【番外】長野新潟群馬 夏の温泉紀行−1

ちょっと更新をご無沙汰しておりました。当ブログの読者の方はお察しのとおり、夏休みで温泉旅行へと出かけておりました。

世の中では先週お盆でお休みをとった方が多かったのかもしれませんが、私はしっかり働きました。お盆はどこに行っても混んでますので、一週間ずらして今週お休みです。ということで日、月、火曜と2泊3日で長野と新潟、群馬方面に温泉旅行に出掛けておりました。

6月に母親の疎開先を巡った「センチメンタル・ジャーニー」の続きで、今度は母親を連れて祖母の故郷である出雲を目指すという案もあったんですが、やはり車の旅としてはかなり遠くハードなので、出雲に拘らなくてもいいとの母の一言があり、少し近いところに行先修正。昔スキーで行った事がある志賀高原にもいう一度行ってみたいということで「センチメンタル・ジャーニー続編」となりました(笑)



お盆の週の週末ということで、おそらく高速道路は上りが渋滞しているものの、下りはさほど混まないだろうということで、いつもよりゆっくり目に6時過ぎに自宅を出発です。環八経由で練馬から関越道に乗り、渋滞はまったくなくスイスイ走り、朝9時前には上信越道の佐久平パーキングエリアに到着、一休みです。

IMG_5244.jpg

関越から上信越道に入ると中国の山水画のような妙義山の威容が独特の雰囲気ですね。軽井沢を超えてしばらくのところが佐久平です。佐久平との名前通り、パーキングエリアからは佐久市が一望できます。

IMG_5245.jpg

名物が鯉なのでしょう、パーキングエリアの横にはまさに跳ねている瞬間の鯉のオブジェが。なかなかの躍動感にちょっとにんまり。

今日の昼食は何度か行っている東御の玉村豊男さんのワイナリー、ヴィラデストを予約してあるんですが、あまりに快調に走ってきたので、まだまだ時間が早いんです。そこでランチ前に一風呂入ろうということで、近くで日帰り温泉を検索すると、東御の湯楽里館か、あぐりの湯こもろなど、どちらも眺めの良い温泉があります。しかしどちらも10時からということで、ちょっと時間があります。結局ヴィラデストに近い湯楽里館に行くことにして、佐久平を出発。

あっという間に東部湯の丸インターについて、湯楽里館を目指しますが、営業開始まで少々時間があります。湯楽里館の近くまで行くと、道ばたに「金原ダム」との看板が。ちょっと時間があるのでダムでも見るか(笑)ということで、看板の方に曲がり、山道をグイグイ登ります。

IMG_5247.jpg

すると5分ほどのところに非常に小さなせき止めた池が。なんだ、しょぼいなと思って、ちょっと近づいてみました。

IMG_5250.jpg

護岸にはアカツメクサなどが咲いて、灼熱の天気のなか、ちょっとした癒しに。あとで地図で確認したところ、金原ダムではなく、となりのため池でした。

IMG_5254.jpg

そうこうしているうちに10時になりましたので湯楽里館に向かいます。

日帰り温泉施設 湯楽里館 信州東御市

IMG_5255.jpg

湯楽里館の入口前からは上田市街の先に右側が美ヶ原、左側は八ヶ岳が一望できます。露天風呂からも同様の景色が楽しめます。お湯はすこしぬるっとする弱アルカリ泉。暑い中のドライブの疲れを癒すには十分。少しのんびりしました。

気づいてみるとランチの予約の時間も近くなってきましたので、車ですぐのヴィラデストに向かいます。

ヴィラデスト ガーデンファーム アンド ワイナリー

こちらは3度目の訪問。母親ははじめて。ここまでくると涼しいかと思いきや、駐車場やガーデンはかなりの暑さ。室内に入ると涼しく過ごしやすいですね。レストランの入口ではオーナーの玉村豊男さんが予約の確認をしてくれました。

IMG_5260.jpg

窓際の眺めのいい席に案内され、まずは一杯。母親はシードル、嫁さんはヴィラデストの大町ルージュ、私はいつものようにノンアルコールのフラワーシャンパン(涙)。こちらはフラワーシャンパンですが、なかなか香りが良くいつもながらドライバー想いのメニューに感謝です。

IMG_5261.jpg

この日はランチコースの他にオススメのカボチャのスープ。これは想像通りのものですが、濃厚。

IMG_5264.jpg

そして夏の野菜中心の前菜。

IMG_5265.jpg

メインは私は仔羊のケフタ。羊肉のパンチのある味をトマトベースのフレッシュなソースで爽やかな風味が加わります。

IMG_5266.jpg

嫁さんは魚のポワレとサーモンをピーマンに詰めたもの。ちょっともらいましたがこのピーマンのサーモン詰めがなかなか良い味わい。

IMG_5267.jpg

母親はチキンのヨーグルトマリネ焼き。これが一番当たりでしょうか。ソーセージもジューシーで、鶏にもしっかり味がついて実に良い旨味が出ていました。どれも野菜をふんだんに使っているので、なんとなく自然な甘みがメインの味を和らげてくれていました。

IMG_5268.jpg

いつもどおり、デザートまでたどり着くとお腹いっぱい。母親もぺろりと完食。満足そうで何より。

IMG_5269.jpg

最後はハーブティーで爽やかな余韻に浸りました。外の暑さは変わらずでしたが、のんびりとランチをいただき、なかなかさい先の良い旅のはじまりでした。夏休みの日曜ということで、もちろんレストランも満員。ここは割と年齢の上の方が多いんですが、味付けも穏やかで野菜中心、そしてまわりには手入れの行き届いたガーデンと、やはり年配者に心地よいのでしょう。私自身も心地良かったです(笑)

IMG_5270.jpg

お腹も満ちて、母親がすこしお土産などを買って、いざガーデンへ。長野とはいっても今年の夏の太陽は容赦ありません。ちょっとだけ散歩してみました。それぞれ木や花に札が立てられ名前がわかるのが良いですね。

IMG_5271.jpg

ガーデンの中程にあった「クラブ・アップル」という木。真っ赤に小さなりんごの実がなっていますが、独特の赤い色がなかなか良い風情。

IMG_5275.jpg

そして夏の花、ノウゼンカズラ。自宅にもあるんですが、よく見ると赤くて花が細い種類と、オレンジで花が開いているものがあります。これは自宅のものと同じ赤いほう。夏のドライブで見かけるとなぜか気持ちが和む花ですね。

ちょっと散歩したら汗だく。急いで車に乗り込み、旅を続けます。この日の宿は新潟松之山温泉。ということで、再び上信越道に乗って、豊田飯山インターに向かいます。上信越道は空いていて快適。そして飯山から国道117号線を延々と十日市方面に走ります。このあたりは以前野沢温泉に日帰りで来た際に通ったことがありますが、野沢温泉以北、秋山郷入口の津南までははじめて通る道。つねに千曲川沿いを走る風光明媚な道ですね。新庄から酒田へ向かう最上川沿いの国道47号もなかなか良い道ですが、こちらも負けず劣らず。ちなみに千曲川とは信濃川のことで、長野県を流れている間は千曲川と呼ぶそう。今回調べてはじめて知りました。

飯山から延々走って、長野県最北端、栄村に入ったところで、休憩のため道の駅に寄ります。いやいや、ずいぶん走りました。景色を楽しみながらだったので疲労感はありませんが、長野県最北端、秋山郷をかかえる栄村ということで感慨深いものがあります。秋山郷は陸の孤島、冬には豪雪で孤立することもしばしば。以前、その最奥部、切明温泉には行ったことがあります。この道の駅、イケてました!

IMG_5281.jpg

栄村物産館/またたび<道の駅・信越さかえ>

国道117号の長野県と新潟県の境界ちかくにある道の駅信越さかえ。

IMG_5283.jpg

いきなり看板に目を奪われます。右はじに「うんめー」と雄叫びが。こうゆうセンス、好きです(笑)

IMG_5282.jpg

店頭で冷やした野菜やトマトジュースが売られていたんですが、トマトジュースは栄村オリジナルのもので数量限定、なんと1人1本とのこと。しかも100円! 缶のデザインもこれまたイケてます。「すきですふるさと」とのキャッチコピー。もちろんいただきました。そしてもちろん「うんめ~~~!」

IMG_5284.jpg

店内には田舎の村ならではのお土産が並んでいましたが、目が合ってしまったので手に入れたのがこれ。振るとカスタネットのような乾いたいい響き。自分用のご褒美です。470円(笑)

ひとしきり休んで、最後の運転です。117号を走るとあっという間に新潟県津南町に入ります。津南駅近くまで走って、松之山温泉の看板をみつけ、カーナビもその通りの道を指示。迷いなく国道405号に入ります。

ん、国道405号? 405号と言えば津南から切明温泉へ続く道、そして途中はつながっていませんが、群馬側は野尻湖と六合村をつなぐ道、なんとなくいわくありげな国道です。すでに津南駅のまわりから国道とは名ばかり、車のスレ違いもできないような道になり、少々不安がよぎります。

しばらく走ると、舗装はされているもののまさに獣道のような風情に。ちょっとやな予感(笑) 不安をかき立てるのが、一切車とすれ違わない事。対向車に注意を払いながらそろりと進みますが、対向車、1台も来ません(笑) この先に本当に松之山温泉があるのかかなり不安になります。

かなり登って峠らしきところを超えると、ようやく棚田が出現して一安心。生活反応がありました。

IMG_5287.jpg

棚田はかなり美しいもの。少し走ると看板がありました。平成23年3月の大地震で被害地滑り被害を受けた棚田を修復したものだそうです。棚田を修復するの並大抵の工事ではないことは想像に難くありません。

棚田を横目に少し進むとようやく街が出現、この日の目的地、松之山温泉に到着しました。陽が傾き始めた17時前ですが、暑さはまだ和らぎません。(つづく)

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

tag : 温泉

コメントの投稿

非公開コメント

残暑お見舞い申し上げます~

ハイドンレビューだけではなく(笑)関東以北の観光地レビューもいつも楽しみにしています!

いつも思うんですが、Daisyさんと音楽のみならず食の好みも似ているような(笑)ノンアルコールお疲れ様です~

Re: 残暑お見舞い申し上げます~

sifareさん、こちらこそ残暑お見舞い申し上げます。
ハイドンのレビューをさぼって温泉紀行執筆にかまけております(笑) こうしているうちに、内なる声が聞こえ、ハイドンを聴きたくなってくるんですね〜、不思議と。もう一つ書いたら終わりですで、またハイドンのレビューに戻りたいと思います。

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
スクロールできます。

剃刀ひばり古楽器弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:268人のへぼ仕立屋に違いない東京オペラシティバードタリスパレストリーナモンテヴェルディアレグリ天地創造すみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ライヴ録音マーラーストラヴィンスキー弦楽四重奏曲Op.9アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:6交響曲97番ヒストリカル告別交響曲1番美人奏者ピアノソナタXVI:39四季迂闊者交響曲70番交響曲12番東京芸術劇場太鼓連打ピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:3アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:4SACDバリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンディヴェルティメントヴェルナーモーツァルトベートーヴェンシューベルトLPピアノソナタXVI:38ラメンタチオーネ哲学者交響曲80番交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲46番交響曲35番交響曲51番協奏交響曲ヴァイオリン協奏曲DVDピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:52交響曲47番十字架上のキリストの最後の七つの言葉テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:34ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:40アリエッタと12の変奏XVII:3ピアノソナタXVI:20サントリーホールラ・ロクスラーヌ帝国弦楽四重奏曲Op.76皇帝ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:51五度ラルゴピアノ三重奏曲弦楽四重奏曲Op.64日の出チェロ協奏曲ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33軍隊リヒャルト・シュトラウス騎士弦楽四重奏曲Op.74弦楽四重奏曲Op.20交響曲17番ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:27シベリウス武満徹時の移ろい交響曲4番無人島交響曲42番ベルリンフィル交響曲19番ホルン信号弦楽四重奏曲Op.55弦楽四重奏曲Op.54王妃交響曲87番交響曲86番フルート三重奏曲トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:25驚愕時計ロンドンリュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナ英語カンツォネッタ集アレルヤピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ホルン協奏曲ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲78番交響曲79番交響曲81番交響曲99番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードモテットドイツ国歌カノンオフェトリウムスタバト・マーテルピアノソナタXVI:42弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールクラヴィコードパッヘルベル弦楽四重奏曲Op.17交響曲102番アダージョXVII:9受難ピアノソナタXVI:35パリセット交響曲84番ベルクブーレーズ交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41ショスタコーヴィチ交響曲57番交響曲68番オーボエ協奏曲リラ・オルガニザータ協奏曲悲しみリーム交響曲89番交響曲50番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10奇跡交響曲18番交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタ交響曲98番ドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生交響曲93番ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11音楽時計曲ピアノ小品カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストシェーンベルクピアノソナタXVI:14オーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:12変奏曲XVII:7ピアノソナタXVI:22オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノピアノソナタXVI:2ヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場マリア・テレジア裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ピアノソナタXVI:8ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場弦楽四重奏曲Op.2皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ小オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番交響曲10番サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CDドビュッシー交響曲28番交響曲13番交響曲95番交響曲108番交響曲107番変わらぬまこと交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲9番交響曲2番交響曲3番スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤン弦楽三重奏曲スウェーリンク書籍交響曲65番ニコライミサ交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽Blu-ray狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2016年9月のデータ(2016年9月30日)
登録曲数:1,361曲(前月比+3曲) 登録演奏数:9,608(前月比+87演奏)
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
151位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
12位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ