【1000記事記念】私はなぜハイドンにはまりつづけているのか?

気づいてみると、当ブログもこの記事で公開した記事がちょうど1000記事目となりました。

ハイドン没後200年のアニヴァーサリーの年の2009年12月に思い立ってこのブログをはじめて、もうすぐ丸4年となります。この間書きつらねた記事がちょうど1000件ということで、飽きっぽい性格の自分としては、かなり長続きしていると、あらためて感慨一入。

ハイドンと道楽記事ばかりのこのような激ニッチなブログでも、最近は愛読いただく人も増え、コメントや拍手もちょこちょこといただけるようになり、それが励みで書き続けられているというのが正直なところ。好きな演奏について、ああいい、こういいと思う事を書くと、同じように思う方がいたり、全く違う視点でコメントをいただいたり、それはそれで刺激的な毎日です。良いと思った演奏を聴いていただいた方から賛同や感謝のコメントをいただくことは、最近は無上の喜びを感じるようになってきました。なんとなくレビューのスタイルも自然に固まってきたので、このスタイルでしばらく続けていきたいと思います。



私がハイドンにはまった経緯については、ブログの最初期に触れていますので、読んでいただいた方もいるかもしれません。

2010/01/24 : ハイドンねた : 私はなぜハイドンにはまったのか?-3
2010/01/23 : ハイドンねた : 私はなぜハイドンにはまったのか?-2
2010/01/21 : ハイドンねた : 私はなぜハイドンにはまったのか?

これらの記事を書いてからほぼ4年。ブログを書くようになってからは、なんとなく記事を書く義務感からか、ハイドン以外の音楽を聴く頻度もかなり落ちて、ハイドン漬けの日々。仕事から遅く帰っても、今日は何をとりあげようとあれこれアルバムを聴いて、アルバムが決まると、いろいろ調べながら繰り返し聴くというような毎日です。なんとなく飽きたり、興味を失ったりするような危惧もありましたが、これが不思議と楽しくて飽きません。

というのも、すべてのアルバムが最上の演奏ではありませんが、時折出会う心を揺さぶる素晴しい演奏と、それを記事にして人に伝えられる悦びというか、使命というか、そういった気持ちにたびたびなれるからでしょう。本当は毎日記事を書けば良いのですが、無理してまとめようとすると、なんとなく良い記事にならないのが不思議なところ。良いと素直に思えるアルバムを探し、良いと思ったことを素直に書く、気に入らなければあきらめるということを守っていることが、長続きしているポイントなのかなと思うようになりました。いろいろ書いていますが、途中でアップを断念した記事もけっこうあります。

それもこれも、やはりハイドンの音楽に仕組まれた微笑ましい創意と時に激しい情熱があってこそでしょう。日常楽しむために書かれた音楽だからこそだと思います。これがモーツァルトでも、ベートーヴェンでも、マーラーでも、ブルックナーでも、一人の作曲家の音楽について、平常心をもって書き続けるのは難しいと思います。ある意味平常心を超えた芸術性で一線を越えてしまった人たちの音楽ですから。このような素朴な魅力に溢れたハイドンの音楽にテーマを絞っているからこそ、同好の士の方にも興味をもっていただけるのかもしれません。

1000.jpg

日頃から当ブログに訪問いただく皆様にあらためて感謝申し上げます。できればマイペースで今後も書き続けていきたいと思いますので、今後とも、寛大な心で見守っていただけますよう、お願いいたします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

ハイドンの人気は?

日本では今ひとつマイナーな存在のハイドンですが、世界的にはどうなんでしょうか。
Googleトレンドで検索してみました。

Googleトレンド:Haydn, Mozart, Beethoven

Googleにおいてハイドン、モーツァルト、ベートーベンの検索された割合を時系列に視覚化したものかと思います。
たいていの国では、大方の想像通りモーツァルト、ベートーベン、ハイドンの順で、モーツァルトとくらべると、だいたい数分の一から数十分の一の人気。世界的にもハイドンはマイナーな存在ということでしょう。

ただし、オーストリアでは事情はことなり、なんと、ハイドンはベートーベンを超える検索数。隣国のハンガリーもハイドンの人気は高いようですが、それでもベートーベンを超えるような存在には至っていません。
オーストリアではハイドンはベートーベン以上の存在というのがすばらしいですね。

調子にのってこんな比較もしてみました。

Googleトレンド:Haydn, Mahler, Bruckner

おおっ、意外といい勝負ですね。
マーラーのほうがやや検索数が多いものの、モーツァルトとほどの差はありません。ブルックナーには大差で完勝といった感じでしょう。というか日本が特殊なのかもしれませんね。
裏を取るために次の検索を。

Googleトレンド:ハイドン、マーラー、ブルックナー

なんと、日本でもブルックナーよりもハイドンの方が検索数が勝っているという結果。まんざらでもないんですね。
ハイドンの魅力に魅せられた私としては、日本におけるハイドンの人気上昇に貢献しなくてはなりませんね。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

今最も重要なレーベルは?

ハイドンの録音をリリースするレーベルの中で、今最も重要なレーベルはどこでしょう?

それはもちろんBRILLIANT CLASSICSです。

他のレーベルの録音を再リリースしたり、もちろん独自の新録音も多くリリースしてますが、特徴はなんといっても激安価格。そして、ハイドンについては安かろう悪かろうということはなく、むしろ、安いのに良い録音が目白押しです。

Baryton.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

なんといっても最近の目玉はバリトントリオをはじめとするバリトン曲集21枚組。
おそらくハイドンの膨大なバリトントリオが全曲録音されるとは誰も思わなかったでしょう。これまでもバリトントリオは様々なレーベルから数枚リリースされていましたが、断片まで含めての完璧な録音。そして演奏も極上。文句なしにおすすめ盤です。一枚一枚に室内楽の悦びが溢れています。

ScottishSongsSet.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

そしてスコットランド歌曲全集。こちらも今まで録音が一部しかなかったスコットランド歌曲の全集。わたしは分売もので集めましたが全曲そろったものがリリースされてます。こちらも素朴な民謡をベースとしたハイドンの歌曲が存分に楽しめます。Vol.1の一枚目をかけた瞬間しびれました。18枚すべて濃いです。

Oort.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

それからピアノ小品集。ピアノソナタ以外の小品などの5枚組。こちらもあまり録音のない曲までふくめてきちんと録音されており、演奏もフォルテピアノの古雅な響きを楽しめます。

これらの他にも先日紹介したアダム・フィッシャーの交響曲全集など、資料的価値の高い、きちんとしたプロダクツとして仕上がってます。このようなすばらしいCDが昔では考えられない価格で手に入ります。
これからもBRILLIANT CLASSICSからは目が離せません!

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : バリトン三重奏曲 スコットランド歌曲 ピアノ曲 おすすめ盤

私はなぜハイドンにはまったのか?-3

新鮮でした。モーツァルトにちょっとあきた耳に疾風怒濤期のハイドンの交響曲集は。
天真爛漫の限りを尽くしたモーツァルトの初期の交響曲に対して、何かほの暗い響きの中に明確な構成を感じさせる簡潔なのに複雑でもあるメロディ。ラメンタチオーネ、受難、悲しみ、告別、そして火事、マーキュリー、マリアテレジア。

いきなり、すっかりはまりました(笑)

ピノックの交響曲集がでる度に手に入れ、そして、大山脈のようなドラティの全集へ。
当時DECCAの輸入盤がCD4枚組がだいたい6400円くらいで店頭に並んでおり、1巻づつわくわくしながら買い集めました。ピノックの颯爽たる演奏とはうって変わって、古老の楷書の達筆のようなドラティの全集は、全く異なる魅力を放ってました。
そして、ウィーンコンツェルトハウスの四重奏曲集やリヒテルのピアノソナタ、カラヤンの天地創造などハイドンの様々な魅力を知るにつれ、ようやくジュピターレコードの奥さんが言われていたハイドンの魅力がわかった気がしました。

もとより、気に入るとのめり込む性格ゆえ、以降ハイドンの膨大な作品の膨大な演奏を少しずつ集め続けています。
モーツァルトでは一度明らかに飽きたんですが、ハイドンは不思議と飽きることなく、聴き続けてます。

おそらくモーツァルトに比べて作品の幅が広く、時代やジャンルにより曲調も変化があるのが一因じゃないかと思ってますが、一番大きいのは、素朴かつ暖かみ、人間味あふれ、几帳面かつ努力家であったであろうハイドンの本質的な魅力が、私にとってはモーツァルト以上に価値があると思えるからなんじゃないかと思ってます。

私がハイドンにはまるきっかけをいただいたジュピターレコードのご主人と奥さんはどうされているのやら。もう30年もまえのことでもあり、当時確か定年近い年齢でお店を開かれたようなお話だったゆえ、お元気だったとしてもかなりのお年だと思います。
どうか、お元気でいらっしゃいますように。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : カラヤン のめり込んだ経緯 ショップ ジュピターレコード

私はなぜハイドンにはまったのか?-2

(昨日のつづき)
実はジュピターレコードでハイドンのレコードを買ったのは数枚で、それも今思うとずいぶん特殊なものだったので、奥さんが言われたハイドンの面白さを自ら実感することはありませんでした。
大学に入って代々木を離れた以降も、時折ジュピターレコードに通い、バイト代やら奨学金やらでモーツァルトなどを中心にずいぶんLPを集めました。しかし、その後時代は徐々にCD時代に突入。ジュピターレコードもLPの衰退とともにお店をたたまれる決断をされるなど、大きな変化の時代となりました。

会社に勤めるようになってからは、当時のクラシックの殿堂であった今は亡き六本木WAVEがジュピターレコードに代わるお気に入りの立寄りスポットに。当時はモーツァルトの盤のみあつめたモーツァルトコーナーやすぐ隣に現代音楽のコーナーがあり新たな刺激をうけるように。モーツァルト没後200年の1991年頃までには、モーツァルトのほとんどの曲のCDを手に入れ、まさにモーツァルト漬けの状態。特に以前数枚のLPでその素晴らしさを知ったホグウッドのモーツァルト交響曲全集や、ガーディナーとビルソンのピアノ協奏曲全集で、モーツァルトの初期の曲の面白さにめくるめく喜びを感じて聴きまくってました。何たる響きの変化!

しかし、その頃あまりにモーツァルトに偏って聴いていたためか、当然のごとく、反動で次第に飽きるようになってしまい興味も次第に薄れてしまいました。

そんな状態のなか、ふとした弾みで買ったアルヒーフのピノックのハイドンの疾風怒濤期の交響曲集の1枚が、その後ハイドンにのめり込む決定的なインパクトをもたらしました。(まだつづく)

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : のめり込んだ経緯 ショップ モーツァルト ジュピターレコード

私はなぜハイドンにはまったのか?

禅問答のような、来訪者の素朴な疑問のようなこの質問にこのBlogの著者として答えておくべきなんでしょう。質問への正直な答えを、時代をさかのぼりながらたどってみましょう。

親の影響もあり、クラシック自体への興味は小学生の頃からありました。家には普通の家庭にしては十分立派なオーディオセットと多数のLPがあり、見よう見まねでレコードを聴いたりしていました。

自分自身で一番最初に買ったLPはカラヤンのブルックナー4番の国内盤LPでした。
高校受験の帰りの開放感から、当時の小遣いからすると大枚はたいた感満点の買い物です。針を落とした瞬間の驚きは今でも忘れません。スピーカーの遥か奥からベルリンフィルの透明な弦のさざ波とホルンの旋律がきこえた瞬間、FMでエアチェックしたコンビチュニーの同曲との解釈の違いに腰を抜かしたものでした。
すぐに感化され、当時メジャーだった、カラヤンとかベームとかメータやらのLPを少しずつ買い集めて楽しんでいました。

そんなこんなで少しづつベートーベンやら、マーラーやらいろいろLPを買い集めるなか、大学受験で浪人し、代々木の予備校に1年間通うことになりました。
代々木に毎日通ううち、当時代々木駅のすぐ近くビルの2階にあった、クラシック輸入盤の専門店「ジュピターレコード」を知り、予備校帰りによく寄道するようになりました。それほど広くない店内でしたが、今まで見たこともない輸入盤の数々に目のくらむ想いでした。ほどなく店内のビクターSX-3から流れるモーツァルトの調べに魅せられるようになり、モーツァルトに感心を持つようになりました。
小さなレコード店の良さで、ジュピターレコードのご主人がお客さんに「これはいい」とか、「これも聴いてみてください」というように気さくに話してくれるので、このお店でいろいろ教えてもらいました。ショルティの魔笛のドイテコムの夜の女王のアリアや、オワゾリールからリリースされ始めたのホグウッドの初期交響曲集の新鮮な響きなど、すばらしい演奏を教えていただきました。店内ではハイドンの曲も時折流れており、奥さんがハイドンはとてもいいと言われていたのが、何かとても気になっていました。(つづく)

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : カラヤン ショップ オーディオ のめり込んだ経緯 ジュピターレコード

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
スクロールできます。

モーツァルトベートーヴェン東京オペラシティシューベルトヒストリカルピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:31LPアンダンテと変奏曲XVII:6交響曲67番交響曲80番ライヴ録音哲学者ラメンタチオーネピアノソナタXVI:24美人奏者交響曲51番交響曲35番交響曲46番ピアノ協奏曲XVIII:11ピアノ協奏曲XVIII:3ピアノ協奏曲XVIII:4古楽器協奏交響曲ヴァイオリン協奏曲天地創造ピアノソナタXVI:52ピアノソナタXVI:49ファンタジアXVII:4交響曲47番ピアノソナタXVI:48十字架上のキリストの最後の七つの言葉テレジアミサピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:34ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:28バリトン三重奏曲アリエッタと12の変奏XVII:3ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:20サントリーホールラ・ロクスラーヌ帝国皇帝ハイドンのセレナード弦楽四重奏曲Op.76ピアノソナタXVI:51ピアノソナタXVI:50ラルゴ五度四季交響曲1番ピアノ三重奏曲ひばり弦楽四重奏曲Op.64日の出チェロ協奏曲ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:44東京芸術劇場ピアノ協奏曲XVIII:11ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.33軍隊リヒャルト・シュトラウス弦楽四重奏曲Op.74騎士弦楽四重奏曲Op.20交響曲17番ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:27アンダンテと変奏曲(XVII:6)弦楽四重奏曲Op.103シベリウス武満徹マーラー交響曲4番交響曲42番時の移ろい無人島ベルリンフィル告別ホルン信号交響曲19番弦楽四重奏曲Op.55弦楽四重奏曲Op.54王妃交響曲87番交響曲86番弦楽四重奏曲Op.9フルート三重奏曲トランペット協奏曲スコットランド歌曲集ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:25驚愕時計ロンドンピアノソナタXVI:10ピアノ協奏曲XVIII:6ディヴェルティメントピアノ五重奏曲チェチーリア・ミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナアレルヤピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6ホルン協奏曲ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲81番交響曲79番交響曲78番交響曲99番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードドイツ国歌カノンモテットオフェトリウムピアノソナタXVI:37スタバト・マーテルピアノソナタXVI:42弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルクラヴィコード弦楽四重奏曲Op.17太鼓連打交響曲102番太陽四重奏曲アダージョXVII:9交響曲70番受難ピアノソナタXVI:35パリセット交響曲84番イタリアンベルクブーレーズピアノソナタXVI:6交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアチェチーリアミサピアノソナタXVI:41スクエアピアノスコットランド歌曲ショスタコーヴィチ交響曲57番交響曲68番ビールタイ料理オーボエ協奏曲リラ・オルガニザータ協奏曲悲しみSACDパリ交響曲集ラーメンリーム交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還清水スタバトマーテルホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10ヴァイオリンとピアノのための協奏曲XVIII:6奇跡交響曲97番交響曲34番交響曲77番交響曲18番ストラヴィンスキー温泉ロープウェイ日本酒フルートソナタ長野ワイン蕎麦DVD交響曲98番ドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生交響曲93番ピアノソナタうなぎ和食旅館シングルモルトうどんダムカートリッジ雅楽そばプロコフィエフヘンデル英語によるカンツォネッタ集サン=サーンス交響曲36番リストシェーンベルクピアノソナタXVI:14オーディオバリトン二重奏曲ピアノ協奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番ピアノ三重同曲迂闊者パスタ洋食諏訪国立劇場歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47第九読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサほうとう国立西洋美術館焼肉ジャズネルソンミサ横浜弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番聴き比べピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:43カフェフレンチ古楽器風カレー東急文化村ノットゥルノピアノソナタXVI:2ヴェーベルンまたはオルフェオとエウリディーチェ哲学者の魂ライヴappleiMac府中の森芸術劇場鹿児島料理裏切られた誠実マリア・テレジアバリトン五重奏曲音楽時計曲ハイドン入門者向け焼酎居酒屋歌曲ピアノソナタXVI:G1ピアノソナタXVI:11ピアノソナタXVI:8散歩ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ定食ファリャお寺モルトインド料理交響曲56番マリアテレジア交響曲27番2つのホルンのための協奏曲トランッペット協奏曲外食自宅料理展覧会中華ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集とんかつウイスキー焼き鳥シャンゼリゼ劇場8人のへぼ仕立て屋に違いない弦楽四重奏曲Op.2皇帝讃歌交響曲24番小オルガンミサ大オルガンミサCDラックiPhone新橋演舞場交響曲5番交響曲10番ポルトガル料理赤坂ACTシアター演劇テ・デウムサルヴェ・レジーナ日帰り温泉喫茶狛江インドネシア料理カッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理ギネス国立新美術館高音質CD剃刀庭風景狛江のお店ピアノとヴァイオリンのための協奏曲ドビュッシーネパール料理交響曲28番交響曲13番交響曲95番変わらぬまこと交響曲62番交響曲108番交響曲107番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲9番交響曲3番交響曲2番スカルラッティ府中のお店映画声楽曲カンタータ牛タン戦時のミサルテアトル銀座ヴァイオリンとオルガンのための協奏曲珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコード中華料理マーキュリージャケット買い管弦楽曲お宅訪問Mac室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番焼き肉冷麺韓国料理飲み食いギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤン弦楽三重奏曲テレビ番組スウェーリンク書籍セル交響曲12番交響曲65番ニコライミサ交響曲71番ハイボールアプラウステンシュテットピアノソナタXVI:13アーノンクールピアノ小品ラトル魂の歌海鮮寿司仙台グルダヤナーチェクモンゴル料理現代音楽ワールドカップクロノス・クァルテットノンサッチ長岡鉄男リュートマイケル・ジャクソンBlu-rayiPad狩りショップピアノ曲アップルのめり込んだ経緯

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2016年9月のデータ(2016年9月30日)
登録曲数:1,361曲(前月比+3曲) 登録演奏数:9,608(前月比+87演奏)
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
143位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
10位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ