き抜けるような伸びやかな高音を披露。後半のメヌエットも実に落ち着いた音楽。最後のフィナーレは短いながらも非常に面白い音階の構成に釘付け。

ディヴェルティメント・ザルツブルクによる、ハイドンのディヴェルティメント3曲とオルガン協奏曲など2曲の協奏曲をあわせたアルバム。これぞハイドンの音楽の楽しみといわんばかりの演奏。腕利き奏者の集まりに違いありませんが、音楽のフォルムにこだわった精緻な演奏ではなく、音楽とは素朴なものであると言わんばかりの、実にくだけた演奏。前半の曲は大きな造りでグイグイと聴かせると思って聴いていると終盤は繊細な面ものぞかせ、聴くものを飽きさせません。選曲といい、演奏といい、まさに玄人好みのアルバムです。評価は真ん中に置かれたディヴェルティメントHob.II:16が[++++]、他は[+++++]とします。このアルバムも現在では入手が難しい貴重なものとなってしまっていますね。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ディヴェルティメント 誕生日 古楽器 オルガン協奏曲

シェーンブルン・アンサンブルのディヴェルティメント集(ハイドン)

ちょっと仕事やら飲みやらで間が空いてしまいました。

Schonbrunn.jpg
HMV ONLINEicon

シェーンブルン・アンサンブル(Schönbrunn Ensemble)の演奏による、ハイドンのディヴェルティメント3曲(Hob.II.11、II.D8、II:1)、ミヒャエルハイドンのディヴェルティメントハ長調の4曲を収めたアルバム。収録は1995年2月、オランダのユトレヒトでのセッション録音。レーベルは蘭GLOBE。

このアルバム、いつものように湖国JHさんから貸していただいているもの。ハイドンのディヴェルティメント集は音楽の楽しみを知った人こそのんびりと聴いて楽しめるものです。ハイドンと言えば交響曲に弦楽四重奏曲、そしてオラトリオやミサ曲が有名ですが、若い頃に書いたディヴェルティメントなども、実にいい曲が多く、収集欲をそそられます。私同様ハイドンマニアでいらっしゃる湖国JHさんの貴重なコレクションということで、楽しみをわかるものが食指をそそられるアルバムと言う感じです。つまり、一般的にはマイナー盤という位置づけであると言いたい訳です(笑)

演奏者のシェーンブルン・アンサンブルは、ウィーンのシェーンブルン宮殿のイメージからオーストリアの団体だと思っていましたが、オランダの団体。彼らのウェブサイトは、Ensemble Schönbrunn Amsterdamとなっており、最近はアムステルダムという地名をつけているようです。

Ensemble Schönbrunn Amsterdam

設立は25年以上前で、フレスコバルディからドビュッシーという幅広い時代のあまり知られていない曲を演奏するというのが彼らのスタイルのようで、リリースされているCD14点を見ると、まさにマイナー曲ばかり。その中にハイドンが2点あり、そのうちの1枚がこのアルバムです。これだけマイナー好みな団体ということで、非常に気になり、残りの1枚のハイドンのフルート三重奏曲集も注文し、入手済みです。やはりマイナー盤には目がありません(笑)

今日取り上げるアルバムの曲をよく見てみると2曲目のHob.II:D8と言う曲、手元の所有盤リストやハイドンマニアの聖書、大宮真琴さんの「新版ハイドン」にも記載がありません。ライナーノーツを見てみると、この曲、バーゼル大学図書館に保管されている作者不詳の18世紀の楽譜がもとになっており、1958年、ヘルマン・シェルヘンによってフルートと弦楽合奏のためのディヴェルティメントとして出版されたもので、ハイドンの作と考えられてきましたが、現在では真作とはみなされていないものでしょう。曲を聞くとメロディーの美しさと展開はなかなかいいのですが、構成にハイドンらしい閃きが欠けているような気がしなくもありません。ということで今日はハイドンの作曲と明らかになっている2曲を取りあげることとします。

Hob.II:11 / Divertimento "Der Geburtstag" 「誕生日」(6 Qurtette fur Flote, Violine, Viola und Violincello Op.5 Nr.6) [C] (c.1763)
ハイドンのディヴェルティメントでは有名な曲。フルート、オーボエ、ヴァイオリン×2、チェロ、コントラバスと6声のディヴェルティメント。シェーンブルン・アンサンブルの演奏は古楽器としては自然な音色で、落ち着いた演奏。適度にキビキビ感もあり曲の面白さを素直に味わう事ができます。録音も自然で鮮明。コントラバスの低音がリアルに響きます。1楽章のプレストは軽快、2楽章はハイドンらしい穏やかなかにも陰りを感じる静かなアンダンテ。そしてまさにハイドンらしい展開の要のメヌエットとつづきます。このメヌエットで楽章間にクッキリとコントラストがついているのを印象づけ、ディヴェルティメントの面白さをうまく演出しています。フィナーレはハイドン存命時に流行った夫婦という有名な歌のメロディーをもとにした変奏曲。奏者はそれぞれ腕利き揃いらしく、一貫して穏やかな音楽ながらメロディーがクッキリ浮かび上がります。最初は落ち着いていたものの、変奏がヴァイオリンのソロになったあたりから奏者も少し表現に力が入り、変奏の面白さに耳を奪われるようになります。ハイドンの機知に富んだ音楽の面白さの極致。曲の流れに応じての盛り上げ方が非常に上手いですね。

Hob.II:1 / Cassatio [G] (c.1755)
前曲よりも遡ってハイドンが20代前半の作曲によるディヴェルティメント。前曲と同じ編成による6声のディヴェルティメント。変わらず落ち着いた入り。アレグロを軽快にこなして行きます。古楽器の音色を素直に活かした演奏ですが、集中して聴くとかなりメリハリをつけているので、メロディーラインがクッキリと浮かび上がっていることがわかります。シェーンブルン・アンサンブルの演奏、穏やかにはじまり、要所で盛り上がるというのがわかっているので、つづくアンダンテ・モデラートのはじまりの素っ気なさは逆に期待を煽ります。徐々に伸びやかさが増して来て、ゆったりとした雰囲気に呑まれるようになります。ヴァイオリンの音階が静かに響き渡り、他の楽器が溶け合うように迎える、穏やかな掛け合い。感情の高ぶりはなく、平常心で音楽を楽しむ粋なひと時。技巧ではなく響きの美しさというか、余韻の美しさに聴き入るような演奏。三昧の境地ですな。メヌエットはチェロの聴かせどころを挟んでささっと駆け抜けます。そしてフィナーレはこちらも変奏曲。実に聴き応えのある穏やかなメロディー。ハイドン弱冠20代にしてこの冴えに驚きます。楽器の音色の本質を捉えたメロディーの受け渡し。それぞれの楽器がどう響くと美しいのかを完全に掌握して曲を書いています。シェーンブルン・アンサンブルは完璧な演奏でハイドンの静かな狂気を描いていきます。この変奏の見事さは筆舌に尽くし難い。いやいや、このような小曲でこれほどの冴え。音楽の喜びがすべて詰まっているような充実感。参りました。

シェーンブルン・アンサンブルのディヴェルティメント集。はじめて聴く団体でしたが、マイナー曲を好んでレパートリーとしているだけあって、曲の真髄をとらえた音楽の深さは流石の実力ですね。ハイドンの小曲に描かれた音楽の素晴しさを残さず描ききっています。室内楽好きの方、必聴の素晴らしさです。心の中にじわりと幸福が満ちてくるような素敵なアルバムです。ハイドンの2曲の評価はもちろん[+++++]です。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ディヴェルティメント 誕生日 古楽器

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:37古楽器LPフルート三重奏曲オーボエ協奏曲ロッシーニドニぜッティライヒャピアノソナタXVI:34ピアノソナタXVI:48弦楽三重奏曲ディヴェルティメントひばり皇帝ピアノソナタXVI:20ピアノ協奏曲XVIII:3シェーンベルクミューザ川崎ストラヴィンスキー東京芸術劇場マーラーチェロ協奏曲東京文化会館交響曲102番ロンドン軍隊時計フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:32ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:31ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:268人のへぼ仕立屋に違いないモンテヴェルディパレストリーナ東京オペラシティタリスバードアレグリすみだトリフォニーホール天地創造ライヴ録音ピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6アンダンテと変奏曲XVII:6交響曲1番ヒストリカル告別交響曲97番美人奏者ピアノソナタXVI:39四季交響曲70番交響曲12番迂闊者太鼓連打ピアノ協奏曲XVIII:4ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンSACDバリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーベートーヴェンモーツァルトシューベルトピアノソナタXVI:38交響曲67番哲学者交響曲80番ラメンタチオーネピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲46番交響曲35番協奏交響曲ヴァイオリン協奏曲DVDピアノソナタXVI:52交響曲47番十字架上のキリストの最後の七つの言葉テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:40アリエッタと12の変奏XVII:3サントリーホール帝国ラ・ロクスラーヌハイドンのセレナード弦楽四重奏曲Op.76ピアノソナタXVI:51ピアノソナタXVI:50五度ラルゴピアノ三重奏曲弦楽四重奏曲Op.64日の出ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1リヒャルト・シュトラウス騎士弦楽四重奏曲Op.74交響曲17番ピアノソナタXVI:27ピアノソナタXVI:1シベリウス武満徹交響曲4番時の移ろい無人島交響曲42番ベルリンフィルホルン信号交響曲19番弦楽四重奏曲Op.55弦楽四重奏曲Op.54交響曲87番交響曲86番王妃トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:29驚愕ピアノソナタXVI:10リュートピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6ピアノ五重奏曲チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナアレルヤピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲78番交響曲79番交響曲81番交響曲99番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードカノンドイツ国歌モテットオフェトリウムスタバト・マーテルピアノソナタXVI:42弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルクラヴィコードアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルクブーレーズ交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノショスタコーヴィチ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲悲しみリーム交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10奇跡交響曲77番交響曲18番交響曲34番温泉フルートソナタ交響曲98番ドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生交響曲93番ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bis音楽時計曲ピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストピアノソナタXVI:14オーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:12変奏曲XVII:7ピアノソナタXVI:22オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノピアノソナタXVI:2ヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場マリア・テレジア裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番小オルガンミサ大オルガンミサ新橋演舞場交響曲10番交響曲5番サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CDドビュッシー交響曲28番交響曲13番交響曲95番交響曲108番交響曲107番交響曲62番変わらぬまことジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲9番交響曲2番交響曲3番スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番ニコライミサ交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽Blu-ray狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
121位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
8位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ