ヨーゼフ・メスナーのオラトリオ版「十字架上のキリストの最後の七つの言葉」(ハイドン)

最近手に入れた非常に古い録音のLP。

MessnerREMINGTON.jpg

ヨーゼフ・メスナー(Joseph Messner)指揮のザルツブルク大聖堂合唱団(The Salzburg Dome Choir)、モーツァルテウム管弦楽団(The Mozarteum Orchestra)の演奏で、ハイドンのオラトリオ版「十字架上のキリストの最後の七つの言葉」を収めた2枚組のLP。収録情報はこのアルバムには記載されていませんが、同一音源と思われる手元のCD-Rには1950年7月30日のライヴ収録と掲載されています。レーベルは英REMIGTON。

鮮烈な赤地にキリストのイラスト、そして印象的なタイポグラフィのジャケットが所有欲をそそるアルバム。1950年の録音ということでもちろんモノラル。しかもこの曲を2枚組4面に渡って収録してあるもの。先日オークションで入手したアルバムです。音源自体はCD-Rとして出回っているものなので、特段珍しいものではありませんが、このアルバム自体の放つ独特のオーラがたまりませんね。

手元の所有盤リストを調べてみると、オラトリオ版の「十字架上のキリストの最後の七つの言葉」ではこの演奏が一番録音年代が古く、そのあとはシェルヘン盤の1962年のものということで、この曲の録音史に残るものと言えるでしょう。

指揮者のヨーゼフ・メスナーは1893年、オーストリア西部のアルプス山麓のシュヴァーツという村の生まれ。幼い頃から音楽教育を受け、ミュンヘンで作曲、オルガンを学び、1920年代には作曲家、オルガニストとして活動をし始めます。1922年からはザルツブルク大聖堂のオルガニスト、1926年には楽長となり1969年に亡くなるまでその地位にあったとのこと。オルガン音楽の巨匠として知られ、ブルックナーの後継者とみなされていたということです。凄いのが歌手の布陣。

ソプラノ:ヒルデ・ギューデン(Hilde Guden)
アルト:クララ・エルシュレガー(Clara Ölschläger)
テノール:ユリウス・パツァーク(Julius Patzak)
バリトン:ハンス・ブラウン(Hans Braun)

ギューデンにパツァークとこの時代の一流どころを揃えた見事な配役ということで、いやが上にも期待が高まります。

Hob.XX:2 "Die sieben letzten Worte unseres Erlösers am Kreuze " 「十字架上のキリストの最後の七つの言葉」 (1796)
古いアルバムゆえ、いつものようにクリーニングしてもスクラッチノイズは少々残る感じですが、このくらい古いものだと逆にフィルムの映画同様、ノイズが味わいの要素のように聞こえます。そしてやはりCD-Rよりもリアリティは上。序章の入りは時代がかった古風な雰囲気を感じさせる至極ゆったりとしたもの。序章の後、ハープシコードに続いて滔々と流れる大河のようなコーラスを伴った第1ソナタに入ります。ライヴらしく縦の線が揃わないところもありますが、逆にそれが教会でのリアルな行事のような印象を与えていい感じ。すぐにソロが入りますがやはりギューデンの輝かしく圧倒的な美声が一段と目立ちます。

IMG_1757.jpg

第1ソナタが終わると2面に移ります。第2ソナタはまるで劇画音楽のようにドラマティックな展開。荒々しく、しかも力強いコーラスのエネルギーが押し寄せます。じっくり朗々と音楽が語られていくにつれて、巨大なエネルギーに取り込まれていくような錯覚に陥ります。そして第3ソナタはさらにテンポを落として、孤高感が際立ちます。メスナーの自然の呼吸のようなコントロールにオケとコーラスはゆったりと反応。歌手も朗々と歌を合わせていくことで絶妙な一体感に至ります。

再び面を変えて第4ソナタ、第5ソナタ。もはやゆったりとしたテンポに体が慣れてきていますが、第5ソナタのピチカートがここまで遅いとは想像できませんでした。超スローテンポによって歌手による四重唱が聴きどころになった感じ。同じ曲なのに他の演奏とは全く異なる響きに感じてきます。終盤再びピチカートに戻りますが音楽を保つギリギリ所までテンポを落としてきます。キワモノ的解釈という印象はなく、この時代の演奏スタイルと理解すべきでしょう。

最後の面に変えて第6ソナタ、第7ソナタに地震。第6ソナタの途中で「ゴン」というノイズが入ることで、これがライブだと気付かされます。ここまで一貫して遅めのテンポで、ザックリと音楽を作ってきましたが、ただ遅いだけではなく、起伏が実に音楽的であると同時にこれがオラトリオであるとはっきりとわかる祈りの感情を伴わせてきています。終盤に差し掛かったことを思わせる陰りも見事。そして第7ソナタはこれが結びであるとわかる折り目正しさを感じさせる見事な展開。渾身の力で険しさと郷愁を描いていきます。まさに劇的なクライマックス。最後の地震はアンサンブルが若干崩れ気味なのが地震っぽい。力で押すのではなく純音楽的な表現が予想とちょっと違いました。

1950年録音のオラトリオ版の「十字架上のキリストの最後の七つの言葉」ですが、まさにヒストリカルな演奏。時代の空気と奏者のエネルギーが音溝にしっかりと刻まれていました。演奏としてはもちろん荒く録音も時代なりですが、この演奏の価値はそこではなく、演奏史上の貴重な記録という所でしょう。人によって評価はまちまちでしょうが、私の評価は[++++]としておきます。何より同演奏のCD-Rとはコレクション価値が異なりますね。針音に時代の空気を感じる貴重なアルバムでした。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 十字架上のキリストの最後の七つの言葉 ヒストリカル LP

【新着】ポール・マクリーシュの四季(ハイドン)

色々あって間が空きましたが、新着アルバムを取り上げます。注目の大物リリースです。

McCreeshSeasons.jpg
TOWER RECORDS / amazon / ローチケHMVicon

ポール・マクリーシュ(Paul McCreesh)指揮のガブリエリ・コンソート&プレイヤーズ(Gabrieli Consort & Players)、ヴロツワフ・バロック管弦楽団(Warocław Baroque Orchestra)、国立音楽フォーラム合唱団(National Forum of Music Choir)によるハイドンの最後のオラトリオ「四季」。収録は2016年6月20日から23日にかけて、ポーランドのチェコ国境に近い街、ヴロツワフの国立音楽フォーラム(National Forum of Music)でのセッション録音。レーベルは国立音楽フォーラムの自主制作だと思われますがリリース元はSignum Classics。

マクリーシュは、以前名門ARCHIVから天地創造や演奏会用アリアなどをリリースしていました。収録は天地創造が2006年、アリアが2004年ということで、かれこれ10年以上経過しています。

2010/07/30 : ハイドン–声楽曲 : マクリーシュ伴奏の歌曲
2010/05/29 : ハイドン–オラトリオ : ダイナミック! マクリーシュの天地創造

そのマクリーシュが今度はレーベルを変えて四季をリリースしたということで気になっていたアルバム。マクリーシュのこれまでのハイドンの録音は経費節減の現代にあっては珍しく全てセッション録音。今回はヴロツワフの国立音楽フォーラムの自主制作レーベルということで、ライヴレコーディングかと思いきや、これもセッション録音です。このあたりはマクリーシュのこだわりでしょうか。

調べてみるとこのアルバム、シリーズものの4枚目ということで、これまでベルリオーズのレクィエム、メンデルスゾーンの「エリア」、ブリテンの「戦争レクィエム」に続くリリースとのことで、それぞれ大規模オーケストラによる録音。ベルリオーズはライヴですが、他はセッション録音です。

今回四季を聴くにあたってARCHIVの天地創造の方も聴き直して見ましたが、こちらも大編成オケによる迫力の演奏。基本的に大オーケストラの迫力で聴かせることにポイントが置かれた演奏と言っていいでしょう。そして今回の四季についてもアルバムに掲載された収録風景を見ると古楽器としては異例の大編成。メンバー表を見て見ると第1第2ヴァイオリンがそれぞれ18人で合わせて36人、ホルンは10人という規模のものでした。

指揮のポール・マクリーシュは1960年ロンドン生まれのイギリスの指揮者。マンチェスター大学でチェロや指揮を学び、1982年には手兵ガブリエリ・コンソート&プレイヤーズを設立。早くから名門ARCHIVレーベルに先の天地創造を含む多数の録音を残しているため、ご存知の方も多いでしょう。マクリーシュはまたヴロツワフで開催されるオラトリオとカンタータの音楽祭の芸術監督も務めていることから、この一連のシリーズの録音がなされたのでしょう。

歌手陣は下記の通り。
ハンネ:キャロリン・サンプソン(Carolyn Sampson)
ルーカス:ジェレミー・オヴェンデン(Jeremy Ovenden)
サイモン:アンドルー・フォスター=ウィリアムズ(Andrew Foster-Williams)

Hob.XXI:3 "Die Jahreszeiten" 「四季」 (1799-1801)
冒頭から凄まじい打撃で入ります。大オーケストラによる渾身の分厚い響きがタイトに引き締まってグイグイ攻めて来ます。アンプのヴォリュームを上げるとまさにホールの中でオケの至近距離で聴いているようなリアリティ。第1曲でサイモン、ルーカス、ハンネの順に歌が入りますが、オケとの音量バランスが通常の録音よりも歌手の音量が低く録られているように感じます。これは実際の音量に近いバランスなのでしょう。セッション録音なのでもう少し歌手にスポットを当ててもよかった気がします。3人とも堅実な歌唱ですが、サイモンのアンドルー・フォスター=ウィリアムズがこの役としては少々軽めの個性的な声。美しいメロディーが続く四季ゆえ、メロディーを聴かせるところではリラックスしてゆったりと音楽を奏でていき、コーラムも大編成らしく大河の流れのような悠然とした分厚い響きが心地良いですね。春の最後の三重唱とコーラス「おお、今や何と素晴らしい」は前半の三重唱が終わると再び渾身の大音響に包まれます。ここは相当な大音量で聴いてこそ味わえる迫力でしょう。音量を絞ると弱音部が貧弱になってしまいます。本来ライヴだと手に汗握る迫力を感じるところでしょうが、セッション録音のせいか妙に冷静な印象も付きまといます。
以後、夏、秋、冬と演奏のレベルは一貫していて、流石にセッション録音らしい精度を感じさせますが、同様にライヴでしか味わえない音楽の流れの面白さはちょっと希薄になってしまっているようにも感じます。もちろん、これだけ大編成のオケの録音としては十分以上の精度での演奏で、表現上もクッキリとメリハリがつき、おまけに大爆発連発の演奏なんですが、比較的デッドでちょっと分析的な録音に加えて、一貫して冷静なコントロールがそう感じさせるのでしょう。

私もこの演奏に対する印象が固まらす、最初に聴いた時にまず迫力に驚き、伏線となる天地創造を聴き直して傾向を確認して、またまたこちらを聴き直してなんとなく共通する印象を汲み取り、さらに通勤時にApple Musicで聴き直してこの印象を確認した次第。私にしては珍しく、かなりの回数聴いてようやくこの演奏の本質というか傾向が見えてきた次第です。

ポール・マクリーシュによるハイドン最後のオラトリオ「四季」の最新の録音ですが、これまで触れたように大編成古楽器オケによるど迫力の演奏としてこの演奏を評価する人もいらっしゃるでしょう。マクリーシュのこだわりは音楽の流れというより、完成度の高い大オーケストラによる迫力の響き自体にあるような気がします。それゆえライヴ収録という手法をとらず、あえてセッション録音によって制作されましたが、私はライヴでの大きな音楽の流れの面白さが加わった方が良かったのではないかと思っています。全編均質な仕上がりの良さと冷静さが、このハイドンの大曲「四季」の本質的な面白さを表現仕切れていない印象を残してしまったように思います。評価は[++++]とします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 四季

【新着】絶品! ミヒャエル・シェーンハイトの天地創造ライヴ(ハイドン)

またまた素晴らしいアルバムを発掘しました!

Schonheit.jpg
TOWER RECORDS / amazon / ローチケHMVicon

ミヒャエル・シェーンハイト(Michael Schönheit)指揮のメルゼブルガー・ホフムジーク(Merseburger Hofmusik)の演奏で、ハイドンのオラトリオ「天地創造」のライヴを収めたアルバム。合唱はコレギウム・ヴォカーレ・ライプツィヒ(Collegium Vocale Leipzig)、シュロスカペレ・ザールフェルト室内合唱団(Kammerchor der Schlosskapelle Saalfeld)。収録は2015年9月11日と12日、ライプツィヒの西約20kmにあるメルゼブルク(Merseburg)にあるメルゼブルク大聖堂でのライヴ。レーベルはQUERSTAND。

このアルバム、最近リリースされた天地創造の新録音ですが、指揮者もオケもソロも未知のもの。天地創造は全種コンプリートを目指して収集中ゆえ何気なく注文したもので、結構時間がかかって最近到着したもの。いつも通りさして期待もせずCDプレイヤーにかけて聴きはじめたところ、最初は大聖堂での残響の多い古楽器のライヴだなあという印象でしたが、すぐに非常にニュアンスの豊かなフレージングとキビキビとしたコントロール、そして粒揃いの歌手陣、コントロールの行き渡ったコーラスに惹きつけられ、あっという間に全曲を楽しんでしまいました。最近の録音らしく会場ノイズは皆無ですが、第3部の終曲が終わり残響が静寂の中に消えた瞬間、ものすごい拍手が降り注ぎ、拍手は次第に地鳴りを伴うようになり、当日の観客の興奮までもがリアルに収められています。聴き終わった私が岡本太郎的形相で「なんだこれは?」と叫んだのはもちろんのこと(笑) いやいやこれは素晴らしい演奏です。

あらためてアルバムを見てみると、なんだか天地創造を表すような想像力爆発な絵画に加え、フォントにはカラフルなグラデーションが施されています。ジャケットは決して品がいいとは言えないものですが、このアルバムに込められたエネルギーを象徴するよう。

この素晴らしい演奏を生み出した指揮者のミヒャエル・シェーンハイトは、1961年、ライプツィヒの南にあるザールフェルト(Saalfeld)生まれの指揮者、オルガニスト。同じくオルガニストだった父ワルター・シェーンハイトからピアノとオルガンを教わり、1978年まで、地元ザールフェルトの少年合唱団に所属、その後ライプツィヒ・メンデルスゾーン音楽アカデミーで指揮とピアノを学びます。卒業後父のあとを継ぎ、ザールフェルトのヨハネ教会のオルガニストと合唱指揮者に就任します。1986年にはライプツィヒ・ゲヴァントハウスのオルガニストとライプツィヒ・バロックオーケストラのメンバーとなり、有名指揮者と共演するようになります。1995年にはクルト・マズアの振るニューヨークフィルにソリストとしてデビュー。1996年にはメルゼブルクの教会のオルガニストに就任、そして1998年にこのアルバムのオケであるメルゼブルガー・ホフムジークを設立します。このオケはライプツィヒ・ゲヴァントハウスの奏者などによる古楽器オケとのこと。

ライナーノーツによるとそもそもシェーンハイトの指揮者としてのデビューは1982年、ハイドンの生誕250年のアニヴァーサリーイヤーに父が振る予定だった天地創造のコンサートの際、父の急病により代打として指揮台に立った時で、以来30年以上に渡って天地創造の研究を重ねてきたとのこと。それだけ天地創造には思い入れがあるのでしょう。

歌手陣は下記の通り。
ガブリエル/エヴァ:ユーリア・ゾフィー・ヴァーグナー(Julia Sophie Wagner)
ウリエル:ロタール・オディニウス(Lothar Odinius)
ラファエル/アダム:アンドレアス・シャイブナー(Andreas Scheibner)

Hob.XXI:2 "Die Schöpfung" 「天地創造」 (1796-1798)
冒頭のカオスは、何気なく聴くと流れのいい普通の演奏なんですが、注意深く聴くとデュナーミクもアゴーギクも実に巧み。緊張感を保ちながらも一貫して堂々とした流れの良いテンポで音楽が進みます。場面場面にしっかりとした特徴を持たせながらも、スイスイ音楽が流れて行くので非常に見通しの良い演奏。そしてそこここにキリリとしたアクセントをつけて行くので、変化に富んだ感じも十分。かなり演奏を重ねてきた円熟を感じます。歌手も揃って若々しい声で悪くありません。ラファエルのアンドレアス・シャイブナーは柔らかで自然な声質、ウリエルのロタール・オディニウスはキリリと澄んだ声、ガブリエルのユーリア・ゾフィー・ヴァーグナーは線は細いもののふくよかな響きを感じさせるソプラノ。調べてみると夏目三久似のコケティッシュな人でした。期待のガブリエルのアリアは端正な歌唱。シュワルツコップから芳香を抜いてスッキリさせた感じ。コーラスは透明なハーモニーがくっきりと浮かび上がる素晴らしいもの。流石に合唱指揮も手がけてきただけのことはあります。先に触れたように非常に流れの良い演奏ですが、第1部のクライマックスに至る第12曲から13曲に至るところ盛り上げ方、アクセントを効かせた展開は見事そのもの。胸のすくようなクライマックスへの盛り上がり。音量を上げて聴くと大聖堂に響き渡るオケとコーラスの波にのまれる感じ。

第2部は美しいメロディーの宝庫だけにシェーンハイトのコントロールの美点が活きて、第1部以上に聴き応え十分。かなり速めのテンポでドンドン進みます。この見通しの良さはあらたな発見。ゆったりと流れるメロディーもいいものですが、大曲をまとまりよく聴かせるというコンセプトだと思います。やはりクッキリとしたメリハリが効いているのでセカセカした感じはしません。ガブリエル、ラファエル、ウリエルのそれぞれのアリアは純粋にメロディーの美しさに聴き惚れんばかり。次々と歌われるアリアの快感。そして第2部のクライマックスたる第26曲から28曲までの展開も迫力十分。決して力むことなく音楽の流れで表現される迫力。大迫力なのに透明感と軽々とした躍動感に満ちている素晴らしい瞬間。

そして天上の音楽のような期待の第3部。冒頭からオケの自然で透明な響きに聴き惚れます。とろけるようなホルンが鳴り響き、ウリエルのレチタティーヴォももとろけるよう。そして聴きどころのアダムとエヴァのデュエットはテンポを落とし、普通のテンポになります。歌手とオケとコーラスが完璧に響きあう至福のひととき。続く大迫力の合唱は速めのテンポでタイトにまとめ、2番目のデュエットでも再び至福のひとときが訪れます。エヴァのソプラノのなんと美しいこと。そして第3部のクライマックスたる第34曲の堂々とした入り、荘厳さを帯びたフーガ、次々とコーラスの波が襲い、オケがそれに呼応。素晴らしい迫力でのフィニッシュ。そして先に触れたように万雷の拍手が地鳴りを伴い降り注ぎます。

いやいやなんと素晴らしい演奏でしょう。じっくり克明に描く天地創造も多い中、全3部を一気に聴かせるタイトな演奏。しかもこれがライヴだとは信じがたい素晴らしい集中力。30年以上に渡って天地創造を研究してきたというミヒャエル・シェーンハイトの言葉に偽りはないでしょう。名演の多い天地創造ですが、名だたる一流どころの演奏と比べて劣るどころか、それら以上に素晴らしい演奏と言っていいでしょう。歌手、コーラス、オケ、録音も素晴らしい仕上がりのアルバムとして多くの人に聴いていただくべき価値のあるアルバムです。評価はもちろん[+++++]とします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 天地創造 ライヴ録音 古楽器

ジョン・ネルソン/オランダ放送室内フィルの「天地創造」(ハイドン)

久々の映像ものです。しかもこれがなかなか良い。

JohnNelsonCreation.jpg
TOWER RECORDS / amazon(別装丁盤) / ローチケHMVicon

ジョン・ネルソン(John Nelson)指揮のオランダ放送合唱団(The Netherland Radio Choir)、オランダ放送室内フィルハーモニー管弦楽団(The Netherlands Radio Chamber Ohilharmonic)の演奏で、ハイドンのオラトリオ「天地創造」のライヴ映像を収めたDVD。収録は2010年6月、オランダのアムステルダム近郊の五稜郭のような要塞都市ナールデン(Naarden)のナールデン大聖堂でのコンサートのライヴ。レーベルはEUROARTS。

天地創造をとりあげるのは久しぶりです。しかも今回は映像。前からちょっと気になっていたアルバムですが、入手していないことに気づき手に入れました。指揮者もオケもなじみのないものでしたが、同じ組み合わせでバッハのマタイ受難曲、ロ短調ミサやベートーヴェンのミサ・ソレムニスなどもセットになった宗教音楽集バージョンもリリースされているなどかなり本格的な内容。また天地創造の歌手は一流どころが揃っており、期待できそうな予感がありました。歌手は下記のとおり。

ガブリエル:リサ・ミルン(ソプラノ)
ウリエル:ウェルナー・ギューラ(テノール)
ラファエル:マシュー・ローズ(バリトン)
エヴァ:ルーシー・クロウ(ソプラノ)
アダム:ジョナサン・ベイヤー(バス)

指揮者のジョン・ネルソンは1941年、アメリカ人の両親のもと、コスタリカで生まれ、シカゴ近郊のホィートン・カレッジ(Wheaton College)、ニューヨークのジュリアード音楽院で学び、1976年から87年までインディアナポリス交響楽団の音楽監督、1985年から88年までセントルイス歌劇場の音楽監督、以後91年まで首席指揮者、1983年から90年まではニューヨーク州カトナーのカラマー国際音楽祭の音楽監督などを歴任。欧米の主要オケへの客演履歴も豊富で、欧米では知られた人のようです。1998年はら2008年までパリ室内管弦楽団の音楽監督。現在はパリに住み、古典的な宗教曲の普及や合唱指揮などで活躍しているとのこと。一連のDVDは最近の活動の記録ということでしょう。

このDVDを記事に取り上げたということは、もちろん演奏が良いからに他なりません。

Hob.XXI:2 "Die Schöpfung" 「天地創造」 (1796-1798)
冒頭のメニュー映像は美しい要塞都市のナールデンの空撮映像から始まり、演奏会場となったナールデン大聖堂が素晴らしいロケーションにあることがわかります。大聖堂といっても十字のプランをもつゴシック様式の聖堂で小規模なオケと合唱で聖堂の半分がうまり、奏者と観客がほぼ同人数という規模。もちろん天井は高く石造りのため残響は豊かですが、鑑賞に問題があるほどではなく、録音は上手く処理しています。映像はカメラに動きがあってかなり凝ったもので、美しい聖堂でのコンサートを十分活かしたもの。
第1部のはじまりから、堅実な手腕でネルソンがオケをコントロールしていきますが、オケはまったく乱れを見せず、かなりの腕前揃いとみました。オケの規模の割に迫力は素晴らしく、タイトに引き締まっていい演奏。そしてコーラスも大聖堂に響きわたる迫力があり、オケとコーラスのコントロールは流石なところ。なにより素晴らしいのが歌手陣。最近では珍しい、5人構成でガブリエルとエヴァ、ラファエルとアダムはそれぞれ2人づつ設定されますが、ラファエルのマシュー・ローズが図太く鋼のような響きで存在感十分。ラファエルは天地創造の演奏の要だけに、この演奏の大きなポイント。ウリエルは古楽での登場が多いウェルナー・ギューラでしなやかな歌唱。そしてガブリエルのリサ・ミルンは可憐というよりよく響く声で迫力十分。ガブリエルのアリアの表情の豊かさはかなりもの。この3人の素晴らしい安定感がこの演奏の魅力の一つですね。そして聴き進むうちに、ネルソンの棒がオケをグイグイ引っ張り、ライヴらしい素晴らしい高揚感を表出していきます。盛り上げどころを心得た煽りが実に的確。オケも見事にそれに応え、第1部の終盤から小規模オケながら怒涛の高揚感に包まれます。そしてこうしたところでのコーラスの分厚いハーモニーが大聖堂に満ちていく幸福感。オケもコーラスも渾身の演奏でクライマックスを迎えます。

第2部は名曲の宝庫。ガブリエル、ラファエル。ウリエルともに聴かせどころを見事な歌唱でこなし、ネルソンはこんどはじっくりと歌手を支える側にまわって堅実な伴奏に徹します。速めのテンポで曲を進めるので見通しよく進め、第2部が間延びすることなく、美しい曲が代わる代わる響きわたるネルソンの酔眼。

第3部に登場するエヴァとアダムは如何にと思って聴き始めると、最初のウリエルのウェルナー・ギューラのあまりに見事な歌唱といままでで一番艶やかなオケの演奏に耳を奪われます。エヴァのルーシー・クロウは高音の透明感が素晴らしい歌唱。そしてデュエットの相手のアダムのジョナサン・ベイヤーもキリリと引き締まった硬質な声でいいアンサンブル。オケも曲の流れに乗って包み込むように歌手を支えます。ネルソンはかなり丁寧に指示を出して曲をまとめていきます。2つ目のアダムとエヴァのデュエットのなんという癒しに満ちた入り。デュエットも天上の歌声のよう。特にルーシー・クロウの声の抜けるような美しさは素晴らしいですね。そして終盤に差し掛かると大きなうねりの波に乗りながらも細かい指示で全メンバーのまとめて曲の大きな渦に乗せていきます。ハイドンが晩年に全精力を傾けて書いた名曲のすばらしさが圧倒的な高揚感のなかに浮かび上がります。そして終曲の冒頭の力みなぎる響きから、フーガのようにメロディーが繰り返されクライマックスへ。ネルソンは最後まで集中してオケとコーラスに指示を出しながら頂点を目指します。最後は神々しさを交えた響きに至り終了。大聖堂に暖かい拍手が満ちました。全員がスタンディングオベイション。この日の会場にいた観客は幸福感につつまれたでしょう。

ジョン・ネルソンという未知の指揮者による天地創造のライヴ。映像作品としてはコンサートの模様を丁寧に収録し、当日のライヴを見ているような感動を味わうことができる素晴らしいプロダクションです。歌手、コーラス、オケともにレベルが高く、しかも天地創造の演奏としては理想的なロケーションでのコンサートで、映像作品としては非常に楽しめるものに仕上がっています。演奏だけをとればこれより上の演奏もありますが、これはこれで貴重なもの。評価は[+++++]とします。オススメです!
惜しむらくはBlu-rayではないこと。ハイヴィジョン映像に慣れた現代の視聴環境にDVDの品質はちょっと難ありといったところでしょう。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 天地創造 DVD

エノッホ・ツー・グッテンベルク/バッハ・コレギウム・ミュンヘンの「四季」(ハイドン)

すみません、年明けから怒涛の新年会ラッシュでだいぶ間が空いてしまいました。久しぶりに大曲四季を取り上げます。

IMG_7589_20170113215049575.jpg

エノッホ・ツー・グッテンベルク(Enoch zu Guttenberg)指揮のノイボイエルン合唱団(Chorgemeinschaft Neubeuern)、バッハ・コレギウム・ミュンヘン(Bach Colleggium München)の演奏で、ハイドンのオラトリオ「四季」を収めたLP。収録は1988年4月24日、ミュンヘンのガスタイク・フィルハーモニーでのライヴ。レーベルは独obligat。

このアルバム、最近ディスクユニオンで仕入れたもの。売り場でこのアルバムを見たときはエノッホ・ツー・グッテンベルクの振る四季はCDが手元にあったはずだと思って所有盤リストを確認してみると、CDとしてリリースされている録音とは別物ということが判明したため、いそいそとレジに進みました(笑) CDの方は2004年のセッション録音で、オケはクラング・フェアヴァルトゥング管。それに対してこちらは1988年と16年遡った日のライヴでオケはバッハ・コレギウム・ミュンヘンです。指揮者のエノッホ・ツー・グッテンベルクはあまり知られた人ではありませんが、CDの方の演奏は引き締まった秀演だったため、ちょっと記憶に残っていました。

エノッホ・ツー・グッテンベルクは、1946年、ドイツのバイロイト近郊のグッテンベルク(Guttenberg)に生まれた指揮者。グッテンベルク家はバイロイト一帯を含むフランケン地方の貴族であり、父カール・テオドールは1967年から69年までクルト・ゲオルク・キージンガー内閣の首相府政務次官を務めた政治家、息子カール=テオドールはメルケル内閣で経済・科学技術相、国防相を務めた政治家。息子の方はメルケルの有力な後継者とみなされるほど人気があったそうですが2011年、バイロイト大学に提出した論文に盗用疑惑が持ち上がり辞任したとのこと。
本人もドイツの大規模なワイナリーの所有者だったりと貴族の流れを汲む資産家のようですね。もともと、このアルバムで合唱を担当するノイボイエルン合唱団を1967年に創設し、すぐにドイツ国内のコンクールなどで優勝し、1980年からはフランクフルト・チェチーリア協会の合唱指揮者にも就任し、以後2つの合唱団や各地のオケなどを指揮して様々な音楽祭に招かれ、特に現代楽器でのバッハの演奏で知られるようになります。レパートリーはオラトリオを中心に現代音楽までとのこと。

歌手は下記の通り。

ハンネ:平松 英子(Eiko Hiramatsu)
ルーカス:ウェルナー・ホルウェグ(Werner Hollweg)
シモン: アントン・シャリンジャー(Anton Scharinger)

Hob.XXI:3 "Die Jahreszeiten" 「四季」 (1799-1801)
後のCDの引き締まった演奏とは異なり、かなり自然でおおらかな入り。LPですがデジタル録音の時代に入っていますので、録音は自然かつ精緻で聴きやすいもの。LPもいいコンデションのためノイズもほとんどなくスピーカーの周りにホールの空間が広がります。シモンのアントン・シャリンジャー、ルーカスのウェルナー、ハンネの平松英子ともに、ホールによく響く通りの良い声。特にコーラスは大河の流れのように分厚いハーモニー。流石に合唱指揮出身のグッテンベルクのコントロールというところでしょう。ジャケットの中開きには演奏風景の写真がありますが、コーラスは100人規模の大編成。第4曲のシモンのアリア「農夫は今、喜び勇んで」に入ると美しいアリアのメロディーに乗ってオケがだんだん引き締まってきて、ライヴらしい陶酔感が漂います。そして第6曲のソロに合唱が加わるところが圧巻。まさにコーラスの海に包まれるような幸福感。ハイドンが農夫の喜びを描いた心情がまさに音楽の悦びとして歌われる至福の瞬間。ライヴそのままの盛り上がりを味わえます。グッテンベルクはオケをことさら煽らず、曲に素直に大局を見据えて自然なコントロールに徹しており、歌手もオーソドックスながら皆素晴らしい歌唱で支えます。そして、第8曲の「おお、今や何と素晴らしい」の冒頭、オケがホールいっぱいに響き渡る素晴らしい迫力。録音の素晴らしさも手伝って類い稀な高揚感。まさにコンサート会場にいるような盛り上がりに圧倒されます。

LPをひっくり返して夏。前曲最後の盛り上がりから一転して、暗く静かな音楽に変わりますが、音楽の自然でしなやかな流れは変わらず。最初のシモンのアリア「眠りを覚ました羊飼いは今」はしっとりと美しく響きます。そして「朝焼けが訪れて」の輝かしいクライマックスでは再び大河のようなコーラスに包まれます。オケとコーラスのスロットルコントロールが自然ながらかなりの幅で、フルスロットルのエネルギーはかなりのもの。この自然なダイナミクスのコントロールがグッテンベルクの魅力でしょう。この後、レチタティーヴォなどで代わる代わるしっとりとソロを聴かせたあと、終盤のコーラスによる「ああ、嵐が近づいた」で再びオケとコーラスが爆発。そして最後の「黒い雲は切れ」でもコーラスが加わると一段とハーモニーが厚みを帯びて音楽に生気が宿りが宿ります。まさにコーラスが曲の中心にあるよう。

レコードを替えて後半へ。秋は収穫の喜びが満ち溢れた曲が続きます。三重唱とコーラスによる「こんなに自然は、勤労に報いてくれた」で最初のクライマックスに至り、ハンネとルーカスによる美しいデュエット「町から来た美しい人、こちらへおいで!」、そしてシモンのアリア「広い草原を見渡してごらん!」では実にデリケートなオケの伴奏によって絶妙なニュアンスが引き出されます。そしてホルンのファンファーレが轟く「聞け、この大きなざわめき」では、ホルンが朗々と響き渡りますが、弱音のコントロール、遠方で鳴る響きのパースペクティブの演出まで含めて見事。オケのテクニックは素晴らしいものがあります。秋の終曲はコーラスによる「万歳、万歳、ぶどう酒だ」。舞曲が流れる中、コーラスが最高に盛り上がって終わります。

そして最後の冬。しっとりと沈んだ描写の美しさもこの演奏の特徴。音量を落としてもデリケートなニュアンスと陰影がしっかり描かれているので音楽が雄大に展開していきます。前半は歌手が絶妙なレチタティーヴォで引き締め、中盤の聴きどころの糸車の歌では、コーラスが土着的なメロディーを素朴に歌い上げます。その後もアリアとレチタティーヴォの美しいメロディーの連続にとろけそう。オケは要所でキリリと引き締まり、終曲で明るい和音が轟く瞬間の自然な輝かしさはなんとも言えない朗らかさ。節度を伴ってじんわり盛り上がる終曲のコントロールまで緊張感が保たれました。

エノッホ・ツー・グッテンベルクによるハイドン最後のオラトリオ「四季」の1988年のライヴでしたが、流石に合唱指揮者出身だけあって分厚く響くコーラスの魅力に溢れた名演でした。この大曲を実に自然な流れの中でまとめ上げる手腕は見事。オケのコントロールも素晴らしく、ハイドンの農民讃歌たるこの曲の理想的な演奏と言っていいでしょう。演奏のキレを聴かせるという意図は皆無で全編自然な音楽に溢れた演奏でした。残念ながらCD化はされていないようで、入手は容易ではないかとは思いますが、この素晴らしさは多くの人に聴いていただくべき価値があると思います。後年録音されたCDも引き締まったいい演奏ですが、私はこの自然な大河の流れのようなライヴの方が好みです。評価は[+++++]です!

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 四季 ライヴ録音 LP

コリン・デイヴィス/BBC響の「四季」旧録音(ハイドン)

4月最初のレビューは最近手にいれたアルバム。

DavisSeasons.jpg
amazon / amazon(mp3)

サー・コリン・デイヴィス(Sir Colin Davis)指揮のBBC交響楽団(BBC Symphony Orchestra)の演奏でハイドンのオラトリオ「四季」。収録は1968年7月、ロンドン北西にあるワトフォードのワトフォード・タウン・ホール(Watford Town Hall)でのセッション録音。レーベルは今は亡きPHILIPS。

コリン・デイヴィスはハイドンの交響曲のPHILIPSへのアムステルダム・コンセルトヘボウ管との交響曲の録音で知られていますが、その録音は1970年代から80年代にかけてのもの。今日取り上げるアルバムはそれらの録音よりかなり前の1968年に収録されたもの。また、オケがアムステルダム・コンセルトヘボウではなくBBC響というのが珍しいところ。調べたところコリン。デイヴィスはアンタル・ドラティの後を受けて1967年から71年までBBC響の首席指揮者の地位にあったとのこと。

このアルバムを見かけるまでその存在に気づいていませんでしたが、CDプレイヤーにかけてみると、引き締まりまくった素晴らしい響きにすぐに耳を奪われました。デイヴィスの四季には2010年のロンドン交響楽団とのライヴの録音もありますが、デイヴィス特有の引き締まった響きが聴かれず、今ひとつピンとこない演奏でした。また、このアルバムと同じ体裁であるPHILIPS DUOシリーズのザロモンセットがLPで聴かれた彫りの深い見事な響きをまったく感じさせない劣悪なデジタルリマスタリングだったのでちょっと危惧しましたが、こちらはリマスタリングに問題なく、録音も万全。おそらくこの四季の録音の見事な出来栄えが、のちにコンセルトヘボウとの交響曲集の録音へつながったのではないかと推測しています。

さて、デイヴィスのハイドンはこれまで結構な数を取り上げています。デイヴィスのハイドンはキリリと引き締まり筋骨隆々としたオーケストラの響きの魅力で聴かせるものゆえ録音も非常に重要。最近LPも随分集めて、CDで聴くのとはやはり印象が違うことに気づいた次第。ザロモンセットはPHILIPSのCDよりもタワレコの復刻盤の方がはるかにいい音がしますので、これから入手されるかたは気をつけてください。もちろん状態のいいPHILIPSのLPが最高だと思います。

2014/07/21 : ハイドン–交響曲 : 【新着】コリン・デイヴィス/LSOのライヴ交響曲集(ハイドン)
2013/04/21 : ハイドン以外のレビュー : 【番外】コリン・デイヴィス/アムステルダム・コンセルトヘボウの「春の祭典」
2013/04/19 : ハイドン–交響曲 : 【追悼】コリン・デイヴィスの88番、99番
2011/10/28 : ハイドン–交響曲 : コリン・デイヴィス/バイエルン放送響の「ロンドン」ライヴ
2011/08/19 : ハイドン–交響曲 : コリン・デイヴィス/アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団の熊、雌鶏
2011/08/13 : ハイドン–声楽曲 : 【お盆特番3】コリン・デイヴィス/バイエルン放送交響楽団のネルソンミサ
2011/06/16 : ハイドン–オラトリオ : コリン・デイヴィスの天地創造ライヴ-2
2011/06/14 : ハイドン–オラトリオ : コリン・デイヴィスの天地創造ライヴ-1
2010/07/17 : ハイドン–交響曲 : コリン・デイヴィスの時計ライブ

なおこのアルバムは歌詞がドイツ語ではなく、英語版です。このアルバムの奏者は下記のとおり。

ハンネ:ヘザー・ハーパー(Heather Harper)
ルーカス:ライランド・デイヴィス(Ryland Davies)
シモン:ジョン・シャーリー=クァーク(John Shirley-Quirk)
合唱:BBC合唱団(BBC Chorus)

Hob.XXI:3 "Die Jahreszeiten" 「四季」 (1799-1801)
冒頭から隅々までコントロールが行き渡った引き締まった響き。言われなければアムステルダム・コンセルトヘボウ管だと思ってしまいます。テンポは遅めでフレーズをくっきり丁寧に描いていきます。流れよりもリズムを強調したいのか、一拍一拍にキリッとアクセントがつけられ、まさにボディービルダーのごとき筋骨隆々とした力強い響きに圧倒されます。オケは分厚い弦楽セクションが迫力十分。シモンのジョン・シャーリー=クァークは、くっきりとしながらもちょっと響きが個性的なバリトン、サイモンのライランド・デイヴィスはよく通る抜けの良いテノール、そして目玉のハンネのヘザー・ハーパーは悪くありません。しなやかで可憐な表情をもつソプラノ。そしてコーラスはオケの後ろに大海原のように広がる量感豊かな響き。オケの引き締まった響きと調和がとれていい感じです。コリン・デイヴィスのコントロールは、フレーズごとにテンポを大きく変えながら実に丁寧に描いていきます。音楽がイキイキと踊りますが、一貫して彫りが深く、音楽の表情も引き締まって聴こえます。第6曲の「慈悲深い天よ、恵みを与えてください」では、ハイドンらしい晴朗さに満ちあふれたメロディーを三重唱とコーラスで描きますが、劇的というより理性的にコントロールされた晴朗さを保ち、曲の面白さ自体に語らせるデイヴィスらしいアプローチ。そして春の終曲である第8曲の「おお、今や何と素晴らしい」のクライマックスでは陽光に輝く白亜の神殿のような構築感に圧倒されます。このあたりの演出の巧みさは流石デイヴィスといったところ。

夏では、春で聴かせた迫力だけでなく、冒頭の憂鬱な音楽に代表されるしっとりとした部分で情感溢れる表情をつくり、オケが爆発する部分との見事な対比で聴かせます。後年のデイヴィスよりも表情の描きかたが丁寧で、長大な四季であっても集中力が途切れることがありません。特になにげないフレーズの表情をイキイキと聴かせるところはこれまで聴いた現代楽器の四季の中でも出色。ハイドンが最晩年にたどり着いた音楽的成熟の極みであるこの曲を実に楽しげに奏でます。夏の音楽がこれほどまでに美しく響くことに改めて驚きます。第15曲のハンネのアリア「何という爽やかな感じでしょう」はヘザー・ハーパーのソプラノも素晴らしいのですが、デイヴィスの伴奏も絶品。終盤の「ああ、嵐が近づいた」での荒れ狂うオケから、終曲の三重唱と合唱「黒い雲は切れ」に入って幸福感に満ちた三重奏とコーラスによる大きなうねりへの変化も見事。

CDを変えて秋から冬へ。オケもソロも集中力は変わらず、秋の聴かせどころ第26曲の「聞け、この大きなざわめき」でのホルンのファンファーレもホルンが超絶的な巧さ。これほどキレの良いホルンは久しぶり。BBC響、見事です。収穫の秋の喜びの音楽が天真爛漫に響きわたり、秋を終えます。そして暗い冬の景色の描きかたも見事。凍てつく雪原を想起させる情景描写。第34曲の「くるくる回れ」(糸車の歌)の軽いコミカルな伴奏に乗ったヘザー・ハーパーのしっとりとしたソプラノ、第38曲のシモンのアリア「これを見るが良い、惑わされた人間よ」のゆったりとした伴奏に乗ったシャーリー=クァークの朗々としたアリアとぐっと引き込まれるような聴きどころがあります。そして終曲の三重唱と合唱「それから、大いなる朝が」でクライマックスを迎えますが、最後までオケの引き締まった響きの魅力を保ち、情に流されないシンフォニックな響きで聴かせます。

コリン・デイヴィスとBBC響による1968年、デイヴィス41歳の時に録音されたハイドンの「四季」。この演奏、これまで聴いたデイヴィスのハイドンではベストといえる出来です。晩年のすこしゆとりをもった演奏とは異なり、キリリと引き締まった響きをオーケストラから引き出していますが、それに加えてさりげないフレーズにも実に豊かな音楽が流れ、まさに緩急自在。ハイドンの音楽に内在する理性的な面、ユーモラスなところ、機知に富んだところをバランスよく踏まえて、タイトなばかりではない素晴らしい表情を引き出しています。録音もPHILIPSの黄金期の空気感を感じさせる素晴らしいもの。現代楽器の四季のなかでもオススメ盤の一つと言っていいでしょう。評価は[+++++]とします。手に入るうちにどうぞ。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 四季

ゼーフリート/クリップス/ウィーンフィルの天地創造から(ハイドン)

月末ですが、もう一つ小物をとりあげます。先日取り上げたヨーゼフ・クリップスとウィーンフィルの交響曲を取り上げた際に、ネットのディスコグラフィを調べていて発見したアルバム。

KripsSeefried.jpg
amazon

新星堂とEMIによる”栄光のウィーンフィルハーモニー管弦楽団II~その指揮者とソリストたち~”というシリーズの第24集の「ウィーン国立歌劇場の名歌手たち」というアルバム。この中に「天地創造」からガブリエルのアリアを2曲が入っています。ガブリエルはイルムガルト・ゼーフリート(Irmgard Seefried)、ヨーゼフ・クリップス指揮のウィーンフィルの演奏。このアリアの演奏は1946年11月3日、4日です。

先日クリップスの振るウィーンフィルの素晴らしいハイドンに酔いしれましたが、冒頭に書いたとおり、他に録音がないかと調べていたところ、驚くべき録音が存在することがわかりました。ハイドンはハイドンでも天地創造であり、しかもガブリエルが好きなイルムガルト・ゼーフリート! アリアの抜粋とはいえ録音は1946年と戦後間もなく。録音が古いのが嬉しいのではなく、ゼーフリートのハイドンの中では一番若い時の録音ということで、ネットで発見して、マイクロセカンド単位の早業でamazonに注文を入れました。到着がこれほど待ち遠しいアルバムはありませんでした。

これまでゼーフリートの歌うハイドンは2度ほどレビューしていますが何れも天地創造。

2011/09/22 : ハイドン–オラトリオ : オイゲン・ヨッフム/バイエルン放送交響楽団の天地創造ライヴ-2
2011/09/20 : ハイドン–オラトリオ : オイゲン・ヨッフム/バイエルン放送交響楽団の天地創造ライヴ
2011/02/20 : ハイドン–オラトリオ : マルケヴィチ/ベルリンフィルの天地創造、ゼーフリート絶唱

マルケヴィチのアルバムでのゼーフリートのガブリエルのアリアを聴いたときの衝撃は忘れられません。アリアの音程がゆっくりと上がるのに合わせてこちらも昇天。この世のものとは思えない美しさに完全にノックアウトされました。この録音が1957年ということでゼーフリートは44歳、そして次に手にいれたヨッフムのアルバム1951年録音、ゼーフリート38歳。若干古目の録音からも可憐で艶やかなソプラノに痺れたものです。そして今回のアルバムは1946年録音ということでゼーフリート33歳。ちょっと平常心を失い気味です(笑)

このアルバムに収録されているのは第1部のガブリエルの第7曲のレチタティーヴォと第8曲のアリア、そして第2部冒頭の第14曲のレチタテイーヴォと第15曲のアリアです。

Hob.XXI:2 "Die Schöpfung" 「天地創造」 (1796-1798)
(Recitativo: Und Gott sprach, Aria: Num beut die Flur)
LPから起こしたものでしょうか、わずかながらスクラッチノイズが聞こえますが、音の鮮度は悪くありません。レチタティーヴォから憧れのゼーフリートの若々しい声にうっとり。かえってノイズがノスタルジックな雰囲気を盛り上げます。ガブリエルのアリアに入ると序奏からクリップスはかなりゆっくり目のテンポでウィーンフィルからゆったりとした響きを引き出しています。それに合わせてゼーフリートも朗々とアリアを歌います。ゆったりとした静けさの支配するアリア。マルヴィッチとの歌唱は成熟した魅力に溢れていましたが、こちらは若々しく可憐な印象。声の伸びはマルケヴィチ盤ですが、この清純な感じもいいですね。最後にすっと突き抜ける高音の魅力を聴かせます。

(Aria: Auf starkem Fittige)
第二部の冒頭の序奏から入ります。クリップスは相変わらず落ち着いてウィーンフィルを捌きます。しっとりとした響きが古きよきウィーンフィルの良さ。ゼーフリートは声量を抑えて可憐に入ります。歌のテクニックは後年のものには敵いませんが、持って生まれた声の美しさで聴かせるもの。憧れのゼーフリートですが、アリアの聴かせどころの演出などは、まだまだ工夫の余地があり、やはりマルケヴィチ盤の素晴らしい完成度、ヨッフム盤の声の輝きとは一段差がありました。

若かりしゼーフリートの美声を味わえる貴重なアルバム。よくぞこのアルバムを企画してくれました。このアルバム自体は1998年のもので、リリースから17年も経ってしまったことになります。戦後のウィーンの時代の空気を味わったような暖かい心になるアルバムでした。ちなみに他にもエーリッヒ・クンツのレポレッロ、シュワルツコップのトゥーランドットなど1940年代後半の華やかなウィーン国立歌劇場のアリアを楽しめる好企画です。ハイドンのアリアは[++++]としておきましょう。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 天地創造 ヒストリカル 美人奏者

【新着】フィリップ・ヘレヴェッヘ/シャンゼリゼ管の天地創造(ハイドン)

最近リリースされた大物、ヘレヴェッヘの天地創造。

HerrewegheDS.jpg
TOWER RECORDS / amazon / HMV ONLINEicon

フィリップ・ヘレヴェッヘ(Philippe Herreweghe)指揮のシャンゼリゼ管弦楽団(Orchestre des Champs-Elysées)、コレギウム・ヴォカーレ・ヘント(Collegium Vocale Gent)の演奏で、ハイドンのオラトリオ「天地創造」を収めたアルバム。収録は2014年3月24日から26日、ベルギーのブリュッセルにあるフラジェー(Flagey)第4スタジオでのセッション録音。レーベルはヘレヴェッヘの録音を専門にリリースするφ PHI。

ヘレヴェッヘのハイドンは今日取り上げるアルバムと同じ合唱団、オケとの組み合わせで収録した「四季」を昨年5月に取り上げています。

2014/05/12 : ハイドン–オラトリオ : 【新着】フィリップ・ヘレヴェッヘ/シャンゼリゼ管の四季(ハイドン)

その時にも近いうちに天地創造もリリースされるであろうことはなんとなく予想していましたが、これほど早いリリースになるとは思ってもみませんでした。四季が未曾有の名演だったということもあり、この天地創造も期待のアルバムです。

ヘレヴェッヘの略歴などは四季のレビューの方をご参照ください。このアルバムに参加している歌手は下記のとおり。

ガブリエル/エヴァ(ソプラノ):クリスティーナ・ランズハマー(Christina Landshamer)
ウリエル(テノール):マクシミリアン・シュッミット(Maximilian Schmitt)
ラファエル/アダム(バス):ルドルフ・ローゼン(Rudolf Rosen)

歌手の方は四季とバスが違うだけで、ヘレヴェッヘのお気に入りの人でしょう。

Hob.XXI:2 "Die Schöpfung" 「天地創造」 (1796-1798)
第一部
ヘレヴェッヘらしい、ニュートラルな響きの序奏。シャンゼリゼ管は古楽器オケではありますが、低音楽器も厚みがあり、迫力も十分。同じ古楽器オケで愛聴しているクリスティ盤と比べると、クリスティの方が響きを整理して旋律がくっきりと浮かび上がる感じ。一方こちらのヘレヴェッヘ盤はまさに混沌から秩序が生まれ出てくるようすそのままのよう。響きの柔らかさ、フレージングのしなやかさはこちらの方が上。よりニュートラルといったらいいでしょうか。中庸なテンポで自然に進行、まさに中庸の美学のような演奏。ソロはバスのルドルフ・ローゼンは迫力よりも風格で聴かせる歌。四季のフローリアン・ベッシュが圧倒的な声量の存在感で聴かせたのとは異なるスタイル。テノールのマクシミリアン・シュミットは実に柔らかな声。キレのいい歌唱で、曲が引き締まります。これもヘレヴェッヘの好みでしょう。ガブリエルのクリスティーナ・ランズハマーはコケティシュといっていいほど線が細い声ですが高音の響きが美しく可憐。録音はソロがオケに溶け込みながらすっと浮かぶいいバランス。第一部の終盤のクライマックスへの道程は静寂と間を存分に活かして、やはりニュートラルなもの。力みは皆無。オケが軽々と吹け上がり、音楽のエッセンスが盛り上がることが本質だと言わんばかり。弦楽器がキレよくコーラスを伴って幾重もの波となって押しかけるよう。

第二部
ヘレヴェッヘの演奏スタイルに最もマッチしそうなのが第二部。フレーズを丁寧に描きながらテンポよく曲が進みます。第一部よりもテンポを上げ、曲の見通しをよくしようということでしょうか。ソプラノのクリスティーナ・ランズハマーは第一部よりも滑らかになり、しっとりとした美声の魅力が引き立ちます。第二部の途中でCD2に変わる一般的な区切り方。後半はラファエル、ウリエルのレチタティーヴォと美しいメロディーのアリアがつづきますが、ここにきてラファエルのルドルフ・ローゼンの語り口が実に巧い。この演奏でも歌の巧さが聴きどころ。第二部終盤の合唱、三重唱、合唱と進むところでの盛り上がりでもローゼンが絶妙な語り口を聴かせます。さっぱりとしながらもグイグイオケが攻めてくる感じはヘレヴェッヘの真骨頂というところでしょう。最後のハレルヤコーラスはコレギウム・ヴォカーレ・ヘントの透き通るようなコーラスが絶品。

第三部
ここまで、中庸の美学を保ちながら自然な演奏を繰り広げてきましたが、最後の第三部では染み入るようなしなやかな入りで緊張感が途切れません。実に美しい音楽。ウリエルのマクシミリアン・シュッミットの柔らかい歌唱が花を添えます。アダムとエヴァのデュエットはしなやかなな流れの中にパッと明かりが差したような華やかさ。長大な曲にもかかわらず、ディティールまで磨き抜かれたレベルの高い演奏。デュエットの最後の盛り上がりも一貫してしなやか。レチタティーヴォを挟んで、2番目のデュエットでもしっとりとした音楽が流れ、うっとりするばかり。金管の響きも絶妙にコントロールされていて、ところどころでアクセントをつけます。最後の合唱で再びコレギウム・ヴォカーレ・ヘントが透明な響きによる音の洪水のような素晴らしいコーラスを聴かせます。最後までしなやかさを失わない素晴らしい演奏でした。

フィリップ・ヘレヴェッヘによるハイドンのオラトリオ第二弾の天地創造ですが、聴けば聴くほど完成度の高さに唸らされる素晴らしい演奏。長大な曲があっという間に感じられるほどの夢のような時間でした。天地創造は演奏によっては力みを感じさせてしまうものですが、この演奏に力みは皆無。そして何より歌手とコーラスが素晴らしい出来です。聴き始めはバスが弱いかと思ったんですが、ルドルフ・ローゼン、実に印象的な語り口にグイグイ引き込まれます。美しいメロディーのアリアもいいのですが、表現力豊かなフォルテピアノによってレチタティーヴォも聴き応え十分。そしてヘレヴェッヘに隅から隅までコントロールされたシャンゼリゼ管も見事。天地創造の決定盤的存在と言ってもいいでしょう。評価はもちろん[+++++]とします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 天地創造 古楽器

【新着】サヴァリッシュ/フィレンツェ五月音楽祭管天地創造ライブ(ハイドン)

リリースされたばかりのアルバムが到着!

SawallischCreation.jpg
TOWER RECORDS / amazon / HMV ONLINE

ウォルフガング・サヴァリッシュ(Wolfgang Sawallisch)指揮のフィレンツェ五月音楽祭管弦楽団、フィレンツェ五月音楽祭合唱団(Orchestra e Coro del Maggio Musivale Fiorentino)の演奏によるハイドンのオラトリオ「天地創造」。収録は1999年6月11日、12日、フィレンツェのペルゴラ劇場(Teatro della Pergola)でのライヴ。レーベルはフィレンツェ五月音楽祭の自主制作。

日本でもN響の育ての親的存在として広く知られるウォルフガング・サヴァリッシュの振る天地創造の1999年のライヴ。あんまりハイドンを振った印象が残っていなサヴァリッシュですが、実はサヴァリッシュの振るハイドンは過去に3度ほど取り上げています。

2013/03/04 : ハイドン–交響曲 : 【追悼】ヴォルフガング・サヴァリッシュ ウィーン響との「驚愕」「軍隊」「時計」
2010/11/15 : ハイドン–オラトリオ : サヴァリッシュ、N響の天地創造ライヴ
2010/06/10 : ハイドン–オラトリオ : 重厚、サヴァリッシュの四季

このうち天地創造は1991年に行われたBMWジャパン設立10周年を記念してサントリーホールで行われた演奏会の様子を収録して顧客に配られたもので市販品ではありません。私がBMWの優良顧客なわけもなくこのアルバムはいつも通りディスクユニオンで中古盤を仕入れたものです。このサントリーホールライヴはサヴァリッシュらしい重厚ながら見通しの良い秀演。特にバスのクルト・モルの図抜けた存在感が聴きどころでした。

今日取り上げるライヴ盤は先のサントリーホールでの91年のライヴから下ること8年の1999年、フィレンツェ五月音楽祭でのライヴ。なんとバスは同じくクルト・モルで、テノールも同じくヘルベルト・リッペルトということで、この2人、サヴァリッシュのお気に入りということででしょうか。ソプラノはアンドレア・ロスト(Andrea Rost)という布陣。この演奏当時75歳のサヴァリッシュがどのようにオケと歌手をコントロールしているかが聴きどころでしょう。

Hob.XXI:2 "Die Schöpfung" 「天地創造」 (1796-1798)
冒頭から力感に満ちつつも枯れた表情も見せる大迫力のオーケストラサウンド。比較のために取り出したN響を振ったサントリーホールライヴがスタイリッシュに聞こえるほど、こちらの方がテンポが遅く、構えが大きく聴こえます。録音はライヴとしては水準レベルですが迫力は十分つたわります。いきなり驚かされるのがクルト・モルのラファエルの第一声のど迫力。録音のバランスかもしれませんが、圧倒的な声量でいきなり度肝を抜かれます。以前アーノンクールの来日公演でのフローリアン・ベッシュの同じくラファエルの第一声のホール中に轟く声に驚かされたのを思い出させます。人間の声がオケを圧倒するほどのの迫力を持つこともあるんですね。最初のクライマックスで床を踏み鳴らす音が聞こえますが、指揮台の上のサヴァリッシュでしょうか。テノールのヘルベルト・リッペルトは声量は普通ながらキレの良い通りの良い声での安定した歌唱。ソプラノのアンドレア・ロストはテンションの高い高音よく通る声。聴きどころのガブリエルのアリアでは癒しというよりは艶やかな強い女を演じる感じ。ゆったりと歩んできた第一部ですが、第12曲の「いまや輝きに満ちて、陽は光を放ちながら昇る」からのクライマックスへのじっくりとした盛り上がりは、まさに晩年のサヴァリッシュの面目躍如。あわてずにじっくりと歩みを進めながら確実に頂点に近づいていく巨匠の技。ソロ、コーラス、オケが渾然一体となって昇り詰め、観客もその勢いに応えて拍手してしまいます。

CDを入れ替え第二部。迫力の第一部に対しアリアの美しさ、メロディーの面白さでは第一部以上に期待できる第二部ですが、サヴァリッシュも歩みをかなり遅くとった第一部に対して、すこし流れの良さを聴かせようとする方向にシフトしたのか、メロディーラインをくっきりと浮かび上がらせることに意識が向いてきたよう。最初のガブリエルのアリアは第一部よりもしなやかに演出します。続く三重唱とコーラスではソロがそれぞれ突き抜けるようにアリアを聴かせた上で再び頂点を迎え、サヴァリッシュが実に自然な歩みでクライマックスを築きます。そして第二部の一番の聴きどころのラファエルのアリア「いまや天は光に溢れて輝き」はクルト・モルの絶唱。生で聴いたらその声量と迫力に圧倒されたでしょう。身震いするほどの見事なコントロール。続くウリエルのレチタティーヴォとアリアに至ってサヴァリシュは音楽の純度を高め、透き通るようなリッペルトの声質をしなやかにサポートします。そして第二部の終曲は素晴らしいアリアの洪水の締めくくりとしてリズミカルにハレルヤコーラス。中間部のソロではクルト・モルが圧倒的な存在感。再びハレルヤコーラスに包まれ音楽は陶酔の彼方へ。

最後の第三部。冒頭から癒しに満ちた音楽。最初はちょっと鈍重だったオケも、第二部で完全に音楽を掌握し、第三部に至ってサヴァリッシュの棒に完全に一体となって音楽がいきいきと弾むようになってきました。第三部の聴きどころ、アダムとエヴァのデュエット、純度は最高潮。まさに至福に時の流れ。クルト・モルはこれまでの圧倒的な声量をあえて抑えて、エヴァをやさしく支えます。サヴァリッシュは天地創造に込められた音楽の素晴らしさをしなやかに表現することに徹して、水も漏らさぬコントロール。このゆったりとした音楽の流れを保つ円熟の棒捌き。ゆったりとゆったりと音楽が波打ち、湧き上がる感興に純粋に身を任せる喜び。第三部を神がかったような集中力でコントロール。まさに滔々とした大河の流れのよう。アダムとエヴァの第二のデュエットに至り、クルト・モルとアンドレア・ロストの至芸に完全にノックアウト。眼前で繰り広げられる迫真のデュエットを浴びるよう。そして徐々に終曲に近づく足音のようなメロディの緊張感。たまりません。本当の終曲はいきなりギア5段チェンジ! なんという展開。オケの音量が突然一気に上がります。これは録音レベルの調整でしょうか。天地創造の終曲はあっさりと終わる演奏もある中、この演奏は無理やりというか確信犯的に終曲に最高到達点をもってきました。驚愕のフィナーレ! 最後は拍手で終わりますが、これは衝撃的なフィナーレです。

日本のクラシックファンの育ての親的存在のウォルフガング・サヴァリッシュの振る天地創造のライヴ。重厚な演奏であろうことは以前のライヴからも想像できましたが、この展開は予想外。最後の外連味あふれる展開はまったく想定していませんでしたのでかなり驚きました。冒頭の第一部はちょっと重苦しい面もあり、第一部を聴いた時点では以前のN響のライヴの方に分があるとの印象でした。ただし、第二部、第三部と進むにつれ、サヴァリッシュの円熟の棒に引き込まれ、天地創造に込められた素晴らしい音楽の流れの魅力に圧倒されることになります。天地創造は第一部のドラマティックな展開が聴きどころでもありますが、最近は第二部、第三部の素晴らしい音楽にこそこの曲の真の魅力があると思うようになり、このサヴァリッシュの演奏はまさに第二部、三部が真の聴きどころということになります。評価は第一部の鈍重さを補って余りある後半のすばらしさを買って[+++++]とします。

ジャケットに写るサヴァリッシュの表情をまぶたに思い浮かべながら聴く第三部はまさにハイドンの音楽の素晴らしさにどっぷりと浸れる至福の時間でした。サヴァリッシュが亡くなってから2年余りが過ぎようとしていますが、あらためてその音楽の素晴らしさに触れられましたね。あちらでハイドンと仲良くやっているのでしょうか、、、

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 天地創造 ライヴ録音

【新着】ハイティンク/バイエルン放送響の天地創造ライヴ(ハイドン)

書きかけの記事があるのですが、大物が手に入ったので、横入りでレビューです! 湖国JHさん、スミマセン!

HaitinkCreation.jpg
HMV ONLINEicon / TOWER RECORDS

ベルナルド・ハイティンク(Bernard Haitink)指揮のバイエルン放送合唱団、バイエルン放送交響楽団の演奏で、ハイドンのオラトリオ「天地創造」。合唱指揮はペーター・ダイクストラ(Peter Dijkstra)。収録は2013年12月19日から20日にかけて、ミュンヘンのヘラクレスザールでのライヴ。レーベルはバイエルン放送響の自主制作BR KLASSIK。

このアルバム、巨匠ハイティンクの最新のライヴということで、リリースが発表されたときより心待ちにしていたもの。注文をいれておいたものがようやく届き、早速のレビュー。ハイティンクのハイドンは正規録音は少なく、CD-Rがほとんど。これまでとりあげたハイティンクのハイドンの演奏はどれも素晴しいものでした。

2014/02/22 : ハイドン–交響曲 : ハイティンク/コンセルトヘボウ管の奇跡、99番(ハイドン)
2014/01/20 : ハイドン–交響曲 : ハイティンク/クリーヴランド管 交響曲86番1976年ライヴ(ハイドン)
2011/07/21 : ハイドン–交響曲 : ベルナルド・ハイティンク/ベルリンフィルの95番ライヴ
2011/06/28 : ハイドン–交響曲 : ハイティンク/ドレスデン・シュターツカペレの86番ライヴ!
2011/05/12 : ハイドン–交響曲 : ベルナルド・ハイティンク/ウィーンフィルの時計ライヴ

今日取り上げるアルバムはハイティンクのハイドンの正規録音としては非常に貴重なものです。しかも曲目は天地創造、昨年のライヴということで否が応でも期待が高まります。ハイティンクのビシッとオケを引き締めた筋肉質の演奏がきかれるでしょうか。

ソロは下記のとおり。

ガブリエル/エヴァ:カミラ・ティリング(Camilla Tilling)
ウリエル:マーク・パドモア(Mark Padmore)
ラファエル/アダム:ハンノ・ミュラー=ブラッハマン(Hanno Müller-Brachmann)

ソプラノのカミラ・ティリングははじめて聴く人。1971年生まれのスウェーデンのソプラノ。テノールのマーク・パドモアはマクリーシュの天地創造でもウリエルを歌ってました。そしてバス=バリトンのハンノ・ミュラー=ブラッハマンはアンドレアス・シュペリングの天地創造で、ラファエルとアダムを歌っている人。決して豪華な布陣ではありませんが、堅実な歌手をそろえているといっていいでしょう。オケと合唱は名門バイエルン放送響ということで、ハイティンクの相手としては申し分ありません。

Hob.XXI:2 / "Die Schöpfung" 「天地創造」 (1796-1798)
冒頭からこれ以上図太い響きはないほどの渾身の一撃。録音は流石に最新のものだけあって、広大なダイナミックレンジを感じさせるもの。響きの良いヘラクレスザールらしく、ホール内に響きの余韻が消え入るようすが手に取るようにわかります。ゆったりとしたテンポながらタイトに攻めていくのはハイティンクならでは進行。第1部は特に静けさの表現が見事。静寂から轟音が轟く場面の迫力は素晴しいものがあります。ヴォリュームの調整を誤るともの凄い音量になります。ウリエルのパドモアはヴィブラートがかかった独特の歌唱。ミュラー=ブラッハマンは声量よりもエッジを立ててクッキリと語るように聴かせる声。そして期待のカミラ・ティリングは余韻がふくよかななかなか美しい声。ハイティンクの重厚なコントロールに従い、それぞれ独特ながら落ち着いた歌唱を聴かせます。第1部のガブリエルのアリアはすこしメロディーがふらつくもののティリングは独特の色っぽさのある歌唱を聴かせます。期待の第1部終盤の盛り上がりはやはりハイティンクの盤石のコントロール。消え入るような弱音からクライマックスに至る盛り上がりは、オケの奏者全員が筋肉質に鍛え上げられたような力感あふれるもの。どうしても耳が歌手よりもオーケストラにいってしまいます。重厚に響くオケとコーラスの快感。ヘラクレスザールに響きわたる大音響。大津波のようなクライマックス! 汗かいちゃいます(笑)

ここでCDを入れ替えて、第2部以降を聴きます。第1部は重厚長大な印象が強かったんですが、第2部に入ると、軽やかな表情も見せ始めます。ガブリエルのティリングはやはり独特な雰囲気を感じさせる個性的な歌唱で冒頭のレチタティーヴォとアリアを支配。純粋に美しい音楽を楽しめる第2部、やはりハイティンクの操るオケの魅力が際立ちます。分厚い響きに乗ってソロとコーラスを交えて昇天。特に低音弦の迫力はちょっと類が無いほど。素晴しく自然で鮮明な録音のおかげで自宅がヘラクレスザールになったようにスピーカーのまわりに響きが満ちあふれます。次々と流れる素晴しいメロディーの数々に痺れます。それぞれ個性的な歌手の声にも馴れて、心地よく響きを楽しめるようになってきました。オケがこれほどに気持ちよく鳴る演奏がこれまであったでしょうか。ハイティンクの絶妙なオーケストラコントロールに完全にやられてます。オケもコーラスも渾然一体になってハイティンクにグイグイドライブされていきます。第2部の終結部のハレルヤコーラスも天から光が射してくるような神々しい雰囲気に満たされ、最後は響きの坩堝に巻き込まれるよう。

第3部は、自然なメロディーをハイティンクの作為はないものの自然な迫力を加えた演奏で聴きます。ここにきてウリエルの歌唱がしなやかさを増し、実にいい感じ。アダムとエヴァのデュエットはハイティンクの純粋無垢な伴奏が心を打ちます。さっぱりとしていながらも、柔らかな厚みで支える円熟の境地。ここはソロを引き立て、オケもコーラスも絶妙に抑えます。デュエットの後のじわりと盛り上ってくるところの燻し銀の演出にも痺れます。ハイドンの曲に宿る気配のようなものまで含めて、ダイナミックに、しかもしっとりと描いて行く手腕な見事。特に第2部以降の自然な佇まいは神がかっています。終曲にいたるまで、ハイティンクのコントロールに圧倒されっぱなしでした。終曲のオケ、コーラス、ソロの渾然一体となった壮麗さにも打たれました。

巨匠ベルナルド・ハイティクの指揮する名門バイエルン放送響の2013年12月の天地創造ライブ。ヘラクレス・ザールの素晴しい響きをそのままアルバムにしたような完璧な録音によって会場の興奮がつたわります。この天地創造はハイティンクの見事なオーケストラコントロールが圧倒的な魅力になっています。歌手はハイティンクの好みかもしれませんが、かなり個性的な布陣。歌手だけスポットライトを当てれば、このアルバムよりすぐれたものは沢山ありますが、オケとコーラスの圧倒的な存在感はこのアルバムを越えるものはあまりないでしょう。ハイティンクはこの演奏時84歳。円熟は感じさせても老いは一切感じさせない力強い音楽は流石です。このアルバム、大音量で聞くとまさに天地を創造しているよう。これは名演です。歌手の分を割り引くと言う考えもありましたが、ハイティンクの圧倒的な音楽に敬意を評して[+++++]とします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 天地創造 ライヴ録音

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ベートーヴェン紀尾井ホールショスタコーヴィチストラヴィンスキードビュッシーラヴェルピアノ三重奏曲ミューザ川崎オーボエ協奏曲LP協奏交響曲日の出ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:38サントリーホールスタバト・マーテルピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:39マーラーブルックナーヒストリカル十字架上のキリストの最後の七つの言葉告別交響曲90番交響曲97番交響曲99番交響曲18番奇跡アレルヤひばり弦楽四重奏曲Op.64フルート三重奏曲悲しみ交響曲102番ラメンタチオーネ交響曲86番モーツァルトヴァイオリン協奏曲驚愕哲学者ニコライミサミサブレヴィス小オルガンミサ交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23王妃ピアノソナタXVI:52アンダンテと変奏曲XVII:6武満徹ライヴ録音SACDチェロ協奏曲交響曲19番交響曲81番古楽器交響曲80番交響曲全集交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかり無人島騎士オルランドBlu-rayチェロ協奏曲1番東京オペラシティ交響曲9番交響曲11番交響曲10番交響曲12番太鼓連打ロンドン交響曲15番交響曲2番交響曲4番交響曲1番交響曲37番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:3天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:35ドニぜッティライヒャロッシーニピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3シェーンベルク東京文化会館ホルン協奏曲フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:31パレストリーナタリスモンテヴェルディアレグリバードすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6美人奏者四季交響曲70番迂闊者ピアノ協奏曲XVIII:4アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ヴェルナーガスマンシューベルト交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲46番交響曲35番交響曲51番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナード弦楽四重奏曲Op.76ピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス時の移ろい交響曲42番ベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲79番ロンドン・トリオ交響曲88番オックスフォードオフェトリウムドイツ国歌カノンモテット弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルクブーレーズ主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生音楽時計曲ピアノソナタXVI:11ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisカートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲107番変わらぬまこと交響曲108番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲3番スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
112位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
12位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ