新着! ウィーンフィルの交響曲集

ウィーンフィルの自主制作によるハイドンの交響曲集3枚組がHMV ONLINEに入荷し、昨日届きました。

HaydnWP.jpg
HMV ONLINEicon

曲目は、ドホナーニの12番(91年)、メータの22番哲学者(72年)、ウェザー=メストの26番ラメンタチオーネ(98年)、アーノンクールの93番、103番太鼓連打(2009年)、ウェザー=メストの98番(2009年)、そしてブーレーズの104番ロンドン(96年)の7曲です。ハイドンイヤーとなった昨年の演奏が中心ですが、古い録音も含めたウィーンフィルのライヴ録音をまとめたものです。

意外ですが、ウィーンフィルのハイドンの交響曲の録音は多くなく、近年ではバーンスタインとプレヴィンが数曲づつ録音したものがあるくらいで、その他ベームの録音などで、あとはDECCA時代のカラヤンやクレメンス・クラウス、フルトヴェングラー、ワルター、モントゥーなどの時代までさかのぼってしまいます。
ムジークフェラインやコンツェルトハウスなどでのライヴ録音だという意味も含めて今回の選集は貴重な録音ということが出来るでしょう。

良かったのはドホナーニの12番、意外ですがメータの哲学者、そしてアーノンクールの2曲です。
メータの録音は72年ですから、メータ全盛期だったんでしょう。今は無難な演奏が多く、いまいち踏み込めてない感じが拭えないのですが、この哲学者は名演奏です。単調で独特なこの曲の面白さを良く表現できていて、微笑ましさのでた良い演奏です。
そしてアーノンクールですが、特に太鼓連打はいいですね。所々にアーノンクールらしいタメがあって、ちょっと癖が強いところがあるんですが、ライヴ特有の盛り上がりで聴かせきってしまいます。冒頭のティンパニも祝祭感を高めるような独特のバチさばき。昔は独特のアクの強さが鼻について好きになれなかったんですが、程よいアクとそのアクから生まれる独特の高揚感がハイドン、特にこの曲の曲想を見事に表現しています。

ウェザー=メストの演奏は悪くないんですが、今ひとつどのように表現したいのか伝わりきらないもどかしさもあります。おそらく小沢征爾に変わってウィーン国立歌劇場の音楽監督(だったかしら?)につくという立場から、このアルバムに演奏が選ばれたんじゃないかと邪推してます。(笑)

あと、ブーレーズのロンドン。こちらも期待通りブーレーズらしい音符を忠実に表したような演奏で、これはこれでいい演奏だと思います。ロンドンの音符を自然ながら曲全体を見渡した構築感のある演奏とでもいったらいいでしょうか。ただ、私はブーレーズにはブルックナーの8番の爆演の呪縛もあり、いつも過度な期待をしてしまい、ちょっと空振り感も感じてしまいました。

古い録音も含めて総じて録音も良く、拍手が入った構成もいいです。ホールはムジークフェライン、コンツェルトハウス、ルツェルンでの録音ですが、やはりコンツェルトハウスで録ったアーノンクールのセッションが最もいい音響でした。
ウィーンフィルの極上の音響とライヴの興奮を味わえるいいアルバムです。おすすめです。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲12番 哲学者 交響曲93番 ラメンタチオーネ ロンドン 太鼓連打 おすすめ盤 ウィーンフィル ライヴ録音

長谷川等伯展

今日は、上野の国立博物館で長谷川等伯展を堪能。

http://www.tohaku400th.jp/

等伯といえば有名な国宝「松林図屏風」ですが、それに至る系譜を俯瞰できる貴重な展示です。余白に語らせる画風に至る経緯がよくわかります。
個人的には、金箔をつかった屏風を描き始めた頃の作品が最も等伯の個性がでていると感じました。展示番号44番の「萩芒図屏風」が圧巻。ゴッホの「花咲くアーモンドの小枝」を見たとき以上の衝撃を受けました。自然を描いてこれだけの詩情を画面に漂わせるエネルギーにただ、ただ感じ入りました。

展示期間が短いので、この機会に皆さんも、等伯の本物の迫力に是非触れてみてください。

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 展覧会

絶品! 廻由美子のピアノソナタ

依然ピアノソナタのCDの整理を続けてます。今日の発見は廻由美子のピアノソナタ集。

Meguri.jpg
HMV ONLINEicon / amazon

無警戒でした。これにはびっくり。すばらしい切れです。むろんリヒテルの孤高の詩情にはかないませんが、演奏の切れと迫力は負けてません。すこし低域が薄めの録音が惜しいところですが、曲を楽しむには十分質の高い録音です。
94年伊勢原市文化会館での録音。ライナーノーツによれば桐朋学園の講師をされている方とか。
おそらくピアノによる日本人のハイドンのソナタ録音ではピカイチの存在だと思います。

このアルバムを聴いて是非実演も聴いてみたくなりました。コンサートやってるんでしょうか? ぽちぽち調べてみることとしましょう。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ピアノソナタXVI:47 ピアノソナタXVI:34 ピアノソナタXVI:35 ピアノソナタXVI:23 ピアノソナタXVI:31 おすすめ盤

リヒテルのソナタ録音

私がハイドンのピアノソナタの演奏で最も好きなピアニストはリヒテルです。

Richter2_24.jpg
amazon

Richter40_41.jpg
HMV ONLINEicon / amazon

リヒテルのハイドンのソナタの録音は、DECCAからリリースされている86年、87年のライヴ録音のソナタ集2枚が現在も広く出回っています。その他にコンサートライヴ盤がいろんなレーベルからぽつぽつ出でいましたが、現在は廃盤になっているものも多いようです。ライヴ盤の構成を見ると、リヒテルはコンサートの冒頭でハイドンを一曲弾くというプログラムが多かったんじゃないかと思います。これらのライヴ盤をあわせて、現在手元には12枚のリヒテルのハイドンの録音を納めたCDがあります。

リヒテルのハイドンの演奏の特徴は、これ以上ないほどの厳しい力感の表現だと思います。
ハイドンのソナタはモーツァルトと同様、曲の構成はベートーベン以降のソナタと比べるとシンプルですが、それだけに弾き手の能力をさらけだしてしまうようなところもあります。
オルベルツが古典の規律を表現し、ブレンデルがピアノの響きの変化の面白さにスポットライトを当て、アムランが冴えるテクニックを隠して抑制の美学を表現したハイドンのソナタを、すべての指先の力を緻密にコントロールして音符を響き渡らせ、吹き上がる頂点と無風の湖面の輝きのようなピアニッシモまで自在に変化させながら一気に弾ききった演奏です。どこにも隙も緩むところもなく、剣術の名士の居合いを見ているような厳しさがあり、私はリヒテルの演奏からヨーロッパの伝統というよりは、不思議と和の心境に近い響きを感じます。

DECCA盤の以外のライヴ盤もほとんどムラのない秀逸な演奏ばかりです。XVI:29(94年)、XVI:20(92年)なんかは絶品。間違いなくハイドンのソナタ演奏の頂点の一つだと思います。

それぞれの録音の詳細と評価は、右のリストのPiano Sonata 1から3までで”Richter”で検索してみてください。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ピアノソナタXVI:29 ピアノソナタXVI:20 おすすめ盤 ライヴ録音 ハイドン入門者向け

買い物はどこで?(過去編)

LP時代は、ジュピターレコードで輸入盤の海に出会ったことから始まりました。

その後、LPを手に入れるのに通ったのは秋葉原の石丸電器ですね。輸入盤の圧倒的な在庫量に目もくらむ想いで通いました。

その後時代はCD時代へ変わり、タワーやHMV、Virgin、WAVEなどの大型店が次々に各所にできて、また、山野楽器や新星堂なんかも輸入盤を扱い始めました。その中で記憶に残るお店を。

まずは、インパクトからいくと新宿丸井の地下にあったころのヴァージンメガストアでしょうか。
クラシックの売り場面積はさして広くなかったんですが、とても魅力的なお店でした。なんといっても良かったのは乱れ飛ぶ手書きのポップ。次々とリリースされるライヴ盤の情報をつたえるポップに、つい手が伸びて、いろんな名盤に出会いました。カルロス・クライバーのライヴ盤や、珍盤奇盤の多くはここでポップをみて衝動買いでした。このお店ほどキレるポップが並ぶお店はありませんでしたので、ついつい寄ってしまうような不思議なお店でした。今はヴァージン自体に勢いがなくなってしまい残念です。

それから六本木WAVE。今の六本木ヒルズの入口あたり。六本木東京日産ビルの並びにありました。
モーツァルト専門のコーナーについては以前触れた通りですが、当時の職場から近かったこともあり、かなり通いました。クラシックだけじゃなく、現代音楽や1階のワールドミュージックのコーナーにもだいぶお世話になりました。モーツァルトの神髄はここで教わった気がします。

渋谷東急ハンズそばののフリスコもいいお店でした。とっても狭いお店でしたが、壁一杯にディスプレイされたCDに圧倒され、ずいぶん買い物させていただきました。ここで買い物して近くのゴールドラッシュや竜の髭、インドカレーのラージマハールによくいきました。こちらの店長はしばらく有楽町のHMVにいらっしゃった気がします。いろいろ教わりありがとうございました。

あとは、吉祥寺新星堂。駅横の31アイスクリームの上にあったクラッシック専門の売り場です。静かな売り場にいつもいい音楽が流れて、いろんなことを気軽に相談できる店員さんがいました。今新宿のユニオンにいる方がその方がそうだったんじゃないかなと思いますが、記憶違いかもしれません。ここでもいいアルバムをいろいろ教えてもらいました。感謝感謝です。

それから、渋谷宮益坂を登りきった先のマンションの2階にあった小さな輸入CD専門のお店、すいません名前が思い出せません。ここではクレンペラーやクナ、セル、カンテルリの古い録音をいろいろすすめてもらいました。

変わったところでは仙台の一番町のHMV。仕事で2000年から数年仙台に住んでた時に通いました。ほぼここしかクラシックが選べるお店がなく、東京とはやはり在庫量が違いますが、なぜか不満もなく、ずいぶんお世話になりました。
女性のスタッフがほぼ一人で仕切っていろいろやりくりしているようでしたが、少ないながらもそれなりに考えられた売り場はいつ通っても魅力がありました。仙台生活に潤いをもらった気がしてます。目のクリッとした小柄な女性のスタッフの方はまだいらっしゃいますでしょうか。よい思い出です。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 仙台 ジュピターレコード

買い物はどこで?

最近CDを手に入れるのは専らネットショップになってます。最近はほとんどHMV ONLINEです。

クラッシックのCDだと、現状タワーやアマゾンと比較するといろんな点でHMVが便利なんじゃないかと思います。
以前は使いにくいと感じていましたが、少しずつ改良され、今はほとんど問題ありません。

ネットショップを利用するのは、

1.ダブり買いのリスク回避
2.物理的に買い物に行く暇がなかなかとれない
3.最近はショップよりネットの方が多少安い
4.ポイントの呪縛にハマった

というところでしょう。
ハイドンばかり集めてると、ダブり買いは結構なリスクで、おっとこれはいいなんて思って手に入れても、同じものが家にあったなんてことは1度や2度ではないため、結構重要なファクターです。

ただし、お店にいっていろいろ手に取って吟味するのも不可欠なので、やはりショップも利用します。

私は東京在住なので、現在でもいろんなお店にいきますが、最近では大規模チェーンが多くなり、個性的なお店が少なくなってきているんじゃないでしょうか。現在よく使うお店やこれまで利用したお店について少し触れておきましょう。

通勤などの都合で、今よく立ち寄るのはタワーレコードの新宿店です。

売り場の配置に慣れているので、買い物がしやすいのが一番の理由ですが、タワーレコードでも新宿店は私にとってはちょっと別格の存在です。新宿駅南口横のビルでクラシック売り場は9階にあるんですが、9階売り場のレジのスタッフの皆さんの対応はいつ買い物しても、ほんとにすばらしいです。別に夢のような接客をしてもらえる訳ではないんですが、どなたも非常に丁寧で、淡々とレジをうち、丁寧に袋につめてもらって、最後に深々と礼をされる、ただそれだけなんです。が、スタッフ全員の方から音楽のCDを買うお客さんに対する深いリスペクトの姿勢と言うか、何かを感じるんですね。これは私はとってもうれしい。だから私は同じCDをお店で買うならタワーの新宿でとなっちゃう訳です。きっとすばらしい管理者の方かキーマンの方がいて、音楽を売るという仕事の本質的なミッションにもとずいたスタッフ教育を徹底されているんじゃないかと想像してます。

同じタワーだとあとは渋谷店にもたまにいきます。品揃えは新宿店よりかなり充実してますので、たまにいって珍しいものをいくつか仕入れるという感じでしょうか。ただ、新宿店で感じるあの感じは、渋谷店では感じられない。どちらもごく普通の対応なんですが、何かが違います。結局、品揃えは多いのに、いく頻度と買う量は新宿店の方が多くなっちゃってます。

新宿だとあとは、紀伊国屋書店横のディスクユニオン。中古盤の宝庫ですしいつも混んでいて熱気があります。ただ、私自身は中古盤はあまり好きではないので、ごくたまに、隣のオーディオユニオンを覗いたついでにいく程度です。同じCDを買うなら、演奏者に印税が入るような買い方をしたいというのが本音です。音楽が好きなものとして、音楽を仕事にしている人はもちろんどんな方であってもリスペクトの対象です。だから、廃盤のものや珍しいもの以外は中古盤には手を出さないようにしてます。

HMVはネットではメインですが、お店は最近ほとんどいかなくなってしまいました。高島屋の新宿店もメトロポリタンプラザの池袋店も以前の活気が亡くなってしまい、品揃えなんかもタワーに比べて明らかに見劣りするようになってしまったからです。

秋葉原の石丸電器はLP時代からたまにいってましたが、最近はあまりいってません。客層が外資系のチェーン店とはちがうためか、輸入盤にすべてお店の背表紙がついていて、私なんかにはレーベルの背表紙が見えなくてかえって選びにくく、買い物しにくいのが大きいです。おそらく人によっては、とてもいいシステムなんだと思いますが、私に合わないだけだと思います。お店自体はとてもいい店だと思います。

あと、最近いかなくなったのは山野楽器ですね。銀座ではなく、調布とか府中とかの郊外店ですが、以前は輸入盤もいろいろおいて、結構安い値段で気軽に買い物できたんですが、今はほとんどのお店からクラシックの輸入盤がなくなってしまい、魅力がなくなってしまいました。

ハイドンにハマるきっかけとなったのが代々木のジュピターレコードだった話は以前しましたが、今はない特色あふれるお店にについても、少し触れておきたいんですが、時間も遅くなりましたので、また明日にでも。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ジュピターレコード

グールド最晩年の輝き

今日はグールドのハイドン。

Gould.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

グールドといえばバッハ。バッハと言えばグールドです。
多くのバッハの録音を残したグールドですが、ハイドン後期のソナタも6曲録音してます。しかも死の迫る80年、81年の録音です。グールド特有のカチカチした乾いた感じのピアノで、うなり声を伴った録音。音は十分いい録音です(グールドは82年没)。

グールドのハイドンは、もはやハイドンな感じがしません。ハイドンの音符を解体してグールド流に再構築した壮大な構造物で、現代音楽のような存在感。ダイナミックな部分、トップスピードで飛ばす部分、止まりそうな超低速な部分が頻繁にギアチェンジして、ものすごいインパクトを持った演奏になってます。

ハイドンの楽譜からここまで突き抜けた解釈はグールド以外には出来ないでしょう。
ハイドンのソナタを初めて聴く人は絶対に手を出してはいけません。そのあと聴くグールド以外のすべての演奏がインパクト不足にきこえてしまいます。
私はこのアルバムは非常に気に入ってますので、高く評価してますが、間違いなくマニア向けのアルバムでしょう。グールドのコアなファンか、ハイドンを聞き込んだマニアか、恐いもの見たさでアルバムを買える人向けといったところでしょう。

あなたはだんだん聴きたくなってきた、、、(笑)

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ピアノソナタXVI:42 ピアノソナタXVI:48 ピアノソナタXVI:49 ピアノソナタXVI:50 ピアノソナタXVI:51 ピアノソナタXVI:52

ピアノソナタ全集のあれこれ

このところ、ピアノソナタのCDの棚卸しで、あれこれとつまんで聴いてます。
その中で気になったものをいくつか。

1つ目はピアッツィーニ。

Piazzini.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

これはARTE NOVAレーベルから1枚づつリリースされていたものをまとめた9枚組の全集。手に入れたときには、あまり印象に残らなかったものですが、今回あらためて何枚か聴いてみました。

特に録音年月の古いものほど、ゆっくりした楽章が、どこかで聴いたようなフレーズ。
そうです。1月19日に取り上げた(http://haydnrecarchive.blog130.fc2.com/blog-entry-2.html)レイグラフとそっくりなんです。
そこで恐る恐るライナーノーツを紐解いてみると、ピアッツィーニはアルゼンチンのブエノスアイレス出身で、ドイツに渡り、ケンプの支援のもとレイグラフに長年師事したとのこと。納得です。

まさに「鍵盤を一つ一つ確かめるように、音をおいていくような演奏」です。最後の2枚については、レイグラフの影響から少し離れて、自身の演奏スタイルを見いだしたようなところもありますが、全般にレイグラフの影響を大きく受けていることは間違いありません。落ち着いて味わい深いハイドンの全集として、おすすめ出来る選択です。


2つ目は、NAXOSのヤンドー盤です。

Yando.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

こちらも、10枚にわたってリリースされてきたものを最近ボックスとしてまとめてリリースされたもの。

こちらも入手時に聴いたときはテクニックは確かだけど、これといって特徴のない演奏という印象。ところが、あらためていろいろ聴き直してみると、これが非常にいい。ピアノによる演奏では、ベーシックな選択としてどなたにもお勧めできるもの。どの曲もバランスよく、曲の面白さがよく表現できていると思います。

どちらのセットもボックスで入手すれば非常に安いものですので、ピアノの演奏でハイドンのソナタを楽しむための入門盤としておすすめできます。ちなみにどちらかと言えば、私はヤンドー盤をとりますかね。

ピアノによる全集にはまだまだ選択肢がありますが、整理中ゆえ、またの機会に紹介しましょう。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ピアノソナタ全集

久々に歌舞伎見物

歌舞伎座も今年取り壊し予定とのことで、思い出のために今日は久々に歌舞伎座に。

http://www.kabuki-bito.jp/theaters/kabukiza/2010/02/post_53.html

「歌舞伎座さよなら公演」というのに加え、17代中村勘三郎23回忌公演で、現勘三郎、仁左衛門、玉三郎に三津五郎、左團次とオールスターの豪華な舞台でした。
個人的には二幕目の名作「俊寛」が良かったですね。島流しの俊寛を恩赦で迎えにくる丹左衛門役の凛々しい梅玉と、同じ役割ながら情け容赦ない悪役瀬尾兼康役の左團次のコントラストが見事。左團次の悪役ぶりがかなりのインパクト。こうゆうのは悪役の切れが重要ですね。他の幕も含めて11時から4時近くまでお芝居を堪能できました。
歌舞伎は舞台上にお囃子があがって弾くのも魅力の一つ。やはり「俊寛」の浪曲と太竿良かったです。熱演でした。

歌舞伎座はやはり銀座のランドマークとして欠かせないものですね。建築的にも貴重なものです。
今の歌舞伎座は、明治生命館や鳩山一郎邸(現鳩山会館)などの設計で知られる岡田信一郎の設計の戦前の建物が焼失したものをもとに吉田五十八が戦後再建したもの。コンクリート製和風建築の代表的な建物です。
歌舞伎座のホームページで再建計画などが見られますが、再建後も今の歌舞伎座のイメージを踏襲した建物と後ろに高層のオフィスビルのコンプレックスになるとのこと。現建物が老朽化や耐震等の問題があるとはいえ、文化的な価値を考えると再建後の歌舞伎座の出来映えが気になるところですね。

歌舞伎は庶民の娯楽でもありますが、日本というより江戸の文化を残す貴重な文化でもあります。この文化がこれからも残って、今以上に発展してほしいものですが、そうゆう意味では、その器である歌舞伎座の建物への期待も大きなものがあります。
ぜひ、日本のムジークフェラインとなるようないい建物にしてほしいものです。

おっと、ここでそれを言うなら、日本のエステルハージですかな(笑)

テーマ : 歌舞伎
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 歌舞伎 建築

アバドの「奇跡」

いろんなところで何回か書いていますが、アバドのハイドンはキレてます。

Abbado.jpg
TOWER RECORDS / amazon / HMV ONLINEicon

アバドがヨーロッパ室内管を振ったハイドンの交響曲と協奏交響曲などで、これまで4枚のアルバムがリリースされましたが、一部を除いて入手困難な状態が続いていました。それらの録音をまとめて最近ボックスでリリースされ、名録音がふたたび手に入るようになりました。

アバドのハイドンの特徴は、小編成のオケの俊敏な反応を楽しむような切れのいい演奏。
それぞれの曲がこれまで演奏されてきた、いわゆる伝統的な演奏の型のようなものの存在を一切感じさせず、楽譜から純粋無垢な音を紡ぎ出したような音楽です。同じような感覚はアバドのドン・ジョバンニや魔笛を聴いたときにも感じましたが、ここまで無垢な音楽を奏でられるという感覚に天才を感じます。
どちらかというと、かなりあっさりとしたフレージングで、きびきびとしたダイナミックな展開、爽やかさが心情です。ハイドンの曲の構造の見事さを俯瞰すると同時にオケの巧さを楽しむにもいい演奏です。

このアルバムの中で1曲挙げろといわれれば、迷わず96番「奇跡」です。奇跡のベストを挙げろといわれたら、まずアバドです。このアルバムの中でもオケの俊敏さはぴか一。まさに火を噴くような演奏です。それから、「時計」「太鼓連打」協奏交響曲などがおすすめです。

おそらくアバドに今後ハイドンの録音は期待できないでしょうから、この演奏が途絶えず販売し続けられることを望むばかりです。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲93番 奇跡 時計 協奏交響曲 太鼓連打 交響曲102番 軍隊 オペラ序曲 おすすめ盤

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

古楽器ラメンタチオーネアレルヤ交響曲3番交響曲79番チェロ協奏曲1番オックスフォード驚愕交響曲88番交響曲19番交響曲58番交響曲27番アンダンテと変奏曲XVII:6ショスタコーヴィチベートーヴェン紀尾井ホールラヴェルストラヴィンスキードビュッシーピアノ三重奏曲ミューザ川崎LP協奏交響曲オーボエ協奏曲日の出ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:38サントリーホールスタバト・マーテルピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:37ブルックナーマーラー十字架上のキリストの最後の七つの言葉ヒストリカル交響曲90番告別交響曲97番交響曲99番交響曲18番奇跡ひばり弦楽四重奏曲Op.64フルート三重奏曲悲しみ交響曲102番モーツァルト交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者小オルガンミサミサブレヴィスニコライミサ交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23王妃ピアノソナタXVI:52ライヴ録音SACD武満徹チェロ協奏曲交響曲80番交響曲全集交響曲81番交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかり騎士オルランド無人島Blu-ray東京オペラシティ交響曲9番交響曲12番交響曲11番交響曲10番ロンドン太鼓連打交響曲15番交響曲4番交響曲2番交響曲1番交響曲37番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:5天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:7ロッシーニドニぜッティライヒャピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3シェーンベルク東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4バードタリスアレグリパレストリーナモンテヴェルディすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6美人奏者四季迂闊者交響曲70番アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:4バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーシューベルト交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲51番交響曲46番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌ弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオオフェトリウムモテットドイツ国歌カノン弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ブーレーズベルク主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生音楽時計曲ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲107番交響曲62番変わらぬまことジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
152位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
11位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ