ジョン・ネルソン/オランダ放送室内フィルの「天地創造」(ハイドン)

久々の映像ものです。しかもこれがなかなか良い。

JohnNelsonCreation.jpg
TOWER RECORDS / amazon(別装丁盤) / ローチケHMVicon

ジョン・ネルソン(John Nelson)指揮のオランダ放送合唱団(The Netherland Radio Choir)、オランダ放送室内フィルハーモニー管弦楽団(The Netherlands Radio Chamber Ohilharmonic)の演奏で、ハイドンのオラトリオ「天地創造」のライヴ映像を収めたDVD。収録は2010年6月、オランダのアムステルダム近郊の五稜郭のような要塞都市ナールデン(Naarden)のナールデン大聖堂でのコンサートのライヴ。レーベルはEUROARTS。

天地創造をとりあげるのは久しぶりです。しかも今回は映像。前からちょっと気になっていたアルバムですが、入手していないことに気づき手に入れました。指揮者もオケもなじみのないものでしたが、同じ組み合わせでバッハのマタイ受難曲、ロ短調ミサやベートーヴェンのミサ・ソレムニスなどもセットになった宗教音楽集バージョンもリリースされているなどかなり本格的な内容。また天地創造の歌手は一流どころが揃っており、期待できそうな予感がありました。歌手は下記のとおり。

ガブリエル:リサ・ミルン(ソプラノ)
ウリエル:ウェルナー・ギューラ(テノール)
ラファエル:マシュー・ローズ(バリトン)
エヴァ:ルーシー・クロウ(ソプラノ)
アダム:ジョナサン・ベイヤー(バス)

指揮者のジョン・ネルソンは1941年、アメリカ人の両親のもと、コスタリカで生まれ、シカゴ近郊のホィートン・カレッジ(Wheaton College)、ニューヨークのジュリアード音楽院で学び、1976年から87年までインディアナポリス交響楽団の音楽監督、1985年から88年までセントルイス歌劇場の音楽監督、以後91年まで首席指揮者、1983年から90年まではニューヨーク州カトナーのカラマー国際音楽祭の音楽監督などを歴任。欧米の主要オケへの客演履歴も豊富で、欧米では知られた人のようです。1998年はら2008年までパリ室内管弦楽団の音楽監督。現在はパリに住み、古典的な宗教曲の普及や合唱指揮などで活躍しているとのこと。一連のDVDは最近の活動の記録ということでしょう。

このDVDを記事に取り上げたということは、もちろん演奏が良いからに他なりません。

Hob.XXI:2 "Die Schöpfung" 「天地創造」 (1796-1798)
冒頭のメニュー映像は美しい要塞都市のナールデンの空撮映像から始まり、演奏会場となったナールデン大聖堂が素晴らしいロケーションにあることがわかります。大聖堂といっても十字のプランをもつゴシック様式の聖堂で小規模なオケと合唱で聖堂の半分がうまり、奏者と観客がほぼ同人数という規模。もちろん天井は高く石造りのため残響は豊かですが、鑑賞に問題があるほどではなく、録音は上手く処理しています。映像はカメラに動きがあってかなり凝ったもので、美しい聖堂でのコンサートを十分活かしたもの。
第1部のはじまりから、堅実な手腕でネルソンがオケをコントロールしていきますが、オケはまったく乱れを見せず、かなりの腕前揃いとみました。オケの規模の割に迫力は素晴らしく、タイトに引き締まっていい演奏。そしてコーラスも大聖堂に響きわたる迫力があり、オケとコーラスのコントロールは流石なところ。なにより素晴らしいのが歌手陣。最近では珍しい、5人構成でガブリエルとエヴァ、ラファエルとアダムはそれぞれ2人づつ設定されますが、ラファエルのマシュー・ローズが図太く鋼のような響きで存在感十分。ラファエルは天地創造の演奏の要だけに、この演奏の大きなポイント。ウリエルは古楽での登場が多いウェルナー・ギューラでしなやかな歌唱。そしてガブリエルのリサ・ミルンは可憐というよりよく響く声で迫力十分。ガブリエルのアリアの表情の豊かさはかなりもの。この3人の素晴らしい安定感がこの演奏の魅力の一つですね。そして聴き進むうちに、ネルソンの棒がオケをグイグイ引っ張り、ライヴらしい素晴らしい高揚感を表出していきます。盛り上げどころを心得た煽りが実に的確。オケも見事にそれに応え、第1部の終盤から小規模オケながら怒涛の高揚感に包まれます。そしてこうしたところでのコーラスの分厚いハーモニーが大聖堂に満ちていく幸福感。オケもコーラスも渾身の演奏でクライマックスを迎えます。

第2部は名曲の宝庫。ガブリエル、ラファエル。ウリエルともに聴かせどころを見事な歌唱でこなし、ネルソンはこんどはじっくりと歌手を支える側にまわって堅実な伴奏に徹します。速めのテンポで曲を進めるので見通しよく進め、第2部が間延びすることなく、美しい曲が代わる代わる響きわたるネルソンの酔眼。

第3部に登場するエヴァとアダムは如何にと思って聴き始めると、最初のウリエルのウェルナー・ギューラのあまりに見事な歌唱といままでで一番艶やかなオケの演奏に耳を奪われます。エヴァのルーシー・クロウは高音の透明感が素晴らしい歌唱。そしてデュエットの相手のアダムのジョナサン・ベイヤーもキリリと引き締まった硬質な声でいいアンサンブル。オケも曲の流れに乗って包み込むように歌手を支えます。ネルソンはかなり丁寧に指示を出して曲をまとめていきます。2つ目のアダムとエヴァのデュエットのなんという癒しに満ちた入り。デュエットも天上の歌声のよう。特にルーシー・クロウの声の抜けるような美しさは素晴らしいですね。そして終盤に差し掛かると大きなうねりの波に乗りながらも細かい指示で全メンバーのまとめて曲の大きな渦に乗せていきます。ハイドンが晩年に全精力を傾けて書いた名曲のすばらしさが圧倒的な高揚感のなかに浮かび上がります。そして終曲の冒頭の力みなぎる響きから、フーガのようにメロディーが繰り返されクライマックスへ。ネルソンは最後まで集中してオケとコーラスに指示を出しながら頂点を目指します。最後は神々しさを交えた響きに至り終了。大聖堂に暖かい拍手が満ちました。全員がスタンディングオベイション。この日の会場にいた観客は幸福感につつまれたでしょう。

ジョン・ネルソンという未知の指揮者による天地創造のライヴ。映像作品としてはコンサートの模様を丁寧に収録し、当日のライヴを見ているような感動を味わうことができる素晴らしいプロダクションです。歌手、コーラス、オケともにレベルが高く、しかも天地創造の演奏としては理想的なロケーションでのコンサートで、映像作品としては非常に楽しめるものに仕上がっています。演奏だけをとればこれより上の演奏もありますが、これはこれで貴重なもの。評価は[+++++]とします。オススメです!
惜しむらくはBlu-rayではないこと。ハイヴィジョン映像に慣れた現代の視聴環境にDVDの品質はちょっと難ありといったところでしょう。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 天地創造 DVD

マルカンドレ・アムランのXVI:31ライヴ(ハイドン)

今日はDVDです。音楽は目でも聴くとの啓示に触発されて(笑)

HamelinDVD.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

マルカンドレ・アムラン(Marc-André Hamelin)のピアノによる2007年ルール(Ruhr)ピアノ・フェスティバルでのコンサートの模様を収めたDVD。プログラムは、ハイドンのピアノソナタXVI:31、ショパンのピアノ・ソナタ第3番Op.58、ドビュッシーの前奏曲第2集など。収録は2007年6月29日、ドイツ、エッセンのフィルハーモニーでのライヴ。レーベルはEURO ARTS。

ご存知のとおり、超絶技巧で現代曲をこともなげに弾く豪腕で知られるアムランですが、ハイドンのソナタ集を3組6枚と協奏曲集をhyperionからリリースしており、ハイドンに格別の愛着をもっているようです。

2013/04/20 : ハイドン–協奏曲 : 【新着】マルカンドレ・アムランのピアノ協奏曲集
2012/05/17 : ハイドン–ピアノソナタ : 【新着】マルカンドレ・アムランのピアノソナタ集3

豪腕アムランが弾くハイドンは、リヒテルのハイドンのような人を圧倒するようなダイナミックな迫力があるわけでもなく、逆に現代音楽にも通じる静かな狂気のようなものが感じられると同時に、ハイドンの音楽の展開の妙をもさりげなく表現する余裕もあり、これもハイドンのソナタの一面を表した、本質的なものとみなしています。そのアムランのコンサートの映像ということで、期待の一枚ということでしょう。

プログラムの最初におかれたハイドンは、コンサートの幕開けにふさわしい、聴衆の脳に音楽というものの刺激と奥深さを印象づける素晴しい演奏です。

Hob.XVI:31 / Piano Sonata No.46 [E] (1776 or before)
ステージ上、ピアニストの背後におかれたカメラから客席方向に向けたカメラで、拍手に迎えられ、静かに深々と礼をするアムランの姿からはじまります。静寂からこのソナタの美しいメロディーがそよ風のように鳴り始めると、いきなりホールに音楽が満ちます。いつもの峻厳さをともなったキレ味は健在。指のアクションは動きが少なくなめるようなタッチで弾き進めていきます。紡ぎ出される音楽の可憐な美しさは例えようがありません。抑えた表情のなかに青白く光る狂気の炎。非常に大きな構造の音楽のごく一部を弾いているようなアムラン特有の雰囲気も十分。客席もコンサートの1曲目からいきなり濃密な音楽に引き込まれ、静寂の中に流れる音楽に酔いしれているよう。宇宙に輝く星雲のように曇りのない美しさ際立ちます。広いホールの全聴衆の耳がアムランのタッチに釘付け。
構えなくつづくアレグレットに。淡々と進む音楽の微妙な流れの変化がアムランの表情とともに実に鮮明に撮られています。良く聴くとそこここにアクセントやレガートが織り交ぜられて、滔々と流れる音楽に変化をあたえています。あまりの完成度にライヴであることを忘れそうですが、時折混じる咳払いでこれがコンサートであることにふと気づかされます。
フィナーレに入り、一音一音の粒立ちがクリアになり、心地よいパッセージが続きます。指は軽々と音階をこなし、アムランも余裕たっぷりで速いパッセージをこなします。小気味好い音楽を終え、会場からはブラヴォーまじりの拍手が降り注ぎます。

コンサートの冒頭に取りあげられたハイドンの短いソナタですが、流石はアムラン。軽々としたタッチから生み出される音楽はハイドンのソナタのこれまでの演奏の垢をはぎ取った純粋無垢な音楽として、そして現代にも通用するシャープなシェイプに仕立てて聴かせ、響きの織りなす綾の美しさでホールの聴衆を釘付けにする演奏でした。現代最高のハイドン演奏の一つといっても過言ではないでしょう。録音用の演奏とは異なり、コンサートでのこの精緻な演奏、表面的ではなく本質的なテクニックの高さを思い知らせる素晴しい演奏です。このハイドン1曲だけでも買う価値のあるDVDです。このあとのショパン、ドビュッシー、アンコールで演奏されるガーシュインなども素晴しい演奏。オススメです。ハイドンの評価はもちろん[+++++]とします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ピアノソナタXVI:31 ライヴ録音 DVD

ウィリアム・スタインバーグ/ボストン響の「校長先生」1969年ライヴ(ハイドン)

8月最初のレビューはDVDです。

Steinberg.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

ウィリアム・スタインバーグ(William Steinberg)指揮のボストン交響楽団の演奏で、ハイドンの交響曲55番「校長先生」、ベートーヴェンの交響曲7番、8番を収めたDVD。ハイドンの収録は1969年10月7日、ボストン・シンフォニー・ホールでのライヴ。レーベルはica CLASSICS。

ウィリアム・スタインバーグは日本ではあまり大きく露出された人ではありませんが、小澤征爾の前のボストン響の音楽監督だった人です。1989年、ドイツのケルン生まれの指揮者。早くからピアノ、ヴァイオリン、作曲の才能に恵まれ、ケルン音楽院でピアノや指揮を学び、特に指揮はヘルマン・アーベントロートに師事し、1919年に指揮で優秀賞を得て卒業しました。その後ケルン歌劇場の第2ヴァイオリン奏者となりますが、独自のボウイングのせいではなれ、クレンペラーのアシスタントになります。クレンペラーが1924年に去ると、首席指揮者となりました。1930年にはフランクフルト歌劇場の音楽監督に抜擢されますが1933年、彼がユダヤ人であったためその地位を追われました。そして、1936年に当時イギリスが統治していたパレスチナに移住し、同地でブロニスワフ・フーベルマンらと共にパレスチナ交響楽団(現イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団)を結成し、指揮者を務めることになります。戦後は1945年から53年までバッファロー・フィルハーモニー管弦楽団、1950年代にはロンドン・フィルハーモニー管弦楽団、1952年から76年までのピッツバーグ交響楽団の指揮者としての活動しましたが、ボストン響の音楽監督はミュンシュ、ラインスドロフの後を受けて、1969年から72年まで務めました。スタインバーグの後は、冒頭に触れたように小沢征爾が1973年から2002年までの29年間努めていましす。ちなみにこの29年間は歴代音楽監督のなかで最長ということです。なお、息子のピンカス・スタインバーグも指揮者として活躍しており、以前、N響を振ったハイドンのロンドンの演奏をたまたまテレビで見る機会があり、覇気に満ちた素晴しい演奏だったのが印象に残っています。

今日取り上げる映像はボストン交響楽団の演奏のテレビ放映用の映像であり、しかも1960年代としては貴重なカラー映像。ボストンのシンフォニーホールでのライヴの様子がよくわかる演奏です。

Hob.I:55 / Symphony No.55 "Der Schulmeister" 「校長先生」 [E flat] (1774)
ステージ袖からから指揮台に上がるだけで万来の拍手。片手だけで大きな独特なアクションでオケに指示を出しますが、かなり独特な指揮で、奏者はタイミングではなくアクションからテンションの指示を受けているよう。1楽章は落ち着いたテンポでキレよくハイドンの音楽の推進力を引き出して行きます。1969年当時のボストン響のメンバーは老紳士が多く、キリリと引き締まって、かなり正統派な演奏。ヴァイオリンのボウイングはテンポの厳格さの中でも伸びやかさを失いません。音楽は折り目正しさを保ちます。
続くアダージョも、テンポはかなり遅めですが、ゆったりしながらも規律正しい感じを保っているのがスタインバーグ流でしょう。大きな独特のジェスチャーでオケに指示を出して行くスタインバーグの姿を見るのも楽しい映像。咳払いなども聴こえますがいい意味でライヴの緊張感を感じさせて悪くありません。独特の棒から繰り出される音楽は実にニュアンスが豊かで、ハイドンの音楽の微笑ましさが迸ります。
メヌエットも遅めですが、起伏は十分。テンポに安定感があるので曲のメリハリを落ち着いて楽しんでいるよう。中間部のチェロのソロもさりげない演奏ですが、大きな起伏をうまく作って音楽の面白さを際立たせます。この表情の作り方の上手さもスタインバーグの特徴の一つでしょう。
フィナーレもじっくり入ります。木管、金管ともにテンポ良くユーモラスなメロディーを重ね、徐々にオケも盛り上がっていきますが、かなり明確に強弱をコントロールして、音楽のメリハリを浮かび上がらせます。ハイドン独特の入り組んだメロディーを実に上手く重ねて、最後はきっちり片をつけます。ボストン響の奏者の笑顔がスタインバーグとの良好な関係と、演奏の出来を物語っているよう。会場も割れんばかりの拍手で迎えます。古き良き時代の素晴しいハイドンの演奏として、貴重な映像であることは間違いないでしょう。

このあと、1970年10月6日のベートーヴェンの7番(同じくボストン市ンフォニーホールでのライヴ)、1962年1月9日のベートーヴェンの8番(ハーバード大学サンダースシアターでのライヴ)が収められていますが、どちらもスタインバーグの溢れる覇気を収めた素晴しいもの。後者は白黒映像で途中に映像の乱れが散見されますが、音はかえってリアルで音楽を聴く分には問題ありません。7番も素晴しいのですが、この8番は図抜けて素晴しい演奏です。

個人的にはあまりなじみのなかったウィリアム・スタインバーグのハイドンですが、こうして映像を通して見ると、スタインバーグという人の音楽がよりリアルに感じられます。ボストン響から引き締まった素晴しい響きを引き出し、ハイドンの音楽の要であるユーモラスな表情の演出も流石というところ。他にハイドンの演奏がないか探したくなってしまいます。ちなみにこのDVDの見所はやはりベートーヴェンであり、ボストン響の素晴しい吹き上がりを堪能できます。手に入れる価値のある素晴しい映像です。「校長先生」の評価は[+++++]とします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 校長先生 ライヴ録音 DVD

バーンスタイン/ウィーンフィルの交響曲88番、協奏交響曲DVD(ハイドン)

今日は久しぶりのDVDです。

BernsteinVPO88.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

レナード・バーンスタイン(Leonard Bernstein)指揮のウィーンフィルの演奏で、ハイドンの交響曲88番、協奏交響曲の2曲を収めたDVD。収録は88番が1983年、協奏交響曲が1984年、何れもムジークフェラインでのライヴです。レーベルはDREAMLIFE。

このライヴですが、収録時間などから考えておそらく同じ日の演奏がDeutsche GrammophoneからCDがリリースされており、88番についてはCDで既に取りあげていますが、ちょっとした違いもあるため、あらためて取りあげた次第。

バーンスタインのハイドンは世評は高いものの、私は特にウィーンフィルとの晩年の演奏は今ひとつぐっと来ない印象を持っています。むしろ古いニューヨークフィル時代の演奏の方が好みと言っていいでしょう。その辺はこれまでの記事でも書いてきたとおりです。

2012/06/25 : ハイドン–交響曲 : バーンスタイン/ウィーンフィルの102番1971年ライヴ
2011/09/15 : ハイドン–声楽曲 : バーンスタイン/ロンドン交響楽団のテレジアミサ
2011/08/15 : ハイドン–声楽曲 : 【お盆特番5】バーンスタイン/ウィーンフィルのテレジアミサライヴ!
2011/05/08 : ハイドン–交響曲 : バーンスタイン/ウィーンフィルの88番、オックスフォード
2010/12/26 : ハイドン–交響曲 : 【新着】バーンスタイン/NYPの97番、98番DVD
2010/09/11 : ハイドン–オラトリオ : バーンスタインの天地創造DVD

響きの美しいウィーンフィルとの演奏ですが、ハイドンにしては少々厚化粧な感じをともなうのは、バーンスタイン一流の濃い表情付けからくる訳です。これが気にならない人にはたまらない演奏かもしれませんね。私はバーンスタインの、特に遅い楽章でのちょっと濃い味付けに少々違和感を感じるため、あまりいい評価にはしてきませんでした。純粋に音から感じるイメージがそういう印象を引き起こしているんだと思います。特に今日取り上げる88番のラルゴのこってりとした雰囲気は評価の分かれ目。先日取りあげたヨッフム/ベルリンフィルとの演奏の古典的な均整のとれた響きとはかなり異なる印象を持ちます。

今回、映像でこの演奏を見ると、逆にこのこってりとした雰囲気があまり気にならず、映像の面白さで一気に見られてしまいます。これが不思議なところ。

Hob.I:88 / Symphony No.88 "Letter V" 「V字」 [G] (1787?)
満員の観衆で埋まるムジークフェラインザール。コンサートマスターは山岳事故で亡くなってしまったゲルハルト・ヘッツェル、懐かしい! フルートの長身のディター・フルーリーも若いですね。バーンスタインは顔色も良く、にこやかいハイドンの演奏を楽しんでいるよう。燻したようなウィーンフィルの響きに包まれ、指揮も楽しいそう。流石に名指揮者だけあって、表情豊かに指示を出していき、オケからちょっと濃いめのハイドンの楽興を引き出して行きます。
つづくラルゴはかなり遅めのテンポ。先に触れたように、音だけで聴くよりも表情の濃さは気になりませんが、古典派というよりはロマン派の音楽のよう。バーンスタインの指揮姿はクライバーのように陶酔感を感じるほどではありませんが、オケに対する指示のわかりやすさ、求める音楽を表情で示す表現力は流石。この表現力があとでものを言う事になります。
メヌエットは丁寧に立体感を際立たせて行く感じ。フレーズごとにくっきりと表情をつけていき、柔らかい光で照らして陰影を豊かにつけていきます。
フィナーレは、先日のヨッフム/ベルリンフィルがあまりにも素晴らしかったので比べてしまいがちですが、それに比べると力に頼りがちと聴こえてしまいます。ウィーンフィルはこの曲のDNAを良く踏まえて、徐々に響きの渦持ち込み、最後はバーンスタインに煽られクライマックスに上り詰めて終了。バーンスタインは会場の拍手に応じて礼をしますが、すぐにオケの方にふりかえり、指揮棒を上げます。すると再びフィナーレがはじまりますが、すぐに指揮棒はおろし、顔の表情だけでオケをコントロール。そう、これが有名なバーンスタインの顔だけでの指揮。ハイドンのユーモラスなメロディーに合わせてバーンスタインの表情が変わります。観客もこのパフォーマンスを楽しんでいるようす。一貫したリズムの曲、しかも2度目の演奏なので奏者が指揮に合わせるというより、指揮者が奏者に合わせているのかもしれませんね。最後はムジークフェラインの観客から暖かい拍手が降り注ぎます。CDではこのパフォーマンスの面白さは伝わらないと言う事で取り入れられていないということでしょう。これもハイドンの交響曲の面白さを伝える演奏ですね。

Hob.I:105 / Sinfonia Concertante 協奏交響曲 [B] (No.105) (1792)
続いて1年後、1984年のライヴ。ちょっと気になるのがバーンスタインの買い色が悪い事。酒好き、タバコ好きで知られるバーンスタインも健康不安を抱えていたのでしょうか。今度はコンサートマスターがウェルナー・ヒンク。ソロは下記の通り。

ヴァイオリン:ライナー・キュッヒル(Rainer Küchl)
チェロ:フランツ・バートロメイ(Franz Bartolomey
オーボエ:ワルター・レーマイヤー(Walter Lehmayar)
ファゴット:ミカエル・ウェルバ(Michael Werba)

協奏交響曲は、同じウィーンフィルの演奏でも1973年にベームの指揮で演奏した名盤があります。先程の88番がかなりバーンスタイン流にメリハリをつけた演奏だったのに対し、こちらは奏者にかなり自由に演奏させており、自然な流れが心地良い演奏。ソロを担当するウィーンフィルのトップ奏者の音楽に対し、バーンスタインは挑んだり制御したりすることを強制するのではなく、自然体で臨んでいます。88番に対して、こちらはそうした姿勢が良い方向に働いている印象。全楽章、ソロとオケが自然にやりとりするところがいい演奏。そういう意味でバーンスタインらしさは後退していますが、それがマイナスとは感じません。

バーンスタインの名門ウィーンフィルとのハイドンですが、映像で見ると音だけのときとは結構印象が変わると実感した演奏でした。88番の方はフィナーレを顔だけの指揮で繰り返すと言う演出の面白さが加わり、これもハイドンの面白さをあらわすよく考えられた演奏だと感心しきり。そして協奏交響曲の方は、ソロ奏者の演奏を映像で見られる面白さが味わえます。どちらもCDよりもいい印象。ということで、ほぼ音楽は同じと思われますが、評価はそれぞれ[++++]と、1ランクアップとします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲88番 協奏交響曲 ライヴ録音 DVD

ショルティ晩年の天地創造ライヴDVD

以前はあまり興味をもっていなかったショルティですが、最初期の軍隊、102番、太鼓連打の爆演を聴いてからショルティのハイドンは気になってます。今日は最近HMV ONLINEから届いたDVD。しかも驚くほど安いもの。HMV ONLINEのマルチバイ割引で809円でした。

SoltiBRSOCreation3.jpg
HMV ONLINEicon

サー・ゲオルク・ショルティ(Sir Georg Solti)指揮のバイエルン放送交響楽団と合唱団の演奏でハイドンのオラトリオ「天地創造」のライヴ映像をおさめたDVD。収録はミュンヘンのヘラクレス・ザールで収録年はわかりませんがおそらく1995年ではないかと思います。レーベルはDigitalClassicsというはじめてのレーベル。

歌手は珍しく4人のタイプ。ガブリエルとエヴァは1人2役ですがラファエルとアダムが別人という構成。

ガブリエル/エヴァ:ルース・ツィーザク(Luth Ziesak)
ウリエル:ヘルベルト・リッペルト(Herbert Lippert)
ラファエル:ラインハルト・ハーゲン(Reinhard Hagen)
アダム:アントン・シャリンジャー(Anton Scharinger)

ソプラノのツィーザクはシカゴ響とのセッション録音の天地創造や指揮でも共演していますので、ショルティのお気に入りなんでしょうか。リッペルトもセッション録音の天地創造で共演しています。

ショルティは1912年ハンガリーのブダペスト生まれで、1997年に南仏で85歳目前で亡くなっていますので、このDVDに収められたコンサートは亡くなる2年前くらいの映像。ショルティ最晩年にハイドンの最高傑作天地創造をコンサートで取りあげた貴重な記録ということでしょう。

当ブログで取りあげたショルティの演奏は下記のとおり。

2012/01/02 : ハイドン-オラトリオ : ショルティ/シカゴ響による天地創造旧盤
2011/06/27 : ハイドン-交響曲 : ショルティ/ウィーンフィルの「ロンドン」1996年ライヴ!
2011/03/27 : ハイドン-交響曲 : 爆演、ショルティの指揮者デビュー録音、ロンドンフィルとの太鼓連打他
2010/12/03 : ハイドン-交響曲 : ショルティ/ロンドンフィルによる102番、103番「太鼓連打」2
2010/12/02 : ハイドン-交響曲 : ショルティ/ロンドンフィルによる102番、103番「太鼓連打」

このDVD、激安価格ゆえ内容を危惧していましたが、映像も16:9で鮮明なもの。解説がついていないことはご愛嬌ですが、なぜこのような値段で売られているのか不思議なちゃんとしたプロダクツです。システィーナ礼拝堂のミケランジェロの天井画をあしらったジャケットは悪くありません。

Hob.XXI:2 / "Die Schöpfung" 「天地創造」 (1796-1798)
DVDをデッキにかけるとやはりシスティーナ礼拝堂をクレーンカメラでなめるように移動しながら映すなかなか凝ったメインメニュー。

第一部
バイエルン放送響のティンパニや弦楽器奏者のアップからはじまる混沌の描写。ショルティは80歳を超えているとは信じ難い矍鑠とした動き。いつものように眼光鋭く、長めの指揮棒を水平に持ちかっちり振っていきます。音楽はショルティらしくアタックが鋭くクッキリした隈取りがあり、並の指揮者とは次元の異なる緊張感に包まれます。ただし、予想したよりテンポがゆったりしており、またオケがシカゴ響ではなくバイエルン放送響のため適度に穏やかさもあって非常に落ち着いた入り。

ラファエルのラインハルト・ハーゲンはいい男。若々しい透明感のあるバスで、声量もまずまず。安定感もありいいですね。ウリエルのヘルベルト・リッペルトは非常に正確な歌唱。伸びのある良く通る声と落ち着き払った歌唱は素晴らしいですね。ショルティが起用する理由がわかります。

バイエルン放送合唱団は非常に緻密な音量コントロール。ショルティの指示に良くしたがって、序盤の精度高い演奏を支えます。ショルティのコントロールは特有のカッチリした表情で引き締めながらも、80を過ぎた経験からか、ある意味非常におちついたテンポ設定ともはや無欲の境地のような淡々とした指揮振り。オケを爆発させるようなところはなく、的確にコントロールできる範囲の音量で引き締まった音楽を進めます。時折ヴァイオリンの素晴らしい切れ味の音階が顔をのぞかせ、ハンガリー魂が垣間見えますがすべてはショルティの鋭敏なタクトのコントロール下のこと。

ガブリエルのツィーザクはショルティの引き締まった音楽になるほど良く合います。キレのいいテンポと鋼のような強い浸透力をもったキレのいい声。表情づけも豊かで万全の歌唱。第一部の中盤にさしかかりますが、音楽は微塵の乱れも生じさせず、張りつめた緊張感のなか素晴らしい精度で進行。豪腕投手が速球を封印し、針の穴の精度のコントロールで淡々とバッターを打ち取っていくような進行。時たま写るショルティの鋭いまなざしがヘラクレスザールの緊張感を支配しているようです。

ツィーザクのガブリエルのアリアは正確な歌唱と独特の表情が醸し出す高次元の芸術性。美声で気かせるというより、清潔さのかもしだすほのかな色香を表すような素晴らしい歌唱。これほど知的なガブリエルははじめて。完璧です。ショルティも上半身を左右に揺らしながら、抜群のサポート。なんでしょうこの引き締まった響きは。

続く曲から、ショルティのエンジンがかかってきました。と言っても灰汁の強いところは一切みせず、オケにムチをいれ、一段ギアチェンジ。バイエルン放送響はショルティの指示に良く従って、抜群の精度の演奏で緊張感を保ちます。場内はあまりにも素晴らしい演奏に打たれっぱなしのよう。ショルティは常に冷静に楽譜を見ながら緻密な指示を出し続け、テンポをまた少しあげて大山脈のような第一部のクライマックスにむけてオケをコントロール。美しいヘラクレス・ザールがショルティあおるオケの大音響で満たされ第一部を終えます。80歳を超えたショルティが見せた無欲ながら、ショルティらしい引き締まったコントロール。最後に爆発もみせ素晴らしい演奏。腰抜けそうです。爆演。

第二部
第二部はツィーザクのレチタティーヴォから。非常に表情ゆたか(本当に顔の表情が豊か!)なツィーザク。ちょっとやられました。ツィーザクの良く通る声と心に刺さる歌にメロメロです。平常心を失いました(笑) バイエルン放送響のソリストはショルティの指示にかなり忠実に応え、オケは万全。

第二部の聴き所の三重唱「若々しき緑に飾られて」でも3人のソロの正確なテンポと歌唱が素晴らしいですが、とりわけツィーザクの美しい声が別格の出来。指揮するショルティも歌いながらクライマックスにむけて追い込みます。ツィーザクは最後のアクロバティックな音階も難なくこなし素晴らしいプレゼンス。

ラファエルのハーゲンは第二部を安定した歌唱で支えます。突き抜けたところもない変わりに、非常に安定した歌唱で曲の進行を支えます。この安定感を支えるテクニックは素晴らしいものがあります。アリア「いまや天は光に溢れて輝き」は迫力のオケに押されながらもニュートラルな歌唱でしっかりと軸を定めています。

代わってリッペルトの聴かせどころ。この人はまったく破綻しそうな感じがしません。あくまでも自身のペースで素晴らしい安定感で歌い続けます。これがショルティのコントロールに妙にマッチして素晴らしい歌唱。男声陣のツィーザクに負けない存在感を誇示。

第二部のクライマックスに向けてコーラスの「大いなる御業は成りぬ」に入り、またしてもショルティがギアチェンジ。明らかにムチをうったようにオケに指示を出し、素晴らしい感興を招きます。あくまでも冷静に感動を演出するようなショルティのタクト。徐々に混沌の中からハレルヤコーラスが聴こえ始め、第二部のクライマックスへ。カメラが引き全奏者の強奏。最後はティンパニ奏者の素晴らしいバチさばき。おそらく第二部の終わりに休憩が取られたのでしょう、拍手で迎えられます。

第三部
そして、第三部。導入部の優しい響きを引き締まったタクトでショルティが演出。疲れ一つみせず、ショルティの目には鋭さが残っています。最初はリッペルトのビロードのような歌唱とホルンの醸し出す至福のひと時を楽しみます。

つづくアダムとエヴァのデュエット、速いです。個々から登場したアダムのアントン・シャリンジャーは胴に響く柔らかな声。ツィーザクとのデュエットは草原を駆け抜けるような快速のもの。このような解釈もありですね。シャリンジャーはリートにも向いたような響きの美しい声。力強さも十分。後半の盛り上がりも寄せては返す波のような大きなうねりを上手く表現して素晴らしいものです。波の頂点ではコーラスの分厚い響きがホールを包みます。ショルティはあくまでも冷静にオケとコーラスをコントロール。

2番目のアダムとエヴァのデュエットでも突き抜けるツィーザクのソプラノ。シャリンジャーの柔らかい声と好対照。バスーンのほっとするようなメロディーに続いてホルンによって終結を伝えるようなメロディーが奏でられ、テンポが上がります。この曲の畳み掛けるような終結にむけてデュエットも素晴らしい歌唱で支えます。

短いレチタティーヴォをはさんで大コーラスによる終曲。ショルティはまだ曲のはじめのようなすっきりとした表情でオケをコントロール。最後のフレーズでテンポを落としフィニッシュです。ショルティの笑顔を見ればわかるような快心の演奏に、ヘラクレス・ザールのお客さんも万来の拍手で迎えます。止まないブラヴォーの声が当日の開場の感動を伝えます。


サー・ゲオルク・ショルティとバイエルン放送交響楽団、同合唱団によるハイドンのオラトリオ「天地創造」のライヴ。ショルティ最晩年の演奏ですが、ショルティが時折みせる灰汁の強さは一切感じさせず、逆に自然な流れの中にいつもの引き締まった響きが聴かれ、しかも逆に若々しさすら感じさせるコントロール。歌手はソプラノのツィーザクが完璧なコントロールで一歩抜けていますが、その他の人も総じて素晴らしい出来。超廉価なプロダクツにも関わらず映像の品質も高く、完璧な出来。評価はもちろん[+++++]です。すべての人に聴いていただくべき人類の至宝です。

いや、いまさらですが素晴らしいアルバムがリリースされたものです。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 天地創造 ライヴ録音 DVD ハイドン入門者向け

グスタフ・クーン/コレギウム・アウレウムの天地創造ライヴ(ハイドン生誕250年)DVD

今日は以前取りあげたアルバムの映像を取りあげます。

KuhnCreationDVD.jpg

グスタフ・クーン(Gustav Kuhn)指揮のコレギウム・アウレウム合奏団(Collegium Aureum)、ウィーン・アーノルト・シェーンベルク合唱団の演奏によるハイドンのオラトリオ「天地創造」。この演奏はハイドン生誕250年を記念してオーストリア科学アカデミー、オーストリア放送、ヨーロッパ放送連盟の主催したコンサートの記録。ソロは下記の通り。

ガブリエル(ソプラノ):アーリーン・オジェー(Arleen Augér)
ウリエル(テノール):ペーター・シュライアー(Peter Schreier)
ラファエル(バス):ヴァルター・ベリー(Walter Berry)
イヴ(ソプラノ):ガブリエレ・ジーマ(Gabriele Sima)
アダム(バリトン):ローラント・ヘルマン(Roland Hermann)

演奏の内容はすでに取りあげた記事の方をご参照ください。

2011/12/13 : ハイドン–オラトリオ : グスタフ・クーン/コレギウム・アウレウムの天地創造ライヴ(ハイドン生誕250年)

ハイドン生誕250年記念のウィーンでの演奏会の模様を収めた貴重な映像。演奏の安定した素晴らしさはCDレビューで取りあげましたので、繰り返す必要はないでしょう。今日は映像を主体としたレビュー。

こののDVDはORFの映像をARTHAUS MUSIKがリリースしたもの。1982年の映像なのでもちろん今見るにはだいぶ古びて見える映像。画面は4:3で映像の品質自体も自体もちょっと時代を感じさせるもの。カットはアップが多く、コレギウム・アウレウムが古楽器によって演奏されているのがよくわかります。

会場のウィーンの大学ホールはかなり古い建物のなかの大空間のホール。室内はシェーンブルン宮殿の時代のような装飾された空間ですが、色あせたのかどうか、一見して燻された銀色のような色彩。伝統ある講堂であることが窺い知れます。

指揮のグスタフ・クーンは若さが印象的。いわゆるマッシュルームカット風ロンゲで、指揮ぶりも若さあふれるもの。しかしタクトから降り出される音楽は非常に落ち着いていて、この記念すべき演奏会の指揮をまかされた理由がわかるような気がします。非常に安定した演奏。ソロの最初はラファエルのヴァルター・ベリー。もう少しガタイのいい人だと想像してましたが、黒縁眼鏡の真面目なおじさん風。ベリーの歌唱は圧倒的。ずば抜けた声量と張り。CDでもすばらしい存在感と安定感であった印象ですが、映像ではさらに迫力が伝わります。
ウリエルのペーター・シュライアーはいつも通りの透き通るような歌唱。微妙にうわずり気味な音程が彼の特徴でしょう。ただ、声量があり、まだまだ若さを感じる歌唱です。
目玉はやはり、若さ漲るアーリーン・オジェーでしょう。慈愛に満ちた顔で歌うガブリエルのアリアはぐっときますね。オジェーは1993年に亡くなっていますので、貴重な映像でしょう。
アーノルト・シェーンベルク合唱団は男性陣が黒い蝶ネクタイでごく普通なんですが、女性陣はそろいのモダンな柄のワンピースで、ちょっと新鮮な感じ。合唱陣はこの長い天地創造を暗譜で歌っています。
第1部のクライマックスにかけての流れは映像ならでは迫力が味わえます。指揮、ソロ、コーラスともに気迫のこもった演奏。やはり聴覚だけで聴く音楽とは異なり、映像の魅力は捨て難いものがあります。ことにこういった記念碑的なコンサートではなおさらでしょう。

第3部に登場するエヴァのガブリエレ・ジーマとローラント・ヘルマンはイケメンと美女の組み合わせ。アダムとエヴァのデュエットは寄り添いあって歌うところが非常にいい感じです。ローラント・ヘルマンは揺るぎない響きのヴァルター・ベリーとは異なり高音域の伸びのある声でアクセントがキリッと決まってまた違った歌の魅力があります。
第3部の演奏はソロもオケもコーラスも渾身の演奏。音だけで聴く時よりもさらに迫力を感じます。第34曲の終曲は怒濤の大迫力。やはり映像ならではの迫力を味わえます。最後は感動のフィナーレで会場はブラヴォーの嵐に。

ハイドン自身が聴いた響きを再現するというコンセプトのこの演奏会、私もハイドンと同じ音楽を味わったような気分になりました。全く同じ演奏ながらCD版は[++++]でしたが、このDVDは[+++++]とします。映像の古さは気にならず、むしろこの記念コンサートの様子を同時代的に楽しめるような気になります。

昨日の飲み残しの蔵王スターワインを飲みながら、素晴らしいコンサートの演奏を楽しめました。月曜からいいスタートです。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 天地創造 ライヴ録音 古楽器 ハイドン入門者向け DVD

【新着】トム・ベギンのハイドン鍵盤独奏曲全集

久々の大物です。先週HMV ONLINEで届きましたが、全容を把握するのに苦労しました。

Beghin.jpg
HMV ONLINEicon / amazon

トム・ベギン(Tom Beghin)がハープシコード、クラヴィコード、スクエアピアノ、フォルテピアノ、ピアノ(現代のピアノではなく19世紀のイギリスのピアノ)などを弾き分け、ハイドンのピアノソナタと変奏曲など演奏したアルバム。CD12枚組とメイキング映像などを収めたDVD1枚をあわせた13枚組。収録は2007年4月から10月と2008年の6月、カナダのモントリオールのマッギル大学「音楽メディアと技術に関する学際研究センター(CIRMMT)」でのセッション録音。レーベルは廉価盤勃興の祖NAXOSです。

月並みな紹介から入りましたがこのアルバムは凄いものです。ハイドンの鍵盤独奏曲全集を今、世に問うというだけでも労作なのですが、このアルバムの企画は壮大です。

まずは楽器ですが、奏者であるトム・ベギンがハイドンの時代と曲想から7つの楽器を選んで録音しています。DVDのメイキング映像で詳しく触れられているのですが、時代考証をもとにした演奏当時の楽器を選定いるのみならず、曲のイメージにあわせて楽器が選ばれています。古くはハープシコード、クラヴィコードから、スクエアピアノ、フォルテピアノ、ピアノに至るまで、今回の録音のために周到な準備の上に楽器を選定している事がわかります。各楽器は楽器修復家を呼び寄せて録音のために調整させたり、あらたに造ったりしている事がわかります。クラヴィコードなどの雅な響きはこれまで様々なアルバムで音としては聴いていますが、今回のメイキング映像を通して、映像として理解できるのは貴重な事ですね。

そしてこのアルバムの真髄は録音。上記のとおり演奏はモントリオールで収録されているのですが、そのコンセプトにビックリです。アルバムタイトルはジャケット写真を見ていただいてもわかるとおり「ザ・ヴァーチャル・ハイドン」。モントリオールでの演奏録音は、ハイドンにゆかりのあるアイゼンシュタットなどの9カ所を選んで、その場所での残響をデジタルデータで記録し、モントリオールのスタジオで、その場所の残響を再現しながら収録すると言うもの。デジタル時代ならではのまさにヴァーチャルな響きですね。

アルバム全体は10のプログラムに分けられており、7つの楽器と9の会場からテーマに応じて、主に作曲年代順にソナタと変奏曲が並べられています。それぞれの演奏は思い切りのよい奏法、テンポ、音色の変化を交えた演奏で、時代考証を主眼としたものではなく、現代の視点で時代も一要素として再構築されたもの。トム・ベギンの多彩な視点と創意が感じられて非常に興味深い演奏。まだ何枚かつまみ聴きしたのみですが、古楽器によるハイドンのソナタ全集としては一番のおすすめ盤となるでしょう。

録音は響きは素晴らしいもののオーディオ的な耳で聞くと2チャンネル録音としての定位感までは再現できていないようです。最新録音らしく響きの鮮度は高く非常に聴きやすい録音。楽器の音が比較的オンマイクで捉えられ、それぞれの会場の残響が付与されたもの。スピーカーの間に楽器が定位するという感じよりは、スピーカーの間に巨大な楽器が曖昧なまま浮かび上がるような特殊な定位感。これは致し方ないでしょう。

秀逸なのはDVD。ちゃんとした日本語字幕がついているので情報も十分です。この映像だけでもこのアルバムを手に入れる価値は十分です。トム・ベギンをはじめとするスタッフが今回のプロダクションにかける情熱がつたわってくる素晴らしいもの。メイキング映像の最後はハイドンが亡くなる直前に弾いたとされる現ドイツ国歌の「神よ、皇帝フランツを守り給え」をハイドンゆかりの部屋で弾くシーンは何とも感動的なもの。映像のプロダクションもきちんとしており、決してオマケと言うようなものではありません。もともとがブルーレイの映像とブルーレイオーディオのマルチチャンネル音声のアルバムとしてリリースされていたようですので、もしかしたらマルチチャネル音声のほうが聴き応えがあるかもしれませんね。

まだ、つまみ聴きの段階なので評価はしていませんが、所有盤リストへの登録はこの週末に全曲終わりましたので、徐々に評価をつけていきたいと思います。

NAXOSはすでにヤンドーでピアノの演奏によるハイドンのソナタ全集を完成させているのに、今回のこの全集をリリースするとは驚きです。最近バリトントリオやスコットランド歌曲集の全集でハイドンファンの心を鷲掴みにしたBrilliant Classicsに一矢報いた格好になりましたね。これだけ素晴らしいボックスセットが、5000円もせずに手に入るのですから、ほんとに良い時代になったものです。しばらくはこのアルバムの演奏を楽しみたいと思います。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ピアノソナタ全集 古楽器 ハイドン入門者向け スクエアピアノ クラヴィコード 皇帝讃歌 DVD

【新着】シャルル・ミュンシュ/ボストン響の98番ライヴDVD

今日は昨日HMV ONLINEから到着したばかりのDVD。

Munch98.jpg
HMV ONLINEicon

シャルル・ミュンシュ(Charles Munch)指揮のボストン交響楽団の演奏で、ハイドンの交響曲98番とブルックナーの交響曲7番の2曲を収めたDVD。収録は1960年10月18日、マサチューセッツ州ケンブリッジのハーヴァード大学サンダース劇場でのライヴ。もちろん映像は白黒です。レーベルはica CLASSICSというはじめて買うレーベル。

ミュンシュといえば爆演を期待してしまいますので、このアルバムも発売されると知ったときにすぐ注文。待ちに待った入荷です。爆演に打たれる準備をして、DVDをレコーダーにセット。いや、そわそわしますね。

交響曲98番(Hob.I:98)1792年作曲
かなりレトロなフォーカスの甘い映像。黒が浮いてきていますので映像の保存状態は今ひとつでしょう。ただ、迫力と緊張感は伝わります。拍手とともにミュンシュが登場、今となっては誰も使ってはいないような超ロングな指揮棒をやおら振り下ろして序奏が始まります。指揮棒は50センチはありそうです。非常に低速な序奏の入り。さらに音量とテンポを落として尋常ならざる雰囲気に。序奏だけでも劇画タッチ。ゆったりと主題のメロディーに入り、聴き慣れたところでミュンシュ独特の小節を効かせた大迫力のメロディーに。オーケストラのメンバーはプロらしく無表情に演奏していますが、音響は大迫力の気迫を帯びてきます。ミュンシュの指揮は長い指揮棒をキレよく振り回してアクセントをかなり強調するようコントロール。1楽章の途上ではザクザクとした推進力が素晴らしい迫力。抑えた部分の指揮姿が非常にダンディ。譜面台の楽譜を鋭く見ながら的確に各楽器に指示を出していきます。オケは背筋ピーンのまま弓の長さをフルに使ったボウイングで迫力の音響を構築。1楽章の最後は覚醒した爆発といった趣です。

2楽章のアダージョ。抑えの効かせ方が巧く、非常にハイセンスな感じの始まり方。息の長いフレーズを巧く使ってメロディーの美しさを引き出しています。徐々に起伏の幅を広げますが、力で押し通すようなところはなく、あくまでジェントル。この辺りの演出は流石です。十分に余裕のあるコントロールで懐の深さを見せつけます。

3楽章のメヌエットは再び長い指揮棒をしならせて、きっちりアクセントを効かせたフレージング。ヴァイオリン奏者はみな機械仕掛けのような正確無比なボウイング。途中のフレーズはあえて少しテンポを落として、ゆったり感を演出。

フィナーレも普通のテンポで入りますが、最初は余裕ある冷静な演奏ながら、ミュンシュのあおりに応じてオーケストラから青い炎が見え始めます。おそらくオケ全員の神経がどこで爆発するかの指示を待っているかのような模様眺め感。徐々にオケも伸びやかになり、ミュンシュの動きに敏感になり、びしっと線のそろった節回しで応えます。終盤はチェンバロではなくソロヴァイオリンが特徴的なメロディーを奏で、最後の盛り上がりにむけて力が入ります。最後は今度も冷静に爆発。フライング気味の興奮した聴衆の拍手に包まれ、ミュンシュも満足そうに退場します。

映像も音も古いものの、貴重なミュンシュの指揮姿の映像と、これも貴重なミュンシュのハイドンの演奏。ミュンシュらしい爆演でもありますが、今回はターボ半狂乱スイッチが入らず、というかハイドンは冷静にコントロールする曲とわきまえた範囲での爆発感ある演奏なんだと思います。評価はちょっと期待しすぎたというのも正直なところ故、[++++]としたいと思います。あくまで冷静な、しかしただでは済まないないミュンシュの片鱗も垣間見せる演奏というところでしょう。

今回到着したHMV ONLINEの荷物には他にも未聴盤がいくつか。先日指摘いただいたフルトヴェングラーの94番驚愕を含むセットもようやく手に入れました。こちらはまた週末にでも紹介することといたしましょう。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲98番 ライヴ録音 DVD ヒストリカル

ギュンター・ヴァントの交響曲76番DVD

昨日につづいてDVDの交響曲の演奏を取り上げましょう。

Wand76.jpg
HMV ONLINEicon / amazon

ギュンター・ヴァント指揮のNDR交響楽団(北ドイツ放送交響楽団)の演奏で、ハイドンの交響曲76番とブルックナーの交響曲6番を収めたDVD。収録は1996年7月7日、ドイツ北部の街、リューベックのムジーク&コングレス・ハレでのコンサートの模様をライヴ収録。一般的にはこのアルバムはブルックナーの6番を聴くべき、いや観るべきアルバムですが、当ブログでは前座のハイドンがメインテーマです。というのもこのハイドン、当ブログで主役となりうる素晴らしい演奏なんですね。

ヴァントは1912年生まれで、亡くなったのが2002年の2月ということで、この演奏時は84歳のころということですね。とてもその年とは思えないかくしゃくとした風情。タクトのリズム感も素晴らしいものがあります。

近代的な木質系の壁面が特徴的な中規模のホール。満員の観客の拍手に迎えられてヴァント登場。

手首の先と体全体をつかってリズムをとりながら、流麗な1楽章のメロディーを小さなの動きでコントロール。いつものように眼光鋭いヴァント。速めのテンポで艶やかにメロディーラインを描きます。抜群のリズム感と生気。きびきびとしたオケ。ハイドンの音楽の演奏に必要なものがすべてそろっていると言っていいでしょう。ヴァントの隈取りの明確さが曲の明瞭感を浮き彫りにしています。1楽章の主題を繰り返すところでヴァントがタクトを落としますが、譜面台の上に落ちて、何事もなかったように拾い続けます。再現部もハイドンの晴朗なメロディーとかっちりとした構成感、そしてヴァントの推進力溢れるオケのコントロールが相俟って素晴らしい感興。昨日のバーンスタインとは180度異なるヨーロッパの歴史と伝統の延長上に奏でられる素晴らしいハイドン。ヴァントのコントロールは素晴らしいですね。

2楽章のアダージョは非常にデリケートなフレージング。テンポ、リズムともに完全にヴァントが支配し、軽やかさとデリケートさが素晴らしい演奏。オケの隅々にまで緊張感が張りつめています。本当に最小限の動きと眼力で完全にオケを統率。これが指揮の神髄というものでしょう。奏でられる音楽はどう演奏するという次元からはなれて、生き生きと鳴り響きます。後半の激しい展開部の力感も見事。重くなることも溜めることもなく音楽は流れるばかり。2楽章の演奏は神がかっているといえるでしょう。ヴァントが神々しく見えます。

3楽章のメヌエットは、優しい表情づけのメロディから入り落ち着いた展開。噛み締めるようにオケをにらみながらタクトを振るヴァントの表情が印象的。

フィナーレは微風のような入りから、しばらくでオケがフルスロットルに。展開部では抑えた表情と変奏を繰り返しながらクライマックスに向けてオケを追い込んでいきます。最後は非常にあっさりと投げ出すようなフィニッシュ。絶妙のフィニッシュですね。会場の暖かい拍手が興奮を物語ります。

私にとっては、この曲のベストの演奏は、本アルバム。もちろん評価は[+++++]です。ハイドンの交響曲の魅力がすべて含まれていると言っても良い名盤と言えるでしょう。最近[+++++]が多いんですが、評価が甘いのではなく、良い演奏をブログでは取り上げているということなので誤解なきようお願いいたします。

追伸)ブルックナーの6番も絶品です(笑)

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲76番 おすすめ盤 DVD ハイドン入門者向け

【新着】バーンスタイン/NYPの97番、98番DVD

今日はもう1枚いきます。

Bernstein97.jpg
HMV ONLINEicon

レナード・バーンスタイン指揮のニューヨークフィルの演奏で、ハイドンの交響曲97番、98番の演奏。1975年エイヴァリー・フィッシャーホールでの収録のDVDです。DVDはドリームライフレーベル。

ご存知のとおり、私はいまひとつバーンスタインのハイドンのアルバムは今ひとつ評価しきれない印象をもってます。ヨーロッパの伝統に対し、バーンスタインの演奏から醸し出されるアメリカンな雰囲気にちょとしたアレルギーがあるのが正直なところ。

ところが、このDVDを見て、軌道修正です。古い映像ですが、そこから聴こえてくる音楽はタイトで引き締まったものでした。このDVDの演奏はいいです。

最初は97番。少人数に絞られたニューヨークフィルのメンバー。1楽章は中庸なテンポながら、バーンスタインの自在なタクトのコントロールに従い、いきなり引き締まった主題を演奏。ただならぬ殺気です。油っこくもなく、表情が濃すぎることもありません。映像を見ると客席に観客はいないため、映像収録目的のセッションでしょう。切れの良い旋律が奏でられていきます。ノリノリのバーンスタインの指揮とは対照的にオケはタクトの指示に従い淡々とした進行。ただし表現の幅は非常に大きく、しかも集中力も素晴らしいものがあります。1楽章を聴くだけでただならない迫力を感じます。後半の展開部の迫力も素晴らしいものがあります。ニューヨークフィルの全盛期のエネルギーが直接放射されるような素晴らしい力感。最後は古典の矜持を守るような素晴らしい感興。
2楽章のアダージョは、素晴らしい表現の深さを感じさせますが、演奏は極めてオーソドックス。この演奏でニューヨークフィルの実力が浮き彫りに。途中から増す迫力。素晴らしい力感。オケは微動だにしない平常心で素晴らしい感情の起伏を演出。プロですね。なにげに巧いのがティンパニ。バーンスタインの表情豊かな指揮にあわせて、オケのメリハリを明確につけていきます。
3楽章のメヌエットは入りから大迫力。やはりヨーロッパの伝統というよりは、純粋に楽譜をバーンスタイン流にホールに再現というニュアンス。素晴らしい迫力の演奏。度肝を抜かれるとはこのことでしょう。ハイドンのメヌエットがバーンスタインの解釈によって大音響で降誕した感じ。
フィナーレは素晴らしい推進力。観客のいないホールにニューヨークフィルのオケの大音響が響き渡ります。次の98番は観客入りの演奏ですが、観客の有無でライヴ感もだいぶ変わります。こちらはオケがホールの隅々まで響き渡る快感を感じられます。オケの力感も素晴らしいものがあり、ノリは最高潮。フィナーレは興奮の坩堝と化します。流石はバーンスタイン、オケをならすという意味では突き抜けた演奏です。

続く98番。97番は非常にオーソドックスな演奏だったんですが、98番は違います。1楽章の主題からギアを下げて超低速テンポになります。ビックリするようなじっくりさですが、それほど違和感はありません。バーンスタインは核心をつくような恍惚の表情で何事もなかったように進めます。それにしてもオケの一人一人は巧いですね。ニューヨークフィルの全盛期の素晴らしいアンサンブルですね。1楽章は落としたテンポで通します。ダイナミックレンジは振り切れんばかりで、テンポ以外は素晴らしいノリの演奏。ちょっと気になるのはオケのメンバーが指揮者をほとんど見ていないこと。バーンスタインの身振りが視線を合わさなくても伝わるほど大きいためか、はたまたオケと指揮者の関係の微妙さを物語るものかは解りません。
2楽章のアダージョ。2楽章はふつうのテンポに戻り、違和感はなくなります。呼吸の深さは素晴らしいものがあります。相変わらす表現の幅が大きくニューヨークフィルのメンバーの深いフレージングは圧倒的な迫力。途中チェロのソロが入る部分の映像がありますが、これぞ至福の瞬間という絶妙のタイミング。やはりバーンスタインの全身全霊を傾けたフレージングは素晴らしいものがありますね。この楽章は聴き所ですね。
3楽章のメヌエットは、大迫力の音響。出だしのバーンスタインのバックスイングに反応してオケも素晴らしい演奏。テンポはゆったり気味ですが、濃い演出。バーンスタインがタクトを振り下ろすたびにオケがフルスロットルに。溜めも迫力も素晴らしいんですが、ちょっとくどい印象も否めません。途中からタクトを持たない手で指揮をする変化は流石バーンスタイン、見せ場を作ります。
フィナーレは、軽い雰囲気で入りますが、次第にオケがかぶさって重厚な音響に。この楽章はフィナーレにしては長く8分以上の曲。バーンスタインは踊るように恍惚の表情。途中の転調からは表情の変化を付けますがすぐにオケの力感漲る強音に飲み込まれるよう。フィナーレの盛り上がりはエィヴァリー・フィッシャーホール中に轟かんばかりの大音響。最後はチェンバロの繊細な音色が心にしみる隙もなく、大音響で締めくくります。98番は観客がおり拍手喝采で終わります。

評価は97番が[+++++]、98番は[++++]というところです。97番の意外にもオーソドックスながらバーンスタイン節が良い方向に働いた演奏と、98番のちょっとくどくなってしまった演奏という評価。いずれにしてもバーンスタイン全盛期のニューヨークフィルとの貴重な映像の記録であることは間違いありません。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲97番 交響曲98番 DVD おすすめ盤

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
スクロールできます。

ライヴ録音ピアノ協奏曲XVIII:11ストラヴィンスキー東京オペラシティマーラー弦楽四重奏曲Op.9古楽器アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:68人のへぼ仕立て屋に違いない交響曲97番告別交響曲1番ヒストリカルピアノソナタXVI:39美人奏者四季交響曲70番迂闊者交響曲12番天地創造太鼓連打東京芸術劇場ピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:3アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:4SACDバリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーディヴェルティメントシューベルトモーツァルトベートーヴェンピアノソナタXVI:38LPピアノソナタXVI:31交響曲80番交響曲67番哲学者ラメンタチオーネピアノソナタXVI:24交響曲46番交響曲51番交響曲35番ヴァイオリン協奏曲協奏交響曲DVDピアノソナタXVI:52ピアノソナタXVI:49ファンタジアXVII:4交響曲47番十字架上のキリストの最後の七つの言葉テレジアミサピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:34ピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:20アリエッタと12の変奏XVII:3ピアノソナタXVI:40サントリーホールラ・ロクスラーヌ帝国皇帝弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ピアノソナタXVI:50五度ラルゴピアノ三重奏曲日の出弦楽四重奏曲Op.64ひばりチェロ協奏曲ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:32ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1軍隊リヒャルト・シュトラウス騎士弦楽四重奏曲Op.74弦楽四重奏曲Op.20交響曲17番ピアノソナタXVI:27ピアノソナタXVI:1弦楽四重奏曲Op.103シベリウス武満徹交響曲4番交響曲42番時の移ろい無人島ベルリンフィルホルン信号交響曲19番弦楽四重奏曲Op.55弦楽四重奏曲Op.54王妃交響曲87番交響曲86番フルート三重奏曲トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:25驚愕時計ロンドンリュートピアノソナタXVI:10ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6ピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナアレルヤピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ホルン協奏曲ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲78番交響曲81番交響曲79番交響曲99番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードドイツ国歌カノンモテットオフェトリウムピアノソナタXVI:37スタバト・マーテルピアノソナタXVI:42弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールクラヴィコードパッヘルベル弦楽四重奏曲Op.17交響曲102番アダージョXVII:9受難ピアノソナタXVI:35パリセット交響曲84番ブーレーズベルク交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41ショスタコーヴィチ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲オーボエ協奏曲悲しみリーム交響曲89番交響曲50番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10奇跡交響曲34番交響曲18番交響曲77番温泉フルートソナタ交響曲98番ドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生交響曲93番ピアノソナタXVI:47bisピアノ小品音楽時計曲ピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストシェーンベルクピアノソナタXVI:14オーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:12変奏曲XVII:7ピアノソナタXVI:22オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノピアノソナタXVI:2ヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場マリア・テレジア裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ピアノソナタXVI:8ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場弦楽四重奏曲Op.2皇帝讃歌交響曲24番小オルガンミサ大オルガンミサ新橋演舞場交響曲10番交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD剃刀ドビュッシー交響曲28番交響曲13番交響曲95番変わらぬまこと交響曲108番交響曲62番交響曲107番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲9番交響曲3番交響曲2番スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤン弦楽三重奏曲スウェーリンク書籍交響曲65番ニコライミサ交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽Blu-ray狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2016年9月のデータ(2016年9月30日)
登録曲数:1,361曲(前月比+3曲) 登録演奏数:9,608(前月比+87演奏)
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
190位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
11位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ