【番外】新潟温泉紀行-2

夕方4時頃、無事宿に到着。

IMG_1687.jpg

越後長野温泉:嵐渓荘(らんけいそう)

自分で予約した訳ではなかったので、行ってから気づきましたが、日本秘湯を守る会の温泉でした。日本秘湯を守る会の宿にはずいぶん泊まってますが、ここ1年くらい泊まってません。以前は川向こうの吊り橋が駐車場で、現在の駐車場は旅館の裏側にあたるんですが、裏口と感じさせない動線設計が巧みです。駐車場から車を降りるとすぐに日本秘湯を守る会の提灯があり、奥の水車と水の流れが自然に玄関への動線を誘います。

日本秘湯を守る会

IMG_1690.jpg

飛び石にそって小川沿いを進みます。小川のせせらぎを眺めているだけで心が和みます。奥には水車がまわるのが見えます。

IMG_1705.jpg

こちらが正面からの嵐渓荘の勇姿。大正時代の料亭を移築した建物とのこと。今日の部屋はまさにこの建物の3階。楽しみですね。庭にはいろいろな草花が咲き誇ってました。緑と花が美しい季節ですね。

IMG_1694.jpg

玄関から入ってチェックイン。いつも宿帳を書くのが面倒だと思っていたんですが、ここはきれいな字で既に名前や住所が書かれており、内容を確認してくださいといわれてチェックするだけでした。素晴らしいサービスですね。宿についてフロントで字を書くより早くのんびりしたいのがお客さんの心理というもの。ネットで情報はすべて入力してありますので、いわば無駄な作業だったわけですね。他の旅館も見習ってほしいものです。
写真は玄関脇の書と大皿。皿は直径1メートルはあろうかという大物。老舗旅館のには不可欠な飾りでしょう。

部屋に案内されて一休み。庭園を一望できる眺めのいい部屋でした。おちついたところで館内、庭園を散策。

IMG_1695.jpg

さきほど見えた庭の水車。何かにつながっているかといえば、ただ水車がまわっているだけ。粉挽きとはいかずとも、省電力の現在、発電機でもつなげばエコになるんじゃないでしょうか。

IMG_1700.jpg

庭園から吊り橋を渡って、対岸、昔の駐車場からみた本館の姿。こちらが正面になる設計なわけですね。小さな吊り橋ゆえ、わたるとゆらゆらゆれて風情があります。多くのお客さんが吊り橋を渡って散策をたのしんでいるところを見ると、現在は機能的にはなくてもいいものですが、この旅館のイコンになっているんですね。吊り橋と水車の宿というわかりやすいキャッチも差別化のためには必要なものでしょう。

IMG_1707.jpg

再び本館前にもどると生け垣に白い花が美しい鉄仙(クレマチス)が咲いていました。微風で花が揺れていましたが、止まって写ってました、よかった。

IMG_1710.jpg

売店でエチゴビールを買って部屋にもどり部屋でまた一服。今日はもちろんもう車には乗りませんので、心置きなくビールを楽しめます。エチゴビールは新潟市に工場がある地ビール第一号地ビール。おいてあった缶は白い色のビアブロンドというもの。エール酵母とアロマホップによる香り重視のビール。冷えたグラスがあれば良かったんですが、それは贅沢ですね。

一休みしてビールで喉を潤したので、一風呂行きます。まずは大浴場へ。大浴場の写真はないんですが、お湯はかなりの塩分。ちょっとなめると少し香りのある塩っぱいお湯。石造りの湯船には大量の湧出物がこびりついています。そうとう濃いお湯。入ってみると40度少しの温めのお湯。肌あたりは柔らかく、少しつるつるします。露天風呂に移ると、湯温がさがりいつまででも入ってられる温度。夕方といってもまだ陽が高く微風もきもちいのでのんびり露天を楽しみました。

IMG_1711.jpg

大浴場を上がると、予約しておいた貸し切り風呂の用意ができたと連絡が入りました。この宿は貸し切り風呂が4つもあるんですが、番頭さんおすすめの一番奥の石組みの露天風呂のあるもの。こちらは露天風呂。

IMG_1712.jpg

こちらが貸し切り風呂の内風呂。やはり露天の方が気持ちがいいですね。大浴場よりも温泉の鮮度と濃さは上の感じです。ただ露天風呂は掃除が行き届いてません。湯船の中の石には苔がはえてましたので、お湯お抜いての掃除はあまりしていない感じです。お湯は極上なのに惜しいところです。近くの川のせせらぎを聞きながらのんびり露天風呂でボーッとする極上のひと時。この宿はロケーション、庭園、雰囲気は非常にいいですね。

IMG_1716.jpg

30分ほど貸し切り風呂を楽しんだあと、バーカウンターに番頭さんがいましたので、ビールを注文。銅のたたき出しのグラスにつがれたハートランドビール。ほどよく冷えて、温泉で水分の失われた体に染み渡ります。夕食までのあいだ、ロビーで景色を楽しみながらのんびり過ごしました。

さて、やおら夕食に。料理自慢の宿とのことなので期待が高まります。机の上には名前入りのフルコースメニューのお品書き。

IMG_1718.jpg

最初は山菜づくし。これはいいですね。葉ワサビ、ふき、わらびのほかニシンと合えたものなどが小皿、小鉢に並んでます。山菜の微妙な味のハーモニー。少しずつですが、めくるめく味の変化。もちろん日本酒を頼まない訳にはまいりません。

IMG_1721.jpg

お酒はいろいろあるんですが、頼んだのは地元三条市の越後平野という純米酒。蔵元は福顔酒造という名前。美味しかったのでついでにホームページのリンクを張っておきましょう。

福顔酒造ホームページ

お酒は地元のものを楽しむのが一番。新潟と言うと銘酒の宝庫ですが、こう言った機会でもないと三条市のお酒を楽しむきっかけはなかったと思いますので、良かったと思います。

IMG_1720.jpg

そして絶品だったのが鯉の洗い。氷で良く冷えて臭みなく歯ごたえの良い鯉。新鮮なものは美味しいですね。これは今まで食べた鯉のなかでも抜群の美味さでした。もちろん日本酒が進みます。

IMG_1724.jpg

それから山菜と海老の天ぷら。山菜の天ぷらは山菜料理の定番でしょうが、やはり抜群の食感。海老は衣が香ばしくてなかなか。

IMG_1726.jpg

そして名物の焼いた石で炙る牛肉。焼いた石に牛肉をのせるとジュッという音がして、食欲中枢に刺激を与えます。石にのせるとくっついちゃうんですが、うまく裏返すと表面が白く焼けて適度に火が通っていい感じの焼け具合になります。肉も脂っぽくなくて牛肉の旨味が良く引き出されます。
このあとなぜかロブスターのアメリカンソースという一品だけ激洋風の皿がつきますが、お客さんの好みのバリエーション対策で出しているんでしょう。面白い構成ですが、なくてもいいという声も多いんじゃないかと思います。確かに豪華な感じはしますね。

IMG_1729.jpg

最後はフキのかかったご飯とお吸い物。

IMG_1730.jpg

そして、自家製の杏仁豆腐。お腹いっぱいです。料理自慢の宿らしくいい夕食でした。やはり最初の山菜づくしが日本人のDNAに刷り込まれた五感に訴える素晴らしさ。山菜に様々な味つけて楽しむ山間の暮らしの豊かさを実感することができました。

もちろん、夕食後も温泉につかりリラックス。いい一日でしたね。まだつづきます。

テーマ : 温泉♪
ジャンル : 旅行

tag : 温泉 飲み食い

【番外】山梨温泉紀行

今日は天気がよかったので、温泉めぐりに出かけました。最初は越後湯沢に行こうと思ったのですが、ゴールデンウィークの高速は朝から混んでましたので、急遽行き先変更です。最近は圏央道と中央高速がつながったので、国立府中で中央高速に乗って、八王子ジャンクションあたりで込み具合を判断して、行き先を柔軟に決めちゃいます。

今日は朝6:30過ぎに出たんですが中央高速に乗ると八王子までと、八王子から談合坂あたりまで、ちょろちょろ渋滞。流石ゴールデンウィークということで、遠出はやめて、近くの山梨に行き先変更。山梨でまだ未踏の有名どころの温泉といえば、、、

IMG_1513.jpg

そう、絶景で有名な「ほったらかし温泉」です。勝沼インターまで一気に走って、インターを降りたあと笛吹川フルーツ公園を目指します。看板にはフルーツ公園のなかを突っ切って進むとありますので、立派な公園の中を進んでいくと公園が終わり、山道に。何やら寂れた感じになってきます。ふと見ると、ちょっと怪しい雰囲気の看板が!

IMG_1517.jpg

ほったらかし温泉公式ホームページ

フルーツ公園から車で5分くらい山道を上ったところにありました。まだ8:30過ぎなんですが駐車場は車がもうそこそこ来てます。なんとこの温泉、日の出の1時間前から営業しているとのこと。湯船から朝日を拝めるわけですね。

IMG_1515.jpg

朝からやっているのは2つある露天風呂のうち「あっちの湯」と呼ばれる方。「あっちの湯」の脱衣所から外に出るとまさに絶景。まだ早い時間だったのでゆったり入れます。いっしょに着替えてたおじさんは、脱衣所から外に出ると、なんと湯に入らずデッキに座り込んでまずは日を浴びてのんびり。なかなかの作法です。これはすぐ湯に入るのは無粋と、デッキにあぐらをかいて太陽風を浴びます。目の前に頭を出した富士山。眼下に甲府盆地。微風がきもちいいですね。

お湯は無色透明で温めですが、アルカリ性温泉らしく肌をこするとヌルヌル感があり良いお湯。景色をみながらのんびりお湯につかって極上の気分。流石人気の温泉だけあります。広大な駐車場がありますので、休日の午後などは込むんじゃないかと思います。空いた時間に行くのがおすすめですね。

IMG_1516.jpg

ほったらかし温泉のトイレの脇に山桜が。桜も終わりの季節ですがやはり良いものですね。ゆったり温泉につかっていい気分ですが、まだ時間が早いのでもう一軒行きます。

IMG_1528.jpg

山梨市営の皷川温泉です。ほったらかし温泉から車で30分くらい。少し山奥に入ります。ほったらかし温泉のまわりは桃畑もあるんですが桃の花は終わってました。この辺りまで上ってくると周りに桃畑がありますが桃の花がまだ残ってます。近くなんですが高度が違うせいで季節が変わりますね。

IMG_1519.jpg

これは皷川温泉の駐車場の脇に咲く八重桜。

IMG_1523_20110430210537.jpg

駐車場には秩父裏街道と書かれた地図が。なにやらいわくありげです(笑)
皷川温泉はこちらも温めのお湯で、露天風呂にのんびり浸かってしばし一息。町営だけあって掃除が行き届いてますが、ゴールデンウィークにもかかわらず空いてました。泉質や設備は悪くありませんが、眺望など目玉がありません。こうゆう田舎の温泉に毎日浸かることができるのは幸せですが、温泉が永続してもらわなければなりません。町の人、もう少し集客のことを真剣に考えた方が良いと思います。

早くも2軒の温泉に浸かったため、適度にお腹が減ってきました。

少し道をもどって、道の駅に。

IMG_1533_20110430212012.jpg

道の駅牧丘。ここで地元の舞茸とか椎茸、トマトなどを買いました。向に2軒のほうとう屋さんがありますが、こうゆうときは地元の人に聞くに限ります。美味しいのはどちらか、、、回答に従ってお店に。

IMG_1541.jpg

食べログ:富士見茶屋いろり

道の駅のはす向かいのお店。幸い11:30ということで空いていました。店員さんにたずねて、とろろ蕎麦と巨峰おざらなるものを注文。おざらはほうとうの冷やしたものとのことですが、巨峰を練り込んだ地元の特産品との説明を受け注文。いままでほうとうとかおざらはあまりいい経験はなかったんですが、このおざらは美味しかった!

IMG_1538.jpg

こちらがとろろ蕎麦。

IMG_1539.jpg

そしてこちらが嫁さんが頼んだ、巨峰おざら。巨峰が練り込んであるとのふれこみですが、巨峰の味はあまりせず。ただし麺の味と、味噌味のつけ垂れが良い感じ。ほうとうもおざらもいままであまり美味しいと思ったことはありませんでしたが、なかなかいい味でした。

お腹もみちたところで、雁坂トンネルの方に進んだ方の三富温泉白龍閣へ。

IMG_1548.jpg

この温泉、実は10年以上前に一度はいったことがあります。

三富温泉白龍閣
国道140号、通称雁坂みち沿いの温泉。笛吹川沿いに建つ古い温泉旅館です。道沿いが4階とのことで、エレベーターで1階に下りてお風呂に。こちらはこれまでの温めのお風呂よりすこし温度が高いお風呂。それでも温めですが気持ちの良い泉質。露天風呂からは笛吹川上流の緑の渓谷が望める抜群のロケーション。

IMG_1544.jpg

こちらは国道から見下ろした渓谷の風景。ロケーションはなかなか良いんですが、古びた旅館故掃除が行き届いてなかったりというところは以前と同じ。まあ、鄙びた温泉を楽しむという意味では良い温泉です。これで今日3つ目の温泉。ここから雁坂トンネルを抜けて秩父側に出るという選択肢もあったんですが、帰りの渋滞を考えて引き返します。このあたりで入ったことのない温泉ということで探したのが次の温泉。

IMG_1551.jpg

こんどは、石和温泉に近い方まで戻った住宅地のなかにぽつんとある、正徳寺温泉初花。

正徳寺温泉初花

IMG_1553.jpg

かなり奥まったところにある温泉にも関わらず、駐車場には沢山の車が。人気の温泉のよう。駐車場、建物の周りには綺麗に手入れされた花木が沢山。人気があるのも納得です。

IMG_1549.jpg

入ってみると、この辺りの温泉に特有のヌルヌル感溢れるアルカリ性の温泉。源泉は36度と温めで、内風呂は源泉そのままと加温して暖かめのお風呂、そして露天は源泉そのままのようで、温めのお風呂でゆったりリラックスできます。このお風呂は手入れが行き届いて清潔感抜群。これはいいですね。しばし温めの露天で居眠りしたくなるような至高のひと時。ドライブ疲れも癒されます。人気が頷けますね。

ここに入った時点でまだ、帰るには余裕の時間でもあり、お土産などを買うため、勝沼のぶどうの丘に。こちらにも絶景のお風呂があります。今日最後、5つ目のお風呂です。

ぶどうの丘:天空の湯

こちらもこの辺り特有のヌルヌル感のあるアルカリ性の温泉。以前ワイナリー見学ツアーに来たときに入ってよかったので再訪。以前の記事はこちらをご覧ください。

2010/08/21 : 旅行・温泉巡り : 勝沼へワイン&温泉紀行

こちらはこれまでのなかで最もアルカリ性が高いのか一番ヌルヌル感があります。流石に人気の観光スポット故カルキ臭がしますが、お湯は悪くありません。露天風呂はこちらも丘の上から甲府盆地が一望できる素晴らしい眺望。ふと見ると朝一番で入ったほったらかし温泉の下にある笛吹川フルーツ公園の丸い大きな温室が向の山の中腹に見えるではありませんか。今日は甲府盆地のあちこちの温泉5湯を巡りましたが、どれも良いお湯でした。

お土産にワインやらまんじゅうやらを買い込んで、3時半には帰宅の途に。幸い帰りの高速は激しい渋滞には見舞われず、夕方には東京に帰ることができました。

今日は月末、恒例のHaydn Disc of the Monthですが、私の49歳の誕生日でもあります。帰ってまた酒盛り(笑)
それゆえ、Haydn Disc of the Monthは月内に間に合いません(笑)。明日書きます!

テーマ : 温泉♪
ジャンル : 旅行

tag : 温泉 飲み食い 蕎麦

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
スクロールできます。

モーツァルトベートーヴェン東京オペラシティシューベルトヒストリカルピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:31LPアンダンテと変奏曲XVII:6交響曲67番交響曲80番ライヴ録音哲学者ラメンタチオーネピアノソナタXVI:24美人奏者交響曲51番交響曲35番交響曲46番ピアノ協奏曲XVIII:11ピアノ協奏曲XVIII:3ピアノ協奏曲XVIII:4古楽器協奏交響曲ヴァイオリン協奏曲天地創造ピアノソナタXVI:52ピアノソナタXVI:49ファンタジアXVII:4交響曲47番ピアノソナタXVI:48十字架上のキリストの最後の七つの言葉テレジアミサピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:34ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:28バリトン三重奏曲アリエッタと12の変奏XVII:3ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:20サントリーホールラ・ロクスラーヌ帝国皇帝ハイドンのセレナード弦楽四重奏曲Op.76ピアノソナタXVI:51ピアノソナタXVI:50ラルゴ五度四季交響曲1番ピアノ三重奏曲ひばり弦楽四重奏曲Op.64日の出チェロ協奏曲ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:44東京芸術劇場ピアノ協奏曲XVIII:11ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.33軍隊リヒャルト・シュトラウス弦楽四重奏曲Op.74騎士弦楽四重奏曲Op.20交響曲17番ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:27アンダンテと変奏曲(XVII:6)弦楽四重奏曲Op.103シベリウス武満徹マーラー交響曲4番交響曲42番時の移ろい無人島ベルリンフィル告別ホルン信号交響曲19番弦楽四重奏曲Op.55弦楽四重奏曲Op.54王妃交響曲87番交響曲86番弦楽四重奏曲Op.9フルート三重奏曲トランペット協奏曲スコットランド歌曲集ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:25驚愕時計ロンドンピアノソナタXVI:10ピアノ協奏曲XVIII:6ディヴェルティメントピアノ五重奏曲チェチーリア・ミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナアレルヤピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6ホルン協奏曲ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲81番交響曲79番交響曲78番交響曲99番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードドイツ国歌カノンモテットオフェトリウムピアノソナタXVI:37スタバト・マーテルピアノソナタXVI:42弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルクラヴィコード弦楽四重奏曲Op.17太鼓連打交響曲102番太陽四重奏曲アダージョXVII:9交響曲70番受難ピアノソナタXVI:35パリセット交響曲84番イタリアンベルクブーレーズピアノソナタXVI:6交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアチェチーリアミサピアノソナタXVI:41スクエアピアノスコットランド歌曲ショスタコーヴィチ交響曲57番交響曲68番ビールタイ料理オーボエ協奏曲リラ・オルガニザータ協奏曲悲しみSACDパリ交響曲集ラーメンリーム交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還清水スタバトマーテルホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10ヴァイオリンとピアノのための協奏曲XVIII:6奇跡交響曲97番交響曲34番交響曲77番交響曲18番ストラヴィンスキー温泉ロープウェイ日本酒フルートソナタ長野ワイン蕎麦DVD交響曲98番ドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生交響曲93番ピアノソナタうなぎ和食旅館シングルモルトうどんダムカートリッジ雅楽そばプロコフィエフヘンデル英語によるカンツォネッタ集サン=サーンス交響曲36番リストシェーンベルクピアノソナタXVI:14オーディオバリトン二重奏曲ピアノ協奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番ピアノ三重同曲迂闊者パスタ洋食諏訪国立劇場歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47第九読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサほうとう国立西洋美術館焼肉ジャズネルソンミサ横浜弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番聴き比べピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:43カフェフレンチ古楽器風カレー東急文化村ノットゥルノピアノソナタXVI:2ヴェーベルンまたはオルフェオとエウリディーチェ哲学者の魂ライヴappleiMac府中の森芸術劇場鹿児島料理裏切られた誠実マリア・テレジアバリトン五重奏曲音楽時計曲ハイドン入門者向け焼酎居酒屋歌曲ピアノソナタXVI:G1ピアノソナタXVI:11ピアノソナタXVI:8散歩ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ定食ファリャお寺モルトインド料理交響曲56番マリアテレジア交響曲27番2つのホルンのための協奏曲トランッペット協奏曲外食自宅料理展覧会中華ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集とんかつウイスキー焼き鳥シャンゼリゼ劇場8人のへぼ仕立て屋に違いない弦楽四重奏曲Op.2皇帝讃歌交響曲24番小オルガンミサ大オルガンミサCDラックiPhone新橋演舞場交響曲5番交響曲10番ポルトガル料理赤坂ACTシアター演劇テ・デウムサルヴェ・レジーナ日帰り温泉喫茶狛江インドネシア料理カッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理ギネス国立新美術館高音質CD剃刀庭風景狛江のお店ピアノとヴァイオリンのための協奏曲ドビュッシーネパール料理交響曲28番交響曲13番交響曲95番変わらぬまこと交響曲62番交響曲108番交響曲107番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲9番交響曲3番交響曲2番スカルラッティ府中のお店映画声楽曲カンタータ牛タン戦時のミサルテアトル銀座ヴァイオリンとオルガンのための協奏曲珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコード中華料理マーキュリージャケット買い管弦楽曲お宅訪問Mac室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番焼き肉冷麺韓国料理飲み食いギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤン弦楽三重奏曲テレビ番組スウェーリンク書籍セル交響曲12番交響曲65番ニコライミサ交響曲71番ハイボールアプラウステンシュテットピアノソナタXVI:13アーノンクールピアノ小品ラトル魂の歌海鮮寿司仙台グルダヤナーチェクモンゴル料理現代音楽ワールドカップクロノス・クァルテットノンサッチ長岡鉄男リュートマイケル・ジャクソンBlu-rayiPad狩りショップピアノ曲アップルのめり込んだ経緯

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2016年9月のデータ(2016年9月30日)
登録曲数:1,361曲(前月比+3曲) 登録演奏数:9,608(前月比+87演奏)
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
95位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
4位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ